最新閲覧日:

宿直や夜勤の勤務で20:30~8:30という労働時間で働いています。
金曜日の夜中から仕事を開始したとして、翌朝土曜日8:30に退社できるのですが、
通勤時間が1時間とすると帰宅する頃には9:30となり、なんとなく土曜日が半日
消えてしまったような感じで、損をしたような印象を受けます。

ネットで調べたところ、0:00~24:00まで休めないと休日とは認められない
とありますが、会社は8:30~24:00も休日としてカウントしています。

http://www.jil.go.jp/rodoqa/01_jikan/01-Q08.html
>また、休日とは、単なる継続24時間では足りず、午前0時から午後12時までの暦日をいうのが原則です(昭23.4.5基発535号)。ただし、交替制勤務者については、一定の場合に継続24時間を休日として与えればさしつかえないとされており(昭63.3.14基発150号)、

上記サイトの記述を見ると、但し書きに交代制勤務者はその限りではない、と書かれているので
休日とカウントされているということでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

あなたの勤務が毎回8時間(以内)で、たとえば数日(あるいは週)ごとに日勤→夜勤→深夜勤とスイッチしていき、深夜勤→日勤の変わり目に、暦日の0時から24時間継続の休日を与えられなくとも、深夜勤の終業から日勤の始業までに、24時間以上あるなら、その24時間を休日として扱うことも可、というのが引用の通達の趣旨です。

勤務体系の詳細が不明ですので、ご自身で判断ください。

あとは、有効な36協定があり、0:00~8:30に相当する部分に35%割増賃金支払いがあるなら、休ませたのと同義になります(代休といったお手当は法は不問)。
    • good
    • 0

そうですね。


・交替制であることが就業規則等に明記されており実際に運営されていること。
・シフトなどがきちんと組まれていて規則性があり、突発的な割り振りでないこと
のような条件を満たしていれば、連続24時間の休息があれば休日と判断されます。

また、「休日」は法定では週1日与えればいいことになっており、もし日曜日が丸一日お休みなら法律上は問題ないことになります。
細かいことは就業規則等を確認しないと何とも言えませんが…
    • good
    • 0

>上記サイトの記述を見ると、但し書きに交代制勤務者はその限りではない、と書かれているので


>休日とカウントされているということでしょうか?
Yes

”astora123”さんのケースでも、間違っても夜勤明けの日の24:00からの勤務はないだろ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q勤務の休日カウントについて

職場のシフト上、半休DAY、があり、半休2回で1回休んだことにする。
というルールがあります。
が、実際には半休DAYの日も7.5時間から8時間働いており半休どころではありません。

会社の帳簿上毎月8休休んだことにされておりますが、
実際は1から2休で他は半休カウントで実際は(8時間労働)の日が12回から14回あります。

上司の説明では毎日14時間から15時間働いているんだから7から8時間労働で帰れるんだから
半分だろうが!!という説明です。なるほど半分だなこりゃ

労基上7時間8時間働いた日を半休扱いで2回の半休で1日休んだこととして認める、ことはありえるのでしょうか?

労基に詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

労基法上では、1週につき最低1休日を与えなければなりません。この休日は、0時からはじまる24時間継続して与えなければなりません。これを法定休日といいます。

なお法定休日は、4週4日確保できるなら、ある週に1休日なくとも例外として認められています。そのためには4週の起算日を就業規則に定めておかねばなりません。回答者のなかには、月4日あればいいとほざく輩がいますが、自分の無知をさらしているようなものです。4週は4週であって、月ではありません。

もう一つ、違法性を除却できる方策として、36協定を結び、月(これは月)あたりの休日(この休日は法定休日に限る)労働を許容する労働回数を協定し、その回数を限度に働かせ、かつ休日割増賃金(135%)を支払えば、休ませたのと等価として扱われます。

質問者さんにおかれては、週当たりにおける上に書いた休日(あるいは休日労働+割増賃金支払い)を確保したうえで、それ以外に与える休日を法定「外」休日と言います。半休2回で1休日とカウントしても、上の法定休日を満たしているなら、違法性は問えません。

半休における4時間を超える勤務は、上の法定休日をみたし、36協定を締結届け出し、協定の時間外労働時数の枠内で、週40時間労働(法定外休日労働を含み、法定休日労働は含まない)を超過した部分に、時間外割増賃金(125%)を支払っているのか、という問題に含まれますので、休日問題とはなりません。

労基法上では、1週につき最低1休日を与えなければなりません。この休日は、0時からはじまる24時間継続して与えなければなりません。これを法定休日といいます。

なお法定休日は、4週4日確保できるなら、ある週に1休日なくとも例外として認められています。そのためには4週の起算日を就業規則に定めておかねばなりません。回答者のなかには、月4日あればいいとほざく輩がいますが、自分の無知をさらしているようなものです。4週は4週であって、月ではありません。

もう一つ、違法性を除却できる方策...続きを読む

Q時間外勤務中に休憩を取り、22:00以降まで勤務した場合の深夜割増の扱いについて

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として申請する、というように指導されています。(2)の場合ですと、勤務終了が22時ですので、22時から23時まで残業した分については、実際に22時以降に勤務しているにもかかわらず深夜割増が支払われないことになります。残業時間が長時間にわたる時に食事等で休憩を取るのは、社会通念上認められる正当な行為ではないかと思いますが、これを私的な理由での休憩として、それによって22時以降に勤務した分の深夜割増を支払わない、という点に関して法的な問題はないのか、ご教示頂きたく、宜しくお願い致します。

私の勤務先では残業時間に休憩時間の設定がありません。従って残業が長時間になる時などに夕食を取った場合、その時間は私的な休憩時間として残業時間から差し引いて申請する必要があります。その時の申請方法なのですが、例えば、18時に残業開始、途中20時から21時まで食事休憩、21時から残業再開し23時まで勤務したとすると、残業時間の申請は(1)18時から20時までと21時から23時までの実際に残業した時間を分割して申請する、のではなく、(2)食事休憩時間を除いて、18時から22時までの連続した時間として...続きを読む

Aベストアンサー

使用者の(2)の指導は、事実を偽って偽装しろということですので、労基署の指導対象です。

労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/roudouzikan/070614-2.html

一人立ち上がってもしょうがないので、労働組合(がなければ結成するなり単独加入できるユニオンに加入して)から団交要求、使用者を徹底的に糾弾すべきでしょう。

Q【法律・道路交通法】この標識の意味を教えてください。前面道路がAM9:00まで進入禁止?通行禁止?

【法律・道路交通法】この標識の意味を教えてください。前面道路がAM9:00まで進入禁止?通行禁止?

8m先に駐車場がある場合、朝の9時まで出入りが出来ないっていうことですか?

出るのは出来て、入るのは出来ないという標識なのでしょうか?

通行禁止ってことは入るのも出るのも目の前に駐車場があるのに出来ないってこと?

駐車場利用の場合は許される?

朝の通勤に出入りが出来ない駐車場って致命傷では?

教えてください。

Aベストアンサー

警察で時間外通行許可書を発行してもらう。

Q所定休日に休日出勤した場合の賃金に関して

こんにちは。
「所定休日に休日出勤した場合の賃金」に関して伺います。

法定休日以外で、会社が独自に定めている休日(所定休日)に
出勤した場合の賃金について調べてみると、

「所定休日に出勤しても、法定休日ではないので割増賃金はもらえない。
しかし週40時間を超えていたらその分は時間外労働としての手当を貰える」

との内容が多いです。
それは分かったのですが、私が知りたいのは、

「所定休日」に出勤したとき
”割増された賃金”は貰えないとして、
また時間外労働にもならないとして、
”通常割合”の賃金をもらう権利はあるのでしょうか?

ということです。

もし貰えるのだとすれば、月給制である私の場合
日割り計算などの金額で貰えることになるのでしょうか?

Aベストアンサー

雇用契約に従って
契約した日にしか賃金を支払う要件にはなっていないので
労働契約に国民の祝日が含まれていないのなら
当然、その日に対してはその日の分の賃金は支払わなければなりませんよ。
割増するかは別問題です。
残業も同じです。
完全月給制であれば残業代を支払わなくてもいいということにはなりません。
契約した所定労働日数、所定労働時間に対する賃金であって
それ以外の労働に対してはその分の支払いが必要です。
法的根拠といっても
完全月給制の場合に所定労働時間外の賃金を支払わなくていいという
規定がないので排除する要件にあたらないというだけです。
通常は欠勤や遅刻に対する控除は行われませんが
それを禁止している条文もないので
完全月給であっても遅刻や欠勤の控除はできます。

Q労働基準法の1週間という表記は月曜日から日曜日を差すのか?

労働基準法に出てくる1週間に40時間や、1週間に15時間といった期間は、月曜から日曜を差すのか?
それとも曜日関係なく休み明けの勤務日から1週間を差すのか教えてください。

また外国人(週28時間制限)や未成年者(週40時間)の勤務の場合、左記の時間数を超えなければ7日連続勤務や10日連続勤務は、月間の休日数を確保していれば可能でしょうか。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

曜日は関係ない。
1週間とは7日間を示す。
(労働規約により月曜、または日曜から7日間とする職場が多い)
1日6時間40分で週6日なんて計算もありではあるが、7日に最低1日は休日を設けなければならない。
これらは労働組合または労働者の半数以上を代用するものが書面で会社と協定を結んだ場合を除き遵守されるものである。
すなわちこれがあれば10日間連続勤務も可能。ただし4週間で4日以上の休みは必要。

なお1日は午前0時から翌日の午前0時までをいう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報