牛乳と乳飲料の違いを教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

日本の法令上の区分(種類別名称)は。



「生乳」 … 搾取したままの牛乳(原料用)
「牛乳」 … 飲用乳または調理加工用として市販する牛乳(生乳100%)

「成分調整牛乳」 … 生乳から成分の一部(乳脂肪分など)を除去したもの
 「低脂肪牛乳」 … 成分調整牛乳のうち、乳脂肪分を一部除去したもの
 「無脂肪牛乳」 … 成分調整牛乳のうち、乳脂肪分をほとんど除去したもの

「加工乳」 … 生乳(50%以上)に、乳製品(脱脂乳、クリーム、濃縮乳など)を加えて加工したもの

「乳飲料」 … 生乳や乳製品を主要原料とした飲料に、乳製品以外の原料(ビタミン、ミネラル、果汁、コーヒー、紅茶、お茶、香料など)を加えて加工したもの

つまり、
「牛乳」は、何も加えない&何も除いていないもの。
「成分調整牛乳」は、乳成分の一部を除いたもの。(水分を除いたり水で薄めたものではない)
「加工乳」は、牛乳と乳製品をもとに、再度組み立てたもの。
「乳飲料」は、牛乳に乳製品以外の何かを加えたもの。


牛乳にミネラル(カルシウム・鉄など)やビタミン(葉酸など)を加えた飲料や、生乳50%未満の飲料は、「牛乳」ではなく「乳飲料」という区分になります。
また、その昔「コーヒー牛乳」「フルーツ牛乳」などと称して売られていたものや、「ミルクティー」「抹茶ラテ」などの類も、すべて「乳飲料」です。

「加工乳」と「乳飲料」は、牛乳ではないので、商品名や容器に「牛乳」という文字を表示することができません(不当表示になる)。
    • good
    • 1

牛乳と表記ができるのは、水や添加物などを一切加えていない、牛から絞ったままの生乳100%を原材料としたものです。



牛乳は成分無調整で、乳脂肪分3%以上、無脂乳固形分8%以上の成分を含むものをいいます。
「3.8牛乳」や「4.8牛乳」など、商品名に入っている数字は乳脂肪分の割合で、3.8牛乳であれば、3.8%以上の乳脂肪分が含まれていることを表記しています。

そして乳飲料は、牛乳に牛乳以外の物を加えた物を
言います。なので、商品としては幅が広くカルシウ
ムや鉄分を加えた牛乳に近い物や、コーヒーに乳成分を加えた、カフェオレとか、フルーツオレのような物も乳飲料となります。

参考にしてみてください。
    • good
    • 0

牛乳の乳飲料の成分が違うと思いますが…

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSPAという水を入手できると所があれば御教えくださ

ベルギーに行ったときにSPAという水を飲んで美味しかったので、日本でも購入したいのですが、探しても売っていません。
入手できると所があれば御教えください。

Aベストアンサー

私もこの少年が跳び箱を跳んでいるようなラベルのSPAが気にいっていて良く飲んでいて何年か前までは地方のデパートなどでも普通に手に入ったのですが、最近全く見かけなくなりました。
ネットで探しても通販すら見つからない。
以前の輸入元だった日本酒類販売のHPにも掲載が無い。
と言うことで日本にはもう入っていないようです。
輸入代行とか、個人輸入でもするしか無いかも知れません。

Q【ミルクセーキってなんですか?】牛乳に練乳を入れて作る飲み物ですか? 牛乳と練乳の配分を教えてくだ

【ミルクセーキってなんですか?】牛乳に練乳を入れて作る飲み物ですか?

牛乳と練乳の配分を教えてください。

Aベストアンサー

私は還暦を迎えたおばあちゃんです。
私が若い頃、喫茶店で出ていたミルクセーキは、ミキサーの中に、牛乳、卵黄、練乳or砂糖、バニラエッセンスを1〜2滴たらし、氷を加え、シェイクしたものが殆どでした。
店によって配合や材料が若干異なりますが、だいたいはそんなブレンドでしたよ。

Q牛乳と低脂肪乳とは、なにがどうちゃうのですか?

牛乳と低脂肪乳とは、なにがどうちゃうのですか?

牛乳はおいしいよね。でも価格は200円前後だよね。

低脂肪乳なら150円程度でやすいけど
不味いよね。

どこがどうちゃうのですか?
低脂肪乳は栄養が劣るのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に言えば、既にNo.1さんも書いている通りで、生乳から成分を調整せずに殺菌などを行ったものが牛乳。それ以外に一部の成分を取ったり、加えたものは加工乳と言います。
この牛乳および加工乳の区分名称は、法律(正しくは通称「乳等省令」と呼ばれる政令)で決められている呼び名です。

低脂肪乳は、加工乳の一種で生乳を前段階の処理で遠心分離機に掛けてクリームを取り除いて作るものです。昔はクリーム(脂肪)を完全に除去した脱脂乳しか作れず、これを乾燥したものが脱脂粉乳でした。
今は除去するクリームの量を調整できる技術ができたので、完全には脱脂せず、量を調整した低脂肪乳が作られる様になりました。

はっきり言って牛乳の中で美味しい区分はクリームでしょうから、脱脂乳、低脂肪乳では美味しくはないでしょうね。正直な話。
でもなぜ売られているのか。それは人によっては栄養制限のために脂肪分を取りたくないと考えている人がいるからでしょうね。買う人がいるから売るのだと思います。

通常の脂肪分の牛乳よりも高脂肪の乳製品も売られています。1つはクリームを加えて作ったもので、これは成分調整をしているので加工乳です。
もう1つは元々脂肪分が多いジャージー種と呼ばれる牛から搾乳したミルクを使う方法があります。他の牛乳とブレンドしても、成分調整ではないので牛乳と表示されて売られています。

では栄養はどうか。栄養とは総合的な言葉であり、脂肪量、ミネラル分、カロリーなどの点でいわなければ意味がありません。
低脂肪乳はカロリーの主たる部分でもある脂質を減らしているので、通常の牛乳よりも低カロリーです。体積が減った分だけ、カルシウムなどの濃度が相対的にわずかに上がります。
なお通常の低脂肪乳は、クリームを減らしているだけで、特に添加物は入れてないと思います。カルシウムその他の添加を行っているものがあれば、それは記載されているはずです。

簡単に言えば、既にNo.1さんも書いている通りで、生乳から成分を調整せずに殺菌などを行ったものが牛乳。それ以外に一部の成分を取ったり、加えたものは加工乳と言います。
この牛乳および加工乳の区分名称は、法律(正しくは通称「乳等省令」と呼ばれる政令)で決められている呼び名です。

低脂肪乳は、加工乳の一種で生乳を前段階の処理で遠心分離機に掛けてクリームを取り除いて作るものです。昔はクリーム(脂肪)を完全に除去した脱脂乳しか作れず、これを乾燥したものが脱脂粉乳でした。
今は除去するクリーム...続きを読む

Q牛乳で炭酸飲料の商品化は可能でしょうか?

炭酸飲料が大好きな私です。
炭酸飲料の可能性を追求しています。通常の炭酸飲料は飲み尽くしました。そこでイレギュラーなものを探しています。
紅茶に炭酸=以前はジャズインがあり最近ではリプトンが紅茶に炭酸をプラスして発売しています。
カルピスには、炭酸を入れているカルピスソーダがあります。
あらゆる飲み物に炭酸が入って爽快感を増しているのですが、牛乳にだけは炭酸が入っていないような気がします。
念のため、私も試作を試みましたが、激しく泡立ってしまい飲めませんでした。(擬似的に体験したい方は、牛乳を口の中に含み、上を向いてうがいをするようにブクブクしてみてください。もしくは、コップに注いだ牛乳にストローで空気を吹き込んでみて下さい。)
しかし、日本の飲料メーカーの技術水準は非情に高いので、作ることは可能なような気がします。以前販売されたとか、現在販売されている等の情報がありましたら、是非とも教えて頂きたいのです。
夏の暑い日。牛乳のおいしさと炭酸の爽快感があれば栄養的にも精神的にも満たされるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

ちょっと脱線するかもしれませんが、都内のOOホテルのXXレストランでは、深夜閉店後に従業員達がビールサーバーを使って好きな飲物を作って楽しんでいます。そのまま生ビールを飲む人もいますが、キャッツアイ(生ビール+トマトジュース)も人気です。一方、ホテルマン達が通称「ギュウビー」といって飲んでいるカクテル?があります。これは、生ビールと牛乳を1:1で割ったものです。かなりジュワーっとして牛乳の旨味や甘味も引き立って、美味しい逸品です。 ぜひ商品化してほしいものです。

Q牛乳の乳脂肪分は、控えたほうがいいのでしょうか

牛乳について教えてください。
店頭では、低脂肪乳が多く並んでいます。そんなに低脂肪にする理由が知りたいです。今、手元にある成分無調整の牛乳は、乳脂肪分3.8%です。低脂肪乳だと1.8%とか1.2%とかが多いですが、全体からみて、そもそもわずかな量ですよね。なのに、低脂肪乳が争うように並んでいます。
牛乳の乳脂肪分は、そんなに避けたほうがいい成分なのでしょうか。露骨に太るとか、露骨にコレステロール値が上がるとか、そういう理由なのでしょうか。

私はコーヒーにたっぷり牛乳を入れてカフェオレぎみにして、一日に何杯も飲みますが、低脂肪乳すぎるとコクがなくておいしくないのです。どなたか、牛乳の乳脂肪分について、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は気にする必要ないと思います。
永久に続くわけではない人生です。
自分でおいしいと思えるものを口にするのが一番でしょう。
仮に太りやすくなるとしても、それならその分、体をよけいに動かしてやれば、そんなに太らなくても済むでしょうし、コレステロール値が上がるとしても、最近はむしろ高めの方が長生きできるとも言われますから、気にする必要はありません。
カフェオレぎみにして、一日に何杯も飲むということですが、もしこのとき必ず砂糖を入れているのであれば、その点は気にして控えた方が健康には良いかもしれませんが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報