以前質問したことがあるのですが、解決しなかったのでもう一度解答お願いいたします。
点P(i),P(j),P(k)があり、
点P(i)からP(j)へのベクトルをrijと表す。
Φ=cosΘi=f(xi,xj,xk,yi,yj,yk,zi,zj,zk)
と置くと
∂Φ/∂xi = {(rji,rjk)/|rij||rik|}*{(xi-xj)/|rij|^2}
     + {(rki,rkj)/|rij||rik|}*{(xi-xk)/|rik|^2}
という解答をいただきました。
私も自分で分解してといてみたところ
∂Φ/∂xi = {(xi-xj)+(xi-xk)}/|rij||rik|
-cosΘi*{(xi-xj)*rik^2+(xi-xk)*rij^2}/|rij|^2*|rik|^2
という答えになりました。
お答えいただいた解答と少し違ってしまいました。
かなり前の質問したものですがよろしくお願いいたします。

前回のURL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=21363

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

いろいろな表現が出るとややこしいので cosΘi は使わないことにします。


またベクトルも rij、rik のみ使うことにします。
そうすると

∂Φ/∂xi = {(rji,rjk)/|rij||rik|}*{(xi-xj)/|rij|^2} + {(rki,rkj)/|rij||rik|}*{(xi-xk)/|rik|^2}
     = {(-rij,rik-rij)*(xi-xj)*|rik|^2 + (-rik,rij-rik)*(xi-xk)*|rij|^2} / (|rij||rik|)^3
     = {-(rij,rik)*(xi-xj)*|rik|^2 + (xi-xj)*|rij|^2|rik|^2 - (rij,rik)*(xi-xk)*|rij|^2 + (xi-xk)*|rij|^2|rik|^2} / (|rij||rik|)^3
     = {(2xi-xj-xk)*|rij|^2|rik|^2 - (rij,rik)*[(xi-xj)*|rik|^2 + (xi-xk)*|rij|^2]} / (|rij||rik|)^3

となりますから、moleculer さんの解と同じです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA={Φ,{{a,b},{a,c}}} B={Φ,{a,b},{a,c

A={Φ,{{a,b},{a,c}}} B={Φ,{a,b},{a,c}}のとき、A∩Bは{Φ}なのかそれとも{a,b}などを含むのかどうかがわかりません。 わかる人がいらっしゃるなら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

落ち着いて考えれば分かるはず。
ただ、若干の慣れは必要かも・・・。

・考え方
Aの元は、Φと{{a,b},{a,c}}}の2個。
Bの元は、Φと{a,b}と{a,c}の3個。
共通するのは、Φだけ。

よって、A∩Bの元はΦだけ。
つまり、A∩B={Φ}。

Q∫∫【D】2x|y|dxdy, D={x^2+y^2≦1,x^2+y^2≦2x}

∫∫【D】2x|y|dxdy, D={x^2+y^2≦1,x^2+y^2≦2x}
という重積分について質問です。∫∫【D】2x|y|dxdyと∫∫【D】2xydxdyってどう違いますか?

この場合では、領域がx軸に関して対称だから、前者の場合も後者の場合もたまたま答えが同じになるけれど、理屈としては、y座標が負になっている部分をx軸に関して折り曲げた結果として、図形がx軸に関して対称だったために、y座標が正の部分を2倍することになったと考えればよいのでしょうか?
言葉が下手で、伝わりにくい文章ですみません。

Aベストアンサー

>この場合では、領域がx軸に関して対称だから、前者の場合も後者の場合もたまたま答えが同じになるけれど

本当にそうなります?
2xyはyについて奇関数、2x|y|はyについて偶関数です。
前者をx軸について対称な領域で積分すると"0"に、後者を同じ領域で積分するとx軸よりも上側の領域での積分の2倍になります。

Q(i)spanX=V ならば x∈V,x=Σ[i=1..n](xi),(ii)x∈V,∥x∥^2=Σ[i=1..n]||^2ならばXは完

お世話になっています。

[Q]X={x1,x2,…,xn}を内積空間Vの正規直交集合とせよ。この時,次の(i),(ii)を示せ。
(i)spanX=V ならば x∈V,x=Σ[i=1..n](<x,xi>xi)
(ii)x∈V,∥x∥^2=Σ[i=1..n]|<x,xi>|^2ならばXは完全

完全の定義は「正規直交集合Xが完全とはVの中での最大個数の正規直交集合の時,Xを
完全と言う」です。
つまり,#X=max{#S∈N;(V⊃)Sが正規直交集合}を意味します。

証明で行き詰まっています。

(i)については
x∈Vを採ると,spanX=Vよりx=Σ[i=1..n]cixi (c∈F (i=1,2,…,n))と表せる。
これからΣ[i=1..n](<x,xi>xi)にどうやって持ってけばいいのでしょうか?

あと,(ii)についてはさっぱりわかりません。
何か助け舟をお願い致します。

Aベストアンサー

>x=Σ[i=1..n]cixi (c∈F (i=1,2,…,n))と表せる。
<xi,x>を計算すれば終わり

>(ii)についてはさっぱりわかりません
「任意の」x∈Vに対して
∥x∥^2=Σ[i=1..n]|<x,xi>|^2
ならばXは完全

x1,...,xnとは異なるyをとり,
x1,...,xn,yが正規直交であると仮定する.
||y||^2 = Σ[i=1..n]|<y,xi>|^2を計算すれば
矛盾がでてくる.

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

QQ={a+d(h/L)^c}*B*h^1.5を…

どなたか、下記の式をhについて解いた式になおしてください。

Q={a+d(h/L)^c}*B*h^1.5

数年ぶりに、関数を解かなければならない場面に出くわし、
努力はしてみましたが、情けないことに解けませんでした。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> Q={a+d(h/L)^c}*B*h^1.5

誤読してなければ、
 q = (1 + r*h^c)*h^(3/2)
に変形可能ですね。

「解いた式になおす」のは、おそらく無理。

右辺を f(h) とおき、
 f(h) = (1 + r*h^c)*h^(3/2)
 f'(h) = {rch^c + 3*(1 + r*h^c)/2}*h^(1/2)
に初期近似解 ho を代入して Newton 法を使うと、かなり速く収束しそう。

[試行例]
 4 = (1 + h^2)*h^(3/2)
    ↓
 h ≒ 1.3015 .......
   


人気Q&Aランキング

おすすめ情報