個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

私が子供の頃、家の敷地内から縄文時代の土器や鏃が出土したのですが、そういうものには考古学的価値はあると思うのですが、値段であらわすとしたらどの位になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、土器や石鏃を適当に掘り出して売りさばいてもたいした金にはなりません。

また高額で売ろうとすると、難しい問題が生じます。

あなたの年齢が分かりませんが、すでに国や地方自治体による文化財保護指針が出されて以降の出土と思われますので、場合によっては「自宅に遺物が存在すること」だけでもおそれおおいことになります。家宝にするか、地方自治体に寄付するか、あたりがお勧めです。

1,博物館に展示されていたり、教科書や図鑑に掲載されていたりするものは、一定時期の代表的な特徴をもつ完品であることが多く、稀少なものであるからこそ、価値があります。また、そのレベルになると正規の販売ルートには乗りません。乗せられません。

2,素人の手によって偶然掘り出された遺物は、掘削した機器の傷が入っている物や損壊品であることが圧倒的に多く、学術的にも、古美術品や骨董品としても、価値が低く見られがちです。

3、また、文化財保護法という乱開発・盗掘・闇取引・利権問題などから遺跡・遺物を守る法律があり、仮に偶然出土した遺物であったとしても、所有権や譲渡については難しい問題がつきまといます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 文化財保護法ということがあるという事を初めて知りました。文化財保護指針が出されて以降の物かどうか、家族に聞いてみて、出土品の今後のことを良く話し合いたいと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/10 22:56

ものによってずいぶん違いますが、売れないことはないです。


古物屋で、差渡し15cmぐらいの縄文土器の鉢が売っていて、
それは4万円くらいしました。

大学のとき、縄文ファンの先生がいまして、
10万とか20万で土器を買ったということを言っていました。
状態が良く、非常に珍しい形態の土偶は、
200万したとか。
実は私も縄文ものがほしいと思っているのですが、
なかなか手が出ません。

火焔土器などは国宝なので、
同じクラスのものが出土したら、数百万は行くと思います。
縄文土器には、生活に使う土器(模様が単調)と
祭器として使う土器(火焔土器など、模様がダイナミック)
の違いがあり、前者はずいぶん安くなります。

美術品として売るときは、完品が条件となるでしょう。
割れたものはぐっと落ちます。
それから、上記の価格は小売価格であって、
仮に業者に売るとしたら、その半分から半分以下になるでしょう。
(そうしないと業者は生活ができません)
また、土器と違って鏃などは美術品の評価ができないので、
だいぶ値が下がるでしょう。

学術的価値というのもまた重要です。
出土場所・状況・日時を、できるだけくわしく
記録しておいた方がよいです。
学校や博物館に売るということもあり、その際
説明があると無いとでは大違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 土器といっても破片だけなので、教えいてただいた値段よりずっと下がってしまいますね。(0円とか)参考にさせていただきます、ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/10 22:48

考古学的価値と値段は全く別物です。


TVの鑑定で高い値段が付くのは、古いからではありません。美術品的価値があるからです。
縄文時代に土器は、いわば生活用品ですので、美術品的価値はほとんど無く、学術的価値しかありません。
仮に学術的価値が高くても、それほどの値段が付くものではありません。
もちろん、全く価値の無いものではないですが、あまり期待せずに地元の博物館などに寄贈したほうが賢明かと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 美術品的価値まで値段に入るということを知り、こういう物の価値を値段で図る事の難しさを知りました。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/07/10 22:42

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q拾った石器(縄文時代)はダレのもの?

考古学に興味があり、中学生のころ、よく石器や土器のかけらを探し拾いました。

・場所は 田んぼのあぜや畑、荒地の地表面。(いずれも自分の土地ではない。)
・遺跡の発掘調査に参加したことはありません。
(調査でなくとも、掘って探したことはありません。)
・遺跡公園の遊歩道の脇で見つけ、拾ったこともあります。
・人からもらったものはありません。

このようにして集めたものですが、所有権はどうなるのでしょう?
採取の方法の如何に関わらず、持っていると判っただけで教育委員会なりに没収されると聞いたことがあります。

オークションで堂々と出品されてもいます。

人しれず、ヒッソリと持ち続けなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

法律的に言えば遺跡からの出土品は「遺失物」つまり「落とし物」と同じ扱いを受けます。
その出土品を当日使っていた人の子孫がわかればその人に所有権があることになりますが現実的には所有者は不明です。
そのため、出土地の土地所有者と発見者が所有権を得ることになります。
重要な出土品の場合は、都道府県教育委員会が文化財認定をして「国民の共有財産」となります。

以上が法律的な取り扱いですが、実態としては耕作や盗掘などにより出土したものがコレクションされたり販売されています。

Q開運!なんでも鑑定団での土偶の値段は?

開運!なんでも鑑定団で土偶の鑑定結果(値段)を見逃してしましました。

その土偶の特徴は以下でした。
・亡くなった父親が林檎の木の下から発見したもの
・形がしっかりと残っている

鑑定結果を、覚えておられる方、教えてください。

Aベストアンサー

下記と同じ遮光器土器であれば、鑑定結果は「土偶は偽物で、鑑定額は2万」でした。

公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/database/20101012/02.html
(本人評価額5000万円)

Q縄文土器の競売について質問します。

オークションのサイトで完全無欠に近い様な縄文土器が出品されていますが落札価格はさほど高価ではありません。たくさんの縄文土器の本物?が市場に出回っているのも驚きですが価格の安さにも驚いています。発掘場所等が不明で学問的価値が低いからでしょうか?ご存知の方、ご教示お願い致します。

Aベストアンサー

●複製品と書いてなくても疑ってみる事にします。
○それは疑わなくて大丈夫です(笑)。
完品は"数が少ない"というだけで何百個と出土する発掘調査でなら何個かはあります。複数の完品土器を展示することは小さな資料館でも難しくはありません。
また、展示品は専門業者に発注して欠損部分が見分けがつかないほど精巧に修復されているものもあります。(樹脂で作られていることが多いので触ればわかるが、見た目では区別できない)

●例えば中学生が授業で作った縄文土器が30年後に本物
○中学生が作ったレベルなら"知ってる人"ならすぐに見破れます。専門家なら見ただけでわかります。
第一粘土の質感が違います。
ただ、本物と見分けがつかないほど精巧な複製品も実際にあります。これは贋作というよりは研究目的や趣味で作られているものです。
それでも風化の度合いが違いますから詳細に鑑定すれば見分けられないことはありません。
もっとも最初から贋作としてさまざまなことをして作ったのだとしたら見分けがつかないかと思いますが、そこまですると"価格"がはね上がってしまうでしょうね(笑)。

●複製品と書いてなくても疑ってみる事にします。
○それは疑わなくて大丈夫です(笑)。
完品は"数が少ない"というだけで何百個と出土する発掘調査でなら何個かはあります。複数の完品土器を展示することは小さな資料館でも難しくはありません。
また、展示品は専門業者に発注して欠損部分が見分けがつかないほど精巧に修復されているものもあります。(樹脂で作られていることが多いので触ればわかるが、見た目では区別できない)

●例えば中学生が授業で作った縄文土器が30年後に本物
○中学生が作ったレベル...続きを読む


人気Q&Aランキング