人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

花粉症の注射は皮下注射ですか、それとも筋肉注射?静脈?
なにが一番効果的とかはありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

一回で効くやつは、デポ注です。

 お尻です。
バリバリの副腎皮質ホルモン(ステロイド)ですので、お勧めしません。
皮膚に塗るステロイドや、吸入薬のステロイドとはわけが違います。
花粉症ごとき(というのはあれですが)で使うのはデメリットが多すぎます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お尻!!わたしもお尻にしてましたけど、あれステロイドフリーじゃなかったんですね…;;
酷くて一回できくやつと、懇願していたのでそれだったのかも。

ちなみにデポ注とは…?薬の名前ですか?

お礼日時:2016/03/24 10:13

デポ注射は、薬剤を油などに溶かしたものを筋肉注射するもので、少しずつ吸収されていくために比較的長期間にわたって効果を継続させることができるタイプのことです。

 デポ注射であるがゆえに、副反応が起きても取り除くことはできませんし、また、他に同じ薬を使わなくてはいけない場合の量のコントロールが難しいという難点があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど…ありがとうございます!★

お礼日時:2016/03/24 13:20

どんな注射なのかわかりませんが私はもうどこの病院でもこれ以上強い薬がないと言われて最終的に注射をしてましたが腕の肩にしてましたよ。

筋肉注射というんでしょうか。。

ただ私の注射は1週間ほどしか効果なかったものですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

継続なんですよね…ありがとうございます!

お礼日時:2016/03/24 10:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q花粉症予防の注射について

12年来の花粉症に悩まされています。
ずっと市販の薬を飲んでいますが、副作用のせいか、喉がカラカラになったり白髪が増えたり
ボーっとする等、本当に悩んでいます。
聞いた話によると、花粉の季節がくる前に注射を打ってもらえるそうですが本当ですか??
症状が弱くなる…とも聞いたのですが…。
どこの耳鼻科でも取り扱っているような内容なのでしょうか?
花粉症でひどくなった時期に、中耳炎も患って耳鼻科へ行ったことがありましたが、
あの混雑には参りました(苦笑)
もし、あらかじめ予防ができる注射があるなら知りたいと思い質問しました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

眼科医です。
花粉症は、耳鼻科と眼科が専門の病気です。

花粉症の予防の注射とは、主に減感作療法とヒスタグロビン療法の二つを指します。
減感作療法とは、自分の花粉症のアレルゲンのエキスを注射して、花粉に対する免疫を作りアレルギーの症状が軽くなるようにします。
しかし治療に長期間を要し、患者本人と医者の二人三脚で努力を積み重ねても、必ずしも効果が現われるとは限りません。
かなり根気のいる治療法ですが、ダニ(ハウスダスト)などで、1年中アレルギーで苦しんでいるヒトには推奨されています。
大体3年間くらいは、症状の無い季節も一年中、毎週注射に通います。

もう一つのヒスタグロビンの注射はシーズン中に3~4回注射します。
割と効果は速やかですので、ご質問者がお聞きになったのはこのお注射のことではないでしょうか?

一見楽そうですが、ヒスタグロビンの内容は他人の血で作られている血液製剤ですので、たとえ加熱製剤であっても、将来まだ発見されていないウィルスやその他の病気に感染する可能性は否定できません。

昔は私も投与していましたが、薬剤エイズの騒ぎの時に販売が一時中止されたこともあり、その後は厚生省の安全宣言もあまり信用できないと思って取り扱いを止めました。
実は医療機関側からみると、大変儲かる注射なので、まだ扱っている医療機関はあると思います。
特に花粉症の専門ではない、内科や外科の先生のところが多いようです。
試してみますか?
あまりお勧めはしませんが、一応 国の許可の出ている薬ですので直ぐには問題ないはずです。

私自身かなり花粉症がありますが、ステロイド系の内服薬とマスク併用でほぼ間に合います。
自覚症状が全くなくんるくらいまで収められます。
点眼薬や点鼻薬ももちろん追加することはありますが、どれも市販薬とは違って、医師の処方箋の必要なステロイド製剤ですので、大変効果があります。

ステロイドと言っても、花粉症以外に病気の無い人が、1~2ヶ月間続けて使用しても まず心配ありません。
もちろん、ちゃんとした医療機関で副作用のチェックを受けながらであれば・・ですよ。

この春もお互い憂鬱な季節がやってきますが、上手に乗りきりましょう。
下記URLもご参考にどうぞ。

参考URL:http://www.santen.co.jp/health/kafun.html

眼科医です。
花粉症は、耳鼻科と眼科が専門の病気です。

花粉症の予防の注射とは、主に減感作療法とヒスタグロビン療法の二つを指します。
減感作療法とは、自分の花粉症のアレルゲンのエキスを注射して、花粉に対する免疫を作りアレルギーの症状が軽くなるようにします。
しかし治療に長期間を要し、患者本人と医者の二人三脚で努力を積み重ねても、必ずしも効果が現われるとは限りません。
かなり根気のいる治療法ですが、ダニ(ハウスダスト)などで、1年中アレルギーで苦しんでいるヒトには推奨されて...続きを読む

Q花粉症の症状が出てから打つ注射

最近、花粉症の知り合いから花粉症の症状が出てから打つ注射があるということを聞きました。

私は、花粉が飛び始める前に何回も打ったり数年間かけて打つ注射があることは知っていましたが、その知り合いの話によるとたった1,200円程度で、症状が出てから一度打つだけで花粉症の症状がおさまり、楽になるということでした。(一応注射が効くまで飲み薬をもらい、数週間続けても症状が治まらない場合はもう一度打つそうです)

しかしその医院では口コミで来た患者にしか打たないらしく、私はそこにとても不安というか疑問を抱いてしまいました。ネットでちょこっと検索したら、実際には同じような処置をしてくれる病院はほかにもあるようですが・・

その注射の成分や仕組を詳しく知ってる方いましたら是非おしえてください。
アレルギーが出てからということは、抗アレルギー剤ではなく抗ヒスタミン系とか、ステロイド系なのでしょうか??友人曰く、「副作用はないと聞いた」そうなんですが、副作用が全くない薬は少ないと思うし、数ヶ月も効く注射ってどんなものかと思ってしまいます。

ちなみに友人は20代前半なので、今は平気でも毎年打つことで今後肝機能などに障害が出ないか心配です。

もし安全性の高い治療なら、私も3ヶ月ほどもらう薬代よりよっぽど安くなるので来年以降考えたいと思っています。

最近、花粉症の知り合いから花粉症の症状が出てから打つ注射があるということを聞きました。

私は、花粉が飛び始める前に何回も打ったり数年間かけて打つ注射があることは知っていましたが、その知り合いの話によるとたった1,200円程度で、症状が出てから一度打つだけで花粉症の症状がおさまり、楽になるということでした。(一応注射が効くまで飲み薬をもらい、数週間続けても症状が治まらない場合はもう一度打つそうです)

しかしその医院では口コミで来た患者にしか打たないらしく、私はそこにとて...続きを読む

Aベストアンサー

すぐに治ると言われるのは、副腎皮質ホルモンの筋肉内注射の可能性が高いと下記のURLにあります。

また、副作用はあります。
ただ、その症状が強い人と弱い人がいるので、まったく出ないと感じる人もいます。
会社の人が打ったことがありますが、ムーンフェイスになり、それは酷かったです。(アンパンマンのようでしたw)しかも、薬の効果が2.3ヶ月あるということは、副作用もその間続くので、とてもかわいそうでしたよ。
私も花粉症歴が長いですが、働いてる間は打てませんね。副作用が怖くて・・・

参考URL:http://www.tky.3web.ne.jp/~imaitoru/FAQ1.html

Q『花粉症』 注射に関して

花粉症の注射について教えてください。

母が花粉症でスゴイ量が飛ぶと聞いて
注射対策を考えています。
いつもは花粉の症状になってから医者の薬を服用しています。

・いつから注射はしてもらえるのですか?
(いつくらいから注射をすればいいのでしょうか?)
・耳鼻科専門、総合病院、内科どこに行けばいいのですか?
・金額はいくらくらいですか?

>最近「一回の注射でシーズンを乗り切れる」という
治療法が口コミで広がっているが、
多くは特殊なステロイド剤が使われ、
深刻な副作用の心配があるという。

という、ニュースをみました。

母にすすめようとしていたのですが、
副作用と聞いて、すすめられなく躊躇しています。
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしも花粉症患者ですが、
ステロイド注射は止めたほうがいいと思います。
おととし、私もあまりつらいのでかかりつけの内科医(アレルギー科もかかげてる)に懇願したのですが、
「将来女性ホルモンに影響が出て骨粗しょう症になったりするかもしれない。しないほうが良い」
と数分間さとされてしまいました。
同時期に、姉が別の医院でステロイド注射を受けましたがそこの医師は何のアドバイスもなかったそうです。
その後、姉は最初の妊娠で早期に流産してしまいました。
(二度目の妊娠で昨年無事にママになりました)
原因が注射にあったとは断言できませんが、やはりご本人以外の方が勧めるべき治療では無いと思います。

私は鼻詰まりがひどいタイプだったので、おととしレーザー治療してもらい、鼻詰まりの不快感がなくなり、多少のクシャミ・鼻水・目のかゆみに薬を服用するくらいで、快適になりました。
今年もまだ効果が続きそうなので、目のかゆみとクシャミくらいは、飲み薬と点眼で乗り切ろうと思います。

No2さん、今日がレーザー治療日なんですね。
しばらくは、鼻の中がかさぶたでふさがっていて不快ですが、今しておけば、3~4月の花粉絶頂期には「やっててよかったー」となると思います。

質問者さんのお母様もご自分にぴったりの方法がみつかりますように。
いくつかの方法をきちんと説明してくれる医院にかかられると良いと思いますよ。
耳鼻科か、アレルギーに詳しい内科の先生が良いと思います。

わたしも花粉症患者ですが、
ステロイド注射は止めたほうがいいと思います。
おととし、私もあまりつらいのでかかりつけの内科医(アレルギー科もかかげてる)に懇願したのですが、
「将来女性ホルモンに影響が出て骨粗しょう症になったりするかもしれない。しないほうが良い」
と数分間さとされてしまいました。
同時期に、姉が別の医院でステロイド注射を受けましたがそこの医師は何のアドバイスもなかったそうです。
その後、姉は最初の妊娠で早期に流産してしまいました。
(二度目の妊娠で昨年無事に...続きを読む

Q花粉症の注射をしてくれる病院

花粉症の症状がとてもひどく病院で処方された薬を飲んでもよくなりません。
注射を打ってくれる病院・医院を探しています。
神奈川県相模原市から行ける範囲でしたら、少し遠くてもいいので、ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください!

Aベストアンサー

アドバイスになるかわかりませんが、神奈川県の事は解りませんが、内科のある病院ならどこでも大抵の所なら打ってくれると思います。そもなければアレルギー科ならほぼ間違いなくありますよ。

Q花粉症の注射

教えて下さい。今年の3月に知人からの紹介で行ったことのない内科にて花粉症の注射(ケナコルトA)を打ちました。事前に注射にたいしてなんの説明もなくこちらも気楽に打って貰ったんですが、その1ヶ月頃から生理が1ヶ月半の間に1週間おきに3回も来たり頭痛、めまい、貧血が起き、ある日体を洗っていて気が付いたんですが注射を打った部分が500円玉大に陥没していました。病院に聞きに行くと『どんな注射か判って、きたと思っていた。説明に関しては聞かれなかったから言わなかった。』と言い、
誤診ではないので慰謝料は出さないが見舞金として10万円渡しましょう。それで文句があるなら弁護士とたてる!と、言われてかなり納得がいきません。
5月から通っている婦人科では未だにホルモン治療を受けています。打たれた注射はステロイドなので副作用はかなり怖い物があります。ステロイドだからって説明され副作用にこんな事があると教えられていたら多分打たなかったであろう注射。後悔してもどうしようもありません。
こんな時自分の気持ちが納得いかないまま10万円を見舞金として貰っても良い物なんでしょうか?それ以上のことになると弁護士が絡んできてこちら側が不利になりそうです。アドバイスをお願いします。

教えて下さい。今年の3月に知人からの紹介で行ったことのない内科にて花粉症の注射(ケナコルトA)を打ちました。事前に注射にたいしてなんの説明もなくこちらも気楽に打って貰ったんですが、その1ヶ月頃から生理が1ヶ月半の間に1週間おきに3回も来たり頭痛、めまい、貧血が起き、ある日体を洗っていて気が付いたんですが注射を打った部分が500円玉大に陥没していました。病院に聞きに行くと『どんな注射か判って、きたと思っていた。説明に関しては聞かれなかったから言わなかった。』と言い、
誤診では...続きを読む

Aベストアンサー

十万円も出していただけるならもらっておいたほうがいいですね。でもうかつに受け取ると、恐喝で訴えられると思いますよ。

その注射の危険性は、マスコミその他ですでに社会一般に知れ渡っているものと考えられます。自費診療だったとおもいますよ。保険証の使えない治療法は、厚生労働省が危険と見なしているということです。近所のお医者さんはしてくれないとおもいますよ。良心的な医師であれば、頼まれてもしません。現在のところ、訴えても副作用自体は医師の責任ではないとされます。医師に責任があるとすれば、副作用の出ることを説明しなかった過失だけですが、前に述べたように今年起こったこととすれば、特に医師が説明すべきものとはされない可能性があります。10万円とれたらいい方でしょう。

健康保険の利かない治療法は、自己責任です。よく考えてからおこなってください。

なお、婦人科のホルモン療法は花粉症の注射と違って、そんなに危険性の高いものとは考えられません。おなじステロイドといっても、違う物質です。ステロイドでひとくくりにしないでください。

Q花粉症にケナコルトA注射を打たれていた(長文)

数年前から、ある開業医内科で花粉症に効くという注射があると聞き、毎年注射を打ちに通っていました。

注射を打つときに、ヒスタグロビンは安全です。という内容の紙を渡され注射を左右の腕に1本ずつ計2本されました。
片方はとても痛く、片方はそうでもありませんでした。
2回目以降の通院は痛くないほうの注射をされ、
症状がよくならないとき通院すると痛い注射と痛くない注射を打たれました。
ずっとヒスタグロビンを打ち方と本数を変えて打っているのかと思ったら、
別の病院にかかるのに、注射の説明をするため、注射の内容を確認すると、
2本打っているときはケナコルトAという注射をしている。と回答がありました。
ネットで調べるとステロイド剤で副作用もありあまり推奨されないと多く書かれていましたが、
患者へ説明も同意もなく、リスクの高いステロイド注射を打ってもよいものでしょうか?

これっきりその医者へ行くことはないと思いますが、たまたま確認したので分かったものの、
気づかずにこれからも通っているところでした。

Aベストアンサー

難しいですね。
現在はステロイドは副作用が大きい、ということが一般的に知れ渡ってしまいましたから、
ほとんどの医療機関で説明があります。
ただし、副作用の大きさよりも即効性です。
通常ケナコルトは急性期に数回打てば効果はあります。
特殊な事例を除けば、月に何度も打つことはないです。
もちろん、ヒスタグロビンとの併施もありえます。

多分この内科医では即効性を重視した治療を主眼としているのでしょう。
逆にステロイドは一切使用しない医療機関もあります。
どちらかというと前者の方が評判になりがちですが、後者の方が
患者に負担をかけない医療に取り組んでいると言えます。
即効性は前者ほどはありません。
ステロイドを使用する医師は、アレルギーやアトピーに悩む患者の
苦痛を取り除く手段として使用しているのであって、
短期間の使用ならば、副作用はでにくいとの見解です。

結論は同意や説明は必要です。投薬も今や薬剤師による説明が
ありますからね。ただ早く治そうとする治療方針ですから、
そぐわないと感じた時点で、やめるのはよいことですね。

難しいですね。
現在はステロイドは副作用が大きい、ということが一般的に知れ渡ってしまいましたから、
ほとんどの医療機関で説明があります。
ただし、副作用の大きさよりも即効性です。
通常ケナコルトは急性期に数回打てば効果はあります。
特殊な事例を除けば、月に何度も打つことはないです。
もちろん、ヒスタグロビンとの併施もありえます。

多分この内科医では即効性を重視した治療を主眼としているのでしょう。
逆にステロイドは一切使用しない医療機関もあります。
どちらかというと前者の...続きを読む


人気Q&Aランキング