横隔膜ヘルニア再発、合併症について教えてください。


もうすぐ11ヵ月になる娘を育てているものです。
娘は生後4ヵ月の時に先天性右横隔膜ヘルニアと診断されて
今年の1月(生後8ヶ月)の時に手術をしました。(横隔膜の穴からでた腸、肝臓を元の位地にもどし横隔膜を閉じる)

しかし術後は免疫力もさほど上がらず
気管支炎に毎週のようになっていました。
術後の検診にも問題はなくそのまま
過ごしていましたが
先日、突然の激しい嘔吐と便秘になり
脱水で入院したところ
以前術後したところがまた穴が
空いておりそこに腸が入り込み
腸閉塞を起こしていることがわかりました。



ここで質問したいのですが
一度合併症を起こした場合
もう一度なる(ヘルニア再発、腸閉塞)
ことはあるのでしょうか?

手術で腸を触り腸閉塞になった方、
術後はどうでしたでしょうか?


どんなことでもいいので
知ってる方がいたら
教えてほしいです。



※今回のヘルニア再発の原因は
手術をしてみないとわからないそうです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先天性の横隔膜ヘルニアはめずらしいですが、治療は普通の脱腸とかわらないです。


好発部位は鼠径部(両足の付け根)で徒手整復で治ることもありますが、先天性横隔膜ヘルニアは外科的手術で脱腸を戻すしかありません。質問のように同じ箇所だったり、別の隙間からのケースもあります。
腸閉塞(イレウス)を起こした場合は、手術で解除したあとに、様子を見ながら徐々に食上げし、経口摂取ができるようになれば退院です。
ヘルニアもイレウスも一度起こしたことがある方は、再発しやすいかもしれません。医師に相談されることをおすすめします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q椎間板ヘルニアの坐骨神経痛や腰痛で働いている方はたくさんいるのでしょうか??

椎間板ヘルニアの坐骨神経痛や腰痛で働いている方はたくさんいるのでしょうか??

Aベストアンサー

ご質問者の年齢や症状がわかりませんが、軽いものなら、整体院にいって鍼をすれば、症状が治まります。重度でも病院で手術すれば、治るはずです。

私は仕事も普通にしていますし、日常生活も全く問題ありません。
たまに、マッサージやハリをする程度です。
費用も1回2百円以下~1千円程度です。

Q去年の夏以来、椎間板ヘルニアになって、一度は治ったけど、また再発してを二回繰り返しました。今は腰は大

去年の夏以来、椎間板ヘルニアになって、一度は治ったけど、また再発してを二回繰り返しました。今は腰は大分マシですが、左足のふくらはぎと太ももがつったような状態が続いてます。痛くなるたびに整形外科に行ってましたが、大概は薬や湿布や牽引マッサージ機や理学療法士に気休めなマッサージしてもらうだけです。一度ブロック注射してくれと頼んで、一回してそんなに変わらなかったので、もう一度してもらったら、その時は治りました。結局は繰り返すんですね。
なる以前はテニスしたりしてました。きっかけは2週間入院した時でした。病院のベッドが悪いのか、ある日朝目覚めて起き上がろうとしたら激痛、そのまま病院の整形外科に行きました。大体は薬で痛みは控えめになってました。
スポーツ整形外科とかに行った方がいいんですかね?同じ症状に悩んでる方、悩んでた方いますか?

Aベストアンサー

恐縮ですが、あなたが仰っているのは症状が取れたという意味で、ヘルニアの状態が改善したわけではないと思います。

本業の傍ら書いているブログの関連記事のリンクを貼っておきますね。

http://ameblo.jp/5126acount1/entry-12275195053.html

参考になれば幸いです。

Q腰痛、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアの違いは?

腰痛でお訊ねします、腰痛に悩んでいますが、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアとは同じ疾患なのか、それぞれ違う疾患なのか良く分からなくなっています、お分かりなら教えてください。

Aベストアンサー

厳密に言えば#1さんの仰る通りですが、一般的には病名として使い分けがされています。

まず腰椎椎間板ヘルニア(LDH)です。ヘルニアとは飛び出すという意味です(脱腸、鼠径ヘルニアなどもあります)。ですから簡単に言えば腰椎にある椎間板が飛び出すという病態です。飛び出た椎間板が神経を圧迫すると、お尻や脚に痛みや痺れが出ます。これを病名として腰椎椎間板ヘルニアと言います。椎間板が飛び出ていても、お尻や脚に症状がなければ病名として腰椎椎間板ヘルニアとは言いません。

脊柱管狭窄症(LSCS)に関してです。腰の骨の後方に神経が通っているトンネルがあります。これを脊柱管と言います。何らかの理由でこの脊柱管が狭くなったもの脊柱管狭窄症と呼んでいます。原因はいろいろありまして、先天性のも、変形性のもの、外傷性のもの、手術などによるものなどです。ですが圧倒的に多く、また広く一般的に使われているのは変形性のものです。年齢とともに椎間板の弾力は失われ、厚みもなくなります。そうなると椎間板のクッション機能は著しく損なわれますので、上下にある腰椎の負担が大きくなります。腰椎の負担が増えると骨の変形が始まります。腰椎は横から見ると四角に見ますが、上下の角にでっぱりができ、縦のラインが歪になります。そのでっぱりを骨棘(こつきょく)といいますが、この骨棘が脊柱管に入り込み、脊髄を圧迫し各種症状を呈するのが脊柱管狭窄症です。似たようなものでは閉塞性動脈硬化症との見極めが必要な場合もあります。

・症状
LDH・・・下肢症状は前提。後ケースによって変わる
LSCS・・・間欠跛行や大勢による症状の変化がある
・年齢
LDH・・・比較的若年層に多い
LSCS・・・中年以降に多い
・検査
LDH・・・レントゲンで異常はないことが多い。MRIが有効
LSCS・・・レントゲンで椎間板の傷み、腰椎の変形が認められる


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

厳密に言えば#1さんの仰る通りですが、一般的には病名として使い分けがされています。

まず腰椎椎間板ヘルニア(LDH)です。ヘルニアとは飛び出すという意味です(脱腸、鼠径ヘルニアなどもあります)。ですから簡単に言えば腰椎にある椎間板が飛び出すという病態です。飛び出た椎間板が神経を圧迫すると、お尻や脚に痛みや痺れが出ます。これを病名として腰椎椎間板ヘルニアと言います。椎間板が飛び出ていても、お尻や脚に症状がなければ病名として腰椎椎間板ヘルニアとは言いません。

脊柱管狭窄症(LSCS)に関...続きを読む

Q胃がんの手術から一年で再発したらもう死んでしまいますか?

母(58歳)が去年の8月に胃がんの手術を受けました。
毎年受ける健康診断のバリウムでひっかかりそのあと胃カメラで再検査をしたら癌細胞が見つかりました。
その際の症状はステージでは聞かなかったのですが早期発見でリンパや他の臓器にも転移がみられず胃の3分の2を切除しました。浸透も浅かったと思います。
そのためか、その後の治療は三ヶ月に一度の血液検査や半年に一度位のCT等で様子を見るだけで服用する薬もなく放射線治療なども一切しておらず術後1ヶ月ほどで仕事に復帰できたほどです。
胃を切除してからやはりかなりやせてしまいましたがいつもの生活に戻ったようでした。
しかし、先日の定期健診の結果でCT(腹部?)に影があり、腫瘍マーカーの数値が高いとの説明を受けました。三ヶ月前の検診ではまったく異常はありませんでした。
主治医が言うには来週詳しく検査をするけれど去年の胃がんは完治といってもいいくらいだから今回癌が出てきたとするとそれは新たな癌の可能性が高いというような事を言われました。
胃がんの場合は五年生存率というのがありますがたった一年でしかも早期発見の癌だったにもかかわらずすでに胃に新たな癌が出るということはもう死んでしまうのでしょうか・・・?
転移は見られないと言われたのに胃がんの再発ではなく新たに癌の出現・・・なんてことありえるのでしょうか?
母は精神的に追いこまれてしまっています。
一年生きれただけで奇跡だった・・・とあきらめてしまっています。
今回、早期発見の新しい癌、もしくは再発だとしても三ヶ月前の検診では異常なかったのだから初期の癌でまた何かしら手術をすれば治ると思っていいのでしょうか??
医師が言うには放射線の治療や化学療法を、との話も出ているそうです。ということはもう治らないから????
まだ詳しい検査が済んだわけではないですが家族共に不安な気持ちでいっぱいです。
どなたかの体験談や専門的な意見を述べていただけたら助かります。
どうかよろしくお願いします。

母(58歳)が去年の8月に胃がんの手術を受けました。
毎年受ける健康診断のバリウムでひっかかりそのあと胃カメラで再検査をしたら癌細胞が見つかりました。
その際の症状はステージでは聞かなかったのですが早期発見でリンパや他の臓器にも転移がみられず胃の3分の2を切除しました。浸透も浅かったと思います。
そのためか、その後の治療は三ヶ月に一度の血液検査や半年に一度位のCT等で様子を見るだけで服用する薬もなく放射線治療なども一切しておらず術後1ヶ月ほどで仕事に復帰できたほどです。
胃を切...続きを読む

Aベストアンサー

最初の手術のときのステージ(病期)がわからないので判断に悩むところですが、文面からける印象は早期がんで、手術がきちんとできているので根治していると考えるのが妥当な気がします。
そして、主治医のおっしゃる所の、前回とは別のがんということも十分考えられると思います。少なくとも、そのがんがどこにあるのか(肝臓なのか、リンパ節なのか、腹腔内なのか、あるいは膵臓などの臓器なのか)の記載があってほしいと思います。そうでなければ、その後のコメントのしようがないです。

>転移は見られないと言われたのに胃がんの再発ではなく新たに癌の出現・・・なんてことありえるのでしょうか?
転移はないし、根治であったがゆえに、新たな癌を疑っておられるのでしょう。

>今回、早期発見の新しい癌、もしくは再発だとしても三ヶ月前の検診では異常なかったのだから初期の癌でまた何かしら手術をすれば治ると思っていいのでしょうか??
逆かもしれません。3か月で急激に大きくなってくるような活発な癌と考えるべきかもしれません。手術をしても抗がん剤治療などを行ったほうがいいかもしれません。

>医師が言うには放射線の治療や化学療法を、との話も出ているそうです。ということはもう治らないから????
がんの進展度合いによると思います。そもそも、どこのがんなのかという情報が必須ですが。

最初の手術のときのステージ(病期)がわからないので判断に悩むところですが、文面からける印象は早期がんで、手術がきちんとできているので根治していると考えるのが妥当な気がします。
そして、主治医のおっしゃる所の、前回とは別のがんということも十分考えられると思います。少なくとも、そのがんがどこにあるのか(肝臓なのか、リンパ節なのか、腹腔内なのか、あるいは膵臓などの臓器なのか)の記載があってほしいと思います。そうでなければ、その後のコメントのしようがないです。

>転移は見られないと言...続きを読む

Q腰痛にコルセットはよくない?私は、、腰痛で、コルセッしています。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛と変形性腰

腰痛にコルセットはよくない?私は、、腰痛で、コルセッしています。椎間板ヘルニアと坐骨神経痛と変形性腰痛と言われた。知り合いの方からよくないと言われたのでしかし仕事柄介護なので、寝ない間はずっとしていました。あまりよくないでしょうか?

Aベストアンサー

「コルセットをした状態が当たり前の身体」になるからよくないと言われた事はあります。
24時間してるわけじゃないので、逆にしてない時に力仕事をうっかりしてしまう、もしくは力仕事のような動作をしてしまった場合に思ったより力が入らず痛めてしまう…なんて事もあるそうです。

ただし質問者様のように寝ない間ずっとというとまた状況が違いますよね。
一度整形外科や整体師の方に相談してみてはいかがでしょうか?
ネット上では身体の症状がどの程度かはわかりませんし、もっと正確な判断をしてくれるはずです。

Q頸椎ヘルニアと腰椎ヘルニアと手根管症候群について

頸椎ヘルニアと腰椎ヘルニアと手根管症候群について、
本件について詳しい方へ質問します。
僕は年齢44歳の男性です。
仕事は、肉体労働(鉄工関係、溶接関係、機械整備関係)の仕事が毎日です。
僕は、地元の【神経内科】と【整形外科】で本件について診察をしてもらいました。
【神経内科】の診察では、頭部と頸椎と腰椎のMRI検査をしました。
頭部は異常なし、頚椎は2ヶ所のヘルニアを発見、腰椎は1ヶ所のヘルニアを発見。
この所見で神経内科の診断は、末梢神経が弱い為、手根管症候群・正中神経障害と診断されました。
この手根管症候群を手術せずに何か他の方法で完全に治す方法をご存知の方が折られましたら是非教えて下さい。
僕が知っている範囲では、インターネット上に出ていた分で【カーパルソリュウション】と言う製品で手根管症候群が治ったと言う情報を耳にしておりますが、皆さんもこの他にもっと良い方法で完全に治す情報を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お仕事の内容も考えてお答えいたします。

多くの場合、手根管症候群は手首(手関節)を酷使する習慣のある方に頻発します。そうでない場合(各種内科疾患が原因の場合)もありますが、基本的に神経内科を受診されているのであれば、それらの内科疾患はすでに除外されているのではないかと推測します。

鉄工や溶接という職種内容は、通常の職業よりも手を酷使する機会が多そうですね。
頸椎にある2か所のヘルニアは、その程度が問題となりますが、MRIで少々ヘルニアが突出している程度であれば、40歳代以降の方ではそれほど珍しい所見ではありません。付け加えるならば、かりにヘルニアの程度が重度であるなら、診断名は『手根管症候群+頸部神経根症』、あるいは『手根管症候群+頸部脊髄症』となると思います。

そのような病名が質問文の中にはないので、主たる病名は手根管症候群であり、たまたまヘルニアも発見された、という状況のように思われます。
なお頸椎を調べたのは過剰診療ではありません。頸椎神経根症と手根管症候群はよく似た症状を呈するので、頸椎疾患の有無を医師は調べるのが通例です。

そして肝心の治療になるのですが、保存療法と手術療法とに分かれます。
『カーパルソリューション』は、たった今検索してみましたが、保存療法の一つです。
それ以外の保存療法としては、手首を副木で固定したり、手関節に局所麻酔剤と抗炎症作用の強いステロイド剤を注射する、といった方法があります。
手術療法はNo2の方が記されている通りで、最近では内視鏡でも可能です。
専門医(あとで紹介します)なら、症状の程度と職業の内容とをかんがみ、話し合いの上で適切な治療法を選択してくれるはずです。
ただ、職業の内容(再発しやすそうな印象を受けます)と、さらに「完治」の希望とを考慮すると、保存療法には限界もあることを、あらかじめ認識されておいた方と思います。はっきり言うと、覚悟は必要ですよ、ということですが、実はそれほどたいへんな手術ではないで、たいした覚悟もいりません。

それで専門医ですが、日本手外科学会があります。HPも開設してあり、都道府県別に専門医の方々のお名前もわかるようになっています。また手外科認定研修施設のリストも載っています。したがって、認定研修施設であり、かつ専門医がいる病院やクリニックであれば、学会の太鼓判があることになり、まず信頼がおけるものと思います。


以上の内容を熟慮の上、今後の治療や療養に専念されるとよいのでは。
ちなみに私の母は70歳くらいに両側の手根管症候群(+頸椎ヘルニア)であり手術を受け、あっさりと治っています。
(付け加えるならば、質問文の内容を調べる病院であれば、治療の説明は当然あったものと思われ、その内容は信頼できそうな印象を受けます)

参考URL:http://www.jssh.or.jp/jp/about/index_senmoni.html

お仕事の内容も考えてお答えいたします。

多くの場合、手根管症候群は手首(手関節)を酷使する習慣のある方に頻発します。そうでない場合(各種内科疾患が原因の場合)もありますが、基本的に神経内科を受診されているのであれば、それらの内科疾患はすでに除外されているのではないかと推測します。

鉄工や溶接という職種内容は、通常の職業よりも手を酷使する機会が多そうですね。
頸椎にある2か所のヘルニアは、その程度が問題となりますが、MRIで少々ヘルニアが突出している程度であれば、40歳代以降の方で...続きを読む

Q腰痛(椎間板ヘルニア)について

こんばんは。
早速ですが、主人が椎間板ヘルニアで困っています。
昨年、1ヶ月入院をして注射の治療をしましたが、
完治せず時々痛みに襲われるようです。
当方、奈良県在住ですが近辺で、お薦めの病院はないですか?整形でも、カイロでも東洋医学でも良いので教えてください。

Aベストアンサー

カイロ 接骨院は無資格なので余程評判がいい所じゃないと余計悪くなる可能性あります。整形も薬と牽引で終わりです。牽引はその人の腰の状態をちゃんと調べて今日はこんな感じでとやらないとイテテテです。
ヘルニアそのものは半年から一年で大概の人が体に吸収されます。でも痛いには、そのヘルニアに刺激された神経が炎症を起こすからだそうです。
私は鍼灸接骨院で治すというか痛みを取りました。
5年以上経ちますが、疲れると腰が重くなるのは仕方がないなーって感じです。
奈良県で評判のいい鍼灸院を探されてはいかがですか?
まず、1階に鍼灸院があるのが大前提ですね。
後、おトイレが綺麗。腕がいい所は神経が行き渡っています。ネットで探せば良いのが出てくると思います。
早く痛みが取れるといいですね。

Qおたふくかぜの合併症について

先週末(土曜日)よりおたふくかぜを発症した40歳の男です。幸い発症当初から発熱もほとんど無く、耳下腺から顎下線に掛けての腫れも痛みもかなり引いて来ております。その若干の腫れと痛みを除けば、現在、特に問題はございません。
成人してからのこの病気は合併症が怖いとの事で戦々恐々としておりますが、髄膜炎や精巣炎といった重篤な合併症については、発症からどれくらいの期間を経過すればほぼ大丈夫と言えるのでしょうか?
また、現在の私の様に発熱も無く、殆ど体調に問題が無い状態でも、合併症発症の危険は高いものなのでしょうか?
掛かり付けの先生には「まぁ大丈夫だと思う」と言われておりますが、正直、合併症に対する恐怖と不安で一杯です。恐れ入りますがご教示頂きたく、宜しくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

大人になってからのおたふく風邪、大変でしたね。

子どもの症状とは違うかもしれませんが、娘が髄膜炎を起こしましたので参考までに書きますね。

娘の場合、おたふく風邪は耳の下の痛みと発熱で始まり、結構熱も高かったです。熱と一緒に頭痛を訴え始め、そのうち吐き気も訴えはじめたので再度病院へ行きました。
娘の場合は軽症だったのですが、髄膜炎とのことで、点滴を何本もしました。年末だったこともあり、点滴を長時間したあと、血液検査をし数値がまあまあだったので自宅に帰らせてもらいました。

最初にも書きましたように、大人と子どもでは違うかもしれませんが、髄膜炎は高熱とともにすぐに現れるようでしたよ。

何もなく快癒されることをお祈りします。お大事に。

Q明けましておめでとうございます。 椎間板ヘルニアの腰痛、7年位持っています。 特に椅子に20分以上座

明けましておめでとうございます。
椎間板ヘルニアの腰痛、7年位持っています。
特に椅子に20分以上座っているとかなり痛みます。背骨?まで痛くなります。
歩いてる時や背伸びしてる方が、
楽です。
医者に教わった腹筋方法で若干は
良くなりましたが、もっとよい
対策、ご存知でしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

明けましておめでとうございます。
私は、3年ほど前に腰椎椎間板ヘルニアで約一が月弱の入院をし、現在も左足に少し痺れがあります。
私も、退院当初は座り、立ち、それぞれの姿勢が長いと痛みが出ました。
困ったのが地方に居た関係で、車の運転だったのですが、ある時、背中にクッションを入れると楽になり、今現在でも運転には欠かせません。
質問者様と痛みの出方が違うかもしれませんが、運転以外でも仕事などで上体を少し屈めた姿勢を続けると痛みが出ます。
その場合は、上体を反らすと痛みが和らぎますので、今もそうしています。
それから、電車などでイスに座る姿勢も、なるべく腰を後ろに、背筋を伸ばして座るよう心掛けています。
ご自身に合った対処法が見つかるといいですね。

Q足の乾燥水虫と炎症の合併症に対してどうしたらいいのですか??改

ご指摘頂いたため再度UPさせていただきます。すいません。

 水虫で苦しんでます。いろんな情報を見てみたのですがどうも自分の場合とは違うみたいで。
 症状は痒くてとにかく乾燥しています。両足の指の間から拡がり、今では指全体から足の甲にかけて皮がむけてしまっています。ひどく乾燥するので毎日ひび割れて血が出てきます。水疱ができることもしばしばです。症状のないところにも赤い虫刺されのような点ができてきてそれもかゆいです。
 今は海外に住んでいてしばらく日本に帰れません。日本にいた時には水虫と炎症の合併症と言われました。今はもらった薬(アクアチムクリームとアスタットクリーム)を塗っているのですがひどく悪化しています。ワセリンを塗ったりもしましたが、正しい対処法なのかわからないので不安です。こっちで病院に行くことも考えてるのですが保険が利かないため20000円ほどかかるみたいなのです。そんなお金の余裕もないし。藁にもすがる思いです。
 私自身は22歳男です。身長は170体重は57キロ程、脂肪率は正確にはわかりませんが15,6%程度だと思います。食事は毎朝シリアルとヨーグルト、トースト。昼はサンドイッチで夜はご飯と肉かパスタです。運動は筋トレを二日に一回する程度です。ジムに行くほどはしていません。
 日常生活は朝早くに起きて出かけ、日が沈む前に帰って来ます。朝、帰宅直後、就寝前に足を洗い薬を塗ってます。夜も適度に寝ているので寝不足はありません。家の中でもスリッパか靴を履いていないといけないです。
 健康度は日本にいる頃には野菜ばかり食べていたので健康度は落ちているのかもしれませんが多少太った程度で足以外に自覚症状はありません。
よろしくおねがいします!!

ご指摘頂いたため再度UPさせていただきます。すいません。

 水虫で苦しんでます。いろんな情報を見てみたのですがどうも自分の場合とは違うみたいで。
 症状は痒くてとにかく乾燥しています。両足の指の間から拡がり、今では指全体から足の甲にかけて皮がむけてしまっています。ひどく乾燥するので毎日ひび割れて血が出てきます。水疱ができることもしばしばです。症状のないところにも赤い虫刺されのような点ができてきてそれもかゆいです。
 今は海外に住んでいてしばらく日本に帰れません。日本にいた...続きを読む

Aベストアンサー

まず基本的には、炎症を抑える事が最初です。
ですので、ひび割れによる出血と水虫を同時に治すという考えはやめ、水虫は後回しで炎症を抑えましょう。
あと、水虫と自己判断するのも危険です。
中には水虫のような症状を持つ湿疹もあります。この場合には抗菌薬で逆に悪化する事があります。
また、色々な薬を試しているようですが、水虫の場合には、特に成人男性の場合には最低でも3ヶ月、出来るなら半年薬を塗り続けなければ完全に真菌が角質層からいなくなりません。
よく『水虫は治りにくい』と言われますが、それは治りにくいのではなく症状が治まったからと薬をやめてしまう人が多いからなのです。
20000円かかるから、との事ですが、体の事を考えたら20000円は安いものではないでしょうか?
それよりも素人判断で病態を悪化させてしまうことの方がはるかに恐ろしく、いずれお金もかかりますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報