【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

 圧力鍋を使った料理の本を見たら、似たような豚肉煮込み料理が3つ紹介されていました。
 豚角煮・ジャンロウ・トンポロウです。確かに使う部位や調味料に少し違いはあったのですが、同じ本に3つとも載せる程の差が分かりませんでした。
 何か明確な違いがあるのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。



○ 醤肉(ジャンロウ)
主に豚の肩ロース肉・もも肉のブロックを使った、いわゆる「チャーシュー」です。
たこ糸で縛った上記の肉をボイル後に、醤油味や味噌味で炊き上げ、
食べる際にカットする場合が多いです。

● ShouyuRoomS1
http://www.sunloft.co.jp/company/yamakin/SRoom/S …

ちなみに、醤(ジャン)=ひしお とは、発酵させた大豆の事で、
現在の醤油・味噌の原形となるものです。

● 醤「ひしお」とは?
http://www.yumoto-sakaki.com/ryouri/hishio.htm

○ 東坡肉(トンポウロウ)
こちらは豚の皮つきバラ肉を使います。
5cmほどの幅にカットした後、揚げる・焼くの手順を踏んでから、
醤油・砂糖系で味付けされます。

作り手の好みにもよりますが、八角を入れて香り付けをしたり、
煮込んだタレを薄めてアンを引き、青梗菜などと盛り合わせて
アン掛けにする場合が多いです。
この料理法もブロックのまま炊き上げ、アン掛けにする前にカットします。

● 東坡肉の作り方
http://yarunara.pro.tok2.com/honso.htm

○ 豚角煮
東坡肉のかなり和風版です。
皮つき肉にこだわらず、普通のバラ肉で炊かれる事が多く、
八角の使用もほとんどしません。

これに限っては多く場合、5cm立方にカットされてから炊き上げ、
八角の代わりに和のテイストで、練り芥子が多くに使われます。

● 家庭中国料理肉類
http://www.ohtaya.com/y300butakakuni.htm

以上が大まかな違いになりますね。

ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ちょっとだけ見て似てるなと思ったんですけど、けっこう違うものですね。
 今回頂いた答えを参考にして、もう一度料理本のレシピと材料のところを比較しながら見てみます。
 きちんと違いを把握できたら、今日はどれにしようかなって感じで作り分けることも出来るかも。今まで結構適当に作ってたので。
 とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/11 15:54

ちょっと興味があったので、あくまで自分のイメージですが回答します。



醤肉(ジャンロウ)
八角の効いた濃い醤油味で、卵とよく一緒に煮たりして、庶民的な中華総菜のイメージ。

東坡肉(トンポウロウ)
肉自体の味は濃くなく、あんかけで上品に。
醤肉が、茹でる→煮る の行程に対して、こちらは、茹でる→揚げる(焼く)→煮る→あんかけ と行程も多いですし、とにかく柔らかいことが信条なので蒸したりすることもあり、手間はかかるし、三枚肉は必須だったりと、中華料理店で食べる高級料理のイメージ。

豚の角煮については、広義では豚が煮てあれば皆これなので、上記の二つも含まれることがありますね。
狭義では、これらの中華料理が日本でアレンジされたもので、一般的なものとしては、醤肉ほど醤油臭くなく、あんかけはしないものの味や柔らかさは東坡肉寄りの、中間的な感じでしょうか。
八角での香り付けはせず、練芥子をつけて食べる和風のイメージですね。

お持ちのレシピは、圧力鍋用にアレンジしたものだと思うので、それほど違いがなく、
 醤肉…醤油味の中華風豚角煮
 東坡肉…あんかけの中華風豚角煮
 豚の角煮…和風豚角煮
こんなところではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 大体のイメージでも違いをつかめててすごいです。似てると思っただけで、ちゃんとレシピの比較はしてなかったので、トンポロウがあんかけになってるのすら気付きませんでした。
 参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2004/07/11 15:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング