仕分けについて教えて下さい。
私の会社はA社に売掛、買掛どちらもあります。
末締めに請求した分を翌月の15日に、手形で売掛金を支払いに持ってこられます。その際にA社に請求されてた分は相殺として、領収書も一緒に頂いてます。
今までは、A社から請求書が届いたら
消耗品費¥○○○○/買掛金¥○○○○
A社に請求書出して
売掛金¥○○○○/売上高¥○○○○
翌月の15日に買掛した分の領収書いただいて
買掛金¥○○○○/売掛金¥○○○○ 相殺
としてました。
で手形で売掛金を頂いた時は仕分けせず
銀行で通帳に手形を入れた際に
売掛金¥○○○○/普通預金¥○○○○
としてこの流れで処理してました。
しかし弥生会計で入力した際
集計→残高試算表→月次.期間の
売掛を会社別に見るとなんだか見にくい事になってて
税理士さんに聞いたところ、手形をいただいたら売掛をその分減らさないといけないと言われました。
頭の回転がよくない私には何がなんだかわかりません。
だからといって何回もお尋ねできず…
誰かわかりやすく教えていただけないでしょうか?

A 回答 (3件)

「約束手形」や「受入手形」ってのは笑いもののタネになるからやめましょう

    • good
    • 1

こんばんは。




>手形で売掛金を頂いた時は仕分けせず・・

いいえ。

手形で売掛金を頂いた日、
〔借方〕受取手形☆☆☆/〔貸方〕売掛金☆☆☆
と仕訳しましょう。
※それが約束手形であれ、為替手形であれ、「受取手形」で仕訳して下さい。

そして、

>銀行で通帳に手形を入れた際に

普通預金通帳に☆☆☆と記入された日に、
〔借方〕普通預金☆☆☆/〔貸方〕受取手形☆☆☆
と仕訳しましょう。


頑張って下さい。
    • good
    • 1

>で手形で売掛金を頂いた時は仕分けせず…



だめですよ。
【約束手形 ○○円/売掛金 ○○円】
(注) 約束手形でなく「受入手形」と「支払手形」に区別しても良い。

>銀行で通帳に手形を入れた際に…

手形を銀行に持って行っただけでは仕訳無用。
期日が到来して入金扱いされた日に
【普通預金 ○○円/約束手形 ○○円】
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q買掛金や売掛金の相殺について

青色申告初心者です。
基本的な事を質問するようですがどなたかご教示下さい。

売掛金と買掛金の借方貸方金額が合わないことに気付きました。
よくよく考えてみると昨年の12月に掛けで仕入れたものは
翌月の支払いになるので今年の1月に支払っている分があった為です。
売掛金もこれ同様のしくみで借方と貸方の金額にズレが生じたようなのですが
このような年末から翌年の繰越の売掛買掛はどう処理するべきなのですか?

回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>12月に掛けで仕入れたものは翌月の支払いになるので今年の1月に…
>借方と貸方の金額にズレが生じたようなのですが…

ズレなどでなく、正当なことです。

・12/20 【買掛金 100円/仕入 100円】
・12/31・・・買掛金が 100円残っている
・1/10 【買掛金 円/現金 (or 普通預金) 100円】
・支払ったので買掛金が 0 になった

>年末から翌年の繰越の売掛買掛はどう処理するべきなのですか…

相殺などしてはいけません。
大晦日現在で未入金、未払いのものはそれぞれそのとおりに、貸借対照表に表現しないといけません。

>売掛金と買掛金の借方貸方金額が合わないことに…

もともと同じ数字になるものでありません。

Q手形金と買掛金の相殺

弊社の取引先が民事再生手続の申立を行いました。
取引先に対して、手形金債権と買掛金債務を有している状態ですので、
債権届出期間中に相殺したいと考えていますが、対象となる手形額面が買掛金債務額を上回っている為、手形額面の一部について相殺をする予定です。
この場合、内容証明での相殺通知の他に、手形の取扱い(何らかの記入が必要なのか?など)は、どのようにすればよいのか助言をお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2の者です。

相殺適状については、「手形債権については、既に支払期日が経過」とのことであれば、私も大丈夫かと思います。債務のほうは、その債務の債務者側が任意で支払期日よりも前に支払うことが出来ますから、相殺においても期日を気にする必要はありません。そのため、債権が期日到来していれば、相殺可能です。

手形については、相殺通知後または通知と同時に、手形に一部支払済みの記載をしてもらうことになります。これは、masakichyさんが持参なさっても、相手を呼び出しても、郵送でやり取りしても構いません(法の原則は持参ないしmasakichyさんの費用負担になろうかと思いますが、両者で揉めて話が付かなくなるのなら格別、そうでなければ原則どおりでなくて構いません)。

記載の具体的内容については、いま手元に資料がないため、分かりません。お役に立てず申し訳ありません。


それから、他の方への補足に関してですが、「実務的には債権の届出書に相殺する旨を書いて提出する事で、相殺可能」ということはありません。届出は裁判所に対してするものであって、通知とは提出先が異なりますから、届出とは別途で通知が必要です。

No.2の者です。

相殺適状については、「手形債権については、既に支払期日が経過」とのことであれば、私も大丈夫かと思います。債務のほうは、その債務の債務者側が任意で支払期日よりも前に支払うことが出来ますから、相殺においても期日を気にする必要はありません。そのため、債権が期日到来していれば、相殺可能です。

手形については、相殺通知後または通知と同時に、手形に一部支払済みの記載をしてもらうことになります。これは、masakichyさんが持参なさっても、相手を呼び出しても、郵送でやり取り...続きを読む

Q売掛金と買掛金の相殺について

私の会社で同じ取引先から売上と仕入があるので、
よく相殺をします。
事前に相手先から相殺金額を聞いて、今回は私の会社側から支払が発生する形になりました。
支払を済ませたあとに、相手先から相殺の明細が届いたのですが、先に聞いていた金額と相殺金額が違っていました。領収書も送られてきたのですが・・・・


例えば↓
買掛金10万/売掛金5万
       /当座 5万 で、5万円の相殺だったはずが、

相殺金額4万で明細と領収書が届きました。


経理経験があまりないので、どうしたらいいのかわかりません。よろしくお願いします

Aベストアンサー

買掛金10万/売掛金5万なら、5万円を支払えば差し引き0になりますね。
しかし、先方から届いた相殺金額が書かれた領収書は4万円ということで・・・
>あなたの会社A、先方の会社Bとすると・・・・・まず、今回の請求額はA→B 5万円。B→A 10万円に間違いがなければ、それぞれ1万円は翌月に繰り越します。
先に聞いていた金額は5万円だったのですか?
どこかで、何かがおかしいです。
もう一度B社からの請求書を確認してください。

Q売掛金、買掛金と返品の相殺仕訳

経理初心者で仕訳がわからなくなり困っています。頭がこんがらがってます。
売掛と買掛がある取引先で、処理後の買掛からの返品時の仕訳とその翌月の仕訳を教えてください。m(__)m

毎月20日締で翌月15日に相殺分の振込みがあります。

4/20締分は
5/15売掛から買掛を相殺されて振り込まれました。

4/25 4月分の仕入れの一部を返品
5/20売掛のみ、取引先からはマイナスの請求書
6/15 返品分の相殺なしで売掛のみ振り込まれました。

ここまでは返品分を抜かして記帳済です。

・6/20売掛のみ
7/15 返品分と売掛がプラスされて振り込まれました。

この返品分の仕訳と7/15の仕訳をお願いいたします。
記帳済の修正も必要でしたら、その仕訳もお願いいたします。

Aベストアンサー

勝手に金額を入れてみますね。


4/20  売掛金 / 売上  30,000円
     仕入  / 買掛金 20,000円

4/25  買掛金 / 仕入  4,000円 返品 

5/15  買掛金 / 売掛金 20,000円 相殺
     預金  / 売掛金 10,000円


 (この時点で、売掛金残=0円  買掛金残=△4,000円)

5/20  売掛金 / 売上  50,000円
     買掛金 / 仕入     0円(これは、仕訳しませんね)

6/15  預金  / 売掛金 50,000円


6/20  売掛金 / 売上  70,000円
     仕入  / 買掛金    0円(これも、仕訳しませんね)

7/15  預金  / *** 74,000円

   *** は、どうすればいいの?

ということですよね。

   売掛金 70,000円
   買掛金  4,000円(返品による過払金の返金)

でいいと思いますよ。



      
 

Q約束手形買取と売掛金相殺について

質問です。
関連会社から5,000,000の約束手形を4,900,000で買取ることになりました。
この関連会社には、うちの会社に4,000,000の売掛金があります。
なので、売掛金と相殺して900,000を現金で支払うことにしました。

この場合の仕訳は、
受取手形5,000,000 / 売掛金 4,000,000
           現金  900,000
           雑収入 100,000 
これでいいのでしょうか?
それから、売上げ帳にはどのように記入したらいいのですか?
以上、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

簿記会計上は、No.2のminoseninnさんのご回答が正しいといえます。償却原価法については、利息法が原則ですが、定額法も認められるかと思います。また、定額法なら税務上の調整も不要だったはずです。

仕訳は次のとおりです。

受取手形4,900,000 / 売掛金 4,000,000
           現金  900,000

差額の10万円については、手形満期日に受取手形の計上額が500万円となるように、償却原価法を用いて調整します。定額法なら、手形取得日から満期日までの日数で10万円を割り(日割り)、毎決算期に「受取手形/受取利息」の仕訳で調整します。利息の調整ですから、貸方は「受取利息」です。


売上帳の記載については、御社で売上帳がどのように扱われているのかによります。一般的な売上帳でいえば、決済の情報を記帳しないものですから、今回の手形取得の情報も記帳しないとはいえます。ただ、これはあくまでも一般的な話に過ぎません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報