ネットが遅くてイライラしてない!?

どちらがおすすめでしょうか?調べたらNiconの中古とCanonの新品同程度の
価格でした。

当方、一眼初心者です。用途はオールマイティに使いたいです。
男性なので重さとか関係なしです。

ご回答頂けたら幸いです。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    ご回答ありがとうございます。
    確かに一日担いでいたら、軽いほうがいいですよね。

    いろいろ参考になりました。また調べていて頻出の黄色被りはWBでも限度がありますでしょうか?
    D810あたりから改善されていると比較検討しているサイトがありましたが、そのサイトを見る限り確かに言われるほど素人目にはわかりませんでした。

    総合的に見たときNiconのほうが自分は好きだなと思ったのですが、D800ではやはり人物は難しいでしょうか?

    No.2の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2016/04/09 10:50

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ニコン好きなら D800で良いのでは?


しかし中古は、程度を見抜く知識が必要です。
どれだけシャッター切ってるかで寿命も変わります。

一番重要な点は、ボディの扱い易さ ご自身でファインダー覗き構えて各スイッチの操作性や手にしっくりくるか
レンズバリエーションで 自身の必要とする模写が出せるレンズが有る方のメーカーです。

カメラは、精密機器で電子機器 修理品は、とりあえず直っても また不調が起きたりしかねません なので 落下損傷させらたもう終わりと思い絶対に落下や振動を与えないように心掛けてます。

新品購入の方が メーカー保証が有ります。購入店舗に寄っては。延長保証にも加入できます。
新品の写りが悪いのは、撮影方法やモード設定が悪い 補正が有って無いなど自身の問題と考え 学ぶ努力で回避できますが
中古で機械的に模写がおかしい場合 素人には、なかなか機械の不良と判断も出来かねるでしょう。

中古価格は、魅力ですが リスクが有るので 少し予算を貯めても新品をお奨めします。
    • good
    • 0

D800を使っています。

キヤノン機も以前使っていたことがあります。

”総合的に見たときNiconのほうが自分は好きだなと思ったのですが、D800ではやはり人物は難しいでしょうか?”

総合的に好き、ということでしたらD800はお勧めできるカメラです。安心して使えますね。デジタルカメラ、最近は性能も落ち着いてきているので、新型と旧型の差が小さくなってきています。もちろんD810の方がより良いのですが、D800でも差はそんなにないです。私はD700も併用していますが、まだまだ現役で十分使えます。

さて、人物を写すならキヤノン、みたいな表現はWebで見ることもあるのですが、そんなに極端なことはないですね。プロと一緒の、モデルの撮影会に参加したこともありますが、キヤノンとニコンは半々でした。職業として撮影している人も多かったのですが、比率は似たようなものです。

重さ・・・軽い方が良いのはその通りですが、慣れます。若くはないけど、機材一式6~8Kg,電車で撮影に行っています。
    • good
    • 2

私は、キヤノンユーザー。

偶にニコンも使わせて貰う事もあります。
まぁ、発売時期もカメラのグレードも違うので甲乙付け難いと思いますが、私観で言わせて貰うと、RAW現像でお好みの味付けにと言うニコンと万人好みでソツの無い味付けのキヤノンと言ったところでしょうか。

実際、ニコンの方がダイナミックレンジも広いように感じるしカメラの造りも確り感がありますが、巷で言われる黄色被り、WBの色転びも多いと思います。
方や、キヤノンは、撮って出しの絵で満足できる確率が非常に高い。精々露出を補正するくらい。
すなわち、普通に見栄えする絵を出すのであれば、RAW現像でも弄るところはあまりなく、むしろ最初からJPEGで撮っても何の問題もないくらい。おそらく多くのユーザが平均的にこうだったらいいなという絵になるよう、カメラ内で処理をしているように見えます。このチューニングには脱帽です。

それと、発売時期の違いでやむ得ない部分もありますが、高感度ノイズ耐性と普通のカメラではAFが迷うような暗所でも合焦する能力は矢張りEOS6D。
エントリーモデルで防塵防滴カメラの造りはD800には敵いませんが、Wi-Fi とGPSロガー搭載は使いようによっては便利な機能です。

何れにせよ、一眼レフはシステムカメラ。
カメラ自体は消耗品ですが、交換レンズ・ストロボ等充実すればするほどマウントの変更は痛手を伴いますので、マウントの選択は慎重である必要があります。
    • good
    • 0

質問者サマは、価格だけで比較しているようだけど・・・EOS6Dボディの実勢価格が14万円前後、ほぼ同じ価格帯の中古NikonD800は並~良品。


中古カメラの良品の程度は「動作に問題は無いけど、外装の何カ所かの小スレや小傷アリ」で、並品は「多数の小傷やスレは当たり前だし、塗装のハガレもあり得る。普段使いに問題は無いけど、使用感バリバリ」ってあたり。

>男性なので重さとか関係なしです。
男らしくて、元気があって良いなぁ・・・撮影行には交換レンズやアクセサリーが入ったバッグがあるだろうから、ボディブローの様に効いてくるのが1眼レフの重さで、100グラムでも軽いカメラが欲しくなる。
ボクも、EOS-1Vにニッパチズームで頑張っていた時期もあったけど、1日担いでいると結構厳しかったなぁ・・・

あと、NikonD800の”重さ”は、物理的重量もあるけど、データ量も重たい。
3600万画素のデータ量は、メモリ容量も食うし、パソコンで画像処理を行う時のマシン負担も相当なモノ。また、D800は、高級レンズの性能をフルに発揮でいるけど、普及品はアラが目立つと「レンズにシビアなカメラ」との評価もある。

とは言っても、「15万円程度で、(一世代前とはいえ)フラッグシップ機が買える」ってのも魅力的だったりする。

未だに「1眼レフは耐久消費財」と思い込んでいる人が少なくないようだけど、電子化が進んだ今のカメラは「消耗品」になっている。
プロ用のEOS-1Dシリーズやニコン一桁シリーズも10年も経たずに修理不能でジャンク扱いが多数出ているのが現実。

その辺も理解した上で、質問者サマご自身で決めて下さい。
この回答への補足あり
    • good
    • 0

高いですがニコンをお勧めします。

写真にプリントアウトした時の解像度がニコンの方が綺麗に感じました。また、扱い安く初心者にはもってこいの一眼レフだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプロのグラビアカメラマンがほとんどキヤノンのカメラを使っている理由はな

プロのグラビアカメラマンがほとんどキヤノンのカメラを使っている理由はなんでしょうか?

カメラの初心者なのですが、勉強のために写真関係の本を読んだところ、グラビアをとっているプロカメラマンの使っているカメラがほとんど1D、5Dだったのですが、なぜニコンはあまりいないのでしょうか?そんなに不利なのでしょうか?
モデルの写真を撮ってご飯を食べようと思ったらキヤノンの一択なのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

不利というわけではなく、キヤノンの方がコンシューマ向け一眼レフのデジタル化へのアプローチが速かった、という理由も存在するんですよね。

D30、D60を経て、1Dに至る間に、ニコンに対するアドバンテージを積み重ねることができたんです。その後、1Dsの高画素化によって、一気に差がついた状況がありました。お試ししてみたい方は10D、20Dで試してからハイエンドを買うということもできましたから。

グラビアもそうですが、広告やファッション関係でも、中判以上のカメラでの撮影を余儀なくされていたのが、高画素化によって1DsでもギリギリOKという状況が生まれることもあったわけです。

で。

こういう機材を仕事で買うと、数年に渡って税金を支払わなければならなかったりするんですよ。また、サブ機も合わせて準備する必要があるため、イニシャルコストが高くなりすぎて、他メーカーで魅力的な機材が出てもすぐには切り替えられない状況も生まれてしまいます。そんなことが積み重なった結果、キヤノンを使う方が結果的に多く残った、というお話もあろうかと。

リースで使う場合もありますが、5年契約などになるわけです。つまり、使い続けなければいけない状況というのは、機材の善し悪しだけでもないってことなんです。


入った事務所がキヤノンなら、必然的にキヤノンを使うことになるかもしれませんが、ニコンだから食えないということではないでしょうね、特に近年は。

こんにちは。

不利というわけではなく、キヤノンの方がコンシューマ向け一眼レフのデジタル化へのアプローチが速かった、という理由も存在するんですよね。

D30、D60を経て、1Dに至る間に、ニコンに対するアドバンテージを積み重ねることができたんです。その後、1Dsの高画素化によって、一気に差がついた状況がありました。お試ししてみたい方は10D、20Dで試してからハイエンドを買うということもできましたから。

グラビアもそうですが、広告やファッション関係でも、中判以上のカメラでの撮影を余儀なくされ...続きを読む

Qフォーカシングスクリーンとは?

まだ写真は初心者の部類です。MFで写真と撮る場合「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントの山がつかみやすいとか聞きますが?そもそもこの「フォーカシングスクリーン」とはどう言う物ですか?最初からは付いてないのですか?
デジカメで写真を撮ってますが、ほとんどはAFですが、たまにMFで撮りますがピントが合いません(視力が悪いので視度調整はしてあります。)「フォーカシングスクリーン」を替えるとピントが合いやすくなるのですか?

Aベストアンサー

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様のフォーカシングスクリーンが付いており、用途に応じて交換できるカメラもあります。
AF機では(特にエントリーモデル)、MF時のピントの合せ易さより明るさを優先させる必要上、集光率の高いフォーカシングスクリーンが用いられます。
AF機でも、中級機以上ではフォーカシングスクリーンを交換できるカメラもあり、ピントの山が掴み易いものに交換できますが、ファインダーが暗くなるので、F2.8クラスより明るいレンズが必要です。

要するにフォーカシングスクリーンが交換できるタイプのカメラか否か、お使いのレンズの明るさ等も勘案する必要があると言う事です。

フォーカシングスクリーンとは結像面に配置されたスリガラス状の撮影像を確認する半透明板の事です。
一眼レフでは、レンズの光軸に対し45度に配置されたミラーを介し、結像面に光束を導きフォーカシングスクリーン上に結像させます。
このままだと、上から覗く必要があるので、ペンタプリズムで正像として見れるようにします。
撮影時には、ミラーが跳ね上がってフィルム面(撮像面)に光束を導くため、厳密には撮影の瞬間像は確認できません。(ハーフミラー機を除く)

一眼レフでは、最初から標準仕様の...続きを読む

QEOS 5D Mark II とEOS-1Ds Mark III

カメラ初めて半年の初心者です。
今回カメラを購入しようと思います。

EOS kiss X3を下取りに出して新たにと思っています。

素人なので最大有効画素数が購入のポイントになるのですが・・

そこで掲題の件です。

EOS 5D Mark II とEOS-1Ds Mark III
比べて同じ2110万の有効画素数なので値段がかけ離れ違います。

そしてcanonのHPでEOS-1D Mark IIIは1010万画素です。それでもプロフェッショナルモデルになっています。なんででしょう?

EOS 5D Mark II とEOS-1Ds Mark IIIでオートのポートレートモードで撮影した場合 画質に差が出るのでしょうか?

何卒回答の程 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

EOS 1D/1Dsシリーズは他の機種と比べてデジタル以外のところが全然違います。

耐久性もそうですが
・防塵防滴(雨の中濡れながら撮影しても大丈夫)
・レリーズスイッチのタッチ感が調整できる
・レリーズスイッチがフェザータッチなので慣れると意思とのタイムラグを少なくすることが可能
・レリーズ時の像消失時間の短さ(連写するとその差がハッキリとわかる)
・ファインダー倍率
・ファインダー視野率
・バッテリー容量
・交換可能フォーカシングスクリーンの数
・AFセンサーの数
・シャッターユニットの耐久性(フラッグシップ機は30万ショット以上、中級機は15~20万ショット)
・露出補正の補正幅(1D3は±3EV、5D2は±2EV)
・測光範囲の違い(1D3は0~20EV、5D2は1~20EV)
・1Ds3はマルチスポット測光が可能、5D2はスポット測光はあるがマルチはできない

フルサイズで2千万画素クラスだとレンズもそれなりによいモノを揃えないといけなくなります。
きつい言い方になりますが、カンタン撮影ゾーンの「ポートレートモード」が無いとダメ、といっているうちは宝の持ち腐れ。最初はそれで良いとは思いますが…

もう少しKissX3でカメラと写真について勉強した方が良いと思います。
画質的には1Ds3とKissX3は画素数以外大して変わりありませんから。
画素数は画質の一要素でしかなく、画質を決める決定的要素ではありません。利用目的にもよりますが800万画素以上では画素数はあまり気になりません。

それに、どちらの機種を買うにしてもKissX3の下取り程度じゃたいして足しにならないし…

EOS 1D/1Dsシリーズは他の機種と比べてデジタル以外のところが全然違います。

耐久性もそうですが
・防塵防滴(雨の中濡れながら撮影しても大丈夫)
・レリーズスイッチのタッチ感が調整できる
・レリーズスイッチがフェザータッチなので慣れると意思とのタイムラグを少なくすることが可能
・レリーズ時の像消失時間の短さ(連写するとその差がハッキリとわかる)
・ファインダー倍率
・ファインダー視野率
・バッテリー容量
・交換可能フォーカシングスクリーンの数
・AFセンサーの数
・シャッターユ...続きを読む

Qキヤノン フルサイズ用の標準ズームレンズ選び

フルサイズも買いやすい価格で販売され始めました。
今までAPS-Cサイズを前提に構築していたレンズも将来のフルサイズ購入に向けて再構築を考えようと思います。

フルサイズの標準ズームレンズと言えばキットレンズの24-105/f4Lや24-70/f4Lをボディと一緒に買うのがベストですが、それでは必要な予算が溜まるまで倍の時間が掛かってしまいますので、とりあえず、一緒に買ったレンズはヤフオクで売って、またお金が溜まったらLの標準ズームを買おうと思います。

さて、ボディと一緒に買った標準ズームレンズを手放してしまって困らないのかと言うと、やはり困ります。そこで、廉価なフルサイズ用標準ズームを購入して当面過ごそうと思います。

価格.comでキヤノン、タムロン、シグマ、トキナーを見てみましたが、期待したような廉価なフルサイズ用標準ズームは販売されている種類が少ないように感じました。

皆さんでお勧めの廉価なフルサイズ用標準ズームはどんなレンズがありますか?
価格は40,000円未満、頑張って45,000円まででお願いします。

Aベストアンサー

どうしても、格安な標準ズームレンズだと此れ(IIの付かない方はNG 勿論中古で)。
http://kakaku.com/item/10501010039/

撮影距離情報あり。カメラ設定での周辺光量と色収差補正は可(DPPでも可、DLOは不可)。
ISは、なし。
銀塩時代のレンズゆえ、逆光には弱いが、解像度は35mm判でも良好(このレンズ所有体験済)。

でも、ヤフオクで、キットレンズ差額以上で捌けるでしょうか?
ボディー単体で買っても、さして変わらないと思いますが・・・

QNikonの肌色再現はそんなにも酷いのですか?

質問失礼します。
以下のまとめサイトを見ていてこれはステマなんじゃ?と思ったのですが、(最終的にキャノンの宣伝だし)Nikonの肌色再現は本当にこんなにもひどいものですか?http://matome.naver.jp/m/odai/2137490225443752601

レンズや設定は同じもので撮り比べていないし、これはあまりにも酷く感じたのですが...

Nikonでもポートレートを撮られている写真家さんなどはいませんでしょうか?

Aベストアンサー

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入るCanon、ということですね。
実物より肌が綺麗に写るCanonの方が、撮られた人の側にしてみれば嬉しいのかもしれません。
ただ、それは「忠実に再現された色」というわけではないので、綺麗に撮れることを良し、とするか、忠実であることを良し、とするか、どちらが良いかは個人差あるでしょう。

まあ、例えば、人物を(実物以上に)より綺麗に撮りたいのであればCanon。
これは、広告やファッションなどの現場でのモデル撮影に向いているってことかもしれません。
Nikonの場合は、実物に対して忠実な再現力が高いと言うことなので、Nikonの場合はよりナチュラルで素朴な印象のポートレートになるかもしれません。
言い換えれば、Nikonはかなり、良くも悪くも「素人っぽく」見えるポートレート、Canonは良くも悪くもプロのカメラマンが撮ったみたいな「小綺麗に」見えるポートレート。
さらにもっと下衆っぽく例えると、Nikonは忠実な証明写真機、Canonは超高性能な画像補正が自動で行われるプリクラ、という感じ。

このNikonとCanonの違いは、どちらが優れているか、ということではなく、そもそも両社のカメラに対してユーザーが求めているものが異なるので、同じ土俵にあるようでいて、実はまったく同じ土俵では比べられないでしょうね。
ですので、Canonのような一見してナチュラルに見えるが実は高度に肌色を補正されている印象を好む写真家もいれば、画像補正を嫌う、または自分の手ですべて補正を行いたいからカメラは忠実な再現力があれば良い、と考える写真家はNikonを好む・・・という感じのように、撮りたい対象に合わせて、また撮りたい雰囲気(要するにカメラマンにおける「作風」)によって、異なるのです。

Nikonは、再現性を追い求め可能な限り現実に近づこうと苦心していますが、Canonは、現実とは異なったとしても人の目が見る理想を具現化しようと苦心しているのです。
Nikonの映す現実も、Canonの映す理想も、しかしどちらも、実際の現実とは異なり、写真は必ず嘘をつきます。

カメラマンというほどプロの仕事をしているわけではありませんが、趣味の延長と言う感じや、必要に迫られてという感じで写真をよく撮ることがあります。

使っているのはNikonです。たまにCanonも使います。

使ってみての、個人的な感想としては、
Nikonは「うんうん、ちゃんと撮れた(色が忠実)」
Canonは「思ったよりもきれいに撮れた(色補正されてるな)」
・・・という感じ。


質問者さまの挙げられたリンクの内容も、よくよく読んでみると、色の再現性が実物に忠実なNikonに対し、肌色の補正がかなり入る...続きを読む


人気Q&Aランキング