ちょっとしたことで「院内肺炎」という言葉を耳にしました。意味が良くわかりません教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

肺炎に罹ったと言う場合、普通に生活をしていた健常者(健康な人)がかかるのが『市中肺炎』、病気やケガで病院に入院している人が、病院内でかかったのが『院内肺炎』という事になります。

特に院内肺炎では病気やケガ(特にやけど等)により免疫力が低下している人(コンプロマイズドホストと言います)が多く肺炎にかかり易いこと、また病院内にはとうぜん感染症患者も居ますから病原菌に接触する危険性は普通に生活している人よりも高くなります。これらの要因が重なり院内で肺炎に感染した場合を『院内感染症』と言い病院側でも『院内感染症マニュアル』や『院内感染症委員会』等を組織してこの防止に努力しています。院内肺炎の中でも特に厄介なのが、各種耐性菌であり、その中で最も有名なのがMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)です。これは一般の抗生物質が効かない菌で一昔前の抗生物質乱用で生じた、いわば人間が作り出した無敵の病原菌です。なお、MRSAは一般の人の鼻腔内にも存在しています。
    • good
    • 0

肺炎というのは一般には感染症の一つとして扱われています。

肺の実質での炎症を意味する疾患で、比較的簡単に治るものから命に関わるものまでありますネ。
肺炎は大きく分けて2つのグループに分かれます。1つは健康体からの発症でマイコプラズマ(剥き出しのRNA;遺伝子;で出来ている微生物)性やグラム陽性球菌が原因の場合が多いものです。もう1つは病人からの発症や「院内肺炎」と呼ばれる病院内での発症で、グラム陰性桿菌や真菌(カビ)、ニューモシマチスなどが原因となる場合がおおいですネ。勿論、MRSAなども原因の一つです。
kawakawaでした。
    • good
    • 0


院内肺炎はdeagleさんがおっしゃる院内感染の一種といえるでしょう。
通常の肺炎(市中肺炎と言います)との違いは、
市中肺炎の病原体には、肺炎球菌、インフルエンザ菌、マイコプラズマなどの細菌、インフルエンザなどのウイルス、クラミジアなどがあります。
このうちマイコプラズマ肺炎は、頑固な咳が特徴的で、小児や青年期に多く、家族内、学校内での流行感染がみられます。
ある種のクラミジア肺炎も、このような流行感染がみられます。
インフルエンザの流行時には、特に高齢者では、肺炎の合併に注意が必要と言われています。
では院内肺炎はと言うと、抵抗力が低下している患者に感染して起こりますので、弱毒菌でも重篤な感染症を引き起こします。
これを「日和見感染症」とも呼んでいます。
緑膿菌などのグラム陰性桿菌、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)などの耐性の細菌、カンジダなどの真菌、カリニ、サイトメガロウイルス、空調装置の水から感染することのあるレジオネラなどが原因と言われています。
詳しく説明すると長くなるので、この位で終わりにします。
では、
 
 

参考URL:http://www.med.fukuoka-u.ac.jp/infect_c/manual-D …
    • good
    • 0

 それは「院内感染」だと思いますよ。


 通常、病院というのは病気を治す場所であるはずなのに、病院側のミスで病院内に空気感染性(あるいは水、食べ物)の最近が充満してしまい、それによって別の病気で入院や通院、おみまいに来た人などに病気が移ってしまうことをいいます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QC型肝炎治療の副作用による間質性肺炎

私の父がペグイントロンなどの注射によるC型肝炎の治療をおこなってきていたのですが、副作用の影響か間質性肺炎になってしまい、ペグイントロンの投薬治療を中止することとなりました。調べてみる限りこの間質性肺炎は様々な原因でなりえること、そして、特発性の場合は治療法もなく、命さえ奪う非常に危険な病気と書いてありましたが、C型肝炎の治療における副作用で間質性肺炎にかかった場合は完治するものなのでしょうか?また一度、完治した場合はC型肝炎の投薬治療を再開してもいいものなのでしょうか?ぜひともみなさま、お教え下さるようお願いいたします。

Aベストアンサー

まず最初に、この質問への最適な回答の持ち主は主治医であるということを大前提とした上で一般的なことを述べさせていただきます。

一般的に原因がわかっている間質性肺炎は、その原因が排除されれば回復が見込めます。どこまで回復するかは個人の年齢、肺機能、間質性肺炎の重篤度、罹病期間などによります。
基本的に一度間質性肺炎を起こした場合は、同じ治療薬の再投与は行いません。

Q誤嚥性肺炎と誤飲性肺炎

誤嚥性肺炎と誤飲性肺炎が存在しますが、意図的に使い分けがされているのでしょうか? ご存知の方、教えてください。
それぞれについては何となく分かるのですが…

Aベストアンサー

また失礼します。

意味の上での使い分けですが、可能性として救急の現場ではあるかもしれません。

No2 の方の、吐物吸引による肺炎は救急医療の現場では結構ありますし、口からの誤嚥下による物とは症状や経過が大きく異なりますので、異なる用語の可能性はないともいえないかもしれませんが表記が変ですね。

それから行政方面では「誤飲性肺炎」という用語が結構用いられてるようです。
この場合は、機会があったのでその人に意味などを聞きただした事があり、嚥下性肺炎と全く同じ意味で用いていました。
(保健所のお役人&議員でした)

ちなみに私が学校で習ったのは「嚥下性」でした。

Q肺がんと間質性肺炎を併発してる場合の治療法について

はじめまして。
父が、肺がんと診断され、6月に手術を受けました。
右下の扁平上皮癌ということで、切除したのですが、直後に、間質性肺炎を発病し、一時危ない状態までいきました。

現在は、退院でき、ステロイド20mg服用と在宅酸素で、食欲もあり、軽い歩行は出来ておりますが、先月の検査で、肺リンパに再発が判明いたしました。転移している可能性もあるとのことです。

医師に、一度手術後、間質性肺炎になっているため、本来なら、抗がん剤、放射線治療をする段階なのですが、リスクが高いため、出来る治療は、緩和くらいしかないといわれました。


まだ、せっかく手術をしたのにすぐに再発で、もう緩和しかないとは本人には、言えず、健康保険外治療もあたっていますが、免疫治療は、出来ないといわれております。


肺がんと間質性肺炎がある場合、もう緩和しかないのでしょうか?なにか、治療法等ご存知なかたいらっしゃいましたら、お願いいたします。

Aベストアンサー

投稿しましたが、間質性肺炎について表現が曖昧になっていましたので再度記入致します。

間質はコラーゲン(膠原質)からなる結合組織ですが、結合組織をつくるのは繊維芽細胞です。
結合組織が破壊されるということは、繊維芽細胞が破壊されるということです。
何らかのウイルスとどのように関係するかと申しますと、
繊維芽細胞にウイルスが感染し、このウイルス感染細胞を白血球が異質な細胞として破壊するわけです。自己の繊維芽細胞を自己の白血球が破壊するということで、ある種の自己免疫疾患と言えます。

リウマチなど膠原病に併発することもあるということは、膠原病自体、繊維芽細胞の破壊ですから同様の疾患を意味します。また、抗癌剤などによる免疫低下によって、繊維芽細胞に感染する何らかのウイルスが増えて発症もするということにもなります。
治療は破壊している白血球の働きを抑えるステロイドなどで対処するのが一般的であり、ウイルスは放置されますから治すことはできないわけです。
(ステロイド等の免疫を抑制して治療する疾患のほとんどはウイルス性の自己免疫疾患です)
ハスミワクチンにより白血球の働き=免疫が活性化し、原因となるウイルスの排除が進む場合、感染細胞が減少しますから破壊は終息し、治癒にむかう可能性が高いということです。
その効果は期待できると私は考えます。

投稿しましたが、間質性肺炎について表現が曖昧になっていましたので再度記入致します。

間質はコラーゲン(膠原質)からなる結合組織ですが、結合組織をつくるのは繊維芽細胞です。
結合組織が破壊されるということは、繊維芽細胞が破壊されるということです。
何らかのウイルスとどのように関係するかと申しますと、
繊維芽細胞にウイルスが感染し、このウイルス感染細胞を白血球が異質な細胞として破壊するわけです。自己の繊維芽細胞を自己の白血球が破壊するということで、ある種の自己免疫疾患と言えます。

...続きを読む

Q瞳孔が開いるのに、心臓は動いていて、 耳は聞こえてる(言葉の呼びかけに反応している)のって よくある

瞳孔が開いるのに、心臓は動いていて、
耳は聞こえてる(言葉の呼びかけに反応している)のって よくあるケースなのでしょうか?

詳しい方だけに回答お願いします。

Aベストアンサー

死亡時の話でしょうか。人の死は、全ての細胞が同時に活動を止めるわけではありません。脳死なら、心臓は動いています。植物人間と言われる状態です。心臓が止まれば、酸素が送れないので、いずれ死にます。ですが、心臓が止まった後も、耳は最後まで聞こえるそうです。亡くなったら、声をかけてあげてください。

Q間質性肺炎におけるステロイド治療について

間質性肺炎におけるステロイド治療についてお尋ねします。
私の友人がかなり重篤な間質性肺炎になり、やむなくステロイド治療に切り替えました。
量としては25~30ミリの大量投与でした。
結果、たくさんの副作用を発症し、先日亡くなりました。
遺族から相談を受けたのですが、亡くなる一ヶ月くらい前からステロイド投与量を5ミリ程度に大幅に減らしたそうです。
私の記憶では、ステロイドの投与をやめるとか、大幅に減少させると症状が急激に悪化すると聞きましたが、これくらいの量の減少は医学的に問題はないのでしょうか?
専門家のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

文面から想像で書きます。事実と異なるかもしれません。

肺線維症は間質性肺炎の7つの分類のうちの一つです。また薬剤性の間質性肺炎もあります。エクセグランは間質性肺炎をおこす可能性はあります。

薬剤性の間質性肺炎であれば、薬を中止しステロイドを使えば治ります。病態のメインは肺線維症であったと想像します。肺線維症は間質性肺炎の中でも予後が悪く、ステロイドも効きません。次第に肺が線維化し機能が低下していきます。酸素が必要となります。

きっかけはエクセグランによる薬剤性間質性肺炎であったかもしれませんが、肺線維症により病態は悪化し、ステロイド導入となったが効果は薄く、効果がないため維持量のみのステロイドを内服し、亡くなる直前に感染症の肺炎を併発しそれが原因で急性増悪した、という流れであれば十分にありえます。

肺線維症であれば治療法はほとんどなく、避けられない結果であったと思います。

Q院内感染?MRSA・大腸菌

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出てきたり、大腸菌もでてきたりで何が起因になったのか実はいまだに不明というか病院からわかりませんといわれました。意識障害も進み、そのまま急性脳症へと移行し、重度の障害を残しました。別の病気で入院していて突然の予期せぬ出来事に理解も納得もできません。
娘に何がおこったのでしょうか・・カテーテル感染でもなくMRSAも保菌、大腸菌も採血でまじっただけかも・・と言われ他にウイルス等はいろいろな培養でも見つからず、結局原因は不明ですといわれました。1年の入院を経てもうすぐ退院のメドがついていたときのことで毎日何故?なんで?といった気持ちでとても苦しいです。抗生剤の投与はあったらしいですが
CRPが7日目位には0,8くらいまで戻ったせいか
カテーテルはそのまま留置し抜去はなしでした。
咽頭培養からMRSAはよくでますが(特に娘は長期入院IVH長期施行なので)咽頭が真っ赤に炎症をおこし
急激な高熱、意識障害などがでていても、この値だと
MRSAや大腸菌による敗血症やショック状態とは言わないのですか?混乱しています。何でもいいので情報をください。お願いします。

1歳の赤ちゃんです。咽頭の炎症と熱がでて、次の日に嘔吐、痙攣、悪寒戦慄、せん妄状態となりました。その日の培養でMRSA(咽頭培養)と大腸菌(血液培養)が数日後検出されました。次の日の採血でAST6000
ALT4500 CRP9,3 CPK990 白血球3,8
血小板44 IL-6 13900の異常値が出ました。この子は実は生後すぐからずっと入院してIVHを行っていました。カテーテルは留置して8ヶ月たっているものです。41度の高熱が急に出たことからまずカテーテル感染?を疑ったのですが、MRSAも出...続きを読む

Aベストアンサー

いろいろなことを考えました。IVHとは不適切な表現で、通常はCVカテーテルで、高カロリー輸液をIVHといってますので、区別しましょうね。
1歳だと全身麻酔で鎖骨下穿刺、またはカットダウンでいれたのでしょうか。定期的な入れ替えを考えると、その手技と将来的な困難さから極力そのままに、という気持ちも分からないではありません。たしかに8ヶ月は長いでしょうが、問題が起こる前に入れ替えていたら、そのことで問題が起きそうな気もします。
いずれにしても、このような人工的な管理をせざるを得ないとなると、さまざまな合併症を覚悟しないといけないのでしょう。それを問題視するなら、医療行為を中止して自然経過にゆだねるか、という極論までいきかねません。
むずかしい問題ですね。

Q間質性肺炎の治療について(乞う専門家、経験者のアドバイス)

私の知り合い(69才、男性)が間質性肺炎と診断され、肺機能も正常な状態の60%であると言われました。この病気の専門家の方、又現に治療をされていらっしゃる方にどのような治療方があり快方に向かわれた方の治療方など教えていただければ有りがたいのですが・・・・咳きが出ますと発作状態で大変苦しそうではらはらします。

Aベストアンサー

たまたまこの質問を見ました。私の義父が間質性肺炎にかかりました。
大変発作もつらく年々咳がひどく辛くなっていきました。この病気は「難病」の種類に入ります。直接効く薬はありません。義父は入退院の繰り返しで去年亡くなってしまいました。7年この病気と闘っていました。60才で発病して67才で亡くなりました。医者にも「よくはならない」とはっきり宣言され、病気がひどくならないように付き合うしかないと言われました。
宣告どおり、よくはなりませんでした。
咳がとまらないと血液中の酸素が不足するのであまりひどいときは我慢せずすぐ医者へ行ったほうがいいです。
 快方に向かう話でなくてすいません。
病状がこれ以上ひどくならないようお祈りいたします。

Q2年近く院内薬局で薬剤助手として働いていました。

2年近く院内薬局で薬剤助手として働いていました。
薬事法改正で登録販売者のことを知り、資格取得を目指そうと思いましたが
院内で薬剤師の下で働いていても実務経験にはならないということで、調剤薬局へ転職しようと今月今の仕事を退職します。
(退職理由は転職の他にもいろいろあるのですが、今後のことを考えたら今だったので)

求人票を見ると調剤補助と調剤事務がセットになっているところが多かったので、
現在今月末の調剤事務管理士の民間資格を受験するため勉強中です。

登録販売者は一ヶ月80時間の実務経験が必要らしいのですが、
事務処理と薬剤助手をセットで仕事に就いている場合、
もしくは事務一色で雇われた場合は実務経験はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

ドラッグスア(DS)などではほぼ薬販売にかかわっていないパートさんでも1ヶ月80時間以上の勤務を1年以上続けていれば受験出来ているのが現状です。
質問者さんの場合ですが事務処理と薬剤助手をセットで働いた場合↑の勤務実績があれば受験は可能ですが調剤事務のみでの勤務の場合受験資格は得られません。
また大事なことですが調剤助手をやったとしても調剤薬局で受験のための資格証明を出してくれるのかどうか面接の際に聞いておくことです。
ただし登録販売者の資格を得たとしてその資格を生かすにはDSへの就職が現実的なのですが、実際どこのDSでも一店舗に2,3人の資格者がいるのが普通です。
例えば元々働いている旧薬種商の資格者に加えて店長、次長など正社員は会社から資格取得を求められますし薬販売に携わっていないパートさんでも受験する意思があるかどうかは別として受験資格があれば取得するよう打診されます。
ただでさえ毎年何万人も合格者が出ていますので資格取得に時間がかかるほど求人などの条件は厳しくなります。
これから目指そうという方に対して何ですが。

Q薬の副作用による間質性肺炎発症後の治療について

82歳の母がリウマチ治療薬の副作用で間質性肺炎を発症しました。
5年程前から内服薬によるリウマチ治療をしていましたが、痛みが改善せず今年の6月からヒュミラという注射を始めました。その頃から食欲が低下しました。9月になりレントゲンを撮ったところ間質性肺炎がわかり、内科に2週間ほど入院しステロイドによる治療を行い、今のところ落ち着いています。
間質性肺炎の原因は、ヒュミラ又は5年前から飲んでいたリウマチ薬のどちらかと思われるとのことでした。

それで、お尋ねしたいのは、内科を退院後エンブレルという薬で治療を再開したことについてです。
ネットで検索すると、ヒョミラとエンブレルは同じ種類の薬のようですが、副作用は大丈夫なのでしょうか?また、副作用に結核もあり、母は若い頃結核患者と接触していたという話もしていたのでそちらも心配です。
現在リウマチの方は落ち着いています。手首の腫れも引きました。それでも治療は再開した方がよいのでしょうか?リウマチ治療はしないという選択肢はないのでしょうか?
整形外科の主治医は、一生リウマチ治療が必要と母に説明したそうです。

病気や治療について知識がないため、リウマチ治療で寿命を縮めるのではと心配しています。
どうぞよろしくお願いします。

82歳の母がリウマチ治療薬の副作用で間質性肺炎を発症しました。
5年程前から内服薬によるリウマチ治療をしていましたが、痛みが改善せず今年の6月からヒュミラという注射を始めました。その頃から食欲が低下しました。9月になりレントゲンを撮ったところ間質性肺炎がわかり、内科に2週間ほど入院しステロイドによる治療を行い、今のところ落ち着いています。
間質性肺炎の原因は、ヒュミラ又は5年前から飲んでいたリウマチ薬のどちらかと思われるとのことでした。

それで、お尋ねしたいのは、内科を退院...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)現在のところ母は、リウマチ症状もほとんど消え自立した生活ができています。
それで、副作用の可能性のある治療をわざわざしなくてもと思いましたが、そんな単純なことではないのですね。
(A)状態が良いのならば、悪化を覚悟で、
休薬するという方法もあります。

医師の方から、わざわざ悪化する可能性のある治療を
患者に勧めることはないと思ってください。
余程、状態が良くなって、薬をやめても良いと判断できる
場合でなければ、言い出せないものです。

なので、このようなことは、患者から言い出すことが重要です。
これも、医師との相談です。

Q耳掃除をしないと耳の病気になりますか?

2歳半の娘は耳掃除が嫌いです。というより耳をさわられるのが嫌いで、耳掃除が出来ません。耳垢がいっぱいたっまているのですが、掃除をしなくてこのままほうっておいても、耳の病気にはなりませんでしょうか?また、耳掃除の良い方法があればご教示ください。

Aベストアンサー

役にたちそうなサイトをポストしておきますね。

参考URL:http://blog3.fc2.com/happyikuji/blog-entry-97.html


人気Q&Aランキング