人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

慶應義塾大学文学部か早稲田大学商学部かどちらを第一志望にするか迷っています。
受験者にもよると思うのですがどちらの入試の方が易しくて受かりやすいですか?
慶應文学部は国語がなくて小論文なので割と対策しやすく、早稲田商学部は国語と英語の入試が学部の中で比較的易しいと聞きました。
一般的な両者の難易度など教えていただきたいです。

質問者からの補足コメント

  • 受験科目は
    慶應文の場合 英語、日本史、小論文
    早稲田商の場合 英語、日本史、国語 でふ

      補足日時:2016/03/24 12:51
  • です

      補足日時:2016/03/24 12:52
  • 正直早慶どちらか入れたら万々歳だと思っているのでどちらの学部の職業がどうとかはあまり気にしておりません。

      補足日時:2016/03/24 19:22
  • 慶應の小論文はあまり点数の差はつかないらしいです。英語と日本史or世界史の点数が基準に達していないと読んでもらうことすらないそうです。

      補足日時:2016/03/24 19:25
  • 両方受かったら慶應とおっしゃる理由は何ですか?

      補足日時:2016/03/26 02:16

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

自分が慶応なのであまり言いづらいですけど、あまりいまの早稲田は好きじゃないですね。



単純に偏差値落ちてるし、時代に合ってない気はします(昔は学生1流、教師3流とか言ってたけど)、
法科大学院の合格率も偏差値考えるとめちゃ悪いし、
スポ科とか脳筋大化してる辺りもキャンパスや付属高校増やしまくってるあたりもブランドの低下を感じます。お金は儲かるんだと思うけど、ブランドを売り飛ばしてる気がします。


あれだけ学生数が増えてるのに、
内定者数とか難関資格取得者数は増えていないじゃないですか。
1人1人を見たら優秀で面白い人も多いと思いますが。
今の時代、どれだけ学生時代に学べたかを数値含めてシビアに見る中では、
早稲田らしい場力ってのは通用しなくなりつつあるとかんじます。
    • good
    • 1

両方ムズかしいよw



早慶受かってましたが、最初5-8月見た時は「なんやこれ???」って状態でした。
これ、みんなそうだと思いますよ。見たことないような文章や単語ばっかりですから。
ある程度の難関大になると「なにがなんでも受かってやる」と言うl気持ちしかないと思います。
ここで聞くより実際に明日にでも赤本見た方がいいですよ。ムズいですよー

そもそも一般論って意味ないと思います(早慶合格者は、国語とか社会ではオタクレベルだと感じます。そういう人の普通と一般人の普通は違うと)。
難しい早稲田の国語で満点近く取る奴もいるって言うし。
あなたがどの立ち位置で言ってるかも重要だし、一般論はいらないですよ。

●●らしい、とかっていう一般論もいらない。それがきちんとした塾講師などに聞いてのことなら分かるけど。
小論なら簡単ってこともないし(慶応文は私大最高峰だよー)。

両方うかったら慶応ってのはいまのW合格での優先度でしょうね。
まず早稲田商が早稲田内では下位学部であること、現在早稲田が巨大化しててちょっとレベルが落ちてること(昔はもうちょっと偏差値高かった)、そのあたりでしょう。
だから一般論で慶応>>早稲田 てのは普通でしょう。
例えば早稲田はすでに慶応の2倍ぐらいの学生数ですが、難関企業の内定者数は同数か、場合によれば慶応が2倍ぐらいです。
つまり社会評価だと慶応は早稲田の2-4倍となります(そういうの気にする人はそもそも早稲田を慶応との比較で受けない気もするが)。
大学は4年だけで、職業は何十年も過ごすわけだから就職ってのは意外と大事なんですよね。



やってく中で変わってくとは思いますよ。
僕はやってくなかで何となく早稲田から慶応に変わりましたし。
いま決めちゃう必要性は無くって、やってく中で選べばいいと思います。
慶応で小論を考えるならAOとの絡みを考えるといいし。そこを考えないならふつうに国語選択かな。
    • good
    • 0

元塾講師です。

私自身は慶應(非文学部)出身で早稲田の商学部に合格経験があります。

 一般的に合格しやすいのは早稲田の商学部です。

 そもそも小論文は対策がしにくいものであり、巷で言われている「小論文は点数差がつかない」は早慶では当てはまりません。
 点数差がつかないというのは以下の2つに分類できます。一つは皆が高得点もしくは低得点で点数差がつかないパターンと、もう一つは合格点付近に人数が密集し試験として決定打にならないというパターンです。
 世間のイメージでは前者でしょうが、早慶の小論文で言われているのは後者のパターンです。どちらも同じ「点数差がつかない」ですが、後者の場合は「合格点付近にいない人も大多数いる場合がある」ということで、彼らがいるために他の科目で一定点数に達しない人の小論文を採点しないのです(他の科目で低得点なら小論文も低得点を見込むため)そしてその合格点付近にいくためには勉強が必要です。慶應の受験生にはデカルトやベーコン、ロックの思想は常識でありそれを使った小論文の点数差は小さいですが、一般的にそこに到達するまでに相当の勉強が必要です。オリンピックのマラソンでは1位と最下位のタイム差は30分程度で、東京マラソンの一般参加者のタイム差は5時間以上あるでしょうが、差が小さいオリンピックの方が楽なわけではなく、そもそもその中に入るのに選抜が行われています(慶應でいえば他の科目で一定点数未満者が採点されない)。

 また問題の難易度に関しても、慶應の文学部の小論文と早稲田の文学部の現代文を比較したときに感じるのは(講師目線で問題を見たときに)「早稲田ではいちいち聞いてくれることを、慶應では自分で気づき解答に書かないといけない」ということです。その点から考えれば早稲田の方が受身でよく楽になります。早稲田の選択肢の難しさ等は確かにありますが、あくまでも「私大形式」のトップであり他の大学の対策も考えると早稲田の対策はしやすく、慶應は「わざわざ慶應対策、慶應にだけ使う対策」が多く、その分だけ排他的です。まぁもっとも上位校だからできることであり、「自分たちが第一志望じゃない人間はいらないよ」という贅沢ができるのも慶應ならではです。
 
 試験形式の特殊性と難易度を考えたら早稲田の方が対策はしやすいです。特に慶應にこだわりがなければ早稲田に絞った方がいい結果になりやすいです。
 ただ、(私自身が慶應出身ということを隠して話していても)早稲田出身の人が言うには「早慶にも歴然とした差が存在し、同じくくりにはなっていない」ということです。ゴールデンウィークあたりに出される週刊誌などには両校に合格した人がどちらに進学したかを調査したものがありますが、ここ数年では慶應の圧勝であり、以前は圧倒していた早稲田の政治経済学部もそこまで神通力はありません。現在の慶應生は「東大・一橋に落ちたか慶應が第一志望の人」であり、早稲田はそこに「慶應に落ちた人」が加わります。その差を小さく見るかは人それぞれですが、その差は早稲田に入学後に大きくなるようです。
ご参考までに
    • good
    • 0

受かりやすいのは早稲田。


両方合格した場合は、迷わずに慶應。
    • good
    • 1

早稲田。

小論文など一年かけて準備するものではない。慶應文の英語は辞書持ち込み可。そんなところは滅多にないので汎用性がない。おまけに慶應の他学部は近代史を好んで出す(出題範囲が狭め、ただし文学部は全域)。

国立から降りてくるなら慶應でもいいけれど、私文ならあくまでフル三教科を課す早稲田をメインに考えるべきでしょう。そうしないとどちらかで御の字というレベルならMARCHを押さえることもままならなくなります。
    • good
    • 0

推薦入試ではなく、一般入試の小論文は一番くせ者で、不合格になる第一の原因ですよ!医学科のように医療全般の中からではないので、非常に対策は難しいとされていますし!慶應は特に国語力は当たり前ですが、思想や人間性等も判断したりするので、ん!不合格!英語、日本史自信あったのに、が非常に多い原因が小論文とされています!勘違いされてはいけませんよ!早稲田は、政経、法学が商学の上にありますから、そう思われがちですが、案外昔から、商学滑って、政経法学合格が非常に多く、自信があってもなぜか不合格となる、ミステリーがある学部ですから、政経、法学はもちろん、文学や教育もかけもった方がいいです!本題ですが、就職考えるなら早稲田商学部でしょうか。

ともに超一流企業への就職は多いですが、早稲田商学は役員や社長も多く、政経とともに学閥、派閥もありますから!慶應は昔から理財と言い、経済学部にはこれらも多く輩出していますが、文学部は、限られた出版会社ぐらいで役員や社長もいるぐらいで、ここはまた早稲田文学部の領域となりますから!
    • good
    • 1

文学部と商学部では、将来的な職業等も違うと思うのですが、過去問はやられましたか。



私大の文系科目は、大学により問題に個性が有り、偏差値等で判断するのは、避けた方が賢明です。

早稲田と慶応の、過去問を最低でも2年分ずつ解き、質問者さん自身が解きやすい、
或いは今後、○○大学の問題の方が得点を上げていける自信があるかどうかにかかってくると思います。

合否を分けるのは、英語になりますので、英語の過去問を特に入念にチェックされることを、
お勧めします。

日本史は、相当詳細かつ正確な知識が求められますので、過去問の傾向を把握して下さい。

合格を祈念いたします。

参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q早稲田の商学部と慶応の商学部はどちらがいい?

私は商学系統の学部を希望していて、早慶の受験も考えているのですが、この二つの取捨選択を迫られた際に、どちらをとるべきか悩んでおります。
私の言う「いい」という基準は
・学生の志の高さ
・授業の質
・人脈を作りやすいか(自分の努力次第ですが)
といった所です。

入学してからより満足感が得られる方に行きたいです。
そちらの情報をご存じの方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
慶応経済H4卒です。

■ゼミの充実度という点から慶応といいたいところですが、早稲田のほうが”無難”ですね。

※実際、慶応(特に経済、政治は×)のゼミは非常に真面目で研究熱心(=ハード)なところが多いです(入れない人もいるので注意)。

理由は、
慶応はご存知の通り幼稚舎~中等部、普通部~塾高、志木高、女子高と”下”からあがってくる人が結構な割合(私の時は経済で約50%)でいて、この雰囲気に”馴染めない人は馴染めない”からです。
かくいう私もその一人でした。

質問者さんの出身、性格等にもよりますが、特に地方出身なら早稲田のほうが
”無難”でしょう。
都内の高校出身なら慶応でもいいと思います。

三田会に関しては、入社する企業によります。
私の会社ではほとんどカタチだけ存在している程度です。

受験勉強がんばって下さい。

Q慶應入試の国語のことで迷っています

私は慶應義塾大学経済学部を目指している高校3年生です。

慶應では国語科目で現代文、古典はなく小論文入試になっています。

私は4月から早慶を目指して現代文、古文、漢文、小論文を勉強してきました。
ですが、やはり慶應と早稲田では、問題の癖が違って特に英語で問題が出てきています。
要するに、英語にとらなければならない時間を国語に使ってしまっているということです。
第一志望が慶應なので、小論文の対策だけに絞りたいところですが、そうするとほかの大学と併願ができなくなることと、現代文の漢字、用語、評論文からインスピレーションを受けることができなくなります。
塾の講師やチューター、学校の先生にも相談する予定ですが、少しでもアドバイスをいただけるとありがたいです。

実際にこのような方を経験された方や、塾講師の方などに助言していただけるとなおありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元塾講師で慶應のOBです。

 まず、慶應というのは自分たちは特別な存在と思っているのか、他の入試をあまり意識していません。むしろ企業を意識しています。マーチ、早慶の対策をしていると気付いたかもしれませんが、「早稲田は私立入試のピラミッドのトップだが、慶應はそのピラミッドに属さない」ものです。慶應としては「うちを第一志望として勉強しないなら入学させない」という社会2科目という特殊性を持つ東大と似た傾向があります。
 また意識として、「慶應は優秀な社会人になれるかどうか適正があるかをみる」という社会人を基本スタンスとしているのに対して、「早稲田は日本の高等学校の勉強をしっかりしてきたかをみる」という受験生をあくまでも高校生としてみています。そのために慶應は「社会に出て使える数学を準必須」にしていますし、対策がしにくい小論文も入試科目になっています。こうした攻略しにくさこそが「慶應が早稲田より優れていると思われる理由」であり、マーチと早稲田ほどの差はないですが、その半分くらいの差が早慶の中にはあると私は(個人的にですが)思っています。

 現段階としては慶應の志望の強さで勉強時間を調整するのがいいでしょう。私自身早慶の両方に運よく合格できましたが、入試における併願の相性としては悪いものです。そのため、慶應を第一志望とする場合は「慶應ダメならマーチ」の覚悟が必要ですし、「そんなに対策しなくてもマーチ合格」位の基礎学力はそもそも必要です。
 ちなみに経済学部の小論文ですが正直配点がそこまで高くないので、実際は合否を決めるものではありません。英数でしっかり点数を取れるかが勝負になっています。ちなみに、慶應を第一志望としているということは数学受験ですよね?数学の方が募集枠が多い等のメリットが多いですし、早稲田も法学部や文学部以外は受験できます。ちなみに慶應は入学後、数学の必修科目があるので「数学無理」な人は慶應はかなり難しいです。企業の人事の人に「数学に強い大学だと採用の時に強い」という助言から数学教育に力を入れていると先生が言っていました。受験生の都合でなく、社会人として優秀な人間に慣れるかの試験として大学入試が機能しているのが慶應なんです。
ご参考までに。

元塾講師で慶應のOBです。

 まず、慶應というのは自分たちは特別な存在と思っているのか、他の入試をあまり意識していません。むしろ企業を意識しています。マーチ、早慶の対策をしていると気付いたかもしれませんが、「早稲田は私立入試のピラミッドのトップだが、慶應はそのピラミッドに属さない」ものです。慶應としては「うちを第一志望として勉強しないなら入学させない」という社会2科目という特殊性を持つ東大と似た傾向があります。
 また意識として、「慶應は優秀な社会人になれるかどうか適正がある...続きを読む

Q早稲田や慶應に受かるのはどのくらい難しい??

偏差値44程度の高校から地方の無名私立大学に進学したものです。

2ちゃんねるなどでは早慶は1年勉強すれば絶対に受かると噂されていますが、実際早稲田大学や慶応義塾大学に合格するのはどのくらい難しいことなのでしょうか?

もし本当に1年で合格できるのであれば今の大学を中退して少し頑張ってみようかなとか思うのですが・・・

Aベストアンサー

私自身の話ですが、英語の模試偏差値38から一年間勉強して、早大に合格できました。それゆえ、可能性0とは言えないと思います。(残念ながら絶対とは明言できません。実際、私よりも出来の良い人が早慶に落ちていました。)
また、マーチレベルの大学でも良いならば一年間の勉強でも、合格できる可能性は早慶より高いと思います。
とはいえ、浪人すると途中でだらける人も多いと言います。また、高校在学時の勉強の蓄積がどれくらいあるかにもよります。
まずは、自分の高校や予備校に行って、一緒に考えてもらって、より確かな情報を得るのが良いです。
そして、最後はやはり自分のやる気次第です。

Q同志社大学と明治大学とのどちらか二者択一

弟が名古屋在住で地方受験で、高望みだった第一希望群の同志社大学経済学部と明治大学商学部を受けて両方受かりました。国立大学はセンターでかなり失敗してしまったとのことなので、見込みはないそうです。
学費の払い込みも準備しており、ほぼどちらかに決めることになるそうなんですが、どちらの大学がいいでしょうか?
両校の良い点、悪い点、OBOGの方のご意見もうかがいたいです。

弟はもともと経済系学部志望です。
同志社経済のほうが明治商より少し偏差値的には上と聞いています。
また明治商は明治の看板学部で学内でのステータスは若干他学部より高いと聞いたことがあります。少ないデータで、根拠にもならないですがわたしの知人の両校のOBの人は同志社はやや育ちがいい感じで少しプライドが高い、明治は少ししみったれているが、インテリ臭さがないといった印象です。

わたしが彼にアドバイスしたのは、将来の就職を見据えたとき、東京の明治にいくってことは東京での就職に影響されることになるよ、ととりあえず言いました。まだ東京で就職とかUターンで地元に帰って就職とか全く想像つかないとは言っていましたが。

また、わたしは関西圏の事情には少し疎いので教えていただきたいのですが、京都の同志社にいくということは関西の中心である大阪の大手企業への就職へ影響されることになるのでしょうか?また関西大手企業の事情として、東京に本社機能を移転している企業が多いと聞いています。多数の会社の本社が東京に移転するということは、大阪で就職活動しても、事実上東京で働くことになるのでしょうか?あるいは全国展開の上場企業でも関西地域採用枠で関西圏中心の勤務などがあったりもするのでしょうか?

どうかアドバイスお願いします。

弟が名古屋在住で地方受験で、高望みだった第一希望群の同志社大学経済学部と明治大学商学部を受けて両方受かりました。国立大学はセンターでかなり失敗してしまったとのことなので、見込みはないそうです。
学費の払い込みも準備しており、ほぼどちらかに決めることになるそうなんですが、どちらの大学がいいでしょうか?
両校の良い点、悪い点、OBOGの方のご意見もうかがいたいです。

弟はもともと経済系学部志望です。
同志社経済のほうが明治商より少し偏差値的には上と聞いています。
また明治商...続きを読む

Aベストアンサー

同志社でも明治卒でもありませんが、某企業の人事部にいます。
就職を重視するなら結論はズバリ「同志社」でしょう。
No.9の方は一般的な知名度で明治を推してますが人事担当者にはそんなこと全く関係ありません。ついでに言うと「東京六大学」は単なる野球のリーグです。良く「東京の名門大学」の代名詞と勘違いしている方がいるのですが・・・。
確かに同志社に進んだ場合、西で就職する方がアドバンテージは大きいですが、同志社・関西学院あたりまでなら全国でも立派に通用しますよ。
当社は東京が本社ですが、採用には「西枠」があり、事務営業系なら関関同立あたりのイキが良いのがたくさん入社してます。
ある程度実力で採用が決まるのはもちろんですが、一般的に企業は厳しい学校ランクを持っていることを認識して下さい。私立大学で同志社より明らかに上と断言できるのは(学部によるが)早慶上智だけです。

Q10校(学部)受けるのは普通ですか?

高校3年生の娘を持つ母親です。埼玉県在住です。
娘は私立の高校に通っています。この高校は学力レベルごとにコースが分かれており、娘は一番上の特待生コースの生徒です。

現在、どの大学のどの学部を受験するか最終検討中ですが、高校は「最低でも10は受けるのが普通(常識)だ」と常々言っています。
(1つの大学で3つの学部を受けるとしたら3と数えた場合です)
受験する大学は早稲田・慶應・GMARCHレベルです。
国立が第一希望ですが、高校の言う通りにすると、滑り止めの私立を9学部も受けるということになります。しかも、高校の言うのは「少なくとも合計10学部」であり、「本当は12、3学部受験することを勧める」そうです。
この高校は、上位大学の合格者実績を年々上げてきている学校で、受験生に多くの大学・学部を受けることを勧めるのは学校の実績(評判)を上げるためなのではないかと考えて(疑って)います。

また、国立の発表より前に私立の入学手続きの締め切りがあるため、国立に受からなかったときのため、入学金を納めなければなりませんが、日程の面でうまく重ならなかった場合、2校、3校に入学金を納める(つまり、晴れて国立に受かった場合は2校、3校分の入学金を捨てることになる)のは普通だと、高校は言いますが、これもどうなのでしょうか。確かに、日程的にやむをえずそうなってしまうこともあるかもしれません。私は、うまく日程の重なる(数校から選択できる期間がある)ように受験させて、国立に受かった場合に捨てることになるのは1校分のみに抑えたいと考えているのですが。

そこで、以下の2点について、ご意見をお聞かせいただけますでしょうか。

1.本命・滑り止め合わせて最低10学部以上受験するのは普通(常識)である、というのは本当でしょうか?
2.複数の私立大学に入学金を納めて無駄にすることは普通、というのは本当でしょうか?
 
大学生の方の経験談(実際に何学部受けたか)や、受験生やその親御さん、予備校の講師の方など、たくさんの方からご意見をいただけたら嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

高校3年生の娘を持つ母親です。埼玉県在住です。
娘は私立の高校に通っています。この高校は学力レベルごとにコースが分かれており、娘は一番上の特待生コースの生徒です。

現在、どの大学のどの学部を受験するか最終検討中ですが、高校は「最低でも10は受けるのが普通(常識)だ」と常々言っています。
(1つの大学で3つの学部を受けるとしたら3と数えた場合です)
受験する大学は早稲田・慶應・GMARCHレベルです。
国立が第一希望ですが、高校の言う通りにすると、滑り止めの私立を9学部も受けるというこ...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 最低10校というのは言い過ぎな感もありますが、国立志望で、併願として早慶・マーチとしているのであれば、志望国立大学は東大、東工大・一橋クラス(関東で)ですよね?もしそれ以外であれば併願校として早慶を上げるのはおかしくなります。以下はその前提で書きます。

 あなたのお子さんのように超難関大学受験をする場合には、学校側から「実績づくり」ということで多数受験を推奨することは十分あり得ます。特に受験料を負担しないのであればタダで得られるわけですから言わないはずありません。ただ、ある程度受験数を多くすることは受験生側にもメリットはあります。
 
 第一志望の東大(文I)がCに近いD判定であり、早慶がAに近いB判定と言う生徒の場合、受験校は東大は勿論、早慶の法学部(片方でもよい)、早慶に準ずる上智、東大・早慶上智全てがダメな時の滑り止めのマーチとこれだけで私立は3~4校になります。ただ、B判定の確率を70%とすると不合格の確率は30%ですが、これを2校受験すると両方とも不合格なのは9%になり、片方でも合格する確率は91%になります。特に進学する大学のネームバリューが重要なので(何を勉強するよりか)、こうした同じ大学を複数受験してその大学に何とか入学しようと複数受験することが多いです。また各大学には多少の傾向や癖というものが存在します。そのために違う大学を2校受験するより同じ大学を複数受験した方が対策にかける時間が少なくて済みますが、いざ受験してみるとその傾向がつかめず2つの学部ともにそれで不合格になりますが、併願校を持っているとその時の保険にもなり、その併願校も同一大学で違う受験をしておくと効率が良くなるのでこれだけでも4校受験になります。先に挙げた内容では、早稲田の法を私立の第一志望とした時、早稲田の商や社学を同一大学の併願校、上智の法と文、マーチでもどこかで2学部にするとこれだけで6校受験になります(慶應も同様にすればそれだけで8校です)。ただ、東大に余裕で入れるならともかく、受験生の95%は「早稲田は確実」ではありません。そのために早稲田をある程度考えている人は3校ほど受験するのが普通です(私自身は早慶志望なので両方2学部ずつの計4回受験でした)。

 さらに、初めのうちに簡単な受験校を受験しておいて「受験慣れ」をしておくことも重要です。簡単であれば1科目失敗しても大抵合格します。また試験時に自分がどのような心境になるか、そのコントロール方法を考えられたり、(連日受験という)体力的な問題等で遠方であればホテル等を取ることも検討できますが、本当に近い日程では捜すことも無理です。


 大学入試の時間の流れは「試験・発表・手続き締め切り」の順番で、A大学の締め切り前に次の(より優先順位が高いB大学の)発表が来ないと入学金を入れることになりますが、他校受験しているとAの締め切りとBの発表の間にC(優先度はAとBの間)の発表があると締め切りがCの期日まで待てますから、結果Bの判定後に判断できることがあります。私自身は早慶志望で国立を併願という形で受験しましたが、いかにお金を払わないで済むかを考えるのはシュミレーションそのものです(結果第一志望の私立にしか払わず無駄になりませんでした)。これがCのような大学がないと入学金を多く払う傾向になります。入学金の20万円の節約のためにも試験料3,5万円は払った方が保険的な意味合いもありますし、試験で調子がおかしくなっても複数受験していると立て直しができやすいですが、少ないと後半どんどんプレッシャーになり悪循環で結果、「これが落ちたら浪人」という状態で国立を受験することになり得ます。

 ただ、正直今の時点で受験校を考えている時点で(?)が付きます。特に早慶を併願として国立を志望している場合、日程のシュミレーションはとっくに終わっているはずです。この作業は非常に厄介で、12月を過ぎたこの直前期にすべきことではありません。受験生は時間を勉強に捻出すべきで、それ以外の要素はできるだけ早めにやるべきです。難関国立早慶に合格するような家庭ではほとんどベースの作業は終わっていて、何らかの変更があった時に微調整するレベルになっているので、出遅れている自覚は持たれたほうがいいです。特に、直前で慌てて判断すると受験そのものを失敗しかねません。野球で打順が違うと優勝チームがビリになるのと同じくらい受験校決定は重要です。打順が違うだけということは実力的だったり打率・本塁打数等の数字は変わりませんがチームの勝敗数は大きく変わってきます。

 また、これ以降は多少失礼な内容とは自覚した上で書きますが、埼玉の私立の特待生のほとんどは私立大学に進学しています。また私立大学のほとんどは先に挙げた複数受験や国立大合格者の滑り止めの実績です。「東大5人、早稲田30人」合格している高校でも、恐らく現役で早稲田に入学できるのは学年上位3~10程度でしょう。浪人数や先に挙げた要因からその程度の数字になります。逆に書くとこの数字のギャップが複数受験によって作られるので学校側は薦めてきます。詳しい内容を御所望でしたら、お子さんの模試の偏差値等をある程度書かれること(判定等だけでも構いません)を書かれることをお勧めします。正直、埼玉の私立の特待生だけでは難関大学受験においては「(御三家等の超難関以外の)その他大勢の受験生」という想定しかできません。また予備校の特待生であればその点も書かれることをお勧めします。御三家クラスはレギュラーの授業は格安か無料の生徒が非常に多いです。
ご参考までに。
 

元塾講師です。

 最低10校というのは言い過ぎな感もありますが、国立志望で、併願として早慶・マーチとしているのであれば、志望国立大学は東大、東工大・一橋クラス(関東で)ですよね?もしそれ以外であれば併願校として早慶を上げるのはおかしくなります。以下はその前提で書きます。

 あなたのお子さんのように超難関大学受験をする場合には、学校側から「実績づくり」ということで多数受験を推奨することは十分あり得ます。特に受験料を負担しないのであればタダで得られるわけですから言わないはずあり...続きを読む

Q早稲田(教育学部)か慶応(文学部)どちらに入学すべきでしょうか?

同じ様な質問をされている方がいらっしゃいましたが、こちらも大変悩んでおりますのでお許し下さい。教師を目指している娘が、早稲田の教育学部、英米文学課と慶応の文学部に合格致しました。主人は慶応のOBなので慶応に入学して欲しいようですが、私は庶民的で個性的な、早稲田の方が良いかなぁと思っています。勿論、入学する本人の気持が1番なのですが、娘も決めかねております。勉強したいなら慶応、遊びたいなら早稲田という噂も耳にしたので気になります。どなたか適切なアドバイスをお願い致します。

Aベストアンサー

慶應の文学部生です。
(英語の)教師を目指していて、早稲田の教育学部英米文学科ということは、慶應も同じように英米文学を専攻することになるのでしょうか?もしそうでしたら、早稲田の方が良いと思います。

というのも慶應の英米文学は、確かに「現代英語学」という授業なんかもあるのですが、基本的にほとんど文学しか扱っていません。しかも、文学部随一の厳しさですので、英米文学が好きな人でないととてもついていけません(英語力は相当鍛えられるみたいですが…)。英語の教職は取れますが、教師になるためのカリキュラムはほとんど皆無と言って良いでしょう。

早稲田がどういうカリキュラムになっているかは分かりませんが、教育学部である以上は英語の教師になれるような形になっていると思いますよ。

Q慶應文学部よりワンランク難しい他大学学部はどこになりますか?

比較するのが難しいとは思いますが、慶應文学部よりワンランク難しい他大学・学部をあえて考えるとしたら、どこになるでしょうか?

■現状

来年、慶應義塾大学文学部を第一志望に受験を予定しています。

これまでの代ゼミ模試の偏差値平均は、だいたい
英語 64
国語 63
小論 59(一度だけ)
世界史 62
です。

文学部の過去問も、10年分解いてみました。
英語は記述式で小論文もあるため、自己採点は感覚ベースに近いのですが、例年の合格点最低点には20~40点程度届いていないと思われる状態です。

甘いかもしれませんが、1年間頑張れば合格圏内には届くのではないかと思います。

■今回の質問の意図

ただ、「目標をもう少し高くした方が安全なのではないか」という気持ちも一方であります。

というのも、先輩方から
「早慶を目指してマーチを滑り止めにしていたら、結局マーチしか受からなかった。
でも、早慶を目指していなかったら、マーチ合格も難しかったと思う」
といった類の話を聞くからです。

変な話かもしれませんが、慶應が第一志望だからこそ「慶應が滑り止めになる勉強法」をすることで、確実に慶応に受かる学力を養いたいと思っています。

【入学目標】は慶應ですが、【勉強目標】を別途ワンランク上に定めたいということです。

■当然、比較できない部分が強いとは思いますが・・・

もちろん、「傾向も違うし、一概にどの大学・学部が慶應文学部より難しい」とは言えないと思います。

東大に受かって慶応に落ちるという人もいると聞きますので、その点は承知しています。

ただ、「○○大学の英語を合格者平均レベルまで得点できるなら、慶應文学部の英語は殆ど大丈夫だろう」という場合も、もしかしたらあるのではないかと思い、質問させていただきました。

■たとえば、このようなご回答が頂ければ幸いです。

(例)
「一橋を第一志望で慶應文学部を滑り止めにした。慶應の英語は辞書も持ち込めたし、簡単とは言えないまでも、一橋より余裕を持ってとけた。」

(一橋はあくまで例です。国立大学の難易度は全く分かっていません。)

併せて合否も教えて頂ければ、大変参考になります。

以上、長文となってしまいましたが、ご教授いただければ幸いです。

比較するのが難しいとは思いますが、慶應文学部よりワンランク難しい他大学・学部をあえて考えるとしたら、どこになるでしょうか?

■現状

来年、慶應義塾大学文学部を第一志望に受験を予定しています。

これまでの代ゼミ模試の偏差値平均は、だいたい
英語 64
国語 63
小論 59(一度だけ)
世界史 62
です。

文学部の過去問も、10年分解いてみました。
英語は記述式で小論文もあるため、自己採点は感覚ベースに近いのですが、例年の合格点最低点には20~40点程度届いていないと思われる状態...続きを読む

Aベストアンサー

「早慶を目指してマーチを滑り止めにしていたら、結局マーチしか受からなかった。」のような話はたしかによく聞きます。これは精神的な面の問題だと思うので、「より上位ランクの大学を目指す」以外にも精神的プレッシャー・緊張感を与える方法はあると思います(他大を目指すという方法は、他の回答者様が答えられているように慶應文学部が本命の場合少し難しいです)。

たとえば、慶応入試問題の全問理解(全問正解)を目標に勉強をなさってはいかがでしょうか?慶應文学部はそれが不可能ではない入試問題だと思います(あまりにもマニアックな問題、がほぼない)。実際私はこのつもりで勉強をつづけ、合格いたしました。

・英語ならば辞書を引かずに読めるようにするとか、より早く読めるようにするとか。少し趣旨とはずれますが、国立大学の問題を解くのもよいと思います。長文になれるという意味でも。「何点とった」や「満点だった」ことよりも、正確に読み取れていたか、を基準にしてください。
・小論文は、なによりも書くことが大事ですが、センター入試に出題された問題の出典の本(たいがい新書)に直接あたるというのも有効です。わたしはそうしてました。知識量が変わりますので、小論文が書きやすくなりますし、問題文も理解しやすくなります。小論文は同じ文章を何度も書き直し「完成版」を作ることが大事です。ここでもやはり「合格点」よりは絶対的質を重視して下さい。
・世界史はいくらでもやることがあると思います。世界史の場合はのめりこみすぎるとかえって危険ですが、余裕があるなら満点をめざしてみては?

まとめます
慶応入試問題に集中し、そこで完全理解≒全問正解を目指す。
これが「確実に慶応に受かる学力」をつけるための妥当な手段だと思います。

追記
慶應文学部入試の英文は学部2・3年で読まされる英文レベルです。それがスラスラ読める力は、大学入学後も必ず必要になりますし、直接役に立ちます。小論文も同様で、あのレベルの文章は、新書一冊を一週間で読み、まとめる力が求められますので、その場で800字(でしたっけ?)程度書く能力は絶対必要になります。世界史も同様です、哲学系にしても人間科学系にしても、基礎知識=当然知っているものとして授業は進みますので、穴のない勉強は役に立ちます。

「早慶を目指してマーチを滑り止めにしていたら、結局マーチしか受からなかった。」のような話はたしかによく聞きます。これは精神的な面の問題だと思うので、「より上位ランクの大学を目指す」以外にも精神的プレッシャー・緊張感を与える方法はあると思います(他大を目指すという方法は、他の回答者様が答えられているように慶應文学部が本命の場合少し難しいです)。

たとえば、慶応入試問題の全問理解(全問正解)を目標に勉強をなさってはいかがでしょうか?慶應文学部はそれが不可能ではない入試問題だ...続きを読む

Q慶應 数学か小論文か

慶應商学部を第一志望としている高1生、来年から文系に進みます。
商学部の小論文受験は対策が難しく高倍率と聞き、英・数・社で受験したいと思っていました(最新の河合全統一記述模試結果の偏差値は英語70、数学63、国語60)。ところが最近になり、「慶應商学部の数学受験は東大理系組も受けるため、この数学の成績なら厳しいかも・・???」と心配になってきました。今後数学に力を入れるべきか、小論文受験も覚悟すべきか、悩んでいます。
また、学校の先生から、「学校の成績が上がりつつある。社会の成績が良いし、理科も分野によっては悪くない。一橋を狙ってみては?」と言われているのですが、私立も国立も欲張りすぎて結局中途半端になり両方×になりそうな気がします。
今の成績で、慶應商学部を、数学か小論文かどちらで臨むか?一橋まで目標とするか?
ご意見、アドバイスなど宜しくお願いします。

Aベストアンサー

まず、東大理系の受験生は「商学部」をそんなに受けません。文系学部を押さえるにしても、早大政経と慶應経済。商学部志望である限り、ごく少数の理系の受験生を恐れる必要は、まずありません。

慶應を英歴数と英歴論の「両面待ち」するくらいなら、「さほど負担の違わない」一橋を狙ってしまえ、というのは、国立に魅力を感じるなら無理のない発想です。小論文対策など、論述中心の一橋を狙っているうちに自然にできてしまうものです。

センターでの公民と理科は、まあ「余技」としても、それより大事なのは国語、とくに古典。これを負担に感じないなら、一橋をターゲットにしていいと思いますよ。先生に見込まれているくらいなので、バランスは取れているのでしょうし、過去に同様の成績から合格した例もあるということでしょう。

いずれ慶應商志望に戻す場合でも、数学に注力し、できるだけ数学受験を考えておくほうがいいでしょう。「枠が大きい」、「点読みがしやすい」、「特別な対策がほとんどいらない」、「入学後も数学は使う」からです。数学に対するモチベーション維持のためにも、当面は数学の配点の大きい一橋志望にしておくのはいい作戦です。

まず、東大理系の受験生は「商学部」をそんなに受けません。文系学部を押さえるにしても、早大政経と慶應経済。商学部志望である限り、ごく少数の理系の受験生を恐れる必要は、まずありません。

慶應を英歴数と英歴論の「両面待ち」するくらいなら、「さほど負担の違わない」一橋を狙ってしまえ、というのは、国立に魅力を感じるなら無理のない発想です。小論文対策など、論述中心の一橋を狙っているうちに自然にできてしまうものです。

センターでの公民と理科は、まあ「余技」としても、それより大事なのは国...続きを読む

Q慶応大学商学部を受けるのですが他大学の入試科目について

慶応大商学部を受けようとおもっています
A方式なので数学と日本史を使うのですが
GMARCHだと数学と社会は選択になっています
どちらが有利不利、または数学と日本史両方受けて配点の高い方が使われるなどの入試がある大学はありますか?

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身は慶應出身です。

 まず、マーチでの数学と社会との選択ですが、両方の科目を受験することはできません。出願時に科目を選択し、それによって会場や教室が決まります。同じ学部を複数回受験できる場合は各々の日程で受験科目を別にすることはできますが、1回の試験で数学と社会の両方を受験するということはできません。慶應の商学部に関しては、A・Bどちらでも社会は必要であり、(時間割としては確か最後だと思いますが)数学と小論文が同じ時間に実施されています。慶應も試験科目(受験方式)によって教室が違いますし、多くの場合、キャンパスが違います(三田と日吉に分かれます)。

 慶應の商学部を第一志望にし、併願校としてマーチを受験する場合、「英・国・数・社」を勉強することになります。第一志望が早稲田だと数学か社会のいずれかの3科目になります。そのため、慶應は早稲田よりハードルが高いと言えますし、両方合格した人の大半が慶應を選ぶくらい慶應の人気が高く、慶應が敷居を高くしている感さえあります(というより、周りの状況を無視できるくらいの人気と、プライドの高さがあるのでしょう)。
 早慶志望者として、マーチを受験する場合、不合格は許されません。早慶受験者が数学を選択している場合、マーチの数学は非常に簡単であり高得点が見込めます。一方社会では苦手分野が出題されると得点が伸びません。また、英・国でも「まさか」が起こった場合、数学の貯金で逃げ切れますが、社会では無理な場合が多いです。

 ちなみに、慶應の商学部は必修科目として微分積分や統計学が必修であり、高校では3年次に習う「e(ネイピア数)」を使います。数学アレルギーな人が、入学後に高校の数学Ⅲで習う範囲をやる羽目になります。これも(授業中に教授がいっていましたが)「数学を必修科目にすると就職試験の時に採用しやすいと企業の人事に言われた」といっていました。やはり早慶の学生のどちらかを選ぶときに、数学アレルギーがある人間を避けているようです。早慶の学生は将来の幹部候補であり数字が見れない人間ではダメであり、そこがマーチとの違いでもあります。慶應の商学部では数学と社会の両方が必要ですが、どちらが得意な人が好きかというのは明らかです。
 また、早慶とマーチの間の上智ですが、ここも数学受験者が有利です。特に経済学部の経済学科の場合、数学でしか受験できません。文学部や法学部志望者であれば歴史での受験しかダメな場合もありますが、商学部を第一志望としている場合は、数学をメインにすることをお勧めします。
勉強頑張ってください。
ご参考までに

元塾講師です。私自身は慶應出身です。

 まず、マーチでの数学と社会との選択ですが、両方の科目を受験することはできません。出願時に科目を選択し、それによって会場や教室が決まります。同じ学部を複数回受験できる場合は各々の日程で受験科目を別にすることはできますが、1回の試験で数学と社会の両方を受験するということはできません。慶應の商学部に関しては、A・Bどちらでも社会は必要であり、(時間割としては確か最後だと思いますが)数学と小論文が同じ時間に実施されています。慶應も試験科目(受験...続きを読む

Q早稲田 商学部と社会科学部 倍率がどうして高い?

早稲田大学の商学部と社会科学部は倍率が日本でトップのようですがどうしてですか?
そんなに人気なのですか?

Aベストアンサー

入りやすいからとかそういう単純な理由ではありません。

最近の早稲田の傾向ですが、政経学部も法学部商学部社会科学部もどこも同じく最上位の成績をとらねば受かりません。

かつては政経以外は別格という感じだったのですが今の時代は早稲田の各学部のレベルはどこも均質化してます。
特に本部キャンパスにある政経学部法学部商学部社会科学部教育学部はいずれも河合塾の偏差値などでは70くらいで

上位学部やら下位学部とやらの概念はもはや無用です。


商学部が倍率が高いのは不明ですが、社会科学部が高いのはなんでも学べるという学部の特性にあるでしょう。

社会科学部では、法学部並みに法律学を学べ、政治経済学部並みに政治学・経済学を学べ、また商学についても同じです。


社会科学部については昔は夜間であったということでお歳の方には簡単な学部だと勘違いされるのですが、
今や普通にハイレベルです。


以下参考情報です。


参考書:http://14goukan.xxxxxxxx.jp/menu/dai.html
受験相談スレ:http://jbbs.livedoor.jp/school/21722/

入りやすいからとかそういう単純な理由ではありません。

最近の早稲田の傾向ですが、政経学部も法学部商学部社会科学部もどこも同じく最上位の成績をとらねば受かりません。

かつては政経以外は別格という感じだったのですが今の時代は早稲田の各学部のレベルはどこも均質化してます。
特に本部キャンパスにある政経学部法学部商学部社会科学部教育学部はいずれも河合塾の偏差値などでは70くらいで

上位学部やら下位学部とやらの概念はもはや無用です。


商学部が倍率が高いのは不明ですが、社会科学部が高い...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング