OCN光で最大124,800円おトク!

はじめまして
建設業関係をしています。
常用作業 4名 15000円  計 60000円
でした。
元請が支払日遅れたため2名は、現金を取りに元請の会社に行きました。
請求書を作成したいのですが
相殺と言われ
常用作業4名15000円計60000円合計64800円ですが
2名分のマイナス伝票の作り方を教えて下さい
文言とかわからないので。
その2名分現金支給ですが消費税は、うちでもらってよいのですよね?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

NO.1回答もNO.2回答も正だが、NO1回答は「なお、「常用」などと書くと、人ではなく物を使うことになります」と余計なツッコミをしているのが惜しい。



http://ansin-kouji.com/shokuninwaza/ninku.html

常用で良い。
    • good
    • 1

特に決まった請求書というのはありませんが、内容が分かればいいです。



すでに受け取った現金が30,000円なら

例【請求書】

15,000円×4人=60,000
消費税等    4,800
 税込請求額  64,800
  既受取額 △30,000
 差引請求額 34,800

>その2名分現金支給ですが消費税は、うちでもらってよいのですよね?

消費税をうちでらうとかもらわないという話ではありません。
その支払先があなたが雇用している社員なのか、外注なのか等によります。

・2名が「日給」という給与扱いなら消費税は不課税ですから、貴方からの支払額は1日15,000でもよいです。ただ、そこから源泉徴収する必要はあります。

・給与でなく「外注」扱いなら 、
 支払額が税込15,000円という約束なら(本体13,889円+消費税1,111円) ということになります
 支払額が税別15,000円という約束なら合計16,200円支払うことになります。

 特に契約(約束)がなければ貴方有利な方で支払うか、相手有利な方法で支払うかは貴方が決めるか、相談次第ということになります。
    • good
    • 1

>2名分のマイナス伝票の作り方を教えて下さい…



素直にその通り書けば良いのです。

・常傭作業 15,000円 4名 60,000円
・既受領 △ 30,000円
・消費税 4,800円
・合計請求額 34,800円

なお、「常用」などと書くと、人ではなく物を使うことになりますよ。
匿名のネットだからどうでも良いですけど、請求書に書くとあなたの国語力を疑われますのでご注意ください、

>その2名分現金支給ですが消費税は、うちでもらって…

現金払いなら消費税がかからないなんて法はありません。
1,200円を払ってあげてください。

それはそれとして、あなたはマージンを取っていないのですか。
親会社からもらうお金をそのまま常傭社員に渡すのですか。
まあそれがいけないことではありませんけど、普通は 1割前後のマージンをもらっておくのが商慣習ですよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相殺の領収書について

当社からA社に60000円の請求があります
A社から当社には10000円の請求があり
相殺でということで50000円の振り込みがありました

A社からは10000円の相殺分の領収書が届いており
本日当社にも10000円の相殺分の領収書を発行願いますというFAXがきました。

いままで相殺はあまりしたことはなく
領収書の発行もしたことはありません

同じ額の領収書が行き来するのは変ではないですか?
頭がこんがらかってしまいました

どなたか教えてください

Aベストアンサー

本来は6万円の領収書を発行するところでしょうが
振り込み分(5万円)は領収書が不要で残りの1万円
分の領収書を発行すればよいのでしょう。

Q相殺分の仕訳の仕方について

建設業の経理仕訳ではなく商業簿記での仕訳で教えていただきたいのですが、元請会社から材料費を相殺されて、毎月の出来高分を支払われます。
請求書は材料分も込みで請求をします。
その請求書をあげた時の仕訳と
相殺されて、残りが入った分の仕訳はどうすればよいのでしょうか?
(今までは、請求書を出した時点で、
 売上計上していました)

請求書 10万
 
入金時  現金     5万
     相殺分明細書 5万

申告締め切り直前で あせっております、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私の経験では、以下のように処理をしています。

・請求書を発行した時点

 売掛金 10万円/売上高 10万円

・入金された時点

 現金   5万円/売掛金 10万円
 仕入高  5万円
 (伝票で処理)

ご参考になれば幸いです。

Qマイナス金額の請求書について教えてください!

マイナス金額の請求書について教えてください!
例えば、今月の売り上げが1,000円、商品の返品代金が3,000円だとしたら、今月の請求金額は「-2,000円+消費税」になるのでしょうか?
マイナスの請求書の場合、発行するのでしょうか?発行するのであれば、「△2,100円」と「-2,100円」どちらの表記が正しいでしょうか?

Aベストアンサー

えーっと・・・^^:

質問者様(A社とします)は商品を売る側ですよね?
その月に納めた商品の代金を月末にまとめて請求するんですよね?

(1)AからBへ3000円の商品を売りました。
(2)BからAへ3000円の商品が返品されてきました。
(3)AからBへ1000円の商品を売りました。


・月末にまとめて請求する決まりなら、1000円+消費税を請求します。
3000円分は代金ももらってないし、商品も戻ってきています。
3000円分の商品はお客さん側からしたらもう終わった話です。
請求は出来ません。
社内で3000円分の納品(出荷?)→返品の処理をします。


・もし3000円の代金をもうもらっている場合は
2つの方法が考えられます。これはB社と話をしてどちらがいいか決めてもらってください。

方法1
3150円をB社に振り込んで、1000+税の請求書を出します。

方法2
「○日にお振込みいただいた3150円の内
1050円は商品代金と相殺させていただきます。
残金2100円を返金させていただきます」という旨の精算書を送って
2100円の振り込み手続きをする。

>マイナスの請求書の場合、発行するのでしょうか?
>発行するのであれば、「△2,100円」と「-2,100円」どちらの表記が正しいでしょうか?

通常は発行しませんがBが「方法2」を指示してきて、
「マイナス金額の請求書をください」と言われたら発行してください。
良く使われるのは△だと思います。

えーっと・・・^^:

質問者様(A社とします)は商品を売る側ですよね?
その月に納めた商品の代金を月末にまとめて請求するんですよね?

(1)AからBへ3000円の商品を売りました。
(2)BからAへ3000円の商品が返品されてきました。
(3)AからBへ1000円の商品を売りました。


・月末にまとめて請求する決まりなら、1000円+消費税を請求します。
3000円分は代金ももらってないし、商品も戻ってきています。
3000円分の商品はお客さん側からしたらもう終わった話です。
請...続きを読む

Q売上と仕入の相殺の仕訳

弊社は電気工事の仕事をしています。
弊社の売上の取引先で仕入(部材や商品)も行っています。
売上の金額が銀行口座に振り込まれてくるのですが、
仕入分を相殺した金額で振り込まれます。
後で相殺分の領収書は受け取ります。

ちなみに振込分は売上で処理しています。
この場合どういう仕訳をしたら辻褄があるのかわかりません。
仕訳処理が止まっている上体です。
どうか助けてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>売上請求金額 100,000 仕入分金額200,000
 振込された金額 800,000(通帳表示金額)
 領収書金額 200,000
この場合の仕訳はどうなるのでしょうか?


発生主義会計、税込経理方式の前提で回答します。

電気工事が完了したとき、
〔借方〕売掛金1,000,000/〔貸方〕売上高1,000,000

部材や商品を仕入れたとき、
〔借方〕部材仕入高200,000/〔貸方〕買掛金200,000

差額の80万円が口座に振り込まれた時、
〔借方〕普通預金800,000/〔貸方〕売掛金1,000,000
〔借方〕買掛金 200,000/

となります。

Q注文請書に貼る収入印紙について

広告関連のライティングを中心に個人事業主として活動しています。
先日、取引先から請求関係の書式が変わりますという連絡を受けました。今日、届いた書類を見ると「注文書」「注文請書」「請求書」がセットになっており、必要事項を記入して捺印、「注文請書」には収入印紙200円を貼って郵送しろとのことなのですが。。。。。
今までいろいろな取引先と仕事をしてきましたが、発注書→納品書→請求書、あるいは見積書→請求書ばかりで、収入印紙を要求されたのは初めてでとまどっています。これは一般的なケースなのでしょうか? 今回は3万円というごく少額な取引ですが、今後もつきあいは続きそうです。これまで必要なかったのに、なぜ?という疑問も湧いています。印紙分が無駄な気がするのですが。。。。。なお、印紙代は経費になるのかどうかも、教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>これは一般的なケースなのでしょうか…

この金額程度の取引では、確かにあまり見られない慣習かとは思います。
しかし、発注元の会社としては金額の大小に関わりなく、「注文を受けた」という確たる書面が必要なのでしょうね。
これを書くとなると、印紙税は避けて通れません。記載金額が、1万円以上 100万円未満で、200円の印紙です。
今回は 3万円とのことで貼らざるを得ませんが、もし、1万円ちょうどの契約があったとしたら、消費税が含まれているかいないかご注意ください。内税額が明記されている場合、本体価格が 1万円以上から印紙税の課税対象になります。

>印紙代は経費になるのかどうかも…

これらの印紙代は、「公租公課」として、当然経費に計上できます。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/7102.htm

Qエクセルで数字の頭に0をつける方法

こんにちは。いつもいろいろ教えていただいて助かっています・・m(__)m

今回も初心者の質問で申し訳ございません・・。
エクセルで、入力済みのすべての数字の頭に後から「0」を付けたいのですが、その方法がわかりません・・。

例)
入力済み数字が「120」とすれば「0120」というように全ての数字の頭に「0」をつけたいのです。

「ユーザー定義」なるものを使うというのはなんとなく判るのですが・・・。

お願いいたします。m(__)m

Aベストアンサー

セルの持っている本当の値をどうされるかによって方法が違ってくるように思います。

セルの持っている値を4桁にされるのでしたら、
入力の際にセルの書式を文字列にされて0から始められるか、
頭にシングルクォーテーションをつけて0から入力されるか、
またはA1の数値の頭に0を付けられるのでしたら
B1に ="0"&A1 と入力されるかです。

これらはセルの持っている値のタイプはどれも「文字列」です。

また、セルの持っている値は3桁のままで表示だけ4桁にされるのでしたら
ユーザー定義で0000と桁を指定してください。
これはセルの持っている値のタイプは「数値」です。

Q請求書の書き方がわかりません

請求書の書き方が会社内で問題になりました。
みんなアフォばかりなので、正しい書き方に自信を持てる人がいません。

建設業で、ゼネコンに対しての請求書を書くのですが、
日付に関して質問です。

「月末締めの、翌月○日払い」とか、
「10日締めの、○日払い」とかありますが、

仮に月末が31日の月だったとした場合、
31日の日付で請求書を提出するのか、
それとも、翌月の1日付けで請求書を提出するのか、
1日以降だったら、いつでもいいのか、わかりません。

31日が月末だった場合、31日の仕事を終えてからの判断になるのだから、
翌月1日の日付で請求書を書くものだと思っていたのですが、
社長に、月末締めなんだから、月末の日付だよ。
と、言われ、どちらにしても、イマイチ釈然としませんでした。

どなたか詳しい方がいらっしゃったら、わかりやすくおしえてください。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>社長に、月末締めなんだから、月末の日付だよ…

やっぱり社長さんの言われることが正解です。

>31日の仕事を終えてからの判断になるのだから、翌月1日の日付で請求書を書くものだと…

書くのは翌月になってからでよいのですが、「中身は31日までの分です」という意味で、31日付になります。
請求書を書いた日ではなく、あくまでも請求内訳はこの日までだ、ということです。

>翌月の1日付けで請求書を提出するのか、1日以降だったら、いつでもいいのか…

1日以降数日以内に提出するのが一般的です。
企業によっては提出期限を定めているところもあります。たとえば、5日までに提出とされていて、6日に届けたりすると、支払いが 1ヶ月後回しにされることもあります。
一方、10日間以上の余裕がある会社もあります。
一度、相手方に確認されるとよいですね。

Q割合の出し方

割合の出し方を教えてください。
具体的には、車の通った台数を、100%として、シートベルトをしてない人の割合を出すにはどうすればいいんですか?
やり方を忘れてしまったのですいません。

例 総台数 100台通った場合、シートベルトをしてない人が、10人だったときの割合は、{100%中 何%}
と言うような感じです。
急いでるので、お願いします。

Aベストアンサー

#2さんに補足します。

統計で%を使いたいのなら,(該当する台数)÷(調査した総数)×100で出せます。

例えば,350台中105台がシートベルトをしていないのであれば,
該当する台数・・・105
調査総数・・・350
ですから
105÷350×100=30
で,30%と出せます。

Q得意先の過入金について

宜しくお願いします。

得意先が、同じ金額を2回振り込んできて
過入金状態になってます。

過入金分は次回請求分と相殺することになりました。
ところが決算で期がまたがってしまって困っています。
直前期には、売掛金であがっていますが、消費税等も入っているので
これはまずいですよね?

『預り金』等に直したほうが良いでしょうか?
他、適した科目があれば教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

商法企業会計規則上での解釈としましては、
確定した債務(債権)で無い場合に決算期をまたがる会計処理方法としては、
(1)仮受金

書かれているように、決算前に売掛金が発生する場合には、
(2)前受け金 でも可能ですが、
前受金では目的が異なりますので、
ここはやはり『仮受金』科目に振替て 決算を越してから、『売掛金』と相殺することが適切ですね。

会社規模にもよりますが、
仮受金科目は、税務報告資料の中の註釈科目でもありますので、
決算書作成時には内容を表示する必要もありますね。

Q個人事業でも、建設業会計の勘定科目を使わないといけないのでしょうか。

私、個人で内装工事業を営むものです。
青色申告にあたり、決算処理を行っていたのですが、
不明な点がありまして、ご指導頂けますと幸いです。

主に元請建設会社より住宅内装工事を受注し、
私が担当する工事が完成した段階で請求書を元請に発送し、
工事代金を受領していました。

恥ずかしながら、まったく疑問も持たずに、
商店等と同じような勘定科目で会計処理をしてきたのですが、
決算にあたり色々情報を調べていくうちに、
建設業特有の勘定科目があり、処理の方法があることを知りました。

今行っていた処理方法は次のとおりです。

(売掛金)××  (売上)××  ・・請求書発送時
(預金) ××  (売掛金)×× ・・代金入金時

また、内装工事用壁紙等の材料購入につきましても、

(仕入高)××  (買掛金)×× ・・請求書受領時
(買掛金) ××  (預金)×× ・・代金支払時

という感じで、建設業会計の勘定科目は使わずに処理してきました。

下請けばかりをやっている零細の個人事業主であっても、
建設業会計の勘定科目を使わないといけないのでしょうか。

また、年内に材料を仕入れ、同年内に内装工事を完了し、
年明けに請求を上げている工事があるのですが、
この場合は、普段は「売り上げ 仕入れ」のような勘定科目を使っている場合でも、

(未成工事支出金)××(期末未成工事支出金棚卸高)××

のような感じで、建設業会計の勘定科目を使って、
H20年の原価から控除する処理をしなければならないのでしょうか。

あるいは、仕入れておきながら年内に使用しなかった他の材料等と一緒に、

(商品)×× (期末商品棚卸高)××

というように棚卸の処理に含めて処理しても良いのでしょうか。

何卒、ご教示の程お願い致します。

私、個人で内装工事業を営むものです。
青色申告にあたり、決算処理を行っていたのですが、
不明な点がありまして、ご指導頂けますと幸いです。

主に元請建設会社より住宅内装工事を受注し、
私が担当する工事が完成した段階で請求書を元請に発送し、
工事代金を受領していました。

恥ずかしながら、まったく疑問も持たずに、
商店等と同じような勘定科目で会計処理をしてきたのですが、
決算にあたり色々情報を調べていくうちに、
建設業特有の勘定科目があり、処理の方法があることを知りました。
...続きを読む

Aベストアンサー

私くしは、自宅で、工務店を営んでいます(法人です)

実際の方法としては、期中は『工事未払金』を使わずに『買掛金』をつかっていますし、普通の商取引のように、『売掛金』を使っています、
従いまして、建設業独特の科目は一切使用していません。

実際、青色申告の税務署の様式でも『工事未払金』とか『完成工事支出金』などという科目は無かったように記憶しています。

では、どうするか? ですが。
問題は決算書作成の時だけが問題となりますね。
その方法として私は、
会計ソフトを使っていますので、
(1)会計ソフトでは、『決算科目設定』というのがあって 決算書印刷の時にだけ 『買掛金』→『工事未払金』という科目に変換しています
他の科目も同じように設定しています。
(2)期末処理の時のみ 決算仕訳として
 仕入の内完成したものだけを 完成工事支出金
 未完成のものだけを     未成工事支出金
 科目に仕訳しています。

 同然、仕入科目ですが 完決算書では完成工事減価という科目に設定しています。

 いままで、2回ほど税務署様がお見えになられて、帳簿などなどをじっくりと見てゆかれましたが、この件につきましては、一切何も言われませんでした。
それよりも、決算書でも『完成工事売上』とか『未成工事支出金』などの科目名称を見られて、返って関心されましたよ。

もう一つ、ぜひともご理解いただきたいことですが、
今まで『期末棚卸』=(未成工事支出金) をされていなかったのでしたら、今回の申告で突然これをするのはだめです。
これは、『税務署から会計方法の意図的な変更』と見なされ利益操作とされますので、
特に利益が出ている場合には、十分に注意が必要です、
もしどうしても正規の簿記の原則に従い、きちんとしようと思われるのでしたら、その前に一度税務署に直接出向き相談をしてから行って下さい。
そして、その相談の記録をしっかりと残しておいて下さい。
私は、いつもそうしています。
○○年○○月○○日 ○○時○○分 政務署○階のどこに行って 何を相談して、どう返答が来た とメモしておきます。
相手も人間ですから、時には間違いますので。


 
 

私くしは、自宅で、工務店を営んでいます(法人です)

実際の方法としては、期中は『工事未払金』を使わずに『買掛金』をつかっていますし、普通の商取引のように、『売掛金』を使っています、
従いまして、建設業独特の科目は一切使用していません。

実際、青色申告の税務署の様式でも『工事未払金』とか『完成工事支出金』などという科目は無かったように記憶しています。

では、どうするか? ですが。
問題は決算書作成の時だけが問題となりますね。
その方法として私は、
会計ソフトを使ってい...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング