中小企業の者です。あまり簿記に詳しくないです。現在、決算作業中で、税理士さんに提出する前です。期末に払った経費を、損金にせず翌期に扱いにするにはどういう処理があるものでしょうか?年が明けてから、急激に業績が低下していたのですが、期末にはきちんと得意先への支払は済ませていました。しかし集計してみて、どうにも利益が少なすぎて困っています。そこで期末に払った経費の一部を翌期首に振り替えて、収益を少し大きく見せたいのですが、どのような仕分けの仕方がありますか?預金口座には既に振り込みの記録は記帳されています。当社の売上や仕入は、変動が大きく、支払の発生や取り消しは、俯瞰してみる分にはそれほど不自然なものではない状況です。

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。素人ですいません。利益を多く見せたいのも「脱税」を疑われるものなのですか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/04/07 22:53

A 回答 (3件)

>期末に払った経費を、損金にせず翌期に扱いにするにはどういう処理…



経理のイロハ。
経費の計上時期は、いつ払ったかではありません。
その支払義務が確定した日です。
平たい言葉で言うなら、ものを買った日です。

>預金口座には既に振り込みの記録は記帳されています…

振り込みということは、いつもニコニコ現金払いいではなく、掛けで買っているのでしょう。
買った日に
【○○費 100円/未払金 (or買掛金) 100円】
振り込んだ日に
【未払金 (or買掛金) 100円/普通 (or当座) 預金 100円】
ですよ。

支払が翌年 (期) になることもしばしばあるかと思いますが、この仕訳であくまでも当年の経費となるのです。

>利益が少なすぎて困っています。そこで期末に払った経費の一部を…

だめですよそんなことをしては。
それを「利益操作」と言って、すぐ見破られる脱税行為です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。素人ですいません。利益を多く見せたいのも「脱税」を疑われるものなのですか?

お礼日時:2016/04/07 22:55

>利益を多く見せたいのも「脱税」を疑われる…



その分だけ翌年 (期) の利益が減って税金も減るでしょう。
これはやはり脱税の一種なのです。

商法的には“粉飾決算”といわれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足のご回答まで、ありがとうございます。

お礼日時:2016/04/08 08:06

利益操作って「したらだめ」です。


操作の結果、今期の利益が上がるとします。すると「納税額が増える」のですから税を逃れてることにはならないと言えます。
しかし、翌期に操作された経費が計上されるのですから「所得が圧縮されます」。税負担が低くなりますよね。

「今期と翌期を合計したら、足して引いて一緒だからいいじゃんか」という理屈は認められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうなんですね。他社からそのような話を聞いたことがあったので、尋ねてみましたが、そうもいかないんですね。勉強になります。

お礼日時:2016/04/08 08:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経費を還付して貰うには確定申告をするのでしょうか?

はじめてウェブを使った自営業を営みだしたのですが、
外注したウェブの制作費などは経費として落とせると思います。

既に確定申告の時期は過ぎてしまっていますが、
これまでにかかった経費は申告にいけば戻ってくるのでしょうか?

いろいろググってみたのですが、ちょっと理解がうまく進みませんでした。
お聞きしたいことをまとめますと

・かかった経費はいつまで遡って申告できるのか?

・経費の申告先は確定申告で、年に一回なのか?

・基本的に経費の申告、還付は確定申告でという認識であっているのか?

・通常はいつから始まりいつまでが経費としての対象期間になるのか?

まことに恐れ入りますが、アドバイスいただけますと幸いです。

Aベストアンサー

1かかった経費はいつまで遡って申告できるのか?

申告書提出期限から1年間です。既に出した申告書の所得金額から経費を引き忘れてたとして、更正の請求をします。
(更正の請求期間の変更がありますが、ここでは旧法で)

2経費の申告先は確定申告で、年に一回なのか?

そのとおりですが、経費を申告するのではなく、所得と納める税額を申告します。

3基本的に経費の申告、還付は確定申告でという認識であっているのか?

あってます。

4通常はいつから始まりいつまでが経費としての対象期間になるのか?

所得税の課税計算は、1月1日から12月31日で行います。


なお、常識的にご存知だと思いますが、事業の経費そのものが確定申告によって還付されることはありません。

Q中小企業退職金共済等の経費処理について

中小企業退職金共済等の退職金共済の経費処理方法は、
掛金支払い時に費用計上するんですよね?
昔は掛金支払い時に積立金に計上して、従業員が退職した時に費用へ振替る処理だったということはありえるのでしょうか?
昔の処理を見たらそうなっていて、途中から掛金支払い時に費用計上する方法に変わっている為、積立金に残高が残っている状況になっています。

Aベストアンサー

中小企業退職金共済の仕訳は、
掛金支払時 (借方)退職金 ××× (貸方)現預金 ×××
となります。
共済掛金は全額費用計上できるので、過去の処理は、決算上の理由で費用計上せずに積立金処理をして利益を確保したのではないかと推測されます。
いずれにせよ、現在の積立金は対象従業員の退職時に取崩処理をすることになります。

Q確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に

確定申告で、雑収入が40万円で、経費が10万円の場合は、雑収入の項目に30万円と記入して、経費の欄は空白で提出しても良いでしょうか?(自分の中で雑収入と経費を相殺して、純粋な利益の部分だけを確定申告に書くような感じです)

Aベストアンサー

所得税法第百二十条第四項で、確定申告書には「その年において不動産所得、事業所得又は山林所得を生ずべき業務を行う居住者が第一項の規定による申告書を提出する場合(当該申告書が青色申告書である場合を除く。)には、財務省令で定めるところにより、これらの所得に係るその年中の総収入金額及び必要経費の内容を記載した書類を当該申告書に添付しなければならない。」と規定しています。ですから、収入と経費を相殺してはいけないのです。

また青色申告の場合は、所得税法第百四十九条で損益計算書を添付しなければならないと規定しています。損益計算書を提出するのですから、むろん、収入と経費を相殺出来ないわけです。

ですから面倒でも収入40万円も経費10万円も両方書いてください。

Q中小企業倒産防止共済掛金の必要経費算入

個人事業者です。 中小企業倒産防止共済に加入し、掛金(96万円)をH23年12月に納付したのですが、「中小企業倒産防止共済掛金の必要経費算入に関する明細書」を自分で作成し、確定申告書に添付すれば、H23の確定申告で必要経費にすべて算入することができるのでしょうか。

よろしくアドバイスをお願いをいたします。

Aベストアンサー

そう説明されていますからそれで間違いないと思います。

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/qa/kakekin/000118.html

その金額を記載した青色申告決算書や収支内訳書を添付します。

Q妻のパートの給与所得と水泳インストラクター報酬の雑所得について確定申告、必要経費、領収書について

私自身は経営者で毎年、妻が扶養で個人で確定申告をしていますので配偶者控除を受けていました。今回、確定申告する際に妻の給与所得が80万円を超え、水泳インストラクターの報酬として30万円ほど雑所得があったため合計所得が103万円をはじめて超えてしまいました。

配偶者控除⇒配偶者特別控除

自分のだけ申告するならば、こちらになるかとは思いますが、妻の雑所得は源泉所得税が3万円ほど差し引かれていますので、夫婦別々に確定申告すれば所得税の還付を受けれる可能性があります。妻は別で確定申告するべきかと思いましたがいくつか疑問があります。

・夫と妻はそれぞれ確定申告するべきかどうか
 夫名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 妻名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 ちなみに医療費は夫婦合わせて10万円を超えます。それぞれ別に申告すると下回ります。
 妻の生保控除は定期積立保険で年間5万円ほど支払っています。

・雑所得から必要経費が発生しているので領収書の添付が必要なのかどうか
 必要経費とは、就業場所までのガソリン代や地下鉄等の交通費、水泳指導に必要な水着やキャップ、 ゴーグル等のユニフォーム類。ちなみに地下鉄等がSUICAなので領収書がないものがあります。

・雑所得から必要経費を差し引いて計算していいのかどうか
 現時点で合計所得が103万円を超えているのですが、雑所得で必要経費を差し引けば103万円以下に なります。雑所得の数値を入力する際に必要経費をあらかじめ差し引いた数値を記載すればいいので しょうか?

以上となりますがご教授頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

私自身は経営者で毎年、妻が扶養で個人で確定申告をしていますので配偶者控除を受けていました。今回、確定申告する際に妻の給与所得が80万円を超え、水泳インストラクターの報酬として30万円ほど雑所得があったため合計所得が103万円をはじめて超えてしまいました。

配偶者控除⇒配偶者特別控除

自分のだけ申告するならば、こちらになるかとは思いますが、妻の雑所得は源泉所得税が3万円ほど差し引かれていますので、夫婦別々に確定申告すれば所得税の還付を受けれる可能性があります。妻は別で確定申告する...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。


奥さんの合計所得金額が38万円以下ならば、質問者は配偶者控除を受けられます。


そこで奥さんの合計所得金額を計算してみます。

①給与所得:

給与収入80万円-給与所得控除65万円=所得15万円

②雑所得:

雑所得=インストラクタ報酬の金額30万円-インストラクタの必要経費

①+②が奥さんの合計所得金額です。①+②が38万円以下なのか、38万円を超えるのかどうかが問題になります。

~~~~~~~~~~~

さて、

>・夫と妻はそれぞれ確定申告するべきかどうか
 夫名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 妻名義の控除対象(生保控除、損保控除、医療費控除etc)のみで確定申告するべきなのか。
 ちなみに医療費は夫婦合わせて10万円を超えます。それぞれ別に申告すると下回ります。
 妻の生保控除は定期積立保険で年間5万円ほど支払っています。

夫婦が別々に確定申告すべきでしょう。保険料や医療費の"名義"はどちらでもいいです。夫婦は「生計を一に」していますから。

>・雑所得から必要経費が発生しているので領収書の添付が必要なのかどうか
 必要経費とは、就業場所までのガソリン代や地下鉄等の交通費、水泳指導に必要な水着やキャップ、 ゴーグル等のユニフォーム類。ちなみに地下鉄等がSUICAなので領収書がないものがあります。

奥さんが確定申告するならば、インストラクタ報酬は「事業所得」ではなく「雑所得」として申告します。
・「事業所得」として申告する場合は、確定申告書に「収支内訳書」を添付しなくてはなりません。
・「雑所得」として申告する場合は、そういう面倒はありません。

なお、領収書などの書類は5年間、保管するようにして下さい。


>・雑所得から必要経費を差し引いて計算していいのかどうか

当然、必要経費を差し引いて計算して下さい。

なお、インストラクタ報酬の必要経費として、ガソリン代や地下鉄等の交通費、水泳指導に必要な水着やキャップ、 ゴーグル等のユニフォーム類はOKです。また、地下鉄等がSUICAなので領収書がないものもOKですが、「?月?日、地下鉄xx線、a駅からb駅、など、詳しく記録しておいて下さい。行き先も記録。

そのほかの必要経費として、自宅で事務作業をするための経費、例えば家賃(または自宅の減価償却費、固定資産税)、水道光熱費、通信費、事務用消耗品費なども認められますよ。

そうすると、合計所得金額は38万円以下になるのではありませんか。詳しく調べてみましょう。

No.1です。


奥さんの合計所得金額が38万円以下ならば、質問者は配偶者控除を受けられます。


そこで奥さんの合計所得金額を計算してみます。

①給与所得:

給与収入80万円-給与所得控除65万円=所得15万円

②雑所得:

雑所得=インストラクタ報酬の金額30万円-インストラクタの必要経費

①+②が奥さんの合計所得金額です。①+②が38万円以下なのか、38万円を超えるのかどうかが問題になります。

~~~~~~~~~~~

さて、

>・夫と妻はそれぞれ確定申告するべきかどうか
 夫名義の控除対象(生保...続きを読む

Q簿記1級か中小企業診断士

上場企業(中小ですが)で経理をやっています。今後のキャリアプランを考えて資格取得を考えています。候補としては簿記1級か中小企業診断士のどちらかにしようと思っているのですが、どっちのほうが使える資格だと思いますか?考え方人それぞれだと思いますがあなたの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

今後のキャリアプランをどのように考えているかによると思います。例えば今後も経理部でキャリアをかさねていきたいのであれば簿記のほうが仕事に直結してよいと思いますが、経営企画部など会社経営に携わりたいとか、コンサルタントになりたいというのであれば簿記2級プラス中小企業診断士という選択もあると思います。
またよくばれば二つともとれなくない資格だと思うので両方あればなおよいと思いますが。
個人的にはサラリーマンとしてのキャリアアップを考えているのであれば簿記1級のほうがよいと思います。
また、キャリアの中で英語を使った経理などをしたいと考えるのであれば英文会計やUSCPAなどが仕事に関係してよいのではないでしょうか。
いずれにしても単にキャリアといってもどの方向を目指すかによって資格の使い道や評価は変わってくると思います。

Q確定申告 経費について

はじめて確定申告をします。説明書だけではよくわからないので
よろしければ詳しく教えていただきたいのですが。
仕事の交通費、仕事用に使っていた携帯の通信費は経費として落とせるのでしょうか?
また経費として落とせる場合記入に関しては
『所得』-『経費』=『収入金額等の給与欄』
というやり方でよろしかったでしょうか?
何か間違いがあればご指摘お願いします。

ちなみに青色申告の確定申告書Aを使用しています。

Aベストアンサー

落とせます!
交通費(車の場合は高速道路代や駐車代やガソリン代、電車の場合は切符などは領収書が出ないのでメモでも可)も通信費(FAXやネット代なども場合によって)も落とせます。
私の場合は自宅で仕事をしているので、家賃の5分の1を落としていたりしています。
基本的に仕事で使った分は何でも領収書を取っておきましょう。
もし分からなかったら、税務署の人に聞くのもいいと思います。
 
私も毎年やっているのに分からないことが多くて、確定申告って本当に大変ですよね。お互いに頑張りましょう!

Q日商簿記1級と中小企業診断士

スキルアップのために資格取得を考えています。
経験者の方へ質問します。
日商簿記1級と中小企業診断士とでは、どちらが易しいですか?
どちらも難易度が高いと思いますが・・。

ちなみに自分は日商簿記2級を取得しています。
そして過去に1度、日商簿記1級にチャレンジし、完敗しました。
全然ダメでした。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

比較のご質問ということで、両者を受験していない者としては
回答すべきか迷うところですが…
参考になればと思い書込みます。

ちなみに、会計士取得者で税理士の科目と日商1級取得済みです。
日商1級は公的資格、中小企業診断士は国家資格。
こう考えると後者の方が難易度は高いと言えるかもしれません。
しかし、日商1級は特異です。
受験経験がおありとのことで、ご存知かもしれませんが、
日商1級が難しいとされるのはその範囲もさることながら、
最大の要因は“受験者層”です。

この資格を受験する者には、
日商1級のみを学習している方に加え、
日商1級の再受験者、さらに
税理士の簿財学習組や
会計士受験生組も力試しとして受験してきます。

これらの受験者は、日商1級のみ学習している者より、
ある面では幅広い知識と計算力を有しています。
それゆえに、日商1級は他の資格と違い合格できるか?となると
難しいということになります。

結局、両資格を受験していない私にはその難易度を比較することはできませんが、
公的資格とはいえ、日商1級をあなどるなかれとだけは言いたいと思います。。

少しでも参考になる部分があれば、幸いです。

比較のご質問ということで、両者を受験していない者としては
回答すべきか迷うところですが…
参考になればと思い書込みます。

ちなみに、会計士取得者で税理士の科目と日商1級取得済みです。
日商1級は公的資格、中小企業診断士は国家資格。
こう考えると後者の方が難易度は高いと言えるかもしれません。
しかし、日商1級は特異です。
受験経験がおありとのことで、ご存知かもしれませんが、
日商1級が難しいとされるのはその範囲もさることながら、
最大の要因は“受験者層”です。

この資格を受...続きを読む

Q確定申告に関して。(給与があることを前提に)雑収入が40万で経費10万

確定申告に関して。(給与があることを前提に)雑収入が40万で経費10万の場合、経費で通信費やパソコンの減価償却を記入した際、確定申告の際にその領収書の添付や、減価償却の方法(定額等)の申告は必要でしょうか?それとも、自分で持っておくだけで良いのでしょうか?

Aベストアンサー

>確定申告の際にその領収書の添付や、減価償却の方法(定額等)の申告は必要でしょうか?
領収書の添付は必要ありませんが、減価償却の方法は「収支内訳書」の裏面に記載する必要があります。

参考
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2007/pdf/26.pdf

Q(明日午前中締切なのでどうか助けてください)弥生会計07 期末と翌期首残高の繰越ミス

弥生会計07プロフェッショナルについて質問です。
弥生を使用するのは初めてでサポートにもはいっていません。
どう対応したら期首残高が合うのか教えてください!

会計期間が新しくなり、今期10期分を繰越処理完了
⇒その後で翌期11期を入力開始
⇒提出日前日の今日になってチェックした結果、一部の11期の期首残高が10期末残高と不一致である事実を発見。期首の月の試算表を締めた際には資産や負債の残高はチェックして合っていたので不一致は一部のみなようです。

最後に入れた何本かの決算修正が繰越データ処理されていないと思われます。バックアップはとってあります。10期のデータを動かさずに11期の入力済みの仕訳(2か月分)をインポートするなど方法はあるのでしょうか?期首残高を合わせるために仕訳をきると11期の数字が当然ずれるので困っています。よろしくお願い申し上げます!!!いい方法ご存知の方、助けてください(;_;)

Aベストアンサー

要は、「10期の期末残高を11期期首に再移送したい」ということですか?

もしそうであれば、簡単にできます。

1.ファイル→年度切り替えで10期に移ります。
2.ファイル→次年度更新 を行います。
これで終わりです。


人気Q&Aランキング