国民保険に加入しています。医療費が1年間に、ある一定額(6万円?)を超えた場合、申請をすれば、超過分が戻ってくるって聞いたのですが、病院に行くのに使った交通費(通院費)も戻ってくるのでしょうか?以前、他府県の病院に診察・治療に行ったのですが、その時の交通費(新幹線代)も戻ってくるのでしょうか?その時の(病院の)領収書は持っています。でも、電車代の領収書は持っていません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

先ほどの追加ですが、戻り金の額は、納めている税金の額によって違うかもしれません。

    • good
    • 0

高額療養費についてですが、国民保険の場合、支給の対象となる場合は、管轄の役所から通知がくると思います。

私が入院した時は市役所からハガキがきました。そのハガキをもって市役所に行き、手続きをしました。
ちなみにそのほかの保険の場合は、会社で手続きをしてくれたり、自分から社会保険事務所に行くなど、加入保険によってちがいます。
医療費控除についてですが、私の場合は、入院に対して生命保険がおりたため、その金額がかかった費用から差し引かれ、結局年間10万を超えないため申請はできませんでした。その時聞いたのですが、年間11万かかったとすると11-10で、差額の1万に対して、計算されて、戻り金は1000円くらいだそうです。
    • good
    • 0

所得税の医療費控除の場合、交通費はメモをとっておけば、確定申告後返ってきますよ。

    • good
    • 0

 高額療養費のことだと思いますが、公的医療保険が適用される治療を受け、病院や診療所へ支払った1ヶ月の自己負担額が1病院・1診療所について63600円(低所得者は35400円)を超えた場合、超えた分が申請により現金で払い戻されます。

この費用には、交通費や差額ベッド代なとは、対象になりません。
 よく似た制度で、医療費控除がありますが、これは、医療費が年10万円(原則)を越えれば、その分が所得から控除されるもので、これには、保険の対象にならない費用(交通費・差額ベッド代、一般薬代含む)も対象になります。

参考URL:http://www.af.wakwak.com/~takahashi.co/jp/new_pa …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q過去3年分の医療費をまとめて確定申告できますか

友人から過去3年分の医療費は確定申告で控除できるとお聞きしました。
去年、平成22年度の確定申告では平成22年1月~12月31日までの医療費(150,000円)は申告できました。
本年度、平成23年度の医療費確定申告では去年の医療費を除く、平成20年、21年度、23年度の医療費も合わせて申告したいと思っているのですが可能でしょうか?
ちなみに20年度の医療費は450,000円、21年度の医療費は85,000円、23年度の医療費は175,000円です。

Aベストアンサー

友人から過去3年分の...]
3年ではなく5年です。

平成20年、21年度、23年度の医療費も合わせて申告したいと思っているのですが可能でしょうか?」
合わせてというのが「全部合算して23年分として控除を受けるという意味なら不可能です。
例えば23年1月1日から12月31日に支払った額が、23年分の医療費控除の対象額になります。
21年に支払った額を23年分の申告に「合わせる」ことはできません。

20年度の医療費は450,000円、21年度の医療費は85,000円、23年度の医療費は175,000円です。
それぞれの年の確定申告書を作成します。
21年分については、貴方の総所得額の5%と10万円のいずれか低い額を85,000円から引いた額が「医療費控除額」です。
逆算すると「貴方の総所得金額が200万円以上」なら、10万円以上の医療費額がないと控除対象額は発生しないということです。

Q医療費控除 遠隔地の病院へ行く際の交通費について

地方都市に住む者です。
うちの乳児が、地元の病院より東京の病院を紹介され診察を受けることになりました。
それにかかる交通費を医療費控除に申請しようと思うのですが、いくつか質問です。
領収書は必要ないようなので、当然、「通常の金額」で申請しなければいけないものと思いますが、
何を通常とするのかが良いかがわかりません。

・乳児ですので、当然親が付き添うのですが、親の交通費を請求できるのでしょうか?
それとも、子どもが独りで行ったと仮定した小人料金での申請になるのでしょうか?

・診療時間に間に合わせるには、特急を利用するしかないのですが、特急料金も申請してよいのでしょうか?また、指定席を取った場合の金額は?
また、特急料金が認められる場合、帰りは特急でなくても帰れるのですが、帰りも特急を使用した場合の特急料金も認められるのでしょうか?

・割引切符等を使用しようと考えています。この場合の申請料金は?
通常の金額を申請してしまうことも出来るのでしょうか?


いろんな場合を考え出したら止まらないので、具体例で考えたいと思います。

仮に、親子二人で通院した場合、通常の片道料金で
乗車券大人4,000円、特急料金2,500円、指定席料金500円とします。
ただし往復割引切符(指定席付)が9,000円で売られていたとします。
この場合、認められる申請金額は?

地方都市に住む者です。
うちの乳児が、地元の病院より東京の病院を紹介され診察を受けることになりました。
それにかかる交通費を医療費控除に申請しようと思うのですが、いくつか質問です。
領収書は必要ないようなので、当然、「通常の金額」で申請しなければいけないものと思いますが、
何を通常とするのかが良いかがわかりません。

・乳児ですので、当然親が付き添うのですが、親の交通費を請求できるのでしょうか?
それとも、子どもが独りで行ったと仮定した小人料金での申請になるのでしょうか?

・診療時...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

これ迄何度も医療費に関して確定申告してきました。

管轄の税務署のさじ加減と言う所だと思いますが、特急料金は難しいと思います。
東京から名古屋までと言うのであれば認められるかもしれませんが。

これ迄3カ所で申請しましたが、自家用車のガソリン代は全てで不可。
その場合は自宅から病院迄の公共交通機関で計算してほしいと言われました。

私の場合は年取った母の付き添いで行きましたが、家計をともにしているのであれば大丈夫でした。

深夜の場合はタクシーを請求した事も有ります。

しかし、昼迄時間がないと言うのは難しいでしょう。
証明が難しいので、それがOKになると毎回タクシーを使う人も出るでしょうし。

管轄の税務署に電話をすると丁寧に教えてくれますが、税務署が近くで二度手間をいとわないのであればまず、実際に支払った金額で請求するのが良いと思います。

スイカなどの電子マネーではなく切符を買って携帯で写真を撮っておけば良いんじゃないでしょうか?
一度年間の領収書が大量に有ったときなどは税務署で申請書を作って頂くのを手伝って頂いたのですが、ぱらぱらと見るだけでしたよ。

尤も、医療費控除は所得からの控除ですから、いくらも戻ってきませんが。
特に医療費は全額戻るでしょうから、交通費などで年間10万円以上に成らないとそもそも申請出来ませんし。

お子さんの通院と治療で大変だと思いますが、お大事に。

はじめまして。

これ迄何度も医療費に関して確定申告してきました。

管轄の税務署のさじ加減と言う所だと思いますが、特急料金は難しいと思います。
東京から名古屋までと言うのであれば認められるかもしれませんが。

これ迄3カ所で申請しましたが、自家用車のガソリン代は全てで不可。
その場合は自宅から病院迄の公共交通機関で計算してほしいと言われました。

私の場合は年取った母の付き添いで行きましたが、家計をともにしているのであれば大丈夫でした。

深夜の場合はタクシーを請求した事も有ります...続きを読む

Q確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかま

確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかましたが、幸い手術もうまくいき、予後も順調に回復しており、年末に無事退院を致しました。さて確定申告で医療費控除を申請する際、医療保険からの給付金、さらには健康組合からの高額医療費還付をどうあつかったらよいかお教え頂きたく。両者が、昨年中にあれば、確定申告する際、医療費から差し引くべきであることは理解出来るのですが、それぞれ年があけて今年の一月(医療保険と高額医療費還付の第一陣)、多分二月に高額医療費の還付の本隊があるはずです。
この場合、昨年の医療費から、今年うけた諸給付を(多分三月にも高額医療費還付はあるはず)削除するのか、それとも税金とは昨年だけで完結すべきものであるため昨年の医療費に今年給付を受けたものは関係ないので、削除する必要がない(そのかわり諸給付は今年の雑収入として20万円をこえれば確定申告する)のいずれが正しいのでしょうか。
健康保険組合の高額医療費控除の最終部隊は3月末の予定なので、どちらにしろ確定申告に反映させることはできません。来年どうしたらよいのでしょうか。

確定申告で医療費控除を行おうとしております。昨年秋に家人が大病にかかましたが、幸い手術もうまくいき、予後も順調に回復しており、年末に無事退院を致しました。さて確定申告で医療費控除を申請する際、医療保険からの給付金、さらには健康組合からの高額医療費還付をどうあつかったらよいかお教え頂きたく。両者が、昨年中にあれば、確定申告する際、医療費から差し引くべきであることは理解出来るのですが、それぞれ年があけて今年の一月(医療保険と高額医療費還付の第一陣)、多分二月に高額医療費の還付...続きを読む

Aベストアンサー

>昨年の医療費から、今年うけた諸給付を(多分三月にも高額医療費還付はあるはず)削除するのか…

こちらです。

>最終部隊は3月末の予定なので、どちらにしろ確定申告に反映させることはできません…

補填される金額が申告時までに分からない場合は、皮算用で引き算し、確定した段階で皮算用と違ったら、確定申告の訂正をすることと定められています。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120_qa.htm#q2

>それとも税金とは昨年だけで完結すべきものであるため昨年の医療費に…

そうではありません。
もちろん、大晦日で完結すべきなのは間違いありませんが、補填を受ける権利も大晦日までに確定しているわけで、ただその額が定まらないだけです。
確定申告が 1/1 からではなく 2/16からと定められているのはこのためです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q医療費は戻ってくる?

ここのカテでよかったのかなぁ?と思いながらの質問です、すみません。
友人の弟さんは心身に障碍があり、さまざまな形で医療を受けています。保険のきかない特別な訓練なども受けておられます。
で、そのお母さんは、治療費や通院のためにかかった費用のレシートをすべて保管し、市役所に持っていくというんです。なんでも戻ってくるんだとか。
これは、弟さんに障碍があるからなのでしょうか?
それとも、普通の私でも使える制度なのでしょうか?

Aベストアンサー

参考にして下さい。
http://www.enjoy.ne.jp/~h.simizu/

Q確定申告と医療費控除の関係について

少し複雑な質問ですがよろしくお願いします。
サラリーマンです。
両親と妻・子供一人を扶養しており、毎年医療費が15万円くらいなっています。
1昨年は、給与以外の収入があったため確定申告を行い、合わせて医療費控除の申請を行いました。
昨年は、給与だけの収入です。
今年、給与以外の雑収入があるため来年確定申告が必要と担当から説明がありました。
このため、今年の医療費控除の申請を行わず、来年の確定申告に合わせて、確定申告は17年、医療費控除の申請は16年分と17年分(約30万円)を一緒に申請できるでしょうか?

Aベストアンサー

確定申告も医療費控除も確年ごとの申告となっています。

従って、16年の医療費控除は16年分の確定申告で、17年分の医療費は1年7分の確定申告で控除を受ける事となります。

又、確定申告は、一度も確定申告をしていない年について、還付のための確定申告をする場合は、5年間まで遡ることが可能です。

従って、来年に、17年と16年分について、それぞれ医療費控除の為に確定申告をすることは可能です。

なお、給与所得者の場合、給与以外の所得が20万円以下の場合は、申告をする必要がありません。
ただし、医療費控除などのために確定申告をする場合は、20万円以下の給与以外の所得も申告をする必要があります。

20万円以下の所得を申告して所得税が増えるのと、医療費控除で所得税が減る金額を比較して、確定申告をするかどうか判断しましょう。

Q医療費が戻ってくる場合について

医療費が一定額を超えた場合に戻ってくるという制度についての質問です。
ひとつきの医療費が81000円を越えた場合、超えた分は戻ってくると聞きました。
その場合の「ひとつき」というのは、同じ月、という意味でしょうか、それとも30日、という意味でしょうか。
月をまたいだ場合、たとえば、1月20日~31日までの医療費が10万円、2月1日~2月10日までの医療費が10万円だったら、全部で162000万円払うのでしょうか、それとも、医療を受けた期間が21日間だから、81000円で済むのでしょうか。

もし前者だったら、なんだか納得いかないような・・・だって、医療を受けたタイミングによって支払い金額が大きく違うということになりますから。

以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医療費の締めは月末なので、残念ですが、答えは前者になります。これはルールなのでしょうがないです。

また、医療費が返ってくる条件として、同一の病院、同一の課であること、返金対象は保険治療で
かかった費用のみで保険外に関しては対象になりません。保険外が絡んでくるのは、確定申告の時です。

Q確定申告時の医療費控除について

こんにちは。

確定申告の医療費控除について教えてください。

確定申告をすると、医療費のなんのお金が戻ってくるのですか?いっぱい病院行くと戻ってくるのですか?

確定申告についてなにもわからないので、教えてください

Aベストアンサー

所得金額から税を計算する時に、「控除」があります。簡単に言えば医療費がかかったら其の分のなん%かをおまけしてくれます。領収書を全て取っておいて確定申告の際に提示すれば良いです。ざっくりですが年間に10万円くらいの医療費が対象になります。

Q病院の領収書名が別人でした。 診療時間後に気づき、電話しましたがつながらず病院には連絡出来ていませ

病院の領収書名が別人でした。

診療時間後に気づき、電話しましたがつながらず病院には連絡出来ていません。

別人の診察料を保険証で支払ったことになっているんですが、こんなミスありえますか?

通院は周りには絶対に知られたくないことなので、私の領収書が誰に渡っているかが気がかりです。領収書兼明細書なので、診療内容まで丸わかりです。

明日連絡しようと思いますが、どのような対処を求めれば良いでしょうか。

Aベストアンサー

返信ありがとうございます!
病院にメール出来たんですね!よかった!
これで少なからず証拠は残ります。

その上で、説明したとおりです。
今日はこれでゆっくり寝られますね!
明日の病院への電話と、区役所への電話。
+説明内容の実行です!

おだいじにです^^

Q医療費控除・確定申告について

医療費控除・確定申告についてです。
現在、夫が1~7月までアルバイト、8月から派遣社員で就職しました。私は出産のため8月まで働いて退職しました。
出産にかかった費用から出産一時金を差し引いて13万円ほどの医療費を使いました。来年の確定申告時に医療費控除を申請しようと思うのですが、次のことが心配です。
1.夫の1~7月までのアルバイト分は毎月2~3万円くらいですが確定申告の必要はあるのでしょうか?
2.医療費控除申請は夫と私の所得を足したものから計算されるのでしょうか?もし片方だけの所得で申請できるならどちらをしたほうがいいのでしょうか?
3.私は確定申告したほうが良いのでしょうか?
4.どこで確定申告をおこなえばいいのでしょうか?税務署だけですか?

また、昨年度の医療費控除はもうできないのでしょうか?

Aベストアンサー

アルバイトにせよ、正社員にせよ、1月~12月の所得が103万円(所得控除65万円・基礎控除38万円)以上になると確定申告をする必要があります。
医療費控除は、同居家族全員分の医療費を、家族の中で一番所得の多い方で申告すると還元率がよいです。
医療費控除は、納めた(算出した)税額の中から控除されるので、控除される以上の税額が出ないと、まったく意味がありません。
税金は、個々別々ですので、夫婦の所得を合算することはありません。
申告は、確定申告の時期(2月16日~3月15日)ですと、近くの公民館や市役所、公の場所などへ税務署員の方が出張してきてくださいます。
国税庁のHPから、申告書を作成しプリントアウトし、必要なもの(源泉徴収票・領収書など)を添付や同封をして税務署へ郵送すればご自分でご家庭ですませることができます。この場合、納税は郵便局や銀行へ行って、窓口にある納付書に記入して納めればよいのです。医療費の還付などは、後日銀行口座などへ入金されます。
税金は、時効が5年ですからそれまで遡って申告や還付を受けることができます。

Q高額医療費は申請後に大幅に戻ってくる?

高額医療費がかかった場合、2年以内に役所とか?に申請すれば、国保加入者であれば、例えば50万円の医療費を払っていても申請後に戻ってくる(あくまで申請で戻ってくることを知っている人は実質6万円程で済んでしまうらしいのを最近TV番組でやっていました)らしいのですが、よく分からず覚えていません 分かりますでしょうか?

Aベストアンサー

『高額療養費とは、同じ病院や診療所で支払った1ケ月の医療費が、
80,100円(平成18年9月までは72,300円)を越える場合には、
その額が、手続きをすれば戻ってくるという制度です。』

http://www.enjoy.ne.jp/~h.simizu/kougaku2.html

注意事項としては、
『一部負担金の考え方
●暦月ごとに計算 月の初日から月末までの受診を1か月として計算します。
●病院、診療所ごとに計算 同月内に複数の病院・診療所を利用した場合は、
それぞれ別に計算します。また、総合病院の場合、各診療科ごとに別に計算します。
●歯科は別計算 同一の病院・診療所に内科などの科と歯科があるときは、
歯科は別の病院・診療所として扱います。
●入院と通院は別計算 同一の病院・診療所でも、入院と通院は別計算とします。
ただし、総合病院の入院患者が他の診療科で治療を受けた場合は、含めて計算します。
●処方箋による調剤を受けたとき 病院から交付された処方箋により、
薬局で調剤を受けたとき、薬局で支払った額は、処方箋を交付した病院分に含めて計算します。
●療養費の支給を受けたとき 診療を受けた月と同じ月に療養費の支給を
受けたとき、算定の基礎となった一部負担金相当額も含めて計算します.
ただし、70歳未満の人は、一部負担金相当額が21,000円以上の
場合のみ合計することができます。
●入院時の食事代、差額ベッド料などは計算に含まない 入院したとき
の食事代や差額ベッド料など、保険診療の対象とならないものは除きます。

時効について
高額療養費の支給申請についての時効は、診療を受けた月の
翌月1日から起算して2年間です。 』

このあたり、よく勘違いするケースがあります。

また、最初に大金を支払う余裕がない人が多い。返金までに時間がかかる
などの理由で、患者(市民)の負担を減らすという観点から、
次のような制度が実施されていますから、こちらもご覧ください。
『平成19年4月診療分から、70歳未満の方は、国民健康保険証と
限度額適用認定証を提示すると医療機関での支払いが自己負担限度額までとなりました。』

『高額療養費とは、同じ病院や診療所で支払った1ケ月の医療費が、
80,100円(平成18年9月までは72,300円)を越える場合には、
その額が、手続きをすれば戻ってくるという制度です。』

http://www.enjoy.ne.jp/~h.simizu/kougaku2.html

注意事項としては、
『一部負担金の考え方
●暦月ごとに計算 月の初日から月末までの受診を1か月として計算します。
●病院、診療所ごとに計算 同月内に複数の病院・診療所を利用した場合は、
それぞれ別に計算します。また、総合病院の場合、各診療...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報