NHKの番組でホロコーストで600万人が虐殺されたことを知りました。

ものすごい人数に驚くとともにヒトラーの独裁とそれに操られたドイツという国の異常事態というだけで、600万人にという驚くほどの数の虐殺できたのかな?と思いました。

歴史に疎い私です。質問が見当違いかもしれませんが、それも含めお教えくださいましたら助かります。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

一国の政府が本腰を入れれば、数百万単位の殺人は、特に難しいことではありません。

第二次世界大戦の死者は、アジア(日本を含む)だけで2千万人と推計されています。

ナチスがユダヤ人(正確には「ユダヤ教徒」)を迫害したのは、ヒトラーの個人的信念(?)によるところもあります。しかしもちろんそれだけで、あれほどの規模にはならなかったでしょう。
ユダヤ教徒はキリスト教圏では、昔から差別の対象でした。国内で民衆の不満が高まっているとき、もともと差別されている人々を名指しして、「悪いのはあいつらだ」と責任を押しつけ、ガス抜きに利用するというのは、古典的な政治の手法です(いまでも同じ手でコロリとだまされている人は、ネットなどでいくらでも見ることができます)。ホロコーストは、これを極端に大規模化したものと言えるでしょう。

ではなぜユダヤ教徒が差別されたかと言えば、主な要因は2つです。
一つは宗教的なもので、『新約聖書』にその根拠があります。聖書によれば、イエスの処刑を要求したのはユダヤの民衆でした。ユダヤ属州の総督・ピラト(ローマ人)が、「俺はイエスの死に責任もたないぞ」と宣言すると、民衆は
「その男の血の責任なら、われわれが孫子の代まで引き受けた」
と言い返したとされています(「マタイによる福音書」27章24~25節)。これを文字通りに受けとれば、「神の子を殺す」という重大な罪の責任は、ユダヤ教徒に子々孫々、受け継がれるという理屈になるわけです(もちろん当のユダヤ教徒からみれば、身におぼえのない話ですが)。

もう一つは、ユダヤ教徒に金融業者(金貸し)が多かったことです。キリスト教徒は宗教上、金貸しになることが禁じられていましたから、ヨーロッパでは金貸しの多くがユダヤ教徒でした。金貸しは恨みを買いやすい職業です。「ユダヤ人=あくどい高利貸し」というイメージが定着したことも、ユダヤ人差別を正当化する根拠になりました。

最後に、「ホロコースト否認論」について。
歴史修正主義者(「捏造主義者」と言うべきですが)がもち出してくる「ホロコースト捏造の決定的証拠」は、専門家によってとっくの昔に検証され、否定されたものばかりです。が、否認論者はそんなことは一切無視して、飽きずに同じ主張をくり返します。
なぜそんなことをするかと言えば、彼らは自分たちの「学説」(笑)を歴史学界に認めさせようとは、最初から思っていないからです。彼らのターゲットは、無知な上に自分で調べることを面倒くさがる人々です。そういう人々に、「なんだかよくはわからないが、ホロコーストについてはいろんな論争があるんだな。事実が確定したわけではないんだな」というイメージを与え続けることが狙いなので、主張の中身などどうでもいいのです。

多くの人々が犠牲になった歴史的事件についてデマを流すことは、それ自体が重大な人権侵害です。当然法的にとりしまられるべきものであり、実際に多くの人権先進国が、法律を整備しています。
くわしくは、以下のサイトや本をご覧ください。

ホロコースト否認論
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD …
『ユダヤ教の本』学研プラス
http://hon.gakken.jp/book/1860092500
『検証陰謀論はどこまで真実か』文芸社
http://www.honyaclub.com/shop/g/g12784386/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
「国内で民衆の不満が高まっているとき、もともと差別されている人々を名指しして、「悪いのはあいつらだ」と責任を押しつけ、ガス抜きに利用するというのは、古典的な政治の手法です。ホロコーストは、これを極端に大規模化したものと言えるでしょう。」
ガス抜きに人種差別を利用したのですね。怖いです。
ホロコースト否認論を唱える人は、学説を歴史学会で認めさせようとは思っていないのですね。
いろいろお教えいただきたすかりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2016/03/03 17:26

そういうことが起こりました。


洗脳された、一般大衆が加害者に回っています。
ユダヤ人は伝統的に嫌われていましたので、ナチスの洗脳はあっと言う間に受け入れられています。
第一次世界大戦に敗北して、ドイツ第二帝国の栄光が地の落ちていた時代でしたから、
ナチスの主張が受け入れられ易かった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
いろいろお教えいただきたすかりました。

お礼日時:2016/03/03 17:46

「ホロコーストはあった」と主張する方がその証明をする義務があります。


(「なかった」という主張を否定=あったことの証明 にはなりません)

それらをせずに、対立する他者に抽象的なレッテルを貼って貶める事は、それ自体が重大な人権侵害です。当然法的にとりしまられるべきものであり、実際に多くの人権先進国とは法律を整備しています。

【レッテル思考】
人・物事に対して自分が貼るか、他者が貼ったレッテルだけで、それらに対する評価・判断を決めてしまう思考。
人や物事の内実や実態を、自分自身で確認しなくても判断できると思い込んでいる思考形態。
この思考形態をしている者は、自分がそのような思考をしているとの自覚が無いことも多い。


大量の殺人やその死体の処理については、戦場は殺す方も殺される方も大人数な上に、死体を放置や簡単に埋められ広大な土地がありました。海上での戦闘に至っては、戦死=水葬ですし。

それを、人口密度が多い地域でのそれと比較するのは、乱暴すぎると思います。
人を埋められるだけの墓穴を掘るのは、それなりに重労働です。
浅く埋めれば、動物が掘り返しますし、雨が降れば土に染み込んだ水の浮力と死体のガスで浮き上がってきます。
それらは伝染病の原因になります。
燃やすには大量の燃料が必要です。(火葬が世界で普及しなかったのはこれが原因です)


多くの人々が犠牲になったかもしれないと言われている歴史的事件についてデマを流すことは、それ自体が重大な人権侵害です。当然法的にとりしまられるべきものであり、実際に多くの人権先進国が、法律を整備しています。

しかし、それには流された情報が「デマ」であることを証明する必要があります。
それもされない内から取り締まる事は 表現や思想の自由 という人権の侵害です。
それらは当然法的にとりしまられるべきものであり、実際に多くの人権先進国が、法律を整備しています。
(私には人権先進国でない国の方が、「デマを流す国民」とやらを取り締まる法律の整備に熱心なように思えますが)

大東亜戦争の死者についても疑問があります。
くわしくは、以下のサイトをご覧ください。

【増 え つ づ け る 犠 牲 者 数】
http://home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/kagai/kaga …



>NHKの番組でホロコーストで600万人が虐殺されたことを知りました。

カンボジアのポルポト政権の250万人や、
スターリンの粛清による2000万人や、
毛沢東の大躍進政策による6000万人の餓死者はご存じでしょうか。



>ユダヤ人大虐殺はナチスだけの責任なのでしょうか?

回答:違います。
ナチスがユダヤ人を迫害したのは事実ですが、虐殺までしたかは不明です。
それ以前は(ドイツ地域も含む)ヨーロッパ中でイスラム教以上に迫害されていました。
虐殺も当時から起こっています。

ユダヤ人が昔から迫害されていた理由は、ローマ帝国の属州であった時代から、ユダヤ教のみを信じて他との協調を拒否していたからです。
ローマ帝国は異民族の宗教や習慣には寛容でしたが、皇帝の像への礼を偶像として拒否したり、政策についても宗教を理由に激しく抵抗していました。
よくネタにされる「ヨハネの黙示録」はこの時期に作られたものです。
(誤解されていますが、その為に最後の審判で救われるのは「ユダヤ教徒」のみです)

その後ローマ帝国はキリスト教を国教にします。
キリストの教えは人種の枠を超えたものであり、それは多民族国家となったローマ帝国の実情にあっていたからです。

一方でユダヤ人は、キリスト教徒からは、キリストを迫害した者と見做され、それ故ユダヤ教は邪教とされ、更に迫害を受けました。
これにより、ほとんどのユダヤ人がサラセン帝国に移住しました。
しかし、その土地もキリスト教国に取られると、世界中に移住し商業をするようになりました。
理由は、彼らは国の保護を受けられず、土地の所有もできなかったからです。
(当時のキリスト教は商業や金融を賤しい仕事としており、利子を取る事も禁止していました。)



>ものすごい人数に驚くとともにヒトラーの独裁とそれに操られたドイツという国の異常事態というだけで、600万人にという驚くほどの数の虐殺できたのかな?と思いました。
「ユダヤ人大虐殺はナチスだけの責任なのでし」の回答画像8
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
いろいろお教えいただきたすかりました。
心から感謝いたします

お礼日時:2016/03/03 17:45

みなさん、日本人で幸せですね。



欧米では、この件、疑問をさしはさむこと自体大問題です。

同じ理屈で、国際的な場で、慰安婦20万、南京30万も同様で、いったん提示されると、反論自体が罪悪となります。言論の自由がありません。よく覚えておいてください。

肝心の質問ですが、
当時、ドイツ以外のヨーロッパ諸国はユダヤ問題に関知せず、積極的救済に動こうとしたのは日本ぐらいでした(構想だけですが)。

そういう意味では、>ドイツという国の異常事態というだけで・・・ ない、と言えます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

いろいろお教えいただきたすかりました。

お礼日時:2016/03/03 17:18

質問ですが、600万人という数字については疑っていないということでしょうか。


私なら、まず、それとNHKを疑いますが


Wikiですが、素人の思い込みや悪意の捏造もあるので、資料が示されていない記事については注意が必要です。
ソース自体がトンデモな場合もありますし。
言語によっては内容が全く違う場合すらあり、悪意の編集を行う者もいます。

(Wikiのラーメンの起源への禍の国の編集)
http://bigkorea.seesaa.net/article/20700975.html



日本人も戦争中は酷いことをしたと言われましたが、腹の中で「おまえらとは違うよ」
「俺らは成り行き上そうなっただけで、お前らみたいに「XXX国人根絶やし」なんて
決して考えていなかった」と思っていました。

実際、そんなことは思っていませんでした。
なので、してもいませんでした。
「ユダヤ人大虐殺はナチスだけの責任なのでし」の回答画像5
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

いろいろお教えいただきたすかりました。

お礼日時:2016/03/03 17:17

ドイツのWikiに詳細な記述があります。

その中から要点をまとめました。

ホロコースト、独英Holocaust] はギリシア語ὁλόκαυστος、「燔祭」(獣を丸焼きにして神前に供える犠牲)、に由来する言葉で、ナチ時代にユダヤ人およびユダヤ的と定義された560 ~ 630万人に対する民族殺略である。

殺略は、数か所の場所や施設で行われたのでは、ヨーロッパの各地で行われました。
方法も銃殺、撲殺、首吊り、ガス室と様々でした。
犠牲者が集計されている国々は、アルバニア、ベルギー、デンマーク、ドイツ、
エストランド、フランス、ギリシャ、イタリア、ユーゴスラビア、レットランド、
リトアニア、ルクセンブルグ、オランダ、ノルウエー、オーストリア、ポーランド、ルーマニア、ソビエト連邦、チェコスロバキア、ハンガリー、その他の国々と
なっています。表を見てください。
多いのは、ポーランドで270~300万人、次いでソビエトで100~210万人、合計は560~630万人とされています。

さて、これほど多くの人々何故殺し得たのかという疑問が残ります。独Wikiからです。
ナチ抵抗者のHelmuth James von Moltke男爵は1943年に次の様に書いています。
「住民(ドイツ人)の少なくとも十分の九は、我々が数十万のユダヤ人を殺した事を
知らない。」 しかし、それとなく知っていた十分の一さえもそれに対して何もしなかった。何も知らないと知りたくないがホロコーストに付いて交叉し混乱していた。
例えば、国防軍兵士は関与しておらず知らず、親衛隊が殺略にあたったと言われて
います。殺略が加速するのは、この年以降です。

それでは、実行者はどれくらいの数だったのでしょうか?
事務処理をした者、現場で殺略を行った者、死体を処分した者。ドイツでは約50万人、その周辺諸国では協力者が数十万人と見積もられています。
殺略は1941~1945年に組織的に行われ、工業的に行われたのは1943年
以降です。アウシュビッツでは90~110万人が「処分」されたと言われています。

余談ですが、ドイツ滞在中に古本屋で『事務的で変で、それで可笑しいドイツ語』
という本を見つけました。その中に、収容所の死体焼却炉の性能と価格見積もり
に添えられた手紙がありました。本当に事務的で技術的、人の集団をユニットして
扱い、表現も苦笑いするようなものでした。手紙の末尾は当然「Heil Hitler!」でした。

日本人も戦争中は酷いことをしたと言われましたが、腹の中で「おまえらとは違うよ」
「俺らは成り行き上そうなっただけで、お前らみたいに「XXX国人根絶やし」なんて
決して考えていなかった」と思っていました。

「真実から目をそむける人に明日は無い」と言いたいです。
Wikiにの膨大で詳細な記述も見られる様にドイツでは「起った事実として」記録して
います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
>「住民(ドイツ人)の少なくとも十分の九は、我々が数十万のユダヤ人を>殺した事を
>知らない。」 しかし、それとなく知っていた十分の一さえもそれに対し>て何もしなかった。何も知らないと知りたくないがホロコーストに付いて>交叉し混乱していた。
このような状況でしたのですね。
工業的に行われたという言葉がすごく残酷に響きます。
いろいろお教えいただきたすかりました。
心から感謝いたします。

お礼日時:2016/03/03 17:17

第二次世界大戦中、北はリトアニアから南はクリミヤまでのナチス・ドイツ占領下のソビエト・ロシアでは、ユダヤ人殺戮のために現地人によるさまざまな形のナチスヘの協力が見られました。

 それと共に、ソ連治下でくすぶっていた極右系のナショナリストのグループは、ナチスの方法手段をそのまま導入してユダヤ人迫害にあたりました。 600万人はこれらすべての被害者の合計です。 それでも戦勝国であるソ連は、ユダヤ人虐殺の罪を問われませんでした。 敗戦国であるドイツにすべての罪がなすりつけられました。 日本も同じです。 非戦闘員を大量に虐殺した、アメリカの空爆や原爆投下は何の罪にも問われず、捕虜にごぼうを食べさせた日本の軍人は、捕虜に木くずを食べさせて虐待したということで死刑になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私も非戦闘員を大量に虐殺した、アメリカの空爆や原爆投下に怒りを覚えます。
いろいろお教えいただきたすかりました。

お礼日時:2016/03/02 09:48

まずですね。


虐殺説には数々の疑問が出されていることを
御存じでしょうか。

4年間で600万も殺されたのに、ユダヤ人の
人口が倍増しているのは何故か。

殺して焼いて灰にした焼却炉は、24H365日フル稼働
しても、そんな能力は無いといわれています。

戦後、調査が進むにつれ、虐殺数はどんどん減っていきます。

それなのに世界中が信じたのは、ロイター、タイムズ、
ポストなどの一流紙が宣伝した為ですが、これら
は総てユダヤ資本の会社です。

虐殺があったため、世界の同情を集めることができ、
それがその後のイスラエル建国に多大な寄与をしています。

NHKのあの番組はそういう検証をまったくしていません。
かつてのろくに検証もしていない時代のフイルムを流して
いるだけです。
少なくとも600万説は疑問です。



ユダヤ人大虐殺はナチスだけの責任なのでしょうか?
     ↑
ユダヤ人は世界の嫌われ者でした。
宗教も人種も異なり、卑しまれた金融業をやり
金持ちが多い。
今でも全米富豪トップ100中で、ユダヤ人は常に
30人を超えています。
人口の1,7%しかいないのにです。

決定的なのは、祖国無き民といわれ、愛国心が
無かったことです。
だから平気で国益を害する行為をやります。
これが各国の逆鱗に触れたのです。

だからユダヤ人は世界で迫害されました。
特にひどかったのがロシアです。
「屋根の上のバイオリン弾き」という有名な
ミュージカルは、ロシアの迫害に耐えかねて逃亡した
ユダヤ人一家の物語です。

だからユダヤ人の方もロシアを恨み、日露戦争で
日本国債を購入したりして、日本を援助しました。

ベニスの商人の、悪徳金貸しシャイロックはユダヤ人
です。

ウクライナ崩壊でも多額の国家財産を手にして
カナダ、米国などに逃げたと言われています。

ドイツが殺した、とされるユダヤ人の多くは
ロシアが関与しているという話しもあります。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
全米富豪トップ100中で、ユダヤ人は常に30人を超えていて。人口は1,7%しかいないというのが驚きました。
ドイツだけではなく世界で迫害されていたのですね。
いろいろお教えいただきたすかりました。

お礼日時:2016/03/02 09:45

http://blog.goo.ne.jp/fukudaikichi/e/a8b74bfe758 …
アメリカのウォルター・ジョーンズ共和党下院議員が、
「第2次世界大戦で、ナチス・ドイツにより数百万人のユダヤ人や、その他の人物らが殺されたと主張する、
いわゆるホロコーストが発生した事実は存在しない。ホロコーストは発生しておらず、
このような出来事は20世紀最大の真っ赤な嘘と見なされる」と述べています。

「第2次世界大戦末期、ナチス・ドイツにより数百万人ものユダヤ人らが大量殺戮されたというのは、
でっちあげの虚言であり、ユダヤ人らの空想に過ぎない」としました。

さらに「このようなことは、歴史に残る虚言で、ユダヤ人らはこの虚偽の物語を創作するため数百万ドルを費やし、
この事柄に関する書籍を執筆し、映画を制作した」と語っています。

ベトナム戦争の退役軍人であるジョーンズ議員はまた、アメリカの現状と第1次世界大戦後のドイツとを比較し、
「アメリカは、経済、政治、文化、そして軍事面で支離滅裂の状態にある」と述べました。
そして「サントラム元上院議員やギングリッチ議員のような好戦主義者、そしてロムニー議員のような
イランへの敵対姿勢を示す者の発言は、滑稽で笑止の沙汰である」としています。



勝てば官軍。そして、敗戦国=悪。         


こういうことですね
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

お礼日時:2016/02/27 14:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヒトラーの大量虐殺は何故生まれたかを検証する実験の名前…

ヒトラーの下で大量虐殺を実行した人々は、
何故虐殺をすることができたのか、という実験が現代にあったのですが
その実験の名前が思い出せません。

うろ覚えなのですが
用意された2つの教室の片方に先生、もう一方に生徒を座らせ
少女に電流を流してゆく(フリをする)
というものだったのですが…。

こんな少ない情報でわかる方はおられませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

恐らく、ご質問の実験は、「アイヒマン実験」と呼ばれるものでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%AE%9F%E9%A8%93

Qヒトラーはなぜユダヤ人を大量虐殺したの???

お世話になります。
基本なのかもしれませんが、ヒットラーはユダヤ人を何故あのような形で虐殺しひどい事をしたのでしょうか?その根拠を分かり易く教えて頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

なぜかというのは解明されていないので、真実は調べてもわからないと思います。ヒトラーはユダヤ人の血がまじっている可能性だあったという噂がありますが、それも噂なだけで、まだ解明されてはいません。(参考URLにつけときます)

当時のドイツの状況はご存知でしょうか?
戦争に負けて、ものすごい額の賠償金を課され、軍事力は制限され、領土や海も奪われた。負け戦におわされたあまりに一方的な代償、国民の政府への反感は相当なものであったと思われます。

そこに世界恐慌が起こり、貨幣価値が60億分の1にまでなるというありえないインフレになり、失業率が30%をこえるまでになりました。バター400グラムのために丸二日休みなく働かなければならない状況です。しかも、まだまだ不景気は悪くなる傾向で、お金がない、食べるものもない、仕事もない、明日どうなるかもわからない、そんな状況でした。それを国は解決できないでいました。

日本も不景気な時に小泉首相が人気出てましたね。あれとは程度がまったく違いますが。独裁的なまでのリーダーシップとわかりやすい言葉で説明できる弁舌力を持つ指導者を求める声が強くなっていったのです。

それがヒトラーでした。ヒトラーは貧乏だったという通説がありますが、実は裕福でおまけに神童といわれるくらい優秀だったとの話もあります。そして青年時代のヒトラーは画家を目指していましたが、美大の受験には失敗してます。このウィーンにいた時代は、貧乏だったとナチスの発表している公式な伝記にはのっていますが、実は裕福だったようです。

この頃のヒトラーは絵を売る生活をしていたヒトラーにとって裕福な芸術人の多いユダヤ人はよき取引相手であったようです。それなのに、ヒトラーはナチスに入ってからどういうわけかユダヤ人を嫌う発言や文書を残しています。

この頃になにかあったのかもしれませんが、ヒトラーが個人的にユダヤ人に恨みがありそうな記録はありません。ただ、ヒトラーは作曲家ワーグナーに心酔していたという記録があります。ワーグナーはユダヤ人への差別意識がある作曲家で、ドイツ人・アーリア人種の純粋さを保つことが大切であると風潮しており、のちの「ゲルマン主義」につながるような思想を持っていました。

ヒトラーの話はとりあえずこれで十分だと思いますが、ドイツが経済的に最悪な状態にあったのですが、そこにいたユダヤ人はドイツでは少数民族ではありましたが、昔から銀行業などを営みその利子で生活をしいる人が多かったのです。この金貸業は「いやらしい職業」として一般的に嫌われていました。このことはシェークスピアのヴェニスの商人でも感じられます。経済が低迷し失業率が高まってくると「働きもせずに、利子で暮らしている」という嫉妬心がユダヤ人に対して芽生えてきたのは不自然ではないと思います。

ここに目をつけたナチスは「ユダヤ人はイエス・キリストを殺した悪いやつら、今度の戦争もユダヤ人が足をひっぱったから負けた。ユダヤ人はこの国をのっとるつもりだ」という話で国民を扇動。政党の支持率もあがりますし、ユダヤ人から富を奪い取ることで経済力も向上させることに成功したのです。

もともとユダヤ人はキリスト教との関係で差別されることの多い民族で、金貸等で恨まれている人もいましたから、そういう差別意識に火をつけることは難しくなかったといえます。

個人的にはユダヤ人迫害は「お金」と「妬み」と
「民族主義」があいまって起こった悲劇と考えます。


下のサイトはかなり詳しくナチス・ヒトラーについての解説をのせています。

ただナチス関係の情報は私はあてにならないと思っています。というのも旧東ドイツの体制は、金融・マスコミ・軍事力を制圧しており、絶対的な独裁でした。その当時に作成した資料は全て国の管理下におかれた状態で作成・発表されたものであり、不都合な情報の削除などはいくらでもできたからです。

また旧東ドイツ体制の崩壊で多くの貴重な資料が流れています。いろいろとうやむやになったことも多いようで、そのときにこっそり書き換えてても不思議ではありません。結局歴史上なにがあったかは当人にしかわからないものなのでしょうね。

参考URL:
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/_floorB1F_nazis_X.html

参考URL:http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc616.html

なぜかというのは解明されていないので、真実は調べてもわからないと思います。ヒトラーはユダヤ人の血がまじっている可能性だあったという噂がありますが、それも噂なだけで、まだ解明されてはいません。(参考URLにつけときます)

当時のドイツの状況はご存知でしょうか?
戦争に負けて、ものすごい額の賠償金を課され、軍事力は制限され、領土や海も奪われた。負け戦におわされたあまりに一方的な代償、国民の政府への反感は相当なものであったと思われます。

そこに世界恐慌が起こり、貨幣価値が60億...続きを読む

Q(再)南京大虐殺で「三十万人大虐殺」を行った日本軍が・・・

前回も質問しましたが、納得のいく回答がなかったので、再掲します。


南京大虐殺の遺体処理についての質問です。

日常のニュースを見ていて思ったことなのですが、
例えば、殺人事件の発覚のキッカケが死体から放たれる異臭というケースが多々あると聞きます。
経験者が言うには、あれほど人間として耐え難い悪臭はないそうです。
しかも、たった一体の腐敗臭でさえ広範囲に漂うそうです。

1、ナチスドイツはホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を行うにあたって、初めから死体処理工場を準備していました。ナチスに100%の遺体処理が可能だったのは、工場を建設し、あらかじめ犠牲者を収容所に監禁していたからです。

2、ソ連軍がポーランド軍の将校を抹殺したカティンの森の虐殺でも、あらかじめ将校たちに自分の墓穴を掘らせたうえで射殺しています。

3、モンゴルのチンギスハーンは、都市国家の国民を皆殺しにしたが、全員殺してしまったために死体を処理する者がおらず、死体が全部腐ってしまった。そのあまりにも悪臭に耐えかねて、チンギスハーンはその都市を放棄したそうです。



【質問1】
死体処理について何の準備もなく、偶発的に「数十万人」を虐殺した軍隊が、ただの一体も腐らせずに処理するなどということが可能でしょうか?

【質問2】
中国側のいうような「三十万人大虐殺」がもし本当にあったのならば、
99%の遺体を処理したとしても(絶対に不可能ですが)
残りの1%の、つまり3千人の遺体が現場に残されているはずです。
それならば多くの人々が腐敗臭に苦しんだという証拠が残っているはずです。
そのような証拠はありますか?

【質問3】
前準備もなく「数十万人」を虐殺した日本軍が、どのように遺体から悪臭を発せずに処理したかを教えて下さい。

前回も質問しましたが、納得のいく回答がなかったので、再掲します。


南京大虐殺の遺体処理についての質問です。

日常のニュースを見ていて思ったことなのですが、
例えば、殺人事件の発覚のキッカケが死体から放たれる異臭というケースが多々あると聞きます。
経験者が言うには、あれほど人間として耐え難い悪臭はないそうです。
しかも、たった一体の腐敗臭でさえ広範囲に漂うそうです。

1、ナチスドイツはホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を行うにあたって、初めから死体処理工場を準備していま...続きを読む

Aベストアンサー

No.7 で何か述べている人がいますが、結論は変わりません。
> 当時の日本兵の手紙:「もう支那兵の死人が暖かになって腐
> るので、悪臭が鼻を切るように匂ってくるよ。全く戦地だね。
> 揚子江の隅には死人の山で□の如くだよ。一寸内地の人が見
> たら驚くね。腐ってどろどろになって居るよ…」

 で、これは「死体」であることは示していますが、大虐殺による死体であったことは全く意味しません。正規軍同士の戦闘結果であろうが天安門での虐殺結果であろうが、死体は死体です。五十歩百歩と言えましょう。

> これが不衛生な都市の悪臭か、あるいは死体の匂いなのかは、
> 質問者及びこのWebをご覧になっている方の判断にお任せしま
> す。

 というか、この文章からしたら死体の臭いにしか読めないのですが、
他者の読解力をずいぶんと甘く見ていますね。要するに、自称「ほぼ同じこと」が全くもって「ほぼ同じ」などではなかったというだけのことです。

> それで「3月中旬までは未処理の死体が残っていた」事は確
> 認できます。(それ以降がどうかはこれだけではわかりませ
> ん。)

 戦争が行われたのですから、死体が残っていないわけがありません。誰かが「死体が残ってい」なかったという意見を述べているとでも思っているのでしょうか。私ですら死人の存在を明言しています。
 問題は、「三十万人大虐殺」という量であり、それにより生じた三十万体の死体を処分する作戦行動の命令書の有無であり、処理し切れなかったと仮に想定した場合において残ったであろう死体の発する腐敗臭です。
 決して「死体の臭い」などという量を無視した概念ではなく。

No.7 で何か述べている人がいますが、結論は変わりません。
> 当時の日本兵の手紙:「もう支那兵の死人が暖かになって腐
> るので、悪臭が鼻を切るように匂ってくるよ。全く戦地だね。
> 揚子江の隅には死人の山で□の如くだよ。一寸内地の人が見
> たら驚くね。腐ってどろどろになって居るよ…」

 で、これは「死体」であることは示していますが、大虐殺による死体であったことは全く意味しません。正規軍同士の戦闘結果であろうが天安門での虐殺結果であろうが、死体は死体です。五十歩百歩と言えましょう...続きを読む

Qヒトラーの人生の年表を教えてください。

ヒトラーの人生について調べていますが難しくわかりにくいものばかりなのでヒトラーの人生の年表を教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

こんなのでしょうか

参考URL:http://www.jade.dti.ne.jp/~mm2009/Hitler1.html, http://www13.big.or.jp/~msk/tisen/90/90873.html

Qホロコースト・あるいはシベリア抑留についての

ホロコーストについて、あるいは、シベリア抑留について、わかりやすく書いてある本を教えてください。
中学生の子供に読ませたいのです。
ちなみに、≪アンネの日記≫ではないものがいいです。

Aベストアンサー

シベリア抑留についてのみの回答になりますが、

村尾靖子著 『クラウディア 奇跡の愛』
蜂谷弥三郎著『クラウディア 最後の手紙』

はいかがでしょうか。

シベリア抑留によって50年以上も日本へ帰ることができなかった、蜂谷弥三郎さんの手記とドキュメンタリーです。シベリアの地でどのように生き延びたか、生き別れになった家族との再会などをつづった実話です。

中学生でも読める文体ですし、実際に抑留された人の体験談として、若い世代の方が読んでも非常に考えさせられる本だと思います。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4907727313/sr=1-1/qid=1155336576/ref=sr_1_1/250-8896282-0947437?ie=UTF8&s=books

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4840107467/sr=1-3/qid=1155336857/ref=sr_1_3/250-8896282-0947437?ie=UTF8&s=books

シベリア抑留についてのみの回答になりますが、

村尾靖子著 『クラウディア 奇跡の愛』
蜂谷弥三郎著『クラウディア 最後の手紙』

はいかがでしょうか。

シベリア抑留によって50年以上も日本へ帰ることができなかった、蜂谷弥三郎さんの手記とドキュメンタリーです。シベリアの地でどのように生き延びたか、生き別れになった家族との再会などをつづった実話です。

中学生でも読める文体ですし、実際に抑留された人の体験談として、若い世代の方が読んでも非常に考えさせられる本だと思います。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報