前歯が1本なくてブリッジにした方がよいと言われましたが、
良く調べてみるとブリッジも長持ちしなかったり、支えの歯を抜かなければ
ならなくなったりとリスクもあるようです。

かと言ってインプラントもかなり多くの事故を耳にするし、費用もばかになりません。
ネットを見ていたら「接着性ブリッジ」と言う支えの歯を大きく削らなくて良い
ブリッジの方法があると書いてありました。

これって一般的な物なんですか?どこの歯医者でもやっている療法なのでしょうか?

また、他に良い方法や考えがありましたらお教えください。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していませんので、


あくまでも参考意見としてください。



・接着性ブリッジについて

接着性ブリッジは、確かに保険適用です。
1歯欠損症例において支台歯(支えに使う歯)が
生活歯(神経をとっていない歯)を1本以上使用して、
切削をエナメル質にとどめて装着します。

このため、歯を削る量が少なくてよい方法に見えますが、
咬合圧によっては脱離しやすく、金属部分が見える可能性もあり、
補管(2年以内の不具合は医院の責任でやりかえる)の関係で
歯科医院のリスクがものすごく大きくなることから
積極的にされている歯科医は少ないと思います。



・他に良い方法や考えがありましたらお教えください

義歯に対して拒否感がなければ、まずは歯の切削がほとんどない
1本義歯から試みられてはいかがでしょうか。
お勧めするわけではありませんが、無鉤義歯という
歯を削らないで歯の間に差し込む義歯(自費になります)
もあります。

また、適切に作られたブリッジは長期に安定します。
長持ちしないのは歯周病や設計の不備です。
支えの歯を抜くことになるのは、歯を支える骨が不足するのに
固定源となる支台歯を無理やり1本にした場合などです。

ちなみに、ブリッジの場合は保険と自費では上物が違うだけで
基本的な設計は同じ。
むしろ自費のほうが切削量が多いなどの欠点もあります。
「保険は長持ちしないが自費だと長持ちする」という歯科医は、
「保険は儲からないから手抜きします」と告白しているので
ご注意ください。



お大事になさってください。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 接着ブリッジ<歯と歯肉の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    接着ブリッジとは  歯に対して修復物を装着するために用いられる一般的な材料(セメント)は、修復物や歯に対し直接接着性をもつものではなく、それらとセメントとの間に生じる摩擦力の効果を期待して修復物を保持しています。  これに対し、歯質や金属などの修復物の表面に直接接着する材料(接着性レジンセメント)の研究が進められることにより、従来の方法とは少し異なった形態での修復が行われるようになりました。 利点...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接着ブリッジってなぜ一般的じゃないのですか?

接着ブリッジってなぜ一般的じゃないのですか?

接着ブリッジは、歯をあまり削らなくてすむと聞きます。

しかし、歯医者にいくと、ブリッジのことはよく聞きますが、接着ブリッジのことはあまり耳にしません。
やはり適応がかなり限定されるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.現状の接着技術では脱離しやすい。
2.歯を削る量が少ないため、金属の厚みが出てしまい
  感覚的に良くない事が多い
3.ブリッジの場合は保険診療では2年間保証しなさいとなって
  いるが2年持たないケースが多々あり、もともと利益がほとんど
  ない保険診療のためやり直せば赤字、つまり接着性ブリッジは
  歯科医院としてみれば利益の出ないボランティアの赤字診療
  (患者個人個人では長持ちする症例もあるだろうが提供者として
   グロスで考えると赤字)
4.症例が限られるためトレーニングが十分にならず技術的に
  自信がない
5.インプラントの予知性が高まり十分な治療ができるように
  なっため接着性ブリッジよりインプラントというより
  他の歯に負担のかからない(隣在歯だけでなく全体に対し)
  治療が存在することになり、接着性ブリッジの存在意義が
  薄れたため

以上五点の複合的要因ではないかと思います。

Q銀歯のブリッジは嫌、でもお金が無い

私はとても歯が悪いです。
3本の歯の真ん中の歯を抜いてしまって無い箇所があります。
何箇所かブリッジを入れないといけませんが、
前歯の近くにはどうしても銀歯は嫌なんです。
しかし保険がつかえる歯でブリッジだと銀歯しか無いと言われて困っています。
奥歯なら銀でもいいのですが・・・
普通に笑って銀が見えてしまうのは、ちょっと・・・

でもセラミックを入れるとすると1本8万で私の場合1箇所治すのに24万かかります。
なんと2箇所もあるので48万!そんなお金は無いんです。
保険が利いて白い歯でブリッジって出来ないんですか?
差し歯は白い歯で保険が使える歯があるのに・・・
本当にブリッジで保険が使えて白い歯は無いのでしょうか?

またそのような治療を行なっている歯医者さんがあれば教えて欲しいです。
千葉市内や近辺なら通えますので是非教えてください。

本当によろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険のルールで、ブリッジの支台となる歯は犬歯から犬歯まで(3番から3番まで)は白い歯、それより奥の歯(4番から8番まで)は銀歯と決められております。単独の歯なら犬歯のすぐ奥ともう一つ奥まで(4番と5番)は白い歯でできることになっています。

ですから、全部をかぶせる場合は全て銀歯になってしまいます。

ひとつだけ方法があるとしたら、ブリッジの支台となる歯の全てを削らずに、唇側(頬側)を残しておける場合があります。その支台の状態や噛み合わせの状態によって可能か不可能か、担当の先生にお聞きになってはいかがでしょうか? 「5分の4CKブリッジ」と一般的には呼んでいますが・・・。

■3本ブリッジで24万円というのは妥当な額だと思います・
■歯の数え方、、、3番とか5番とかはわかりますか?下のURLでいうと犬歯が3番、第一大臼歯が6番ということになります。

参考URL:http://www.dental-saga.or.jp/happy/okosama/hasiki-zu.html

Q歯科医はブリッジをしない?

2週間ほど前、抜歯のあとに入れ歯、ブリッジ、インプラントのどれにするかを迷っているという質問に対して、歯科医はブリッジをしないという回答がありましたが、本当なのでしょうか。
実は私も最近抜歯をして(右下6番)、入れ歯、接着ブリッジ、インプラントのどれにしようか迷っています。
普通のブリッジは歯を削る量が半端でなさそうなので、あまり気乗りがしません。
歯科医がブリッジをしないなら、ブリッジは問題をかかえているのでしょうか。

Aベストアンサー

歯科医がブリッジをしないというのは根拠がありませんw
それぞれ一長一短ですし、治療を受ける人の体調、経済的環境、時間的状況に依るでしょうから。

ブリッジは勝負が早いです。
削って、型どりをして、次回か次々回には完成です。
おまけに保険適応なので安くつきます。
ただし両側の歯を削るというデメリットはあります。
両側の歯がもともと差し歯だとか、金属が入ってるのであれば、それをやり直してブリッジに利用するだけで済むのですが…

インプラントは削らなくて済みますし、自分の歯のように使え、上部構造も自費のきれいな義歯が入るので、再び歯が生えたかのような状態になります。
ブリッジや入れ歯は抜けた歯のところの顎骨が長期にわたって吸収していきますが、インプラントは悪くならない限り、骨吸収がほとんどありません。
もちろん手術の必要がありますので、他の二つより、それなりに高いリスクはあります。
手術やその後の経過がうまくいかなければ、痛い思いをしただけで終わってしまうこともあります。
また手術直後から使えるわけではなく、インプラントが骨に定着するまで経過観察が必要ですし、手術してから使えるようになるまで約半年~1年くらいはかかります。
あと自由診療なので価格は病院によって異なりますし、高価です。

着脱可能な入れ歯は削る量はほとんどありません。
保険適応なので安価に作れます。
上記二つは普通の歯のように歯ブラシできますが、これはコンタクトレンズのようにいちいち外して手入れする必要があります。
若い人がこれを選択することはほとんどないかと思います。
また、バネで両側の歯にひっかける必要があるので、チラリとバネが見えてしまう可能性もあります。
もっとも、歯科業界の人以外は他人の口元をマジマジみることなど無いでしょうが・・・

歯科医がブリッジをしないというのは根拠がありませんw
それぞれ一長一短ですし、治療を受ける人の体調、経済的環境、時間的状況に依るでしょうから。

ブリッジは勝負が早いです。
削って、型どりをして、次回か次々回には完成です。
おまけに保険適応なので安くつきます。
ただし両側の歯を削るというデメリットはあります。
両側の歯がもともと差し歯だとか、金属が入ってるのであれば、それをやり直してブリッジに利用するだけで済むのですが…

インプラントは削らなくて済みますし、自分の歯のように使え、...続きを読む

Q抜歯したところには必ず歯を入れなければなりませんか?

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありません。

私としては、笑ったときに銀歯がキラリ…となるくらいなら
多少不便でも一本だけ義歯にするか、歯が一本ないままにしておいたほうが良いくらいなのですが、
上顎6番が欠損したままだとかみ合わせにかなり不調がでるものでしょうか?
また抜歯後に歯を入れないでいると、そこに向かって周りの歯が傾いてくると聞いたことがあるのですが本当でしょうか。

抜歯後に歯を入れずにそのままにしている方もいらっしゃるようですが、
私の場合はそうもいかないのでしょうか。
どんな場合だと歯を入れずそのままにしても平気なんですか?
それとも平気じゃないのでしょうか。

歯医者通いを避けてきたことを本当に後悔しています…。

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありませ...続きを読む

Aベストアンサー

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い場合というのはあまり無いように思いますが、無いことはありません。

ただ、この場合は歯を増やさなくても大丈夫というように断定するのは非常に難しいです。

元々、そこに歯がない人などは何もしなくても大丈夫な場合があります。

しかし、抜いた場合は、抜いた歯が両隣の歯やかみ合わせている歯を抑える役目も果たしていたと考えられます。

それが無くなれば動いてしまう可能性は高いでしょう。

つまり、通常の場合は増やした方が良いでしょう。

no,1さんの場合は時間が経ってしまっていて、プラス要素よりもマイナス要素の方が多いと担当の先生が判断したためでしょう。

マイナス要素とは歯が傾きすぎていて削ってブリッジをかける場合、神経を取らなければならない、矯正をしなければならない、かみ合わせている歯が空いているスペースに飛び出してきてしまっているなどです。

また、歯を増やす方法としては、下記のものなどが考えられます。

1、ブリッジ
両隣の歯を削り、つながっているかぶせ物を入れます。
保険外治療なら、白いものを入れることができます。

2、入れ歯
場合によりますが最低でも両隣の歯に金属の留め金をかけることになります。
少し留め金が目立つかもしれません。
保険外なら留め金をかけずに済むシリコンデンチャー(場合にもよりますが2~3本分までが適応)といったものもありますが、取り扱っている医院はかなり少ないです。

3、インプラント
歯を支える骨に穴をあけて、そこに頭が歯の形をしたネジを埋め込みます。
完全な保険外治療です。

4、移植
質問者さんの場合、左上6との事なので、左上の親知らずが残っている場合、それを移植してくることが可能かも知れません。
予後が良くない場合が少なくありません。
保険外です。

以上の様なことが考えられます。
どれが1番のお勧めかといわれると困ってしまいますが、恐らく、保険外の白いブリッジが一番妥当なのではないでしょうか。

質問者さんの状態などが分からないので、当てはまるかどうかは分かりませんが、はじめに保険のブリッジで歯が寄ってきてしまう等の弊害を抑制してから、お金が溜まるのを待って白いものにするというのが私の一番のお勧めです。

もう一度担当の先生と相談してみてはいかがでしょうか。

長くなってしまってすいません。
良い結果が得られるといいですね。

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い...続きを読む

Q前歯のブリッジにかかる費用について経験者の方、専門の方教えて下さい。

前歯を折ってしまい修復不可能ということで抜いてしまいました。
歯を補う手段として「ブリッジ」と「インプラント」を紹介されましたが
どちらにしても費用の関係で迷っています。
「ブリッジ」をする場合、保険の範囲で費用\23,000。陶器?のような素材を
使用しオーダーメイドする場合は40万弱と言われました。歯医者側は「前歯は
顔のようなものだから保険のものよりオーダーメイド(40万弱)で作る方が
絶対良いです」とかなり高い方ばかりを薦めてくるので迷ってます。
「インプラント」の場合は相談料だけでも数万円、手術代や他費用を含め
トータルすると50万円以上の金額をだされてしまい問題外です。
私は永久歯を抜くことが初めてなので費用の事まったく知らないんですけど
知り合いはみなこの費用を「高い」と言います。
世の中の相場はどれほどのものなのでしょうか?
また、保険で「ブリッジ」をする場合、ブリッジの歯はオーダーメイドには
ならないのでしょうか?(保険のものと「40万」のものとでは技術料が全く
異なると言われたもので、、)
どなたか教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

前歯を折ってしまい修復不可能ということで抜いてしまいました。
歯を補う手段として「ブリッジ」と「インプラント」を紹介されましたが
どちらにしても費用の関係で迷っています。
「ブリッジ」をする場合、保険の範囲で費用\23,000。陶器?のような素材を
使用しオーダーメイドする場合は40万弱と言われました。歯医者側は「前歯は
顔のようなものだから保険のものよりオーダーメイド(40万弱)で作る方が
絶対良いです」とかなり高い方ばかりを薦めてくるので迷ってます。
「インプラント」の場合は相談...続きを読む

Aベストアンサー

歯科医療関係者です。#4と大体同じですが・・

保険治療でも型取りをして作成をしますので、決して既製品を被せるわけではないです。ただし技術的な問題・材料学(プラスチック)的な問題で色合いや形態が限られた範囲でしか仕上がりません。経年的に変色等もおこします。もちろん平均的な色を使いますのでそれでも十分満足していただける場合はよくあります。
自費診療の場合、つまり陶器の場合は、その人の元の歯の色や形に合わせやすく、服で言うと生地やデザインまでお好みに仕上げやすいと言う意味で、オーダーメードと表現したのだと思います。仕上がり感や色の持ちも明らかに良いです。

治療費ですが、陶器だと1本8万円ぐらいからから13万円ぐらいと、医院によって違います。もっと高いところで20万以上とかも、少ないですが在ります。あるいは地方と都市部では他の物価同様、都市部のほうが高めです。

保険だと元の値段が安くしかもそれの2~3割負担なので、治療費が10倍以上違ってきます。こちらとしても心苦しいのですが・・
私の場合、独身の女性の場合強く陶器を勧めています。その他の場合は、値段の事もありますので患者さんの判断に任せます。

インプラントですが。
前歯の場合、症例によって適応かどうか違ってきますので、この情報だけでは何ともアドバイスしにくいです。
ブリッジと違い健康な歯を削らなくて良いという大きなメリットがありますが、審美的(見た目的)にはブリッジのほうが良い場合も時にはありますので、値段が問題外と感じているならその判断のままで良いと思います。

本当によく相談して決めてください。
同業者が言うのもなんですが、あまりにもしつこく自費のみを勧めるようだったら、他の医院で話を聞いてもらうのも良いかと思います。

歯科医療関係者です。#4と大体同じですが・・

保険治療でも型取りをして作成をしますので、決して既製品を被せるわけではないです。ただし技術的な問題・材料学(プラスチック)的な問題で色合いや形態が限られた範囲でしか仕上がりません。経年的に変色等もおこします。もちろん平均的な色を使いますのでそれでも十分満足していただける場合はよくあります。
自費診療の場合、つまり陶器の場合は、その人の元の歯の色や形に合わせやすく、服で言うと生地やデザインまでお好みに仕上げやすいと言う意味で、...続きを読む

Q前歯の抜歯について。

以前も質問させて頂きました。

前歯の抜歯についてなんですが、
治療が進み根っこの化膿は治まったものの
まだグラグラするのでレントゲンを取ったところ
歯が折れてしまっていると言う状態でした。

先生曰く、根っこも浅く抜歯をしてブリッジにするしかない。
目立たない様な作りにする。と言う事でしたが
抜歯をすることにためらいと言うか不安を覚えています。

迷っている理由として
・抜歯をした後、歯茎が痩せすき間が出来る。
・ブリッジにする場合、治療をしていない健康な歯を削る事になる
・やはり見栄えが心配

があげられます。

そこで、もう一度先生に判断を聞くと言う事は出来るのでしょうか?

ギリギリの生活をしているため、保険適用しかうけられないので
インプラントなどは考えていません。

もし、抜歯しかないとなった場合他の病院でも判断を仰ごうかと思っていますが
その場合、今の歯医者からレントゲンなどお借りすることは出来るのでしょうか?

またもし前歯をブリッジにした方居ましたら、付け心地?見栄えや歯茎の状態など
教えて下さい。どう言った経緯で抜く事になったのかも。

宜しくお願いします。

以前も質問させて頂きました。

前歯の抜歯についてなんですが、
治療が進み根っこの化膿は治まったものの
まだグラグラするのでレントゲンを取ったところ
歯が折れてしまっていると言う状態でした。

先生曰く、根っこも浅く抜歯をしてブリッジにするしかない。
目立たない様な作りにする。と言う事でしたが
抜歯をすることにためらいと言うか不安を覚えています。

迷っている理由として
・抜歯をした後、歯茎が痩せすき間が出来る。
・ブリッジにする場合、治療をしていない健康な歯を削る事になる
・やはり見...続きを読む

Aベストアンサー

抜歯の条件としては、
1)歯を支える骨が十分でないこと。最低でも根の2/3程度はないと難しい、それ以下なら抜歯対象
2)根の長さが十分でないこと。歯の頭の長さより土台の長さが長くないと頭でっかちで持ちにくいので抜歯対象。
3)虫歯部分が歯槽骨縁より深いこと。歯を支える歯槽骨より深いとポケットを形成して歯周病で抜歯になり易い。
4)歯が歯槽骨より深い位置で割れていること。特に縦に近い斜めに割れているとほとんど持ちません。

この条件にあてはまればたいていの歯医者では抜歯します(一応教科書にも載っている規準の一部ですから)し、残すのは賭けをしているようなものです。
現在の保険の規則ではかぶせると2年間は同じ歯医者で入れ歯もブリッジも保険請求できません。つまり歯医者が持ち出し(損をして)作らねばならないのです。患者さんにとってみれば別の歯医者に行かねばなりません。
だからほとんどの歯医者では賭けはしませんし、してもだめなら自費でと言われるはずです。
で、十中八九はダメだと思ってください。

ブリッジで健康な歯を削る、歯医者としても心苦しいですけれど仕方ないですね。形だけでよければ保険の利かないベニアクラウンや耐久性の低い3/4冠でのブリッジという手もあり、コレなら一応削る量は少ないですが金属が僅かに見えやすいという欠点もあります。

いきなりブリッジを入れるとおっしゃるように傷が治るにつれて歯肉がやせて隙間が出来ます。この量は個人差があるので、必ずやり直さねばならないかというとそうとも言えませんが、大きければ隙間が見えてしまいます。
なので二つの方法を行います。一つは目立たないところにばねを置いて義歯を入れる。半年すれば保険でブリッジに変更することが出来ますし、歯肉の状態もほとんどやせない状態になり安定する。
もう一つは仮のブリッジを作って入れておく。つまり仮歯です。
多大この仮歯の材料は人によっては強いアレルギーを起こし歯肉が真っ赤にはれるので、定期的に様子を見る必要があります。歯肉が安定するまでは調整しながら仮歯を使い、安定した所でブリッジを作るということ。
保険で賄うとするならこのどちらかという事になります。

抜歯の条件としては、
1)歯を支える骨が十分でないこと。最低でも根の2/3程度はないと難しい、それ以下なら抜歯対象
2)根の長さが十分でないこと。歯の頭の長さより土台の長さが長くないと頭でっかちで持ちにくいので抜歯対象。
3)虫歯部分が歯槽骨縁より深いこと。歯を支える歯槽骨より深いとポケットを形成して歯周病で抜歯になり易い。
4)歯が歯槽骨より深い位置で割れていること。特に縦に近い斜めに割れているとほとんど持ちません。

この条件にあてはまればたいていの歯医者では抜歯します(一応教科...続きを読む

Q接着ブリッジが出来ない歯医者は?どうしたらよいですか?

先日こちらで、質問したものですが、左下7番が抜歯、右上6番、右下4番抜歯で歯がありません。新しい歯科医院に治療の説明を聞いたのですが、右下4番の保険外の接着ブリッジは、「余りやってないけど、技工士に頼めばできるよ」通常は、針金がでちゃうタイプだそうです。
保険外、保険内に関わらず、削る量は同じとの事ですが、しろうとの私には、よく意味が解かりません。左上の親知らずが、半分虫歯ですが、根が使えるので、右上6番に移植をし、半年位根の治療をするそうです。移植の成功率は、どのくらいなのでしょうか?右下3番は、健康な歯です。

Aベストアンサー

補足説明読みました。
色々説明もしてくださる先生らしいですが「良かったら、その技法の写真持って来てくれる?」の下りを読むとちょっと治療技法に対する研鑚が足りないように思います。

歯科技工士は歯科医師の指示で作業を行う立場の者ですから作れと指示すればどんな物でも作りますが、あくまでその物がもつもたないの判断や責任は歯科医師が負うべきものです。
写真を見てどうのというのは責任回避のようにもとれます。

もう一度説明を受けて明確な形成方法(どんな形に歯を削るか)等の提示がなければ転医をお勧めします。

Q前歯8連ブリッジの費用 (保険適用物)

前歯4本左右(2112番)を抜歯して左右(4334番)を削り保険適用の8連ブリッジを医師から進められていますが保険適用だと費用はどれくらいかかくのでしょうか? 左右3番の犬歯のみでブリッジを行うと強度的にもたないので3番4番を使うとの事です。 もちろんプラスチックレジンの物だと思いますがどうぞ詳しい方もしくは経験者の方教えて頂きたく思います。

Aベストアンサー

開業歯科医です。
非常におおざっぱに見えますが、経験上さほど外れない計算式です。

前歯の本数×5,000円+臼歯の本数×3,000円がセット時にかかる費用。この場合は5,000×6+3,000×2=36,000円
型取りの際には、およそその1/3~1/2がかかります。違いは主に削る歯の本数によるもので、この場合は1/3の12,000円程度となるでしょう。
前準備の費用(例えば、お口の掃除や根管治療等の歯の根の治療)は別ですが、これらの費用に比べれば、さほどの金額にはなりません。
以上は、No.1のpandaloveloveさんとほぼ同じ回答となります。

さらに追加の情報です。
保険診療でいう「前歯」とは1番の中切歯から3番の犬歯までをいい、これらは原則としてレジン(プラスチック)を表面に付けた外見上は白い歯になります。
「臼歯」とは、4番から後ろの歯をいい、これらは原則として銀色の被せものとなります。
4番ですと結構よく見えるので気になるからそこも白くしたい場合、原則として型取りの直前の診療から保険が効かなくなると思った方がよいです(4番の削り方によっては、保険が効く場合がある)。
さらに、保険のルールでは以下の条件もあります。
上顎の2112番が欠損の場合、左右どちらかの34番と反対側の3番とを連結した7本以上のブリッジである必要があります。
下顎の2112番が欠損の場合、左右の3番を連結した6本以上のブリッジである必要があります。
両方とも、土台となる歯を増やす分には、保険上の問題はありません。

なお、お口の中を拝見していないのですが、4~4の8本連結ブリッジは妥当と考えます。特に上顎の場合ならば上記のように7本ブリッジも保険で認められてはいますが、7本では心許ない印象はあります。

開業歯科医です。
非常におおざっぱに見えますが、経験上さほど外れない計算式です。

前歯の本数×5,000円+臼歯の本数×3,000円がセット時にかかる費用。この場合は5,000×6+3,000×2=36,000円
型取りの際には、およそその1/3~1/2がかかります。違いは主に削る歯の本数によるもので、この場合は1/3の12,000円程度となるでしょう。
前準備の費用(例えば、お口の掃除や根管治療等の歯の根の治療)は別ですが、これらの費用に比べれば、さほどの金額にはなりません。
以上は、No.1のpandaloveloveさんとほぼ同じ回答...続きを読む

Q前歯の入れ歯について教えてください。

何度も、前歯を打つことがあって、ぐらぐら状態になりました。 それで、ちょっとでもふれると痛くなって抜く羽目になりました。 今仮歯が入っています。 上の歯一本だけ入れ歯にしている方どういう入れ歯ですか?
外から分かりますか? それに他の歯にかぶせたりとか?
そういう入れ歯をしている方、または、歯科関係者の方どういうものを入れるのか教えてください。 お願いします!

Aベストアンサー

こんちはー。ボクは毎日毎日入れ歯を作っている歯科技工士でありまーす。前歯の一本義歯ですね?ところでmidomidoさんはどんなところで妥協できますか?それによって、アナタ自身がどんな義歯が良いのかを大体把握できると思います。では、まず、ブリッジ。呼んで字の如く「橋」の様に、抜けた歯の両隣の歯を支えとして、真ん中の一本が連結されているものです。状況にもよりますが、大抵の方がこちらにするのではないかと思います。脱着不能の固定式なので、引っ掛ける金具なども無く、見た目では、天然歯と区別は付かないでしょう。(色が合ってれば・・・。)ただし、大きな欠点として、支えになる両隣の健全な天然歯を削って、冠を被せる事になるということです。抜けた歯は一本ですが、3本分の補徹物が入ることになります。これは、OKですかー?
次に、いわゆる、「入れ歯」。(ブリッジだって入れ歯なんだけどネ。)ボクはどちらかというとこちら専門なので、言うわけでは有りませんが、お年寄り専用というイメージがありますが、そんなことはないと僕は思います。僕は26歳ですが、同じ状況なら「入れ歯」にします。だって歯医者サン怖いっすよ!ところで、midomidoさん、精一杯笑ってみてください。あと「イー」ってしてみてください。前歯の一番下のライン(歯と歯茎のライン)が唇に隠れますか?隠れるようであれば、外から見えない金具(クラスプ)にできる可能性があります。あくまで隠れてるというだけですが。あと、両隣の歯には全くクラスプは掛けず、もっと後ろの歯にかけるという設計にもできます。しかし、その場合、入れ歯がデカくなりますが。長所としては、やはり、歯をけずらない、修理なども簡単、取り外せる、などが挙げられます。で、やはり、妥協すべき問題としては、見た目、なのでしょう。
こればかりは、アナタの口腔内をみたドクターと話し合いするしかありません。見えない、見えにくいクラスプはありますが、適応症というものがありますので。
結論は、入れ歯か、ブリッジか、ですが、僕なりの意見は、アナタの心にゆとりがあるなら、先に入れ歯を入れてみてはいかがかとおもいます。歯を削ってからでは後戻りはできません。嫌だったら、ブリッジにすればいいんです。
おっと、あとインプラントってものがあります。これは、下顎骨に金属の柱をたてて、それを根っこにして、その上に歯をおくものです。外科手術並の作業がおこなわれ、埋め込んだ柱が定着するまでの時間など手間、暇、そしてお金がかかります。興味があったら相談されてみては?こんなとこですが、さんこうにしてください。でも、これを読む頃には、もう解決してたりしますー?あと回答に対する自信が、なしになってるのは、アナタの口腔内を見てないからです。

こんちはー。ボクは毎日毎日入れ歯を作っている歯科技工士でありまーす。前歯の一本義歯ですね?ところでmidomidoさんはどんなところで妥協できますか?それによって、アナタ自身がどんな義歯が良いのかを大体把握できると思います。では、まず、ブリッジ。呼んで字の如く「橋」の様に、抜けた歯の両隣の歯を支えとして、真ん中の一本が連結されているものです。状況にもよりますが、大抵の方がこちらにするのではないかと思います。脱着不能の固定式なので、引っ掛ける金具なども無く、見た目では、天然歯と区別...続きを読む

Q抜歯しました。移植・ブリッジ・部分入れ歯どれが最適ですか?

現在29歳です。1ヶ月前子供を出産しました。
歯周炎で口臭が気になるので、歯科に行きレントゲンをとったところ、歯石の治療などよりも先に、5番目の右下の奥歯を抜歯しました。
この歯は大昔に神経をぬいていて、今までかぶせ物をしていました。
歯茎が黒ずんでいます。4番は健康な歯で6番は小さく丈夫にかぶせ物をしています。
1 お医者さんにはブリッジをすると言われていますがブリッジだと健康な4番の歯を削ることになり抵抗がある。
2 口臭が気になって歯科にいったのに、ブリッジは口臭の原因になりやすいので気になる。
3 右上の親知らずが虫歯になっているので、抜歯を薦められているので、この親知らずを移植したいが、移植の処置は普通の町の歯医者で出来るのか? また、ブラックマージになっているほど弱っている歯茎の部分に移植は可能なのか?
4 ブリッジよりは部分入れ歯のほうが、手入れさえすれば歯を健康に保てるのかどうか?(かぶせ物>ブリッジ>入れ歯という印象)
5 乳幼児がいるので、あまり歯の治療に時間をかけたくない。

正直、抜歯は大変後悔しています。が、悔やんでもどうにもならないので、最善をつくしたいと思っています。
月曜日に歯医者にいくので、時間もなく大変困っています。よければアドバイスください。よろしくお願い致します。

現在29歳です。1ヶ月前子供を出産しました。
歯周炎で口臭が気になるので、歯科に行きレントゲンをとったところ、歯石の治療などよりも先に、5番目の右下の奥歯を抜歯しました。
この歯は大昔に神経をぬいていて、今までかぶせ物をしていました。
歯茎が黒ずんでいます。4番は健康な歯で6番は小さく丈夫にかぶせ物をしています。
1 お医者さんにはブリッジをすると言われていますがブリッジだと健康な4番の歯を削ることになり抵抗がある。
2 口臭が気になって歯科にいったのに、ブリッジは口臭の原...続きを読む

Aベストアンサー

aki~様が何を一番大切に考えられるかによって方法も決まると思います。

○入れ歯
歯に対するリスクは一番少ないです。
健康な歯をたくさん削る必要はほ有りませんし、上手く使えなかった場合、いつでも他の方法に移行できます。
ただし、毎日のメインテナンスや装着感では他の方法に劣るかも知れません。入れ歯と自分の歯の2重の手入れが必要になります。
正しく使用しないと、他の歯をだめにしたり、口臭、更なる歯周病の原因にもなりますし、入れ歯そのものも雑菌が着き易くなります。
また、一本だけの入れ歯は小さな物ですので、誤飲や紛失の危険も無いとは言えません。

○移植
町の歯医者さんレベルでも十分対応が可能ですが、積極的に行う先生とそうでない先生があります。
複数の歯医者さんでの相談が必要かも知れません。
移植の成否は親知らずの根の発達状態や移植部分の歯茎や骨の状態等色々な条件によって左右されます。
歯の大きさや形が上手く合わなかった場合、移植した歯に冠を被せ形を調整する場合も有ります。そうしないと汚れが溜まり易くやはり虫歯や歯周病、口臭の原因になります。
それらがクリア出来ていたとしてもやはり寿命は有る様で、なかなか一生物と言う訳には行かない様です。
試してみて駄目になったら他の方法に移行することももちろん可能です。

○ブリッジ
この場合の最も一般的な方法かと思います。
ほとんど自分の歯と同じように使え、適切な治療、良好なメインテナンスが行われれば、長期にわたっての使用が可能です。
ブリッジを入れた事が直接的に口臭につながることは余りありません。場合によっては、やや汚れが溜まり易く成りますが、丁寧な歯磨きで十分対応できます。
ただし、健康な歯を削らなければいけない場合、その犠牲、リスクは大きな物があります。


治療期間は大差は有りません。速ければ1ヶ月程度で終わる物と思います。
リスクの点で最も良いのは「入れ歯」、長期的安定性、使用感、メインテナンスの容易さでは「ブリッジ」、すべての条件が上手く行った場合は「移植」と言ったところでしょうか。

今回抜歯しなければいけなくなった事は大変残念なことですね。
おそらく歯周病が原因であった事と思います。
出産期に歯周病になってしまうケースは良くありますが、ひょっとしたらそれ以前から有る程度進行していたのかもしれませんね。
歯周病には多くの原因が有りますが、自分自身の適切なメインテナンスでその進行を止められる場合も多い様です。
ぜひその点の指導も十分に受けられて実行して下さい。そうしないとすぐまた他の歯も抜歯、と言う事態に成りかねません。
歯周病は、口の中全体がばい菌の巣窟のようになった状態です。お子さんにも良く有りません。

じっくりお考えになって、また歯医者さんとも良くご相談になって結論を出してください。
(当方は歯科医では有りません、以上一般論としてご理解下さい。)

aki~様が何を一番大切に考えられるかによって方法も決まると思います。

○入れ歯
歯に対するリスクは一番少ないです。
健康な歯をたくさん削る必要はほ有りませんし、上手く使えなかった場合、いつでも他の方法に移行できます。
ただし、毎日のメインテナンスや装着感では他の方法に劣るかも知れません。入れ歯と自分の歯の2重の手入れが必要になります。
正しく使用しないと、他の歯をだめにしたり、口臭、更なる歯周病の原因にもなりますし、入れ歯そのものも雑菌が着き易くなります。
また、一本だけの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報