人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

昨日Pixivで「あなたの絵が気にいった。今度投稿するボカロ曲のイラストをあなたに描いてほしい」という感じのメッセージが届きました。
 そしてそのメッセージに、「依頼のイラストが有料か無料かはあなたが選んでいい」とありました。
 私はプロでもないしそこまで上手くもないので無料で受けようかなと思いましたが、だからといって今までたくさんの情熱や愛情を注いできた自分の絵を安売りするのもどうかな……とも思いました。

 やっぱり千円くらいでも報酬金はいただておいたほうが良いのでしょうか?
 ですが、私程度の絵でお金を貰っても良いものかと悩んでいます……。

 以上の理由で、自分では有料か無料か決められず質問させていただきました。
 どうしたら良いと思いますか? 添付画像は私の描いた絵(これはオリジナルのキャラ)です。回答の判断材料にしてください。

「ボカロ曲のイラスト依頼 報酬金について」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • 誤解を招く書き方をしてしまったので訂正です。
    「千円くらいでもいただいておいたほうが良いのでしょうか」というのは、依頼主に「イラストの報酬金は千円です」と言われた訳ではなく、「私のイラストがお金を貰える上手さだとは思えないが、いち創作者として千円くらいの少しの金額でも報酬金はもらったほうがよいのだろうか」という意味です。
    説明が下手で申し訳ありません。

      補足日時:2016/04/20 01:54

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

正直、千円程度なら貰っても貰わなくても、状況的に大して変わりません。

相手もなんとも思ってないでしょう。
あと、フリーでやってる絵描きやイラストレーターというのは素人と紙一重で、お金をくれる人がいればプロで、いなければ素人、それだけです。
ですから、「私程度の絵で」なんてのは考える必要はありません。それを決めるのは「客」です。客が「価格を決めて」というのなら、「作家に決めさせるくらいの価値は、私にとってある」と判断されているということです。遠慮なくご自身が決めてください。ただ、こういった交渉は成立しないと話にならないですから、「相手が買ってくれそうな価格」をmiku3usi9mikuさんが予測しないといけません。

タダにすると何かデメリットがあるようにも思えるかもしれませんが、タダだろうと有償だろうと、実はどちらにも色々とデメリットはあります。
客は契約事や権利問題に詳しい人ばかりではありませんから、「金を払った=自分のものだから好きに使っていい」と大きな勘違いをされる可能性なんかもおおいにあります。そういったトラブルにならない為にも必要な手続きや法的なことを自分で調べて行わないといけません。これがフリーにとってはかなり面倒。
これが無償(ボランティア)ということにすれば、miku3usi9mikuさんが相手に条件をあれこれ言い易いということもありますね。ネットで知り合った友達とのただの「遊び・趣味」の範囲内と同じ。確かに、タダにする代わりにイラストレーターとしての自分を売り込む為の条件をつきつけるというのも手ですが、まぁ「サインやアドレスを絵に入れる」程度であれば、むしろ客側の気休めになるくらいのもので、さほど宣伝効果は無いと考えた方がいいです。(たぶん、どうしても作者が知りたいくらい魅力的な作品なら、サインやアドレスなんて無くても調べると思いますので。)
一方で、イラストを描いている若者達があまりに安売りすることで、イラストを仕事にするのはかなり厳しいという現実は確かにあると思います。

以上をまとめると。
千円なら色々と面倒だから貰わなくていい。アマチュアとして金を貰うならせめて1枚5千円以上(勿論価格は作品の規模によりますし、相手が作品をどう使用するのかにもよります。あと不本意な使われ方をしないよう相手への説明や、具体的な見積書・発注書・請求書などの契約手続きは忘れずに)で。・・・というのが(あくまで個人的な)見解というところです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

細かく分かりやすい回答をしてくださったのでベストアンサーにさせていただきます。
大変参考になりました。ありがとございます。

お礼日時:2016/04/20 15:49

描く絵の詳細がわからないので千円が適正かはわかりませんが、お金は貰いましょう。



素人の絵を描く方が謙虚さから安価、もしくは無料で絵を提供する事はイラストレーター業界の単価を下げ、結果プロの方達に迷惑がかかります。

それでなくても十分お金を頂けるクオリティなので、素敵な自分の絵にもっと自信をもって下さい(^_^)
    • good
    • 0

>やっぱり千円くらいでも報酬金はいただておいたほうが


それくらいでいいなら無報酬でいいからTwitterのアドレスを絵に入れてほしいとお願いするのはどうでしょうか?つまりタダであなたを宣伝してくれるチャンスです。そのイラストがいい感じならば他からの依頼が来ます。そのときに報酬を貰えばいいんじゃない?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCD並の音量にしたいのですが

CDは結構音がデカイですよね。

EQやトータルコンプ等を使って音圧レベルを上げてみても、0dbピークギリギリに上げてみてもまだCDの方がかなり音量が大きいです。

CDからリッピングしたデータを波形編集ソフトで開いてみた所、0dbを超えてしまっています。
これは超えてもいいと言う事なんでしょうか?

とにかくCD並に音量を大きくしたいです。

Aベストアンサー

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法論、順番が異なりますが、簡単に言えば次の3つの作業を成功させればいいのです。
・イコライザによる音域ごとのボリューム調製
・コンプレッサーによる無駄な波長の圧縮
・ノーマライズによる音量の最大化
です。(SoundEngineのオートマキシマイズはノーマライズ処理後に行うことでより大きな音量増大効果を狙ったものです)オートマキシマイズで音量が上がらないのは、無駄な(耳に聴こえない)波長領域の音が多すぎるためです。コンプレッサーを使うことで解決します。

●必要なもの
ではマスタリングに何が必要かといいますと、普通は波形編集ソフトを用います。高価なものではWavelab5やSound Forge、フリーのものではSoundEngineが有名です。
波形編集ソフトを用いない場合もありまして、VSTプラグインの使えるソフト(例えばSonarやCubaseなどのDAWソフト)があれば波形編集向けのプラグインを用いることで解決します。(No.7にありますWAVES社のL1はこのプラグインに該当します)

●SoundEngineについて
SoundEngineに関してなのですが・・僕も使っていました。結論を言えばある程度のことはできるけど、このソフトで完璧には困難です。SoundEngineでプロのファイルを検証してみてください。例えば16MHz以上の音が全て圧縮されていたり(その分耳に聴こえる部分の音圧が高い)、マネできないことが多々出てきます。

●解決策
1.ベストなのはプロ用波形編集ソフトを購入することです。が、5万以上しますので予算がないと不可能でしょう。

2.2002年春以降のVAIO製品を持っている人は周りにいませんか?実はSonicStageMasteringStudioというVAIOのみにバンドルされたソフトがVST対応でして、なんと1つ4万もするWAVES社のプラグインが3つ付属しています。このプラグインを使うと簡単にプロ並みのファイルに仕上がってしまいます・・・。

3.どうしてもSoundEngineでやる場合の方法をご紹介します。簡単に言うと、
(1)音割れしない程度でなるべく大きな音量で録音する
(2)まずノーマライズをかけて波形をみやすくする
(3)グラフィックイコライザで波長領域ごとの音量バランスを調整する(あるプロの方はドラム・ベース→高音域の順がいいと言っていました)
(4)コンプレッサーで音を圧縮する
(5)ノーマライズ
(6) (2)→(3)を繰りかえす
(7)これ以上音圧が上がらないと思ったら、オートマキシマイズをかける。設定は-13dBで(上げすぎるとオーディオが破壊しますよ)

補足:波形編集に伴い細かいノイズが発生することがあります。作業ごとに、ノイズリダクションをスレッショルド最低、効果度 最大 でかけましょう。
長くなりますので各設定などについては分からないことがあれば補足願います。長文失礼しました。

僕も音楽をやっていまして、かなり音圧で悩んだ1人です。少しでも参考になればと思います。
多少他の回答者様と重なる部分もあるかと思いますが御許し下さい。

●マスタリングについて
録音の済んだWAVEファイルをCD並みに仕上げる作業、これをマスタリングと呼びます。
マスタリングは非常に多くの経験と敏感な聴覚を持っていないと成功しません。プロのミュージシャンは専門のエンジニアに依頼してマスタリングを行っているのが普通です。

このマスタリングという作業、コツがいります。人によって方法...続きを読む

Q自主制作アニメはどうやって作られているんですか?

YouTubeやニコニコ動画で自主制作アニメを観たのですが、それの作り方がわかりません

絵の練習だけはしてきたのですが、絵を動かしたことが紙の隅っこやメモ帳でしかなかったので、一度本格的なアニメ作品を作ることにしました(決してアニメ作りを甘く見ている訳ではなく、かなりの時間をかけて作品を作る予定です)

そこで、パソコンとペンタブ以外で、必要な道具、機械、ソフト、ツールなどがあれば教えてください
また、僕はまだ高校生ですので、できるだけ値段が高い、もしくは手に入れづらいツールを使わずに作れる方法も教えていただけたらうれしいです

よろしくお願いします

Aベストアンサー

 本格的なセルアニメ風なら「Reta Studio」が有名。http://www.retasstudio.net/products/retas_studio/

 短いものならアニメGIF。本当にパラパラマンガをパソコンでやるだけ。
http://portal.nifty.com/kiji-smp/140208163239_1.htm

Q編曲(アレンジ)の上達方法について

はじめまして。よろしくお願いします。

今回は皆さんに編曲はどうすればうまくなるかをお聞きしたくて質問を投稿いたしました。

私は作曲家になりたくて、デモ音源を事務所に送ったりするのですが、「メロディのセンスはよいです。しかし、音源そのもののクオリティが作曲家として競っていくには心もとないです」という内容のお返事をいただきます。

このクオリティとは音質、ミックスだけでなく、むしろアレンジが大きいと私は思っています。
そのアレンジの上達について、3つ質問させてください。


(1)アレンジするときの最初のイメージ

私はアレンジに入るとき、なんとなくリズムを入れてなんとなく楽器を足していきます。
おそらくこの最初の段階が失敗なんだと思うんです・・・

アレンジがうまい人はメロディから「どういうサウンドに仕上げればこの曲が映えるか」ということを読み取ってからアレンジに入っているように思えます。
こういう「あらかじめ最適なサウンドを見極める能力」というのはどうすることで高められるのでしょうか?


(2)つくり込みが甘く、素人のにおいがする

私のアレンジはところどころふわっとした浮遊感のある感じになるところが見られ、それを解決するすべがなかなか見つけられません。
コードが悪いのか、何かほかの楽器がどこかでぶつかっているのか、考えるのですが原因にたどり着けないのです。
その浮遊感が原因だと思うのですが、世の中に出回っている曲のアレンジは「しっかり設計されている、計算されている」と感じるのに対して私の曲は間逆で、「つくり込みが足りない感じ、そして雰囲気まかせな感じ(素人っぽい)」がします。
これは先ほど書きました「あらかじめ最適なサウンドを見極めること」と「コードに関する理論や知識をつけること」「耳を鍛えること」で解決できるのではないかと考えました。

おかしい原因を見つけ出す耳を作るには、また、コードに関する理論や知識はどうすれば身につくでしょうか?
(基礎的な理論はわかるのですが、メロディとのあたり方や進行させていく上でのセオリーを知りたいです。)

(3)ストリングスアレンジ

最後に、ストリングスのアレンジについてです。
POPSを作ったときストリングスを入れたりするのですが、うまく鳴っていないし、メロディとの絡ませ方、コード感をしっかり出しつつそれぞれがちゃんときれいなメロディになる方法などがわからなくて、ストリングスを上手に扱うことができません。
ストリングスアレンジだけで食べていける方がいるほどレベルの高いところであることはわかっているのですが、ストリングスの音が好きなので時間をかけてでもいいからある程度扱えるようになりたいです。
しかし、クラシックは一切かじっていません。
ストリングスアレンジはどういう勉強をしていけばいいのでしょうか?


以上の3つになります。
曲を作るのと違い、こういった内容は職人的というか、技術的な部分も大きいと思うので、簡単に身につくものではないことだとおもいます。

しかし、何か上達に向けて手がかりがほしいです。
皆様がやってきた練習法や体験談などお聞かせいただけたらうれしいです。

長々と書いてしまい失礼いたしました。

どうぞよろしくお願いします。

はじめまして。よろしくお願いします。

今回は皆さんに編曲はどうすればうまくなるかをお聞きしたくて質問を投稿いたしました。

私は作曲家になりたくて、デモ音源を事務所に送ったりするのですが、「メロディのセンスはよいです。しかし、音源そのもののクオリティが作曲家として競っていくには心もとないです」という内容のお返事をいただきます。

このクオリティとは音質、ミックスだけでなく、むしろアレンジが大きいと私は思っています。
そのアレンジの上達について、3つ質問させてください。


(1)アレ...続きを読む

Aベストアンサー

やはり、理論や楽典を少しでいいので勉強されたらよいのかな、と思います。とくに、2、3)に関しては。

楽典なんて、それこそ、音大を目指す高校生が高3の夏くらいになってからあせって勉強してもなんとかなってしまうくらいな勉強量ですむわけで(もちろん本当は奥は深いですが)、それに比して得られるものは非常に大きいように思います。

気持ちよければ理論なんかどうでもいい、というのはその通りなのですが、とくに3)のストリングスアレンジなんかは、ちょっとだけでいいので、対位法を勉強すれば、目からウロコだと思います。対位法というのは、まさに裏メロをどうしたらかっこよくつけられるか、という理論(虎の巻)なわけで。

2)の浮遊感というのも、つまり、結局のところ、本来そのコードにあるべきでない音が鳴ってるから(あるい絶対に鳴ってないとおかしい音がなってないから)、につきるわけで、和声を勉強すれば一発で解消されます。

それに対して、1)のイメージする力は、理論ではなくて、どれだけ曲を聴いたかで決まると思います。

作曲家としての良し悪し(才能)は、結局のところ、メロディのセンスにつきるわけで、極論すればほんのちょっと勉強すれば誰でもそれなりにはできるようになるアレンジの部分でつまずくのは、もったいない気がします。

やはり、理論や楽典を少しでいいので勉強されたらよいのかな、と思います。とくに、2、3)に関しては。

楽典なんて、それこそ、音大を目指す高校生が高3の夏くらいになってからあせって勉強してもなんとかなってしまうくらいな勉強量ですむわけで(もちろん本当は奥は深いですが)、それに比して得られるものは非常に大きいように思います。

気持ちよければ理論なんかどうでもいい、というのはその通りなのですが、とくに3)のストリングスアレンジなんかは、ちょっとだけでいいので、対位法を勉強すれば、...続きを読む

Qキーボードとシンセサイザーの違い

初歩的な質問ですが、キーボードとシンセサイザーの違いとはどういったものなんでしょうか?

出来ればシンセサイザーを使ったらどういったことができるのか具体的なことを教えていただくと助かります?

回答お待ちしております。

Aベストアンサー

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
しかしどんな音色でも作ることができるわけではなく、ピアノの音を作ってもそれは所詮”ピアノっぽい音”でしかなく、完全シミュレートは不可能でした。

と、ここで「あれ、シンセサイザーってピアノの音出せるはずじゃ…?」と思ったと思います。
そうなんです。現在では上記の波形に実際の楽器の音を録音したものを選べる機種がシンセサイザーとして一般的になっています。
なので定義では音色を合成する装置なのに、初期搭載されている波形の充実により「音色を合成して作り出す」というニュアンスが薄れてしまい、それゆえに定義と実際のあり方にズレが生じ、シンセサイザーというものを理解しづらくさせていました。

前書きが長くなりましたが、質問の本題に戻ります。
電子キーボードとシンセサイザーの違いは定義的にいえば「音色を合成できるのがシンセサイザー、できないものが電子キーボード」です。
しかしもう少し現実的な説明をすると「多機能高性能で本格的な音楽製作・鍵盤演奏に特化したキーボード」であり、フィルターが付いており
、DTMの音源(後記)として使用できればシンセサイザーであるといえます。

またA No.1の方がおっしゃるようにシンセサイザーは鍵盤が付いているものが広く認識されているためキーボードの一種と思われがちですが、実際は音を作る音源部のことをシンセサイザーといいます。
なぜ鍵盤なのかというと音を出すにあたってのコントローラーに最も適していたのが鍵盤だからというだけの話ですね。
ですから音楽製作用に”鍵盤のないシンセサイザー”というものも実在します(例えばコレhttp://www.roland.co.jp/products/jp/Fantom-XR/index.html)。

できることは、鍵盤のあるものは鍵盤演奏です。
ただ演奏するだけではなく、あらかじめセットを組んでおけばスイッチひとつで音色を変えることができる(ピアノ→オルガンなど)、フィルターで音色を変化させながら演奏するなど、上げればきりがありませんが、いずれもただの電子キーボードでは不可能なものです。
他にはDTMの音源としての使用ですね。
簡単にいえばPCで「この音をこういうタイミング、長さで出せ!」という命令を組み、それをシンセサイザーに送って自動演奏させるいわゆる打ち込みという行為です。
現在プロの楽曲の中でも打ち込みは多用されており、ギター以外の楽器は全部打ち込みだったなんてこともザラです(クレジットに演奏者の名前がないパートがあるなどはドラムやベースであっても打ち込み)。
そう考えると音楽業界へのシンセサイザーの貢献は計り知れないものがあります。

あと最後になりますが、現在シンセサイザーと呼ばれる装置にも2種類あります。
ひとつは最初に紹介した音色を作り出すことに特化したアナログシンセサイザーです。
後記する実際の楽器の音色を波形に持ったデジタルシンセサイザーに圧されて一時期消えかけますが、最近では音色を作り出すということに再び注目が集まり、2000年ごろからデジタルの力でアナログシンセサイザーを再現したヴァーチャルアナログシンセサイザー(またはデジタルアナログシンセ)が登場しています。
アナログシンセといっても必ずしもアナログとは限らず、現在では音色を作り出すことに特化したものを便宜上アナログシンセサイザーと呼んでいます。

もう一方はデジタルシンセサイザーですね。
こちらはシンセサイザーというより多機能キーボードという認識をしたほうがわかりやすいかもしれません。
実際の楽器の音色を録音したものを波形に選ぶことが出来ます。

と、かつての自分と同じ疑問を持った方を拝見したのでつい長くなってしまいましたが、参考になれば幸いです。

シンセサイザーは定義的には音色を合成する装置で間違いないんですが、少々イメージしづらいですよね。
それに現在のあり方は定義とはちょっとずれてきていますので、ちょっと長くなりますが説明させていただきます。

音色を合成とは具体的にどういうことかというと、

波形を選ぶ(ノコギリ波、サイン波など)

フィルターで加工(高域をカットなど)

大まかにはこのようにして音色を作っていました。
ちなみに複数の波形を重ねることができる機種もあり、さまざまな音色を作ることが可能でした。
...続きを読む

Qアパート・マンションでのエレキギター演奏(生音のみ)は迷惑でしょうか?

都内のアパートもしくはマンションで一人暮らしを始めるのですが、部屋でのアンプにはつながない状態でのエレキギター・ベースの演奏は問題ないでしょうか?

