2015年決算分の買掛金の手数料の仕訳は12/31 借方支払手数料 貸方買掛金
でいいのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.3の回答でほぼOKですが、厳密に言うと、1/29の仕訳は、



2016/1/29
〔借方〕買掛金 10,000/〔貸方〕普通預金 10,000
〔借方〕支払手数料 500/〔貸方〕普通預金 500

がベストです。なぜなら、普通預金通帳には、振込金額と振込手数料が別々に表示されるからです。
    • good
    • 0

決済手数料については12月のうちに計上しません



[誤りの例]
12月31日 仕入   10,000 買掛金 10,000
      支払手数料 500 未払金   500
1月29日 買掛金 10,000 普通預金 10,500
     未払金  500



[正しい例]
12月31日 仕入 10,000   買掛金 10,000
     
1月29日 買掛金 10,000 普通預金 10,500
     支払手数料 500
(支払手数料500円は実際に支払った1月時の費用となります)
    • good
    • 0

それなら真ん中の仕訳は関係なく、上と下だけです。


預金引き落としでなく現金振込だったら、右側が「普通預金」でなく「現金」ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
実際の振込は2016/1/29ですが、2015/12/31普通預金でいいのですか?

お礼日時:2016/03/12 17:41

買掛金の手数料って、銀行振込の振込料ですか。


買掛金から振込料分を引いて送金したのですか。
もしそうなら、10,000円の買掛金から 500円の振込料を引いて、普通預金から振り込んだとして、

【買掛金 9,500円/普通預金 9,500円】
【買掛金 500円/仕入値引 500円】
【支払手数料 500円/普通預金 500円】

「仕入値引」は雑収入のうちです。

逆に、売掛金を振込料分だけ引かれて入金されたときは、鞄を提げて集金にいったら少し負けてよと言われて負けてあげたのと同じで、「売上値引」という経費です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
銀行の振込手数料です。
私が負担しています。

お礼日時:2016/03/12 17:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q実際の手数料と違う手数料を差し引いて買掛金を振り込む仕訳

買掛金を振り込みますが、実際は756円なのに864円を差し引いて振り込んでいます。

実際にかかった756円は翌月に口座から引き落とされます。経理処理をおしえてください。

Aベストアンサー

買掛金10万円を支払うときの仕訳の一例です。

・買掛金を支払った日

買掛金 100,000 普通預金 99,136
         未払金    756
         雑収入    108

(相手負担の振込手数料は貴方側では費用として認識する必要はなく、銀行への未払金に振り替えておきましょう。差額の108円のみ収益とします)

・手数料が引き落とされた日

未払金 756 普通預金 756

Q買掛金の先方手数料仕訳について

経費削減の為買掛金の手数料を先方負担してもらう事になりました。
請求書が250,000万円きて1月に買掛計上する際に 仕入/買掛金 と仕訳しますよね。そして翌月 買掛金/預金 の仕訳で支払います。
手数料500円だとしたらこの場合 仕入/買掛金の金額は249,500円
で計上するのでしょうか?

Aベストアンサー

振込手数料のこと?
それは負担する会社が仕訳することだから、変わらないよ。
相手の会社の仕訳が
249500預金/250000売上
500手数料
になるだけ。

Qテレカを会社の通信料に充当した場合の仕訳ですが、貸方は消耗品、借方は通

テレカを会社の通信料に充当した場合の仕訳ですが、貸方は消耗品、借方は通信料と手数料に
なるのでしょうか?手数料分も込みで通信料とするのはまずいでしょうか?

Aベストアンサー

#1の回答者です。

科目は通信費/雑収入(営業外)となります。
手数料用の科目がないとのことですので、そのままテレカの額面を取引金額にしてもかまわないと思います。高額で分けるようなら広義で振込手数料ととらえて振込料を処理するときの科目にするのも方法です。

貸方が雑収入とする理由:過前期のもので今期の支払いに当てたので、今期から見るとテレカの価値分会社は得をしたことになります。(<収入とみる)また、グッツとして購入していたことから質問者さんの事業はテレカを商品として販売して収入を得る事業ではない(<営業外)と考えます。

既存の科目で処理する理由:今回のテレカの処分は在庫の処分をするためで次年度以降頻発すると考えにくいためです。継続的な発生や高額な取引が発生しない限りわざわざ科目を作る必要はないと思います。

経理システムの都合上で上の課目を同時入力できないときは、間に「仮受金」を挟めんで2行で仕分ければできます。
(通信費/仮受金と仮受金/雑収入)

Q買掛金の支払いの際、現金で支払う場合、支払い口座の相手は現金?買掛金?どちらになりますか?

買掛金の支払いの為に、口座から引き出して、引き出した日に現金で下請けさんに支払いをしました。
その場合、口座の相手勘定は買掛金でもよいのでしょうか?一度、口座の相手を現金にして、それから現金の相手を買掛金にするべきでしょうか?
経理初心者ですみません…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買掛金(材料仕入れだけでなく外注・役務提供の下請への支払を含みます)50,000円を支払ったとして

ア)
現金 50,000 普通預金 50,000
買掛金50,000 現金   50,000

イ)
買掛金 50,000 普通預金 50,000

ア)の仕訳をへし折ってイ)にしてしまう方法もありますが、どちらかと言えば忠実にア)のほうがいいでしょう。振込でなく現金で支払ったという事実も記録できます。

Q売掛金の期間借方と期間貸方

先日、会社の残高試算表を見ていたら、

「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました。

・当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

・普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

簿記の初歩的な質問ですいません、よろしくお願いします

Aベストアンサー

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方から300,000という数字が減額されます

よって、質問文にある

’「売掛金」の期間借方と期間貸方どちらにも数字が打ち込まれていました’ということは当然のように毎月繰り返し起こります。


>普通の借方貸方と「期間借方」「期間貸方」は何が違うのでしょうか?

残高試算表は普通は1ヶ月ごとの「月次試算表」のことですから、例として7月の試算表であれば、7月1日から31日という「期間」に増減があった額が反映されているとうことです。

>当社は売掛金を回収することしかしないのですが、これはどうゆうことなのでしょうか?

’売掛金を回収することしかしない’というのはありえません。発生しない売掛金を回収できるはずがないからです。

・まず、売上を計上したときに売掛金が「発生」します。

  売掛金 500,000  売上 500,000

  この結果、売掛金の借方に500,000という数字が上乗せされます。

・そして、例えば先月分の売掛金30万円を「回収」したとします。

  普通預金 300,000 売掛金 300,000

  この結果、売掛金の貸方か...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報