人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

ジェンキンスさんは北へ自らの意思で脱走し、北の共産主義に賛同したと言われていますが、そのような人が日本で暮らしたいのでしょうか?
曽我さんは日本で暮らしたいと願っているとのことですが、もしジェンキンスさんと曽我さんの住みたい場所が違ったらどうなるのでしょうか?

またジェンキンスさんは北で特権階級で扱われていたそうですが、横山めぐみさんなど死亡とされてしまった人との違いはなんだったのでしょうか?彼女達も北ではきちんと特権階級のように生活を保障してくれていたのでしょうか?

どうして帰ってこれる人とこれない人がいるの?

曽我さんをはじめ拉致被害者すべての人が戻ってこれるように祈るばかりですが、最近の報道を見ていると脱走兵のジェンキンスさんの救出(?)には一生懸命だけど、死亡とされた人たちの救出は放置されているように思えてしまいます。これで幕引きになるのでしょうか?

今の疑問をとりとめもなく書いてしまいましたが、お暇な方お返事下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> これで幕引きになるのでしょうか?



他の問題に関しては回答者の皆さんとほぼ同意見なので、この件に関して。

まず、日朝国交正常化は小泉首相が歴史に名を残すという個人的な野望から出た発想といわれています。
ノーベル平和賞を狙っていると一部論じられていますし。

つまり彼にとっては拉致被害者問題は耳障りな問題に過ぎないということです。

とにかくその耳障りな世論を押さえ込む為に、残り10名の捜索を形だけでも行う可能性は低くないかも知れません。

しかし、世論の興味が低い100名とも200名とも指摘されている特定失踪者問題は、偶然発見されたとしても、世論の再燃を恐れる両政府に完全に黙殺される可能性が極めて高いと思います。

ジェンキンス氏との対面も『参院選前』に実現できたことですし、後はうやむやの内に幕引きでしょう。

家族会も、政府と癒着したマスコミの世論誘導により激しくバッシングされましたし、もうこれ以上何もいえないと思います。
最近静かでしょ?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんな風な幕引きだけは絶対だめだと思っています。
今でも北朝鮮のどこかで助けを待っている被害者がいると思うと、政治の思惑で未解決になるのは・・

おへんじありがとうございました

お礼日時:2004/07/12 14:02

ジェンキンス氏の問題は、北朝鮮に渡った真意を本人に直接聴いてみないと、何ともわかりません。



ただ、横田めぐみさんとの違いは、強制的に北朝鮮に連れてこられたわけではない、点にあります。

こと外交交渉、とりわけ日朝交渉に関する限り、マスコミで報道されていることが全てではない点にも注目されるとよいかと思います。
外交交渉は、取り引き(駆け引き)であるため、最初から日本、アメリカ、北朝鮮とも全ての情報を公開しているわけではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます
報道ででてない取引は確かにあるとおもいます
いい方向にむかうように期待しながら見守ってみます

お返事ありがとうございました

お礼日時:2004/07/12 13:56

こんにちわ、jixyoji-ですσ(^^)。



●ジェンキンスさんは北へ自らの意思で脱走し、北の共産主義に賛同したと言われていますが、そのような人が日本で暮らしたいのでしょうか?

これは本人でないとわからない問題ですね。

●曽我さんは日本で暮らしたいと願っているとのことですが、もしジェンキンスさんと曽我さんの住みたい場所が違ったらどうなるのでしょうか?

2人でどうするか決めてもらうしかないでしょう。

●またジェンキンスさんは北で特権階級で扱われていたそうですが、横山めぐみさんなど死亡とされてしまった人との違いはなんだったのでしょうか?

「横田めぐみさん」
http://trycomp.oc.to/jokyo/02.html

popo22さんのおっしゃっているのは横山めぐみではなく『横田めぐみ』だと思うのですが...。それに"死亡"というのはあくまで北朝鮮側が言っているのであってとても死んだという根拠が乏しいです。わざわざ北朝鮮まで拉致して殺す動機も曖昧です。

●彼女達も北ではきちんと特権階級のように生活を保障してくれていたのでしょうか?

各種報道を見るとそうなのでしょうが実際それを立証できるものは少ないと思います。

●どうして帰ってこれる人とこれない人がいるの?

北朝鮮の中枢に入りすぎている為に日本に戻るとばれては困る内情を知っているからでしょう。特に日本に送り込んでいるスパイなどの顔と名前がわかっているんでしょうね。なぜなら横田めぐみさんは北朝鮮軍事大学で日本語を教えるなどしているのでスパイ養成に一役かっています。そういった点で返せるものも返せないのでしょう。

●曽我さんをはじめ拉致被害者すべての人が戻ってこれるように祈るばかりですが、最近の報道を見ていると脱走兵のジェンキンスさんの救出(?)には一生懸命だけど、死亡とされた人たちの救出は放置されているように思えてしまいます。これで幕引きになるのでしょうか?

そうは思いません。そんな事をすればマスコミの餌食でしょうし拉致被害は日本で年金に匹敵する関心事になっています。政治家がこれで幕を引けば世論が黙ってはいませんね。

それではよりよいネット環境をm(._.)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
逆に言えば、死亡とされた人たちを一人でも何とか奪還できれば、大きくこの拉致事件の全貌とか北の制度が解明できそうですね。ジェンキンスさんもその一歩となるのか・・見守っていくしかないようですね

お礼日時:2004/07/12 14:09

世の中で気の毒な方は沢山存在しますよね。


ところで、何かの犠牲で亡くなったり傷ついた子供についてのニュースが毎日のように報じられていますが彼らのその後はどうなったのでしょうか?
サリン事件の犠牲者たちのその後はどうなったのでしょうか?
エイズは近頃報じられていませんがどうなったのでしょうか?
何かが注目されると何か別の事柄が視野からはずれていく気がしますね。

拉致被害者の方々の問題は、政治家が国民の目を他に逸らさせようとする思いからスタートしたのではないでしょうか?スタートはどうあれ、私たち一人一人が彼らの事を忘れなければ拉致問題は解決に向かう事と思います。しかしながら、気がつかない内に他の気の毒な人達を視野の外においているのではないか?そう思います。

曽我さんの問題の複雑さは家族が三者三様だからでしょう。子供達は反日のような事を書いているメディアがありましたが、北朝鮮の教育を受けてきたのですから、当然です。彼女達の祖国は北朝鮮なのです。曽我ひとみさんにとっては、日本が祖国ですね。ジェンキンスさんは自分の意思で北にいった人です。
解決策として4人には日本でもアメリカでも北朝鮮でもないところで暮らしてもらうしかないのかな?と思います。

帰ってこれる人とこれない人がいるのは、それだけ安定していない国だからでしょう。一番偉い人イコール全てを指示し、把握している人とはかぎらないし不可能だと思います。拉致された人の一部が日本に帰国できた報道を知っている北朝鮮人がどのくらいいるでしょうか?中国残留孤児とは訳が違います。外国から援助を得るための材料になってしまっている内は難しいのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北の体制が崩壊しない限りむずかしいのかもしれないですね。
お返事ありがとうございます

お礼日時:2004/07/12 14:04

ジェンキンスさんは自ら北に渡り、報道によると現在は特権階級の身分で生活されているのだから、日本で生活した場合の生活レベルのギャップは大きいと思います。



北は、現在の妻である曾我ひとみさんを拉致し、ひとみさんの人生を狂わした国家であることをジェンキンスさんがどのように受け止めて対応するのかにかかってくるでしょう。
北が拉致しなければ、今の妻とはめぐり合えなかったと思うか。
妻は悲しい思いをしたけどこれからは自分が幸せにする。それには北が一番と思うか。
特権階級を捨てて、妻が望む自由な国で生きるか。
ゆっくりと家族みんなで相談し結論を出してほしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。
どんな結果が出るのか今は想像もできませんが、いい方向で解決してほしいなあっとおもいます

お礼日時:2004/07/12 14:06

共産社会主義国家、特に北朝鮮の場合は自分の意見を持つ事が出来ません。


もちろん公にそれを言う事が出来るのは、主席だけでしょう。
なので、ジェンキンス氏の真意は彼にしか分からない事なのです。

拉致された方の中には、特別待遇の方も居たでしょうし、そうで無い人も居たでしょう。
しかしこれも神秘のヴェールに包まれていて、確実な情報が無いのげ現状かもしれません。
憶測だったら、いくつも存在しますが。。。

また、マスコミ報道がジェンキンス氏の話題に触れてるだけで、
その他の方が野放しと言う事は無いでしょう。
マスコミに報道されない、水面下の取引はいろいろあるみたいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
蒸し暑くて眠れず、つらつらと質問をしてしまいました。お返事ありがとうございます。

たしかに、ジェンキンスさんは本心はいえないということもありえますね。だからジャカルタで、ということなのですね。なるほど。

神秘のベールを知るには国交正常化するしかないのかなあ、やっぱり。。

水面下で全員の救出大作戦をしてくれているのかもしれないのですね。確かに表立ってはできないからいえないのでしょうか。。外務省の腕の見せ所ですね。がんばって欲しいです。

お礼日時:2004/07/10 04:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング