実験で岩石の分析を原子吸光度計を用いて行いました。
岩石をテフロンビーカーに入れ、塩酸・硝酸・フッ化水素を加えてか熱分解し、最後に飽和ホウ酸溶液を加えて測定しました。
この最後にホウ酸溶液を加える理由がわかりません。
御存じの方、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

岩石の分析の場合、計測目的物質以外に種々の物質があると思います。

しかし、原子吸光では、その種々の物質が、目的物質の分析で妨害物質となる場合があります。

私は水質分析屋ですが、水の場合、妨害物質を抑制する目的で、硝酸パラジウムを添加する場合があり、これをマトリックスモデファイヤーといいます。

ですから、飽和ホウ酸溶液はこのマトリックスモデファイヤーであると思います。

大変自身がないので、他の回答者の方があれば、その意見もご参考にしてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた

0.5mol/Lの塩酸400mlに8mol/Lの塩酸を加えて、2mol/Lの塩酸を作る。この時加えた8mol/Lの塩酸の量を求めよ。

途中でおかしな方向にいってしまいます、、
教えてください!><

Aベストアンサー

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L = 0.2 mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 L

(2)加えた8mol/Lの塩酸:X (L)
 (溶質)塩酸 8 mol/L * X (L) = 8X mol
 (溶質 + 溶媒)X (L)

(3)できあがった塩酸:(1)と(2)を足したもの。
 (溶質)塩酸 0.2 + 8X mol
 (溶質 + 溶媒)0.4 + X (L)

 これが 2 mol/L になるためには
  (0.2 + 8X)/(0.4 + X) = 2 mol/L
より
  0.2 + 8X = 0.8 + 2X
 → 6X = 0.6
 → X = 0.1 (L) = 100 (mL)

すでに答えは出ているようですが、「濃度」の問題では、

(1)中に溶けているもの(溶質)
(2)溶質を溶かしている「うすめるもの」(溶媒)

の量が必要で、
 (濃度)=(溶質の量)/(溶質 + 溶媒の量)
とうことです。

 常に、「溶質」と「溶媒」の両方の量を明確にすれば、どんな問題にも対応できます。

この問題の場合には、溶質が「mol」単位で、「溶質 + 溶媒の量」が「リットル」ですので、それで統一して明確にしていきます。

(1)0.5mol/Lの塩酸:400ml
 (溶質)塩酸 0.5 mol/L * 0.4 L =...続きを読む

Qケイフッ化物のNa2SiF6から1000ppmのケイ酸塩標準溶液を!!

1000ppmのケイ酸塩標準溶液をつくりたいのですが、どうも頭がこんがらがってしまうので計算方法のヒントなどいただきたいです。Na2SiF6の分子量が188g/molで、これの1000mgが1Lの蒸留水に入っていればいいんですよね?    ?1000mgのNa2SiF6を1Lの蒸留水にとかせばいいってことじゃないですよね?1880mgが1molでそしたらその1000mgは、って考えたら0.532molで、っていう考え方の経緯は間違ってますか?自分の考えていることがよくわからないのでヒントどなたか是非お願いします。

Aベストアンサー

えーと、ケイ酸塩標準液ということですが、そのなかには、ケイ酸イオンが1000ppm入ってるんですか?それともケイ素が1000ppm?
ケイフッ化ナトリウムが1000ppmじゃないですよね。

ケイ酸イオン1000ppmであれば、ケイ酸イオンの分子量から計算して、1000mgが何モルか分かりますよね。そのモル数に相当するケイフッ化ナトリウムを水1Lに溶かせば、OKです。

Q加熱されていなくて、水を加えていない濃硫酸そのものは、酸化力は強いですか?ありますか?弱いですか?な

加熱されていなくて、水を加えていない濃硫酸そのものは、酸化力は強いですか?ありますか?弱いですか?ないですか?

お助け下さい。。。

Aベストアンサー

濃硫酸はさすがに眼に入れたら大騒動、傷口も危ない、でも熱せられていないと反応性は
低く、余りやりたく無いけど手の平にこぼしても「少し嫌な感じ染みるな」程度。
化学屋でも知らない方が多いのですが、濃硫酸は溶媒として最高で、反応してしまったり
酸に弱い物以外何でも解かし、DMSO同様水にあければ溶質を回収可能です。
核磁気共鳴・NMRで良い溶媒が無ければ重硫酸・D2SO4が使えます。

Qリン酸カルシウムに硫酸を加えても反応しないのでは?

二酸化炭素の製法に、石灰石(炭酸カルシウム)に塩酸を加えるというものがありますが、
 CaCO3 + 2HCl → CaCl2 + H2O + CO2
弱酸の遊離反応だからといって硫酸を使うと、
石灰石の表面に不溶性の硫酸カルシウムCaSO4が生じて反応が停止するそうです。

では、過リン酸石灰の製法
 Ca3(PO4)2 + 2H2SO4 → Ca(H2PO4)2 + 2CaSO4
も、Caを含む固体に硫酸を加え、硫酸カルシウムが生じるのに、
反応が停止しないのは何故でしょうか?

Aベストアンサー

wikipedeaには粉末状のリン鉱石を使う、とあります。
体積に比べて表面積が大きければ表面に不溶性の塩が生じても
反応がほとんど進行します。
また、工業規格的には水溶性リンを13%以上含んでいれば
過リン酸石灰と呼べるようなので、反応が完全に進行しなくてもいいようです。
また、リン鉱石 Ca3(PO4)2 もわずかですが水に溶けますので、
肥料と大きく違いのは速効性でしょう。
また、工業的には無駄なエネルギーを使うことになりますが、硫酸には加熱して
反応を進行させるという方法もあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8E%E3%83%AA%E3%83%B3%E9%85%B8%E7%9F%B3%E7%81%B0

Q食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加

食品中の粗タンパク質含有量を求める際、試料に濃硫酸を加えてアミノ基を加熱分解し、硫酸アンモニウム(弱塩基塩)とした後、強塩基を反応させ弱塩基のアンモニアを遊離させ過剰の硫酸で捕集し、
逆滴定で全窒素量を算出して粗タンパク質含有量を求めますが、アンモニアを遊離させるおり、パルナス・ワグナー蒸留装置を使い水蒸気蒸留によって丸底フラスコから水蒸気が発生、そして硫酸アンモニウム+強塩基の入っている蒸留管へ水蒸気が入り、アンモニアが発生して所定量の入った硫酸の受器へ水蒸気と共に冷却され捕集されます。水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、食品中の粗タンパク質含有量を求めるには水蒸気蒸留装置を組まないで、フラスコ、試験管に硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して生じるアンモニアを過剰の硫酸で捕集してはいけないのでしょうか、アンモニアの受器への流れなども関係があるのでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

>水蒸気蒸留は一般に沸点が高いとか熱により酸化・分解する、水にほとんど溶けないような物質を分離する場合に使われることを考えると、

→アンモニアは逆に水に大変溶解しやすい物です。発生したアンモニアを確実に受器まで送るため、水蒸気蒸留します。

>硫酸アンモニウムと強塩基を加えて直接バーナーで加熱して
質問者さんの方法がよくわかりませんが、ケルダール法だと分解液中に水も含まれていますので、直接加熱してアンモニアを完全に捕集しようとすると、溶液を乾固することになりませんか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報