人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

現在の大学のレベル・倍率・人気度…などはどうなっているのでしょうか?
早慶上智〜日東駒専の間で教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

人気度は確か明治と近大が抜けて来てますね。


中間層に人気ですが、偏差値も上がって来てます。

90年代前半を100とすると、
慶応が+、早稲田が-です。
上智も-です。
早稲田はスポーツバカをとりすぎた、時代の「数値評価」に合わなくなってきた
上智は英語が強かったのですが他大もがんばって特色が出なくなってきた。
また
立命館の人気が落ちました。他大に真似されて特色が出づらくなったことと、教職員にブラックと思われて、以前より優秀な人材が取れなくなっている点などでしょうか。
大阪移転しまして、どう転ぶか分からないと思います。
が、以前のへんぴなキャンパスよりは人気のようです。
同志社の人気が上がってます。別に特殊なことをしてないので単にキャンパス移転問題が決着ついたからでしょう。 御所北の薩摩藩跡地という最高の立地を遊ばせてておいた無能です。
関大関学は下がってますが下げ止まりと言う感じですね。
学力の高い北摂・神戸ではかんかんどうりつでは関学を選ぶ層がまだまだ多いですし、
顕在ではあります

GMARCHでは、青学、立教、法政など英語と女子とおしゃれに力を入れていたグループが苦戦してます。
中央の東京都心回帰に見るように、都心にあるメリットは大きいです。
反面、おしゃれは長くは良い影響として残らず、英語は真似されやすい。未だ迷走中です。
中央人気は落ち着きました。景気もいいですし特に中央でなくても・・みたいな風はあります。

日東駒専で人気は変わりません。
と言うかサンキンコウリュウまで、この辺の人気は、現役思考も高まって高いです。
それ以下が苦しいです。奨学金や、看護師や教諭などの国家資格との絡み、少人数サポートなど総合大学では出来ないことに力を入れてます。そっちのウケも悪くないです。
    • good
    • 1

グルーピングは三十年ほどはずっと変わっていないですね、ただしそのグループの中で突出とまではいかないけれど抜け気味のところはあるようです。

勝ち負けがはっきりしてきたというか。早慶なら慶應が上、MARCHなら明治、関関同立なら同志社、日東駒専なら日大。

少子化でジリ貧ではありますが定員の半数近くを推薦AOで偏差値算定対象外にしているため、名目としての偏差値はそれほど下がっていません。実質では、半分強は何とか昔のまま、残り半分弱は昔なら入れなかったような人種が混じっている、というのは早慶を含む全私大に言えることだと思います。
    • good
    • 0

首都圏私大は総合的には、慶応義塾、早稲田、上智、明治、ICU、青学、立教、学習院、法政、中央、日大、東海で、法政迄が好しでしょうか

!中でも、上位二校、慶応義塾と早稲田は、飛び抜けています!
    • good
    • 0

人気度は、偏差値とほぼ同値と考えられますので、以下を参照して下さい。



理系・文系、国公立・私立の偏差値ランキングです。

http://www.keinet.ne.jp/rank/

参考までに。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMARCHに入学した人の学力って、同級生100人いたら何番目くらい?

ネット上ではそんなに高学歴扱いされないMARCHですが、実際同級生が100人いたら何番目くらいの学力なんでしょうか。もしかして5番目くらい?
具体的な裏付け数値をもとにご回答ください。

*足りない前提は追加してください。
*高卒や専門学校卒でも賢い人やすごい人はいる、MARCHでも格差があるし学部によっても違う云々の話は、とりあえず置いて置いてください。あくまでもざっくりとした話です。

*大学進学率:51.5%
*1996年出生数:120.6万人
*MARCH以上の偏差値大学は、旧帝大・早慶上智・一工・地方の上位国公立大くらい?

Aベストアンサー

知恵袋の回答を引用


上位大学と呼ばれる大学に入る人数は実際はどの程度いるのでしょうか?割合を計算してみました。

⇒ 先に答えを書くと、同年齢の約1割しかいません。

出生数:1990年~1998年までは出生数が120万人程度ですから、同年齢を120万人とします。

上位大学と呼ばれる大学、異論がありますが、以下とします。

【上位国立】※河合塾の分類採用
・「難関10大学」(北海道大、東北大、東京大、東京工業大、一橋大、名古屋大、京都大、大阪大、神戸大、九州大)
・「準難関・地域拠点10大学」(筑波大、千葉大、横浜国立大、新潟大、金沢大、岡山大、広島大、熊本大、首都大東京、大阪市立大)
上位国公立合計:20校

【難関私立大学】
・早慶ランク(早稲田大・慶應義塾大・上智大・東京理科大・国際基督教大)
・MARCH(明治大・青山学院大・立教大・中央大・法政大)
・関関同立(関西大・関西学院大・同志社大・立命館大)
上位私立合計:14校

--≪全体に占める割合≫--
・難関国立10大学の募集人数:23,156人(全体の1.92%)
・準難関・地域拠点国公立10大学募集人数:19,169人(全体の1.59%)
・早慶ランク:23,097人(全体の1.92%)
・MARCH:29,915人(全体の2.49%)
・関関同立: 26,192人(2.18%)
  ※私立大は入学者等の人数
=合計:10.1%

※なお、医学部にいくのは同年齢のうち何%でしょうか?全国の医学部の総定員は8923人と決められています。同年齢のうち0.74%分しか枠がありません。どれだけ難関か分かりますね。

なお、上記に含まれていない難関校もデータに加えてみます。
・東京外国語大
・津田塾大
・学習院大
・お茶の水女子大
合計:3889人(全体の0.3%)
→上記の数値に加えると10.4%。

※他にも国公立大で上位校はあるという意見もあるかもしれませんが、上記以外の国公立大は規模がさほど大きくないので度外視出来る程度です。他に国公立大を少し加えてもせいぜい1~2%の誤差です。

文句のないように他の上位国公立もデータに加えてみましょう。京都府立、大阪府立、横浜市立、名古屋工業、名古屋市立、国際教養、埼玉、静岡、信州、東京農工、東京学芸大、奈良女子大の12校です。ちなみにこれらの大学は小規模〜中規模なので、これらの大学に入る人は全体の1%に過ぎません。ですから、上記のデータに加えても11.4%ということになります。誤差を考えても上位大学へ進学するのは上位12%以内と考えていいでしょう。

- - - - - ≪ 結論 ≫ - - - - -

上位有名大学に入学するのは、同年齢のうちの上位11%程度。
特に難関国立10校&早慶ランク私大5校の入学者は上位3.84%のみ。

知恵袋の回答を引用


上位大学と呼ばれる大学に入る人数は実際はどの程度いるのでしょうか?割合を計算してみました。

⇒ 先に答えを書くと、同年齢の約1割しかいません。

出生数:1990年~1998年までは出生数が120万人程度ですから、同年齢を120万人とします。

上位大学と呼ばれる大学、異論がありますが、以下とします。

【上位国立】※河合塾の分類採用
・「難関10大学」(北海道大、東北大、東京大、東京工業大、一橋大、名古屋大、京都大、大阪大、神戸大、九州大)
・「準難関・地域拠点10大学」(...続きを読む


人気Q&Aランキング