有機概念図について教えてください。
またこれに関する講習会、セミナーなどの情報があれば
教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

有機概念図ですか・・・


私,大学院の時に講義を受けました。今思えば計算化学のはしりのような・・・
今はほとんど忘れられているようですが(もし研究しておられる方がいればすみません),年輩の先生ですとご存じだと思います。

参考になる図書ですが,
1)甲田善生:有機概念図-基礎と応用-,三共出版(1984).
2)井上博夫 他:有機化合物分離法,裳華房(1990).
あたりですかね。
私,2)は所持していますが1)は大学の図書館で読みました。
 
 いくつかの有機化合物を数値化(有機性と無機性の値の加算:各官能基について与えられている)し,有機性値(横軸)と無機性値(縦軸)の二次元図上にその値をプロットしたものが有機概念図だったと思います。

この図を用いると,ある化合物がどの様な溶媒に良く溶けるか,ある2種類の物質が互いに溶けやすいか等を予想することができると,習ったように思います。
説明が下手で申し訳ないですが,詳しくは上記の参考書を読んでみて下さい。

しかし,si-1さんはなぜ有機概念図に興味を持たれたのでしょうか。よろしければ教えて下さい。

この回答への補足

みなさんアドヴァイスありがとうございます。
実は私も「有機概念図」という言葉だけで、どのようなものか
ほとんど知りませんでした。

現在化粧品会社に就職して3年目、乳化系の処方構築の基礎知識と
いうことで有機概念図なるものを勉強してみようかと思い質問して
みた次第です。

おそらく会社内をさがせば、詳しい人はごろごろいると思うのですが
個人テーマでひっそりと、化粧品技術者の嗜みにと考えて投稿しました。

補足日時:2001/06/19 22:01
    • good
    • 0

補足を拝見して思い出したのですが,私が教わった先生も乳化剤の研究をしておられた方でした。


界面活性剤のHLB値を講義されているときに,似たような概念として,化合物の性質を知る便利な考え方として有機概念図について講義されていました。

たしかに,乳化剤開発においては有用な考え方ですね。
むしろそういった関係の学会や協会ではセミナー等が開かれているかもしれないですね。

まあ,最も今は,計算機化学が発達しているので若い学生には必要ない知識として大学の講義などでは教えていないのでしょうけど,基礎的な知識(考え方)として,化学屋としては知っておいた方がよいと思いますが・・・

私ももう一度勉強し直してみようかな。
    • good
    • 0

この言葉はどう言った所で出てきたものでしょうか。



私は一応有機化学を専門としていますが,化学の分野でこの言葉を聞いた記憶がありません。

いかがでしょうか。補足下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q油の所要HLBについて

油の所要HLBの求め方について教えてください。
ノニオン系活性剤のHLB値は様々な計算で算出できますが、油の所要HLBはどうやって求めるのですか?
本を読むと実験的に求められるとありました。
どのような実験や計算で求められるのか詳しく教えていただけませんか。
お手数ですが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私がやらされた実験では先ず適当な非イオン界面活性剤のHLB値を求め(計算により)これをHLB値順に水溶液として試験管に入れ並べて置きます。

次に試験に供するHLB値未知の油を適当量試験管にとり、これにHLB既知の非イオン界面活性剤の水溶液を加え激しく振騰します。

これを順番に繰り返し、最も乳化状態の良好な非イオン界面活性剤を選定しそのHLB値が試験に使用した油のHLB値ないしそれに近い値とするわけです。

非イオン界面活性剤の水溶液濃度は余り濃くしない事と一定にする事、水溶液の添加量を一定にする事が重要です。

Q相関係数についてくるP値とは何ですか?

