アレルギー対策、自宅でできる効果的な方法とは?

事業部の業績不振により、2016年3月22日に上司から2016年4月1日に人事異動の辞令がありました。
それに伴い、役職剥奪と給料の減給があるとのこと。

給料レンジが異動先部署と異なるため、
役職手当が−45000円、基本給が−70000円となります。
私の非があれば、ある程度考慮すべきではありますが、
急すぎる辞令により、大変困惑しております。

就業規則には、部署異動を命ずることがある。
とあるので、拒むつもりはありませんが、
給料の減給について、何か回避する手段はありませんでしょうか。

場合によっては、退職することも覚悟はしております。

質問者からの補足コメント

  • へこむわー

    やろたさん、ご回答ありがとうございます。就業規則には、部署異動については、「他部署に異動を命じる時がある。」とあったので、とりあえず従うつもりです。給料の3〜4分の1を減給されてしまうので、そこが非常に辛いのです。また、会社には労働組合がないのです。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/03/22 17:57

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#6です。



会社の退職金規定や解雇規定などと雇用保険における「会社都合退職」は全く意味が違います。
雇用保険の失業給付では、「特定受給資格者」に該当するかどうかが問題です。
特定受給資格に該当する退職事由は大雑把に言えば、
「退職に至った原因が会社にあること」です。
例えば、転居を伴う転勤も該当しますし、ご質問のような待遇(賃金)の悪化なども含まれます。
他には、職種の変更(異動)なども該当する場合があります。
退職勧奨(いわゆる肩たたき)による退職も特定受給資格者に該当します。

余談ですが、巷で「退職勧奨」そのものが違法行為と勘違いされていることが多いですが、
通常の退職勧奨は違法ではありません。
違法な退職勧奨とは退職を断ったにも関わらず何度も繰り返し行われたり、退職を拒否したことによって不当な人事などが行われた場合です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。整理がつきました。

お礼日時:2016/03/25 15:25

なかなか難しいですね。


事業部の業績不振による事業部の人身削減という目的での人事異動と想像します。
その場合、会社としては事業部所属従業員の解雇ということがもっとも簡単で他の事業部への影響も少ないわけです。
ただし、一般論としては仮に業績不振であったとしても解雇は最終手段という判断がなされます。
したがって、会社として取り組むべき手段としては、雇用の継続として人事異動を行うことです。
その際には当然移動先部署の賃金水準とすることが求められるでしょう。
(移動先部署の既存従業員からすれば、賃金水準の高い部署から「業績不振」を理由に移動してきたものが自分たちより賃金が高ければ不満があるでしょう。)

ちなみに・・・・
失業保険の給付が額って、退職前3ヶ月の賃金で決まります。
賃金にもよるのですが、おおよそ賃金の70%前後ではと思います。
また賃金の減額による退職は会社都合による退職なので待機期間も短く、また支給期間も長くなる可能性もあります。

もしも近々退職する意思があるのであれば、賃金が下がる前に退職したほうは失業保険も多くもらえるのではと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

賃金の減額による退職は会社都合による退職なので待機期間も短く。。。とありますが、折り合いがつかない場合、自己退職扱いになるのではないでしょうか。

お礼日時:2016/03/25 14:19

>給料レンジが異動先部署と異なるため・・・


各事業部ごとに給料設定が異なっていて 新しい事業部の給料計算上減額になるなら 止むを得ないと思いますよ。
まあ、基本給を減額する場合は 多くの会社では 段階的に減らしていきますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新しい部署では未経験の分類にハマるため、未経験の給与として、設定されているようです。これを拒否した場合、自己退職扱いになるのでしょうか。

お礼日時:2016/03/25 14:17

今回のことが会社の業績上大きなウエートを占めるようであれば、経営者は大幅に組織の立て直しを図るでしょう。

それは事業部の不振はその部署の責任者連中が冷や飯を食わされるのはやむを得ないことです。

あなたがその位置関係において詳細が不明ですが、役職の更改剥奪は時として方法論的には当然あり得ます。
給与内容的には、手当と称される部分は仕方のないこともありますが、基本給に関する部分は既得権の侵害に当たるのではないでしょうか。
もちろんあなただけを狙った体の良い退職勧告になるように仕向けられたとすれば、個人的に判断しなければなりません。

不当労働行為で相談する将来的な精力があるか、泣き寝入りで会社の業績が回復するまで辛抱するかの違いです。
転職の道は明るいものではないと考えますが、もっとも実力が備わっているお方なら、案外と障害は少ないのかもしれません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

いろいろ参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2016/03/23 09:18

労組がない会社の社員のための機関もありますし、相談してみたらどうでしょう。


辞めるのは、簡単です。
ただ、何の抗議も抵抗もせずに辞めるのは腑に落ちません。
揉めていいものかどうかは、判断付きかねますが、理不尽な事には簡単に従う事はないです。
最近は、労働力不足でありとあらゆる企業が四苦八苦してる情況ですし。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。労基署で一旦相談したいと思います

お礼日時:2016/03/23 09:19

今までの給料の額によっては減給の緩和は可能かもね。


労働基準法によって減給の限度額は決まっていて、1日の平均賃金の半額かつ月給の1割ってなってる。
従ってこれまでの質問者さんの基本給が699,999円以下だった場合は、7万円の減給は限度額オーバーってこと。

役職手当に関しては、減給じゃなくて降格で役職剥奪による手当がなくなるだけだから、どうしようもない。

>退職することも覚悟はしております。
会社の狙いとしてはここだろうね。
こんだけ減給しちゃうよ~。しかも降格だよ~。
どうする~?辞めちゃう?辞めちゃう?
そっか~、残念だけどじゃあしょうがないね~。
で、自己都合で辞めてもらうってとこだね。
ヘタにリストラでクビ切るよりも自ら辞めてもらおうってとこだと思う。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

役職剥奪は仕方ないってことは、理解してました。そもそも、ちょっと多めに貰っていた気もします。
なんか、入社から現在まで振り回されすぎてしまって、精神的にきつくなってました。それで、本日この事象が発生してしまっただけに、めちゃくちゃ辛いです。

悔しいですが、減給の緩和ができるのであれば、交渉してみます。
早いうちに、転職ができるように、頑張ります。

お礼日時:2016/03/22 18:06

部署移動の辞令を断れば、それなりの覚悟が必要ですよね。


たとえ、自分に何の非がなかったとしても。
会社には、労働組合はないですか?
あれば、まず相談すると、いいと思いますが。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やろたさん、ご回答ありがとうございます。就業規則には、部署異動については、「他部署に異動を命じる時がある。」とあったので、とりあえず従うつもりです。給料の3〜4分の1を減給されてしまうので、そこが非常に辛いのです。また、会社には労働組合がないのです。

お礼日時:2016/03/22 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q会社の部署移動での給料の大幅な減額

(24歳 男)
現在働いている製造業、工場の交代勤務が基本給168000円で夜勤の手当てや通勤距離が遠いので通勤費12000円などなど込みで手取り18万くらいでしたが先日昼勤務への異動の話がきました。もし移動になると手取りで40000円近く手取額が下がります。(交代勤務の手当て等がなくなるため)ボーナスは年2回一回につき2.1ヶ月くらいです。
現在は交代勤務で給料が安すぎるとは感じたことはないのですが異動した場合は安すぎる気がするのですが、高卒から入社した会社で24歳(今年25)で普通の昼勤務で基本給168000は普通なのでしょうか?
また、断ることもできるとは思いますが基本給自体が安いということであれば転職も考えています。
みなさんならどうするかや、同じような経験のある方、ご意見お聞かせください。色々考えていて少しでも参考になる意見があればと思いご質問しました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

そうですね。
勤務地にもよるでしょうが、諸条件は良い会社のようです。

ただし、実質の手取りが4万円/月変わるというのは相当です。
年収ベースで約50万円ですからね。
そこは会社側に交渉する余地はあるでしょう。
あるいは昼は昼で何らかの手当がもらえるようにする方法があるのかもしれません。

何にしても、恐らくはその会社は「良い会社」ですので、
軽々に転職を考えるべきではないと思われます。
ま、社会勉強としていくつか面接を受けてみるのも良いですけどね。

Q従業員(正社員)の給与(基本給)は減らせるのか?

素朴な疑問です。

現在フリーランス10年ほど、以前は派遣社員、アルバイト、ブラック企業の正社員をしていた経験があります。つまり、まともな企業で正規の雇用形態で働いた経験のない世間知らずです。

で、一般に、従業員の給与というのは業績が悪くなったら下げられるものなのでしょうか?最近のニュースでは賃上げをするだのしないだの騒いでいますが、業績が良くなったら上げて、悪くなったら下げればよいだけという話ではだめなのでしょうか?

ボーナスは業績に合わせて簡単に増減できるけど、給料(基本給)は一度上げたら下げられないのですか?それとも下げるのがめちゃくちゃ難しいのでしょうか?今まで開発部にいた人が営業部に行ったり、クリエイティブな部署から単純作業の部署に行ったりしても、基本給というのは変わらないのですか?それとも、ベースアップというものが個人の能力やパフォーマンスに関係なく一律で上げることなので、退職金などの負担増も見据えて企業はいやがっているという話なのでしょうか?

一般的な賃金形態の仕組みを教えてください。

Aベストアンサー

> ボーナスは業績に合わせて簡単に増減できるけど、

労働組合なんかがしっかり機能してれば、こちらもそんなに簡単ではないんですが…。


> 給料(基本給)は一度上げたら下げられないのですか?それとも下げるのがめちゃくちゃ難しいのでしょうか?

難しいです。
大ざっぱに2種類の下げ方があります。

1) 賃金カット:
労働基準法第24条でいう賃金の一部控除を行ないます。

労使の協定が必要になりますので、賃金カットせざるを得ない状況になった事に対する役員の経営責任を問うたり、会社の財務状況を説明する、それ以前に業務の効率化などして理解を得た上で、いつからいつまでとかって条件付きでの賃金カットになる場合が多いです。

| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。~、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。


2) 基本給を減額する方法:
労働契約法で、会社が一方的に労働条件の不利益変更(賃金の引き下げ)は出来ないって事になっています。

労働契約法
| (就業規則による労働契約の内容の変更)
| 第九条
|  使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。ただし、次条の場合は、この限りでない。

賃金引き下げるには、会社の財務状況説明して理解を得たり、勤務時間を減らす(休業して休業手当の支払いを行なって)とか人員削減(これも難しい)なんかの努力したり、色んな努力が必要です。

| 第十条
|  使用者が就業規則の変更により労働条件を変更する場合において、変更後の就業規則を労働者に周知させ、かつ、就業規則の変更が、労働者の受ける不利益の程度、労働条件の変更の必要性、変更後の就業規則の内容の相当性、労働組合等との交渉の状況その他の就業規則の変更に係る事情に照らして合理的なものであるときは、労働契約の内容である労働条件は、当該変更後の就業規則に定めるところによるものとする。ただし、労働契約において、労働者及び使用者が就業規則の変更によっては変更されない労働条件として合意していた部分については、第十二条に該当する場合を除き、この限りでない。

> ボーナスは業績に合わせて簡単に増減できるけど、

労働組合なんかがしっかり機能してれば、こちらもそんなに簡単ではないんですが…。


> 給料(基本給)は一度上げたら下げられないのですか?それとも下げるのがめちゃくちゃ難しいのでしょうか?

難しいです。
大ざっぱに2種類の下げ方があります。

1) 賃金カット:
労働基準法第24条でいう賃金の一部控除を行ないます。

労使の協定が必要になりますので、賃金カットせざるを得ない状況になった事に対する役員の経営責任を問うたり、会社の財務状況を説明す...続きを読む

Qお給料を減額してはいけない法律

お給料を減額してはいけない法律があると聞いたのですが何と言う法律でしょうか?(労働基準法?)

その法律があるから、東電の給料も中々下げられないと聞きました。
(実際下がってますけど)

そして、私もお給料(年収、基本給、正社員)が下がったのですが
これは法律に違反してるのでしょうか?
(仕事上のミスや悪い事はしていません)

Aベストアンサー

基本的には、労働者との合意、協定無しには賃金カット出来ません。

労働基準法
| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。~当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働契約法
| (労働契約の内容の変更)
| 第八条
|  労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる。
| (就業規則による労働契約の内容の変更)
| 第九条
|  使用者は、労働者と合意することなく、就業規則を変更することにより、労働者の不利益に労働契約の内容である労働条件を変更することはできない。ただし、次条の場合は、この限りでない。


> そして、私もお給料(年収、基本給、正社員)が下がったのですが
> これは法律に違反してるのでしょうか?

上の労働契約法の「次条の場合」の、会社の経営が厳しくてやむを得ない場合なんかは、可能です。
賃金払ったけど、結果的に会社が倒産しましたって事だと本末転倒だし、そういう理由だと労基署なんかからも積極的に介入するのは難しいです。


法律違反以前に、労働組合なんかを通して、なんで賃金下げなきゃならないのか?会社の経営状況や資産状況は?誰の経営責任で、どういう責任の取り方をしたのか?とか、話し合いなんかして問題解決すべ器用な案件だと思います。
そういう請求を行ったが、会社から説明なんかが無いとかなら、不当な労働契約の変更だって話になるし。

あるいは、単に賃金減らす代わりに勤務時間を減らして休業手当なんかを支給し、休業手当に関して雇用調整助成金なんかを受ける、従業員の収入が減る分に関しては副業の許可を出すとか、そういう方向で解決すべきような話ですし。

基本的には、労働者との合意、協定無しには賃金カット出来ません。

労働基準法
| (賃金の支払)
| 第24条
|  賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。~当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

労働契約法
| (労働契約の内容の変更)
| 第八条
|  労働者及び使用者は、その合意によ...続きを読む

Q合法な減給額はいくらですか

半年前に入所した特許事務所の所長が、私の売り上げが悪いので減給処分すると言ってきました。この売り上げ計算の仕方というのが、数種類ある仕事の一部しか反映されない計算方法らしく、私が行った全ての労働を正確に反映しているとは思えず甚だ疑問で、疑問を呈すると、そんなこというなら減給だ、とどなる始末です。そこで、疑問なのですが、私の現在の給与税込み38万の場合、減給されたとしたら、労働基準法で許される減給額とは具体的にいくらでしょうか。関連ページを見ましたが複雑でよく分かりません。ご教示ください。

Aベストアンサー

労働基準法第91条(制裁規定の制限)
[就業規則で、労働者に対しての減給の制裁を定める場合においては、その減給は、1回の額が平均賃金の1日分の半額を超え、総額が一賃金支払期における賃金の総額の10分の1を超えてはならない。 ]

労働基準法では減給可能額ではなく、月給制であれば毎月最高一割が上限としているだけです。したがって、その一割を何ヵ月行うかは懲戒の内容によることになります。それに不服があれば交渉、あっせん、訴訟へ。

売り上げが悪いので減給処分ということですが、これだけの理由では減給はできないですね。所長の経営が下手だから、所長の給料をまず減らすべき。特許事務所のバブルは落ち着いたのでしょうか。少し前までは豪遊していたようですが。まぁそんなイヤミは意味が無い。たぶん当初の給与設定が少し高いので減らしたいなぁという考えではないかとも思いますが、数種類ある仕事の一部しか反映されない計算方法を採るのは何か根拠があるのでしょうか。

Q人事異動に「基本給」は考慮されますか?

人事異動に「基本給」は考慮されますか?
高卒・おばちゃんが主人員でルーチンワークをしている部署に、
大卒者を異動させることはアリでしょうか。
(リーダーにする目的でなく純粋に人手不足のため。)
基本給が3万円以上違うのでもったいなく感じますが…。
できましたら実際に人事を担当されている方にご回答いただきたいです。


以下、状況について補足します。

工場に勤めていますが、現在現場が忙しいため
間接部門からも結構な人数が応援として出ています。
先日そうした人たちには辞令が出て
殆どがそのまま現場で働き続けることになりました。
(私の知っている限りだと)応援に出されつつも異動を免れたのは
組立工程にいる大卒の人くらいです。
あとは資格や経験にかかわらず異動してしまいましたが、
その人たちは高卒~専門卒だったと思います。
異動しなかった人は大卒(しかも結構いいとこ)だからかな?
と思ったのですが、はたしてそういうものは考慮されるのでしょうか。
また、私も大卒ですが似たところに応援に出ることになりました。
仕事は簡単・残業代でがっぽりと、割り切れれば
このまま異動になっても悪い話でないのですが
会社的にはいいんだろうかと…。

人事異動に「基本給」は考慮されますか?
高卒・おばちゃんが主人員でルーチンワークをしている部署に、
大卒者を異動させることはアリでしょうか。
(リーダーにする目的でなく純粋に人手不足のため。)
基本給が3万円以上違うのでもったいなく感じますが…。
できましたら実際に人事を担当されている方にご回答いただきたいです。


以下、状況について補足します。

工場に勤めていますが、現在現場が忙しいため
間接部門からも結構な人数が応援として出ています。
先日そうした人たちには辞令が出て
殆どがその...続きを読む

Aベストアンサー

会社によっては仕事内容で給与の枠が決められていて、異動先が現在の仕事より低いグレードの仕事だと
それにしたがって給料が下がるというのもあります。
大卒の給料が現場でももらえるならよしとしなければいけないですね。
会社としてはそれでもその方がメリットがあると考えているのですからひとつの経営判断でしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報