人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ピンホール対策には
・溶解温度と鋳込温度を高める
・出湯から鋳込までの時間を短くする
・鋳込速度を早める

という対策案があることを知りましたが、理由がわかりません。
どなたかわかりやすく教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

出湯」に関するQ&A: 「出湯」の読みは?

A 回答 (2件)

ピンホールは、ガスの発生・混入によってできると考えられます。


>・溶解温度と鋳込温度を高める→溶融ガスが出やすくなる。
>・出湯から鋳込までの時間を短くする、 ・鋳込速度を早める→ガス(主に空気の成分)の溶け込みを少なくする。
ちなみに、積極的にガスを除く方法として、真空鋳造法がある。
    • good
    • 0

鋳鉄の種類や鋳造品の形状を示されないと回答はできません。


すくなくとも、「ねずみ鋳鉄」なのか「白鋳鉄」なのか、「球状黒鉛鋳鉄(ダクタイルとか)」「可鍛鋳鉄」なのか
また、容器なのか、複雑な形状なのか、鋳型の材質---鉄なのか砂なのか

高温で流動性が高い状態で鋳型全体に流れる切るまで高温を保つのが、その理由ですが。。。
「鋳込速度を早める」は鋳型の形状によると不適切な場合があります。
・鋳鉄の組成を再考する。ケイ素の比率を上げる。
・鋳型を事前に温度を上げておく

 セメンタイトや黒鉛の析出状態なども教えてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング