人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

去年高校入学と同時に吹奏楽部に入り吹奏楽を始めました。

今ある悩みの一つとして、合奏中やパート練の最中に音程があってない、高い、低いとよく言われます。ですが自分にはそれが分かりません。

ピアノを6年間やっていたので音感はある方なのかなと思っていましたが全くです。

どうすればわかるようになるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中高吹奏楽部だった者です。


中学ではパーカッションをやっていたため、高校でチューバを始めた時は高い、低いとか全然分かりませんでした。
そんな私が実際にやっていた練習があります。チューナーで音を出して、その音を声に出して歌います。「アー」でも「ウー」でも、歌い方は何でもいいです。
自分で歌うと、音程が合いやすいんです。実際、合奏でも音程が合わない時は歌わされましたし。
実際に聴いて、歌うと、自然と正しい音程を覚えられます。
あと、チューニングをする時にメーターを見て合わせるだけでなく、実際に音を出して合わせてみるといいです。
ピッチが合っていなかったら、音が「ウワンウワン」と揺れて聴こえます。その揺れが速い程音が合っていないです。

こういう練習を続ければ自然と分かるようになっていきます。
    • good
    • 0

そこまでブラバンは音程にシビアなんですか?



まず、奏者一人一人の吹き方のクセと、楽器自体の音程のクセがあります。
奏者は、人によって歯並びが違うので必ずしも全員がトランペットに向いているとは言えない。小学生の音を聞いていると必ず音程がぶら下がっています。その状態のまま低い音を吹くと、今度は低い音が上づります。

次に楽器の音程のクセですが、第五倍音のミ(記音)は低くなるので替え指の2・3で取ることもありますし、第六倍音のソは高めになります。楽器の特性上そうなります。ヤマハの楽器は自然倍音のヅレは少ないですが、外国製の場合は注意が必要です。

またピアノをやっていたということですが、トランペットはB♭管なので実音とのギャップに悩む人はいます。たとえば、友人でE♭クラリネットをやっていた子はピアノをやっていたので絶対音感があり、長六度のE♭クラの音程差に悩み部活を辞めました。

吹奏楽は管楽器の集団なのでオケよりも音程感覚は身に付かないです。また、決まりきった♭系の曲がほとんどなので、誰が合っていて誰が音程が悪いか定かではありません。注意している先輩や先生もブラバンでは音程感覚があるとは言い難い。なので、高い低いと言われたらその場で修正すればいいのです。本当に指摘される通りなのかはブラバンでは定かではありません。
    • good
    • 0

こんばんは✋


吹奏楽でチューバやってます
私も始めはとっても困りました…。
まずはチューナーを見ながら合わせてみてください。次のステップは最近のチューナーは音が出ると思うのでそれを聞きながら合わせ、そのあともう一度チューナーを見て自分が出している音が合っているか確かめる。これを続けるとだんだん分かってきます。
合奏の時は違う楽器でも同じ音に聞こえるよう意識すれば大分違いますよ!
こつこつとした練習の積み重ねが大事です。頑張ってみてください
    • good
    • 0

チューニングメータで練習すると言うのが基本でしょうが、それでも合奏の時の自分の音って意外にわかりにくいものです。



私のおすすめは、録音して聴きなおすこと。
これ、非常に良くわかります。

ついでに、自分の音のひどさも実によくわかるので、聴いたあとで落ち込んでしまうのが難点ですが、まだ若いんだから、ぜひチャレンジしてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどれが根音か3音か5音かがわからない

中学の吹奏楽部に入ってます。
2年生なのですがどれが根音か3音か5音か見分けができません。

和音についてのいろいろなサイトは見たのですが、どれもいまいちよくわからないです。
どれが根音かなどはどうやったらわかるんですか?教えてください。

Aベストアンサー

こんちは。
NO.1さんがすでに回答済みですが,もう少し別の角度から詳しく話しますね。

free1styleさんが,コードネームを使ってギターとかで伴奏したことがあると話は早いのです
たとえばフォスターの「スワニー河(故郷の人々)」をハ長調で歌うと

遥かなる(ミレドミレ)スワニー河(ドドラド)岸辺(ソミド)に(レ)~
コードネームをつけるとたとえばこんな感じ

C(遥かなる)F(スワニー河)C(岸辺)G7(に)~

それぞれのコードネームの構成音は

C(ドミソ),F(ファラド),G7(ソシレファ)です

このコードネームの音名(C=ド,F=ファ,G=ソ)がそれぞれの根音になります。


次に,和音のそもそもの話をします。


ハ長調を例にとると,音階は

ドレミファソラシです(※英語ではCDEFGAB)

ドを根音にした場合,一つ置きに音を重ねると

ドミソ(シレ・・・)となります。 

この場合,ミは3つ目の音なので「第3音」,ソは5つ目の音なので「第5音」と呼びます。

同様にレを根音にすると,レファラ(ドミソ・・・・)となり,
ファが第3音,ラが第5音,ドが第7音・・・・となります

通常,ハーモニーを奏でるときは,根音を一番低いパートにおいて,そのうえで和音の構成音を自由に組み合わせます。
例外的に根音以外の音を一番低く配置することがあります。たとえばC(ドミソ)の第三音「ミ」の音を最低音においてミドソとなっていても,あくまで根音はド,第3音はミ,第5音はソです。

これらは,ハーモニーの響きに慣れてくると,聞いただけでどれが根音でどれが3度で・・・・とわかるようになるのですが,慣れるまでは楽譜全体(吹奏楽ならスコア)を見て上のようなことを確認すればできます。
スコアを見ることができなければ,しっかり音を聞いて「ドミソ(C)の和音だな。だから根音はドだ」という風に判断します。

最後に,それを理解することがなぜ大切なのかの説明です。

吹奏楽などアンサンブルで純粋なハーモニーを作る際は,一番のよりどころは大体の場合バスが奏でる根音です。それに対してオクターブ違いの根音と第5音を完全に響くように合わせます。この完全協和音に対して不完全協和音の第3音を注意深く響かせます。
この場合,明るい響きの長3和音 C(ドミソ),F(ファラド),G(ソシレ)などは第3音を少し弱く低めに奏でる必要があります。そんな場合に,自分が奏でている音が根音(第1音)なのか第3音かのか第5音なのかを理解しながら奏でる必要があります。
学校の吹奏楽なら何度も同じ曲を練習するでしょうから,指導者がそれらを理解して音程を指導すれば体で覚えることができるでしょうが,将来,初めての曲でも演奏者がそれをすぐに察知して合わせられるようになりたいものです。

長々と書きましたが,ご参考まで。

こんちは。
NO.1さんがすでに回答済みですが,もう少し別の角度から詳しく話しますね。

free1styleさんが,コードネームを使ってギターとかで伴奏したことがあると話は早いのです
たとえばフォスターの「スワニー河(故郷の人々)」をハ長調で歌うと

遥かなる(ミレドミレ)スワニー河(ドドラド)岸辺(ソミド)に(レ)~
コードネームをつけるとたとえばこんな感じ

C(遥かなる)F(スワニー河)C(岸辺)G7(に)~

それぞれのコードネームの構成音は

C(ドミソ),F(ファラド),G7(ソシ...続きを読む

Qブレストレーニング・筋力トレーニング(管楽器)

私はいつも長く息が続かなかったり、力が足りないと注意されます。
なので皆さんがやっているブレストレーニングや、管楽器を吹く上で必要な筋肉(おなかや口の周りなど)を鍛えられる筋トレを教えていただきたいです。
また息のスピードを上げるにはどうしたらいいかも教えていただきたいです。

出来るだけたくさんの方の意見を聞いてみたいので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者です。

口の方は,どうやら私ではアドバイスできなさそうなので,呼吸法だけ。

基本的には,#1さんの意見に賛成です。楽器が吹ける時間を呼吸練習などにあてる必要は特にないと思います。その間は思う存分音楽を楽しんでください(^^

吹くときに気をつけることですが,肺⇒のど⇒口の中⇒唇⇒楽器という息の流れがスムーズになっていることを意識するのがよいと思います。これは#1さんがおっしゃっていますね。
具体的には,#2さんがおっしゃるようにまずは姿勢だと思います。猫背になったり,構えるときに顔から楽器を迎えにいったような感じで首が前に出ていると,スムーズに息が吸えません(=吐けません)。基本の姿勢は,リラックスして直立して,軽く(力まず)背筋を伸ばして,頭の位置は耳が肩の上に乗っているようなイメージで,ですね。いすに座っていても同じです。
*直立不動で吹け,ということではないですよ。基本さえ押さえてあれば,もちろんノリで自由に動いても問題ないです。念のため。

楽器なしでの練習についてですが,これも#2さんと似たような感じですが,最近,次のような呼吸練習を教えてもらいました。姿勢は前述の通りで,
 1.a秒鼻で吸う
 2.a×4秒止める(のどを締めて止めずに,腹筋や胸の筋肉などで止める)
 3.a×2秒かけて鼻で吐く
 4.1~3を繰り返し(ここが重要!)
止めている時間が猛烈につらいですが,その分効果ありますよ。3サイクル目あたりからたくさん吸えるようになってくるのが実感できると思います。
a=4(4秒吸って,16秒止めて,8秒吐く)×5サイクルくらいで十分すぎるぐらい大変ですが,a=7×7サイクルが最終目標らしいです。私にはまだ全然無理です(^^;

*「鼻で」というところ,理由はよく分かりませんが,そう教えてもらいました。確かにその方が効果あるみたいです。

あと,準備運動として,意外なところで,肩・胸周辺の筋肉をよくほぐすと息が入りやすくなりますよ。
(肩を前後にぐるぐる回すような感じ・・・って分かりにくいですかね^^;)

息のスピードについては,たくさん吸えていれば自然にできると思います(吸ってないものは吐けませんからね^^)。しかし,吹いている楽器やジャンルにもよりますが,圧力・スピードよりも効率(入れた息のどのくらいが音になっているか)・量・太さを意識した方が豊かな響きになることも多いです。また,力むとかえって体が硬くなって息が入らないこともあります。リラックス,というのはどんな時も大原則だと思いますよ。これもご参考に。

長文失礼しました。がんばってくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者です。

口の方は,どうやら私ではアドバイスできなさそうなので,呼吸法だけ。

基本的には,#1さんの意見に賛成です。楽器が吹ける時間を呼吸練習などにあてる必要は特にないと思います。その間は思う存分音楽を楽しんでください(^^

吹くときに気をつけることですが,肺⇒のど⇒口の中⇒唇⇒楽器という息の流れがスムーズになっていることを意識するのがよいと思います。これは#1さんがおっしゃっていますね。
具体的には,#2さんがおっしゃるようにまずは姿勢だと思います。...続きを読む

Q吹奏楽 金管楽器担当者の唇のバテ解消方法

吹奏楽の指導をしている者です。指導をしているといっても,専門的な知識はあまりないので教えて下さい。

トランペットを担当している生徒が,毎日の練習で唇がバテてしまったらしく,音が十分に出なくなってしまいました。特に高音はかすれた音ばかりで,まったくでません。本人もつらそうです。
コンクールが来週の土曜日にあるので,何とかバテを解消して,練習に取り組みたいのですが,唇のバテをなるべく早く解消する方法はありませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。今の生徒さんの状態は「バテ」ではなく,#2さんがおっしゃるように,疲労した状態で吹きすぎてバランスを崩したか,あるいは,唇の粘膜を痛めてしまっている,という状態だと思います。

まず,今の生徒さんの状態は,運動部で言うところの「けが・故障」に近い状態である事をご理解ください。今はとにかく,無理をさせないことが大事だと思います。特に指導者側からのプレッシャーは絶対に禁物です。出ない音を無理して吹かせない,というのは絶対に守ってください。粘膜の部分はデリケートですが,一方で回復も早いですから,あせらずに数日リラックスすれば,きっとかなりの部分回復すると思います。

コンクール間近であれもこれもやりたい,というのはお察しいたしますが,これは金管楽器奏法の本質的に関わる部分ですので,都合のよい特効薬はない,というところはご理解ください。

<以下,直接ご質問とは関係ないとは思いますが>
この時期,コンクールを目指す学校・団体は,どこも練習時間を長く取っていると思います。しかし,金管楽器奏者の唇は紛れもなく「消耗品」ですので,過剰な練習は禁物です。疲れて音が出なくなったら休む,というのは大原則です。耐久力(唇の筋力)をつけるためには,ある程度の負荷は必要ですが,それ以上は唇の粘膜を痛めたり,奏法のバランスを崩したり,と何もいい事はありません。
今さらかもしれませんが,必要以上に体(唇)をいじめない,というのは,本番直前のコンディション悪化を予防するための非常に重要なポイントですので,ご指導の際はお気をつけください。
本番当日の練習も,生徒さんの耐久力に応じて加減してください。

---
以上,長文失礼いたしました。ご参考になりましたら幸いです。
ご健闘お祈り申し上げます。

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。
吹奏楽の指導にもちょっとだけかかわったことがあります。今は吹奏楽関係者はコンクールシーズンで大変であろうとお察しします。

ちょっと前にも同じような質問があり,そちらにも回答していますので,よろしければご参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1532873

---
以下,先に挙げた質問の回答と重複する部分もありますが。

「バテ」というのは,通常は筋肉の疲労の事を指し,たいていは一晩できちんと回復します。...続きを読む

Q第3音の音程のとり方について

今私は独学で純正律の勉強をしています。そこでひとつ疑問に思ったことがあります。

一般的には、
「メジャーコードの第3音は低く取る」
「マイナーコードの第3音は高く取る」
といわれていると思いますが、疑問に思ったのはマイナーコードのほうです。
その内容とは、
「マイナーコードの第1音と第5音を低く取る、という説明がなされず、なぜ上記のような説が通っているのか?」
ということです。
以下にその根拠をまとめます。

ドを基準に音程を考えると、ミは長3度の関係にあるので平均律より低くとるべき。
ラは完全4度+長3度なので、やはりこちらも低く取るべき。
さらにラとドの関係は短3度の関係にあります。
つまり、第3音として低くとったラとミに、基準のドを加えれば、
純正のマイナーコードが出来上がります。

ここで平行調の移調を考えると、ハ長調で定義されたCとEとAをそのまま使えば、イ短調の主音のマイナーコードができます。
つまり、マイナーコードの音程のとり方は、
「マイナーコードの第1音と第5音は低く取る」
と考えたほうが理に適っているような気がします。
「第3音の音程を上げる」と考えてしまうと、平行調との関係は希薄になってしまうのではないでしょうか。

別の言い方をすれば、完全4度と完全5度は平均律と純正率は同じ、
3度の音程の上げ下げの幅を無視すると、
「長調ではミ・ラ・シの音程を下げる」
「短調ではレ・ミ・ラ・シの音程を下げる」
これが純正律音階での平均律と比較した場合の正しい説明になるのではないでしょうか?

いくつかの参考資料を見ましたが、「第1音と第5音の音程を下げる」という説明がされているのは一度も見たことがないし、
私は音大などは出ていませんので、学問としてどのように説明されているのかもよく分かりません。
できれば専門家の方の意見をお待ちしております。

今私は独学で純正律の勉強をしています。そこでひとつ疑問に思ったことがあります。

一般的には、
「メジャーコードの第3音は低く取る」
「マイナーコードの第3音は高く取る」
といわれていると思いますが、疑問に思ったのはマイナーコードのほうです。
その内容とは、
「マイナーコードの第1音と第5音を低く取る、という説明がなされず、なぜ上記のような説が通っているのか?」
ということです。
以下にその根拠をまとめます。

ドを基準に音程を考えると、ミは長3度の関係にあるので平均律よ...続きを読む

Aベストアンサー

A.1~2への補足拝見しました。
平行調の場合はそれでも実用上の問題は出ないと思います。
ただ、音程のとり方はド・ラ間が短三度のため広めに(ラを低めに)とり、そのラを基準にドとミの音程をとるため、結果として根音と第五音が"平行調の主音に対して"低目となるのです。ただ、これをいうならメジャーコードについても、「ラを基準に考えると根音と第五音を高めにとるべき」ということができますね。考え方が長調に偏っていませんか?ABC、イロハの音階はどこから始まっていますか?

また、マイナーコードが出てくるのは平行調だけではありません。たとえば同主調のCm、主音を低めに取ってしまうと"同主"調ではなくなってしまいますね。サブドミナントマイナーのFm、これも第五音を低めにとるとCメジャーとの縁であるファ・ドが大きく異なってしまいます。ポップス・ジャズでは進行の要とも言えるトゥー・ファイブのDmはどうでしょうか。純正律ではDはCに対して高めにとるのではありませんでしたか?

結局、第三音を低くといっても根音・第五音を高くといっても相対的には同じなのですが、汎用的に使用できる考え方としては、もとの調・和音から何とかして次の和音の根音を手に入れ、その根音を基準に第五音(1.5倍の周波数)、短三度(1.2倍の周波数)の音を得るというものです。これなら先程の例に汎用できます。

もともと純正律というのは調性音楽と相性が悪いものなのです。移調や移旋をおこなったらその主音をもとに音階を得るものなので、その音が前の調の音とどれだけ異なるかということはあまり考慮しません。必要になった際は実際に計算して考えるのが良いでしょう。

A.1~2への補足拝見しました。
平行調の場合はそれでも実用上の問題は出ないと思います。
ただ、音程のとり方はド・ラ間が短三度のため広めに(ラを低めに)とり、そのラを基準にドとミの音程をとるため、結果として根音と第五音が"平行調の主音に対して"低目となるのです。ただ、これをいうならメジャーコードについても、「ラを基準に考えると根音と第五音を高めにとるべき」ということができますね。考え方が長調に偏っていませんか?ABC、イロハの音階はどこから始まっていますか?

また、マイナーコードが...続きを読む

Q高校生が使うようなフルートはいくらぐらい??

高校に入学した子供から、フルートをねだられています。。。

子供は大きくなっても使うことを考えてらしく、そうゆうものだと大体30万(‘_‘)ぐらいと言われたんですが、私は楽器のことは全然わからないため何ともいえません。

どなたか、詳しい方回答御願いいたします。

たくさんの方から回答希望します。

Aベストアンサー

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されているとおり、フルートという楽器はその材質により、数万円から200万円以上というものまであります。
また、(これは楽器全般にいえることなのですが)パソコンのようにどの価格帯が売れ筋ということもあまり考えられず、価格の面で強いて言うならば"奏者の技量とおおよそ比例する"ということぐらいでしょうか。いくら高価なものであっても初心者や初級者では到底吹きこなせませんし(場合によっては音すら出せない)、逆にそれなりに熟練した方だと低価格のものではその技量が十分に発揮できない、ということもありえます。(ただし上級の方はうんかな楽器もそれなりにうまく吹きこなすと思います)
そんなわけですので、#10のnoopeeのご回答と同じく、何種類課の楽器を試走されることをお勧めします。楽器というのは"生物である"という方もいらっしゃるくらいで、同じ種類、型番の楽器でも一つ一つの楽器で微妙な違いがあります。実際に演奏されてみて自分にあったものを探す、というのがいいと思います。

ただ、やはり・・・・そうですね。これからも長く使いたいということを考えれば30万円程度のフルートは妥当ではないでしょうか。
フルートはトランペットと同程度の安さのものもありますが、高級なものとなるとかなり値が張ってしまいますので、ますばこれくらいのもので様子を見る、というのもよろしいかと思います。
もっとも、さらに上級の楽器がほしい、とお子様が思われるころにはご本人もそれなりの年になり自分で楽器を買うぐらいの余裕はあるでしょうし・・・(^-^;

ちなみに、私も3ヶ月ほど前に親に楽器を買ってほしいと頼んだことがありました。私が吹奏楽始めたのは高校入ってからでそれ以前は楽器演奏の経験はまったくありませんでしたので、経験は1年半ほどです。
そこで私が選んだのは、ビュッフェ・クランポンで実売70万円のものでした・・・(汗)
当然、親から反対されたのは言うまでもありません(苦笑)
しかしバスクラはその種類が少なく、プラスティック管などの特殊なものを除けば最低でも50万円以上する代物です。そのあたりの事情を話し親を説得したところ、「卒業時に車要らないってのなら考えてもいいよ」とのこと。
その話を聞き、正直、迷いました。というか、未だ結論出てません(汗)
まぁ、これくらい引き合いに出されるのは当然のことですよね。やっぱり、楽器って高いです(汗)

ちと話がそれましたが、やはり楽器は一生物ですからじっくりとご検討されることをお勧めします。
なお、地方にお住まいなどの理由でなかなか楽器を手にとって見る機会が少ない、ということであればインターネットショッピングという手もあります。(ついに楽器の世界までインターネットが進出してきたのですね(笑))
しかしその場合は(当然のことですが)"試奏"ができません。
そこで、プロの奏者の方が一本一本の楽器を実際に試奏をそれてよいものだけを選び出した「(プロ)選定品」というものを取り扱っているところもあります。
このようなものを目安に選ばれるのも一考ではないでしょうか。
(参考URL2つ目の長江楽器でも選定品を取り扱っています。なかなかに種類豊富な楽器屋さんで私も良くお世話になっています(リード購入など))

以上、取り留めの無い回答でしたがご参考になりましたでしょうか?
なかなかに値段の張るものですから、お子様とよくご相談の上、ピッタリの楽器を見つけてください(^-^)
それでは失礼いたします。

(りく)

参考URL:http://www.sugita.co.jp/newpage179.htm,http://www.nagae-g.co.jp/shopping/

私は現在高校2年生で吹奏楽部でバスクラリネットを吹いています。
(昨年9月までの前任楽器は(B♭)クラリネットでした)
そんなわけでフルートのことは良く分かりませんし、うちの部は初心者が大多数ということで"マイ楽器"を持っている人も(18人中)2人しかおりませんが・・・

正直なところ、管楽器全般を見た場合でも30万円という金額は決して高いものではありません。とは言っても、常識的な感覚からすると"高くない"というのも不思議ではあるのですけれどね・・・(苦笑)
すでに回答に出されていると...続きを読む

Qどういう意味ですか?

僕は吹奏楽をしているのですが、今回吹く楽譜に、こんな記述がありました。
(senza rit.)
これは、五線の上(下だったかも…)に書かれていたのですが、どういう意味なのでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

senzaが「なしで」という意味でrit.が「ritardando(だんだん早く)」との
ことです。で、両方をあわせた「senza rit.」だと
「ritardandoしないで(だんだん早くしないで)」となるそうです。

ではでは。

参考URL:http://home3.highway.ne.jp/jester/yps/terms-a.html

QF管ホルンのドイツ音名

今、中一でF管ホルンをやっています。
ですが、このごろ先生がドイツ音名で言うんです。
わたしには何の音かさっぱりわからず、毎度毎度先輩にききっぱなしです・・・。
先輩も迷惑だと思うんです。
なので、F管ホルンのドイツ音名を教えてください!
#や♭も教えてくれるとありがたいです!

Aベストアンサー

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。

質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。だからF管っていうのです。
*もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。

一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関係を知っていれば,自力でできると思います(知らなければ,まずこっちを丸暗記しましょう!#1さんが書いている通りです)。
ぜひ一度自分で頑張ってみてください!

・・・とは言え,答えあわせも必要と思うので,サービス?で書いておきますね。たくさんあるので,理屈で覚えておかないと,丸暗記は難しいですよ(笑)。

左はF管ホルン(in Fの楽譜)での音階,右がドイツ音名です。
---
ド:F(エフ)
レ:G(ゲー)
ミ:A(アー)
ファ:B(ベー):ピアノだとシ♭ですが,独立した別の呼び名がついてます。
ソ:C(ツェー)
ラ:D(デー)
シ:E(エー)

#には「is(~イス)」がつきます。ただし一部例外あり。
ド#:Fis(フィス)
レ#:Gis(ギス)
ミ#:Ais(アイス):Bと同じ音
ファ#:H(ハー):ピアノでいう普通のシなので,isはつきません。
ソ#:Cis(ツィス)
ラ#:Dis(ディス)
シ#:Eis(エイス):Fと同じ音

♭には「es(~エス)」がつきます。こちらも一部例外あり。
ド♭:Fes(フェス):Eと同じ音
レ♭:Ges(ゲス)
ミ♭:As(アス)
ファ♭:Bes(ベス):めったに使いません。Aと同じ音
ソ♭:Ces(ツェス):Hと同じ音
ラ♭:Des(デス)
シ♭:Es(エス)

---
<おまけ>
先生がドイツ音名でいうのは,別に意地悪で言っているのではないし,かっこつけてる訳ででもありません(笑)。「ド」と言うと,ホルンの人はピアノの「ファ」だと思うし,他にも,「シ♭」を思い浮かべたり(クラリネット,トランペットなど),「ミ♭」を思い浮かべたり(アルトサックス)する人がいて,練習が混乱してしまうからなのです。

楽しい部活動になるよう,頑張って練習してくださいね!

こんにちは。トロンボーン経験者(アマチュア)です。

質問者さんが思っている「ド」が,F管ホルンの「ド」(in Fの楽譜の「ド」)であるならば,それはピアノの鍵盤の「ド(ドイツ音名C:ツェー)」の音ではありません。それは「F:エフ(ピアノでいうとファ)」の音です。だからF管っていうのです。
*もしももう知っていたら,余計なお世話でごめんなさい。

一度,自分でF管の音階とドイツ音名の表を作ってみると,頭に入りやすいと思いますよ。上の事が分かれば,ドイツ音名とピアノのドレミファ~の関...続きを読む

Qアルトリコーダーの運指を教えてください

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○ ○○○ ○
ラ … ◎   ●●● ●●○ ○
シ … ◎   ●●● ○●○ ○
ド … ◎   ●●● ○○○ ○

レ … ◎   ●●○ ○○○ ○
ミ … ◎   ●●○ ●●○ ○
フア … ◎   ●○○ ●●○ ○


親指(裏の穴)
◎じるしは、少し開ける

アルトリコーダー(バロック式)の初心者です。
ハ長調の簡単な曲でも吹けたらと思いつつ、ドレミファを順に吹いているのですが、添付されていた運指表の見方すら、頼りない状態です。
以下の運指は、間違っていませんか?
お教え下さいますでしょうか。

ソ … ●   ●●● ●●● ○
ラ … ●   ●●● ●●○ ○
シ … ●   ●●● ○●● ○

ド … ●   ●●● ○○○ ○
レ … ●   ●●○ ○○○ ○
ミ … ●   ●○○ ○○○ ○
フア … ●   ○●○ ○○○ ○
ソ … ○   ○●○...続きを読む

Aベストアンサー

全てバロック式のアルトの指使いで合っています。

それからこれは余計なことですが、「◎じるしは、少し開ける」とご本人が書かれているように '少し開ける’で正しいです。
昔、リコーダーを小学校などで教わった時に「半分あける」と教わった人も多いようですが、実際には1~2ミリくらいのものです。

リコーダーを始めるに当たって、アルトを選択し、しかもバロック式で始められたというのは最良の選択だと思います。がんばってくださいね!

Q吹奏楽部の体力づくりについて

今日、顧問の先生に体力づくりのための運動を始めたいから調べてきてと頼まれました。
コンクールが終わり、いい切り替え時だと思ったようです。
自分は中学から吹奏楽をやってて運動に詳しくなく、中学の吹奏楽でも時々学校のグランドを走るくらいでした。
楽器を演奏するのに必要な筋力や肺活量をつけるのにいい運動方法があれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

小学生のときにアルトホルン、中学のとき吹奏楽部でフルート、高校のときにバトミントンをやっていました。

やはり腹筋は重要なので、腹筋することをお勧めします。
ここで見落としがちなのは、腹筋を鍛えたら背筋も鍛えないといけないということです。
人は腹筋と背筋のバランスが悪いと、腰を痛めます。

腹筋を鍛えるときは、足を固定して起き上がるというのが一般的ですが、吹奏楽で必要な長時間持続できる腹筋を鍛えるときは、仰向けに寝そべって足を上げます。
90度、60度、45度、30度、15度と30秒から1分キープして徐々におろしていきます。
間は休まないのが理想ですが、最初のうちは10秒くらい休みを入れても良いかも。

背筋は体育でやっている形でも良いですが+αで相手に肩の位置で手を伸ばしてもらい、左右の手に交互にタッチしていくと、わき腹にも効きます。

マーチングをする場合、腕立ても必要です。

あとスタンダードなものとしてはマラソン、水泳、縄跳びなどでしょうか。

いままで運動をあまりやっていない場合は、思い切り息を吸ってゆっくり1分~2分かけて細く長く吐き出すというのも肺活量、腹筋の訓練になります。

全員で腹筋などするのも良いですが、その場合は音やメトロノームを入れないとモチベーションが下がりがちです。
体力づくりはすぐに効果が現れない上、地味なので、しっかりやる意味を説明して、筋肉を意識しつつ、皆で楽しくやってください。
たとえばパートごとに一人が1分音を出して、他のメンバーが腹筋するとか、いろいろやり方はあると思います。
耳の訓練もかねて、オーケストラが演奏しているCDを流してある楽器の音が聞こえているときは、腹筋するなどゲーム性があると続きます。

頑張ってくださいね。

小学生のときにアルトホルン、中学のとき吹奏楽部でフルート、高校のときにバトミントンをやっていました。

やはり腹筋は重要なので、腹筋することをお勧めします。
ここで見落としがちなのは、腹筋を鍛えたら背筋も鍛えないといけないということです。
人は腹筋と背筋のバランスが悪いと、腰を痛めます。

腹筋を鍛えるときは、足を固定して起き上がるというのが一般的ですが、吹奏楽で必要な長時間持続できる腹筋を鍛えるときは、仰向けに寝そべって足を上げます。
90度、60度、45度、30度、15度と30秒...続きを読む

Q弱小吹奏楽部...上手になりたい!!!!

私は高校生です。
ウチの吹奏楽部は、弱小吹奏楽部です(-ω-`;)
中学では指導の先生がついていて、
2つの中学(A中・B中)で金賞を争っていたのですが、
高校になると・・・
A中・B中の一部+未経験者+C中
の今の吹奏楽部は本当にいいところないです・・・!!
・タテが合わない
・音程が合わない
まず、これを夏の大会までに改善したいです。
どうしたらいいでしょうか。
また、吹奏楽部内で熱が偏っているようにも感じます。
私のように「今から!!」と言ってる人や
「夏のコトなのにもう!?」と いうような人も居ます。
吹奏楽部全員が同じような気持ちになるにはどうしたらいいですか?
そして、指揮者が学生なのですが
合奏中に指揮者じゃない人が「ここの和音が~」とか
「もっと吹いて」とか言うのはダメでしょうか?
指揮者の位置にいない人が言ってもOKですか?
普段の練習からだらけがちっていうのは
どうしたら改善できるでしょう??
弱小吹奏楽部、助けてください!!!

Aベストアンサー

私も削除されたクチですので、以下コピペします。

■回答 [ 2007-11-18 15:21 bari_saku ]
こんにちは。
高校生の時は「吹奏楽をやっている人なら誰でも知っている」という学校の部に在籍していました。

よく色々な方に「一体どのような練習をしているのか」と聞かれますが、特別なことは全然していません。
個人練習+パート練習+セクション練習+合奏練習です。
ただ、それぞれの割合が4:1:3:2という感じで、個人練習の時間が多かったです。
「一人一人ができないのに合奏練習をしても無駄」という理論だったと思います。
(定期演奏会での演奏曲目は40を越えていましたが、1?2時間合奏しただけの曲もありました)

名前の通った学校は、練習中のモチベーションがまず違うと思います。
ですので、お近くの中学や高校で、全国大会に出場するような学校がありましたら、是非見学に行って下さい。
必ず得るものがあるはずです。

また、この時期はまとまった基礎練習ができる非常に貴重な時期ですが、どうしてもモチベーションが下がります。
アンコンに出てみるというのはどうですか?
もしかして、もう申込みが終わってしまったでしょうか。
公のコンクールに出なくても、部内アンサンブルコンテストやソロコンテストを開くと、結構真剣に練習しますよ。(部員が審査員)

>そして、指揮者が学生なのですが、合奏中に指揮者じゃない人が「ここの和音が?」とか「もっと吹いて」とか言うのはダメでしょうか?
いいと思いますが、事前に取り決めをしておくことが必要です。
指揮者以外が口を出してもいいのか。
もし意見が食い違った場合は、誰の意見に従うのか。
指示の優先順位を明確にして、部員全員がその取り決めを把握していることが必要です。

>タテが合わない
演奏者は指揮を見ていますか?
楽譜にかじりついてるなら、指揮を見ることができません。
見ることができなければ、当然合わないこともあるでしょう。
1)暗譜して指揮を見る
2)自分→指揮者の視線の中間点に譜面台を置く

できれば1,それが無理なら2の方法をとることで、だいぶ改善されるはずです。

>音程が合わない
キーボードで、何か音を出しましょう。
とりあえずB♭にしておきましょうか。
で、誰かに同じ音を吹いてもらいます。
「チューニングがOKなら、音程はOK」でないのは知っていますよね?
ベストなのは「事前に出ている音の音程を把握して、それと全く同じ音程の音を出す技術」を身につけることです。
また、事前に出ている音がない時は、例えば2人が同時に音を出した場合、瞬時に相手の音程を聞き取り、自分が出している音がその音に対して低いか高いかを一瞬で判断する能力を養うとよいです。
これらができるようになれば、「勝手に」音程は合います。
(相手の音を聞いて、合わせるのに2秒以上かかるようでは合奏の役にたちません)

肝心のその能力を養う方法なのですが、細かく書くととてもこの回答欄には収まりきらないのですが…
音程がずれている場合、特有の「うなり」が生じますよね。
自分の音が基準の音より低い場合と高い場合、それぞれでうなり方が違います。
その高い場合のうなり方と、低い場合のうなり方の違いを身体で把握することです。もちろん、ぴったり合っている時の音の透明感も。

御参考になれば幸いです。

私も削除されたクチですので、以下コピペします。

■回答 [ 2007-11-18 15:21 bari_saku ]
こんにちは。
高校生の時は「吹奏楽をやっている人なら誰でも知っている」という学校の部に在籍していました。

よく色々な方に「一体どのような練習をしているのか」と聞かれますが、特別なことは全然していません。
個人練習+パート練習+セクション練習+合奏練習です。
ただ、それぞれの割合が4:1:3:2という感じで、個人練習の時間が多かったです。
「一人一人ができないのに合奏練習をしても無駄」という...続きを読む


人気Q&Aランキング