新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

日光東照宮は徳川家康を神として祀る神社ですよね。

なのに、どうして永遠のライバルであった秀吉も神として祀っているのでしょうか?
歴史的な経緯も知りたいのですが本音の部分も知りたいのです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ど素人ですが、推測で書かせて頂きます。



明治政府としては、徳川家の「祟り」を恐れる必要は無かったはずです。
明治維新後も、15代将軍慶喜以下徳川家の人々は、滅ぼされるでもなく
生命をまっとうしていましたから。

恐れる必要があったとすれば、それは徳川家の「復権」であったはずです。
この世で徳川家の復権のために活動していた勢力は、とりあえず函館戦争で
一掃されましたし、武士階級の特権も剥奪されましたから、政治的には
心配しなければならない状態はなくなっていたわけです。

ところで、あちらの世界からこちらの世界に働きかけて徳川家を復権
させようとする存在があるかもしれないと考えてみたとしましょう。
一体それはどんな存在かということになるわけですが、やはり筆頭に
挙げられるのは東照大権現=徳川家康ということになるでしょう。
万代揺るがぬはずだった江戸幕府を解体してしまったわけですから、
さぞかしあの世で怒っていることだろうと想像されたと思います。
彼が悪い影響を及ぼさないようにするにはどうしたらよいか。
普通の怨霊であれば、祭り上げていい気にさせておけば良いわけですが、
彼の場合はまだ子孫が存命です。いい気になったあまり、子孫に
働きかけて徳川復権に動かないとは限りません。ここは、あちらの
世界でも彼の動きを抑えつけておかなくてはいけないと考えられたのでしょう。
家康の生前、目の上のたんこぶであったのが豊臣秀吉です。しかも、
家康は騙まし討ちとも言えるやり方で彼の家系を全滅に追い込んでいます。
頭の上がろうはずがない。

そんな思惑で、霊界(?)での家康の動きを抑えるため、秀吉が
担ぎ出されたのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

こんな事をされて東照宮の人達は、どうして何もしないのかが解りません。
当時は反対意見は言えなかったのでしょうが
今は言っても良いと思うのです。
武士ではなくて軍部が政治の実験を握り敗戦という事態になった時も言えたと思います。

お礼日時:2004/07/26 23:38

 #2の方の「祟ったら」についてですが、その要素も充分あると思います。

日本人は怨霊信仰があるそうで、特徴としては
・身分が高いほど、怨霊は強くなる
・祀り上げて良い神にする
・普通の人と一緒に祀るとその人まで怨霊になる(身分の低い人と一緒に祀る)
 実際に明治天皇は王政復古の大号令を出す前(だと記憶しているのですが)に「日本の王を王(天皇)以外の者(この場合、武士)にする」と宣言した「日本国一の大怨霊」崇徳天皇(のはず)を京都に祀りなおしました。つまり、祟りが怖かったのです。
 本題ですが、幾ら徳川家を恨んでいたとしても武士として、武士以外の者に政をさせたいと思うでしょうか。そして関白なのですからそれ以上と言えば天皇しかいない。まさか天皇が(例え、大怨霊でも)臣下と共に祀られたいでしょうか。それに徳川家は政治的には滅亡したのですから、家康が怨霊になる素質は充分にある。だから一緒に祀ったのでしょう。
 説明不足ですいません。この辺りは、井沢元彦氏の「逆説の日本史」(小学館)を読まれてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼が遅くなり申し訳ありません。
実は逆説の日本史を探したのですが見つかりませんでした。
だとしたら明治天皇は徳川家の祟りを恐れて秀吉を使い監視させて良い神にしようとしたと解釈すれば宜しいのでしょうか?できれば補足をお願いします。

お礼日時:2004/07/24 16:23

本来の東照宮には秀吉は祀られていませんでした。


が維新後に神仏分離後徳川家牽制のために祀られたときいたことがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そんな理由なのですか?
そこまでやる必要があったのでしょうね。

お礼日時:2004/07/20 16:56

あくまで推測なのですが、自分たちの手でほろぼした豊臣家を丁重に祀ることによって、徳川家の安泰をはかったのではないでしょうか。



豊臣家の怨霊がたたったりしたら、困りますから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。

お礼日時:2004/07/13 23:15

日光東照宮に豊臣秀吉が祀られるようになったのは明治になってからです。


元々秀吉は、その死後、豊国大名神として豊国神社(京都東山の阿弥陀ヶ峰)に祀られましたが、大阪夏の陣で豊臣家が滅亡した後、家康の命で、豊国神社は廃されました。
それが、明治になって豊国神社が再興されたときに、東照宮にも配祀されるようになったそうです。
(残念ながら理由まではわかりませんが)

多分、ご存知だとは思いますが、日光東照宮にはもう一人、源頼朝公も配祀されています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

明治になってからだったんですね。
おそらく殆どの人が知らないのではないのでしょうか

でも、だったら余計に理由が知りたいですね

お礼日時:2004/07/13 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するQ&A

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q徳川家康さんのお墓ってどこ?

日光東照宮にお墓ありますよね?あそこに遺体が安置されてるの?
でも東照宮って孫の家光が亡くなった後作ったんですよね
本当のお墓は別にあって日光東照宮は
神様として祀られてるだけなのでしょうか?

Aベストアンサー

徳川家康は元和2年に駿府で亡くなり、遺命により久能山の城を廃して東照宮として、そこに葬られました。
その後、二代将軍秀忠が東照宮の造営に着手して元和3年に完成し、その年に徳川家康の遺骨を改葬しました。
久能山東照宮は今も徳川氏祖廟として尊ばれています。


人気Q&Aランキング