中小企業の者です。あまり簿記に詳しくないです。現在、決算作業中で、税理士さんに提出する前です。期末に払った経費を、損金にせず翌期に扱いにするにはどういう処理があるものでしょうか?年が明けてから、急激に業績が低下していたのですが、期末にはきちんと得意先への支払は済ませていました。しかし集計してみて、どうにも利益が少なすぎて困っています。そこで期末に払った経費の一部を翌期首に振り替えて、収益を少し大きく見せたいのですが、どのような仕分けの仕方がありますか?預金口座には既に振り込みの記録は記帳されています。当社の売上や仕入は、変動が大きく、支払の発生や取り消しは、俯瞰してみる分にはそれほど不自然なものではない状況です。

質問者からの補足コメント

  • ご回答ありがとうございます。素人ですいません。利益を多く見せたいのも「脱税」を疑われるものなのですか?

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/04/07 22:53

A 回答 (3件)

>期末に払った経費を、損金にせず翌期に扱いにするにはどういう処理…



経理のイロハ。
経費の計上時期は、いつ払ったかではありません。
その支払義務が確定した日です。
平たい言葉で言うなら、ものを買った日です。

>預金口座には既に振り込みの記録は記帳されています…

振り込みということは、いつもニコニコ現金払いいではなく、掛けで買っているのでしょう。
買った日に
【○○費 100円/未払金 (or買掛金) 100円】
振り込んだ日に
【未払金 (or買掛金) 100円/普通 (or当座) 預金 100円】
ですよ。

支払が翌年 (期) になることもしばしばあるかと思いますが、この仕訳であくまでも当年の経費となるのです。

>利益が少なすぎて困っています。そこで期末に払った経費の一部を…

だめですよそんなことをしては。
それを「利益操作」と言って、すぐ見破られる脱税行為です。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。素人ですいません。利益を多く見せたいのも「脱税」を疑われるものなのですか?

お礼日時:2016/04/07 22:55

>利益を多く見せたいのも「脱税」を疑われる…



その分だけ翌年 (期) の利益が減って税金も減るでしょう。
これはやはり脱税の一種なのです。

商法的には“粉飾決算”といわれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足のご回答まで、ありがとうございます。

お礼日時:2016/04/08 08:06

利益操作って「したらだめ」です。


操作の結果、今期の利益が上がるとします。すると「納税額が増える」のですから税を逃れてることにはならないと言えます。
しかし、翌期に操作された経費が計上されるのですから「所得が圧縮されます」。税負担が低くなりますよね。

「今期と翌期を合計したら、足して引いて一緒だからいいじゃんか」という理屈は認められません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。そうなんですね。他社からそのような話を聞いたことがあったので、尋ねてみましたが、そうもいかないんですね。勉強になります。

お礼日時:2016/04/08 08:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q(明日午前中締切なのでどうか助けてください)弥生会計07 期末と翌期首残高の繰越ミス

弥生会計07プロフェッショナルについて質問です。
弥生を使用するのは初めてでサポートにもはいっていません。
どう対応したら期首残高が合うのか教えてください!

会計期間が新しくなり、今期10期分を繰越処理完了
⇒その後で翌期11期を入力開始
⇒提出日前日の今日になってチェックした結果、一部の11期の期首残高が10期末残高と不一致である事実を発見。期首の月の試算表を締めた際には資産や負債の残高はチェックして合っていたので不一致は一部のみなようです。

最後に入れた何本かの決算修正が繰越データ処理されていないと思われます。バックアップはとってあります。10期のデータを動かさずに11期の入力済みの仕訳(2か月分)をインポートするなど方法はあるのでしょうか?期首残高を合わせるために仕訳をきると11期の数字が当然ずれるので困っています。よろしくお願い申し上げます!!!いい方法ご存知の方、助けてください(;_;)

Aベストアンサー

要は、「10期の期末残高を11期期首に再移送したい」ということですか?

もしそうであれば、簡単にできます。

1.ファイル→年度切り替えで10期に移ります。
2.ファイル→次年度更新 を行います。
これで終わりです。

Q青色申告 期首在庫 期末在庫

弥生の青色申告ソフトで、期首在庫金額、期末在庫金額の打ち込みはどうすればいいですか? 
ちなみに
期首商品棚卸高 0   期末商品棚卸高 40824        
         です。

Aベストアンサー

振替伝票入力から次の仕訳を入力します。
借方 商品 40,824 / 貸方 期末商品棚卸高 40,824
これだけです。期首はゼロですから何もする必要はありません。

詳しくは、
ヘルプ(H) → 目次とキーワード(H) → キーワード(N) と進み
キーワード入力欄に「決算」と入力しENTERキー
「決算整理仕訳 棚卸の仕訳の入力」をクリックして、詳細を読む。

Q期首、期末の棚卸しですが、これであっていますでしょうか?

棚卸し資産の帳簿の付け方について少し伺いたいのですが、2007年度の
期末棚卸しで200万円分の商品が残っていて、2008年度の期末棚卸しで
商品300万円分残っていた場合。また2007年度で棚卸し資産に計上した
商品の内50万分の商品が2008年度の期末棚卸しで残っていた場合なんで
すが・・、どうでしょうか?

借方              貸方
期首商品棚卸高         商品
200万              200万
--------------------------------------------
借方              貸方
商品              期首商品棚卸高
150万              150万     
---------------------------------------------
借方              貸方
商品              期末商品棚卸高
250万              250万

Aベストアンサー

三分法では、

商品の期末在庫の計上は、
〔借方〕商品OOOO/〔貸方〕期末商品棚卸高OOOO
です。

この在庫OOOOには、当期に仕入れた商品も、前期の商品も、前々期の商品もぜんぶ含まれます。

ですから質問のケースでは、

--------------------------------------------
借方              貸方
期首商品棚卸高        商品
200万              200万
--------------------------------------------
借方              貸方
商品              期末商品棚卸高
300万              300万
--------------------------------------------

で良いのです。

Q期首[期末]商品棚卸高

「期首商品棚卸高」と「期末商品棚卸高」は、

 「資産・負債・純資産・収益・費用」のどの科目に分類されますか

Aベストアンサー

「期首商品棚卸高」と「期末商品棚卸高」は、いずれも、単独ではどの科目にも分類されません。

『売上原価』は費用に分類される項目ですが、「期首商品棚卸高」は売上原価に加算される科目であり、「期末商品棚卸高」は売上原価から減算される科目です。

Q【ご質問訂正】減資処理の仕訳に計上可能な繰越利益剰余金の値について(期首値それとも期末値?)

表題の件についてお聞きします。(3月決算企業、減資のタイミングは期末日)

A社の累損(期首繰越利益剰余金-190百万)を資本金で消し込むにあたり、以下の仕訳を予定しています。
(借方)資本金200百万/(貸方)繰越利益剰余金190百万←期首値
               /(貸方)資本等減少差益 10百万
そこでこの繰越利益剰余金についてですが、
減資処理の場合、期首の繰越利益剰余金の値を使用しなければならないのか、それとも、
当期末の税引後の当期純損益を取り込んだ期末繰越利益剰余金でも可能なのかが疑問点です。期末の繰越利益剰余金で可能であるならば、
(借方)資本金200百万/(貸方)繰越利益剰余金160百万←期末値(予定)
               /(貸方)資本等減少差益 40百万
ぐらいを予定しており、期首繰越利益剰余金を使用した場合と仕訳の値が違ってきます。可能であれば、期末の繰越利益剰余金の値を使用したいと考えております。
少し専門的なご質問ですが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

減資による欠損填補の対象となる利益剰余金は、確定値としての「年度決算時の負の残高」に限られます(自己株式及び準備金の減少等に関する会計基準61項)。確定した期末時残高でなければなりませんから、額が同じであっても「『期首』繰越利益剰余金」を使用することは出来ませんし、予定値の期末残高も用いることが出来ません。

なお、仕訳については、お書きの仕訳でもいいのですが、同基準20項を鑑みて、実務上は次のように「その他資本剰余金」を間に噛ませるのが一般的です(金額は一例)。
(借方)資本金200百万/(貸方)その他資本剰余金200百万
(借方)その他資本剰余金200百万/(貸方)繰越利益剰余金180百万
                  /(貸方)資本等減少差益 20百万


人気Q&Aランキング

おすすめ情報