はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

障害年金の額の改定請求をしたのですが、等級が上がった場合、年金額は申請をした翌月から上がるとインターネットで見たのですが、次回の年金振込日で年金額が上がっていれば等級が上がったということで、あがっていなければ等級に変更がなかったということで、下がっていれば等級が下がったという認識でもよいのでしょうか。それとも、年金額の差額が出る前に改定通知などが来てから振込み額に変更が出るのでしょうか。改定通知がきてからだとすると、改定通知が来るまでには大体どのくらいかかるのでしょうか。また、改定通知前の振込みは、額の改定申請後であっても等級に変化があっても振込み額は前回と同じものになるのでしょうか。すみませんがどなたかご存知のかたがいらっしゃれば教えてください。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

年金額の増額改定(ここでは「より上位の障害等級への改定」のこと)が行なわれるときには、直前に「年金額変更通知書」が日本年金機構から届きます。


改定は、額改定請求(年金額改定請求書の提出)を行なった月の翌月分から適用されます。

通常、新たな年金証書が別途に発行されることはありません。到着する変更通知書がいままでの年金証書の内容を書き替える性質を持つためです。
したがって、変更通知書は非常に大事なものとなります。それまでの年金証書とセットで、大切に保管して下さい。

年金額の改定に係る審査は、通常の初回請求時と同じく、概ね3か月程度を標準処理期間にしています。それ以上かかる場合もあります。

年金の各支払期(各偶数月)ごとの振込では、前々月分と前月分が振り込まれます。
例えば、4月の振込であれば、それは2月分と3月分です。

以上のことから、仮に今年2月に額改定請求を行なったとすると、3月分から新しい額が適用となるわけですが、4月の振込には間に合わない(審査そのものに要する期間がまだ3か月経っていないため)ので、適用後の新しい額での振込はそれ以降になります。
言い替えると、それまでは、いままでの額(増額前の額)での振込になります。

上記の例の場合は、早ければ6月の振込(4月分・5月分)のときにあわせて、新しい額での3月分との差額がプラスされることになります。
要は、各偶数月の実際の振込額に着目していただくことになりますが、まず何よりも「年金額変更通知書」の到着が増額改定を確定させるものとなるので、その到着をお待ち下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえず年金額変更通知書が振込み額が変わる際、その前に届くということですね。ありがとうございます。それまでに大体3か月くらいかかるということなのですね。それまでは通常振込みが行われるということですね。詳しくわかりやすい説明をありがとうございました。ベストアンサーに選ばせていただきました。解決しました。ありがとうございました!

お礼日時:2016/03/06 10:48

障害年金の額が改定になると、「国民年金・厚生年金保険 支給額変更通知書」が郵送されてきます。


私の場合は、改定になってから届くまでは、2カ月くらいかかりました。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2016/03/06 10:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q障害年金額の改定請求についての質問です。現在3級ですが、体調がすぐれな

障害年金額の改定請求についての質問です。現在3級ですが、体調がすぐれない為改定請求をしようかと考えてます。そこでどのような手続きが必要なのか教えて頂きたいと思います。現在の診断書ももちろん必要ですよね?
最初(昨年)認定されたのですが、医師が診断書の書き方に詳しくなかったようです。
来年に更新があるのですが、その頃かもしくはもうちょっと前に手続きを取りたいと思ってます。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

> 基本的に同じ内容で記載されたら、更新されると考えて良いものなのでしょうか?

いいえ。必ずしもそうだとは限らないです。
記載されるべき所定事項については、まず、日本年金機構が事務的にチェックします。記載漏れがないかどうか等に関することです。
その上で、国民年金・厚生年金保険障害認定基準に照らして裁定・審査を進めてゆき、最終的には、障害認定審査医員(日本年金機構から委嘱されている、公務員と見なされる医師)が判断します。

障害認定審査医員
http://www.joshrc.org/~open/doc/j2009.html
http://www.joshrc.org/~open/files2010/20100101-003.pdf

障害年金に関する取り扱い
http://www.joshrc.org/~open/doc/i2010.html

一方、「国民年金・厚生年金保険障害認定基準の説明(厚生出版社/平成16年10月/増補新訂新版第2刷)」という専門職向けのガイドブックにおいては、次のように指針が示されています。

「例えば、多発性関節リウマチ等の場合には障害が1箇所に限られていることはなく、手指、手関節、肘関節、足関節等に多発し、1関節毎に評価することが困難となる。多発障害の障害の程度とその状態は認定要領に例示したとおりであるが、その評価には日常生活動作の障害の有無とその程度が重視される。」
「肢体の障害が脊柱又は一上肢、一下肢に限られている場合には、それぞれの認定基準と認定要領によって認定することができるが、障害が脊柱、上肢、下肢の広範囲に複雑に起こっているときには、個々の障害よりも身体機能を総合的に評価認定する。」

要するに、個々の関節の関節可動域や筋力等の記載事項に漏れがないことももちろん大事なのですが、それ以上に、日常生活動作や身体的状況(内科的疾患)の記載も重要になってきます。
「総合的に評価認定する」というのはそういうことで、極論すると「いかに日常生活における困難度がしっかりと認定医員に伝わるか」ということによって、結果が左右されてしまいます。

認定医員の方は、あたり前のことですが、あなたを直接診察してはいませんよね。
もちろん、専門診療科(例えば、整形外科)を担当している専門医ですから、その知識や経験等をもって評価してくれますが、言い替えると、「日常生活における困難度」の記載が甘い診断書が送られてきたときは、専門医の目で見て厳しく評価してしまう、ということがあり得るわけです。
言うならば、専門医の方の視点や考え方が入り込んでしまう余地がある、ということになります。

ですから、国民年金・厚生年金保険障害認定基準を熟知した上で、あらかじめすきのない診断書を作成していただかないと、正直申しあげて、額改定請求を行なったところで、すんなり通るとは限りません。
あなたの障害が「総合的に認定される」というがゆえの、厳しい制約条件であると思って下さい。
これが、例えば、視覚障害や聴覚障害等のように、視力や聴力の検査値で一元的な決まり得るものならばそういうことはまずないのですが、総合的に認定される障害の場合には、診断書の記載内容に大きく左右されるのが現実です。

> 審査する人によって変わってしまうのか、その辺りが不安です。

上述したとおりです。
変わり得る、と思っていたほうが無難です。
 

> 基本的に同じ内容で記載されたら、更新されると考えて良いものなのでしょうか?

いいえ。必ずしもそうだとは限らないです。
記載されるべき所定事項については、まず、日本年金機構が事務的にチェックします。記載漏れがないかどうか等に関することです。
その上で、国民年金・厚生年金保険障害認定基準に照らして裁定・審査を進めてゆき、最終的には、障害認定審査医員(日本年金機構から委嘱されている、公務員と見なされる医師)が判断します。

障害認定審査医員
http://www.joshrc.org/~open/doc/j2009.h...続きを読む

Q障害年金2級を貰いながら働くことは可能ですか?

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌から探してバイトをしてもいいのでしょうか?そうすると情報が主治医や職安や年金事務所に伝わるんでしょうか?その結果3等級に落ちるのでしょうか?例えばれなくとも法律的に2級のまま働くのはいけないんでしょうか?そして、その後の更新日(来年)に主治医に報告が必要になるんでしょうか?その場合主治医との約束違反になります。働いていないと言ってもいいんでしょうか?しかし役場には情報が入ってるでしょうし、主治医にも情報がいくのでしょうか?因みに更新日までには治して等級が下がっても、受給停止になっても正社員で働きたいと思っています。とにかく今は切羽つまった状態で困っています。乱文で申し訳ありませんが教えて下さい。

私は現在統合失調症で障害年金2級を受給しています。主治医からはまだ働くのは無理と言われました。そのため職安からも仕事を紹介してもらえません。主治医からは例え就労A型で働いても障害年金が3等級になるから今より貰える額が減るよと言われました。(因みに月約十万障害年金をもらっています)しかし、現在家庭の事情でお金が必要になりました。ネットでは2級で働いている人もいる。働いて問題ないとの意見もありました。主治医の言う通り3等級に落ちるのでしょうか?職安で探すことが出来ないなら求人雑誌...続きを読む

Aベストアンサー

どの障害でも同じですが、障害基礎年金2級の認定基準に該当しないと再認定時の診断書によって判断された場合は3級がありませんので支給停止になります。
2級の認定基準は、日常生活は極めて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。とされていますので、継続した労働が可能になれば障害は改善したと判断される事になります。
仕事をする(した)、しないではなく、障害の状態が改善していれば支給停止になりますが、改善したかどうかを判断するのは年金機構です。
ですので、再認定時の診断書の内容にもよりますが、支給停止になる可能性はあります。
仮に、障害の状態が改善した場合は2級の認定基準に該当しなければ、働かないでいても支給停止になります。
仮に支給停止になっても、将来万が一悪化した場合は「支給停止事由消滅届」に診断書を添えて提出する事によって、支給再開を要求する事ができます。
無理し過ぎない程度に、主治医と相談しながらお仕事なさってくださいね。

Q障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良か

障害年金2級(精神)受給中で、働いている方。何時間位働いてますか?良かったら職種も教えて欲しいです。また、障害年金に詳しい方、年金受給に響くのか教えて下さい。ケースワーカーさんに聞いてみましたが、はっきりした答えが得られなかったので、お願いします。現在、調子は良くない日もありますが、働きたいと思ってます。

Aベストアンサー

私は(精神)障害年金2級で年金をもらいながら週5で6時間で働いています。
職種はサービス業です。
仕事内容はレジの補助です。
障害年金2級をとるのは、かなり状態が悪くないと取れません。
回答者さんの場合、働く意欲がある場合とるのに難しいかもしれません。
一番良いのは申請が通ってから働くのがベストです。
一度2級を取れれば、体調がよくなり働いても年金はもらえます。
ただし期間があり(だいたい2年間)働けるまで回復していれば次は3級に降格するでしょう

Q障害基礎年金の長すぎる審査期間について

障害基礎年金の支給申請から支給決定まで半年かかりました。

書類審査になぜ半年もの期間が必要なのでしょうか。
診断書等を専門医が審査するとしても、書類が地方から
中央へ行くとしても、2ヶ月もあれば十分だと思います。

申請から支給決定までの具体的な事務手続きの流れについて教えて頂けると幸いです。

Aベストアンサー

障害年金と一口に言っても、大きく分けて以下の6種類があり、それぞれ審査の過程が異なります。
まず、そこから説明させていただきます。

【障害年金の請求(裁定請求)はどこで審査(裁定)されるのか?】

1.2~5の共済組合以外のサラリーマンの場合(共済組合員以外の国民年金第2号被保険者)
(1)各地の社会保険事務所で裁定請求を受け付ける
(2)裁定請求をまとめて社会保険業務センター(社会保険庁)へ送る
(3)社会保険業務センターで集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

2.国家公務員
(1)出先機関を含め、あらゆる省庁の共済組合員からの障害共済年金の裁定請求を、国家公務員共済組合連合会年金部で受け付ける
(2)国家公務員共済組合連合会年金部で集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

3.地方公務員等
(1)それぞれの共済組合(各都道府県、公立学校、都道府県警察、市町村等)毎に障害共済年金の裁定請求を受け付ける
(2)各共済組合毎に集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

4.私立学校教職員
(1)日本私立学校振興・共済事業団が、すべての私立学校教職員(加入員)の障害共済年金の裁定請求を受け付ける
(2)同事業団で集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

5.農協・漁協・農林中金等の職員
(1)農林漁業団体職員共済組合(注:単一組織)が、すべての加入者(組合員)の障害共済年金の裁定請求を受け付ける
(2)同組合で集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

6.サラリーマンではない人(国民年金第1号被保険者、国民年金第3号被保険者)
(1)市町村の国民年金担当課で受け付ける
(2)市町村の担当課で初期審査を行なう
  ・戸籍および住民票の確認、所得額の確認
  ・20歳前障害に該当するか否かの確認
  (⇒ 該当すれば、一部または全部を支給停止)
  ・国民年金加入歴の確認
  ・受給要件の確認
(3)市町村から都道府県知事(実質的には、都道府県社会保険事務局および各社会保険事務所)へ回付する
(4)都道府県社会保険事務所および各社会保険事務所で精査する
  ・年金手帳の重複の有無等を確認
  ・被用者年金(厚生年金保険、共済組合)加入歴の確認
  ・受給要件の精査
  ・裁定請求書および診断書の精査
  ・病歴・就労状況等申立書の精査
(5)社会保険業務センターへ回付する
(6)社会保険業務センターで最終確認を行ない、各社会保険事務所へ支給・不支給決定通知書を回付する
⇒ 支給または不支給の決定

【なぜ支給決定まで時間がかかり過ぎるのか?】

それでは本題に入りたいと思います。
障害基礎年金、とのことですので、上記6のケースに該当するものと思います。
一目見ておわかりになったことと思いますが、あまりにも経由地が多いとは思いませんでしたか?非効率なのですね。
これこそが、支給決定までに時間がかかり過ぎる最大の理由となっています。
うがった見方をすれば、行政は「障害年金を出したくない」としか思えません。それゆえ「ずるずると時間を引き延ばしているのではないか?」と思う方がいても、無理もないことだと思います。

裁定請求を行なってから支給決定がなされるまでの日数は、平均で90日前後(3か月)とされています。
しかし、上記6の場合には特に、市町村によってかなりの開きがあり、長いところですと4~5か月近くかかります。これは、やはり事務の非効率が影響しているものと思われます。
なお、実際に年金が入金されるまでにはさらに時間がかかり、結局、裁定請求を行なってからおよそ半年後になってしまいます。
(注:支給決定と実際の入金とは別物です。混同されないようにして下さい。)

実に困ったものですね…。
障害年金に関しては、その他いろいろと問題が多いのですが、少なくとも、手続きの迅速な処理を強く望みたいものです。
長くなってしまいましたが、お役に立てましたら幸いです。

障害年金と一口に言っても、大きく分けて以下の6種類があり、それぞれ審査の過程が異なります。
まず、そこから説明させていただきます。

【障害年金の請求(裁定請求)はどこで審査(裁定)されるのか?】

1.2~5の共済組合以外のサラリーマンの場合(共済組合員以外の国民年金第2号被保険者)
(1)各地の社会保険事務所で裁定請求を受け付ける
(2)裁定請求をまとめて社会保険業務センター(社会保険庁)へ送る
(3)社会保険業務センターで集中的に審査する
⇒ 支給または不支給の決定

...続きを読む

Q障害年金が3級から2級になることは可能でしょうか?

私は、現在、精神障害者手帳3級をもち、厚生年金3級を受給しています。

現況届けが届き、先日、担当医に渡しました。
病名は非定形精神病です。
現段階の私の病状は、ほぼ、引きこもりです。
他人の目が気になって外に出ることができなく、通院も親に行ってもらっています。
友達は一人もおらず、携帯も持っていません。

自分でも、病状は悪くなったな、とは思います。

悪くなった場合、等級は、
障害年金厚生2級or障害基礎年金2級と、どちらになるのでしょうか?
そして、等級が変わる可能性はあるのでしょうか?

わかられることがありましたら、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

障害基礎年金のことも含めて、保険料納付要件については、
現障害での障害厚生年金の受給を決めるときに、既に見ています。

したがって、現障害の悪化によって
もし障害基礎年金(1・2級)が併せて支給されることとなっても、
現障害による障害厚生年金の受給開始後の保険料納付状況は
問われません。

要するに、現障害による初診日以前の保険料納付状況について、
未納が3分の1を超えているとダメ、というのが答えです。
言い替えると、現障害による障害年金が受給されている以上は、
この保険料納付要件は満たされていることになるわけで、
ご心配には及びません。

未納が3分の1を超えてしまうとダメ、というのは、
現障害とは全く別の別障害による障害年金の請求を考える場合と、
「現障害 + 別障害」での「併合」による障害年金を考える場合です。

障害年金の重複は認められないので、
現障害と別障害との選択、ないしは併合を行なって、
現障害による障害年金の権利を喪わさせ、
別障害(あとのほうの障害)による障害年金に統一してゆきますが、
このとき、未納があれば著しく不利になりかねないのです。

国民年金保険料の部分免除(4分の3免除等)を受けている場合、
免除の対象とならなかった部分(ここでは残り4分の1の部分)は、
本来の納期限(翌月末日)から2年以内ならば納められますが、
それを過ぎると、納めることができません。
また、免除の対象となった部分(ここでは4分の3の部分)は、
本来の納期限から10年以内であれば、
あとから納めること(追納)ができますが、
但し、2年を超えて納める場合には利子に相当する加算金が付き、
割高な額を納めなければならなくなりますので、十分注意を要します。

なお、部分免除のときは、
免除の対象とならなかった部分を2年以内に納めないと、
免除の対象となった部分も含めた保険料全体が
未納として取り扱われてしまいますので、ここも注意が必要です。
 

障害基礎年金のことも含めて、保険料納付要件については、
現障害での障害厚生年金の受給を決めるときに、既に見ています。

したがって、現障害の悪化によって
もし障害基礎年金(1・2級)が併せて支給されることとなっても、
現障害による障害厚生年金の受給開始後の保険料納付状況は
問われません。

要するに、現障害による初診日以前の保険料納付状況について、
未納が3分の1を超えているとダメ、というのが答えです。
言い替えると、現障害による障害年金が受給されている以上は、
この保険...続きを読む

Q障害年金の現況届と改定について

現在障害年金2級を受けている夫です。(難病下肢不自由)
先月末(誕生月の月末)に3年に一度の障害状態及び生計維持確認書(診断書付)を提出いたしました。
前回は21年に提出しました。
今回提出の間に、就労困難に成り自宅療養、障害手帳が3級→2級に、また介護認定3級(認知)になりました。

症状が悪化し、2級から1級になるかも。と思ってはいたのですが、何か手続きをしないといけないと思いながら忙しくて調べられず結局締切がせまってしまい現況届を提出するだけになりました。

やっと時間が出来、色々調べて見たら「現況届」だけでも改定されるとあるスレもあれば
別途届けが必要であるというスレもありました。

今回の診断書には、認知機能が著しく低下 とあり。
(自宅療養、手帳や介護認定については記載ナシ)

現況届で1級に改定されなかった場合はつまり、悪化している(1級に該当しない)と見なされなかった。
そして、一年経たないと額改定の届を出せないとありましたがそのとおりでしょうか?

また、6月15日が障害年金支給日なのですが、今回の現況届で改定されたかどうかははがきが来なく金額が変わっていなければ、改定されず今までと変わっていないという認識でいいのでしょうか。

色々と無知で申し訳ありません。
障害年金について詳しい方がおられましたら、教えていただきたいです。

現在障害年金2級を受けている夫です。(難病下肢不自由)
先月末(誕生月の月末)に3年に一度の障害状態及び生計維持確認書(診断書付)を提出いたしました。
前回は21年に提出しました。
今回提出の間に、就労困難に成り自宅療養、障害手帳が3級→2級に、また介護認定3級(認知)になりました。

症状が悪化し、2級から1級になるかも。と思ってはいたのですが、何か手続きをしないといけないと思いながら忙しくて調べられず結局締切がせまってしまい現況届を提出するだけになりました。

やっと時間が出...続きを読む

Aベストアンサー

回答2へのお礼をありがとうございます。
もう少し細かく説明させていただきます。ご無礼をお許し下さい。

額改定請求ですが、障害給付額改定請求書を用意します。
以下のPDFのような書式です(ダウンロードして、そのまま用いることが可能です)。

http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/service/0000003709.pdf

この「障害給付額改定請求書」には、以下のような書類の添付が必要です。
なお、いずれについても、請求日(窓口提出日)の前1か月以内に作成されたものでなければなりません。
したがって、年金用診断書については、請求日の前1か月以内のいずれかの日における障害状況を記してもらって下さい(必須です)。

1 年金用診断書
(障害状況確認届[提出前にコピーして、手元に控えておくべきものです]と同じ様式番号のもの)

・ 様式第120号の1 眼の障害用 【5】
・ 様式第120号の2 聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能、言語機能の障害用 【4】
・ 様式第120号の3 肢体の障害用 【6】
・ 様式第120号の4 精神の障害用 【7】
・ 様式第120号の5 呼吸器疾患の障害用 【2】(注:レントゲンフィルムも必要)
・ 様式第120号の6-(1) 循環器疾患の障害用 【3】(注:心電図も必要)
・ 様式第120号の6-(2) 腎疾患、肝疾患、糖尿病の障害用 【8】
・ 様式第120号の7 血液・造血器、その他の障害用 【9】

なお、どの様式が必要とされるのかについては、年金証書に印字されているはずの「診断書の種類」という数字(3つの数字が書かれています。数字ひとつひとつを見て下さい。最大3種類印字されています。)でわかります。
上記の【 】内の数字がこれにあたります。
(【1】のときは、障害状況確認届の提出が不要となります[額改定請求はできます])。

2 加算額(子の加算額)・加給年金額(配偶者加算)の対象者がいるときは、それらの者との身分関係を示せる市区町村長の証明書又は戸籍抄本(住民票では認められません)

3 2で子が障害児であるときは、その子の障害の状態を示せる診断書(原本証明された特別児童扶養手当用診断書の写し、ないしは年金用診断書)

4 障害厚生年金3級の者は、住民票

障害状況確認届による等級決定(等級不変も含む)は、職権改定というものです。
自らの請求によって改定を申し出るものではないので、額改定請求を行なったことにはなりません。
また、障害が重くなってきたので提出を求められた、というものでもありません。文字どおりの「障害状態の確認」であるためです。

> 今回等級が変わらなかったら3の(ウ)の不服申し立ては出来ないが、額改定手続きは出来るということで大丈夫でしょうか。

はい。大丈夫です。
なお、肢体不自由(関節機能障害等、神経系統の障害等)に関する障害認定基準が、今年9月1日からがらりと変わることが決定しています。診断書様式も大きく変わります。
以下のURLをごらん下さい。
国民年金・厚生年金保険障害認定基準の一部改正に関する計5つの通達(6月4日掲載)が載っていると思いますが、それが9月1日以降の適用内容です。
(しばらくすると更新されて見られなくなりますので、お早めのダウンロードを強くおすすめします。非常に貴重なものです。)

http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/new/tsuchi/newindex.html#tu_12

額改定請求にあたっては、「下肢不自由」ということですから、ぜひ、この基準改定を踏まえていただくと良いと思います。
というのは、関節可動域などの測定方法をはじめ、認定のあり方が大きく変わっているためです。
より上位の級に認められやすくなる可能性が増える、ということでもあります。

障害状況確認届だけで等級が上がるのはむずかしいのか、というご質問がありましたが、これはケース・バイ・ケースです。
新規請求のときの診断書や、額改定請求のときの診断書もそうなのですが、結局、どれだけ的確・詳細に医師によって診断書が書かれているか、ということに左右されます。
そういった意味では、障害状況確認届だけではなく、額改定請求であっても条件は同じですよ。

またまた長くなってしまいましたが、以上です。
いろいろと細かいことばかりで恐縮なのですが、知らないままでいるとかえって不利になりかねないものも多いので、しっかりと理解していただけましたら幸いです。
 

回答2へのお礼をありがとうございます。
もう少し細かく説明させていただきます。ご無礼をお許し下さい。

額改定請求ですが、障害給付額改定請求書を用意します。
以下のPDFのような書式です(ダウンロードして、そのまま用いることが可能です)。

http://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/service/0000003709.pdf

この「障害給付額改定請求書」には、以下のような書類の添付が必要です。
なお、いずれについても、請求日(窓口提出日)の前1か月以内に作成されたものでなければなりません。
したがって、年...続きを読む

Q障害年金額の突然の変更・・・

今年6月に障害基礎・厚生年金額確定通知書が来て来年4月までの年金金額のお知らせがありました。ところが、この8月になり、年金額の変更のお知らせが来て、10万円も減額されてしまいました。昨年12月から障害枠で薄給で働いてはいますが、今まで減額されていなかったのに、急なことでびっくりして落ち込んでいます。こういうことはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

回答 No.2 をもうちょっと補足します。
年金の支払に関する通知書のたぐいはいくつかあるんですけど、名称がけっこう紛らわしいんで、区別して認識しないとだめです。

◯ 年金の支払に関する通知書について
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5413

> 今年6月に障害基礎・厚生年金額確定通知書が来て来年4月までの年金金額のお知らせがありました。

年金額改定通知書・年金振込通知書のことだと思いますよ。
6月の振込(4月分と5月分)から来年4月の振込(来年2月分と来年3月分)までの予定が印刷されてます。
ですが、確定でもなんでもなく、単なる予定です。

◯ 年金額改定通知書・年金振込通知書
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000005383.gif
平成24年度の年金額が、物価スライドによって改定(引き下げ)されたことを知らせることが目的。
併せて、平成24年6月支払(4・5月分の年金)以降の銀行口座等への振込予定額(確定額ではない)を知らせる内容。

> ところが、この8月になり、年金額の変更のお知らせが来て、10万円も減額されてしまいました。

年金振込通知書が送られてきた、ってことですか?
ここのところ、ちゃんと確認しないとだめです。また、減額理由とかは何1つ書かれてないです。

◯ 年金振込通知書
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000005413.gif
その後の「年金支払額」等に変更があった場合に、そのつど、当月及び次回以降の「年金支払額」等を記載して知らせることが目的。

で、年金振込通知書だけで10万円も減額するようなことを突然知らせてくる、なんてことはなくて、通常は必ず、年金決定通知書・支給額変更通知書が送られてきて、そこん中に細かく減額理由が書かれてます。
なので、こういう書類をもらってるはずなんですが、もらってませんか?

◯ 年金決定通知書・支給額変更通知書
http://www.nenkin.go.jp/n/data/service/0000005482.pdf
新たな受給権の発生・停止などによって年金額が変更された場合に、その理由を記した上で詳細を知らせることが目的。

ひょっとして、もともとは2級だったんじゃないですか?
誕生日の月に診断書を出して更新して、その結果、3級に下がってしまったということはないですね?
年金証書、最初は何級何号だったんでしょう?
そういうこともちゃんと書かないと、たぶん、適切な回答はほかの人もできないです。

回答 No.2 をもうちょっと補足します。
年金の支払に関する通知書のたぐいはいくつかあるんですけど、名称がけっこう紛らわしいんで、区別して認識しないとだめです。

◯ 年金の支払に関する通知書について
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=5413

> 今年6月に障害基礎・厚生年金額確定通知書が来て来年4月までの年金金額のお知らせがありました。

年金額改定通知書・年金振込通知書のことだと思いますよ。
6月の振込(4月分と5月分)から来年4月の振込(来年2月分と来年3月分)ま...続きを読む

Q障害厚生年金3級 更新期間について。

私は、統合失調症で障害厚生年金3級を受給しています。

今月、誕生月でして、2年更新だったので診断書を提出しました。

年金ダイヤルでは、10月(今月)の年金は支給されますが、12月の支給については、今回の更新の結果次第と言われてしまいましたが、色々調べてみると、3ヶ月かかって4ヶ月目以降に結果の連絡が来ると書いてありました。そこで質問なのですが。

質問(1)、12月の年金が支給されれば、更新が決定したことでいいんでしょうか?

質問(2)、3ヶ月間更新に時間がかかるというので、誕生月10月を含め、来年の1月に結果のお知らせが来るのでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

障害状況確認届(誕生月に出した、今回の診断書のこと)を出したあとは、以下のようになります。
このそれぞれによって、その後いつまで支給が保障されるかもわかります。
(きちっと法令や通達で決められています。)

◯ 障害等級に変化がないとき
届を出してから3か月以内に「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが届きます。
そのハガキに記されている年月までは、これまでの障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が上がるとき(障害が悪化したと認められたことによる職権改定)
届を出す月を「0か月目」とすると、「1か月目」の分から改定(額がアップ)されます。
アップされた額が実際にいつから振り込まれるのかは、別途、届を出してから3か月以内に通知書が届くので、その通知書でわかります。
通知書には、新しい障害等級も記されています。
新しい年金証書が届くことはないので、その通知書によって、元々の年金証書を読み替えます。
通知書には次回診断書提出年月が書かれているため、そこまでは、新しい障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が下がるとき(障害が軽くなったとされたことによる職権改定)
届を出す月を「0か月目」とすると、「4か月目」の分から改定(額がダウン)されます。
ダウンされた額が実際にいつから振り込まれるのかは、別途、届を出してから3か月以内に通知書が届くので、その通知書でわかります。
通知書には、新しい障害等級も記されています。
新しい年金証書が届くことはないので、その通知書によって、元々の年金証書を読み替えます。
通知書には次回診断書提出年月が書かれているため、そこまでは、新しい障害等級で支給が継続します。

◯ 該当外として一時的に支給が止まるとき(障害年金に該当しないとされたとき)
届を出す月を「0か月目」とすると、「4か月目」の分から支給が停止されます。
同様に、別途、通知書が届きます。

要するに、10月を「0か月目」とします。
上で書いたようなことがあるので、すべてのケースを考えると、遅くとも「4か月目」の分にあたる来年2月分からは確実に反映される、という意味になります。
つまり、支給が止まるとき・級が下がるときは、「4か月目」の分にあたる2月分から(注:2月に支給されるものから、という意味ではありません!)になります。

年金は、前々月分・前月分を、その直後に来る偶数月に振り込んでいます。
つまり、2月分・3月分が来年4月に振り込まれるので、来年4月に振り込まれる分から止まる・下がる可能性がある、ということになります。
逆に言えば、来年2月に振り込まれる分(12月分・1月分)までは支給され続けます。
また、12月に振り込まれる分は10月分・11月分ですし、「4か月目」の分にあたる2月分でもないので、まだ「止まる・級が下がる」ということはわかりません(反映されてもいません)。

いずれの場合も、来年1月中までには何らかの結果が知らされてきます。
それまでの間、しばらくお待ち下さい。
 

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7651340.html

障害状況確認届(誕生月に出した、今回の診断書のこと)を出したあとは、以下のようになります。
このそれぞれによって、その後いつまで支給が保障されるかもわかります。
(きちっと法令や通達で決められています。)

◯ 障害等級に変化がないとき
届を出してから3か月以内に「次回診断書提出年月のお知らせ」というハガキが届きます。
そのハガキに記されている年月までは、これまでの障害等級で支給が継続します。

◯ 障害等級が上がるとき(障害が悪化したと認められたことによる職権改定)
届を出す月を「...続きを読む

Q障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんで

障害年金は所得としてみられるんですか?所得税を払わなくてはいけないんでしょうか?
あと、障害年金もらえるようになると国民年金が全額免除となりますが、60才になって、年金をもらえるようになると、免除になった期間、半額しか年金もらえない というのは本当ですか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被保険者の人や、配偶者から扶養されている国民年金第3号被保険者の人は、障害年金をもらってても対象外です。

全額免除を受けた期間は、あとから追納で保険料を納めないと、その期間の分は2分の1(平成21年3月までは3分の1)しか保険料を納めていないことになるので、その分だけ将来の老齢年金(厳密には老齢基礎年金。60歳からではなくて、65歳からです。)が減ります(免除を受けた期間に相当する部分の額が、2分の1または3分の1になってしまう。老齢年金全体が2分の1や3分の1になるのではない。)。

以上は、基本中の基本です。
障害年金ははっきり言って永遠に受けられるように保証されたものではなくて、更新時の診断書次第では支給停止です。
老後のことを考えたら、老齢年金を受けられるように、法定免除なぞを受けずにちゃんと国民年金保険料を納めたほうがいいと思います。

障害年金も所得です。働かずに得られる不労所得です。
但し、福祉的な観点から非課税なので、所得税はかかりません。
非課税所得といいます。

年金は、障害年金と遺族年金が非課税所得になります。
老齢年金は課税されます(課税所得)。

障害年金(1・2級のときだけ)をもらってる人は、国民年金保険料が全額免除です。
法定免除といいます。法定免除を受ける・受けないは任意です。
国民年金第1号被保険者(第2号・第3号以外の人)だけが対象です。
厚生年金保険に入っている国民年金第2号被...続きを読む

Q精神障害者手帳2級とはどのレベルのなのでしょうか

最近身内になった方が、精神障害者手帳2級を持っていることを知りました。

普通に遊んでいますし、喋れます。料理もしているし、ゲームもしています。
普通の生活はできていると思います。

仕事はできないそうです。
たまに頭が痛くなるとか。

なぜこのような質問をしているかと申しますと
子作りをしていると聞いたからです。

薬を飲んでいないなら妊娠してもいいと書いてあるサイトは見ましたが、子育ってって楽じゃないですよね。
私にも子供がいますが、やはり大変でした。
普通の人でも精神的に不安定になると思います。
ことあるごとに「鬱だから」と言ってひきこもる彼女が、このタイミングで子供を作っていいのか疑問なのです。
友人だったら応援するかもしれません。
しかし、身内となると、そうは言っていられません。
何かあった時に産まれてきた子供がかわいそうです。

※鬱病の方を批判しているわけではありません。

中立なご意見をお願いします。

Aベストアンサー

あなたの身内がどんな精神障害かは解らないですが薬で症状が和らぎ普通に生活できる人もいます。
理解あるパートナーが本人の調子の悪い時に100%面倒(家事、子育てなど)を見てくれるならまだ良いですがなかなかそういう訳にもいかないのが結婚生活だと思います。
そんな状況下で育てられたこどもは不安ですよね

2級ともなると年金が支給されるほどのかなりの重度なので一人では生活できない程度です。
自己の判断もできない状況が多々あると思われます。
そんな人が子育てはちょっと無理かな、子育てが出来るなら仕事もできるんじゃない?と思うのは当然ですよね。
私もそんな状況で子育てには賛成できません

ですががやはり決めるのは本人です
あなた自身がいろいろと調べた結果それを踏まえてアドバイスするのは良いでしょうがそこまでにしておいた方が良いのかもしれません。
強要すると症状が悪化するかもしれないのでなるべくその方の両親を通した方が良いかもしれない。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング