五十肩と頸椎ヘルニアが酷くて極端な運動不足の為、加圧トレーニングリハビリを受けています。効果はある感じがするのですがもう6回受けているのに未だに悪い方の腕だけ物凄い点状出血になり手首まで広がります(悪くない方はもう殆どなりません)
トレーナーはそれだけ血行不良という事だからトレーニングをもっと回数増やした方が良いと言います。今は週1で15分です。
でもネットで調べると加圧トレーニングは血栓のリスクが高いと書かれており、片頭痛持ちでトレーニング始めてから頭痛とフラフラする事が増えました。
効果的には続けたいのですが血栓の事を考えると止めた方が方が良いのか悩んでます。
加圧トレーニングに詳しい方、参考までにご意見頂けると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

加圧トレーニングの歴史は浅く、体への負担の影響が全てわかっているわけではありません。


片頭痛やフラフラすることが増えたのならば、質問者様に合った方法といえないかもしれません。血栓のリスクが高まることは間違いないとおもいますので、違う運動を行ってはいかがでしょう。
加圧トレーニングは外部の力で血液の流れを弱めて筋肉に余計な負担をかけることで運動効果を増やすやり方です。
時間が短くても、効果が出せるやり方。つまり、短時間で筋肉を傷めるやり方でもあるわけです。
私が思うに、この方法は「今まで鍛えてきた人」が耐えられるものであって、運動不足の人が行うには負担が大きすぎるのではないかと思います。
確かに、すぐ効果が出せるという意味では選択したくなるトレーニング方法の一つではあるでしょうが。。
肩や腰といった体の一部だけを見るのではなく、偏頭痛も含めた体全体の評価をするべきです。
外部の力を使わずにも、負荷をかけた状態(力の入った状態)は血流が悪くなりますからその状態でゆっくり動かす運動も加圧トレーニングに近いわけです。俗にいうスロートレーニングです。このほうが、今の質問者様には負担が少なくリスクが減らせるのではないかと思います。
が、肩の不調で一番大切なアプローチは「ストレッチ」です。
特に、四十肩、五十肩のなりはじめの方は
小円筋
が固くなっています。押すと痛いです。肩甲骨の外縁から上腕骨についている筋肉で、腕を外に捻じるときに縮む筋肉です。バンザイをするときに肩が痛くなる他に、腕を後ろに回す動作もつらいはずです。(腕を後ろに回すのは、腕を内に捻じる動作になるため、小円筋が固いと邪魔をしますので痛みが出ます)
また、
大胸筋
も固くなっている人が多い。腕を前に出して作業することが多いため、肩が前に位置し肩甲骨が離れてきます。結果猫背になるため、バンザイ動作ができにくい姿勢になってしまいます。関節が正しい位置から逸脱すると可動域は悪くなります。

この、肩甲骨外縁の筋肉、胸の筋肉の運動を行い、運動後はストレッチを必ず行います。
あるドクターの話では、ほとんどの肩の不調はストレッチで改善するらしいです。
つまり、筋肉の緊張をとって固くなった筋肉を柔らかくすれば改善するのです。
私の周りでもそういう方はたくさんいます。

注意すべきは、運動後にストレッチを行うことです。
それと、バンザイ動作は無理にでもいいのでするように心がけてください。ある程度の年になると腕を上げる機会がなくなってきますが、筋肉は使っていないと脂肪組織に変わってしまいます。こうなると、動かすことができなくなってしまいますので。動かせる範囲でいいので、動かすようにしてください。

以上は、肩関節周辺に「石灰化」が起きていないときに特に有効です。

参考になる方法は
操体法
骨ストレッチ
通常のストレッチ
ヘルニアには、四股踏み、腰割(お相撲さんのやるあれです)

を調べてやってみてください。
ご自分に合った無理なくできる運動、方法が見つかると思います。

それでは、頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます!
自分でもいきなり整形外科で筋力が全くなくてガチガチになってるから加圧トレーニングで筋力をつけてと言われた時はびっくりしました。
全く運動をしていないものですから。
調べたら寝たきりの方のリハビリ等に有効とあったのでやってみようと思いましたがどうにも血栓の事が不安で腕も毎回すごい事になってしまい‥。
医師に相談して加圧は中止して他の運動療法を探してみます。
ご丁寧でわかり易いご回答本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/02/22 11:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 肩関節周囲炎(五十肩)<運動器系の病気(外傷を含む)>の症状や原因・診断と治療方法

    肩関節周囲炎(五十肩)とはどんな病気か  中年以降(とくに50代に多い)に発生する、肩関節の痛み(疼痛(とうつう))と動きの制限(拘縮(こうしゅく))を伴う病気の総称です。肩関節とその周辺組織に炎症を来すため、炎症を起こしている部位、炎症の程度によりさまざまな症状を起こします。  五十肩の定義についてはいろいろな議論がありましたが、現在では広義と狭義の2つのとらえ方が一般的です。広義の定義では肩関節周...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q加圧トレーニングの不思議

加圧専門のジムのトレーナーから納得できる回答が得られなかったので、質問させていただきます。

現在、加圧トレーニングに通いだして2ヶ月が経過しました。

2週目までは、週に1回
3週目からは、週の2回(中3日あけて)

そこで感じた疑問があります。

それは、加圧トレーニングのキツさです。

「加圧トレーニングは、通常の筋トレの3倍の効果がある」
「なので、週に1回で通常のジムでは現状維持しかできないが、加圧トレーニングなら、十分効果の向上が見込めます」

とトレーナーが、言っております。

最初は、「なるほど~」って思っていたのですが、トレーニングのハードさと負荷を掛けるウエイトの低さに疑問を感じてきました。

実際に、3倍効果があるとしても、マシンのウエイトトレーニングでは15Kg前後の負荷でトレーニングしている現状なんですが、加圧ベルトで血流を止めなければ、45Kgとまでいかなくても40Kg前後で同じ回数はこなせます。

つまり、3倍効果があるにしても、
「ウエイトを1/3にしたら同じじゃないの?(笑)」
「こんなに限界までハードであれば、そりゃ効果でるわ(笑)」

という素朴な疑問がでてきました。

つまり、現状と同じハードさで、加圧時の3倍弱の負荷を掛けられるのですから、加圧しなくても同じなのでは?

と思ってきたのです。

加圧の効果のメリット=通常のトレーニングでは得られない効果やスピードで筋量が増える事に意味があるのではないのでしょうか?

↑正論ね。

擬似的な負荷が血流を止める事により、かかっているので、通常のウェイトトレーニングより筋肉を傷めない効果がある。

これなら理解できます。
(真偽はわかりませんが)

しかし、言われている
「3倍の効果があり、無理なく通常のトレーニングより遥かに効果が高い」
これの意味が分かりません。

どなたか教えていただけませんか?

真偽も含めて(笑)

加圧専門のジムのトレーナーから納得できる回答が得られなかったので、質問させていただきます。

現在、加圧トレーニングに通いだして2ヶ月が経過しました。

2週目までは、週に1回
3週目からは、週の2回(中3日あけて)

そこで感じた疑問があります。

それは、加圧トレーニングのキツさです。

「加圧トレーニングは、通常の筋トレの3倍の効果がある」
「なので、週に1回で通常のジムでは現状維持しかできないが、加圧トレーニングなら、十分効果の向上が見込めます」

とトレーナーが、言って...続きを読む

Aベストアンサー

回答とは言えないと思いますが、参考になればと思い、投稿致します。

私もマシンを使ったレジスタンストレーニングをしています。
ただ、ボディービルダーを目指しているわけではなく、趣味でやっているスポーツでの怪我防止、体力低下防止の目的でやっています。
ですからトレーニング自体は本格的とは言えませんが、理屈には少し興味があり、本を読んだりしています。

参考URLにある本を一度、お読みになってはどうでしょうか?

トレーニングに関する理屈も、日々の研究により変わっているようです。
昔は筋肉痛の原因は「乳酸が筋肉内に貯まるから」などと言われていましたが、今ではこの説は正しいとは言えません。


筋肉を大きくするための手法としては、
「負荷によって筋繊維を傷つけ、その回復過程を利用する」
「筋肉が低酸素状態に追い込むことで筋肉に刺激を与え成長を促す」
など複数あるようです。

いわゆる「10回3セット目標」と言われる重量設定でやるトレーニングが主に前者で、後者がスロートレーニングや加圧トレーニングです。
重量設定を気にされていますが、そもそも筋肉に対してどういう作用を与えるかの目的が違うので、重量設定が異なるのです。

<つまり、3倍効果があるにしても、
<「ウエイトを1/3にしたら同じじゃないの?(笑)」

どういう条件設定で3倍とうたっているのか分かりませんが、
比較している二つのトレーニングは、同じようにマシンでウエイトを使ってやっていますが、その内容は全く違うものです。
ですから、ウエイトの数字だけで比較することは出来ないと思います。


「低酸素状態に追い込む」のが加圧トレーニング以外で出来ないかと言えばそうではありません。加圧用具を使わなくても、マシンだけで低酸素状態刺激を加えることだって出来ます。
ただ、加圧したほうが「早く」低酸素状態に追い込める、ということだと思います。
加圧なし15kg30回=加圧有り15kg10回、という感じでしょうか。

トレーニングに要する時間が短くなる、という説明は分かりますが、
「通常のトレーニングでは得られない効果やスピードで筋量が増える」効果があるのかは疑問ですね。

低負荷で効果的なトレーニングが出来るメリットは、
「高負荷でのトレーニングは腱や関節への負担が大きい」
「高負荷トレーニングで筋繊維を傷つける目的でやる場合、体への負担が大きく、ひどい筋肉痛を伴うことがある」
という高負荷トレーニングのリスクを回避できることでしょう。
目的に応じてどちらのトレーニングを選ぶかを選択したらいいと思います。


<「3倍の効果があり、無理なく通常のトレーニングより遥かに効果が高い」

この真偽は・・・どういう条件設定で言ってるのかが分からないので、嘘とも誠とも判断できないですよね。。。


No2さんのご回答に少しありますし、紹介させて頂いた本の主題でもありますが、
ウエイトトレーニングで付けた筋肉が使えない、というのは正しい表現ではないみたいです。

ウエイトトレーニングでの筋肉の使い方(筋繊維を傷つける、低酸素状態に追い込む、そのために反動を使わない)と、
実際の運動での筋肉の使い方(反動を利用した運動)とが、
まったく違う(相反すると言っても良いかもしれません)ので、ウエイトトレーニング方式の筋肉の使い方で運動をやると、付いてる筋肉の割にはパフォーマンスが低い結果が出る場合がある、ということみたいです。
いくらいい筋肉があっても、それの使い方を知らなければ宝の持ち腐れになるんですよね。

参考URL:http://bookcart.sportsclick.jp/bbmshop01/7.1/BBM165062/

回答とは言えないと思いますが、参考になればと思い、投稿致します。

私もマシンを使ったレジスタンストレーニングをしています。
ただ、ボディービルダーを目指しているわけではなく、趣味でやっているスポーツでの怪我防止、体力低下防止の目的でやっています。
ですからトレーニング自体は本格的とは言えませんが、理屈には少し興味があり、本を読んだりしています。

参考URLにある本を一度、お読みになってはどうでしょうか?

トレーニングに関する理屈も、日々の研究により変わっているようです。...続きを読む

Q加圧トレーニング1回あたりのトレーニングメニューについて

加圧トレーニングに興味がありまして先日体験に行った者です。
1回のトレーニング内容について教えて下さい。


私が行ったところは、


まず腕にベルトを巻いて、1kgのボールを両手に持ち肘から上げ下げする動作を30回+15回

中腰になって1kgより少し軽めのボールを両手に持ち、腰から斜め後ろに両手をスライドする動作を30回+15回


ベルトを足の付け根に巻いてスクワット30回+15回

腹筋を30回+15回


以上で終了でした。

正直、コレだけっ?!と思ってしまいました。
(ですが汗はびっしょりだし次の日少し筋肉痛がきました。)

他の施設に行ったことがないので比較対象がないのですが、どこもこのぐらいですか?

加圧の後に有酸素運動30分を追加するメニューもあったのですが、予算の関係上加圧しかやっていません。
(その代わり加圧後プールで1時間泳いだり歩いたりしてみました。。。)

他にもいろいろ体験に行ければ一番良いのですが、価格設定がお高めで手が出しにくかったりアクセスが不便だったりといった理由で、すぐに他のスタジオの予約が取れません。

ご存知の方がいらっしゃれば教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いします。

加圧トレーニングに興味がありまして先日体験に行った者です。
1回のトレーニング内容について教えて下さい。


私が行ったところは、


まず腕にベルトを巻いて、1kgのボールを両手に持ち肘から上げ下げする動作を30回+15回

中腰になって1kgより少し軽めのボールを両手に持ち、腰から斜め後ろに両手をスライドする動作を30回+15回


ベルトを足の付け根に巻いてスクワット30回+15回

腹筋を30回+15回


以上で終了でした。

正直、コレだけっ?!と思ってしまいました...続きを読む

Aベストアンサー

初心者にはそれなりのレベルのメニュだけですよ!筋トレの上級者だとモットきついメニューを組みます。
加圧は筋トレの内容が理解できている人でしたらそれなりのレベルで追い込んでやりますが初心者で持病持っているような人が申告しないで事故でも起こしたらジムの責任者の問題になりますから・・・
加圧やらなくても筋トレで加圧と同じ方法で行えますからしかしきついですが・・・筋トレを追い込む方法でやれば加圧行わなくても十分ですよ!!
筋トレで追い込む必要ありますが・・・キツクテトレーニング逃げてしまう人いますが・・


人気Q&Aランキング