出産前後の痔にはご注意!

当方、物理系の学生をやっております。ある問題を考える際に、ルベーグ積分を計算できるようにならねばならなくなったので、簡単な数学書を読みました。しかし、あまり演習は載っていなかったので、あまり具体的なイメージが浮かびません。そこで、私のような数学を専門としない学生が、ルベーグ積分の演習をやるために有用な、おすすめの演習書・本を教えて下さい。
お願いいたします。

A 回答 (1件)

「ルベーグ積分入門 --使うための理論と演習」吉田伸生著はどうでしたか?


比較的、実用的な計算を中心としているようですが。
これと、「ルベーグ積分入門」伊藤清三著の後半の演習を併用してみてはいかがでしょうか?
初学者用入門ならば、「ルベグ積分入門」吉田洋一著(ちくま学芸文庫で再刊されています)などがわかりやすいようです。(ただし、演習はほとんど無い)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難う御座います。
なるほど、ご紹介して下さった本を中心に調べてみます。
改めて、有難う御座いました。

お礼日時:2016/04/27 11:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング