仕分けについて教えて下さい。
私の会社はA社に売掛、買掛どちらもあります。
末締めに請求した分を翌月の15日に、手形で売掛金を支払いに持ってこられます。その際にA社に請求されてた分は相殺として、領収書も一緒に頂いてます。
今までは、A社から請求書が届いたら
消耗品費¥○○○○/買掛金¥○○○○
A社に請求書出して
売掛金¥○○○○/売上高¥○○○○
翌月の15日に買掛した分の領収書いただいて
買掛金¥○○○○/売掛金¥○○○○ 相殺
としてました。
で手形で売掛金を頂いた時は仕分けせず
銀行で通帳に手形を入れた際に
売掛金¥○○○○/普通預金¥○○○○
としてこの流れで処理してました。
しかし弥生会計で入力した際
集計→残高試算表→月次.期間の
売掛を会社別に見るとなんだか見にくい事になってて
税理士さんに聞いたところ、手形をいただいたら売掛をその分減らさないといけないと言われました。
頭の回転がよくない私には何がなんだかわかりません。
だからといって何回もお尋ねできず…
誰かわかりやすく教えていただけないでしょうか?

A 回答 (3件)

「約束手形」や「受入手形」ってのは笑いもののタネになるからやめましょう

    • good
    • 1

こんばんは。




>手形で売掛金を頂いた時は仕分けせず・・

いいえ。

手形で売掛金を頂いた日、
〔借方〕受取手形☆☆☆/〔貸方〕売掛金☆☆☆
と仕訳しましょう。
※それが約束手形であれ、為替手形であれ、「受取手形」で仕訳して下さい。

そして、

>銀行で通帳に手形を入れた際に

普通預金通帳に☆☆☆と記入された日に、
〔借方〕普通預金☆☆☆/〔貸方〕受取手形☆☆☆
と仕訳しましょう。


頑張って下さい。
    • good
    • 1

>で手形で売掛金を頂いた時は仕分けせず…



だめですよ。
【約束手形 ○○円/売掛金 ○○円】
(注) 約束手形でなく「受入手形」と「支払手形」に区別しても良い。

>銀行で通帳に手形を入れた際に…

手形を銀行に持って行っただけでは仕訳無用。
期日が到来して入金扱いされた日に
【普通預金 ○○円/約束手形 ○○円】
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自己振出為替手形の裏書譲渡

A商店に対する掛代金80,000の回収として
自己振出の為替手形を裏書譲渡された。

受取手形 80,000 / 売掛金 80,000

自己振出の為替手形というのは
自分から自分に振り出す為替手形のことですよね?

自分から自分に振り出す為替手形を
どうして他人から裏書譲渡されるのかがわからないんです。

この場合、手形を振り出したのは、A商店ですか?
もしくは全くの第三者なのでしょうか?

初心者で少し混乱しています。
すみませんが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
少し整理しましょう。
まず、為替手形は振出人、名宛人(支払人)、指図人(受取人)の
3者が存在する手形です。

振出人 A → 名宛人(支払人) B : AはBに債権がある。

           ↓ 支払い

        指図人(受取人) C

※ちなみに約束手形では名宛人は受取人になりますが、為替手形では
 支払人になります。 呼び名が異なりますので注意してください。

仕訳
         借方           貸方
 振出人A  仕入   80,000 / 売掛金   80,000
 名宛人B  買掛金  80,000 / 支払手形  80,000
 指図人C  受取手形 80,000 / 売上    80,000

自社Aが振り出しを行った場合、支払人は第3者の名宛人Bになります。
また、受取人Cが手形の所有者(債権者)になります。

>自分から自分に振り出す為替手形を
どうして他人から裏書譲渡されるのかがわからないんです。

もし、受取人Cが、自社Aから仕入を行うなどの取引があった場合
どうでしょうか?
その手形が裏書譲渡されて、自社Aに戻ってくることも考えられます。
※実際、相互に仕入を行うような関係がどのくらいあるかは別として・・

また、その為替手形が何度か裏書譲渡されて自社Aに戻ってくることも
考えられますね。 支払人は名宛人Bで、当初の受取人はCですが、
自社Aが受取人に変わったことになります。

仮に質問の仕訳では

         借方           貸方
 当社    受取手形 80,000 / 売掛金   80,000
 名宛人B  裏書されただけなので、仕訳なし
 A商店   買掛金  80,000 / 裏書手形  80,000

 ※問題からはわかりませんが、A商店の持っている手形は裏書譲渡
  された受取手形で、A商店は当初の受取人でないかもしれません。

もう一つ、自己宛為替手形というのがあります。
これは自社が振出人となって、自社の支店に支払うように指示する
(自社が支払人でもある)ような場合に使用される為替手形です。

自己宛為替手形を振り出した場合の仕訳
 振出人A  仕入   80,000 / 支払手形  80,000
 名宛人B  振出人と同じなのでなし
 指図人C  受取手形 80,000 / 売上    80,000

この場合も手形の所有者は第3者ですので、前述したように状況に
よっては自社に戻ってくることも考えられます。

ただし、この場合は受取人と支払人がともに自社になりますので、
債権と債務が相殺されます。

 当社    支払手形 80,000 / 売掛金   80,000
 名宛人B  なし
 A商店   買掛金  80,000 / 受取手形  80,000

 ※A商店は手形の振出人と受取人が同じであれば、裏書債務は消滅
  するので受取手形を貸方に記帳。

約束手形の場合でも、自社が振り出した手形が、裏書譲渡されて、
自社に戻ってくる可能性は考えられますね。

自己宛為替手形についてはこちらを参考にしてください。
http://www.get-boki.com/archives/27/32/000059.html

>この場合、手形を振り出したのは、A商店ですか?
もしくは全くの第三者なのでしょうか?

自己振出の手形ですから、振り出したのは自社ですね。

自己振出というのは、あくまでもその為替手形の振出人が自社である
というだけで、支払人が第3者であれば、通常の裏書と変わりません
し、自社が支払人となっていれば、債権と債務が相殺されるだけです。

こんな感じでよろしいでしょうか?
少し分かりずらいかも知れませんが、何かあれば補足してください。
ご参考まで

こんにちは。
少し整理しましょう。
まず、為替手形は振出人、名宛人(支払人)、指図人(受取人)の
3者が存在する手形です。

振出人 A → 名宛人(支払人) B : AはBに債権がある。

           ↓ 支払い

        指図人(受取人) C

※ちなみに約束手形では名宛人は受取人になりますが、為替手形では
 支払人になります。 呼び名が異なりますので注意してください。

仕訳
         借方           貸方
 振出人A  仕入   80...続きを読む

QA社から受取手形をA社の支払にあててもいいですか?

先月、A社振り出しの約束手形を受け取ったのですが、今月末A社以外に支払でまわせるところがなく困っています。普通に支払にあてても 良いものでしょうか?

Aベストアンサー

A社が了解すれば可能です。

実務的には貴社のA社受取手形と買掛金の相殺という処理になるともわれます。

その場合は手形と交換にA社から領収書を受け取れば良いでしょう。

受取手形は比較的安全な債権ですがリスクゼロというわけではありません。相殺してしまえば、その後の債務が消滅し一方手形のリスクもゼロになるので、異例ですが実務としては悪くないと思います。

先方との話し合い次第ですね。

Q為替手形の裏書譲渡について

得意先札幌商店に商品400,000円を販売し、代金のうち150,000円は札幌商店振出し、函館商店引き受け済みの為替手形を受け取るとともに、仕入先津軽商店振出し、当店引き受け済みの為替手形100,000円の裏書譲渡を受け、残額は翌月末に受け取ることとした。なお、当店負担の発送運賃6,500円を現金で支払った。

この問題の仕訳は下記のようになりますが、何故、当店引き受け済みの為替手形を裏書譲渡を受けると借方・支払手形になるのですか?

受取手形 150,000 売上 400,000
支払手形 100,000 現金 6,500
売掛金 150,000
発送費 6,500

Aベストアンサー

当店引受けの為替手形=当店が支払いするべき債務です。

よって本問の為替手形受け取りは債務の減少、すなわち負債の減少。

借方 支払手形 となります。

(類題)

当店振出の為替手形で受け取った場合は、

借方 受取手形 となります。 

Q為替手形を割引く時の手形支払人は??

事務初心者です。

経理についてよく分からないまま
引き継ぐことになってしまいました。
・・・なので、分かりやすい回答をお願いしたいのですが。

約束手形にと為替手形の違いを簡単に言うと何ですか?

為替手形を割り引くことになったのですが
約束手形なら表書きの発行した振出人の会社名を書けばいいのですが
為替手形の場合、発行した会社には”引取”と書いてあり
はじめに押す欄に”振出人”と書いてあります。
割引依頼書の手形支払人の欄には、発行した会社の名前を書けばいいのでしょうか?
振出人の自社の名前???
どちらでしょうか?

また、この手形には印紙が貼ってないのですが
割り引くとき自社が貼らなくてはいけないのでしょうか?
貼らなくてもいいものなのでしょうか?

簡単なことかもしれませんが・・・
聞ける人が今そばにいないので困っています。
どうぞ、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

回答が遅くなりまして申し訳ありません.

印紙の件ですが,10万円以上の約束手形には印紙を貼る必要があります.印紙は原則振出人が貼ることになります(印紙代を負担する).
信頼関係があれば貼らなくてもいいと言うことはありません(信頼関係があれば税金を納めなくともいいと言うことはありません).
ですから,印紙が貼ってなかったり不足している場合にはその手形を受取らない,相手に貼ってもらう,印紙代を別にもらうと言った対処をすることがあります.取引上の力関係でやむなく負担するケースも多いようですが.

銀行に割引を出す場合,貼ってなければ貼ってくださいと言われると思いますよ,ふつう.

友人に3万円以上の買い物をすると「領収書は要らないから100円まけてくれ」と言うやつがいました.断られるとほんとに領収書をもらい200円の印紙を貼らせてました.

Q約束手形と為替手形と裏書譲渡のあたりで

約束手形の裏書き譲渡の問題がでると、問題文の意味を理解することに時間がかかるばかりで何も書けなくなります。
また為替手形の3人の登場人物の整理もうまくできません。
当然のこととして、問題がでても解けません。
どうやって理解すればいいんでしょうか?なんとなくおぼろげーに分かったようなかんじがするところから抜けられません。
皆さんは問題文を読んだとき、どう理解するのですか?
また、為替手形や約束手形のケースバイケースの問題の要点整理の方法または法則を教えてください。

Aベストアンサー

おぼろげーなところを狙ってくるのが、問題と言うもので、完全制覇したいですよね。
私は、問題文を読みながら図を描いてました。

ただ、問題文での登場順に描いていってはダメです!自分なりの型を決めましょう!
振出人は右端、受取人は左端とか、手形の流れは実線矢印、金銭の流れは波線矢印とか…。記号だけでなく、位置関係も徹底します。

そしてまず、テキストにあるような正しい取引を何度か図に描きましょう!そして図のイメージを頭に叩き込みます。

それが出来たら、さぁ問題にとりかかりましょう。
問題文に流されず、自分流の図解に置き換えていきます。正しい取引の図解と何処か違ってませんか?そこが解答の鍵です。

約束手形はまだしも、為替、裏書となると、実際に使ってないとイメージがわかないのは当然のことです。私も勉強してた頃は同じような思いを一杯しました。
実感できなくても、ここはひとつ割り切って、手形の問題が出た時の「解き方」として、図を描きましょう。描いて、描いて、描きまくって、パブロフの犬のように、反射で解答できるようになってください。その頃には手形取引のイメージがきっと貴方のものになっていると思います。

おぼろげーなところを狙ってくるのが、問題と言うもので、完全制覇したいですよね。
私は、問題文を読みながら図を描いてました。

ただ、問題文での登場順に描いていってはダメです!自分なりの型を決めましょう!
振出人は右端、受取人は左端とか、手形の流れは実線矢印、金銭の流れは波線矢印とか…。記号だけでなく、位置関係も徹底します。

そしてまず、テキストにあるような正しい取引を何度か図に描きましょう!そして図のイメージを頭に叩き込みます。

それが出来たら、さぁ問題にとりかかりまし...続きを読む

Q買掛金の支払いの際、現金で支払う場合、支払い口座の相手は現金?買掛金?どちらになりますか?

買掛金の支払いの為に、口座から引き出して、引き出した日に現金で下請けさんに支払いをしました。
その場合、口座の相手勘定は買掛金でもよいのでしょうか?一度、口座の相手を現金にして、それから現金の相手を買掛金にするべきでしょうか?
経理初心者ですみません…。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

買掛金(材料仕入れだけでなく外注・役務提供の下請への支払を含みます)50,000円を支払ったとして

ア)
現金 50,000 普通預金 50,000
買掛金50,000 現金   50,000

イ)
買掛金 50,000 普通預金 50,000

ア)の仕訳をへし折ってイ)にしてしまう方法もありますが、どちらかと言えば忠実にア)のほうがいいでしょう。振込でなく現金で支払ったという事実も記録できます。

Q簿記3級(自己受為替手形・自己宛為替手形)

・自己受為替手形

振出人が自己を受取人として為替手形を振り出し、第三者に引き受けさせる手形。


・自己宛為替手形

振出人が自己を名宛人として為替手形を振り出し、自ら引受をする手形。
 
これらの用語を理解できません。詳しく教えてください。

Aベストアンサー

説明するととても長くなってしまうので、参考URLで勘弁してください。
僕もかつて簿記の3級を取りましたが、実務で「これなんだっけ?」というときこのサイトを利用しています。

http://www.get-boki.com/archives/27/32/000059.html

参考URL:http://www.get-boki.com/archives/27/32/000059.html

QA社にB社が51%、C社が29%、D社が20%出資すると

BSとPLとCFLOWの話ですが、

子会社の立場:A社

親会社の立場:B社が51%(連結対象)、
       C社が29%(持分対象)、
       D社が20%(持分対象)出資すると
質問1:
B社のBSにはA社のバランスシートが100%表現されるのでしょうか、ではPLは51%分だけ反映されるのでしょうか?
CASHFLOWには何がどの程度反映されますか

質問2:
C社やD社のBSにはA社のバランスシートには何が反映されるのでしょうか? 出資の有価証券の価値ですか? では持分利益は? それからPLやCFLOWには何か反映されますか?

Aベストアンサー

#1です。

 利益の計上では有りません。
 株の配当金です。

Q日商簿記3級の為替手形問題について

現在日商簿記3級の【試算表の制作】の練習問題を解いているところなのですが一部の諸取引に

○○日
『鳥取商店に対する買掛金のうち\180,000を支払うため、京都商店あての為替手形を振り出し、同点の引き受けを得た。』

とあったので仕分けは

(借)買掛金 180,000 (鳥取)        (貸)受取手形 180,000

だと思っていたのですが回答では

(借)買掛金 180,000 (鳥取)        (貸)売掛金 180,000 (京都)

になっていたのですがどのように食い違えているのかを教えていただきたいです


正直なところ他の裏書譲渡などの為替手形に関する複雑な仕訳が苦手なのでそれについて詳しく学べるサイトがあったらついでに教えていただけると助かります

Aベストアンサー

これは京都商店あての売掛金の回収のために、自社で作成した為替手形(振出人当社、引受人 京都商店、名宛人 鳥取商店)を引き受けてもらい、鳥取商店に対する買掛金の支払に当てたと言うことです。

仕訳的には

受取手形  180000/売掛金 180000 京都商店~回収
買掛金    180000/裏書手形  180000 鳥取商店支払

の二つの取引になりますが、これを相殺して
買掛金  180000/売掛金 180000

としたのでしょう。でもこの為替手形には偶発債務が残りますから
裏書手形見返り   180000/裏書手形  180000

の備忘仕訳も立てるべきかなと思いますが。

Q受取手形と為替手形について

売掛金の回収として手形を貰う事が多いのですが、為替手形で支払人と引受人を同じ会社名を記載した為替手形を見かけますが、この手形は普通の受取手形に比べてどのようなメリット(利点)があるのでしょうか?
印紙代の節約?みたいな話を聞いたこともあるのですが今市よく分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

 印紙代の節約だけのようです。振出人が印紙代を支払うことが慣行になっていますので、引受人欄に会社名と印鑑を押して、そのまま流通させ、最終受取人が残りを補充して、印紙を貼って請求するようです。しかし、印紙税法では質問のケースは引受人に支払い義務があるようです。
参考
http://www.kor.co.jp/so126.html

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~nakaman/Q3/050201416015625.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報