人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

英語の修飾語とはなんですか?

どういうのを英語では修飾語というんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

日本語にも連用修飾語、連体修飾語というのがありますね。



日本語の形容詞や副詞という品詞の発想は英語と違う部分があるので、
日本語のこのような連用修飾語、連体修飾語を英語に当てはまるとわかりやすいですけどね。

連用修飾語とは、英語でいう(動詞を修飾する)副詞です。

study Enflush hard の hard
I went there yesterday. の
there, yesterday
などがそうです。

連体修飾語とは、英語では名詞を修飾する形容詞のこと。

a tall boy の tall など。

ただ、こちらの方はこれで名詞のかたまりみたいに考え、
特に文型を考える時は動詞を修飾する方のみ考えます。

I met him in the park on Monday. の
in the park, on Monday のような前置詞+名詞を
かたまりとして修飾句ということも多いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の目的語と補語と修飾語の違いを教えてください。見分け方等。。

英語の目的語と補語と修飾語の違いを教えてください。見分け方等。。

Aベストアンサー

S=主語、V=動詞、O=目的語、C=補語、M=修飾語(Mだけちょっと怪しいけど…)

S+V+Oの場合、S≠O  例:I play baseball. 「私」は「野球」ではないですね。
動詞の後にある野球が目的語です。
S+V+Cの場合、S=C  例:I am a teacher. 「私」は「先生」ですね。
動詞の後にある先生が補語です。

S+V+O1+O2の場合、O1≠O2  例:I give you my book.
「あなた」と「私の本」は別物です。
動詞の後にある「人に、モノを」のところが目的語です。
S+V+O+Cの場合、O=C  例:You make me happy. 訳は「あなたは私を幸せにする。」
「私」は「幸せ」ですね。
動詞の後の人が目的語、補語は感情なんかを表す言葉が多いようです。

修飾語はその他の部分と思ってくれればそんなに支障はないと思います。
時、場所、時間を表すものが多かったと思います。
例:The store open at ten. 前置詞at以下はM。
例:I go there. thereは場所を表す副詞なのでM。
例:I made a cake yestaday. yestadayは時間を表す副詞なのでM。


一応高校生にたまに英語を教えたりする機会のある塾講師なのですが、
記憶で書いているので、間違いやスペルミスがあったらごめんなさい。
だいたいこんな感じです。

S=主語、V=動詞、O=目的語、C=補語、M=修飾語(Mだけちょっと怪しいけど…)

S+V+Oの場合、S≠O  例:I play baseball. 「私」は「野球」ではないですね。
動詞の後にある野球が目的語です。
S+V+Cの場合、S=C  例:I am a teacher. 「私」は「先生」ですね。
動詞の後にある先生が補語です。

S+V+O1+O2の場合、O1≠O2  例:I give you my book.
「あなた」と「私の本」は別物です。
動詞の後にある「人に、モノを」のところが目的語です。
S+V+O+Cの場合、O=C  例:You make me ha...続きを読む

Q過去分詞ってなんですか?(>д<;)

こんにちわ。

英語苦手です・・・。
配られたプリントに『過去分詞』と書いてありました。
私は中2でして、習った覚えもないし、誰かに聞いても『過去分詞は過去分詞でしょww』っていわれて中々、参考になりません。

題名のとおり、過去分詞ってなんですか?
私にも分かるように分かりやすく、例文などを用いて(難しいですね;;)教えてくれれば幸いです。

Aベストアンサー

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形とはまったく関係ありません。「過去」という語がまぎらわしく「受け身・完了形」という呼び名にすればいいのにと私は思っています。
受け身・完了形ーーなのです。つまり、受け身(受動態とも言います)と完了に使うからです。
分詞というのは、2つの役割に分かれるということを意味します。動詞としての役割と形容詞としての役割です。

★過去分詞の例
まず、動詞の5つの変化の例文を書きます。
1. Tom and I do the work every day.
2. Tom does the work every day.
3. Tom did the work yesterday.
4. The work is done by Tom.
5. Tom has done the work.
6. Tom is doing the work now.
このうち、4番目と5番目が過去分詞の例です。
4. The work is done by Tom. (その仕事はトムによってなされる)
5. Tom has done the work.  (トムはその仕事をやったところです)

4は受動態(受け身)の例です。be動詞+過去分詞で使います。他の例題と主語が違うところが注意です。他の例で動詞の後にくるthe workが主語になっていますね。その仕事はトムによってなされるーーという受け身の意味となるからです。

5は4の受動態とは全く関係がありません。別物です。have (主語が単数ならhas)+過去分詞で使う現在完了形です。

もう1度確認します。
     受動態ーーbe + 過去分詞
     現在完了形ーーhave (has) + 過去分詞

これが過去分詞の使い方です。

★普通の動詞は、過去形と過去分詞形が全く同じです。

work 原形
worked  過去形
worked  過去分詞

ところがdoのようないくつかの動詞は、不規則な変化をし、その中でも過去形と過去分詞が違うものがあります。

do 原形
did   過去形
done  過去分詞

go 原形
went   過去形
gone   過去分詞

take 原形
took   過去形
taken  過去分詞

以上、ご参考になればと思います。

★過去分詞とは?
→英語の動詞の変化の1つ

動詞には変化形があります。
たとえば、doという動詞の場合

     do (原形、または現在形で複数の主語を受ける)
     does (現在形で単数の主語を受ける)
     did (過去形)
     done (過去分詞)
     doing (いわゆるing形)ーー現在分詞と動名詞があります
の5つがあります。

この変化のうちdoneが過去分詞にあたります。
なお、doingは、名詞の働きをしていなければ現在分詞です。

★過去分詞の意味
過去分詞は、過去形...続きを読む

QDoとDoesの使い方

DoとDoesの使い方がよくわかりません。
それで、問題集をやっていたのですが、
( )Mark and judy study jyapanese?
の質問文の( )に入るのはDOとDOESどちらですか?
私はdoを入れたのですが、なんとなくでよくわかっていません。
どなたか、英語がものすごく苦手な自分にも分かるようにDOとDOESの使い方を教えて下さい!お願いします。

Aベストアンサー

簡単ですよ。難しく考えないことです。
 
主語が「I」と「YOU」以外の単数(一人、一つのもの)ならDoesを使います。これだけです。 

 ・主語が単数(一人、ひとつ)ならDoesで、複数(二つ以上)はDoです。
 ・「I」と「You」は例外です いつでもDoです。

この場合主語はMark and Judy(二人)で複数ですから、正解はDoです。

 中1で完全にわかることは難しいので、このくらいの覚え方でいいと思いますよ。あきらめずに続けていれば、だんだんとわかります。たくさんの例文を暗記していくと、はじめ質問者様のように、混乱することもありますが、あきらめずに暗記を続け、文法問題を少しずつこなしていくと整理がついてきます。気になったら学校の先生にすぐ教えてもらうことです。一番安くて身近ですから。
頑張ってください。

Q前置詞句は補語になってはならないのでしょうか

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、どうしても東大の英文科出身の方の言葉が正しいのではないかと考えております。
しかし現在、英語が出来ないなりにその後も長年英語を勉強し続けた結果、知人の言うように前置詞句は補語としても働くと考えたほうが気分的にスッキリすると感じるようなことがかなりあります。とはいえ、私にとっては権威とも思える東大の英文科出身の方の言葉が常に頭をよぎり、前置詞句を補語と解釈するのは誤りであるのではないかと不安になります。
「前置詞句は補語になってはならない」というルールは間違いないのでしょうか。前置詞句が補語になるという説がある場合、可能でしたら権威には権威ということで、前置詞句が補語になる場合のことを説明した本を読めば安心できますので、そのような本をご存知でしたらあわせて教えていただきたいと思います。

私は以前、東大の英文科出身の方から、
「”前置詞+前置詞の目的語”という前置詞句は形容詞句もしくは副詞句として働く。但し、形容詞句となった場合は名詞を修飾する働きはあるが文の要素である補語(c)となることはできない。」
と習いました。
その後、知人から
「 He is in Japan. や He is from Japan.のような文は、前置詞句は補語でも副詞句でもどちらでも解釈できる」
との話を聞きました。
私も人のことは言えないのですが、この知人はTOEICでスコア600も取れないほど英語が出来ないので、...続きを読む

Aベストアンサー

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=補語,とは言い切れないという反論はあると思います。

 形容詞と副詞の線引きは難しく,同形のものもあれば,形容詞 high に対して,副詞 high, highly のように2つの副詞があったりします。
 また,be 動詞の補語になる副詞というのもあるのです。The flowers are out.「花が咲いている」,He is in.「彼は在宅している」,School is over.「学校が終わった」などがそうなのですが,辞書によってはこの out, in, over は形容詞に扱われています。

 「形容詞」「副詞」「補語」の定義や,be 動詞の扱いによって,意見は異なると思います。

 実は,同じような質問はたびたびあり,私も何度か回答しています。「前置詞 補語」などで,このカテ内で検索すればいくつか見つかると思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2041237.html
 ここでも述べていますが,He is in Japan. の場合,He is だけでは文意が通らず,in Japan というのは文に不可欠であり,修飾語というよりも,補語と考えてもいいのではないでしょうか。
 
 ただ,辞書をよく引いている人なら気がつくと思いますが,自動詞のなかには,修飾語が不可欠なものがあり,「不可欠」=...続きを読む

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q動詞句って何ですか?

先日、英語の先生が「来週テストをやる。内容は教科書の中から『動詞句』を抜き出し、それの和訳、英訳、計50問だ。」といいました。

しかし私は困ったことに動詞句が何をさすのかわかりません。
たとえば「be動詞+過去分詞」、「助動詞+動詞の原型」、「動詞+前置詞」などどれが動詞句にあたるのか良くわかりません。結構いいかげんな先生なので特に何も述べませんでした。

とりあえず私は教科書の中の何を覚えればよいのでしょう?

Aベストアンサー

No1.akizuki_risaのおっしゃてるように動詞句とは「基本動詞+前置詞or副詞」のことです。
受験で、よく、熟語とかイディオムとか言ってるものです。

Q分詞は形容詞?

初歩的な質問になるのですが、分詞について理解しかねて
いる事があります。

例えば「excited / exciting 」を辞書で調べると、品詞は
形容詞となっています。
“I'm excited about it.” のようにbe動詞の後にくるので,
品詞で表わすと形容詞なのだろうと思います。

そして「分詞」の意味を確かめたところ、
(分詞…動詞が形容詞的な働きをすること)とありました。

“分詞は形容詞的な働きをして、品詞としては形容詞”という事が
( 形容詞のようで形容詞?) と混乱しています。
言葉の言い回し方になるのかもしれないのですが…。

また、分詞は品詞で表わすとすべて形容詞なのでしょうか?

随分と勘違いをしていたり、上手くご質問できていないかも
しれませんが、ご説明を頂けると大変有難いです。

Aベストアンサー

大分、分詞の働きで悩んでいるようですね?
おおまかに言えば、(私の持っている文法書によれば)形容詞と動詞の性質を兼ねている準動詞を分詞と言うとあります。
分詞には、現在分詞と過去分詞がありますが、be 動詞の後ろに来るからすべて形容詞とは限りません。
分詞は動詞に形容詞的機能を持たせたものである事は確かですが、本来の動詞的機能も持っているのです。
動詞として働くのは、進行形や完了形、そしてご質問者の混乱の原因を作っている、受動態です。
これらは分詞の形を取っていても形容詞として働いているわけではありません。

確かに、辞書を見るとexcited は形容詞となっています。
形容詞的用法として載っているのも確かです。

先日、I was born in.....という文は受動態かどうか、すなわち、使われている born は動詞か形容詞かという事にも通じる質問がありました。
そのハッキリした回答を私はネイティブの専門家から頂きましたが、その方の説明によると、動詞として捉えるか形容詞として捉えるかはその内容であるとの回答に私は納得いたしました。
このborn という動詞も、辞書によって、形容詞と説明されている事がありますが、同じ「生まれる」でも、
Jesus was borne by Mary.
イエスはマリアから生まれた(生まされた)と言う場合と
I was born in 1967.(私は1967年に生まれた) や He was born a poet.(彼は生まれながらの詩人だ) などはその意味が明らかに違います。
前者は、誰かによって為された行為の受動態であり、後者は誰かによって為された行為というより、その主語が『在る状態』と見た方がしっくり来ます。
それを今述べるのはここでは本筋ではありませんので、これ以上は省きますが、結論としてそのネイティブは使われている過去分詞が動詞であるか形容詞であるかの分け方はその述べられている内容によると説明してくれました。

I'm excited が形容詞的用法なのか、あるいは受動態なのかはさておき、動詞には現在、過去を含めて、既に形容詞化したものがあります。
charming, interesting, boring,exciting,
pleased, worried, confused, excited 等々。
これは、その時々で、またセンテンスの中に出て来たときに確かめながら覚えていくしかありません。

また、《be+過去分詞》の他にも、過去分詞は名詞の前や後ろに付いて様々な形で形容詞の役目を果たします。
どこに置くかはまたそれなりのルールがあり、今すべてをここで説明するわけにはいきません。
一つ一つのケースを例文として出して、その時々で回答を求めるようにしていくべきです。
少し、例を出しておきます。
過去分詞
retired people, excited crowd, advanced technology,
現在分詞
amazing people, charming lady, interesting boy,
などは名詞の前に付いてその名詞を形容しています。
これらはすべて形容化した動詞ですが、すべての動詞がこのような形になるわけではなく、たとえば
A bird is singing .(一羽の鳥がさえずっている)
のように分詞が動詞として活用されています。また、
singing bird (さえずる小鳥)
のようにこれは形容詞として働いています。

要するに、動詞は形容詞として働くために分詞に形を変えているというだけで、本来の役目を失ったわけではありません。
これは分詞という形に限らず、動詞はすべて名詞に対してそのような役目を最初から負っていると言えるかもしれません。
しかし、「鳥がさえずる」という事と「さえずる鳥」という事の違いを表わすために動詞を形容詞化する必要が出て来るのだと思います。

まだ、言葉足らずで充分説明出来たとは思いませんが、分詞がすべて形容詞になるという思い違いだけはしないで欲しいと思い回答させていただきました。
考えを纏める上で少しの助けになればと思います。

大分、分詞の働きで悩んでいるようですね?
おおまかに言えば、(私の持っている文法書によれば)形容詞と動詞の性質を兼ねている準動詞を分詞と言うとあります。
分詞には、現在分詞と過去分詞がありますが、be 動詞の後ろに来るからすべて形容詞とは限りません。
分詞は動詞に形容詞的機能を持たせたものである事は確かですが、本来の動詞的機能も持っているのです。
動詞として働くのは、進行形や完了形、そしてご質問者の混乱の原因を作っている、受動態です。
これらは分詞の形を取っていても形容詞とし...続きを読む

Qvery well とvery goodの違いを教えてください。

大体の意味の違いだけでなく形容詞であるwellと goodの違いから教えていただけると光栄です。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 wellは基本義は“上手く”という副詞です、形容詞として使うと“けんこうな、とか適切な、とか満足な、好都合な”といった意味になります。
 一方goodの基本義は“良い”という形容詞であり、副詞としては“よく、上手く”というwellと同義になります。
従って、
 very good、、、(形)とてもよい
 very well,,,(副)とても上手、(形)とても元気
と訳すのが一般的だと思います。
以上、期待に添えられましたでしょうか?

Q主語とは?動詞とは?中学生にどう説明しますか?

女子大学生です。中学2年生の家庭教師をしています。

今日指導に行ってきたのですが、「この文で動詞はどれ?」と言ったら「動詞って何?」と言われてしまい、うまく説明できませんでした。自分が習ったときは、割とすんなり飲み込めたせいだと思うんですが。
また「Many people live in Tokyo」のような文で「Many peopleが主語だよね」と言ったら、「えっ、主語って単語のことだと思ってた」と言われました。

成績は中の下くらいのコです。he-his-himの変化を今でも覚えられていません(I、you、sheは覚えているのですが)。

主語、動詞などについて、中学生にも分かりやすいような説明を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは単語を覚えてもらいましょう。今の中学生は、「覚える」という努力をさせられていません。格変化が覚えられていないのも、努力をしていないからです。今のたいていの公立学校は、「単語は、そのうちに覚えてね~」って感じです。

で、主語、動詞についてですが、まず、動詞とは何か。日本語にして語尾を延ばしたときに「ウ」となるもの、です。「走るぅ」「住むぅ」「起きるぅ」「働くぅ」などなど。
なので、Manyの意味は?「たくさんの」。peopleの意味は?「人々」。liveの意味は?「住む」。inの意味は?「どこそこに」。Tokyoの意味は?「東京」。と一つずつ答えて貰って、「語尾を延ばしてウになるものはどれかな?」と確認しましょう。「たくさんのぉ」「ひとびとぉ」「住むぅ」あ、ウになった!って感じですよね。
そして、主語とは。動詞の前にある名詞の単語のかたまり。です。名詞とは?物の名前です。これでいいと思います。
中学生に、小難しい文法用語はいりません。これで、話が通じると思いますよ。

頑張ってくださいね。

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100


人気Q&Aランキング