肝心の事を誰も説明してくれません。
昨日、池上さんの番組で、電力自由化は競争で電気料金を下げるのが主たる目的と言ってました。

今まで電気は基礎インフラなので全国の10電力会社が地域独占していて競争が無かった、
だから電気料金が高止まりしていた、だから自由競争原理を持ち込む事で料金を下げるのが目的だと言いますが、

独占で競争がないのは電気だけではなりません、それを放送しているテレビ局は戦後ずっと独占で競争がありません。
その他、鉄道運賃、タクシーと事実上政府の許可制で自由に料金が決められないものがたくさんあります

自由競争万能ではないと思います。特に電気のような基礎インフラの分野は民間会社というのは名前ばかりで国の縛りがあると思うし その方が健全だと思います。

本当に電力会社が民間会社なら東電も政府が介入しないで放置すれば被害者救済も出来ないでしょう。

シャープは潰れてもいいが日本航空や東京電力は潰さない、でしょう。

質問1・
電力会社が独占故、電気料金が高いというなら政府が介入して値下げさせればいいのではないか?

質問2・
電力自由化により電力会社を選ぶことが出来るようになり、原発がいやでクリーンエネルギーがいいという人はクリーンエネルギー発電している会社と契約すればいいと
言ってましたが、その会社と契約すると自分の家と隣の家は中身の違う電気が来るのですか?
電気の中身を知ることが出来ますか?

質問3・
生協が電気を販売するそうです、識者が解説してましたが、「地産地消で理想的な方向だ・・」
地域の生協で電気を買うと生協の発電した電気がくるのですか?

質問4・
電気の中身が同じなら、契約する電気会社が発電しようがしまいが関係ないのでは・・だったら、そもそも電力会社以外から電気を買う意味があるのか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

政治家が介入する組織が腐敗するのは世の常です。

天下り先の企業とかね。
社会インフラで一定の収入があるがばかりに、それはもはや利権と化していると見られるわけです。

NHKの会長職みたいに、ろくな知識も技能も、そして人格さえ怪しい人がポッと就任し、数年会長の座に居座るだけで、給与とか、退職金で国民から集めた視聴料金の一部(もはや税金ですね)を1億とか2億とか、ポッと盗っていくシステムがあるでしょう。

東電もそういう風に見られていたわけです。
震災で東電のその社風が問題視されました。放射能は出てないよ。→実は出てた。みたいな、3歳の子供のいいわけような経営体質。政治家の覚えてませんみたいなね。

電力自由化すれば、そんな利権のお遊びをやっている余裕はなくなります。
他がどんどん効率化して安く安く電力を提供すれば、東電の電気を買う人が居なくなるわけですから、そうなれば東電の利権自体が無くなる。
効率化に精を出すはずだ。

と、そういった理屈でしょう。
政治が介入すれば、利権争いでますます腐敗する。そのイメージを一新しなきゃ。みたいな感じなのが今の自民の方針だと思います。
質問1の回答になってますかね?


電気は電気で見分けは付きませんが、何処の会社にお金を払うかで、日本社会のエネルギー供給の形も変わる可能性もあります。
みながクリーンエネルギーで発電している電力会社から電気を買うようになれば、クリーンエネルギーでない電力会社は淘汰されるかも知れませんね。
それを期待しているわけです。
質問2,3,4ですかね。

けどねぇ、どうなりますかね? エネルギー問題は国防に直結するので、話は単純ではないですし。
郵政みたいな半官半民中途半端なことになりそうですよね。今政治やってるのあの自民党とこの野党ですからねぇ・・・

ちょっともう、今の政治家総入れ替えとかしないと何をやってもダメかもですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すごい共感できるご意見だと思います。
質問項目多すぎでしたね ごめんなさい

回答ありがとうございました

お礼日時:2016/02/28 18:50

質問1・


電力会社が独占故、電気料金が高いというなら政府が介入して値下げさせればいいのではないか?

電力税などの物品税で課税はできても、ダンピングはできないようになっています。
なぜなら、法律で儲けて良いことが前提になっているからです。

質問2・
電力自由化により電力会社を選ぶことが出来るようになり、原発がいやでクリーンエネルギーがいいという人はクリーンエネルギー発電している会社と契約すればいいと
言ってましたが、その会社と契約すると自分の家と隣の家は中身の違う電気が来るのですか?
電気の中身を知ることが出来ますか?

PPS(特別電気事業者)にも寄りますが、全国規模の大手と、小規模事業者の違いがあります・・・が、基本的には一旦電線に通すと、一般電気事業者の電気となんら変わりません。基本的にはその地域で流通している電圧の電気になります。

質問3・
生協が電気を販売するそうです、識者が解説してましたが、「地産地消で理想的な方向だ・・」
地域の生協で電気を買うと生協の発電した電気がくるのですか?

2で解説してますが、小規模事業者になり、地域は限定されますが、生協などで生産した(太陽光などで)電気を一旦一般電気事業者を経由して契約者に供給されます。
不足分は一般電気事業者からそのまま供給されますので、その分は生協に買い取らせます。生協は一定額(あらかじめ決まった額)で買わされます。

質問4・
電気の中身が同じなら、契約する電気会社が発電しようがしまいが関係ないのでは・・だったら、そもそも電力会社以外から電気を買う意味があるのか

PPSでもいろんな業者がいるので、メリットも様々です。
一番は、主力商品と抱き合わせで販売できることです。
特に、電気料金のように、毎月一定料金の決まった現金の入る事業はおいしいのです。
特に電気は、買わない訳にはいきません。
ガスや水道会社もセットしやすいでしょう。

ま~でも自宅で太陽光を導入している人には無関係ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変ご親切な回答をありがとうございました

お礼日時:2016/02/28 19:13

>質問1


 たとえばここで公的資金(税金)を注入するとか補助金を給付すると事実上の国営企業になってしまうなど、ますます競争原理が働かなくなると思われます。
 一時期のフレーズにあった「官から民へ」に逆行する政策になります。


>質問2・
 本来は電源構成を公表するはずが、今日付の朝日新聞記事によると経済産業省が電力事業者の事務処理負担に気を遣って公表を義務づけていないと批判しています・・・が、いちおうは制度として存在するようです。
 経済産業省のWEBサイトで調べられることになっているようです。


>質問3
 理屈の上では可能だが実際には電力の確保ができていないので、現時点では机上の空論になります。

>質問4
 少し意味が不明瞭だが、電力の小売り自由化というのは、電力事業者以外も市場参入が幅広く認められることを指しています。


 地域独占と言っても、競争がないわけでもない。
 たとえば電話会社のNTT西・東ですが、2社しかなくてもこれで競争原理が働いています。(昔と比べれば通話料期が安くなったものです)

 蛇足かもしれないが、20世紀も終わりに近づいた頃に米国で電力バブルが崩壊して大変だったが、日本も同じ二の舞になるのではないか?と心配でなりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました ありがとうございます

お礼日時:2016/02/28 18:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電力会社の天下り

電気料金を国民から多く見積もり,天下り法人に一部流れていたと言うニュースが今朝ありましたが,みなさんはどう思われますか。こんなときにいったい何を考えてるんだって感じです。常識の欠片もないやつらで呆れます。
この復興増税についても,裏ではどうなってるか分かりませんよ。余計に見積もってる可能性も無きにしもあらずです。大人しい国民性の悪利用もいいところです。
血の気の多い諸外国なら暴動に発展してるでしょうね。

Aベストアンサー

その程度のことでは血の気の多い国でも暴動にはなりませんね。

韓国人は日本人より血の気が多いのはご存知でしょう。
韓国の国策で自動車や電子機器はみんな独占企業で、ヒュンダイやサムスンは国内でたっぷり利益を上げて海外でダンピングしています。
韓国国内のクルマの価格はアメリカより4割高く設定されています。
そんなわけでヒュンダイの利益の98%は国内で、海外じゃ経費が出りゃいいくらいの商売です。
それでも暴動になりません。

↓これ経済産業省のページですが、日本の電力料金の推移が出ています。
 平成6年からほぼ一貫して値下げしてきています。
http://www.enecho.meti.go.jp/denkihp/shiryo/ryokin-suii.pdf
もっと昔から下げ続けているわけで、30年前から石油火力を減らし原子力を増やしてきたので下げ続けてこられました。

ところが反原発左翼に煽られた国民が脱原発なんて言い出しているから、今後電気料金は急上昇を続けます。
見積もりに文句言ってる場合じゃありませんよ。
2兆円燃料代が増えるから国民一人当たり年間2万円増加ですよ。
もちろん産業用の電力もあるから家庭用がそんなには上がりませんけど。
結局製品価格に反映されて負担は増えるんです。

それに菅前首相が孫正義に約束して作った法律で、ソフトバンクからバカ高い電力を電力会社は買い取る義務ができました。
そのバカ高い電力料金は国民が払うんですよ。
あなた、それに気付いていましたか?
よろこんで賛成していたんじゃないですか?
ドイツ、スペインで大失敗したのと同じ定額買取制度です。
アメリカでもオバマが「グリーンニューディール」と言って自然エネルギーで雇用創出と言ったのに、
中国からの太陽電池パネルの輸入が急増→アメリカ国内大手2社倒産→500万人失業 の大失敗。
結局、菅前首相のやろうとしていたことは、日本人の払う電気料金で中国メーカーに補助金をつけてやるようなものです。

私はそっちの方がよほど腹が立ちます。

その程度のことでは血の気の多い国でも暴動にはなりませんね。

韓国人は日本人より血の気が多いのはご存知でしょう。
韓国の国策で自動車や電子機器はみんな独占企業で、ヒュンダイやサムスンは国内でたっぷり利益を上げて海外でダンピングしています。
韓国国内のクルマの価格はアメリカより4割高く設定されています。
そんなわけでヒュンダイの利益の98%は国内で、海外じゃ経費が出りゃいいくらいの商売です。
それでも暴動になりません。

↓これ経済産業省のページですが、日本の電力料金の推移が出ていま...続きを読む

Q国と電力会社の破産に関する質問です

 最近原子力発電所の運転再開の賛否及び原子力発電所事故被害者に対する補償などで国と国内の電力会社(原子力発電所を持っていない沖縄電力を除く)に対し様々な声があがっているようです。
 それなら国も電力会社(特に電力料金の値上げを最近発表した東京電力)も破産・解体して電力の独占供給形態をなくしてしまっていいと思いますが、皆さんの意見はどうですか?

(先進国で地域ごとの電力独占供給形態を維持しているのは我が国だけであり、無駄ともいえる施設も多数持っているらしい。加えて国もたくさんの借金を抱えているから)

Aベストアンサー

被害者の補償を無視していいなら東電の破産も有りでしょう。破産できたら東電は無くなるので補償は消滅時点で原則終わりになる。(破産前に補償を行う別会社を創立して、補償関係をそちらに移管後破産させればその限りではないが)
国が破産すれば通貨”円”は無価値化すると思われるので、経済が大混乱になることが予想されますがそれでも問題が無いとお考えですか?
原発を無くす方法は簡単です。各家庭及び企業で電力会社の電気を購入しなければ受給関係上、電力会社は廃業となり原発はなくなります。
電力の自由化、それは望ましいことでしょうか?独占供給形態維持を前提に課せられている品質・価格の安定等が無くなっても良いのであれば話は簡単ですが。日本はあまり格差を望まないと思いますが

Q韓国と東南アジア.中近東のインフラ発注.受注の件

タイでは洪水対策の治水工事を韓国の企業が請け負ったとか、
トルコでは東西を結ぶ第三の橋梁建設を請け負ったとかは発注国.受注国とも何考えてるのか意味不明なんですが、韓国企業が絡んだインフラトラブルを発注国は知らないんでしょうか?

それも入札で競っての受注出なく二分の一.三分の一で受注して過去の韓国企業の例から工事が完成何て有り得ないか完成してもワンシーズン持つか怪しいような物しか出来ないはホボ確定しるようなんですがー?

過去の韓国企業の東南アジアのインフラ工事等で、パラオでは橋梁工事請負って完成したは良いがすぐ
橋が落ちて韓国企業はトンズラして責任取らないとか、マレーシアだかのサッカースタジアムの観客席の屋根が落ちたとかインドネシアでは日本企業が請け負った高層ビル2棟の工事に無理やり入って来て、両隣のビル工事で日本の猿真似しながら工事してて出来上がった韓国側の作ったビルは初めから何度か傾いて居て誰も入居者が居ないビルだとかこんな情報はアジア各地で共有してるはずなのに入札額の糞安さに惑わされてるんでしょうか、韓国企業に入札させて仕事をあたえる国々は、?

タイでは洪水対策の治水工事を韓国の企業が請け負ったとか、
トルコでは東西を結ぶ第三の橋梁建設を請け負ったとかは発注国.受注国とも何考えてるのか意味不明なんですが、韓国企業が絡んだインフラトラブルを発注国は知らないんでしょうか?

それも入札で競っての受注出なく二分の一.三分の一で受注して過去の韓国企業の例から工事が完成何て有り得ないか完成してもワンシーズン持つか怪しいような物しか出来ないはホボ確定しるようなんですがー?

過去の韓国企業の東南アジアのインフラ工事等で、パラオでは橋...続きを読む

Aベストアンサー

 歴史に、大航海時代と言うのがありますが、大航海が成立し得る条件は強固な設計による船舶の生産ではないでしょうか。それは、日本のような地震大国のビル設計にも応用できる。応用の必要がある、またはない、の判断でしょうか?

Q香港の軍事介入は有りますか?

香港は第二の天安門になりますか?
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H0K_Y4A920C1FF8000/

【一国二制度の矛盾】

多分、香港の人々は中国が経済発展するとソフトランディングして政治も民主化して共産党は潔く身を引くとでも思っていたのでしょうか?一度手にした自由は絶対に手放したくないと思います。台湾にも影響出ると思いますが、中共は絶対に妥協する気はないでしょうから国際社会のひんしゅくをかっても民主化阻止しようとすると思います。でも、経済がめちゃめちゃになってしまいますよね。

皆さんのご意見お願いします。

Aベストアンサー

> 中共は絶対に妥協する気はないでしょうから

こんにちは。 中国共産党の一党独裁は風前のともしびであり、いずれ終焉を迎えることになります。 しかしそれまでは頑強に独裁体制を維持しようとするでしょう。  この問題はウクライナーロシア紛争と根は同じです。 

(1) 香港の中国における地位と役割
一国二制度を保証しての香港返還から17年が経過しました。 ようやく中国が本音を出して香港を呑み込みにかかって来ました。 香港に住む資本家は中国国内にある企業を次々に買収し、近代経営に移行中です。 例えばホテル経営です。 先ず従業員に英語教育を徹底させることから始めています。 膨大な数のホテルがありますが、香港や台湾の資本家によって経営の近代化が進められています。 英語教師はフィリッピーノです。  ホテルの中間管理職にフィリッピーノが入り込んで教育訓練中です。  

中国の首都は北京であり、権力者たちは北京の中南海に住んでいますが、実質的な首都は香港です。

香港は金融の中心と言うに止まらず、生産活動の実質的な経営者にもなっていると言えるでしょう。 ここを武力で制圧すればどう言うことになりますか? 資本家たちは自分たちの資産を次々と香港から海外に移し、出て行くことになるでしょう。 

(2) 中国共産党は資本家によって実質支配されている
香港の返還と時期を一にして共産党の綱領が改訂され、資本家の共産党入党が認められています。 この時点で共産党は性質を根本から変えたのです。  共産党の幹部に欧米で教育を受けた経営者が次々と起用されています。 資本家に乗っ取られるのも時間の問題です。 自由競争の原理が採用されれば資本家が勝利するのは自明の理だからです。 

(3) 習近平は鄧小平になるのかゴルバチョフになるのか
1989年、民主化を求める学生が北京天安門に終結した時、鄧小平は人民解放軍を導入し、武力による鎮圧を図り、こう言いました。 『この国には13億の民がいる。 百万失ってもちっとも惜しくはない。』

四分の一世紀が経過し、同じような事態が目前に展開しようとしています。 習近平も同じことを言うでしょうか?  そしてするでしょうか? 今の中国共産党にそれが出来るでしょうか? もしやったらどうなるでしょうか? 

やれば習さんは間違いなく失脚します。 天安門事件で李鵬さんがそうであったように。 

(4) アジア大会で中国は圧勝した。 筋肉増強剤の力をフルに活用して。
今回のアジア大会、大会事務局は優勝した中国選手ではなく、二位になった日本選手に厳しいドーピング検査を課し、中国選手をフリーパスにしました。 

多分、事前に習さんから朴クネさんに要請があったのだと思われます。 朴クネさんも瀋陽に安重根記念博物館を建てて貰ったので、これを了承しました。  

中国政府は、国威発揚に必死です。  たとえどんな不正をしても国際的に国の威信を高める必要があるのです。  東シナ海における島々の領有権主張はアセアン諸国の猛反対にあってとん挫しています。 国民の目をそらすためにアジア大会の圧勝は好材料でした。 でも不正は不正です。 大きな代償を払うことになります。 それは過って東ドイツがそうであったように、国の存在すら危うくなるほどに大きな代償が支払われることになります。 

> 中共は絶対に妥協する気はないでしょうから

こんにちは。 中国共産党の一党独裁は風前のともしびであり、いずれ終焉を迎えることになります。 しかしそれまでは頑強に独裁体制を維持しようとするでしょう。  この問題はウクライナーロシア紛争と根は同じです。 

(1) 香港の中国における地位と役割
一国二制度を保証しての香港返還から17年が経過しました。 ようやく中国が本音を出して香港を呑み込みにかかって来ました。 香港に住む資本家は中国国内にある企業を次々に買収し、近代経営に移行中で...続きを読む

Q日本の国際競争力が低下した原因とはなんですか??

日本の国際競争力が低下した原因とはなんですか??

Aベストアンサー

私たちの生活でお金を使っている製品、サービスをどこの国が生み出しているかを考えたら分りますよね?

利用するソフトウエアの多くが日本製から海外製になりました。
パソコンの出始めのころは、日本のソフトハウスが頑張っていました。
ワープロは、「松」とか「一太郎」が日本で広く使われていました。
データベースも「桐」やカード型データベースとしてThe CARDががんばっていました。
日本語入力システムは、ATOK,VJE、Wnnがありました。

ネットを使うときは、サーバを使いますが、それはほぼ海外生まれであり、サーバで稼働するソフトもほとんどが海外生まれです。
多くの人が使っているLINEもその中核技術は韓国製です。
FacebookもTwitterもそうです。

ソフトを動かすパソコン本体も、初期の日本メーカの多くは撤退し、残っていたNEC、富士通も海外企業に支配されてしまいました。

携帯電話も、昔は全て日本製でしたが、iPhoneを使う人が多いですよね?
また、iPhoneを選ばない人であっても、海外製のスマホを選択する人は割と多いでしょう。

本など購入するのも、地元の本屋さんじゃなく、Amazonを利用する人が増えました。

街を見れば、あちこちにあった大きな工場は海外に引っ越してしまい、跡地はショッピングセンターとか、巨大なマンション群になっています。
工場があれば、そこで大きな富を生み出しますし、地域の人たちの職場になりますし、工場と働く人たちから、自治体は大きな税収が得られたものです。

また会社は、バブル崩壊までは、何も分らない新人を採用し、彼らをお金と時間をかけて教育し、戦力に育てあげました。
今は、「新人教育に金はかけられない!即戦力が欲しい!」として派遣を使う企業が増えました。
でも、派遣さんって短期で消えてゆきます。せっかく覚えた知識や技術がチャラになり、次の派遣先でまたゼロからやりなおしです。
派遣で働く人にとっても、その人たちを雇う企業にとっても大きなマイナスです。

そして、統計によると日本人の生産性は、先進主要7カ国の中で最も低いそうです。
5%とか10%低いっていうのじゃあなくて、30とか40%とか、下手したら50%くらいかもしれません。
これは、単純に考えたら、海外では、時給が倍になるかもしれないってことです。

歴史をふり返ると、長く続いた江戸時代には、技術革新、新しいやり方は禁止という傾向があったそうです。
新しい技術、やり方は、新参者が成功する原動力になります。
でも、それは「下克上」の世の中を呼び起こし、後輩が先輩を追い抜くようになりますからね。世の中の争いの種になります。
そういう先輩・後輩関係重視の旧日本軍は、「実力・能力があるものが出世する。先輩・後輩は関係ない」という米軍に、もしかしたら勝利したかもしれないミッドウエー海戦でコテンパンにやられました。
そして、今でも、日本企業の雰囲気は、大東亜戦争の頃を引きずっている気がします。


まあ、結局のところ、日本の競争力があった時代には「富を生み出すもの」がモノづくり、工場にあったんだとおもいます。
トヨタの看板方式をはじめとして、その効率は今でも素晴らしいと思います。

でも、富を生み出す源泉が「モノ」じゃあなく「ソフトウエア」に重点が移ったのではないでしょうか?
ソフトウエアは、人間の数千倍、数万倍以上も効率よく、事務や通信の仕事をしてくれますからね。

そして、日本はそのソフトウエアの製造に対して「あれは、ブラックな業界だ。派遣で搾取される業界だ。低賃金な長時間労働だ!と敬遠しました。
(まあ、その批判は、日本においては、当たっている部分が多かったとは思います・・・)

プログラマという、ソフトウエアの製造者になることを嫌い、利用者としての企業も「見えないものに金は出さない」という考え方もあったでしょう。
次世代の富の源泉を拒否したのですから、日本の競争力低下は当然の結果だと思っています。

私たちの生活でお金を使っている製品、サービスをどこの国が生み出しているかを考えたら分りますよね?

利用するソフトウエアの多くが日本製から海外製になりました。
パソコンの出始めのころは、日本のソフトハウスが頑張っていました。
ワープロは、「松」とか「一太郎」が日本で広く使われていました。
データベースも「桐」やカード型データベースとしてThe CARDががんばっていました。
日本語入力システムは、ATOK,VJE、Wnnがありました。

ネットを使うときは、サーバを使いますが、それはほぼ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報