外貨預金をはじめてみて、今の100円が1円になれば計算もラクなのになぁと感じました。
ということで、昔からデノミ案はたびたび出ているようですけど、代表的なメリット、デメリットとはなんでしょう。特に、今日本がデノミに踏み出せない要因とは?

後学のためぜひともご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

デノミとは通貨の単位の呼称の変更ですから、基本的には通貨の価値としては変化がないのですが、やはり色々と影響が出ます。



メリットデメリットはそれぞれの当事者により違います。
例えば、単位の変更により少額のものの単価切り上げによる便乗値上げが考えられます。
これは、業者からみたらメリットで消費者からみたらデメリットです。

他には、自販機・現金自動支払機・印刷業界にはメリットです。
一方、銀行・経理事務や諸々の事務には手間がかかりデメリットです。
金融機関などには、コンピーターシステムの変更というデメリットがあります。
その反面ソフトウエア業界には、大変なメリットです。

このように、あまりにも各業界への影響が大きいのと、円の価値が不安定、便乗値上げの問題などで、実施にはなかなか踏切れないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金融関係には手間がかかる反面、変更を請け負う業者にはメリットがあると・・・
相対的にはどっちがお得なのかしら?

でも、便乗値上げはありそうですね。290円が3円とか、大口でないぶん庶民を直撃ですね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/21 04:41

下の方の回答に同じなのですが、



デノミでシステムを変えなければいけないところにとってはデメリットで
システム変更の注文を受けるところにはメリットです。

しかし、デノミによって、なんらかの新しい価値を
生み出すわけではありませんから、
結局、普通に営業をしている普通の事業者に
後ろ向きの出費を強いる事になります。
これを、景気浮揚につながる新規の発注とみるか、
不景気下での更なる費用増とみるかで、デノミの価値はきまるのでしょう。

でも、2000円札への対応ですら、これだけ世の中から
拒否されたのです。
答は出ていると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。2000円札への対応、確かにそうですね。
「デノミによって日本の債務6兆円に減る!」なんて政府の先送りの口実にされたりして(--;。

お礼日時:2001/06/21 04:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデノミになったときの対応

ちょっと人に聞いたので、心配になりましたので質問します。
デノミになったとき、現在の預金残高が切り下げられると聞いたのですが、借金も同じように切り下げられるのでしょうか?
その時にお金を引き出せないと聞いたのですが、その場合の有効な対策があれば教えて下さい。
また、切り替え時は、商品を買うときは、どちらの金額で買う事になるのでしょうか?
国が決める事なので、まだ決まってないのでは?とも思いますが、どなたか詳しい方見えましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

既に他の方が回答されているのと、ダブル点も多々ありますが…。

「デノミ」と「預金封鎖&財産税」を混同した議論があるようなので、注意された方が良いと思います。
デノミとは英語ではdenominationで、広い意味では「名称」、貨幣の単位の名称も意味します。(動詞ではdenominate=命名する)元々は、円という単位の代わりに(例えば)「角」という単位を変えただけでも(100円は100角になる)デノミですが、日本では他の方が既に回答されているように、100(旧)円=1(新)円の交換を「デノミ」と言う事が多い様です。こういうデノミが行われると、通常では、ユーロへの切り替えと同じように、一定期間は旧円と新円が並行して流通するし、おそらくそれより長い期間、銀行で旧円を新円に代えられます。だから、理屈上は、単なる読み替えのようなのので、経済活動に対する大きな影響はないはずですが、現実には、値段を新円に切り替える時に端数を切り上げるような便乗値上げが起きる可能性は充分にありますし、質問者の方がまさにお気付きのようにブラックマネーをある程度は炙り出す効果はあります。(新円に代える為には銀行に行かなくてはならないから、把握しやすくなる。)

一方、預金封鎖&財産税は、簡単に言えば、銀行からの引出しを極僅かに制限して、金をほぼ動けなくした後で、税金をとってしまう、というやり方です。第二次大戦直後の日本で、実際に預金封鎖も財産税も行われています。この時は、デノミ=新円切り替えもセットで行われた事から、デノミから預金封鎖を想像する人もいるのでしょうが、預金封鎖もデノミも「財産捕捉」の効果がある点で共通しているだけで、本来は別のものです。

また、預金封鎖単独で考えれば、銀行の取り付け騒ぎを静める為の「預金封鎖」という事もありうるので、預金封鎖が自動的に財産税に結びつくわけでもありません。ここらへんも誤解されている方がいるようですのでご注意ください。

で、質問者の方がおそらく一番心配されていると想像する「財産税」ですが、私は「突然、朝起きてみたら、預金が封鎖されてしまい、金を引き出せないまま財産税をとられる」というパターンは、現状ではまず考えられないと思っています。それ程不人気な政策がとれる根性があるのなら、今の政府はもっとましな事ができているはずです。
この点については他の方へ回答した事があるので、宜しければご覧下さい。
長々と失礼しました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=435867

既に他の方が回答されているのと、ダブル点も多々ありますが…。

「デノミ」と「預金封鎖&財産税」を混同した議論があるようなので、注意された方が良いと思います。
デノミとは英語ではdenominationで、広い意味では「名称」、貨幣の単位の名称も意味します。(動詞ではdenominate=命名する)元々は、円という単位の代わりに(例えば)「角」という単位を変えただけでも(100円は100角になる)デノミですが、日本では他の方が既に回答されているように、100(旧)円=1(新)円の交換を「デノミ」と言う事...続きを読む


人気Q&Aランキング