どうも!
先日「哲学を学べる大学」の質問をしたのですが・・。
大学ではどんなことを主に学ぶのかわからないので、
よろしければ教えてください!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

大学では大雑把な哲学(この場合は西哲)の流れを把握します。

総論的知識(教養)程度です。もちろん哲学科に入る場合は専門的な勉強になるのでここでは答えられません。あくまでも一般教養科目としての哲学について述べます。

一般に哲学をその探究の「対象」でもって次の三つに分類できます。

A.認識論(知識論)・・・ テーマ:「知識」とはなにか? 「知識」をいかに得るか?

B.存在論(形而上学)・・・ テーマ:「存在一般」の意味や構造はいかなるものか?

C.価値論(倫理学)・・・ テーマ:「善」とはなにか? なにが「善」か?

ちなみにパクリの哲学というものもあってよいのではないかと思いつつ、今、これを書いています。はっきり言ってコレ、他人が他人の問いに対して書いた答えのパクリです。でも物事は多かれ少なかれパクリ的要素ありでしょう。卒論だってネットでパッチワークしてこさえる学生の多いこと、多いこと。でもこのIT時代に、それって防げませんよね。
さて、認識出来ないことは存在しないと考えるのは「観念論」で、認識出来なくても有るものは有るとするのが「実在論」です。
アインシュタインは量子論を認めませんでしたので、「あんた、誰も月を見てないからって月が無いとはならんだろう」みたいなことを言ったそうです。
合理論と経験論は、主として認識論における立場の違い。 実念論と唯名論は、中世普遍論争における立場の違い。そのため、認識論と存在論の両方にまたがる問題領域における立場の違いです。その他の分類の仕方もあります。
たとえば、探究の「仕方」という観点からみると、現在の哲学界は、分析哲学と現象学の二大潮流が存在します。
    • good
    • 0

日本の哲学を選ばない限り、語学が主体だと思ってください。

(日本を選んでも、結局、日本語だけではおさまらないけれど)哲学部で哲学を学べるなんて幻想でした。学者になるとか、大学院に行くとか考えないのなら、違う学部を選んだほうがよいと思います。どんな学問も基礎は哲学なんですから。1年2年では、専門課程以外の授業もうけられると思いますが(昔は一般教養と呼んでいましたが)、それで哲学を取るのが一番気楽です。入った学校に、自分が学びたい哲学のジャンルのスペシャリストがいないと、それこそヒサンですよ~~。
    • good
    • 0

引き続き今晩は。


大体、おおまかにわけて。
1哲学史をやる。
2特定のテーマにそった講義をする。
3特定の哲学者、もしくは著作にそった講義をする
4ゼミ

でしょうか。
1哲学史は私は哲学をやる上では必要だと思っておりますが、
 最低限欲しいのは西洋哲学史。あとは趣味によって?
 東洋、美学などなど。まずこれを押さえとくと楽です。

2は教授の気分によって、その年に「自然について」とか
 「徳について」とか「言語論」について、とかなります。
 で、そのテーマにそって教授個人の意見を聞くか、数人の
 哲学者をとりあげます。

3、4その教授の専門としている哲学者をメインにやります。
   カントとかプラトンとか。
   大抵、ゼミは原書講読もやるので、それなりの言語の勉強と
   第二外国語を何にしとくか、先見の目が要求されます。

で、内容としては、おおまかに分けると(ほんとにおおまかに)
古代哲学、中世哲学、近代哲学、現代哲学、倫理学、美学、東洋思想、宗教哲学など
が多いようです。

古代哲学は言わずと知れた古代ギリシアを指すことが多いです。
ソクラテス以前は、自然学的、「世界の根本原理は何か」など神話に代わって
自然をときあかそうとしたものが多いです。
プラトン、アリストテレス、新プラトン主義、ストアなどは人間をとりあげるようになります(アリストテレスは色々やってますが)プラトンなどは基本的に「よく生きる」ための哲学を目指してます。多分。ギリシア語がメイン。

中世は宗教哲学チックです。主にキリスト教哲学を取り扱っていますが
非常なシャープな議論がなされており、近代哲学はここで問題になった
一部を取り出してより精密に論じる、といった感があります。
アウグスティヌス、トマス・アクィナス、スコラなど。
ラテン語がメインです。

近代はもうほんと色々で、ベーコンから始まるの近代科学的なもの
観念論、実在論などの認識論、巨人カントとそれに影響をうけるドイツ系、
そして社会学的な哲学と盛りだくさんです。
哲学をやっている人の3割くらいはここの研究に属するかも。
英語、ドイツ語、フランス語がメインです。ドイツとフランスどっちをとるかは
科学、社会はフランス、認識論はドイツ・・・かなぁ。大雑把に。
よく分かりませんが。

現代は私はほぼノータッチなのですが、哲学史の知識では
認識論~現象学、科学哲学、言語哲学、実存主義、構造主義などが目立ってるでしょうか。ヴィトゲンシュタインやベルグソン、フッサールはこっちに入るのかな。
小難しい、という偏見が私にはあります。色んなのがあるので、よく把握できてません。科学哲学は理系がやってたりします。

倫理学は時代の区分はなくプラトンから現代まで、「人間について」や社会的なことをやります。

美学は芸術論です。芸術とは何か、とか芸術家の思想をやったりします。

東洋思想は主に中国系。日本もあると思うのですが。西田幾多郎なんかは、むしろ
現代(近代)哲学の方かもしれない。

大学に入ると、一応一通りの授業を受けながら、年が上がると
興味のわいたゼミに入って、討論とかしつつ、卒論となります。

長いわりに親切な説明ではないかも。
哲学史の本を一冊読むとどのへんがやりたいのか絞れるかもしれません。
手近なとこで倫理の本か、「哲学の基礎」山本 信 北樹出版(1800円)
なんかは読みやすいかな。
あと上の説明で、これってどんなことやるの? というのがあったら
私のおおざっぱな説明でよければ、再度補足します。
下のアドレスは何年か前の東大の授業内容です。

参考URL:http://www.l.u-tokyo.ac.jp/official/lecture/lec9 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学を学ぶとき

皆さんが、哲学に興味を持たれたのは、どんなときでしたか? また、何故、哲学に惹かれたのだとお考えですか? そして、その興味は現在、どのような形で自分の中に残っていますか?

僕が、哲学っぽいことを考え始めたのは、大学受験の直前あたりだったように思います。何故かパニックになっていて、友人や家族と喧嘩が絶えなかった時期でした。心理学や哲学の教科書なんかを読みながら「何故、怒るのか」「何故、辛いのか」みたいなことをツラツラと考えていました。あれは、逃避だったのかなぁ…。今となってはよく分かりませんが、今の自分を自分に説明することで、パニックを押さえ込みたかったのではないかと考えています。混乱することは今でもあり、その度に哲学っぽいことを考えています。哲学は、役に立たないと耳にすることがあります。その度に、じゃあ、何で哲学を勉強している人がいるんだと思います。哲学は、その時の「自分」が直面している問題意識に則して語られるものではないのですか?

Aベストアンサー

jumeさん、こんにちは。mori0309です。44才、会社員です。哲学には、まったくの素人です。

 日常生活のなかでは、哲学の話をする機会はほとんどありません。機会がないというより、そう
いう話ができません。私たちのような中年世代にとって、そういうことは「青臭いこと」と
感じられているようです。仕事のあいまはもちろん、酒の席でも「人生の目的は何か」とか
「神は存在するか」とか「自分という存在の本質は何か」なんていう話題を出したら、苦笑
されるか敬遠されてしまうかどちらかですもの。

 でも私はこういう問題を、中学生くらいのときから、今にいたるまで、ずうっと考えてきました。
本当に我ながらよく、こんなことを飽きもせずに、考え続けてきたものだと思います。思索の内容は
日記という形で、毎日ではなく、かなりとぎれとぎれですけど、書き記してきました。若いころ
のものを読むと思わず吹き出してしまうようなものもあります。でもまあ自分の精神史みたいな
ものですから愛着があります。(こんなものはいずれ焼き捨てますけど)

 普通の人は(こういう言い方はすこし傲慢ですけど)、人生の目的は、はっきり決まっている
と思います。頭でつねに意識していなくても、目指す方向は自然と次のようになります。
「いい学校に入る」・「いい会社(または官庁)に入る」・「少しでも高い地位や肩書きを得る」・
「有名になる」・「金持ちになって優雅な暮らしをする」「いい人とめぐりあって一緒になる」
これを一言で言うと「成功する」ということだと思います。人生の目的は「成功すること」だと
一般的には言えると思います。そしてその成功とは、「他人より優位に立つ」「すこしでもランクの
高い人間になる」ということだと思います。「人並みはいやだ」「凡人で終わりたくない」という
ことだと思います。

 私のこれまでの人生は、失敗と挫折の連続でした。大学は高望みしすぎたのと文系・理系をどちら
かに決めきることができず何度も浪人して結局入れませんでした。また会社員になってからも
ここいちばんという注目されたプロジェクトでいつも大赤字を出し、今では後輩が私を追い抜いて
私の上司になっています。そのたびに私は考えました。どうやってこの劣勢を挽回しようか。
どうやってエリートコースに追いつこうかと。
 でも、そういうとき別の自分の心の声が、必ず聞こえてくるんです。それがお前の本当の目指す
べき道か。お前はそういうことをするために生まれてきたのか。成功するということはことは本当に
価値あることなのか。

 こういう、もう一人の自分との果てしない問答を、私は繰り返し続けてきました。キリスト教や
仏教の本、それから新興宗教やオカルトの本、ずいぶん読みました。これらの本には私の問いの答え
が書いてあります。でもそれはあまりに教条的だし、あまりに完結しすぎています。答えを求めて
いるはずなのに「完結した回答」を読まされると、違和感・反感・反発心が起こってきます。
(人間ってやっかいな生き物ですね)これらのことは私の心のなかの私だけの秘密でした。普段は誰とも
そんなことを話しあうことはありませんでした。人に相談するようなことではないですから。

 ところがこの「教えてgoo」「OKWeb」(特に哲学の部屋)を知り、大胆にも今までの
自分の心のなかの問いを少しずつ質問にあげるようになってしまいました。mori0309ってどこの誰だか
分からない安心さと、すばらしい回答者の方々にめぐりあえたせいです。こういうことが人生の
後半に待っていたなんて、まったく予想していませんでした。私は私だけの自問自答を繰り返し
誰に知られることもなく死んでいく。そう思っていました。

 でもこの部屋で何人かの方と、思いきり自由にいろいろなことを語りあうことが出来て、私は
幸福です。ペンネームだけのやりとり(だけかな?)なのに、文章もペンネームも、まるで
生きている肉筆・肉声のように私のこころに届いてきます。私にとっては「ランクの高い人間になる」
ことなんかよりも、こういう心の通じ合った対話をすることのほうが、はるかに、私が
考える「人生の目的」にかなっています。真の対話をするには、地位や肩書や名声は邪魔に
なると思えてなりません。(決してひがみ根性ではないと素直に言えます)

 私はまだ「人生の目的」も「神の存在」も「自分とは何か」も、まったくわかっていません。
でもどうどうめぐりかと言うと、そうではなく確実に深まってきていると、自分では思って
います。二十代・三十代のころよりは、確実に問題の本質が見えてきています。でもそれは
人に語るべきことでも、教えるべきことでもありません。言葉でそれを伝えるのは、本質的に
困難だと感じます。文学ならばできるかなと少し思います。そう思ってサラリーマンをやめて
詩人や小説家になろうかな、なんて考えると、またもう一人の自分が出てきて「お前は本当に
そんなことをするために生まれてきたのか」と言ってくるんです。「生きる」ということ
「自分を知る」ということ。それは本当にむずかしいことなんだと思います。

 以上、私にとっての哲学とそのかかわりあいを述べさせていただきました。おろかな文章に
おつきあいいただいて恐縮です。(覆面でしか書けないことでした)

jumeさん、こんにちは。mori0309です。44才、会社員です。哲学には、まったくの素人です。

 日常生活のなかでは、哲学の話をする機会はほとんどありません。機会がないというより、そう
いう話ができません。私たちのような中年世代にとって、そういうことは「青臭いこと」と
感じられているようです。仕事のあいまはもちろん、酒の席でも「人生の目的は何か」とか
「神は存在するか」とか「自分という存在の本質は何か」なんていう話題を出したら、苦笑
されるか敬遠されてしまうかどちらかですもの。
...続きを読む

Q哲学を学ぶ事で人生における洞察力は高まりますか?

こんばんは。毎回お世話になっています。
哲学を学ぶ事で、人生に対しての深い洞察を高めることが出来るのでしょうか?
人生経験を積むことももちろん大切だと思っていますが、知性を高めるという側面から考えて、哲学を学ぶ事によって得られるものはどんな事なのかを知りたくて質問させて頂きます。
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。哲学を学ぶと、ひとつの事柄を多角的に見ることができます。何かに疑問を感じたら、それは哲学への第一歩です。あなたなりの哲学を構築していくなかに、あなただけにしか見出せない何かがあると思います。

Q大学哲学科の論理学と倫理学について

哲学科で論理学と倫理学どちらを学んだほうがより論理能力をつけることができるでしょうか?

ここで注意してもらいたいのが
確かに論理学と倫理学どちらも論理能力は身につきはするでしょうがここで問題にしているのは、「どちらがより論理能力をつけることができるか?」です。
大学ではどちらも大差ない、優劣なんて決められないなどは回答になりません
そこを了解してもらえるようお願いいたします。

・ここでは論理学側と倫理学側の主張から、その中での疑問についてお答えしてもらうようお願いいたします

1、論理学で「論理的に正しく考えるにはどうしたらいいか」、ということを研究したほうが複雑な論理方法や論理のルールを身につけられて結果倫理学をやるよりもより論理的に考え、整理し、相手に伝える力が身につく
2、論理学はやらないが倫理学で実践的に論理を使い、実践的に論理能力を養っていくほうが論理的に考え、整理し、相手に伝える力が身につく

1、についての疑問は
・「論理的に正しく考えるにはどうしたらいいか」を研究し、複雑な論理方法や論理のルールを身につけたからと言って論理的に思考する能力がつくとはいえるのだろうか?
論理学の成果を利用して、多様な主題について検討し研究し、議論していったほうが論理能力は身につくのではないだろうか?
2、についての疑問は
・「論理的に正しく考えるにはどうしたらいいか」を研究し、複雑な論理方法や論理のルールを身につけていったほうが論理について詳しくなる=論理に強くなるのではないだろうか?
論理学の成果を利用しているだけでは論理能力はつかないのではないだろうか?



回答のほうよろしくお願いします

哲学科で論理学と倫理学どちらを学んだほうがより論理能力をつけることができるでしょうか?

ここで注意してもらいたいのが
確かに論理学と倫理学どちらも論理能力は身につきはするでしょうがここで問題にしているのは、「どちらがより論理能力をつけることができるか?」です。
大学ではどちらも大差ない、優劣なんて決められないなどは回答になりません
そこを了解してもらえるようお願いいたします。

・ここでは論理学側と倫理学側の主張から、その中での疑問についてお答えしてもらうようお願いいたします

...続きを読む

Aベストアンサー

旧帝大の博士後期課程でフランス哲学を学んでいるものです。


>哲学科で論理学と倫理学どちらを学んだほうがより論理能力をつけることができるでしょうか?


私は論理学だと思います。
論理学は、人間が物事を理解する枠組み(認識)となるものです。私たちにとって論理形式が真理を持ちうるからこそ、思考できるとも言えます。論理学にも「数論理学」や「形式的論理学」、「超越論的論理学」などそもそも論理がなぜ成立するのかを根本的に問う領域もあります。

倫理学は、人の「正しさ」を見出すとても大切な分野ですが、この学問だけで、論理能力が著しく高くなるとは思えません。難易度も桁違いに論理学が難しいです。

ただ、両者はどちらも現代哲学のトピックスですが、需要としては「倫理学」の方に分があります。正しい論理よりも、例えば、教師の倫理観を高めるにはどうしたらよいか、などの方が世間的には重宝されるのです。

Q哲学を学ぶ意義とはなんですか?

現在、大学で哲学の授業を学んでいます。

しかし、その授業を学ぶに当たって、
なぜ、哲学を学ぶのか、また、
哲学を学ぶことで得られるものは何かということを
考えるようになりました。

哲学を学ばれている皆さんは、なぜ、哲学を学ぶのでしょうか?
哲学を学ぶことに対して、何を求めているのでしょうか?
出来るだけ詳しく、そしてたくさん書いていただけると
とても参考になります。

Aベストアンサー

>哲学を学ばれている皆さんは、なぜ、哲学を学ぶのでしょうか?
>哲学を学ぶことに対して、何を求めているのでしょうか?
⇒2つの観点から申しあげます。「個人」と「人間・人類」との観点です。

(1)哲学の授業は多く哲学史に関わりますが、その目的の1つは、先哲たちがどのように「知を愛したか」を伝えるためだと思います。ご存知のように哲学(philosophy)とは、文字通りには、「愛知」を表わす語ですね。すなわち、「哲学する」とは、「好奇心を持つ・知識や智恵を得たいと願う」ことですね。
では、それは何のためか、あるいは、何の効用があるか。一言で言えば、「生きるための英知を獲得すること」でしょうか。ヨーロッパの図書館などには Discendo liberior. と書いてありました。「学ぶことによってより自由に」といったような意味らしいです。つまり、学ばない状態では、人は多かれ少なかれ無知蒙昧・迷信・妄念・偏見…などにとらわれているが、「学ぶことによって、その桎梏を解き、自由になれる」ということなのだと思います。「哲学は、我々を迷信や妄念から解放してくれる」のです。

(2)かつて哲学は諸学問を1つに束ねて統合し、これに指針を与えるという役を果たしていました。そして、それは今日でも変わらないはずです。すなわち、現代の哲学は、極度に細分化し専門化した諸科学を統合し、これに指針を与える機能を持つ、少なくともその使命がある、と言えるでしょう。この高度に文明化した現代にあっては、とりわけ尖端技術など「地球生命を左右するような科学を束ねて、今後に向けての当為を示す」という重大な使命を哲学は負っている、とそう思います。環境汚染の解決や異民族間の争いの収束を模索するとき、人間にとっての「本当の幸福」を考えるとき、そして、人類の未来を思うとき、哲学は最も重要で、最も頼りになる(ならねばならない)、学問なのだ、と言い得るのではないでしょうか。

>哲学を学ばれている皆さんは、なぜ、哲学を学ぶのでしょうか?
>哲学を学ぶことに対して、何を求めているのでしょうか?
⇒2つの観点から申しあげます。「個人」と「人間・人類」との観点です。

(1)哲学の授業は多く哲学史に関わりますが、その目的の1つは、先哲たちがどのように「知を愛したか」を伝えるためだと思います。ご存知のように哲学(philosophy)とは、文字通りには、「愛知」を表わす語ですね。すなわち、「哲学する」とは、「好奇心を持つ・知識や智恵を得たいと願う」ことですね。
では、...続きを読む

Q哲学・倫理学を専攻可能な通信制大学はありますか?

当方22歳の社会人(高卒)です。

仕事をする上で必要な知識を体系的にちゃんとした形で深めたいと思い、哲学か倫理学を通信制大学で学びたいと考えています。

しかし、調べてみたのですが哲学が専攻可能な通信制大学は慶應義塾大学と日本大学のみで、倫理学にいたってはゼロでした。

他にも通信制で専攻可能な大学をご存知の方がいらっしゃれば教えて頂けないかと思います。

Aベストアンサー

補足に対して追記させて頂きます。

(1)西洋文化における哲学史
⇒ギリシャなど哲学の萌芽からキリスト教の発展、イスラム教の流入、科学技術と思想などでしょうか。
 ニーチェとかハイデガーとか、特に学びたい人物がいるわけでなければ、この辺は大学で追究せずとも、読書で補えるかも知れません。

ただし、

(2)二者択一の環境下において人はどのような価値判断を行い行動するのか?
 ⇒これを学ばれるのでしたら、最適なのはギリシャ系列かと思われます。(デカルト以前という意味で)
 プラトンの『国家』はお読みになりましたでしょうか。善悪の二者択一ならキリスト教も必要ですが、そうでない二者択一(生か死か、統治者か国民か、など必ずしも答えのない二者の比較の場合は)ソクラテスあたりを専攻なさるとよいように思われます。

(3)なぜそのような価値が当人の中で発生したのか?
(幼少の経験?本人の資質?、等)
 ⇒児童心理学、教育学など、人間の成長に関わる分野ですので、精神医学・心理学基礎の本などをお読みになると、なぜ価値基準の比較や判断を質問者様ご自身が目指しておられるのか、明るくなるかと存じます。(すでに明るいのでしたら蛇足です)
 たとえばジュディス・L・ハーマン女史の『心的外傷と回復』などで、あえて傷ついた精神を学ぶことにより健全な精神の志向を見いだすこともありえます。これに関しては専攻というより、多読をおすすめしたいところです。

「すぐに日常生活にて応用可能な哲学・倫理学を主に学びたい」とのことでしたので、大学以外の側面からお答えしてみました。
ご参考にならずすみません。

補足に対して追記させて頂きます。

(1)西洋文化における哲学史
⇒ギリシャなど哲学の萌芽からキリスト教の発展、イスラム教の流入、科学技術と思想などでしょうか。
 ニーチェとかハイデガーとか、特に学びたい人物がいるわけでなければ、この辺は大学で追究せずとも、読書で補えるかも知れません。

ただし、

(2)二者択一の環境下において人はどのような価値判断を行い行動するのか?
 ⇒これを学ばれるのでしたら、最適なのはギリシャ系列かと思われます。(デカルト以前という意味で)
 プラトン...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報