声優・俳優・歌手などいろんな活動をされているKENNについて質問なのですが、KENNさんが所属されている事務所ドリームウィーバーはなんの事務所なのでしょうか??
他の声優さんや俳優さんが所属している様子ではなさそうですし、Wikipediaではヒットしなかったのでぜひ何の事務所なのか教えて頂きたいです!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

そういえば、肝心なことを書き忘れました。


ドリームウィーバーの所属ミュージシャンは
・芳野藤丸(ロック)
・SHoGUN(ロック)
・AB'S(ロック)
・丸山圭子(フォークソング)
・エムクラフト(ロック)
・マリー・オリギン(占い師)

The NaB'sがそもそもドリームウィーバーの所属だからそのまま所属しています。

今じゃ事務所のエースですね。
    • good
    • 0

音楽事務所(芸能事務所)です。


声優事務所とは毛色が違います。

音楽系の通信校「東京自由学園※現・東京自由学院」を卒業して1年後に、校長からThe NaB's(ザ ネイビーズ)のサポートオーディションに呼ばれて、サポートボーカル・キーボードとしてデビューしたのが切っ掛けです。

なので、俳優・声優活動を始めたのは、2004年のテニプリ・ミュージカルの俳優デビューが切っ掛けで、その稽古中に声優に誘われ、遊☆戯☆王デュエルモンスターズGXで声優デビューしました。

結局2006年にバンドは活動休止し、その後は声優活動が忙しくなります。
いつの間にやら声優がメインになりました。
    • good
    • 0

事業内容を見ると


>1.芸能人、モデルの営利職業紹介事業
>2.音楽、映画、演劇、テレビ・ラジオ番組の企画制作
などが書かれています。
他の所属者はほとんどが音楽関係の方ですが、いわゆる芸能事務所でしょう。
http://www.dreamweaverjapan.com/

代表を務める方は、以前西城秀樹さんのマネージャーだったそうです。
長く芸能界にたずさわっているのでしょうね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Aベストアンサー

ビーボです。

参考URL:http://www.vi-vo.biz/

Q椎名へきるさんはなぜ未だに声優事務所のアーツビジョン所属なのか?

椎名へきるさんはデビュー間もないころは
「魔法騎士レイアース」などへ出演されていて
声優業が盛んであったものの、
現在では100%歌手業に移行したと言っても間違いではないでしょう。
実際、ここ2、3年は声優業は全くしていないと思います。

それなのに、なぜ、へきるさんは未だに
俳優・声優のマネージメントを主業務としている事務所の
アーツビジョンに所属しているのでしょうか?
アーツビジョン所属の他の方々を見る限り、
いわゆる声優って人ばかりなので、
へきるさんだけ浮いている感じがしてしまいます。
私個人の勝手な意見ですが、
へきるさんくらいの歌手としての実力と人気があれば、
歌手系の事務所に移籍したほうがより活躍できると思うのですが。

へきるさんがアーツを脱退できない
大人の事情がありそうな気がするのですが、
単なる私の妄想でしょうか?
業界事情をご存知の方がいましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正直、どの音楽事務所でも欲しがらないからでしょう。
声優事務所ではそれなりに稼いでくれるタレントですが、音楽会社にとってはそれほど魅力Cある人材とはいえないでしょう。
コンスタントに100万売るミュージシャンもいます。
CDのセールスも最近では3万も行かない程度ですし・・・
せめて毎回確実に10万程度は売ってくれれば音楽事務所への移籍もありえるかもしれません・・・
そもそも声優業界で1番CDを売ったところでタカが知れているんです。
まだまだ隙間産業なんです。

Q声優の所属事務所

私は、声優になりたいと考えている中学生です。
いわてにすんでいるので、いつかは上京してどこかの事務所に入りたいと考えています。そうしたときに、所属してからどれくらいで、仕事が来るのですか?所属しているときは、どのくらいお金がかかってしますのですか?
1番いいアニメ声優の事務所とかもあったら教えてください。
詳しい方でなくてもいいので、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

 どれだけ才能があったとしても、いきなり所属はありえません。

 まずは事務所(またはプロダクション)直属の養成所に入るか、一旦声優科のある専門学校に入学しましょう。そこからステップアップしてゆきます。
 事務所に入ってもまずはジュニア所属となり、それから実力がありそうならば本所属となります。いつ頃から仕事がくるかは運と実力次第でしょう。事務所に入った時点で仕事の話が来る場合もあれば、何年経っても芽が出ない人もいます。

 一番いいアニメ声優の事務所とありますが、まず「アニメ声優の事務所」というものが存在しません。声優の仕事はナレーション・洋画・CMなど様々なものがあり、担当のマネージャーが仕事をあてがってくれます。選り好み等していると仕事が来なくなるので「アニメのみで仕事」という希望は難しいでしょう。
 ただ「ナレーションに強い事務所」「アイドルの様に売り出す事務所」など事務所によっても傾向があるので自分の長所に見合った事務所を選ぶと良いと思います。その中にはアニメの仕事ばかりとってくる事務所もあるかもしれません。
 入所金も事務所によっては違いますのでHP等で調べると良いでしょう。
 多くの事務所は「特待生制度」を設けており、入所時のオーディションで良い評価がでると入所金が免除になったりもしますので、そこも考慮してみてください(入所時のオーディションは一般公募してないこともあります。劇団や専門学校に飲み公開しているものです。)


 実際に事務所直属の養成所に入所が決まった者からの意見でした。
 アクセント辞典は使いこなせるようになってた方が強いでしょうねぇ~・・・。

 どれだけ才能があったとしても、いきなり所属はありえません。

 まずは事務所(またはプロダクション)直属の養成所に入るか、一旦声優科のある専門学校に入学しましょう。そこからステップアップしてゆきます。
 事務所に入ってもまずはジュニア所属となり、それから実力がありそうならば本所属となります。いつ頃から仕事がくるかは運と実力次第でしょう。事務所に入った時点で仕事の話が来る場合もあれば、何年経っても芽が出ない人もいます。

 一番いいアニメ声優の事務所とありますが、まず「ア...続きを読む

Q声優さん 事務所

声優の○○さんが独立して事務所を立ち上げた、という話を良く聞きますが、事務所を立ち上げるのって簡単なことなのでしょうか?
また事務所を立ち上げたら、本当にその声優さんが代表として取り締まっているのですか?
その人自身のお仕事もあるのに、事務所の運営もあったら大変なような気がするのですが…

ちょっと気になったので、詳しい方がいらっしゃいましたら回答お願いします。

Aベストアンサー

簡単なことではないが個人事務所という形をとれば自分だけなので人脈さえあればそれほど大変でもない。
収入の面で有利にするために複数人の仲間内だけで事務所を起こすこともある。
もちろんここに新たな声優を加えて育てたり仕事を取ってきたりとプロダクションのような業務を行えば自分の仕事に加えて社長業もしなければならないので大変になる。
ドラゴンボールの孫悟空の声をしていた野沢雅子が似たようなことをして今年の4月に倒産した。
自分の仕事としての個人事務所ならいざ知らず人を雇う社長業としてやっていくなら声優の仕事から身を引いた方が良いだろう。

Q声優さんの事務所替え、なぜ??

声優さんって結構事務所を移籍される方が多いですよね。
そういえば浅野真澄さんもこの間、アーツから青二プロに移籍されたようですし。

移籍によって、有名声優さんがひとつの事務所に集まっているわけでもなさそうですし、よくわかりません。
名塚さんのようにフリーで活躍しておられる声優さんもいるので、会社への執着というか忠誠というか縛り(?)もない業界なのかなぁ…とも思ったり。事務所によって仕事内容に差はないんでしょうか。

プロ野球業界と似ているのかなぁ、と思ったりしたんですが、やはりお給料や待遇を基準にされているんでしょうか。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、
声優さんは何を重きに事務所を決めていらっしゃるのでしょうか?
移籍が稀でないのはなぜだと思いますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

声優は、個人事業主です。

個人事業主であるということは、つまり
『声優1人1人が社長である』ということです。

声優事務所に雇われているわけではなく、『仕事を紹介してもらい、紹介料を払う』だけの関係です。
保険や福利厚生など、一切ありませんので、将来の貯蓄やら保険やらは自分で考えないといけません。
衣装も自分で用意して、交通費やら食費やらも全部自分持ち。
それらは全部領収書をとっておいて、後で税務署に確定申告をしにいかないといけません。

運送屋とか、街の八百屋さんとか、喫茶店とかの小規模な個人経営で、法人化するほどでもない事業は全部、個人事業主となり、税務署に申告すれば、サラリーマンでも開業できます。
声優も町の運送屋さんも、ほとんど一緒です。
運送屋は運送会社に仕事をまわしてもらい、声優は事務所に仕事やオーディションの話をまわしてもらいます。

仕事を1本こなしたとして、事務所から紹介料や事務手数料を引かれ、
その上で○%が事務所、×%が声優の取り分ということになります。
この条件が良いほうに移籍するのは当然でしょう。

浅野さんも、小○坂あたりに
「え!そんな条件で働いてるの?うちだったらもっといい条件だよ!」
と青二の契約内容を聞いてみて、いい感じだったから移籍したんでしょう。

ただ、声優が移籍すると、事務所にとっても損失です。
移籍するにしても恨みを買わないようにしないと、移籍先でも針のむしろでしょう。
例に出た浅野さんですが、彼女は破天荒なキャラで知られていますけど、そのへんの業界のスジは通したと思いますよ。
狭い業界だし、誰かの恨みを買って干されるなんて嫌だろうし。

業界に友達が多い・実力がある・みんなに必要とされている人はフリーでもやっていけます。
業界での人間関係を上手くお金にするわけですね。
事務所に仕事を紹介してもらう必要が無いからピンハネされませんし、
ギャラは全部自分の取り分なので、非常に稼げます。

林原めぐみ・井上喜久子・横山智佐とかみたく、
実力・コネ・キャリア全部揃っている人は、事務所を立ち上げればさらに儲かります。
もちろん、楽な道ではないですが。

声優は、個人事業主です。

個人事業主であるということは、つまり
『声優1人1人が社長である』ということです。

声優事務所に雇われているわけではなく、『仕事を紹介してもらい、紹介料を払う』だけの関係です。
保険や福利厚生など、一切ありませんので、将来の貯蓄やら保険やらは自分で考えないといけません。
衣装も自分で用意して、交通費やら食費やらも全部自分持ち。
それらは全部領収書をとっておいて、後で税務署に確定申告をしにいかないといけません。

運送屋とか、街の八百屋さんとか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報