現在、10万円の現金があります。

少し、投資に挑戦してみようかと思うのですが
初心者が入りやすいのは何が良いでしょうかね!

もし、少ない金額から成功した方がいらっしゃいましたら
お話を聞けたらと思います。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>初心者が入りやすいのは何が良いでしょうかね!


10万くらいからなら、No1様のおっしゃるようにミニ株からだね。
通常は100株や1000株単位でしか買えないけど、1株からとか買えるから。

>もし、少ない金額から成功した方がいらっしゃいましたら
>お話を聞けたらと思います。
学生時代に20万を元手に、当時株価が50円くらいまで落ちていたとある銀行株をべんきょう購入。
普通は株価50円切ったら倒産するやろって状況なんだけど、ある根拠からここは絶対持ち直すって思ってたから購入した。
案の定持ち直して、当時で約3倍くらいになって、60万くらいになった。
その後も売買繰り返したりして、ちょっとずつ増えていって、卒業時には600万くらい儲かってた。
ポイントは株の値動きだけでよう知らん業界の株式に手を出すんじゃなくて、自分が興味あってそれなりに知識のある業界の知っている会社に的を絞ることかな?と思うよ。
無ければ無理に手を出さない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、ミニ株からですかね!
いろいろと調べて根拠がある株を購入したいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2016/04/11 18:04

10万円以下で買える株式の銘柄はわりとあります。


ネット証券であれば売買手数料は安いです。松井証券は10万円以下であればいつでも売買手数料は無料です。
儲けようということでなく、株式投資に慣れるという意味で
8306 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループなどはどうでしょうか。現在の株価であれば100株5万円以下で買えます。
配当も出ますし、ピーター・ラビットのタオルなどの株主優待もあります。
実際に自分が株式を保有していると、やはり興味・関心の持ち方が違ってきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

勉強のため少額で買える株をちょつと調べて検討します。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/04/11 18:00

10万円ですかぁ。

。。
額が小さいので投資信託やNISA、債券やFXではなくミニ株あたりでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり、10万円は少ないですかね!
少し考えてみます。

お礼日時:2016/04/11 17:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QA社株に10万ドルを投資して、10年後の高値で

売却できたとすると、売却益は14万1.025ドルとなったとします。
10年間の収益率は年平均 9.1%になるらしいのですが、計算式がわかりません。
わかる方いませんか?

Aベストアンサー

前回と同じ  複利計算のことと思われます
いろいろ複利計算シート

目標金額=売却241025ドル
売却利益は141025ドル+元本100000ドル   益ですね

以下のURLを参照すると そのとうりになります
単位が円だけど ドルで入れても同じ

【資金を○年でX円からY円に増やしたいときに必要な年利を逆算】
http://homepage2.nifty.com/urajijou/chokin/iroirohukuri2.html

0.091で 9.1パーセント

式は exp(ln(M/m)÷N)-1=0.09195

ln 自然対数関数です
目標金額(M) 目標日数(nx) 元本(m)
期間(N) 

以上でないでしょうか

Q株式投資に必要で有効な投資情報は

NISAをきっかけに株式投資を始めようと思っていますが、投資情報で有効で必要なものはありますか。基本は無料で得たいのですが教えて下さい。

Aベストアンサー

無料で有名定番サイトは下の2つ
http://www.miller.co.jp/
http://www.traders.co.jp/
有料情報をもし使う前に見ておきたいサイトは下
http://www.zyoutou.com/guide.htm
http://saiakutoushi.html.xdomain.jp/

参考URL:http://saiakutoushi.html.xdomain.jp/

Q株式会社です。1千万ほど個人の投資家から投資をして

娘夫婦の株式会社が投資を受けた件です。

1千万ほど個人の投資家から娘夫婦が運営している株式会社へ投資してもらったらしいのですが、
ビジネスに失敗して返済できていないらしいのです。娘曰く、会社の住所は娘達の住所に去年変わっているし、その後娘もすでに代表を辞任しているし、登記簿にはその旨が記載されているので私達親には関係ないというのですが、当初会社の住所が私達の家になっていた時期があったので、投資家の方が変更前の親の私達の住所へ手紙を書いた様なのです。

内容に、「法的手続きを取らざるを得ませんが、そうなるとご家族の方に金銭的な影響を及びかねない事を危惧しております」と書いてありとても心配です。私達に支払い義務が生じる可能性があるのでしょうか。心配で夜も寝られません。

私達は退職しておりますし、そんな大金を払えるわけはありません。
ちなみに私達はその会社の株主でもありません。
どなたか詳しい方、教えてください。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

単に住所だけであれば質問者には関係しません

取締役や監査役に就任していればそれなりの責任があります

個人の投資家からの投資と言っていますが、どのような形の投資でしょうか、株主として資本金ならば返済請求はできません。
会社としての借入なら返済請求を受けます、またその際に取締役が個人で保証を行っていれば連帯保証人としての責任はあります(連帯保証人ではない個人保証など考えられませんから)
質問者が個人保証を行っていれば責任があります

以上のどれにも該当しなければ、質問者が返済を求められることはありません
(娘さんが責任を免れられるかは書かれていることからだけでは判りません)

Q小額投資でeワラントと言うのがありますが、投資の入門向きですか?

証券会社のホームページでeワラントと言う5万円以下で出来る投資を見つけました。株、為替、他投資対象が色々あり、調べた処、株の場合、安値買い、高値売り、の取引で資金3万円、3日間で1万円の利益が出せそうな投資対象も有るようですが、此れは優良投資方でしょうか?仮に資金3万円で月3万円の利益が得られたとします、次の月は資金6万円で6万円の利益が得られる?・・此れを続けたらどうなるでしょうか???

Aベストアンサー

eワラントは、単独で投資をすることも可能ですが、原資産と呼ばれる金融商品(株や為替など)のヘッジ(保険)の性格があります。

ですので、単独で投資はできるのですが、あるルールを満たしていないとプラスにならなかったり、その払ったお金はどんどん満期日まで減衰していくため(保険料な払い込みみたいなもの)、やっぱり途中で解約したいとおもっても思ったほど金額がもどってこなかったりします。

悪いことに日本市場の場合、マーケットメーカーのゴールドマン・サックス側で、買い手に損害が増えそうな場合(ほんとはそうではないのですが、わかりやすくそう書きます)、リスクを判断してしまい、新規で追加購入できなくなるシステムをとっています。
(本来は、リスクは買う側が判断できなければ健全でな商品ではないはずなのですが)

ですので、ルールがむずかしい上、買いたいときに買えないなども起こる、けっこうむずかしい商品となっています。

Q株式投資についてお聞きいたします。 株で大損をして借金を背負ったという話を聞きました。私も投資の勉強

株式投資についてお聞きいたします。
株で大損をして借金を背負ったという話を聞きました。私も投資の勉強をして将来株を買いたいと思っています。借金を背負うというのは、株を買うためにどこからかお金を借りてそのお金で株を買って、その元手資金が無くなって借金だけが残ったということですか?
それとも自身で貯めたお金が底をついても、どんどんマイナスになってしまうんですか?
何でマイナスになるまでやるのかが不思議です。うーん?借金をしてまで株に投資する意味がイマイチ分からないので株に詳しい方回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

株取引の原則

口座にある金額以上に株を買うことはできません。

信用取引というような手段を使えば、持ち金以上に買うことができます。借金を背負うのはだいたいこの方法です。

>借金を背負うというのは、株を買うためにどこからかお金を借りてそのお金で株を買って・・

借金になってしまう方法はいくつかありますが、
すでに持ってる持ち株を担保に入れて、それで新しい株を買う

持ち株がさがるとマイナスになる。借金としてのしかかる

など、持ち金以上に借金になる売買方法はいくつもあります。

>何でマイナスになるまでやるのかが不思議です。

うまくいって儲かった経験がない人にはわかりずらいでしょう

うまくいって調子にのって、俺は才能がある、まだまだ儲かる
 でも買うお金がない みすみすチャンスをのがしてしまう 
  借金をして・・

という流れがほとんです。
だれしも似たような気持ちになりやすいのが相場取引です。

>私も投資の勉強をして

もし株をしたいなら、危険も大きいので
こういうところで中途半端な知識をあつめるより、株式の入門のようなしっかりした本などで基礎知識を学ぶのがよいです。

株取引の原則

口座にある金額以上に株を買うことはできません。

信用取引というような手段を使えば、持ち金以上に買うことができます。借金を背負うのはだいたいこの方法です。

>借金を背負うというのは、株を買うためにどこからかお金を借りてそのお金で株を買って・・

借金になってしまう方法はいくつかありますが、
すでに持ってる持ち株を担保に入れて、それで新しい株を買う

持ち株がさがるとマイナスになる。借金としてのしかかる

など、持ち金以上に借金になる売買方法はいくつもあります。

>何でマ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報