相関係数についてくるP値の意味がわかりません。

r=0.90 (P<0.001)

P=0.05で相関がない

という表現は何を意味しているのでしょうか?
またMS Excelを使ってのP値の計算方法を教えてください。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場合はp=0.1%でもいいと思いますが)
相関係数においても相関の有無を結論つけるにはそのrが偶然出る確率を出すか、5%の確率ならrがどれぐらいの値が出るかを知っておく必要が有ります。

>r=0.90 (P<0.001)

相関係数は0.90と計算された。相関がないのに偶然r=0.90 となる確率は0.001以下だと言ってます。

>P=0.05で相関がない

相関がないと結論。(間違っている確率は5%以下)だと言ってます。

エクセルでの計算ですが、まず関数CORRELを使ってr値を出します。xデータがA1からA10に、yデータがB1からB10に入っているとして

r=CORREL(A1:A10,B1:B10)

次にそのr値をt値に変換します。

t=r*(n-2)^0.5/(1-r^2)^0.5

ここでnは組みデータの数です。((x1,y1),(x2,y2),・・・(xn,yn))
最後に関数TDISTで確率に変換します。両側です。

p=TDIST(t値,n-2,2)

もっと簡単な方法があるかも知れませんが、私ならこう計算します。(アドインの分析ツールを使う以外は)

pは確率(probability)のpです。全く相関のない数字を組み合わせたときにそのr値が出る確率をあらわしています。

統計・確率には100%言い切れることはまずありません。というか100%言い切れるのなら統計・確率を使う必要は有りません。
例えばサイコロを5回振って全て同じ目が出る確率は0.08%です。そんな時、そのサイコロを不良品(イカサマ?)と結論つけるとわずかに間違っている可能性が残っています。ただ、それが5%以下ならp=0.05でそのサイコロは正常ではないと結論付けます。
それが危険率です。(この場...続きを読む

Qオクタノール/水 分配係数について

オクタノール/水 分配係数について調べますと、略号に
「logKow」と「logPow」の2つが出てきます。この違い
はなんでしょうか。
またオクタノール/水 分配係数は物質が親水性であるか
疎水性であるかを知る指標と理解していますが、具体的
に数値がどの程度であれば疎水性、親水性と判断できる
のでしょうか。
ちなみに今分からない物質のlogKowは「2.20」です。
この物質は疎水性と判断して良いのでしょうか。
ご回答、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

調べてみたのですが・・どちらも、n-オクタノール/水分配係数を表すものではないでしょうか。違いはわかりませんでした。
私は、LogPowのほうで覚えてしまってましたが(昔教わったのはこちらのほうなので)。。

ちなみに、分配係数(LogPow)は、n-オクタノールと水の二相へ溶解した物質の平衡濃度の比で表せます。
Pow=Co/Cw
Co:n-オクタノール層中の被験物質濃度
Cw:水層中の被験物質濃度


>数値がどの程度であれば疎水性、親水性と判断できるのでしょうか。

確かに、親水性・疎水性の指標となりますが、どの程度の数値で線引きするのか(できるのか)ちょっとわかりません。。

LogPowが2の物質は、Powが10の2乗の100で、水よりオクタノールに100倍溶けやすいことを示しています。

トルエンのLogPowは2.69 ~2.8、PCB類は6~8程度・・・
2.2だと、数値が近いのはベンゼン(2.13)ですね。
ベンゼンの対水溶解度は、1.79×10^3mg/L(25℃)で水に不溶というわけではありませんが、疎水性のほうが強いことは言えるかと思います。

余談ですが 
分配係数と魚類における生物濃縮係数との間には良好な相関係数が認められており、
・ 油に分配されるものは蓄積されやすく
・ 水に分配されるものは蓄積されにくい
というように、生物蓄積性の指標となります。
(LogPowが3未満の場合、高濃縮性でないと推定されます)

調べてみたのですが・・どちらも、n-オクタノール/水分配係数を表すものではないでしょうか。違いはわかりませんでした。
私は、LogPowのほうで覚えてしまってましたが(昔教わったのはこちらのほうなので)。。

ちなみに、分配係数(LogPow)は、n-オクタノールと水の二相へ溶解した物質の平衡濃度の比で表せます。
Pow=Co/Cw
Co:n-オクタノール層中の被験物質濃度
Cw:水層中の被験物質濃度


>数値がどの程度であれば疎水性、親水性と判断できるのでしょうか。

確かに、親水性・...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報