実験で岩石の分析を原子吸光度計を用いて行いました。
岩石をテフロンビーカーに入れ、塩酸・硝酸・フッ化水素を加えてか熱分解し、最後に飽和ホウ酸溶液を加えて測定しました。
この最後にホウ酸溶液を加える理由がわかりません。
御存じの方、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

岩石の分析の場合、計測目的物質以外に種々の物質があると思います。

しかし、原子吸光では、その種々の物質が、目的物質の分析で妨害物質となる場合があります。

私は水質分析屋ですが、水の場合、妨害物質を抑制する目的で、硝酸パラジウムを添加する場合があり、これをマトリックスモデファイヤーといいます。

ですから、飽和ホウ酸溶液はこのマトリックスモデファイヤーであると思います。

大変自身がないので、他の回答者の方があれば、その意見もご参考にしてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング