忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

素人ですが専門家の方のご意見をお伺いいたしたく・・・。

「慣習的に行われていることと,法律とが合致しない場合,どちらが優先されるか?」という質問です。
(こういう場面はしばしばあります)
以前は「当然法律が上だ」と思っていたのですが,最近「それはおかしい,国民の大多数がやっていることなら,それは法律自体がおかしいのだ」と思うようになりました。

本日の新聞に掲載された「強制連行西松訴訟判決」を見て,その意を強くしました。
高裁は「時効は認める(法は成立する)が,損害賠償は必要」と判決しています。

これなど法律(時効)よりも,正義(慣習)が上だ,ということではないでしょうか?
この考え方がなければ,とうてい理解できません。
ただし一般的には,慣習を立証することが難しいから法律で決められる(裁かれる)ことが多いのではないでしょうか?
専門家の方のご意見をお伺いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

#7です。

お礼欄で追加の質問を頂きましたので、回答させていただきます。
援用が必要なのは民法上の時効です。
刑法上の公訴時効とは異なります。
これは時効制度の制度趣旨と深く関連した話になるのですが、まずなぜ時効という制度があるのかというと、「古い話は証拠も残っていないし、わからない」からです。
そのため、民法では昔の話で損害賠償請求訴訟を起こされた場合に、「もうxx年経っているから時効だ」と主張するだけで、その請求をはねつけることができるのです。これが時効の援用です。この場合に、事実関係が明かであるか、あるいは時間の経過の責任が請求を受けた側(今回は国)にあって、時効の援用が権利の濫用にあたる場合は、時効の援用が許されない場合もあるのです。
刑法の場合はどうでしょうか?
刑法では「疑わしきは罰せず」という考えが根本にあります。これは1人の冤罪を免れる為に、100人の犯罪者の野に放つこともいとわないという考え方です。
そのため、一定期間が経過して、有罪あるいは無罪の立証が難しくなると、検察官は容疑者を公訴することができません。昔の話では当事者の記憶もあいまいですし、容疑者が不在証明をすることも難しく、冤罪の可能性が大きくなってしまうからです。

今回の裁判は民法上の不法行為の話ですから、損害賠償を免れるためには援用が必要であるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。
さすが・・・と思います。
有難うございました。
今後ともよろしくお願いいたします。

お礼日時:2004/07/11 18:34

>1.例えば,犯罪を犯した人が逃げ回り,時効が成立 した時点で社会復帰しようとしたとき,自分で「時効の援用」を公けにしないと,社会復帰はできない ですか?


>2.このときに,「権利の濫用」を適用されて,犯罪者になる可能性はありますか?

1について、「社会復帰」という言葉自体が法律用語でもなく、法的手続きにより直接実現されることではないので、説明できません。
ただ、刑事、民事の訴訟提起期日で失効するだけであり、検察官、弁護士、裁判所事務職員の手間が省けるという程度です。

社会が認めるかどうかの話です。どうですか?

2ですが、刑法は、「罪刑法定主義」をとっているといわれています。根拠は、憲法三十一条[法定手続きの保障]です。これにより、解釈論で、適用範囲を拡大したり、特別論を持ち出し、これを適用するということに対し、否定的です。(不正アクセス防止法などのように、立法を待つ)
しかし、過去に、「テロリストの要求に屈し、収監者を放逐する。」ということがありました。『超法規的措置』といわれています。

この回答への補足

「社会復帰」という表現が適当でないなら謝ります。
では何と言ったらよいでしょうか・・・。
要は「時効が成立しても,それだけではダメで,本人が,「時効の援用」を主張しなければ「晴れて・・・」とはならないのか?」というお尋ねです。

西松訴訟の判決で,高裁は「時効の成立は認めるが,これを援用(行使?)することは,権利の濫用にあたる」と判決しています。
ここから始まった話です。

補足日時:2004/07/11 18:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。
foeittaさんのご説明で納得しました。
それにつけても,今回の判決はど素人には理解に苦しむ判決だったと思っています。
有難うございました。

お礼日時:2004/07/11 18:36

「強制連行云々」については存じませんが、ここでは、「慣習と法律」について述べたいと思います。

法律には、「任意規定」と「強行規定」とがあり、「強行規定」とはその規定と異なる事を、当事者が決めてもダメで、あくまでその「強行規定」に従わなければなりませんが、「任意規定」と異なることを当事者が決めると、その合意に従う事になります。つまり、「任意規定」とは公序良俗に反しない規定であり、当事者がそれを変えることが出来る規定なわけです。そして、その「任意規定」と異なる「慣習」がある場合、どうなるのか、という事なのですが、まず、「法例2条」に、「公序良俗に反しない慣習は、法令で認めたもの、及び法令に規定の無いものに限り、法律と同一の効力を有する」と定めています。つまり、簡単に言えば、法律と異ならないまたは法律に規定の無い慣習に限って、法律と同等になる、といっています。ところが、民法92条では、「任意規定」と異なる慣習がある場合に、当事者が慣習に従うとする意思があれば、その慣習に従う」と規定されています。つまり、「任意規定」については、法例2条では「任意規定」が優先し、民法92条では「慣習」が優先する、ということを言っていて、互いに逆の事を言ったいるわけです。ですから、これについては、学説が対立しています。では、実際の裁判等ではどうするのかといえば、どちらを採用したほうが「紛争解決になるか」・「被害者救済になるか」・「公平な判断になるか」等、事例により変えていると思われますし、それがまた、法律独特の性格でもあると思われます。ですから重複しますが、「法律が優先」するのか「慣習が優先」するのかは、画一的に判断する事は出来ず、個々の事例によりその判断を変えている、ということになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2004/07/11 18:15

#6です。


これまでの判決は、「除斥期間の拡大解釈」を避ける判決のようですね。
これは、今後の同様な、除斥期間の解釈を求める訴訟の基準となりそうですね。

ある意味、提訴期限の厳密、厳守となるのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2004/07/11 18:37

時効の成立と時効の援用は区別して考える必要があります。


時効は時間だけ経過すればかってに債務が消滅するという便利な仕組みではありません。
必要な時間が経過しても債務者が「援用」しなければ意味がないわけです。
今回は債務者である国が時効を「援用」することが権利濫用(民法1条3項)にあたるので、認められないという話ですよね。
時効の援用が権利濫用にあたるとして認められないというのは過去の判例にもあります。

この回答への補足

裁判に係っている人たちの考え方というのは,一般民間人の考えとは凡そ異なった世界にあり,
到底ジョーシキでは理解出来ないと,つくづく思います。
そろそろ締め切りたいと思っていますが,最後に下記に絞ってお答えいただけませんでしょうか?

1.例えば,犯罪を犯した人が逃げ回り,時効が成立 した時点で社会復帰しようとしたとき,自分で「時効の援用」を公けにしないと,社会復帰はできない ですか?
2.このときに,「権利の濫用」を適用されて,犯罪者になる可能性はありますか?
(可能性(ご見解)だけで結構ですが,勿論判例があればそれに越したことはありません)

補足日時:2004/07/11 11:34
    • good
    • 0

パターンとして考えられます。



(1)時効(除斥)を認ない 賠償する   解釈的に妥当(時効の拡大解釈)
(2)時効(除斥)を認ない 賠償しない  矛盾?

(3)時効(除斥)を認める 賠償する   今回の判決
(4)時効(除斥)を認める 賠償しない  法的に妥当判決(被告勝利)

となります。

「特段の事情論」・「特別の事情論」は、裁判管轄でも論じられます。
たとえば、日本人が海外で国外航空会社の航空機事故に遭った場合、日本の裁判所に提起できるか?というようなことです。
基本的には、海外で提起するものです。(証拠、捜査機関ともに海外のものだから。)
    • good
    • 0

こんにちは。



新聞に載っている西松訴訟判決の要旨しかわからないのですが、
判決は、被告(会社側)が時効の権利を主張することが、権利の乱用にあたり、
損害賠償責任を負うと結論づけていますよね。

この判決は、この権利の乱用にあたるかどうかの判断基準を、
「(権利を消滅させることが)著しく正義・公平・条理などに反すると認めるべき特段の事情がある場合」としていますね。



この言い回しから自分がおもうのは、
民法の一般原則である民法1条1項~3項(信義則や権利濫用)です。
これら条項の成り立ちは、社会一般のひとたちが共有意識からして、
事件で争点になった権利の行使するのは行き過ぎている、とてもじゃないが認められない
ということを背景にしています。

もし、裁判所がこの条文を使ったとすれば、
時効が成立していて(被告=会社)の債務は消滅する。
けれど、いったんこうして認められたこの「権利」を(原告に)主張することは、
民法がさだめる権利濫用にあたり、
認められないということだとおもいます。

かりに、法的に認められた権利がそもそもない(権利の不存在)としたら、
この民法の一般原則を適用できませんし、
(要旨を読むだけで正確ではないですが)「消滅時効が成立する」ということも理解できませんし。



そうだとすると、法律上存在しない視点から、
判決が結論づけているわけではないとおもいますよ。

民事事件では、白黒はっきり規定されていない、
さきほど書いた民法の基本的な条文を使って、事件の打開を図ることも多いです。

法律は学生時代にかじっただけなので、自信もないのですが、
新聞の要旨だけを読むと、こう思いました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2004/07/11 18:42

#3です。

もう少しだけ。

日本の民事裁判における救済法は、「現物」の移転と、「金銭賠償」です。
また、判決の効力は、宣言された内容のみで、予定賠償(見込み判決)は出来ません。
ですから、過去の公害訴訟などでも、金銭による賠償で、「逸失利益」と記されます。

いわば、無理に判決すれば、今後のインフレ(物価上昇)に対応できないのです。

法は、これを解決するために、「裁判外紛争処理制度」:「ADR」によって答えを導き出そうとしています。
ADRの具体的内容は、(1)和解(2)調停(3)仲裁というものです。
(2)(3)については、自分で調べてください。

過去の訴訟において、裁判から、当事者の譲歩と話し合いによる解決を探るという、民事訴訟法89条「和解の試み」があります。
実際、水俣訴訟の場合、「和解の勧試」がなされ、企業側が「基金」を設立し、そこから費用を支出する、という方式になりました。

この回答への補足

有難うございました。
新聞記事によると「判決は時効の成立を認めた」とあります。
(ここが理解に苦しむところです。時効が成立しているのに,ナゼ損害賠償しなければならないか・・・)

補足日時:2004/07/10 22:48
    • good
    • 0

>慣習と法律とどちらが優先?



法律を学ぶものであれば、必ずといっていいほど、ぶち当たる問題です。

類題に「J隊、合憲・違憲論」です。

法(裁判所)は、こういった論議を「回避」します。直接真正面から判断しません。
J隊については、国家のあり方「国体論」ともからみ、一片の国家機関で判断できる問題ではないからです。

さて、tadamaru2004さんが気になさっている「強制連行西松訴訟判決」ですが、判決文を読んでいないのでなんともいえないのですが、「時効の停止」:こういった考え方が、答えの一助になるかもしれません。

ある人に、何か請求する権利があるのに、いつまでたっても求めてこない。
「ケーキ買っておいたけど、食べにおいでよ」。。。半年後、突然「ケーキくれ。」
これでは、生活の安定性が損なわれるとして、「消滅時効」:請求できなくなる という考え方を定めています。

これとは逆に、請求出来る期間を長く取る考え方「時効の停止」です。
刑法に、犯人が、国外へ逃げ、日本の警察権がおよびにくい状態のときは、その期間、期間への算入が停止します。
    • good
    • 0

行政書士有資格者で独立開業準備中です。


一般的な「法源論」に基づく定説と呼ばれる解釈では、法令>慣習法>判例法の順です。以下がその論拠概略です。
1イギリス、アメリカ系統の法に代表される英米法諸国では、個々の事件の判例や慣習によって法は発展し、それは法典という形をとらず、また文字に書かれないものであった=不文法  
2これに対してドイツ、フランス系統の法に代表される大陸法諸国では、法は文字、支章で表現され、文章の形式をそなえた方法をとってきた=成文法  
3その意味では、英米法諸国の法源は、判例法・慣習法(不文法主義)であり、大陸法諸国の法源は、制定法(成文法主義)である。
4ただし、不文法主義の英米法諸国においても、高度な資本主義の発展により、社会構造そのものが複雑になってきている昨今、そこからかもし出される新しい諸問題に対して、過去の慣習や判例ではとうてい規律しえない事態が発生するにつれて、それに対処するために成文法主義の当然の帰結である法典編纂がなされ、特別立法が続々と制定されて、成文法が漸次増加しているのが現状である。
5成文法主義の大陸法諸国においても、成文法だけではすべての社会現象を視律することは不可能で、慣習や判例にたよらざるを得ない事態が存在し、慣習法や判例法も、成文法(法典)を補充する意味で重要な意義を有している。
6したがって英米法諸国においては、不文法である慣習法や判例法が法源の首位におかれ、大陸法諸国では、法典である成文法が法源の首位におかれるという相対的意味において埋解されなければならない。
7それ故に、大陸法系統に属し、今日大多数の国がそうであるように、成文法主義に立脚している日本の法源には、まずその首位に国家が定立した(国会等が制定した)法律(制定法)があり、その次に慣習法、それに判例法が続くことになる。

参考サイト
法律入門 http://www.arsmall.co.jp/law/law/houritsu.htm

参考URL:http://www.arsmall.co.jp/law/law/houritsu.htm

この回答への補足

有難うございました。
アメリカ,イギリスでは,慣習が成文法より,上にある(場合もある)と解釈してよろしいですか?

補足日時:2004/07/10 22:55
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

お礼日時:2004/07/11 18:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q慣習法は成文法に優先するのか(国会答弁より)

お断りしておきます、イデオロギーや政党支持は無関係です。

先日の参院予算委員会で山谷えり子氏が民主党の各議員が国旗国歌法案に反対した事を取り上げその理由を正しました。
その中で枝野官房長官は日の丸、君が代は国旗国歌としてあまりにも当たり前で慣習法として定着している、改めて法律にするのは慣習法を弱めるので反対した。
と答弁しました。
昔何でも反対の野党の時の話であり今なら別の立場をとったでしょう、
だから苦し紛れの屁理屈とおもいますが、それにしても、
枝野長官は質問通告を受けており前もって答えを用意しています、また自分は法律家であると前置きしています。

慣習法は成文法に優先するものなのですか、そうだとすると他にどのような慣習法があるのでしょうか?
また成文法は誰でも判りますが慣習法は判りにくいですが、何か判りやすい例があれば教えてください

Aベストアンサー

「慣習法を弱める」との表現は、もし枝野氏に100%味方して解釈すれば、「慣習法というのは要するに誰に強制されるでもなく皆が自発的に「こうしましょう」という状態が続いてそれが法律と同等のレベルになったもので、それを法律という形で上からの強制にしてしまうと、せっかく慣習法として根付いているのが、要らぬ反論・反感を呼んで守られなくなってしまうかもしれない(現憲法だって「押し付けだった」という理由で改正しようという議論があるわけですから)、従って、法律で強制せず、慣習法のままでやっていくほうがよい、法律にするとかえって効果が薄れる(弱くなる)おそれがある」、こういう意味ではないでしょうか。


ま、いずれにしても苦しいとは思います。


天皇の地位は憲法に定めがあるので慣習法ではありません。

Q慣習法 判例法 が分らず困っております。

政治経済を勉強しているのですが政治の分野で分らない部分があるので質問しようとおもいましたがカテゴリーの中になかったのでこのカテゴリーに質問さして頂きます。


法には自然法と実定法があって
実定法には成分法と不文法があり
不文法には慣習法 と 判例法などがあるようですがこの慣習法と判例法がうまくイメージできません。

ネット検索で「慣習法 例」「判例法 例」で探してもでてきませんし

この2つを自分にもわかるようにできれば具体的な例も交えて教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

専門家ではありませんが、法律は嫌いでは無いので今までに読んだ事例を脚色して、例を書きます
・慣習法
『弁護始末記 17』(http://www.npb.go.jp/ja/books/mokuroku/_380301.html)という書籍にでてきたのですが、「こさがり」と言う慣習があります。これは、地方によって意味合いが異なるとはおもいますが、邪魔な草や枝を刈る行為のことです。
さて、ある村に住むAは山林を持っておりました。その山林に隣接する畑をBが所有しており、Bは慣習に従い、畑に接する山林の下草を刈り、枝を取り除いておったのです。しかし、突然の病でBは死亡し、よそから来た娘婿のCが畑を相続したことが問題の発端です。
Cが畑を相続した数年後、Aが山林を見に行くと、畑が山林まで広がっています。AはCに文句を言いましたが、Cは『親父が生きていた時から、俺は毎年この位置まで土地を使用してきた。今まで畑として使わなかったのは、お宅の山にある木が邪魔をして、日が当たらない為だ。ここまでが俺の土地だ!「こさがり」って何なんだよ。イチャモン付けるな』となり、民事訴訟へ発展。色々有って、A側の代理人となった弁護士は『こさがり』についての文献等を提出する事で、「こさがり」という慣習は存在し、民法の時効取得より優先されるとなったのです。

・判例法
米国の司法小説を読むと、判事は『この答弁の根拠は何処かの判例ですか』と問い、弁護士や検事は「××州▲裁判所●●事件です」と答えている場面があります。つまり過去に出された判例を踏襲し、同類の事件に対する判決は同じようにしていくのです。
日本でも殺人事件が起きると、『死刑を求刑する場合には、最高裁判例が適用され・・・と言う事は、今回の事件においては、条件に当てはまらないが、』このような解説等を読んだ事御座いませんか?

専門家ではありませんが、法律は嫌いでは無いので今までに読んだ事例を脚色して、例を書きます
・慣習法
『弁護始末記 17』(http://www.npb.go.jp/ja/books/mokuroku/_380301.html)という書籍にでてきたのですが、「こさがり」と言う慣習があります。これは、地方によって意味合いが異なるとはおもいますが、邪魔な草や枝を刈る行為のことです。
さて、ある村に住むAは山林を持っておりました。その山林に隣接する畑をBが所有しており、Bは慣習に従い、畑に接する山林の下草を刈り、枝を取り除いておった...続きを読む

Q法と道徳ってどう違うのでしょうか?

法と道徳ってどう違うのでしょうか?

200文字以上で、例など出して頂けると助かります。
同じところは、社会規範。
違うところは、強制力。
そんな感じだとは思うのですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問するまでもなく、質問主のおっしゃることそのものが回答になっております。

両方とも社会規範で強制力が違いますよね。そのとおりです。

道徳なしで法律は作られることはまずありえませんから、社会規範として共通していますよね。
殺人や盗み、破壊行為などはもちろん犯罪ですが、それ以前に人として反していることですよね?だからこそ法律は存在しており、両方とも「人間のあるべき姿の実現」や「社会秩序の維持」を目的としています。

しかしながら同じ目的で存在しながらも、道徳の場合は「リンチ(私刑)」を食らわない限り、罰則規定がありません。ここで強制力の違いが見えてきますよね?

もっと具体的な内容に迫ると、裁判官が判決を下す際はまず適合する法規がないか探し出します。
いろいろ検討した結果、それでも見つからない場合は最終的に裁判官が持ち合わせている常識や良識、道徳で判決を下すことになっております。

両方とも同じ社会規範でも、物事に適合させるための優先順位は法律がまず優先されます。
この点で優先順位(つまり強制力)が違うことがわかりますよね?

最後に決定的な例を出しましょう。
その国で生まれた以上その人間は、その国に存在している約束(法律)を強制的に結ばされることになります。
嫌ならその「他の国に出て行け」ということになります。これが「亡命」であったり、「国外逃亡」であったりするわけです。

一方道徳は世間一般に存在しているものなので、本人が気にしなければ別段守らなくてもかまわないものなのです。

質問するまでもなく、質問主のおっしゃることそのものが回答になっております。

両方とも社会規範で強制力が違いますよね。そのとおりです。

道徳なしで法律は作られることはまずありえませんから、社会規範として共通していますよね。
殺人や盗み、破壊行為などはもちろん犯罪ですが、それ以前に人として反していることですよね?だからこそ法律は存在しており、両方とも「人間のあるべき姿の実現」や「社会秩序の維持」を目的としています。

しかしながら同じ目的で存在しながらも、道徳の場合は「リンチ(私...続きを読む

Q慣習法の意義

大学の通信教育で、法律を学んでいるのですが、法学の課題で、
「慣習法の意義について論じなさい」というのが、あります。
教科書や参考書やネットで、調べてもなかなか、糸口が見出せないので、ヒントか、参考となる本だけでもいいので、教えて頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

大学教養科目のレベルの話でしょうか。

「慣習法の意義」ですから、
そもそも慣習法とは何か、あるいはどのように成立した(している)のか、
慣習法が制定法によって効力を認められる場合(商法1条2項、法の適用に関する通則法3条等)があるがそれはなぜか、
制定法と慣習法の関係、
などを押さえておけば、それほど論述は難しくないと思います。

高度に専門的なことが要求されているのでなければ、
教科書や、教科書に載っている参考書などの「法源」や「裁判基準」などについて書かれている部分を、
一通り読めば大丈夫と思います。

もっと具体的に分からないことがあれば、また訊いてください。

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q客観的危険説と具体的危険説について

試験で、事例問題が出題されるようなので、いろいろ調べていると、
判断基準に客観的危険説と具体的危険説とがありました。
私自身は、具体的危険説を支持したいと考え理由として「判例だから」や「通説だから」などを考えたのですが、それではダメなようなのです。他に理由たるものがまったく思いつかない状態なので、お知恵をお貸しいただけないでしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

とりあえず、「不能犯」の論点として。

時間があれば図書館で閲覧・確認していただきたいのですが、私の教科書には、4つの説が挙げられています。

ア)純主観説…思っただけで「未遂」が成立する。
イ)主観的危険説…本人の、行為当時の意思により成否が決まる。
ウ)客観危険説…抽象的・客観的に判断
エ)具体的危険説…行為者の認識していたことと、一般人が認識しえた事情を基礎として、一般人が、危険だと判断されるときに成立する。
-理由-
ア)思想・主観的趣向が強いので×
イ)思い込みでも成立するので×(殺すつもりで薬品を混入したが、薬品に殺害力がない場合)
ウ)判断基準が曖昧× ←判例法的思考の説(事例の集積)
エ)行為者の認識と「一般人を基準」とした判断→汎化した基準が期待できる

といった感じですかね。
ウ)とエ)は区別しにくいと思いますが、ウ)は『危険というカテゴリー』を作り基準とし、事実がそれに当てはまるかどうかを判断し、エ)は、『事実』を、一般人にとって危険かどうか判断するという方法の違いです。
複数の教科書を読み比べて、そのニュアンスの違いを感じて、自分なりに判断してみてください。

とりあえず、「不能犯」の論点として。

時間があれば図書館で閲覧・確認していただきたいのですが、私の教科書には、4つの説が挙げられています。

ア)純主観説…思っただけで「未遂」が成立する。
イ)主観的危険説…本人の、行為当時の意思により成否が決まる。
ウ)客観危険説…抽象的・客観的に判断
エ)具体的危険説…行為者の認識していたことと、一般人が認識しえた事情を基礎として、一般人が、危険だと判断されるときに成立する。
-理由-
ア)思想・主観的趣向が強いので×
イ)思い込みでも成立するの...続きを読む

Q法律を学ぶ意味は?

先ず謝ります。ごめんなさい。
私はほとんど法律の知らない人です。そのせいかもしれませんが、法律を学ぶ人のことがよくわかりません。たとえば大学などで法律を専攻する学生さんがたくさんいますが、どうせ覚えるのだから、4年間大学で学ぶよりも、六法全書でも一冊買って自分でやったほうが安いし早い。

失礼でごめんなさい。法律を学ぶため、本をひたすら覚えるのはオモシロいですか?条文で書かれた文字以外、あと何を学べますか?

無知な私ですが、教えって下さい。m(__)m

Aベストアンサー

私も質問主様とほぼ変わらないくらい法律に無知な人間ですが、書き込み失礼します。

私みたいなのが言うのもなんですが、法律って六法全書を覚えてハイ終了!ってものではない気がします。

だって法律があるのは、人と人とのつながりを円滑にするために作られたものだと思うからです。

六法というのは日本国憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法の6つの事をさし
日本国憲法とは国と人とのありかたを説いたもの。
民法は人と人とのあり方を説いたもの。
商法は民法の商売関係を改良したものだし、
刑法は犯罪を犯した人のためのもので、すべて人に係わることじゃないですか♪(民事訴訟法・刑事訴訟法は勉強不足のため詳しくは知りません(^_^;))

そんな、人に係わる法律が、そんな機械的であるはずがない。あってはならないと思うのです。

それに法律って結構アバウトな部分もあって人によっては解釈も変わるし、だからこそ人の想いが入る余地があるのだと思います。
行列のできる法律相談所をみてもわかるように、そこには人情というものがプラスされることによって、人により判断が変わるのだとおもいます。

第一に法律を目指す人は無実の人困ってる人を救いたい(弁護士)とか、
悪いことをした人にはしっかり罪を認めてもらい更生してもらいたい(検察官)とか、
公正な眼をもってその人を判断したい(裁判官)などの思いがあり、それを実現させるための武器を手に入れているわけです。
(坂本竜馬も刀を捨て法律の本に持ち変えました♪)

学校ではただ法律の本を読んで覚えて暗記してを繰り返しているのではなく、裁判などいろんなケースをテーマに話し合いがあったりするですよね。(月9ドラマでそんなのあったような…)

回答としては、

本をひたすら覚えるのはオモシロいですか?
頭のバカな私には面白くないどころか理解するのも無理です。頭のいい方たちも覚えること自体は面白くはないと思います。が、覚えてからに意味があると思います。
条文で書かれた文字以外、あと何を学べますか?
といわれれば人間関係を学べると思います!!

長文すいませんでした(^_^;)

私も質問主様とほぼ変わらないくらい法律に無知な人間ですが、書き込み失礼します。

私みたいなのが言うのもなんですが、法律って六法全書を覚えてハイ終了!ってものではない気がします。

だって法律があるのは、人と人とのつながりを円滑にするために作られたものだと思うからです。

六法というのは日本国憲法・民法・商法・刑法・民事訴訟法・刑事訴訟法の6つの事をさし
日本国憲法とは国と人とのありかたを説いたもの。
民法は人と人とのあり方を説いたもの。
商法は民法の商売関係を改良したもの...続きを読む

Q長生きは良い事ですか?

心情的観点を抜きにして書きます。

人間が長生きする事による経済的メリットは皆無で、むしろ国家の負担が増えるだけだと思います。
長生きを「良い事」のようにしている風習があるかと思いますが、ボケるし身体も壊れてくるし本人にとっても良い事ばっかりじゃありません。

今後、医学進歩などで長寿命化が進むと、
終身まで国が面倒を見ていくのが困難になります。
(今でもかなり困難のようです)。

それでも日本は、やはり長生きを推奨していくべきでしょうか?

Aベストアンサー

あるところに介護の必要な老夫婦と、その子供夫妻と、孫夫妻が住んでいました。
孫夫妻はそろそろ子供がほしい年代です。
しかし、この家庭はあまり豊かといえず、老夫婦の介護か孫夫妻の子育てかどちらかしかできません。
老夫婦は介護が必要とはいえ手厚く介護をすればあと10年以上は生きられる年であり、しかしそのあとに孫夫妻が子供を生むのは遅すぎます。
この場合、老夫婦の介護と孫夫妻の子供、どちらを優先するべきなのでしょうか?
そして孫夫妻が子供を生まなかった場合、子供夫妻の介護は、そして孫夫妻の介護は誰がやるべきなのでしょうか?

今の日本をひとつの家庭に例えると、こんな感じになると思います。
老夫婦の介護を優先しているのが今の現状です。
予算の配分や世の中のニュースの優先度を見れば分かると思います。

「姥捨て山」のような状態は、世界中で発生してます。
又聞きなので国名までは挙げませんが、ヨーロッパで「日本より福祉が手厚い」と言われている国では日本ほど手厚い介護をしなかったり医療を制限したりしています。
日本ではそんなことが許されないので、平均寿命はおのずと他国より高くなります。

老人を見捨てて若者が老人のことを気にせず生きることと、老人を見捨てずに若者が全て負担を強いられること。
どちらが幸福なんでしょうね?

人は必ず死にます。
しかし、お金と時間をかければその命を永らえることができます。
自然に任せて天寿を全うすることと、お金をかけて命を永らえて年少者にかける医療費を削ることと、どちらが幸せなんでしょうか。

上の例えで私は孫世代に当たります。
この問題提起は私が親から与えられたものです。
答えはきっと「どちらが正しいか分からない」になるとは思いますが、それでも現実から目をそむけずに考えることが一番正しいと思います。

「日本政府は・・・」なんて人のせいにしているのが、目をそむけている一番の例です。
結局最後に選ぶのは、自分自身なんですから。

あるところに介護の必要な老夫婦と、その子供夫妻と、孫夫妻が住んでいました。
孫夫妻はそろそろ子供がほしい年代です。
しかし、この家庭はあまり豊かといえず、老夫婦の介護か孫夫妻の子育てかどちらかしかできません。
老夫婦は介護が必要とはいえ手厚く介護をすればあと10年以上は生きられる年であり、しかしそのあとに孫夫妻が子供を生むのは遅すぎます。
この場合、老夫婦の介護と孫夫妻の子供、どちらを優先するべきなのでしょうか?
そして孫夫妻が子供を生まなかった場合、子供夫妻の介護は、そ...続きを読む

Qなぜ、参議院議員の総理大臣はいないのですか?

今回の新総理の野田総理も衆議院議員ですが、なぜ総理大臣になるのは、衆議院議員しかいないのですか?参議院議員では、総理になれないということではないですよね?
知っている方、回答お願いします!

Aベストアンサー

憲法上、参議院議員でも総理大臣になれます。結果的に選ばれていないだけです。

自民党にしろ民主党にしろ首相を目指す人は他の人が回答しているような思惑からか衆院議員になっているようです。参議院議員だった人は途中で衆議院に鞍替えしたりします。

かって公明党や共産党は首班指名選挙で参議院議員の党首に投票しています。

Q冷蔵庫の下の床が濡れます

購入して10年近くになる三菱の冷蔵庫です。

最近、冷蔵庫の下の床が濡れるようになりました。そのとき、冷凍室を見ると、底に薄く氷が張っています(図で青色のところ)。

その氷を取り除くと、2~3日は水漏れ(?)がありませんが、何日か経つと同じ状態になります。

過去の質問を見ると、ドレインのつまりが原因などとありますが、冷蔵庫の各部を覗いてみてもそれらしきものは見当たりません。

修理屋さんに依頼せずに自分で直すことは可能でしょうか。


◎念のため、冷蔵庫の状態を書いておきます。

・冷蔵庫の機能に異常はありません。
・本体の下にある「蒸発皿」はいつも乾いています。
・冷蔵庫内で霜がついているところはありません。
・異音がすることはありません。

Aベストアンサー

sunchildです。補足を頂きましたので再度回答いたします。

三日毎に水が漏れる…と言うのは、霜取りタイマーがそのタイミングで働いているからだと思われます。

タイマーが働いた時に底に溜まった氷を解かしているのです。

霜取りタイマーが定期的に働く事自体は異常でも故障でもありません。

問題は『なぜ底面に水(氷)が溜まってしまうのか』です。

『冷凍室に隙間ができている』と言うのがよくある原因ですので、その旨を回答させていただきましたが、現状を考えるとその可能性は低そうですね。

冬場の現在は製氷機もお使いになってないとの事なら(他の方も回答されていますが)残る可能性は『ドレン詰まり』もしくは『ドレン経路からの水漏れ』です。

ただ、この場合、ドレンホースをご自分で手直しするのは不可能とお考えください。

背面のパネルをはずされておわかりと思いますが、それ以上の分解は素人には不可能ですので、メーカーのサービスセンターへお任せになることをお勧めします。

メーカーに依頼の際に、『ドアの隙間は点検済みである事』、『製氷タンクは空である事』を伝えれば修理の際に二度手間になることもないと思います。

sunchildです。補足を頂きましたので再度回答いたします。

三日毎に水が漏れる…と言うのは、霜取りタイマーがそのタイミングで働いているからだと思われます。

タイマーが働いた時に底に溜まった氷を解かしているのです。

霜取りタイマーが定期的に働く事自体は異常でも故障でもありません。

問題は『なぜ底面に水(氷)が溜まってしまうのか』です。

『冷凍室に隙間ができている』と言うのがよくある原因ですので、その旨を回答させていただきましたが、現状を考えるとその可能性は低そうですね。...続きを読む


人気Q&Aランキング