プロが教えるわが家の防犯対策術!

3月下旬にウィーンで交響楽団のクラシックを鑑賞します。
場所は一番大きなホールです。
チケットを購入したときに席がわかったのですが、前から5列以内でした。
観光客といえども郷に入れば郷に従え、きちんとした服装で行きたいです。
いろいろ調べたのですが、ニューイヤーコンサートの記事しか見つからず、通常公演はどうすればいいのか悩んでいます。
行かれたことがある方など、知っていらっしゃる方がいれば教えていただきたいです。
ちなみに私は大学生で、きらびやかな宝石やドレスなどは持っていません。。

A 回答 (4件)

No,2です。



コンツェルトハウスは、ムジークフェラインとならんで、ウィーンを代表するコンサートホールです。 それより、ロ短調ミサ曲を聴かれるんですか? 本格的に、クラシック音楽が好きなのでしょうか?

仰った格好で、何の問題もないと思います。 気にする必要はないです。 向こうの人は、背が高く、若い人も大人びていますが、それはしょうがないですよ(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

地球の歩き方を見ても有名なホールだというのがわかったので、最初は私達行っても大丈夫かなとなりました(笑)
実は祖父が晩年オペラ系の合唱団に所属し活動しており、私の家も音楽一家(?)ですので祖父が亡くなったあと彼が保管していたクラシック系のcdを私がすべて回収し、高校生になったあたりから色々聴くようになりました。といっても詳しい知識はありませんが、ロ短調ミサと言われると祖父がアカペラで歌ってくれたキリエを思い出します。
ですが今回はオペラ系ではないと思います。次オーストリアに行く際はそちらにもいってみたいですね!
急な質問でしたが大変助かりました。ありがとうございました!

お礼日時:2016/03/10 19:36

普通の外出着で問題ありません。

いかにも「部屋着」でない限り大丈夫です。ただし、ジーンズは本人が「ファッション」のつもりでも、「普段着」「労働着」と見る人がいないとも限りません。最近は少ないと思いますが。

 靴も普通のもので大丈夫です。ただし、サンダルやつっかけは避けた方がよいでしょう。

 現地の方は、どちらかというと「見せびらかす」ためにおめかし、おしゃれしてくる人も多いです。「それが礼儀だ」ということではなく、本人がそうしたいから、ということでしょう。日本でも、コンサートやオペラには、着物のご婦人を見かけます。
 でも、ウィーンでも「普通のかっこう」の人が大半です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

ありがとうございます!!
友達は派手めな格好が標準スタイルなのでよく言っておきます。
服を着る上での考え方の違いってあるんですね。いい勉強になりました。
ドレスなど持っていくと荷物が嵩張るので良かったです。本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/03/10 19:28

大きいホールということですが、ムジークフェライン大ホールですかね? 普通の服装で問題ありません。

 ラフな格好でもいいですが、ジーパンにTシャツ(時期的にあり得ないですが・・)でなければ、まわりから浮くこともないと思います。 

ウィーンフィルの定期等、含めて複数回行ったことがありますが、男性は、背広にスーツ。男子学生は、セーターにスラックス等が多かったように思います。

正装するのは、オペラの初日とか、音楽祭等で、良い席に座る人が多いです。 学生なんかは、それなりの服装で、問題ないです。ご心配なく。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
場所の名前をしっかり書くべきでした。コンツェルトハウスのモーツァルトホールです。
写真で見たらしっかりとした場所なので自分たちもそれなりのものを着ないと浮くんじゃないかと友達と話していました。ましてや大学生であちらでは更に幼く見えるみたいなので。
私は女子なので、普段着から選ぶと紺のスカートに赤のカーディガン(白のTシャツ)、焦げ茶のブーツという感じになりますが大丈夫でしょうか。一応この格好でロンドンにあるブラウンズホテルのアフタヌーンティーに行ったのですが、特になにも言われませんでした。一応グレーのジャケットもあります。

焦っていましたが少し安心しました。ありがとうございます!

お礼日時:2016/03/10 17:01

びびらないでいいんじゃないですか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。初めての本場での鑑賞ですので緊張していました。しかし変に意識しすぎると逆に浮いてしまうので、気楽に鑑賞したいと思います!

お礼日時:2016/03/10 17:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qウィーン オペラ座 オペラ鑑賞の服装はどんな格好がベスト?

来週からオーストリア ウィーンに旅行へ行きます。
モーツアルトの年でもあるので、オペラ鑑賞をしようとチケットを入手出来たまでは良かったのですが、この期に及んで、服装って...??と行き詰ってしまい、
縋る気持ちで投稿しました。
どなたかご存知の方、また行ったことのある方、是非教えて下さい!!

ガイドブックには女性はワンピースとあるのですが、所謂パーティードレスのような物?ノースリーブにショールとか?
スーツやブラウススーツだとおかしいですか?
現地で浮いてしまわないような格好にしたいと思います。

どなたか是非教えて下さい!!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

服装の事、気になりますよね。でも、ご心配なく、みなさん『それなり』です。何回かオペラ座に行きました。そのときの私なりの基準をご参考までに・・

どのあたりのお値段のチケットを入手されましたか?お安い天井桟敷に近い方ならいわゆる『見苦しくない』格好、スラックスにセーターでも浮いたりはしないと思います。
まあまあのお値段のお席でしたら、ワンピースでも、スーツでも十分です。
すごーくお高いお席でしたら、お友達の結婚式に出る程度かな?
でも、直前の安売りチケットなんかで学生さん風(Gパン姿)の方も高いお席にいらっやることもあるようですので、あまり気になさらない方が良いと思います。

ただ、昔マナー本で読んだ記憶なのであいまいですが、ニットというのは昼間の服装ということです。夜のお出かけには『おしゃれじゃない』そうです。夜のおしゃれカラーは『黒』が良い。とも聞いたことがあります。でも、あまりこだわらないで。アクセサリーは付けてゆかれるとより華やかになりますね。

あと、コートはお召しになってゆきますか?ご面倒でもクロークにお預けになった方がスマートのようです。コートをもって館内を歩いている方はあまりお見かけしませんでした。小さなバック程度をみなさんお持ちになってました。

どうぞ、周りのおしゃれを観察して、楽しいひと時をお過ごしください。
ご参考になれば幸いです。

服装の事、気になりますよね。でも、ご心配なく、みなさん『それなり』です。何回かオペラ座に行きました。そのときの私なりの基準をご参考までに・・

どのあたりのお値段のチケットを入手されましたか?お安い天井桟敷に近い方ならいわゆる『見苦しくない』格好、スラックスにセーターでも浮いたりはしないと思います。
まあまあのお値段のお席でしたら、ワンピースでも、スーツでも十分です。
すごーくお高いお席でしたら、お友達の結婚式に出る程度かな?
でも、直前の安売りチケットなんかで学生さん風...続きを読む

Qウィーンへ女一人旅。

ウィーンへの女一人旅を考えています。
1週間ほど滞在したいと思っています。

航空券・ホテルの手配なのですが、
初めての一人旅の為、パッケージのフリープランを使うか、
航空券・ホテルを自分で個人手配しようか悩んでいる
ところです(~_~;)。
やはり個人手配は現地でのサポートもないし、初心者は
フリープランを使うべきでしょうか?
また、個人手配した場合、直行便にするか、
乗り継ぎ便にするかで悩んでいます。
(乗り継ぎの方がリーズナブルなようなので・・)
一番お安く行けるのがチャイナエアラインや
エミレーツ航空だったのですが、この辺りの航空会社を
使ってウィーンへ行かれた方はいらっしゃいますか?
また、ウィーンへ度々行かれている方,やはり直行便を
使っていらっしゃいますか?
女一人旅ですので、ウィーンの治安についても
お伺いしたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ウィーンでしたら、断然個人手配をお勧めします。
そのもっとも大きな理由は、パッケージのフリープランの場合、航空会社やフライトを指定するとかなり高くついてしまいますし、かといって指定なしの安いプランにすると、ロンドン乗り継ぎやパリ乗り継ぎ、モスクワ乗り継ぎなどになって、ウィーン着が夜遅くになることがめずらしくないからです。
さらに、ロンドンやパリでは手荷物の積み間違えが多く起きています。
予算の許す限りウィーンへはオーストリア航空の直行便がお勧めですね。

また、フリープランの場合、手頃な予算のものだとホテルの立地も雰囲気もあまりよくないことが多いのも、私が個人手配をお勧めする大きな理由のひとつです。
2番のかたの回答にありますように、ウィーンではホテルがリンクのそばにあるか否かで、かなり違ってきますよ。
リンク沿いまたはその裏手ぐらいのところでも手頃な予算で安心して宿泊できるホテルやペンションは何軒かありますし、昔と違って予約が簡単にできるようになりました。

つい最近別項にて乗り継ぎの際のことや個人手配とフリープランの違いについて、また個人手配の方法について記しましたのでここでは繰り返しませんが、航空会社のウェブサイトで予約&PEX運賃の航空券を購入して、あとは予約サイトなり直接ホテルのウェブサイトなりで宿泊の予約を入れれば個人手配は完了。フライトやホテルが出発直前まで判らないことが多いフリープランよりはるかに安心できると思います。

チャイナ・エアラインズやエミレーツについてですが、チャイナはお勧めできません。
何かとトラブルが多いことや、過去何度も事故を起こしており、その際の対応にも問題が多々ありましたので、よほどの事情がない限りヨーロッパへの往復での利用はしないほうがよいと思います。
一方のエミレーツはなかなか優秀な航空会社で、私も時々お勧めしていますが、ウィーンへの往復ということと、燃油サーチャージのことを考えますと、最終的な料金差を比較すればオーストリア航空のほうが結局お得ではないでしょうか。

もし、オーストリア航空が満席でしたら、ルフトハンザか全日空(フランクフルト便+ルフトハンザのフランクフルト~ウィーン便)が無難かと思います。

私自身ウィーンだけではなくヨーロッパへ出かける際には、ルフトハンザかオーストリア航空のどちらかを利用することが多く、あとは定時運航率が高くて乗り継ぎが簡単なフィンエアーを利用することもあります。
昔は南回りが断然安かったのでパキスタンやマレーシアなどで30時間かけて行ったこともありましたが、中年まっただ中の歳になり、おまけに身体も傷めているとなると、南回りを利用することはもうないでしょう。
いろいろドラマがあって面白かったですけどね。

ウィーンでしたら、断然個人手配をお勧めします。
そのもっとも大きな理由は、パッケージのフリープランの場合、航空会社やフライトを指定するとかなり高くついてしまいますし、かといって指定なしの安いプランにすると、ロンドン乗り継ぎやパリ乗り継ぎ、モスクワ乗り継ぎなどになって、ウィーン着が夜遅くになることがめずらしくないからです。
さらに、ロンドンやパリでは手荷物の積み間違えが多く起きています。
予算の許す限りウィーンへはオーストリア航空の直行便がお勧めですね。

また、フリープラ...続きを読む

Qコンサートでの服装

今月、初めてサントリーホールでクラシックコンサートを観覧します。

クラシックは大好きですが、コンサートは子供の頃以来、30年ぶり。
社会人として、恥ずかしくない服装は、何を着て行けば良いのでしょう。

海外でのコンサートの映像を見ると、正装した紳士と着飾った淑女ばかり目に付くのですが・・・

因みに、男一人で行きます。

Aベストアンサー

 普通の格好で十分です。

 スーツなら全く問題なし、ビジネスカジュアル程度でも問題ありません。
 「普段着」「部屋着」レベルでもよいと考える人もいるようですが、一応社交の場ですので、世間常識程度はわきまえた方がよいと思います。

 ヨーロッパでも、普通の格好をしている人が多いですが、伝統的な「社交界」ということで、おめかしして行くことも多いです。「おしゃれを楽しむ」「社交界の雰囲気を楽しむ」という趣旨のようです。特に女性が「ドレス」を切る着る場合には、パートナーはバランス上正装します。一種の「見栄」とも言えます。
 ヨーロッパでは、日本人のご婦人は「和服」でお出かけになることもあるようです。まあ「おめかし」です。

Q佐渡裕のウィーン・トーンキュンストラーの音楽監督就任って、凄いこと?

【ウィーン=共同】オーストリアのトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に9月に就任した指揮者の佐渡裕さん(54)が1日、ウィーンでコンサートに臨んだ。就任後初めて。ブラームスの交響曲第4番などを熱演し、満席の会場から大きな拍手が湧いた。

http://www.sankei.com/west/news/151002/wst1510020042-n1.html

というニュースが出ておりました。

ウィーン・トーンキュンストラーの名前くらいは聞いたことがありますけれど、このオーケストラが実際、どの程度の、どれほどの実力を有したオーケストラなのか、さっぱりわかりません。

そこで質問いたします。

このオーケストラは、どのようなオーケストラなのでしょう。
ヨーロッパでは地方地方に100年以上の歴史を有するオーケストラが存在しており、このことは、わざわざニュースで取り上げるほどの大きな出来事なのでしょうか。
音楽の都・ウィーンというネームボリュームのために、ニュースになっている(・・?

教えてください。
よろしくお願いいたします。

【ウィーン=共同】オーストリアのトーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督に9月に就任した指揮者の佐渡裕さん(54)が1日、ウィーンでコンサートに臨んだ。就任後初めて。ブラームスの交響曲第4番などを熱演し、満席の会場から大きな拍手が湧いた。

http://www.sankei.com/west/news/151002/wst1510020042-n1.html

というニュースが出ておりました。

ウィーン・トーンキュンストラーの名前くらいは聞いたことがありますけれど、このオーケストラが実際、どの程度の、どれほどの実力を有したオーケ...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
もう二度と御質問が見られないかと思っておりました。仕事中ですが、今度お目にかかるのはいつになるかわからないので、回答しないわけにはいきませんね。
正直に言うと、少し回答しにくいところがあるのです。日本には佐渡氏の熱狂的なファンがたくさんいますので、水を差すようなことが書きにくいのです。佐渡氏に限らず、また音楽に限らず、日本のマスコミは、日本人の世界的活躍をあまりにも手放しでセンセーショナルに扱い、ネガティヴな情報は絶対出しません。それどころか、日本人として自画自賛するためには、あらゆる誇張を惜しみません。誰かがコンクールで優勝すれば、ほかのコンクールを無視して、世界で最も難しいコンクールと報道します。聴覚障害の作曲家(誰だかわかりますね)が交響曲を発表して話題になれば、交響曲は最も作曲するのが難しいジャンルと報道します。限られた関係者しか裏の事情は分かりません。今回の件がそうだとは言いませんが、おめでたいだけのお祭り騒ぎのことも多いのです。そういうときに少しでも批判的なことを言うのが許されないのが、日本のクウキです。しかし、最初にあまり無節操に褒めてしまうので、その反動で、あとで悪い面が見えてきたときの叩き方がまた極端です。
トーンキュンストラーは何度も聞いていますし、楽員の中には友人もいます。レヴェルのことを言うと、ウィーンの主要なオーケストラ、ウィーン・フィル、ウィーン交響楽団、ウィーン放送交響楽団や、リンツを拠点にするブルックナー管弦楽団などと比較すると、少し落ちます。もちろんウィーンのオーケストラですから、それなりに音楽性はありますが、8年前の最後の滞在の折、楽員の友人から招待状をもらってベートーヴェンの荘厳ミサを聞きに行ったとき、やはり弦のパワーがほかのオーケストラよりだいぶ落ちると思いましたし、指揮者があまり有名な人ではなかったこともありますが、全体的にあまり強い印象が残りませんでした。ウィーンにも本拠はありますが、位置づけとしてはローカルなオーケストラに近いと思います。トーンキュンストラーは、古典の正統的な曲の演奏はもちろんしますが、軽音楽や新作の演奏も多く、どちらかというとオールマイティーのオーケストラといえます。佐渡氏のレパートリーを見れば、その辺でマッチするところがあったとも考えられます。ですので、企画などの点でそれなりの成果を出すことは考えられます。そういう意味では、佐渡氏に合ったオーケストラといえなくもありません。
オーケストラのレヴェルは、古さとは必ずしも関係がありません。運営者の手腕や経済的基盤、首席指揮者の能力その他によって浮き沈みがあります。少し前、別の日本人指揮者がスイス・ロマンド管弦楽団を振っているのを聞きましたが、アンサンブルはかなり乱れていました。このオーケストラももうじき創立100年で、知名度も高いですが、ほかの世界的なオーケストラと比較すると、レヴェルは一段低いです。
トーンキュンストラーは、経済的な基盤も、ほかのオーケストラから比べると規模が小さいと思います。歴代の指揮者には、大指揮者といえるような人があまりいません。四代前の指揮者、カルロス・カルマーは、ウィーンの音楽大学で教えていましたが、あまり魅力はありませんでしたし、指揮者としての知名度はほとんどありません。その次のクリスチャン・ヤルヴィは、今度N響を指揮することになったパーヴォ・ヤルヴィの弟ですが、能力は比べものにならず、国際的な知名度もそれほど高くありません。友人の楽団員も評価していませんでした。ヤルヴィの時代に日本に来日し、友人の招待で再び聞きましたが、演奏は記憶に残っていません。おそらく、報酬の高い超一流の指揮者は呼べないのが実情だと思います。それに、芸術にお金が出なくなっているのは、日本に限らず世界共通で、ウィーンも例外ではありません。数年前には、トーンキュンストラーよりレヴェルの高い放送交響楽団が、解散の危機に見舞われました。
海外のオーケストラで首席指揮者を務めた指揮者は、実は結構います。佐渡裕は、テレビなどを通じて顔も名前も広く知られていたので話題になりましたが、日本で話題にならない人もいます。コンクールなどで華やかにデビューしたかどうかなども、報道の興味の程度を左右します。佐渡氏の場合は、フランスのラムルー管弦楽団(トーンキュンストラーより古く、知名度も上です)の首席だったことや、数年前にベルリン・フィルを指揮したことも注目の原因になっています。ベルリン・フィルへの客演は、楽団のシステムとして、楽員ひとりひとりが個人的に興味を持った指揮者を推薦できるようになっており、たまたま一楽員が、ヴィデオで佐渡氏を見て気に入って呼びたいと言ったことからきています。NHKですぐにドキュメンタリーにしましたが、リハーサルはかなり固い雰囲気で進んでおり、演奏会後の楽員へのインタビューで、首席フルート奏者のエマニュエル・パユが、佐渡さんはもっと自分の考えを明確に伝えた方がよかった、と述べていました。しかし、これらのキャリアがあったから今回の就任につながったのだと思います。
あまり書くべきではないかもしれませんが、日本のオーケストラの楽員の一人から、佐渡裕は楽員たちから全然相手にされていない、と聞かされたこともあります。もちろん、指揮者とオーケストラの団員の間には一定の距離、緊張関係があり、簡単にほめる楽員はいませんが、本当に感心する指揮者ならそれなりに敬意を払います。ベルリン・フィルのリハーサルを見ていても、少し威厳に欠けていましたし、英語とドイツ語のまぜこぜの中で、also、also(つまり・・・、つまり・・・)を頻繁に口にして、これでは楽員から軽く見られるのでは、と思いました。
海外で活躍する日本の指揮者には、ここまでに出ているほかにも、たとえば大野和士のような人がいます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E9%87%8E%E5%92%8C%E5%A3%AB

同じ世代では、広上淳一の方が佐渡裕よりも音楽的能力は上です。この人も海外でキャリアを積みかけていたのですが、突然全ポストを辞任してしまいました。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BA%83%E4%B8%8A%E6%B7%B3%E4%B8%80

就任を報道すること自体は、特別なことではないと思います。オーケストラは、首席指揮者や音楽監督が代わるときは記者会見を開きますし、就任後最初のコンサートはやはり注目されます。思うに、ウィーンのネームバリューだけでなく、佐渡裕のネームバリューもニュースになる原因でしょう。
あまりいいことを書きませんでしたが、だれもがあのようなポストに就けるわけではありませんし、佐渡氏には、純粋な音楽的能力とは別の部分にも強みがありそうなので、それはそれで必要とされるわけです。

たまにはこのように、こちらにもお越しください。
ではでは。

こんにちは。
もう二度と御質問が見られないかと思っておりました。仕事中ですが、今度お目にかかるのはいつになるかわからないので、回答しないわけにはいきませんね。
正直に言うと、少し回答しにくいところがあるのです。日本には佐渡氏の熱狂的なファンがたくさんいますので、水を差すようなことが書きにくいのです。佐渡氏に限らず、また音楽に限らず、日本のマスコミは、日本人の世界的活躍をあまりにも手放しでセンセーショナルに扱い、ネガティヴな情報は絶対出しません。それどころか、日本人として自画...続きを読む

Q9月15日~のブダペスト・ウィーン・プラハの気候、服装について

9月15日~8日間、高齢の母とツアーで標記の国々をまわります。
どんな格好をすればいいのか、服装を決められずに困っています。

調べたところ最高気温は20~25℃ぐらいですが、最低気温が10℃前後になっています。

かなりの寒がりなのですが、最低気温が10℃前後なら薄手の冬用コートが必要なのか、それともそれほどではないのでしょうか。

実際同じ時期にいらっしゃった方、もしくは現地にお住まいの方、
どのような服装をなさったのか・いるのか、具体的に教えて下さい!

どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

昨日この三都市の観光から帰ってきたものです。

ブダペスト、ウイーン、プラハの順に南から北へと行くにつれ1~2度ほど気温が下がります。ブダペスト朝晩12~13℃昼間24~26℃、ウイーンは朝晩11~12℃昼間22~24℃、プラハがこの中では一番寒く朝晩9~10℃昼間21~23℃です。

これでは感覚的に分かりにくいですが、私の場合は毎日快晴でしたので暑いときは30℃近い時がありましたので、下に半そでで薄手のジャンバーを羽織ったり、あるいは長袖シャツで下着を薄手と厚手(冬用の半そで)を用意して調整しました。
寒がり屋でしたらカーディガンや薄手の冬用コートもいいかもしれません。因みにバスの中は朝の早い時間を除いてはずっとクーラーが入っていました。ホテルでもクーラーが必要でした。

日本の気候より気持ち寒いかなと言う程度ですが、朝晩の温度差が大きいのが特徴ですので、寒くなったら上に重ね着をする方か便利ですが脱いだ時にかさばらないものの方が歩きやすいと思います。

よい旅を!

Q円⇒ユーロにしたいが、どこが一番お得でしょうか?

このお盆にフランスへ旅行予定です。

どこでユーロに換金するとお得なのでしょうか。
銀行、チケットショップ、現地の銀行…etc

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレートを比較すれば答えが出るわけですが、その前にレートに関する用語をいくつか整理させてください。
・銀行間取引レート 外国為替市場においてその名の通り、銀行間の取引きに用いられるレート。ニュースなどで報じられているレートは、特にことわりのない限りこの銀行間取引レート。顧客はこのレートでは取り引きできず、外貨を買う場合も売る場合も必ずいくらかのマージンを払うことになる。
・公示仲値(TTM) 上記の銀行間取引レートを睨みながら、銀行が一日一回(銀行によっては数回)、取引きの基準として定めるレート。銀行間取引レートは常に変動しており、窓口での取引に銀行間取引レートを使うと処理が煩雑になるため。公示仲値と銀行間取引レートの数字はほぼ同じとみなせる。
・対顧客電信売レート(TTS) 顧客が外貨預金をしたりTCを組んだりする際に適用されるレート。公示仲値に一定の幅を上乗せすることで機械的に計算される。上乗せの幅は銀行によって異なる。また当然、通貨によっても変わってくる。
・クレジットカード会社が定める通貨間換算レート クレジットカード会社も銀行と同様に、外国為替市場での取引きレートを見ながら各通貨間の換算レートを毎日決定する。銀行間取引レート/公示仲値/クレジットカード会社が定める通貨間換算レートの三つは、実質的に同じ数字になると考えてよい。

まず(1)の日本でユーロ現金に両替ですが、レートは1ユーロ当たりTTM+6~7円が標準です。例えばTTMが1ユーロ=146円00銭なら、銀行の窓口では1ユーロ当たり152~153円を払ってユーロ現金を入手することになります。
その中で三井住友銀行など一部の銀行は、ユーロの現金両替レートをTTM+4円に設定しています。他行に比べ1ユーロ当たり2円得です。また関西空港ですと、泉州銀行がこれより僅かですが良いレートを出しているようです。
チケットショップは「銀行よりお得なレート」を宣伝文句にしていますが、ユーロの場合は必ずしも得と言えません。私が今まで見つけた中ではTTM+5円が最安で[1]、確かに銀行の一般的なレート(TTM+6~7円)よりは有利なのですが三井住友銀行のTTM+4円には劣ります。
多少の手間や時間がかかっても良ければ、民間の両替商[2]を利用する手もあります。レートはTTM+3円で、日本でユーロ現金を入手する場合のレートとしては私の知る範囲で最安です。

次に(2)ですが、冒頭述べたようにこれは避けるべき方法です。まずレートの設定がよくありません。行き先の国や両替する銀行にもよりますが、円→ユーロのレートはだいたいTTM+7~10円に設定されています。しかもこれに加えて両替1回ごとに手数料を徴収するところが大半で踏んだり蹴ったりです。

(3)はヨーロッパの場合はあまりお勧めしません。アメリカと違ってそのまま支払いに使える場所が少なく銀行や両替商で一度換金して使うことになりますが、その換金手数料が小さくないためです(これを見落としている回答が少なくありません)。一応レートの数字を示しておきます。

日本の銀行でユーロ建てTCを組む場合に適用されるレートはTTSです。ユーロのTTSは1ユーロ当たりTTM+1円50銭というのが標準的な設定です。また発行手数料が1%(*1)かかります。これだけならさほど悪くないのですが、現地で換金手数料が2~3%程度かかるのが痛い点です。
例えばTTMが1ユーロ=146円00銭のときに1000ユーロのTCを組んで現地で換金したとします。まず日本でのTC発行時に
(146.00+1.50)×1.01×1000 = 148,975円
を払います。
現地での換金時に2%の手数料を差し引かれ、手取りは980ユーロ。実質的なレートは
148975÷980 = 152.02円/ユーロ
となり、レート的なメリットは小さいことになります((1)のように三井住友銀行などで両替した方が得)。なお換金手数料は「AMEXブランドのTCを、AMEXのトラベルサービスオフィス[3]に持ち込む」などとすれば回避可能で、レート的には多少よくなります。

ユーロ建てTCを使う方法はいくつかの前提条件を満たせるなら最も有利な両替法となり、その場合TTM+1円でユーロ現金を手にできます。ご興味があれば[4]をご覧ください。

(4)は(2)と同じ理由(レートが悪い、換金時に手数料を徴収される)からお勧めしません。

(5)のクレジットカードでのショッピングですがVISA、master、JCBの場合、引落し額はTTMに1.6%を加算したものが目安です。(TTMが1ユーロ=146円00銭なら、引落し額は利用額1ユーロ当たり148円33銭程度。なお「TTM+1円」というのは何かの間違いと思われる)
一般に両替よりレートが有利で使い残しの心配もありませんから、クレジットカードをメインに使うのはヨーロッパではうまい方法です。
なおIC付きクレジットカードの場合、フランスですとサインに代えて暗証番号の入力を要求されることがあります。日本出発前に暗証番号を確認しておくことをお勧めします。

(6)は意外に有利な方法です。適用レートは「クレジットカード会社が定める通貨間換算レート」(TTMとほとんど同じ)です。これに利息が加算されますが、年利が25~30%程度、利用日から引落し日までは25~55日くらいですので、利息の額としては2~4%です。「金利を含めても一番お得な方法」とは言えませんが、現地で現金が足りなくなった時などは利用価値があります。
ご興味があれば[5,6]などをご参考に、お持ちのクレジットカードの会社で利用法を確認ください。

(7)の国際キャッシュカードは新生銀行やシティバンク銀行のものが有名です。(6)と同様に現地ATMで現地通貨を引き出せて便利ですが、レートはそれほど良くはありません。レートの目安はTTMに4%加算です(カードによって多少異なります)。

【結論】
身の回り費用程度(200~300ユーロ)の現金なら、銀行をよく選んだ上で日本で両替するのが有利かつ手軽です。それ以外の出費は極力クレジットカード払いにするとよいでしょう。

参考ページ
[1] 金券ショップの一例 http://gaika.e-daikoku.com/
[2] http://www.btgp.org/BTG%20CashForex.htm
[3] AMEX換金場所 http://www.americanexpress.com/japan/tcheques/tc/tcheques_exchange.shtml
[4] http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2317598
[5] http://www.nicos.co.jp/hp_trvl/overseas/os_cash.html
[6] http://www.dccard.co.jp/useful/money/o_atm.shtml
[7] 通信販売業者「セシール」 http://www.cecile.co.jp/travelers_cheque/

*1 銀行や業者によってはこれより安い手数料で発行してくれるところもある。多額の現金が必要でどうしてもTCにする場合は「通販業者セシール[7]でTCを購入+現地のAMEXオフィスや提携金融機関で換金」とすれば、目減りは最小限に抑えられる(セシールのTCのブランドはAMEX)。
*2 厳密には「クレジットカード会社が定める通貨間換算レートに海外利用手数料を加算した額」。海外利用手数料はVISA, masterが1.63%、JCBが1.60%。カードによっては若干異なる場合もある(例えばセゾンVISA/masterは1.60%)。
換算レートは「利用データがクレジットカードのデータ処理センターに到着した日(利用から2~3日程度)」のものが適用される。(利用日当日や、銀行引落し日のレートではない)

フランスに行ってから両替すると損しますよ。「どちらでも変わらない」というのは何かの間違いでしょう。

現地通貨を準備する方法としては大別して
(1)日本でユーロ現金に両替
(2)現地で日本円現金からユーロに両替
(3)ユーロ建てトラベラーズチェック(以下TC)を現地で換金
(4)円建てトラベラーズチェックから現地で両替
(5)クレジットカードでショッピング
(6)クレジットカードを使い現地ATMでキャッシング
(7)国際キャッシュカードを使い現地ATMで引出す
の7つがあります。

それぞれの最終的なレ...続きを読む

Q世界10大オペラって?

クラシックファンの皆様、お世話様です。

「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」を選べと言われたら、どのようなオペラを選ばれますか?

実はオペラに無知でして、フィガロの結婚のDVDを始めて買ったのですが、以後どのようなタイトルのDVDを検索していくべきか迷ってます。

ご意見をいただければ幸いです。

Aベストアンサー

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの個人的な印象ですので、世間的評価とは違っていると思います。が、的外れでもないと自己評価しております。(こう言うのが一番怪しいのかも知れませんが・・・)
曲の多くが、先輩回答者と重なると思いますがご容赦願います。

●モーツァルト:「フィガロの結婚」K.492 <30歳 1785~86年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ
貴族と従僕や農民と言った階級社会をテーマにしていますが、それよりは、美しい音色と旋律で綴る、登場人物たちの「心の移ろい、襞」の表現で、今更ながらモーツァルトに唸ります。
参考《所持ソース》
CDショルティー指揮:ロンドン・フィル/ロンドン・オペラ・コーラス(ロンドン)
DVDカール・ベーム:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「ドン・ジョヴァンニ」<1787年作曲>
社会的堕落者、規範意識皆無、そんな主人公を同描くか、オペラ毎、演出家毎で、人間設定が違う!
どう捉えるかで、このオペラから得られる事が違ってくる気がする・・・受け手の感性が試される様・・・
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)

●ベートーヴェン:「フィデリオ」<1804~05年 初作曲/1814年 第3版>
男装のフィデリオ!実は健気な愛妻レオノーレ!生涯独身だったベートーヴェンにとって理想の女性!?
私もそんな妻を今からでも欲しいなァ~!ナァ~ンちゃって!今時、そんなの居る分けが無いって言うか、私には縁が無い世界の人!?
参考《所持ソース》
CDフェレンツ・フリッチャイ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●モーツァルト:「魔笛」K.620 <35才没(1791年9月28日完成→30日初演)の作品>
恋する男の子の試練の旅!試練の旅に出た恋人と結ばれる為に耐える試練!そしてもう一つの恋P&Pは??
庶民レベルに一段と近付いたオペラの様に感じます。現代でも何処かにそんな恋をしてる若者もいるのかな?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDサバリッシュ指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(フィリップス)

●ロッシーニ:「セビリアの理髪師」<1816年作曲>
原作=ピエール・オーギュスタン・カロン・ド・ポーマルシェ←気付きましたか?フィガロの結婚!
そうなんです、セビリアの理髪師とフィガロの結婚は、同じ原作者。登場人物のフィガロはどこか似たキャラの様にも・・・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・オペラ合唱団(グラモフォン)
DVDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ドニゼッティ:「ランメルモールのルチア」<1835年作曲>
人間性のかけらも認められない人間関係と環境に繊細な心は!人は狂乱しただけでは死なないが・・・ルチアは・・・?
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ロンドン交響楽団/アンブロジアン・シンガーズ(テルデック)
DVDリチャード・ボニング指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(ジェネオン)

●ベッリーニ:「ノルマ」<1831年作曲>
人間の器が釣り合っていない男女の三角関係の成り行きは?小粒な男像は現代に通じていたりして・・・
参考《所持ソース》
CDリチャード・ボニング指揮:ナショナル・オペラハウス管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDジュゼッペ・パターネ指揮:トリノレッジョ歌劇場管弦楽団/合唱団(ドリームライフ)

●ヴェルディー:「リゴレット」<1850~51年作曲>
人間とは何か・・あまりにも惨い!・・身障者ゆえに差別され憎まれ役を演じなければならない主人公も愛娘に対する父の時に見せる人間らしさ・・・
参考《所持ソース》
CDリッカルド・シャイー指揮:ボローニャ歌劇場管弦楽団/合唱団(ロンドン)
DVDリッカルド・シャイー指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(デッカ)

●ヴェルディー:「トロヴァトーレ」<1852年作曲>
筋書きだけを読めば、矢継ぎ早の血生臭く解り辛い事件に腰が引けそう・・・
でも、聴き始めると歌と場面を楽しませるイタリア・オペラの真髄、歌声のバトルに時を忘れそう・・・
参考《所持ソース》
CDカルロ・マリア・ジュリーニ指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●ヴェルディー:「椿姫」<1853年作曲>
原作=アレクサンドル・デュマ・フィス
女心と男の言い分!デュマの原作とヴェルディーのオペラは合せ鏡!セットで一段と面白く・・・
参考《所持ソース》
CDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音1991年
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)録音・録画1982年

●ヴェルディー:「アイーダ」<1870年作曲>
古代エジプト!大スペクタクル!三角関係!オペラ界の娯楽超大作!理屈抜きにリッチな気分で浴びましょう!
でも、内容に踏み込むと結構深いかも・・・
参考《所持ソース》
CDクラウディオ・アバド指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)
DVDフランコ・カプアーナ指揮:NHK交響楽団/藤原歌劇団合唱団(キングレコード)録音・録画1961年
私が小6だった時に連れて行かれたNHK招聘のイタリア歌劇団のライブ!・・・マリオ・デル・モナコとシミオナートが忘れられず購入!

●ワーグナー:「タンホイザー」<1843~45年作曲>
男の女に対する矛盾する本音!そんなタンホイザーの無軌道が故の魅力?聖処女のエリザベートと娼婦の様なヴェーヌスを同じ一人の歌手に歌わせる舞台も存在する。その演出には深い意味を感じます。内容重視か音楽重視かに因るのだろうと思っています。
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/コヴェント・ガーデン王立歌劇場合唱団(グラモフォン)

●ワーグナー:「ローエングリーン」<1845~48年作曲>
宇宙人?異界からの救済者を夫に持った人間の妻!不安感から夫を地上のしがらみに取り込みたい妻!しかし夕鶴にも似て夫は・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場合唱団(ロンドン)

●ワーグナー:舞台神聖祭典劇「パルジファル」
作曲者没1年前の作曲!最後のオペラ!宗教劇とみなすより、それまでにワーグナーが問い掛けて来た問題の解決とみるべき作品と思っています。しかし、そうは言ってもキリスト教の思想を基礎にして、究極のテーマの救済を主題にしている。
参考《所持ソース》CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/ベルリン・ドイツ・オペラ合唱眼(グラモフォン)

●ワーグナー:ニーベルングの指輪(全曲所要演奏時間 約15時間)四日に分けて演じられる。
 ○序夜「ラインの黄金」
 ○一夜「ワルキューレ」
 ○二夜「ジークフリート」
 ○三夜「神々の黄昏」
これを抜く訳にはいかないのでしょうが、私は、未だ、まともに聴いた事が有りません。ハイライトばかりです。
興味がお有りでしたら、詳細は下記URLを覗いて下さい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%BC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E6%8C%87%E7%92%B0

●ビゼー:「カルメン」<1874年作曲>
人は何故、想ってくれる人を邪険にし、無いものネダリで身を滅ぼすのか?想い想われのスパイラル!馬鹿は死ななきゃ直らない!?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ベルリン・フィル/パリ・オペラ座合唱団(グラモフォン)
DVDジェームズ・レヴァイン指揮:メトロポリタン歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「ラ・ボエーム」<1893~95年作曲>
か弱きミミ!男はそのか弱き女を守れず不甲斐無さを嘆く!が、一番強かな生活力の持ち主は・・・??
男は何時も騙される!騙される事に心地良さを感じるのだから仕方が無い生き物?だから可愛いのかも!
参考《所持ソース》
CDバーンスタイン指揮:ローマ聖チェチリア音楽院管弦楽団/合唱団/少年合唱団(グラモフォン)
DVDカラヤン指揮:ミラノ・スカラ座管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「トスカ」<1900年作曲>
女は何時の世も、意識・無意識のどちらにせよ悪に惹かれる!(カヴァラドッジ⇔トスカ⇔スカルビア)官能的関係はどちら?・・・・悪役振りが良くなければドラマは盛り上がらない・・・・
参考《所持ソース》CDショルティ指揮:ナショナル・フィル/ウェールズ・ナショナル・オペラ合唱団(グラモフォン)

●プッチーニ:「蝶々夫人」<1901~03年作曲>
日本女性の男性に対する自己犠牲の賛美?それとも、人種差別?どちらの立場で鑑賞しますか?
それより、非日常的な好奇心と憧れから盲目的に育った相手に対する身勝手な理想と妄想の果ての死!男の都合と女の都合!
参考《所持ソース》CDジョゼッペ・シノーポリ指揮:フィルハーモニア管弦楽団/アンブロジアン・オペラ・コーラス(グラモフォン)

●R・シュトラウス:「ばらの騎士」<1909~10年作曲>
何時の時代も女は歳と戦っている。他の価値観を見つけては重ねる歳を納得しようとするが本音は・・・身を引く大人の女!
オペラの中では女の格闘相手だった筈の年齢が、現代では、男にとっての加齢の方がよりシリアスな問題かも・・!?
楽しめなくなってしまったかな(苦笑)?
参考《所持ソース》
CDカラヤン指揮:ウィーン・フィル/ウィーン国立歌劇場管弦楽団(グラモフォン)
DVDカルロス・クライバー指揮:バイエルン国立歌劇場管弦楽団/合唱団(グラモフォン)

以上、これが私の「死ぬまでに聴いておきたいオペラ」の一部です。
マニアックには、成らない様には気を付けた積りです。つまり、有名どころ限定です。

長くなりますので、鬱陶しいければ無視して下さい(苦笑)!

>「死ぬまでに聴いておきたい世界10大オペラ」!!??
そんな、ご無体な!!
10しか挙げてはいけない!私には無理!と、一旦は書くのを諦めました。
が、どうにも、ダンマリが続けられそうに無いので、私の気持ちを治める為に書かせて頂く事にしました。削りに削って20位に成るかも知れません。
思い出したり、調べたりを繰り返して、ゆっくり書きますので、書き終わる前に〆切られるかもしれませんね!

私の所持するレコードとCDからの...続きを読む

Qウィーンでオペラ♪

はじめまして!来年にウィーンに行こうと思っています。最近オペラに興味持ちはじめまして本場のオペラが見てみたいと思いました。なぜ行こうと思ったかといいますとある本でウィーン国立歌劇場とかだと当日券を日本円でかなり安くみられると書いてあってこれだと思ったからです笑 2週間ほどの予定でその間毎日コンサート、リサイタル等を見て過ごしたいと思っています。最近声楽を習い始めたので出来れば歌い手がいるオペラ、コンサートなどが好ましいです。教えてほしいのは行くタイミングとおおよその料金とあとウィーンでの見どころとか教えて頂けるとありがたいです。来年、春から秋でオペラなどが豊富に上演される時期とかありましたらぜひ教えて頂きたいです。詳しい方からのアドバイスお待ちしています。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

オペラ大好きなオバサンです。

> 2週間ほどの予定でその間毎日コンサート、リサイタル等を見て過ごしたいと思っています。
うらやましいです~。

> ある本でウィーン国立歌劇場とかだと当日券を日本円でかなり安くみられると書いてあって
う~ん、これはちょっと言葉が微妙なような…。
一般席が当日ならば安くなる訳ではなく、「当日発売になる立ち見席」が特に安いんです。
それ以外でも充分安いとは思いますが、「安い」席は、舞台の一部や殆どを「見ることができない」ということもありますので(シュターツ・オーパーの座席表の注意書きにも書いてありますよ)、ご覚悟のほどを(平土間の真正面の立ち見席ならいいんですが、バルコンやガレリエですとかなり遠いです)。
ですから、「見たい!」と思う演目ならば、多少「いい席」を予約購入した方がいいと思います。
そうすれば、ゆっくりと座ってオペラを堪能することができます。
立ち見席は、文字通り「立って」見ることになりますから。
オペラの上演時間を考えますと、いくら安くても、毎日立ちっぱなしはつらいと思います。

> 教えてほしいのは行くタイミングとおおよその料金
> 来年、春から秋でオペラなどが豊富に上演される時期
料金については、ウィーン・シュターツ・オーパーの「最も『いい』公演」を「最もいい席」で観るとしても240ユーロだったと思います(フォルクス・オーパーは160ユーロだったかな)。
一番安いのは、立ち見席の3ユーロですね(フォルクス・オーパーは2ユーロ)。

ウィーン・シュターツ・オーパーは、日本円換算すると、高くても35,000円程度、安いと500円程度ですからね。
日本でウィーン・シュターツ・オーパーの「引っ越し公演」でも観ようとしたら、指揮者や歌手が『いい』よかったりすると、S席で6万円なんてこともありましたもの(数年前に東京であった、小澤征爾指揮、トーマス・ハンプソン出演のオペラがこんな価格だったと記憶しています)。
これを比較すれば、行きたくなりますよね。

時季については、#3さまも書いていらっしゃいますが、夏はオペラはオフシーズンです。
そして、9月以降は「来シーズン」になりますから、まだ、どの歌劇場で何を上演するかなど、全く分かりません。
来年の春から秋について「今」アドヴァイスを差し上げるとしたら、来年の6月末までのお話になります。

今シーズンで、自分の好みの出演者、演目から時季を決めていいならば、私の場合は、来年のゴールデンウィーク明けになりますね。
2010年5月
8日:トスカ(シュターツ・オーパー)
9日:カルメン(シュターツ・オーパー)
10日:ウィーン・フィルのコンサート(シューマンの「マンフレッド」序曲とマーラーの交響曲第5番。ムジーク・フェラインの大ホール)
11日:セビリアの理髪師(シュターツ・オーパー)
12日:3つのオレンジへの恋(フォルクス・オーパー)
13日:マクベス(シュターツ・オーパー)
14日:バレエ・コッペリア(シュターツ・オーパー)
15日:陽気なニーベルンゲン(フォルクス・オーパー)
16日:トスカ(フォルクス・オーパー)
17日:地獄のオルフェ(フォルクス・オーパー)
18日:マノン(シュターツ・オーパー)
19日:アルジェのイタリア女(シュターツ・オーパー)

2週間には足りませんが、こんなカンジでスケジュールを埋めると思います。
トスカが2公演ありますが、一方はシュターツ・オーパーで、一方はフォルクス・オーパーなので、「違い」が楽しめます。
シュターツ・オーパーとフォルクス・オーパーでは、演出も違えば出演者も違い、出演者のレベルも違えば、客のレベルも違うので(笑)

オペラ大好きなオバサンです。

> 2週間ほどの予定でその間毎日コンサート、リサイタル等を見て過ごしたいと思っています。
うらやましいです~。

> ある本でウィーン国立歌劇場とかだと当日券を日本円でかなり安くみられると書いてあって
う~ん、これはちょっと言葉が微妙なような…。
一般席が当日ならば安くなる訳ではなく、「当日発売になる立ち見席」が特に安いんです。
それ以外でも充分安いとは思いますが、「安い」席は、舞台の一部や殆どを「見ることができない」ということもありますので(シ...続きを読む

Qウィーンオペラどれがおすすめ?

来月ウィーンに3泊します。
せっかくなので滞在中1日は国立オペラでオペラ鑑賞をしようと思っていますが、どれもあまりよく知らない演目です。オペラ鑑賞経験はありますが初心者です。
以下のどれがおすすめでしょうか?

・グノー「ファウスト」
・ロッシーニ「セビリアの理髪師」
・プッチーニ「マノンレスコー」

せっかく観るからには楽曲も舞台セットもより華やかで重厚感のある見応えのある演目が観たいと思っています。

夫との旅行ですが男性好みしそうな演目はどれでしょうか?
また女性向けな演目はどれでしょうか?
楽曲的にはどれがいいのか?ストーリー的にはどれがいいのか?
あまり詳しくないので何を基準に選べばいいのかもわかりません。

是非よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その3つのオペラはいずれも欧州のオペラハウスで生で体験しました。

ご夫妻とも初めてのオペラ鑑賞なら、「セビリアの理髪師」がいいでしょう。有名な序曲で始まり、この時点で浮き浮きします。この序曲はとても有名ですから、おそらくお聞きになったことがあると思います。

ストーリーは単純ですが、軽妙な愛の喜歌劇です。登場人物のキャラクターがはっきりしていますから、事前にあらすじを確認しておけば、言葉が分からなくても十分楽しめます。なおこの喜劇の続編がモーツァルト作曲の「フィガロの結婚」です。

マノン・レスコーは愛の悲劇、ファウストはかなり哲学的なテーマもあり、やや重いです。旅の思い出の一つにするのであれば、「セビリアの理髪師」をどうぞ。

オペラファンになると出演歌手も大事な要素ですが、これまでにあまりクラシックに親しんでいないと、どの歌手が有名なのかはお分かりにならないでしょう。国立歌劇場のサイトを見ると出演歌手の名が分かります。「セビリア」のアルマヴィーヴァ伯爵役(テノール)を演じるJavier Camerena(ハヴィア・カメレナ)はメキシコ生まれのなかなかの二枚目歌手のようですよ。混血なのか顔立ちは東洋人の面影があります。

あるオペラファンがブログで彼の演じた「セビリア・・・」のことを書いています。
http://dognorah.exblog.jp/7546380/

YouTubeでも彼の声を聞くことが出来ますが、甘い高音で歌う、いい歌手です。

一方、伯爵の恋人ロジーナ役を演じるソプラノ歌手、Diana Damrau(ディアナ・ダムラウ)はドイツ生まれの素晴らしい美人です。ソプラノの中でも特に高い音を出すコロラトゥーラ・ソプラノです。

2枚目テノールと、美人ソプラノのオペラ。これは悪くないですね(笑)。

開演時間はおそらく20時。ちょっとお腹に何か入れてからの観劇がいいでしょう。もちろんカメラ撮影は厳禁です。服装は旅の途中ですから、正装は不要ですが、男性の上着は必須です。女性もそれに準じて。

本格的なお食事は閉演後に歌劇場近くでどうぞ。レストランは遅くまで開いています。

ウィーンでオペラとは、羨ましい! どうぞ楽しんで下さい。

その3つのオペラはいずれも欧州のオペラハウスで生で体験しました。

ご夫妻とも初めてのオペラ鑑賞なら、「セビリアの理髪師」がいいでしょう。有名な序曲で始まり、この時点で浮き浮きします。この序曲はとても有名ですから、おそらくお聞きになったことがあると思います。

ストーリーは単純ですが、軽妙な愛の喜歌劇です。登場人物のキャラクターがはっきりしていますから、事前にあらすじを確認しておけば、言葉が分からなくても十分楽しめます。なおこの喜劇の続編がモーツァルト作曲の「フィガロの結婚...続きを読む

Qウイーンでコンサートチケットを購入するには

11月にウイーンに行く予定です。妻と二人の予定です。初めてなので教えてください。 1・現地でコンサートチケットを購入するには 2・気を付ける点 3・服装は 4・購入する場所 についてお手数ですがよろしくお願いします

Aベストアンサー

ウィーンには何度も旅行していますが、せっかくお金を払ってコンサートに行くのであれば
質の高いコンサートに行かれることをお勧めします。私自身どちらも経験済みですが、
街中で歩いていて声をかけられるコンサートはほとんどが旅行者対象のコンサートです。
地元の人が行くような質の高いコンサートはとは正直に言って違うと思います。
ただ、良いコンサートのチケットを現地で手に入れることは、ほぼ不可能ですので旅行期間が
決まっているのであれば事前に購入するべきだと思います。事前に購入した方が、料金的にも
質的にも断然お得だと経験から思います。
参考までに私がヨーロッパ旅行をする際にいつも相談させていただいている旅行会社のメールアドレスをお知らせしますね。オーストリアの旅行会社でコンサートチケットからホテル、その他細かい質問にも丁寧に答えてくださいます。日本人からのメールには日本人のコーディネーターが答えてくれるので問題ありません。メールアドレスはpsplust.bh@gmail.comです。ホームページなどあったと思いますがいつもメールでのやり取りをしているので探してみたのですが見つけられませんでした。申し訳ありません。
素敵なコンサートを体験できるといいですね。素晴らしいコンサートは本当に感動しますよ。
良いご旅行をなさってくださいね。

ウィーンには何度も旅行していますが、せっかくお金を払ってコンサートに行くのであれば
質の高いコンサートに行かれることをお勧めします。私自身どちらも経験済みですが、
街中で歩いていて声をかけられるコンサートはほとんどが旅行者対象のコンサートです。
地元の人が行くような質の高いコンサートはとは正直に言って違うと思います。
ただ、良いコンサートのチケットを現地で手に入れることは、ほぼ不可能ですので旅行期間が
決まっているのであれば事前に購入するべきだと思います。事前に購入した方が、料...続きを読む


人気Q&Aランキング