ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

■光の入射角
 北から時計回りにA度
 水平面から空方向にB度
■反射パネル
 真南向きに地面からC度の傾斜で設置
■光の反射角
 北から時計回りにX度
 水平面から空方向にY度

この条件下でXとYを算出したいですが、一般式の求め方はどうなるでしょうか?

 X=f(A,B,C)

 Y=f(A,B,C)

の関係式だと思います。

仮にC=0(水平に配置)だとすると、
 X=A+180
 Y=B
仮にC=90(鉛直に配置)だとすると、
 X=360-A
 Y=-B
になります。

よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

これは、X, Y という「角度」を求めるのは難しいので、「ベクトルの向き」ということで考えればよいでしょう。



話が厄介なのは、「反射パネルが傾斜している」ということなので、反射パネルを「水平」とみなす座標軸で反射を考え、元の「地面」を基準にした座標に戻してやればよいのです。

 地面を基準にした座標を、「地面をX-Y平面、北がY軸、東がX軸」「地面に鉛直な高さ方向をZ軸」にすると、入射光のベクトル →Ri は、ベクトルの長さを R とすると、きちんと図を書けばわかるように
  →Ri = (-R*cosB*sinA, -R*cosB*cosA, -R*sinB)
です。

 これを、「反射パネルをX-Y平面、北の方向がY軸、東がX軸」「反射パネルに鉛直な高さ方向をZ軸」に変換すると、要するにもともとの「地面」座標を、X軸を軸として角度「-C」だけ回転したものだということが分かります。つまり、X座標は変わらず、Y,Zが回転します。角度 -C だけ座標軸が回転すると、新しい座標 Y', Z' は
  Y' = Y * cos(-C) + Z * sin(-C)
  Z' = -Y * sin(-C) + Z * cos(-C)
となりますから、反射パネルを基準にした座標では、入射光 →Ri1 は
  →Ri1 = (-R*cosB*sinA, -R*cosB*cosA*cosC + R*sinB*sinC, -R*cosB*cosA*sinC - R*sinB*cosC)

 これが基準面(X-Y平面)で反射するということは、ベクトルのX,Y成分は変わらず、Z成分だけが反転するということです。つまり、反射光 →Ro1 は
  →Ro1 = (-R*cosB*sinA, -R*cosB*cosA*cosC + R*sinB*sinC, R*cosB*cosA*sinC + R*sinB*cosC)

 今度は、これを「地面」座標に戻すために、座標軸をX軸を軸として角度「C」だけ回転させます。
 その結果のY成分は、
   [ -R*cosB*cosA*cosC + R*sinB*sinC ]*cosC + [ R*cosB*cosA*sinC + R*sinB*cosC ]*sinC
  = -R*cosB*cosA*cos^2C + R*sinB*sinC*cosC + R*cosB*cosA*sin^2C + R*sinB*cosC*sinC
  = -R*cosB*cosA*(cos^2C - sin^2C) + R*sinB*(sinC*cosC + cosC*sinC)
  = -R*cosB*cosA*cos(2C) + R*sinB*sin(2C)
Z成分は
   -[ -R*cosB*cosA*cosC + R*sinB*sinC ]*sinC + [ R*cosB*cosA*sinC + R*sinB*cosC ]*cosC
  = R*cosB*cosA*cosC*sinC - R*sinB*sin^2C + R*cosB*cosA*sinC*cosC + R*sinB*cos^2C
  = R*cosB*cosA*(cosC*sinC + sinC*cosC) + R*sinB*(cos^2C - sin^2C)
  = -R*cosB*cosA*sin(2C) + R*sinB*cos(2C)

 これより、「地面」座標での反射光のベクトル →Ro は、
   →Ro = (-R*cosB*sinA, -R*cosB*cosA*cos(2C) + R*sinB*sin(2C), -R*cosB*cosA*sin(2C) + R*sinB*cos(2C))

 けっこう複雑ですねえ。計算間違いしているかもしれませんので、検算してみてください。

 ご質問のように、
■光の反射角
 北から時計回りにX度
 水平面から空方向にY度
という条件にすると、
 tanX = x/y = (-cosB*sinA)/(cosB*cosA*cos(2C) + sinB*sin(2C))
 tanY = z/√(x^2 + y^2)
    = [ -cosB*cosA*sin(2C) + sinB*cos(2C) ] / √[ (cosB*cosA*cos(2C) + sinB*sin(2C))^2 + (cosB*cosA*sin(2C) + sinB*cos(2C))^2 ]
    = [ -cosB*cosA*sin(2C) + sinB*cos(2C) ] / √[ cos^2B*sin^2A*cos^2(2C) + 2*cosB*cosA*cos(2C)*sinB*sin(2C) + sin^2B*sin^2(2C) + cos^2B*cos^2A*sin^2(2C) + 2*cosB*cosA*sin(2C)*sinB*cos(2C) + sin^2B*cos^2(2C) ]
    = [ -cosB*cosA*sin(2C) + sinB*cos(2C) ] / √[ cos^2B*cos^2A + 4*cosB*cosA*cos(2C)*sinB*sin(2C) + sin^2B ]
う~ん、ちょっと面倒くさいので、これ以上はパスします。
 おそらく、tanX、tanYでこれですから、
   X= ・・・
   Y= ・・・
とはうまく表せないと思います。

 ちなみに、Ri = (Rx, Ry, Rz) として、これを使って Ro を表わすと
   Ro = (Rx, Ry*cos(2C) - Rz*sin(2C), Ry*sin(2C) - Rz*cos(2C))
ですね。A, B は消えて、入射ベクトルに対して「C」のみの関数で表わせます。
 この形で表わすのが一番わかりやすいと思います。

 仮に、C=0° とすれば
   Ro = (Rx, Ry, -Rz)
ですから、素直な地面(XY平面)での反射です。
 また、C=90° とすれば
   Ro = (Rx, -Ry, Rz)
ということで、XZ平面での反射になります。
 正しい反射になっていますよね?
    • good
    • 0

こういう問題はポンチ絵で概況を説明しないと。

意味全く不明。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽光の角度による光の強度

地面と垂直に設置されている太陽電池の反射光の影響についてなんですが、設置場所の地面の質によっても誤差はあると思うのですが太陽光の反射光の強度が最も強くなるのはだいたい何度から入射するときなのでしょうか??
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

すみません,今ようやく状況が理解できました。No.1~No.2 の回答は無視してください。

さて,太陽電池は熱ではなく光で駆動します。よって地面から熱が伝わっても,基本的に発電量には寄与しません。発電量を増やすには,鏡のような(少なくとも水面のような)光を反射する地面であるか,真っ白で強い光散乱を起こす地面である必要があります。

ひとつのシンプルな例として,太陽の仰角が 45 度であった場合について考えてみます。このとき,太陽電池の設置角度を太陽の仰角に合わせた時(つまり 45 度に傾けて設置)の発電量を基準とします。

もし地面が光を完全に反射する鏡面であった場合,設置角度が 45 度から垂直に変化させるにつれて発電量は増加し,垂直のときでは約 √2 倍の発電量が見込め,すなわち最適角度は 0 度で最大 40% の増加が見込まれます。

もし光を完全に吸収する真っ黒な地面であった場合,設置角度を 45 度から垂直まで変化させるにつれて発電量は減少していき,垂直のときでは約 √2/2 倍となり,すなわち 30% の減少となります。最適角度は 45 度ですね。

地面の状態によって,発電量は増加することも減少することもあるわけです。よって地面の素材が分からない限り,最適な角度を求めることはできません。誤差のレベルではありませんよ。

なお一般的なケースでは,地面の反射率が高いことは稀だと思います。よってほとんどの場合,太陽電池の設置角度は太陽の仰角と一致させるのがよろしいかと思います。

> 日の出・日の入りが最も反射光の強度が強いと思ってよろしいのでしょうか??

地面が,水面のような半透明な鏡面(?)であった場合,太陽の仰角が低いときほど,水面での太陽光の反射は強くなります。

すみません,今ようやく状況が理解できました。No.1~No.2 の回答は無視してください。

さて,太陽電池は熱ではなく光で駆動します。よって地面から熱が伝わっても,基本的に発電量には寄与しません。発電量を増やすには,鏡のような(少なくとも水面のような)光を反射する地面であるか,真っ白で強い光散乱を起こす地面である必要があります。

ひとつのシンプルな例として,太陽の仰角が 45 度であった場合について考えてみます。このとき,太陽電池の設置角度を太陽の仰角に合わせた時(つまり 45 度に傾...続きを読む

Q太陽光発電 パネル北面設置の是非について

自宅は木造2階建、半切妻の屋根にて東西&北面があります。
太陽光発電検討中なのですが、複数見積り取って行く中でとある地場工務店が、
「東芝250wを東西に36枚、北面に4枚設置して10kw・産業用」とするプランを出してきました。
北面4枚は捨てる覚悟が入るようですが、資産運用としては魅力のある話で興味を持ったのですが、「北面設置は反射光の問題により多くの業者は施工しない」という現状も調べて分かりました。
4社ほど太陽光大手(ネット業者含む)に相談したところ、やはり3社は不可、1社のみ問題無しとの回答。
幸い?にも真北に隣接はお隣さんの庭、自宅の土地自体が北側一体よりも1mほど小高くなっており、北側の家々からは若干「見上げる」かたちにはなっております。

つきましては、いやいやそんなこと関係無く結構遠くまで影響するよ、そもそも4枚も無駄にしてまで行う経済効果無いよ、などご意見頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

No5です。

屋根が26.6°なら、太陽高度が43.2°のとき、下側に10°で反射しますね。季節によって、方位は変わるでしょうけど。
業者は、反射しにくいパネルと言ってますが、反射して問題が起きたら責任とってくれるんですかね。そういうリスク考えたら、北側設置はあきらめるのが賢明かと思います。

したがって、東西設置で発電量を見積もり、10年以内でコスト回収が可能かどうかで設置するかどうか決めるのがいいかと思います。

※業者から、屋根のパネル配置案も見せてもらいましょう。メーカによって、パネルの大きさは異なりますし、縦でも横でもOKなので、いろいろな配置案があると思います。納得できるまで、検討することをおすすめします。

Q太陽光による斜面直達日射量の計算式

COS Iは傾斜面に入射する直達光の入射角で下記計算式になるそうですが、算出
過程を教えてください。

cosI =sinHcosθ+cosHsinθcos(A-α)
 
   I 太陽光線と斜面法線とのなす角   H:太陽高度 θ 斜面傾斜角                   A 太陽方位角 α 斜面方位角

 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 文章だけで分りにくいと思いますが。

 斜面に、点 O をとり、O を通る水平面と O と太陽を通る、水平面と垂直な面を考える。

 簡単の為 β = A - α とする。(β:太陽を通る垂直面と最大傾斜方向のなす角度)

 O から立てた斜面の法線に、長さ l をとる。
 lの先端から、太陽を通る垂直面へおろした垂線を考える。
 l の、垂直面への投影線と、O に立てた鉛直線とのなす角を θ' とすると、、

 sinθ' ≒ (l×sinθ×cosβ)/l = sinθ×cosβ

 次に、O を中心として、斜面に半径 r の円を考える。

 垂直面と円の交点から O を通る最大傾斜方向の直線におろした垂線を考えると、

 (r×cosβ×sinθ)/r = sinθ×cosβ ≒ sinθ'

 太陽を通る垂直面内で水平面と斜面のなす角は、θ'

 垂直面と斜面の交線と、法線の垂直面への投影線は、約直角。
 (これは厳密に直角と示す事が出来ますが煩雑になりますので)

 I を、斜面法線の投影線と、太陽光線のなす角とすると、

 cosI = sin(H + θ')

 加法定理により、

 cosI = sinH×cosθ' + cosH×sinθ'

 cosθ' ≒ cosθ とおけるとすると、

 cosI = sinH×cosθ + cosH×sinθ×cosβ

 cosI = sinH×cosθ + cosH×sinθ×cos(A - α)

 文章だけで分りにくいと思いますが。

 斜面に、点 O をとり、O を通る水平面と O と太陽を通る、水平面と垂直な面を考える。

 簡単の為 β = A - α とする。(β:太陽を通る垂直面と最大傾斜方向のなす角度)

 O から立てた斜面の法線に、長さ l をとる。
 lの先端から、太陽を通る垂直面へおろした垂線を考える。
 l の、垂直面への投影線と、O に立てた鉛直線とのなす角を θ' とすると、、

 sinθ' ≒ (l×sinθ×cosβ)/l = sinθ×cosβ

 次に、O を中心として、斜面に半径 r の円を考える。

 垂直面...続きを読む

Q入射角反射角

VC++6.0+DirectX8.0SDKで2Dのゲームを作っています。

壁にあたったら反射するという事をしたいのですが、
角度αの面に対してベクトルAがぶつかったとして
反射後のベクトルA'を計算するにはどうすればいいでしょうか?
(x成分y成分の具体的な計算方法を知りたいです)

数学的に高校レベルかと思うのですが・・・
恥ずかしながらご教授ください。

Aベストアンサー

教科書などを見れば分かると思うんだけど・・・
検索エンジンで検索すれば出てくると思うし。

角度αで当たったら、角度αで反対に反射します。
図示できないのでうまく説明できないけど。
例えばX-YグラフY=0に壁があるとして、
(2,1)から原点方向に球を投げると(-2、1)の方向に球は向かいます。
ようするにX=0に関して線対称の位置に行くってことです。

Q反射光ベクトルが理解できません

反射光ベクトルの計算式 R=2(L・N)N-L ですが、
(Lは入射光ベクトル、Nは法線単位ベクトル)
なぜ入射光ベクトルは物体の表面から光源へ向いているのでしょうか?
光源から物体へ向くのが正しいのではないですか?
また、なぜ法線ベクトルを内積倍した後に2倍しているのでしょうか?
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

>なぜ入射光ベクトルは物体の表面から光源へ向いているのでしょうか?
普通は、入射光ベクトル、反射光ベクトル、ともに光源から物体への向き、に取る場合が多いような気がしますが、
逆に、入射光ベクトル、反射光ベクトル、ともに物体から光源への向き、にとってもかまいません。
どっちにせよ、これは「定義」なんで、「なぜ?」と言われても、そう決めたから、という以上の答えはありません。

>なぜ法線ベクトルを内積倍した後に2倍しているのでしょうか?
真面目に成分計算なりしてもいいですし、
図を描いて初等幾何的にもわかります。
1. |R| = |L|
2. R + L // N (向きも同じ)
ていう2つの条件を満たすように、Rを決めればいいわけです。

QkwhとMJとの単位の関係

50,000kwhという電気の単位からMJという単位に変換するのはどのように計算するのでしょうか?
さっぱりわからず質問させていただきました。
計算の手順もお教えいただけると助かります。

Aベストアンサー

1J = 1Ws
なので
1kWh = 1000 * 3600 J = 3.6MJ
です。

Q太陽光ブレーカーについて教えてください。

初めましてこんばんは、色々と質問があり。教えていただきたいことがあるのですが
1太陽光のブレーカーはなぜ30Aなのでしょうか?

2 なぜ太陽光の時家のメインブレーカーの前に買電、売電ときて3P3EのMCBブレーカーを付けるのでしょうか?

3 太陽光のアースはなぜ100Ω以下にしないといけないのでしょか?

これらのことが正確に知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ゼネコンで産業用太陽光発電設備を含む電気設備設計を専門にしております。
ご質問に回答させていただきます。

1.30Aと固定されているわけではなく、住宅用の5.5kWシステムで、定格出力時に約27.5A流れるため、5.5kW以下のシステムは30Aとしているだけです。
単相10kWシステムの場合、定格時約50Aとなるため、通常は75Aトリップのブレーカーを使用します。

2.発電装置が無い場合は、中性線は必ず両相より少ない電流しか流れないので、頭のELCBは3P2Eで問題ありませんが、太陽光などの発電装置を分電盤に連系させた場合、単相3線の両相の負荷が極端にアンバランスになっていると、発電時に中性線に過大電流(U相、V相より大きな電流)が流れることがあります。よって系統連系規程で中性線の過電流も保護できる3P3Eを使用することと規定されております。また中性線が欠相すると負荷のアンバランスにより、異常電圧が印加されることがあるため、併せて中性線欠相保護付きELCBを使用するよう規定されております。

3.内線規程で、使用電圧が300V以下の機器ではD種設置工事を施すことと規定されているためです。住宅用太陽光の場合、交流側は200Vですが、直流側は開放電圧で250V程度となりますので、100Ω以下であるD種接地が必要となります。主な目的は地絡保護というより、太陽光は屋根上にあるため、雷の影響を受けやすいため、雷サージなどを速やかに放電させるため接地が不可欠となります。
接地抵抗が高いと、パワーコンディショナなどが故障しやすくなってしまいます。
尚、産業用システムの場合は、通常直流側が350V以上となりますので、10Ω以下であるC種接地が必要となります。

ゼネコンで産業用太陽光発電設備を含む電気設備設計を専門にしております。
ご質問に回答させていただきます。

1.30Aと固定されているわけではなく、住宅用の5.5kWシステムで、定格出力時に約27.5A流れるため、5.5kW以下のシステムは30Aとしているだけです。
単相10kWシステムの場合、定格時約50Aとなるため、通常は75Aトリップのブレーカーを使用します。

2.発電装置が無い場合は、中性線は必ず両相より少ない電流しか流れないので、頭のELCBは3P2Eで問題ありませんが、太陽光などの発電装...続きを読む

Q入射角と反射角(屈折角)

入射角と反射角(屈折角)は、
光が当たる面に対する垂線との間の角ということになっていますが、
これはなぜでしょうか?

平面ではないところ(例えば凹面鏡)に光があたった場合、
光が当たる面との角度が考えにくい(例えばその点の接線を引いて…というように)から、
そうなったのではないかと考えているのですが…。

実際のところ、どうなんでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

>面と入射光(または反射光)との角度でも
maoppeさんの疑問点はわかりました。

「面との角度というのをどのようにして求めればよいか」を考えると自ずと答えは出てきます。
角度をなしているのは2本の「線」です。つまり面のままでは角度を考えることは出来ません。
そこで、その面を上から垂直に眺めたときに、入射光が面に投影された線を考えます。
言い換えると、「入射光の線を面に対して垂直に投影した線」となります。この線とのなす角度が、90-入射角(法線基準)になります。
このような手続きを踏まない場合は、角度は面を構成するどの線との角度かがはっきりしないので、角度を一意に決められません。

しかし、よく考えてみると、この投影の際に面に垂直な線(法線)を必要としています。
ならばわざわざ回りくどいこういう作業をするまでもなく法線とのなす角度とするのが妥当ですね。

実際、空間上にある面を一意に定義するには、
1)面の法線ベクトル
2)面を構成する一点
があれば、三次元空間上にある面を一意に定義できます。

このような理由から法線が面を表す便利な指標として使われます。

では。

>面と入射光(または反射光)との角度でも
maoppeさんの疑問点はわかりました。

「面との角度というのをどのようにして求めればよいか」を考えると自ずと答えは出てきます。
角度をなしているのは2本の「線」です。つまり面のままでは角度を考えることは出来ません。
そこで、その面を上から垂直に眺めたときに、入射光が面に投影された線を考えます。
言い換えると、「入射光の線を面に対して垂直に投影した線」となります。この線とのなす角度が、90-入射角(法線基準)になります。
このような手続き...続きを読む

Q放物線の入射角・反射角の計算

微積分の問題です。問題は英語で書かれています。

原文: Show that the angle of incidence equals the angle of reflection for the parabola y^2=4x at the point (0.5, √2). The angle of incidence is measured between the horizontal line through this point and the tangent line at this point. The angle of reflection is measured between the focal line to this point and the tangent line at this point. Note: The focus for this parabola is at (1, 0).

日本語訳: 放物線 y^2=4x 上の点(0.5, √2)での入射角と反射角が同じであることを証明せよ。入射角は、この点を通る水平線とこの点に対する接線との間の角度を指し、反射角は、この点への焦点線とこの点に対する接線との間の角度を指す。注意: この放物線の焦点は(1, 0)である (と訳してみました)。

先生は

tan θ=|(M1-M2)/(1+M1-M2)|

を使え、とヒントをくれました。
でも解法は教えてくれませんでした。
自分でやったところまで書きます。
まず、ここでの水平線は y=√2 で良いですか?

放物線上の点(0.5, √2)から焦点(1, 0)への傾きは
y(1-0.5)=x(0-√2)
0.5y=-√2x
y=-2√2x
Y軸との交点 b は傾きに焦点の位置を代入して
0=-2√2*1+b
b=2√2
よってy=-2√2x+2√2x

放物線上の点(0.5, √2)の接線は
グラフを見ながら勘で y=√2x+√2/2 としてみると
なんとぴったりでした。
しかし、理由が分かっていません。

…分かるのはここまでです。
これから先はどうすればよいのでしょうか?
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

微積分の問題です。問題は英語で書かれています。

原文: Show that the angle of incidence equals the angle of reflection for the parabola y^2=4x at the point (0.5, √2). The angle of incidence is measured between the horizontal line through this point and the tangent line at this point. The angle of reflection is measured between the focal line to this point and the tangent line at this point. Note: The focus for this parabola is at (1, 0).

日本語訳: 放物線 y^2=4x 上の点(...続きを読む

Aベストアンサー

やり方が正しいか自信がないですが。

まず、放物線上の点(0.5, √2)の接線について、
放物線の式は y^2=4x で、点(0.5, √2)での傾きを調べたいので、x>0,y>0に限定して、 y=2x^(1/2)と変形します。
これをxについて微分して、y'=1/√x
よって、x=0.5=1/2での傾きは 1/(√1/2)=√2 とでます。
接線の式を y=√2x+p とおいて、x=0.5,y=√2を代入すれば p=√2/2となり式はy=√2x+√2/2 とでます。

入射角はこの接線の傾き(tan)そのものです。
反射角は接線y=√2x+√2/2 と焦点線y=-2√2x+2√2x のなす角です。
このtanを求めるヒントがtan θ=|(M1-M2)/(1+M1-M2)| です。
つまり、反射角のtanが√2であることを示せば良いと思います。

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む


人気Q&Aランキング