【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

大学3年、哲学科所属の者です。

自分が興味を持っている哲学分野を、どの人物や学派が研究しているのか分かりません。

あまりにも拙く、断片的な言葉しか出てこないので、教授にも相談できないでいます。

ネットでひたすら検索をかけるのですが、検索結果でしっくりくるものは無く。

昔から、特定の自然や荒廃した建築、そこに差し込む陽光などを見たりイメージしたり、はたまた何ともない幼少期の情景を思い出して、自分の中に感慨深い感情を持ってきました。(何と形容したらいいか分かりません。。)

もう一つ興味のあるワードとしては、「世界と自身との繋がり」「世界は何で構築されているか?」
「人と人との繋がり」「世界をどう捉えるか」
といったような、不可視なものに対しての疑問です。(思弁的転回というのでしょうか?)

実存主義のような、「自分はどう生きるか」とは少し違った感触があります。

何もよく分からず、故に調べる事ものめり込むことも出来ず、どう調べたらいいのか、どの書籍に該当するのかまったく分かりません。

今現在の卒論テーマの予定は、理由も分からず時間論を選んでしまいました。

自分の興味のある分野のディテールがしっかりと固定できないでいます。
アイデアが湧いては消えるといった感じです。

哲学をやっているかたは、どのように自分の疑問に適合した文献や学派、哲学者を見つけ、研究しているのでしょうか?
そもそも、ベースとなっている疑問はどのような局面や経験によって湧いて出てきたのでしょうか。。

文献の知識は最初は皆白紙だと思います。その文献が自分の求めている旨を扱っているかどうかは、読み終えて考察しなければ分かりません。なぜ、自分の求めているものが書いてある保障もないのに、無尽蔵な蔵書の中から最初の一冊を読む活力がわいたのでしょうか。

どうやって積み重ねて研究をしていったのでしょうか。

何もよくわかりません、情けないことですが。

授業は毎回出席していますが、自分の内に、講義内容が浸透してくる気配もありません。

主題とはややズレますが、本(哲学とは無関係)をよく借りたり買ったりするのですが、要点を先に求めてしまい、1ページづつ読み込むのが億劫で、読むのを止めてしまいます。

また、自分自身が何が分からないのかも分からない。

自分を構成しているものがバラバラに崩壊して、蓄積されていかない感じです。

こんな状態が続き、モヤモヤしています。

質問者からの補足コメント

  • 自分の興味分野を深める事ができれば、そんなに嬉しいことはないだろうと思い、将来は研究者志望です。

      補足日時:2016/03/20 21:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

質問文の前段に関しては、印象論的な事なのかなと思いました。


そうなると、哲学というよりは、心理学的な物や、芸術論のような分野のような気がします。
後段については、哲学としては、根源的な命題と言えるので、古典的な哲学であれば、その内容に必ず触れているはずです。
哲学としては、世界を表現して、それを認識する過程を明確化するのが目的と言えるでしょう。
ただ、命題としては、範囲を狭めるのが困難とは言えます。
時間論を選ばれたようですが、これもかなり骨太な内容ですよ。
学部の卒論であれば、文献研究でかまわないと思いますが、本格的に思考するには、かなりの時間がかかるでしょう。
本を読めないと言うのは、ある意味不利ですが、きちんと精読出来ないよりは、読もうという努力はしていると言う事でしょう。(何故読めないかと言うと、理解を急ぐからです)
こういうのは、文献研究法や整理学、知的生産論などを参考にして、文献の内容の整理方法をつかむのが早道です。
読書ノートや、情報カード、付箋などを活用して、文献の情報を理解しやすい方向に再構築するわけです。
実は、この訓練を繰り返せば、最終的に読書ノート、情報カード、付箋は不要になるんですが、文献研究ならば、研究過程の記録として残すのが得策でしょう。(記憶力に自信があるのならば、記録は消してもかまいません)
わからない事に関しては、やはり素直に教授・教官に聞くのが良いのでは無いですか?
さすがに、専門外なら、深い知識は無いにしても、基礎的な知識は持っているはずです。
何らかのヒントは、得られると思いますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
読書は不得意ですが、その反面好きな分野でもあります。
読書術の参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/27 01:30

哲学は【死の演習】ともいって学識を深める【目的】にはならなくて


【諦め方】やら【覚悟の仕方】という【手段】【方法】だと思います。

これから先の人生が長い方なら、非日常の世界の小説とかビデオを見て
自分がどう感じるかを探ってみたりしてはどうですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
哲学という枠に囚われず、幅広く作品に触れ、検討していこうと思います。

お礼日時:2016/03/27 01:16

哲学の知見は素質だから。


あなたのような人はまず、ネットではなくて著名な哲学者の書籍を購入して、暗記しなさい。
それを繰り返しなさい。
サルでもわかる的な本ではだめです。
おわかり?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
いかんせん文献の知識が不足しておりますもので…

お礼日時:2016/03/27 01:18

この状況だと、迷いに入りますよね。




>昔から、特定の自然や荒廃した建築、そこに差し込む陽光などを見たりイメージしたり、はたまた何ともない幼少期の情景を思い出して、自分の中に感慨深い感情を持ってきました。(何と形容したらいいか分かりません。。)

>もう一つ興味のあるワードとしては、「世界と自身との繋がり」「世界は何で構築されているか?」
>「人と人との繋がり」「世界をどう捉えるか」
>といったような、不可視なものに対しての疑問です。

これらは、xxdecisivexxさんの「思い」ですから、個人的に湧き上がる
総合的な思いや観念は、研究対象には向いていないと言うか
総合的にでは無く、せめて一部に絞らないと探しても見つからないでしょう。

興味が哲学では無く「自分自身」ですから、それは横に置いて
選んだ時間論を理解して行くことから始めた方がよさそうです。

研究の対象に、自分の思いを投影しないように気をつけなければ
卒論(?)の研究課題は厳しくなると思います。

そう言うことが上手くいかないのであれば、研究とは別に
自分自身を整理して行くのをやった方が建設的かと思います。

質問内容から察するに、xxdecisivexxさんの論理的思考が
上手く機能しているのかという疑問が湧きます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私情を加味せず分析する学問としての哲学は、どうやら不向きなようです。
不安が募ると、論理構成が破綻した文章になってしまいます。お許しください。

お礼日時:2016/03/27 01:21

何となくすっきりしない、と云った状況ですね。


これは、と思うような事柄に出会うと「なるほど」と思えるのでしょうが。
xxさんの“これは”と云うのがどんなことなのか・・・

私のプロフィールから、私のブログ(まやちゃんでないほうです)を見てはどうでしょうか。
ブログは途中、ですがもしかしたら“きっかけ”ぐらいにはなるかもしれません。

宇宙って、生命って、人間て、何?

なんてことに、宗教的ではありますがxxさんなりの「回答(またはヒント)」が得られるかも知れませんから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
是非とも参考にさせて頂きます。

お礼日時:2016/03/27 01:22

社会思想史をひととおりまなぶというのが これからの交通整理に


なるのではないかと思いました。社会思想史概論のような著書です。

存在論や人間観などなどの純粋な(?)哲学については 課題とし
て触れるでしょうから。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
哲学のみに固定せず、普遍的な学習も視野に入れようと思います。

お礼日時:2016/03/27 01:24

スゴイ意見を書いてしまいます。


質問者さんは、哲学科を専攻したのが間違いではないでしょうか。卒業を目指すよりも、別の方向に進路を変更することを検討されては如何ではないかと思います。
たぶん、
何を対象にするににしても、哲学というからには、思考の対象、検討の対象を自分で概念規定して、その概念規定を自力で精緻に詰め、あるいは概念の拡張や境界設定を修正していくという思考操作をせざるを得ないとも思います。
もちろん、哲学史や比較検討という方面もありますが、それならなおさら、他人の思考や概念規定を照査検討することが必要不可欠です。
概念操作の中での個別哲学者の微妙な違いをしっかり把握指摘するというためにも、自分自身が多様な深い思考力を発揮しないと、哲学は出来ません。

自分の感覚にぴったりするものが訴えてくるのを待つ、単純でコンパクトな説明をしてくれるのを期待する、情景を思い浮かべて自分の中に湧く感慨に浸るのが好きですというのでは、哲学専攻で進むのは不向きだと思います。

まだ若いのだから、早めに転進することを考えてみてください。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
昨年より、文学科系の学科試験対策をしています。

お礼日時:2016/03/27 01:27

ご質問の雰囲気から、以下の論文をご高覧されては如何かと思いました。



ヒント:ご質問者様の文の引用
昔から、特定の自然や荒廃した建築、そこに差し込む陽光などを見たりイメージしたり、はたまた何ともない幼少期の情景を思い出して、自分の中に感慨深い感情を持ってきました。(何と形容したらいいか分かりません。。)

もう一つ興味のあるワードとしては、「世界と自身との繋がり」「世界は何で構築されているか?」
「人と人との繋がり」「世界をどう捉えるか」
といったような、不可視なものに対しての疑問です。(思弁的転回というのでしょうか?)


考えのヒントになると思った論文
「原風景とは何か 木岡伸夫著」
http://publications.nichibun.ac.jp/region/d/NSH/ …

これを基に、再度ご推敲下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
参考文献感謝します。

お礼日時:2016/03/27 01:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q哲学科に進学したことをとても後悔している

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すのを聞かされるだけで、こんなことなら、法学部にでも行って、
趣味で哲学書を読んでいた方が、よっぽどマシだったのではないか
と今になって気づきました。

そして、哲学科であると言うと、周囲に奇異な目で見られることが頻繁にあり、(たとえば、文学部で英文学を専攻しているというのと、哲学を専攻しているというのでは、明らかに相手の反応が異なる。)
それが原因で、元々内向的だった性格が更に内向的になり、
情緒不安定な状態になっています。

哲学専攻の同級生は、哲学研究者を志望するとても勉強熱心な優等生タイプと、哲学は単位を取るのに必要なだけ手際よく勉強し、一流企業への就活にエネルギーを費やすタイプに二極化しています。しかし、
自分はそのどちらでもなく、いたずらに無為な日々を送っています。

このまま大学を卒業して、「哲学科卒という十字架」を一生背負って生きていくことに底知れぬ不安を感じます。このまま文学部哲学科を卒業するべきなのか、疑問を感じています。中退や編入も真剣に考慮し、某旧帝大の経済学部の編入試験に合格したのですが、なぜか、入学辞退してしまいました。

現在、自分は4年生で卒業間際ですが(就活はしなかったので、
内定は得られず、卒業後の進路は未定です)
自分が今選択に悩んでいるのは、
一このまま哲学科を卒業する
二今からでも、哲学科卒という経歴を回避するために卒業せずに、
他大学他学部への編入を再び目指す、あるいは中退してしまう
という選択をどうするべきかということです。

勿論、以上のような悩みは神経症・強迫症的な悩みであり、
自分の精神的未熟さや弱さが基底にあることは自覚しています。
また、大学で哲学を専攻すると決定したのは、自分自身であり、
誰に強制されたわけでもありません。

それゆえ、自分の悩みが嘲笑とともに、黙殺されるのも覚悟しています。だが、自分にとっては、非常に深刻な問題で、日々、過去の進路選択への激しい後悔と、将来に対する不安に、押し潰されそうなのです。

自分自身で色々考えていても、思考が堂々巡りをして、
突破口を見出せない状態が続いております。
そこで、皆様から、多角的な視点からのアドバイスを頂ければ、
幸いです。何卒、よろしくお願い致します。

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すの...続きを読む

Aベストアンサー

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくらいに思うしかないと思います。
できれば、偏見の目で見られているからこそ、発奮していい就職をしてやるぞ、
と思いきることができればよいのですが。
哲学科の友人がそうでした。

日常生活であれば、てきとうに切り返す方法を身につけるしかありません。
そういう場面での偏見は、抑圧ど同時に促進になったりもするので、
かえってそういった偏見を生かしてうまくキャラづけするか、
うまくそういう話題にはまらないように言動を調整していけばよいと思います。
仲のいい友達からそう思われているのであれば、
コミュニケーション上の振りだと考えていけばよいのでは。
そこまでするような相手でなければ、話すことを避けるか、
無視すればよいと思います。
無視できないのであれば、それは、耳に飛びこんできた自分への評価を、
すべて自分のなかに位置づけていかないと、
と強迫的に思っているのかもしれません。
ときには、評価を無視することも大事だ、
と意識して自分に言い聞かせるようにしないと、切りがありません。
自分にたいする肯定的な評価、否定的な評価のどちらについても、
正当として受けいれなければならないもの、
不当として拒否し、正さねばならないものに加えて、
正当だろうが不当だろうがどうでもいいものがあります。
その辺りを選別していければ、だいぶ気が楽になるのではないでしょうか。

カリキュラムについて。
哲学の本を読むと、その語学力に舌を巻きます。
日本語で読んでさえ複雑な論理で書かれていて難しいのに、
それを英語だけでなく、フランス語やドイツ語で学んでいるわけで。
専門家になれば、ただ正確に読めればよいというわけではなく、
限られた時間で正確に読み解くことが求められるのでは。
語学の学習があるというのは、
本来なら個人で訓練してもおかしくないところを、
わざわざ教員がつく上に単位が出るのだから、むしろ贅沢な話では。
……という感じで、各授業に意味を見出せばよいと思います。
この語学の講義では、これを目標にする、のように。
予習も、ただ読むのではなく、短時間で読みきれるように練習するなど。
そうでないと、語学が多いのは辛いかもしれません。

ただ哲学書を読むだけなら、ほかの学部でもできると思いますし、
がんばれば今年出た現在の哲学者の論文を読むこともできます。
しかし、その論文の生の評価、いまの雰囲気といったものを知るには、
やはり哲学科に在籍しないと無理なのではないかと思ったりもします。
部外者として哲学をかじっていたほうが楽しいのは当たり前で、
研究者になるための訓練としては面倒なことのほうが多いだろうと思います。
加えて、教員にやる気がなかったりすると、
学生のほうも面倒なことをやる気さえ起きないかもしれません。
ただやはり、質問者さんについては、部外者ではなく哲学科で学ぶメリットに
まったく目を向けていないところが気になりました。
哲学科に在籍していなければ、もっと後悔しているかもしれません
(どちらのほうが後悔することになるかはわかりませんが)。

いずれにしても、後悔先に立たずということで、
まずいまの自分の立場を肯定するところから始めてみては。
メリットを最大化し、デメリットを最小化する方向に努力するしかありません。

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくら...続きを読む

Q個人的に哲学を学ぶにはどうしたらよいか

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだことの自慢みたいのが飛び交っていますが、たとえば私の質問を見てくれた、哲学者(?)の貴方は、哲学の書をやっぱり沢山読んでいるんですか?

 私は文章を書くのが好きなので、哲学的な考え方ができれば創作に役に立ちそうだなと思って、哲学を意識しておりますが、これまでの哲学を振り返っていたら、仕事も手につかなくなり、寿命が来てしまいそうです。
 また、生半可な知識だと訓話にもならず、似非哲学になってしまいます。哲学が何も見えないんですけど、何をしたらいいと思いますか?アドバイスをお願いします。

 哲学とか心理学に興味があるので、その手の本は沢山持っていますが、学び方が良く分かりません。大学で学ぶ人間はどのように学んでいるんでしょうか?普通は何からはじめればよいのでしょうか?

 知人が哲学の大学(通信制)に7年行っているので、話しを聞いたら"最初から学ばないと今の哲学が分からない"と言われました。哲学が発展してきた歴史をすべて頭の中に網羅していけということでしょうか?
 2チャンネルなどの哲学の掲示板に行っても、わけのわかない論争を繰り広げられていて…哲学書を読んだこと...続きを読む

Aベストアンサー

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といった実証的研究法を叩き込まれます。
データ解析のために統計学や情報処理の知識も必須です。
心理学は実証科学として哲学から分離独立した学問ですので当然のことです。
思弁的論考だけの卒論では卒業させてもらえません。

哲学や心理学で飯を喰おうというのであれば
上記のようなトレーニングが要求されますが,
そうでないのなら
まずは哲学史や心理学史の流れを頭に入れることから始められてはいかがでしょう。
独学者にありがちな独善的な思い込みに陥らないためにも,
学問の歴史的全体を俯瞰して
大まかな見取り図を頭の中に描いておくことは大切だと思います。

手ごろなものとして,こんな本はどうですか。

池田晶子(著)
『考える人―口伝西洋哲学史』 中公文庫

木田元(著)
『反哲学史』 講談社学術文庫

大学で哲学を学ぶ人間は
先哲の思考の跡を辿りながら自己の思考を鍛えるわけですが,
当然のことながら哲学書は原著で読みます。
アリストテレスを読むなら古代ギリシア語,
ナーガセーナならパーリ語,フッサールならドイツ語です。
しかも,ひとくちに原著と言っても
版による違いや編集者による違いがあったり,
ときには偽書なんてものもあるので,
テキスト・クリティーク(文献批判)と呼ばれる手続きを踏むことが要求されます。

一方,大学で心理学を学ぶ人間は
実験,観察,調査,面接といっ...続きを読む


人気Q&Aランキング