これからの季節に親子でハイキング! >>

中国で21日夜、1960年代に始まった文化大革命などを紹介するNHK海外放送のドキュメンタリー番組が断続的に中断された。画面が真っ暗になり、音声も聞こえなくなった。
中国当局が検閲したとみられる。
中断されたのは「NHKスペシャル」の「新・映像の世紀」
民主化運動を武力弾圧した89年の天安門事件を紹介する映像が見られなくなった。
(共同)

今回だけではない、過去にも幾度となく中断されている。
NHKは、抗議しているのか?
このような事をされて、どうして、NHK敷地内に同居しているのか?

質問者からの補足コメント

  • ポルノと社会の出来事を同列にする・・・・・?

    それでいいのかな・・・?

      補足日時:2016/02/23 22:35
  • NHKは、中国に抗議できないわけでもあるのかな?

    >各国にはそれぞれの事情がある。 内政不干渉。

    どの国も報道に対して、抗議したり、意見を言ったりしているが、中国に物申しては
    いけないらしい。(そのような方がいる)

      補足日時:2016/02/23 22:40
  • 政府が、物申すと、政治の介入、言論弾圧、報道の自由・・等 と言うが
    中国共産党一党独裁のコントロール下にあるテレビ局CCTVと、どうして、NHK敷地内に同居しているのか?
    日本の政府の物申すことはいけないけど、中国政府は良いとでもいうのかな?

      補足日時:2016/02/25 06:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

中国では報道機関も共産党一党独裁下で規制され、民主的な報道の自由はありません。


また、中国共産党の一党独裁を堅持して行くためには、自国民が民主化するのを恐れ、天安門事件の時のように虐殺を行っても弾圧をして置かなければ共産党体制が崩壊する危険があるのです。

そのためには報道機関やインターネットまでも共産党が検閲・規制を行って国民の言論の自由を弾圧しているのです。
インターネットには金楯をかけて中国に不利なこと、例えば天安門事件の報道に倣い、国民が民主化を求め不満をぶちまけ政府に向かってきて、共産党の一党独裁体制が崩れるのを恐れ、国民には見れなくしております。

また、日本と中国間には日中記者協定があり、中国の報道や報道機関に対して便宜を図るべく協力を行うこととなっているので、中国の国営の報道機関をNHK施設内に同居させているのです。
NHK内部には親中派の人たちも多く存在しており、中国様に徒に刺激を与えないようにしているのも事実です。
    • good
    • 11
この回答へのお礼

的確な回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/25 05:38

NHKの内部に工作員がいるっていうことじゃないですかね。

 大金積まれりゃやると思いますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

在日の職員が多くいると噂があります。
国会でも、何人いるか質問しても、人数が個人情報という事で答えないそうですね。
(NHKは、人数が個人情報だそうですね)
メディアは、情報と言う言葉をうまく利用するみたいですね・・・?

回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/27 06:18

いずれ墓穴を掘る、自滅国家に、喧嘩を売りも買いもしない!これ政治、マスコミの鉄則です!

    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/25 05:36

NHKが首のない死体や、脳みそが出たり、腸が出ている、戦車に潰されている映像を放送出来ないので、中断するのは仕方ない。


ノーカットの映像を見ましたが、途中で気分が悪くなり3日位食事も喉を通りませんでした、自己責任で見るようにと書いてありました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>NHKが首のない死体や、脳みそが出たり、腸が出ている、戦車に潰されている映像を放送出来ないので、中断するのは仕方ない。

視聴するしないは、個人が決めることではないのですか?

回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/23 22:24

日本での放送が妨害されたのならともかく、中国国内の話ゆえ抗議する意味ないでしょう。

 日本だって欧米では見られるポルノが禁止されてるけど、欧米のポルノ業者から抗議なんか来てないね。 各国にはそれぞれの事情がある。 内政不干渉。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2016/02/23 12:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング