例えば期末までに120購入していただけた場合には10%の12を割り戻します。という契約があるとした場合に、毎月割戻の額を引き当てることは可能でしょうか?

4月に10売上がたったとします。この時点では最終的に目標額の120が達成されるかどうか読めませんが、4月に売上割戻引当金繰入として売上の-1を入れてしまっても構いませんか?

税務上は債務が確定するまでは損金には入れられないと理解しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

財務会計と管理会計とで結論が異なります。

管理会計として月次計上をなさりたいのでしたら、できます。

財務会計、すなわち外部向けの会計では、計上できません。財務会計では、当期末に発生する見込の売上割戻に対する引当金の計上をすることができないためです。当期の売上が貸し倒れた場合に貸倒引当金を使えないのと同じ理屈です。

他方、管理会計、すなわち内部向けの会計では、計上して差し支えありません。管理会計では自由な会計処理が認められているためです。

したがって、管理会計として月次計上をなさりたいのでしたら、計上できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。質問の内容があいまいで申し訳ありませんでした。
管理会計はご指摘の通り任意ですので気にしておりませんでした。
財務会計の方でどう処理するかを気にしていたのですが、No.1の方とは異なる回答をいただきました。
目標額達成の可能性が極めて高い場合でも計上できないのでしょうか?
四半期決算をやっておりますが、1-3四半期までは出てこなかった数字が、第4四半期にいきなり全額ドン!って入るのも、
これはこれで財務諸表をゆがめてしまうかなと思うのですが、、、

追加のご意見がもしございましたらいただければ幸いです。

お礼日時:2016/04/10 16:08

分かりづらいかもと思いまして、若干追記します。



「期末までに120購入」してもらえる可能性が高い場合には、期末に売上割戻の発生が見込まれます。この場合、「四半期末日の翌日以降に見込まれる売上割戻」に該当するため、四半期累計期間における売上の10%について売上割戻引当金を計上することができます。

期末では、引当金を全額戻し入れて消去し、売上割戻の確定額を計上することになります。


なお、一連の回答は、ご質問の趣旨から、売上割戻の計算期間と会計期間とが一致することを前提にしています。
    • good
    • 0

四半期決算でしたら、財務会計では、四半期末日の翌日以降に見込まれる売上割戻について売上割戻引当金を計上することになります(四半期財務諸表に関する会計基準9項、企業会計原則注解18)。

注解18の「将来の特定の費用又は損失であって」が期末日・四半期末日の翌日以降を指すことにご留意ください。
    • good
    • 0

こんばんは。




>税務上は債務が確定するまでは損金には入れられないと理解しています。

その通りです。しかし、会計では別の考え方をします。

保守主義の原則に則り、バック・リベート(売上割戻)に係る未発生の債務は、その発生の可能性が高い場合には、当期末において引き当てなければならないとするのが企業会計の立場です。

ですから最終的に目標額の120が達成されるかどうかを確実には読めない場合であっても、120が達成される可能性が高いと判断されるなら、4月の月次決算で売上割戻引当金繰入として売上の10%を計上することが可能です。というより、計上すべきです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答ありがとうございました。蓋然性が高ければ引当を計上するべきということですね。月次決算は内部向けなのでどうでもよいのですが、四半期決算をやっておりますので、どうするべきかなと思案しておりました。

お礼日時:2016/04/10 16:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q売上債権と貸付金の貸倒引当金繰入額について

売上債権と貸付金の貸倒引当金繰入額は、損益計算書上どこに区分されるのか教えてください。その理由なども詳しく解説していただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

売上債権の貸引繰入額は販管費に、貸付金の貸引繰入額は営業外費用に計上されるのが普通だと思います。
その理由は、売上債権は営業債権なので営業利益の計算に含めるべきで、貸付金は営業外債権なので営業外費用で処理すべきだからです。

Q賞与引当金と賞与引当金繰入額について

以下のような計上、処理の仕方は間違っているのでしょうか。ご享受ください。

賞与支給時期:6月、12月 決算月:3月

4-6月に夏季賞与分を10ずつ引当、7-12月に冬季賞与分を15ずつ引当、1-3月に翌期夏季賞与分を10ずつ見積もり引当。

前期 P/L 賞与引当金繰入額 30 B/S 賞与引当金 30

4月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
5月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
6月賞与引当金繰入額10賞与引当金10

6月夏季賞与支給賞与引当金60現金60

7月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
8月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
9月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
10月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
11月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
12月賞与引当金繰入額15賞与引当金15

12月冬季賞与支給賞与引当金90賞与引当金繰入額90
賞与 90現金 90

1月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
2月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
3月賞与引当金繰入額10賞与引当金10

H26/3期末
賞与引当金繰入額60
賞与90
賞与引当金(残高)30

この場合、賞与引当金繰入額計と賞与引当金残高が一致しないのですがいいんですかね。

以下のような計上、処理の仕方は間違っているのでしょうか。ご享受ください。

賞与支給時期:6月、12月 決算月:3月

4-6月に夏季賞与分を10ずつ引当、7-12月に冬季賞与分を15ずつ引当、1-3月に翌期夏季賞与分を10ずつ見積もり引当。

前期 P/L 賞与引当金繰入額 30 B/S 賞与引当金 30

4月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
5月賞与引当金繰入額10賞与引当金10
6月賞与引当金繰入額10賞与引当金10

6月夏季賞与支給賞与引当金60現金60

7月賞与引当金繰入額15賞与引当金15
8月賞与引当金繰入額15賞与引当金...続きを読む

Aベストアンサー

賞与引当金に限らず、引当金を計上できる条件(いわゆる引当金の4要件)を思い出すといいかもしれない。

引当金の4要件は次のものだ。
1.将来の特定の費用または損失
2.発生が当期以前の事象に起因
3.発生の可能性が高い
4.金額の合理的な見積可能

賞与引当金に当てはめると、当期に引当金計上できるのは、要件1と2とから、来期の賞与のうち当期負担となる分だ。これは、当期の賞与のうち当期負担となる分については賞与引当金を使うことができず、したがって賞与引当金繰入額も使うことができないことを意味する。

ご質問の事例でいえば、6月支給の夏季賞与のうち当期負担である4~6月の費用、12月支給の冬季賞与の費用(7~12月の全部が当期負担)はともに、賞与引当金も賞与引当金繰入額も使うことができない。そのため、月次で積んでいた分は逆仕訳で戻し入れる必要がある。そして、費用計上をするのに最も適切な科目を探せば、賞与勘定となる。


他方、夏季賞与のうち前期負担として1~3月にわたり賞与引当金に計上していた金額よりも実際の支給額が少なかった場合には、少なかった金額につき、賞与のマイナス計上や賞与引当金戻入益(販管費や売上原価の一項目)などで調整する。

ただし、前期におこなった引当額の見積計算をその時点で誤っていたなど、前期の賞与引当金計上額を誤って計上していた場合には、原則として前期の決算書を修正する。


なお、ご質問内容から、賞与の算定期間が夏季賞与につき1月~6月、冬季賞与につき7月~12月であることを前提にしている。

算定期間がこれと異なる場合には(例えば夏季賞与につき10月~3月、冬季賞与につき4月~9月)、計上する科目が異なってくる可能性がある。(かっこ内の事例でいえば、3月時点で夏季賞与の算定期間が満了し賞与支給額が確定することになるため、期末の貸借対照表には賞与引当金ではなく未払費用が計上される。)

賞与引当金に限らず、引当金を計上できる条件(いわゆる引当金の4要件)を思い出すといいかもしれない。

引当金の4要件は次のものだ。
1.将来の特定の費用または損失
2.発生が当期以前の事象に起因
3.発生の可能性が高い
4.金額の合理的な見積可能

賞与引当金に当てはめると、当期に引当金計上できるのは、要件1と2とから、来期の賞与のうち当期負担となる分だ。これは、当期の賞与のうち当期負担となる分については賞与引当金を使うことができず、したがって賞与引当金繰入額も使うことができないことを意味す...続きを読む

Q法人税法別表11(1の2)の貸倒引当金の当期繰入額について

基本的な質問ですが、
別表11(1の2)の1の当期繰入額はいくらになりますか。

1、期首引当金 100
  (1)当期仕訳  繰入額 120 /引当金 120
        引当金 100 /戻入  100

  (2)当期仕訳  繰入額 20  /引当金 20

洗替、差額補充した場合ですが、
繰入額は100でいいのですか、それとも20になるのですか。
また、戻入額は繰入額の決定について、関係しないということで
いいのですか。

初歩的な質問ですが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

どちらも答えは120です。根拠は自分で調べてください。なお、(1)は質問の中に書いてあります。

参考URL:http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/11/11_01.htm

Q貸倒引当金繰入超過額について

貸倒引当金差額戻入と繰入なんですが、
前年度と今年度を比較し、前年度は戻入額が前年度貸倒引当金繰入額(プラス)で繰入が当年度貸倒引当金繰入額(マイナス)となっており、貸倒引当金差額戻入が発生しました。今年度は戻入額が前年の繰入額(同金額マイナス)で繰入額が今年度の貸倒引当金繰入額(プラス)で貸倒引当金差額繰入が発生しました。
前年の別表4の貸倒引当金繰入超過額は当年度の貸倒引当金繰入額がそのまま超過額となっているのですが、今年度の超過額は貸倒引当金差額繰入分だけが超過額です。
前年度は繰入額すべてが超過額だったのに、今年度は
差額繰入分だけが超過額となるのはなぜでしょうか?
質問が長くなってしまい済みません。
どなたかご回答おまちしております。

Aベストアンサー

おはようございます。

ご質問の前提は次のようでよろしいのでしょうか?
この前提で説明します。

-前提-
【前期】
・貸倒引当金 100/貸倒引当金戻入100
・貸倒引当金繰入 80/貸倒引当金 80
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 →一度、総額で洗い替え処理し、差額戻入処理をしています
(法人税別表4)
・貸倒引当金繰入限度超過額80

【当期】
・貸倒引当金 80/貸倒引当金戻入 80
・貸倒引当金繰入100/貸倒引当金 100
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 →一度、総額で洗い替え処理し、差額繰入処理をしています
(法人税別表4)
・貸倒引当金繰入限度超過額20
  →これで良いのか?80では無いのか?と言う質問ということで説明します。
    尚、税務上の繰入限度額はご質問の文面から「0」として説明します。


結果的には、zxcvbnmnbvcxzさんの回答と同じになってしまいますが、結果OKとなります。

法人税でも所得税でも、原則として、前期に繰り入れた貸倒引当金の金額は、翌年の戻し入れし、収益計上する事となっています。特例として、差額繰入・戻入も認められています。(法人税法52条9項、所得税法52条3項)

従って、原則に従った別表ということであれば、「当期」の別表4は、
・貸倒引当金繰入限度超過額 100(加算)
・貸倒引当金繰入限度超過額認容 80(減算)
となります。

税務上の繰入限度額が無いと言うことであれば、全額が損金不算入となりますので、結果として、20の差額部分のみを加算処理しても、最終的な課税所得の金額は同じとなりますので、税務申告上は問題ありません。

ただし、あまり一般的な処理ではないと思いますので、会計処理上はともかく、別表処理上はネットせずに、グロスで洗い替え処理した記載・表示の方が、後々担当者が代わったときなどには理解しやすいのではと思います。

おはようございます。

ご質問の前提は次のようでよろしいのでしょうか?
この前提で説明します。

-前提-
【前期】
・貸倒引当金 100/貸倒引当金戻入100
・貸倒引当金繰入 80/貸倒引当金 80
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 →一度、総額で洗い替え処理し、差額戻入処理をしています
(法人税別表4)
・貸倒引当金繰入限度超過額80

【当期】
・貸倒引当金 80/貸倒引当金戻入 80
・貸倒引当金繰入100/貸倒引当金 100
・貸倒引当金戻入 80/貸倒引当金繰入 80
 ...続きを読む

Q賞与引当金繰入額について

はじめまして、経理初心者です。同じような質問を探して読みましたが、それでも解らない点があったので質問させていただきます。
まず弊社では、
①毎月の月次決算と四半期決算を行います。(事業年度は4~3月)
②7月支給の賞与の為に1~6月に引当金計上、12月支給の賞与の為に7~11月に引当金計上。仕訳は毎月
(借)賞与引当金繰入/(貸)賞与引当金

③1~6月に引当金計上したものを、7月賞与支給時に
(借)賞与/賞与引当金繰入
の仕訳で科目振替しており
(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしています。
賞与引当金繰入額と賞与引当金の残高0。

しかし、12月支給時に7~11月に引当金計上した分は、
(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしているのですが

7月支給時のような
(借)賞与/(貸)賞与引当金繰入
の仕訳を入れておらず、賞与引当金繰入額の残高が残っています。

12月支給時に賞与引当金繰入額の残高が残っていてよいのでしょうか。PLは翌期に数字が繰り越されないから良いのでしょうか(じゃあ何故7月支給時は繰入額を賞与に振替えて残高0にしたのか?)(賞与も引当金繰入額も結局は費用科目だから良いのか?)(賞与引当金繰入額は損金として認められないから賞与に

はじめまして、経理初心者です。同じような質問を探して読みましたが、それでも解らない点があったので質問させていただきます。
まず弊社では、
①毎月の月次決算と四半期決算を行います。(事業年度は4~3月)
②7月支給の賞与の為に1~6月に引当金計上、12月支給の賞与の為に7~11月に引当金計上。仕訳は毎月
(借)賞与引当金繰入/(貸)賞与引当金

③1~6月に引当金計上したものを、7月賞与支給時に
(借)賞与/賞与引当金繰入
の仕訳で科目振替しており
(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしています。
...続きを読む

Aベストアンサー

>1~6月に引当金計上したものを、7月賞与支給時に
(借)賞与/賞与引当金繰入
の仕訳で科目振替しており

誤りです。7月賞与支給時の仕訳は、
〔借方〕賞与引当金/〔貸方〕普通預金
です。

>(借)賞与引当金
の仕訳で引当金の戻りをしています。
賞与引当金繰入額と賞与引当金の残高0。

もし賞与引当金が余れば、次のように戻します。
〔借方〕賞与引当金/〔貸方〕賞与引当金戻入額

このように、賞与引当金の残高を0にします。賞与引当金戻入額の残高は、0にしてはなりません。損益計算書に残しておかなければなりません。

なお7月賞与支給時に、賞与引当金の残高が不足する場合の仕訳は、
〔借方〕賞与引当金/〔貸方〕普通預金
〔借方〕賞与/

損益計算書には、賞与引当金戻入額と賞与の残高を残すことになります。

以上、12月賞与支給時も同じです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報