部屋探しにあたって「楽器可」の部屋も探してみたのですが、かなり少ないようなので楽器されてて一人暮らしの方がどうされてるのかも知りたいです。

今は実家(戸建て)ですが、普段からヘッドホンにつないで練習しているのでアンプは使用しないのですが、生音だけでも隣や上下階に響くものでしょうか?

Aベストアンサー

私も楽器の練習をしますので経験上。

木造のアパートなどではベースの生音でも聞こえるかもしれません。
マンションでも音の大きさはわかりませんが、楽器はけっこう聞こえるものです。
経験上一番いいのは、周りの人と仲良くなることです。
時間を決めて朝9時前、夜10時以後はしないとかして、先に周りに行ってしまう。
近所にうるさいと言われる前に、少し楽器やっているのですがうるさくありませんか?とかいいながら、田舎の土産でももって事前にあいさつに行ってしまうというのがいいように思います。

それであの人はそういうことをやっているというのを認めてもらうというのが一番よいように思います

Qオリジナル曲を公開するのによいサイトはないでしょうか

こんにちは。
自作の楽曲(インスト・打ち込み)を公開するのに良いWebサイトや方法があれば教えて下さい。
ボカロ曲ではありません。
今のところYouTube、ニコニコ動画、Muzieくらいしか知りません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

こういうサイトもありますが。

http://joysound.com/ex/kyokupro/
http://www.omm-jp.com/

Q「太陽」「月」「星」を外国語で

こんにちは。タイトル通りなんですが、「太陽」「月」「星」を外国語や神話などで言うとどうなるのかを調べています。
今のところ分かっているのが、太陽→サン・ソル 月→ムーン・ルナ 星→スター くらいです。出来れば、つづりとカタカナ表記、何語かを書いていただければ嬉しいです(分からない場合は、分かるものだけでもいいです)。
たしか、スペイン語で「月」というのをテレビで聞いたことがあるのですが、一瞬のことで、なんと言っていたか分かりませんでした。これも知っている方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

スペイン語

太陽   Sol ソル
月    luna ルーナ
星    Estrella エストレージャ

ポルトガル語

太陽   Sol ソル
月    Lua ルア
星    Estrela エストレーラ

エスペラント(語)
太陽   Suno スーノ
月    Luno ルーノ
星    Stelo ステーロ

いずれもラテン語系なので似通っています。

Q1分程度の映像制作の相場は?

個人で映像制作をしている者ですが、
今度、とある企業のイベントの展示ブースで流される
1分程度の映像を制作することになったのですが、
何分、お金を貰って映像を作るというのが
初めてなもので、クライアントにどれぐらいの
金額を提示していいものかが分かりません。

制作形態によってまちまちだと思いますが、
こちらは全くの個人で、制作もPCで
PremiereやAfter Effects等を使って制作します。

Aベストアンサー

まずこれはJackBさんがどこまでの範囲で提案~作業するかによって違ってくると思います。
まず、1分尺ということですが内容部分についてクライアントの方で既にフィックス(決定)しているのであればJackBさんが請求できる金額は作業代とそれにかかわるテープなどのメディア代などのみとなると思います。逆にこちらからの提案(絵コンテなど)が必要となる場合には上記の作業代にプラスして「演出代」というものが発生します。これは一般的には作業代よりも全体のバジェット(予算)が占める割合が大きくなります。つまりこれをいくら請求できるかで全体のバジェットは大きく変化していくます。

逆に企業とダイレクトに取引する場合でも代理店がかむ場合でもある程度、スケジュールとたたき台のバジェットは最低限必要となると思います。これは今後JackBさんが仕事を進めていく(複数同時進行はこの世界当たり前ですから)なかで自身のスケジュール管理はもちろんの事ですが、次の仕事を入れられる状態を保つという点で非常に重要になってくると思います。

少しそれましたが、まずはこちらからの金額提示ではなくたたき台の金額を先方に提示して頂くのが最前かと思います。

個人の場合のそれとは異なると思いますが一般的にはイベント物のブース映像ではBtoBのやり取りでは1分尺では私の知る所で最安値で20万円前後からだと思います。上はキリがありませんが、、、
ただこの最低限の算出法もコンテンツ次第という事になりますのでもう少し具体的に何か補足があればと思います。

まずこれはJackBさんがどこまでの範囲で提案~作業するかによって違ってくると思います。
まず、1分尺ということですが内容部分についてクライアントの方で既にフィックス(決定)しているのであればJackBさんが請求できる金額は作業代とそれにかかわるテープなどのメディア代などのみとなると思います。逆にこちらからの提案(絵コンテなど)が必要となる場合には上記の作業代にプラスして「演出代」というものが発生します。これは一般的には作業代よりも全体のバジェット(予算)が占める割合が大きくなります。つ...続きを読む

Q作曲時に『どこかで聴いたような?』と感じる事がありますよね?

アコギをメインにお気に入りのミュージシャンをコピーして楽しんでいます。
最近ではギターを抱え、鍵盤を叩きながら自分の中で浮かび上がったフレーズを束ね、作曲にもチャレンジするようになりました。

が、ある程度曲がまとまり気持ち良く弾いていると、いつも『このフレーズ、このメロディー、どっかで聴いた事があるのかなぁ?これってただのコピー?』なんて感じる事が多々あります。
昨今、これだけ音楽が溢れているのですし、色々な音楽から影響を受けて今日まできていますので、なにかしら影響を受け、似たようなフレーズが混じり曲を成形しているであろう事は重々承知しているものの、曲の出来栄えが良ければ良いほど意識してしまいます。
『この曲どこかで聴いたような気がする』なんて言われると、わかっていても少しヘコみます(苦笑)。

仮にどこかで聴いた曲のメロディーラインであったとしても、本当に時分の無意識下の事であれば盗作とはならないのかもしれませんが、そういう事を意識すると自分の曲への愛着が冷めていきそうで…

私の場合、趣味で音楽をやっているので気持ち良く弾き語り出来ればそれで良いのだと、自分に言い聞かせるようにしていますが、同じようなジレンマを感じる方も少なくないのではないかなと思います。

似たような事を意識した時、皆さんはどのように対処しているのでしょうか?もしくはそのような意識をする事はないのでしょうか?
特にプロの方やストリート等、人前で自分の曲をプレイする方はどのようにしているのでしょうか?

説明下手で解りにくかったら申し訳ありません。

アコギをメインにお気に入りのミュージシャンをコピーして楽しんでいます。
最近ではギターを抱え、鍵盤を叩きながら自分の中で浮かび上がったフレーズを束ね、作曲にもチャレンジするようになりました。

が、ある程度曲がまとまり気持ち良く弾いていると、いつも『このフレーズ、このメロディー、どっかで聴いた事があるのかなぁ?これってただのコピー?』なんて感じる事が多々あります。
昨今、これだけ音楽が溢れているのですし、色々な音楽から影響を受けて今日まできていますので、なにかしら影響を受...続きを読む

Aベストアンサー

「どっかで聴いたことある」=キャッチーと考えています。
ものすごく売れている曲ってものすごく陳腐ですよね。
でも逆に考えればあなたの作る曲は「売れ線」なのです。
売れそうな曲が作れるというのはいいことです。
何曲も作っていればたまにはオリジナリティあふれるのが
できることもあるでしょう。
売れ線の曲で音楽に詳しくないファンを取り込み、
たまにできるオリジナルな曲で音楽に詳しいファンも
取り込んじゃいましょう。

ただし、具体的に何の曲に似ているのか、
曲名が判明してしまったらボツにすべきですね。

Q形而上学とは

現在、国語の授業で
「広告の形而上学」という形而上学をテーマにした論文を扱っています。
文章の雰囲気は分かるのですが形而上学
というテーマそのものがよく分からないので
どうも、しっくりこないでいます。

「形而上学」というものをくだいて説明して
頂きたいのですが。。。

中学3年の私にも分かるくらいのレベルで説明して頂けたら嬉しいです。(教科書は高校1年生のものですが)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すごい教材を使用されていますね。大学受験レベルなんじゃ。。。
もしかしてその文章の出典は『ヴェニスの商人の資本論』(岩井克人)でしょうか?

No,1の方の説明が正しいと思うのですが、もっともっと噛み砕いてみると。。。

まず「形而下学」は形あるもの、目に見えるものと解釈してください。それに対する「形而上学」は形のないもの、目には見えないものということになりますね。人間の視点や物理的なもの(形而下学)に対する神の視点や精神的なものが「形而上学」と考えることができると思います。



あと、ソシュールの言語論も把握すると、理解が深まると思います。

人間の頭の中で考えることって、区切りがつけられず【無限】に広がっていきますよね。世界や宇宙だって、区切りがつけられず【無限】に広がっていく存在です。人間は他人に対して、そういうものを表現して、考えをわかってもらい、指し示しているものを共有しようとします。

その「表現」の際に使われるのが「ことば」ですよね。ことばで考えを説明し、ことばで指し示しているものが何かをわかってもらおうとします。

けれども、ことばは【有限】の音の組み合わせですよね。「椅子」ということばがあれば、「い」という発音と「す」という発音の組み合わせです(厳密には違いますが)。発音できるものは【有限】というのは、五十音表を見てもわかると思います。

ここで矛盾にお気づきでしょう。我々は、無限の世界を有限の言葉でしか説明できないのです。

そうすると、ことばはある一つの意味を指すのでは使い切れません。ことばに複数の意味や広がりのある意味をもたせないと、無限の世界を表現できなくなってしまうのです。ことばに対してモノが一対一の対応関係をもつことはないのです。

たとえば「犬」ということばを聞いて、あなたと僕とが思い浮かべる「イヌ」は別のものでしょう。それは、「犬」という言葉が意味するものが広い範囲のものをカバーしているからです。

じゃあその範囲ってどこまでって考えると、それはあいまいなイメージでしかないのです。範囲を確定しようとすると、「狼」でもなく「豚」でもなく「猫」でもなく「馬」でもなく…と、延々と「犬ではないもの」を消去していくことしかできません。

ことば一つ一つの意味にはこういう広がりがあるわけです。すると、ことば一つ一つには意味はなく、他のことばとの違い、つまり、【差異】によってしか意味をなさないということがわかると思います。これを裏返せば、「差異が意味をつくる」ということになります。



ソシュールの話が長くなりましたが、重要なのは最後の段落です。「差異が意味をつくる」という結論が出ていますが、「広告の形而上学」でも同じようなことが言われてないでしょうか。

広告は「形がない」ものです。「形のない」商品、つまり形而上的な商品です。それが商品として成り立つのはなぜなんだろうと考えると、他の広告があって、その広告と違いがあるから商品として成り立つわけですね。広告同士の差異が広告の価値を決めて、商品として売れるわけです。たくさんのあふれる広告の中では「差異が意味(価値)をつくっている」わけですね。



おわかりいただけたでしょうか。長くなりすみません。。。

すごい教材を使用されていますね。大学受験レベルなんじゃ。。。
もしかしてその文章の出典は『ヴェニスの商人の資本論』(岩井克人)でしょうか?

No,1の方の説明が正しいと思うのですが、もっともっと噛み砕いてみると。。。

まず「形而下学」は形あるもの、目に見えるものと解釈してください。それに対する「形而上学」は形のないもの、目には見えないものということになりますね。人間の視点や物理的なもの(形而下学)に対する神の視点や精神的なものが「形而上学」と考えることができると思います。
...続きを読む


人気Q&Aランキング