タイトルのとおりです。
2つの言葉の違いについて教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「目立つ」と「際立つ」の違いは、少なくとも3つありそうです。


1)「目立つ」は善悪どちらにも使えるが、「際立つ」はよいことに使うことが多い
2)「際立つ」は、「際立たない」などと否定形で使われることはほとんどない
3)「味」のように目に見えないものは「目立つ」が使いにくい(ことがある)

 詳しくは下記をご参照ください。
【目立つ 際立つ 引き立つ 辞書 改】
http://ameblo.jp/kuroracco/entry-12147786092.html
 以下は一部の抜粋(重言)。

 類語辞典に、そのものズバリの項目があった。
http://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/8385/meaning/m …

(略)

「そのものズバリの項目」はあったけど、この解説でわかるのだろうか。
「目立つ」「際立つ」には、少なくとも2点の大きな違いがある(と思う)。
1)「目立つ」は善悪どちらにも使えるが、「際立つ」はよいことに使うことが多い
2)「際立つ」は、「際立たない」などと否定形で使われることはほとんどない

 ↑の辞書の記述では、1)の半分くらいしかわからない。
〈多く、良い意味に用いる〉なら、「よくない意味」で用いるのはどんなときか書いてくれないとさぁ。
 ほかの辞書をひく。
https://kotobank.jp/word/%E9%9A%9B%E7%AB%8B%E3%8 …
『大辞泉』の記述は〈よい意味に使われる場合が多い〉。これでは『類語辞典』と同じ。
『大辞林』の記述は〈主によいことの場合にいう〉。これも『類語辞典』と同じ。
 なんで辞書ってこうなんだろうね。そこまで考えるのは辞書の仕事でないのかもしれない。でも、ちゃんとした例示がないと、よい意味限定になるんですけど。
 実は『大辞林』の例文にヒントがある。
「対照を際立たせる」
 これだと、「よくない意味」ではないけど、ニュートラルだろう。
 当方が真っ先に思い受かべたのは「コントラストが際立つ」。これもニュートラル。もちろん、これもどちらかというといい意味のことが多い。いい意味限定のはずの「コントラストが引き立つ」も言えそうだし。そのほかに、「違いが際立つ」「差が際立つ」あたりもアリだろう。
 少しわかってきた。
 仮に下記のような例文を考える。
1)佐藤さんの長所が{目立つ/際立つ/引き立つ}。
2)佐藤さんの欠点が{目立つ/X際立つ/X引き立つ}。
 1)は「長所」だから3つともOK。
 2)は「欠点」だから「目立つ」しか使えない。

 では「際立つ」「引き立つ」はともによいことにしか使えないのか。
3)○○に注目すると佐藤さんと田中さんの{コントラスト/対照/違い/差}が{△目立つ/際立つ/X引き立つ}。
 今度はニュートラルだから「引き立つ」はXだろう。「目立つ」がちょっとヘンな理由は不明。
 ことほどさように用途は限られるが、「際立つ」が「よい意味」ではないこともありそう。めでたし、めでたし。

 ちなみに、『類語辞典』にある「塩を加えると味が引き立つ」はアリなんだろうか。かなり疑問。「塩を加えると味がしまる」ことはあるが……。
「塩を加えると甘みが引き立つ」というのはお汁粉の常識だろう。この場合は「塩を加えると甘みが際立つ」とも言える。味の場合は「目立つ」とは言いにくい(これも「際立つ」との違いかも)。「立つ」「強くなる」あたりかな。

 ってことで3)を加える。
「味」のように目に見えないものは「目立つ」が使いにくい(ことがある)

「塩を加えると旨味が{引き立つ/際立つ}」もアリだろう。これもコントラストの一種だと思うが、いい意味っぽい。 おそらく、「塩を加えると味が引き立つ」はそもそもちょっと異和感のある言い回しで、「際立つ」にすると、その異和感が強くなるだろう。
「異和感」は場合によっては「目立つ」にできそうだし、「際立つ」もアリかも。

 2)はさらに微妙かも。
「そんな脇役では、主演が{目立た/際立た/引き立た}ない」
 当方の主観だと下記の感じ。
「目立たない」は◯
「際立たない」はX
「引き立たない」は△(限りなくXに近い)
 肯定形にして「引き立てる効果が薄い」なら◯。「引き立てることができない」も◯。
「際立つ」はどうやってもダメな気がする。
 理由は……言葉の神様に訊いてください(泣)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

よく分かりました。
詳しいご説明に感謝申し上げます!

お礼日時:2016/04/16 18:44

際だつ、の際、窓際の際と同じなら、窓との距離が0では無いが0に限りなく近い位置?実質、窓との境界線ですね。


なだらかな坂の途中にある境界線と、断崖絶壁で分かれる境界線の違い。
最近交通安全なんかで子供目線と良く聞きます、見る者の立場で見え方が異なるからです。
文章を誰が読んでも、同じ意味でとらえられる様に表現するには(法律がそうです)、なにが、何処が、何において・・・・際だつのか明確にする必要があります。
つまり、すばらしさにおいて・・、その稚拙さ(みすぼらしさ)において・・、その他。
一般会話では、断崖絶壁はその高さにおいて・・・が圧倒的に多いだけ、その吸い込まれそうな深さはそれを感じる事位置に近づくだけでも恐怖なため、語られる事が少ないのでは、際だつ、言葉の意味だけでは、どちらから見ても断崖絶壁だが実際連想するのは、やはり、そそりたつ崖ですね
または、日常生活では地表面を見て、人の目線で判断表現が圧倒的です、同じく抽象的な内容でもプラス面から見た判断が圧倒的です、マイナスが頻繁にでてくるのは数学?。
地面の凸凹も裏から見ることを想定(人間の脳では十分可能です)すれば凹の方がめだちますね。
否定語では使われないでは無く、使う必要、機会が無いと言うより少ないだけです。
際だっていると期待したが、「そうではなかった」、これ否定の表現ですね。「そうでは・・」って?、「際だって」いなかった、ですね、否定語での表現ありですね。
ごく普通の多数の中の1人に、おまえ際だっていない!、言われた方は、際だっていなければ、おったらいかんのか?、存在までも否定される感じですね、だからこんな状況では使ってはいけないと言うより使う必要がないだけです。
私なんかは○○みたいなもの、と聞いたら、○○では無いと判断します、実際やった事あります、「まー○○みたいなもんですわー」、「と言うことは○○ではないと言うことですね」、相手の反応は、なんと食えんやつやな、と言わんばかりの表情で目をまん丸にしていました、その効果の程はこちらの方が驚きました。
訪問販売等で機会があればお勧めしても良いほど。
ま!、元本保証みたいもんですわー、こんな話に簡単に乗ること無いかなと思っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2016/04/16 18:44

ちょっと気になったので再度補足です。


単に「際立つ」だけでなく、名の通った人の作品だから、際立っているはず、の期待、または自分の子供の作品は目立っていてほしいという期待。
その結果、そうではなかった、その時は、否定表現あり、そうです、際立っていなかった、目立っていなかったもありです。
そんな前段なしで、際立っていない、目立っていない、の表現はあり得ません、それらは普通であり当たり前ですね、その当たり前の一つを取り上げて、際立っていないも、目立っていないも言う必要がないと思います、ふつうに、当たり前に存在しているだけです。
全体を見た上で目立つ、全体を見る前に目が行くのが際立つ、いずれも良いに行け悪いにつけ、ありです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も補足していただき
本当にありがとうございました。

お礼日時:2016/04/16 18:42

補足


否定語の表現は気を付ける必要があります。
否定語は反対語ではなく、単に否定するだけ、オーム返しに「ない」等の否定語をつけるだけです、頭使いません。
だから、子供への注意等に否定語の使用は良しとされません。
際立っていない、の否定語表現ではなく、その稚拙さは際立っている、となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/04/16 18:41

同じものが多数の中で一つだけ異なる、目立ちますね。


複数の同じ高さのものの中で、倍の高さ、際立。
複数の人ドブネズミ色といわれるスーツの中で一人真っ赤なスーツ、際立ちます。
目立つは容易に見分けがつく程度、も含む。
際立つは、真っ先に目につく。
どちらも、良いにつけ悪いにつけ使用可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「容易に見分けがつく」と「真っ先に目につく」の違いですか。
微妙なんですね。ありがとうございました。

お礼日時:2016/04/16 18:41

「目立つ」と「際立つ」は類義語ですので意味は


ほぼ同じで言い回しを変えて使います。

例えば「目立つ」はとりわけ人目をひく。きわだって見える。という意味ですが「目立つ人」や
「目立たない人」と良い意味でも悪い意味でも使用されます。

ですが「際立つ」の場合は周りとはっきりした違いがあり、ひときわ目立っていて良い意味で使われます。例えば「全作品集の中でも際立っている」とは使われても「全作品集の中で際立っていない」等とは使いません。

ですので類義語でも言い回しを変えて良い意味や
悪い意味と言った言葉に適したものを使用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。。。
「メインの作品ががあまり際立ってないから、もう少し工夫した方がいい」
というのも不自然でしょうか?
難しいです…

お礼日時:2016/04/16 18:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「あくまで」「あくまでも」の意味

「あくまで(飽くまで)」「あくまでも」という副詞の意味ですが、辞書をひくと「物事を最後までやりとおすさま・徹底的に」とあります。例文も「あくまでもがんばる、あくまでも主張を貫く」などとあります。

しかし、よく話の中で「あくまでも個人的な考えですが・・・」「あくまでも噂です」「あくまで一例です」「あくまでの話しです」などという風に使われます。このような文章中では「徹底的に」という意味ではないと思うのですが、どうなのでしょうか。

Aベストアンサー

あくまでも、という意味の「徹底的に」という所から転じて、「完全に」とか「中途半端ではなく(どこまでも)」という様な意味合いも持っています。


「あくまでも個人的な」
完全に個人的な

「あくまでも噂です」
=「あくまでも噂[に過ぎません]」
完全に噂に過ぎません

「あくまで一例です」
=あくまで一例[に過ぎません]」
完全に一例にすぎません

「あくまでの話です」
・・・すみません、この用法は聞いた事がありません。

Q「~やら~やら」と「~とか~とか」の違い

物事を複数並列する時に「~やら~やら」と使っていますが、
最近の若者がよく使っている語で、同じようなものに「~とか~とか」があります。
「~やら~やら」と「~とか~とか」は、どう違うのでしょう?
なんとなく用法が違うとは思うのですが、正確にはわかりません。
以前から気になっています。どうぞ御教示ください。

Aベストアンサー

「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。

「~やら~やら」には意味が二つあります。
1 名詞の並列
  例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。
2 どちらか決めがたいことをあらわす。
  例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。

それに対して「~とか~とか」には、
1の名詞の並列の意味しかありません。

それでは
「スーパーでパンやら牛乳やら買った。」

「スーパーでパンとか牛乳とか買った。」
は完全に同じ意味でしょうか?

ここから先は、個人の語感によって、或いは世代によっても意見が分かれそうな部分ですが、
私は「パンやら牛乳やら」からは、並列の意味に加えて、「いっぱい」や「必要もないのに」という印象を受けます。
「パンとか牛乳とか」の方は並列の意味に加えて、ちょっとあいまいに表現しようという気持ちが感じられます。

これは例文を変えてみるともうちょっとはっきりするかもしれません。
1「バーゲンでコートやらスカーフやらいっぱい買ってしまった。」
2「バーゲンでコートとかスカーフとかいっぱい買ってしまった。」
1の方がいっぱい買ってしまった感が強いような気がします。
2の方は普通の並列ですが、この言葉を言う人によっては、本当はコートとスカーフ以外に重要なものを買ったんだけどそれをわざとぼかして言っているような感じも受けるかもしれません。

1「彼女の気を引くために、バッグやらアクセサリーやらプレゼントした。」
2「彼女の気を引くために、バッグとかアクセサリーとかプレゼントした。」
これも、1の方があれこれたくさんプレゼントした感じがよく出てると思いますがいかがでしょう。
2は素直な人が話しているなら単なる並列。
ものをはっきり言わない人が話しているなら、ひょっとしたら車もプレゼントしているかもしれません。

とまあ、こんなところです。
前にも書きましたが、ここまで来ると、個人の語感や世代によって感じ方はさまざまだろうと思います。
色々な回答がつくといいですね。

「~」の部分に入るものを名詞に限定して書かせていただきます。

「~やら~やら」には意味が二つあります。
1 名詞の並列
  例:スーパーでパンやら牛乳やら買った。
2 どちらか決めがたいことをあらわす。
  例:真っ黒に日焼けして、どちらが前やら後ろやらわからないほどだ。

それに対して「~とか~とか」には、
1の名詞の並列の意味しかありません。

それでは
「スーパーでパンやら牛乳やら買った。」

「スーパーでパンとか牛乳とか買った。」
は完全に同じ意味でしょうか?
...続きを読む

Q「わかりづらい」  と  「わかりずらい」

「わかりづらい」  と  「わかりずらい」
漢字にすると(判り辛い、解り辛い)なのかと思います。

「わかりづらい」が正しいとおもって使っていたのですが、
最近「わかりずらい」もよく目にします。

二者択一だったら皆様はどちらを使うべきですか?

アドバイスを頂きたいと思います。

Aベストアンサー

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn.x=29&jn.y=11&kind=jn&mode=0

私は辛い(つらい)→づらい、と考えて「づらい」を使っています。

参考URL:http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

goo 辞書より

づら・い 【▽辛い】
(接尾)
〔形容詞型活用([文]ク づら・し)〕動詞の連用形に付いて、その動作をすることに困難を感ずる意を表す。…にくい。
「老眼で辞書が見―・い」「読み―・い本」「無愛想で話し―・い」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C5%A4%E9%A4%A4&jn.x=24&jn.y=14&kind=jn&mode=0

ずらい
検索結果に該当するものが見当たりません。
キーワードを変更して再度検索をしてみてください。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%BA%A4%E9%A4%A4&jn...続きを読む

Q「~ありき」の意味・使い方を教えてください

「結論ありき…」
「小説ありき…」

など、ありきという言葉はいったいどういう意味なのでしょうか?
馬鹿な質問ですみませんが、心優しい方教えてください!

Aベストアンサー

最近の会話の中では「それがあって初めて成立する」とか「それがあってこその○○」みたいな使い方をされますね。

「あなたのアプローチはまず結論ありきで、課程というものを軽んじているように思えます」みたいな。

いちばん有名なのは聖書の「はじめに言葉ありき」だと思いますが、これは#1の方がおっしゃっている本来の用法です。

Q拘らず・関わらず??

すみません。以前から気になっていたので正しい答えを教えていただけないでしょうか。

「かかわらず」という言葉の漢字変換なのですが,
例えば

 雨が降ったにも「かかわらず」,彼は傘を差さずにやってきた。

というような文の場合,正しいのは「関わらず」「拘らず」どちらでしょうか。

国語辞典で調べてみたのですが,よく分からなくて(+_+)
すみませんがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められているのみです。それも「かかわる」でなく「かかる」です。「人命に係(かか)る問題」「係(かか)り結び」など。前者は、「人命にかかわる問題」のように表記されることもありますが、この場合(常用漢字の基準では)「係わる」でなく「かかわる」です。

結論としては、「それにもかかわらず」などにおける「かかわらず」は仮名書きが無難でしょう。漢字の場合は「拘わらず」が正しいといえます。ただし、パソコンでは「関わらず」と変換されることが多いようですネ。

漢字の場合、「関係」という言葉があるように、「関わる」と「係わる」の用法はほとんど区別がつきません。一般的に言えることは、「関わる」「係わる」は肯定的にも否定的(「関わらない」「係わらない」)にも使いますが、「拘わらず」は、肯定的に用いられる例が少ない、ということです。

ただし、肯定的な「拘わる」が誤りだと言っているのではありません。念のため。

「物書き」のひとりです。

まず、重要なことですが、「関・係・拘」のすべてが常用漢字ではありますが、その音訓表に「かか(わる)」がないことです。常用漢字は、「こうしなくてはいけない」といった性格のもではありませんが、一応、すべての文章を書き表す場合の指針ではあります。音訓表に無いものの代表的なもの(よく使われるもの)として「全(すべ)て」「画(えが)く」「〇〇に依(よ)れば/拠(よ)れば」などが思いつきます。

本件の「関・係・拘」に関して言えば、「係」に「かか」の読みが認められてい...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q「親御さん」と「ご両親」の使い分け

 日本語を勉強中の中国人です。相手の両親のことを言う時に、日本の方は「親御さん」と「ご両親」とどのように使い分けておられますか。「親御さん」のほうが「ご両親」と比べて、より敬意をこめた言い方になるのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「親御さん」は両親でなくてもいいということ,また厳密な差はないと思いますが,「ご両親」は尊敬語的,「親御さん」はやや俗っぽい丁寧語的だと思います。

たとえば自分の先生にあたる人に向かって,「先生のご両親は…」とは言っても「先生の親御さんは…」とはちょっと言えません。またその場にいない同級生の親の話をするとして,「○○君の親御さんは」と噂することはありそうですが,「○○君のご両親は」と言ったら尊敬語を使ってあらたまった話をしそうです。

質問文は不自然ではありませんが,「おられるますか」という言い方,つまり「おる」に「られる」をつけて尊敬語化するのを嫌う人もいます。「おる」を謙譲語としてそれに尊敬語の語尾をつけるのに違和感があるからというものです。しかし「おられる」を自然な表現と考える人もいる(特に西日本)ので,両者の論争は日本人間でもあります。

Q「観点」と「視点」の使い分け

「観点」と「視点」は、どう使い分けたらいいでしょうか。用例なども含めて、教えてください。

Aベストアンサー

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります。

一方、「観点をかえる」といった場合、視点と同じ意味合いを持ちつつも、単なる方向だけではなく、「考える次元や、そもそもの思考の基盤をかえる」という意味が加わると思います。

したがって、私の語感では、例えば、「哲学とは無関係に思われた事柄を、そもそもの前提を見直して、哲学の立場から考察すると」という場合、「哲学的観点に立てば…」とは言いますが、「哲学的視点に立てば…」はやや表現の適切さに欠けるように思われます。
 ただし、「そもそもの前提を見直さないで、単に考えの方向を変えてみて」という意味でなら、「哲学的視点では」とも言えると思います。

視点と観点とは、totanさんが挙げた:
視る→まっすぐ目を向けてみる、一点を集中して見る。
観る→多くを並べてみくらべる、広く見渡す。
という漢字本来の意味内容をかなり正確に引き継いでいるのではないかと感じます。

以上、私の語感でした。

私の語感でお答えします。

私は、視点と観点の両方を用いますが、
視点の方は、「見る、目を向ける」という意味合いを
強く引っぱっているように思います。

視点を「考え方・見方」という意味で使う場合も、例えば、「視点をかえる」という場合、「こっちから見れば、こう考えられるが、発想を転換すると、異なる考え方もできる」という意味で用いる際、「表から見ていたものを、方向を変えて裏から見る」など、物事を見る場合の立ち位置――しかも矢印で表せそうな――見る際の方向を表すイメージがあります...続きを読む

Q「状況」と「情況」の違いは?

仕事で、「当時の手続き状況(情況?)についてご確認願います」というような文章を書くことがあります。
どちらの漢字を使うべきでしょうか?
人によって違うのです(>_<)私は「状況」だと思いますが、違うといって
訂正されることがあります。

ご教示いただければ有り難いです。

Aベストアンサー

一部の辞書などでは、細かいニュアンスの違いをあげるものがありますが、基本的に、「状況」「情況」の意味は同じです。
(その辞書では、「状況=外から見たありさま」「情況=物事の動きゆく様子」)
ただ、状、情、況ともに「有様」「様子」という意味があるので、熟語としての意味に違いがないと考えられています。
ただし情況の方が、状況よりも古い形のようで、明治の終わりごろまでは「情況」がよく使われいたちいいます。その後、両者が使われる時期を経て「状況」が優勢になってきたということです。
実際には「情況」を使用しても間違いではないですが、「状況」だけで十分だと思います。

参考文献:文化庁編集「言葉に関する問答集」総集編

Q「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」

「立ち振る舞い」と「立ち居振舞い」。
どうやら、「立ち振る舞い」は間違ってて「立ち居振舞い」が正しいらしいのですが、
数々の辞書を調べてみると「立ち振る舞いは立ち居振舞いと同意」とされている辞書がかなり多い。

なのに、やはり「立ち居振舞い」のほうが正しいようです。

なぜ「立ち居振舞い」だけが正しいのか、知っている方はいませんか?

Aベストアンサー

「立ち居振舞い」とは、立ったり座ったりの身のこなし、日常の動作のことです。
立ったり座ったりだから「立ち居」なのです。「立ち振舞い」だと座ることが抜けてしまいます。(笑)

では、なぜ「立ち振舞い」が、同義語として載っている辞書があるのか?
、言葉は生き物です。正しくなくとも使う人が大勢いると誤りもやがては誤りではなくなってしまうのです。
今、試しに完全一致で検索したところ、
「立ち居振る舞い」&、「立ち居振舞い」が121,100件+27,000件
「立ち振る舞い」&、「立ち振舞い」が73,100件+841件

わたしは辞書の編集者ではないのであくまで推測ですが、これは、「立ち振る舞い」も市民権を得た言葉として認めたということではないでしょうか?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング