弁護士の仕事について

知りあいから聞いたんですけど、弁護士1人の方が1つの案件で複数の依頼人がお願いしている場合、1人で引き受けてもいいのでしょうか。私の勘違いだったら申し訳ないのですが、1人の依頼人に1人の弁護士がつくのかと思っていたので。
知りあいもだいぶ、悩んでる事があるみたいで少しでも何らかの形で力になれたらと思って質問しました。
法律に関して、全くわからないのと知りあいからの話を聞いたので、うまく質問できなくてすみません。回答を宜しくお願いします。
それと、先にタイトルだけ入れて、投稿してしまいました。すみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

この主要に答えている人は、明らかに言ってることがおかしい。

質問者の話を聴いてると、利益相反の話をしているようだけど(又聞きだから実際そうなのかはわからない)それを無視して相手を侮辱する好意に専心している。
回答者が専門家とは限らないのだから、もういちど質問しなおしたらどうだろう。たぶん司法試験くずれだろう。
あるいは、教えてグーではプロに相談できるコーナーがあったでしょう。その人を呼び出せばいいんじゃないの。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。
知人もかなり悩んでいるので、私としては少しでも力になってあげられたらと思って、質問をしたのですが、聞いた話を私も解釈しきれてないみたいで、読んでいただいてる方々に伝わりにくいのかと思いました。
もう少し、知人から話をしっかり聞いてまた、質問をさせていただきます。
ご心配していただき、すみません。

お礼日時:2016/05/03 19:04

>法律の世界だからこそ、平等・公平かつ情を抜きにして仕事をこなすのだと思いました。


基本的なところで勘違いしているというか・・・
裁判官は、予断を交えず法廷で提示された証拠を調べ、淡々と判断を下すのがお仕事。
裁判官にできるのは、目の前にある証拠を「平等・公平」に審査することで、証拠の審査に情を交えることはあってはならない(「実際にあったこと」でも、法廷に証拠を提示できないと”(法廷における)事実”として認定されない)。
弁護士は、依頼人の利益のために尽くすのがお仕事。相手側弁護士に「平等・公平」を求めるのは筋違いもいいところ。

>とても難しく複雑な世界だと思いました。
勘違いが修正できれば、ある程度のところは見えてくると思うんだが・・・
>知人はちょっと、納得いかない感じでしたが、素人なので仕方ないとの事でした。
高い授業料だったと思うけど「裁判で勝とうと思うなら、素人を言い訳にするな。」という教訓を得たということで・・・
    • good
    • 0

質問者様もお知り合いの方も、弁護士の仕事云々以前に「訴訟」そのものの理解が足りないようで・・・


>まずは1人対5人で裁判をして、こちらはキリがついたそうです。
これで、当初の案件は無事に解決して、弁護士は十分なお仕事を済ませています。

>5人の中に、かなり欲をかいて財産を取りたがっている人がいて、今度は5人の中で揉めたそうです。
案件の解決後に5人の間で別の揉め事が発生しただけ。
>財産をもらえる人対もらえない人で明らかに真っ向から反対の人間を同じ弁護士が引き受ける事はあり得ないですよね。
どの辺があり得ないの?
訴訟を起こすとき、一番事情を知っている弁護士に”先手必勝”で依頼する方が普通の人の発想だと思うけど・・・

>判決に納得いかない知人は弁護士に話をしたのですが、結論が下ってから他の弁護士を雇えば良かったのに…と言われたそうです。
これも当たり前というか・・・というより、訴訟の相手側代理人(弁護士)に何を期待していたんだろうか?
相手が弁護士を立てたのなら、こちらも別の弁護士に依頼するのが普通で、敵(訴訟の相手方)に有利になるようなアドバイス(そんなことをしたら弁護士職務基本規程違反に問われ、懲罰を受けかねない)を期待する方がどうかしているとしか・・・

>財産云々より弁護士の行動と態度に許せないと言っていました。
「依頼人の利益を最大限に考える」という訴訟代理人としての責務を果たしただけとしか思えませんが・・・
傷口に塩を塗り込むような話になるけど、法律行為(訴訟)に無知(知らなかった、分からなかった)は通用しない。
「許すべきでない」のは、訴訟を甘く見たご自身ではないか と。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、回答ありがとうございます。いただいたアドバイスを話しておきました。
私は第三者の立場で、知人から話を聞いて代わりに質問をしましたが、とても難しく複雑な世界だと思いました。法律の世界だからこそ、平等・公平かつ情を抜きにして仕事をこなすのだと思いました。
知人はちょっと、納得いかない感じでしたが、素人なので仕方ないとの事でした。
色々とありがとうございました。

お礼日時:2016/05/02 21:09

>弁護士1人の方が1つの案件で複数の依頼人がお願いしている場合、1人で引き受けてもいいのでしょうか。


どこかに依頼人の人数を制限する規定がありましたか?
ザッと見た限り、被告・原告双方の依頼を受ける”利益相反行為”など、依頼人の利益に反する行為などをの「職務を行えない事件」の規程はあるけど、依頼人の人数を制限するという規程、弁護士法、弁護士職務基本規程には見当たらないけど・・・


訴訟の利益が一致する複数の原告が1人の代理人(弁護士)を立てて訴訟行為を行うことも珍しくない(特殊詐欺などの代理人弁護士が、被害者を集めて集団訴訟に持ち込むコトもある)し、1人の原告(被告)が複数の代理人を立てる(弁護団)ことも珍しくないけど・・・
>1人の依頼人に1人の弁護士がつくのかと思っていたので。
何を根拠に、どこから来た勘違いなのか???

同一の被告を相手にした同様の請求の訴訟であっても、それぞれの事情に大きな違いがあれば「別の案件」になるから、一人の弁護士に依頼することで業務が煩雑になり、訴訟手続きに支障が生じるようであれば、「受任すべきではない」となるけど、”職業倫理”的な問題で、「受任してはいけない(法令・規程違反)」とは別問題だからねぇ・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくお返事ありがとうございます。
知人にメールの内容を伝えたのですが、今一つ理解出来ないみたいで、もう少し詳細を聞いてみました。
弁護士の依頼をしたのは相続で、かなりの財産と相続人が居て、よくありがちな相続争いみたいです。
相続人内で分配争いが起き、まずは1人対5人で裁判をして、こちらはキリがついたそうです。本来なら、ここで人数割をしてキッチリ分ければ終わる事かと思いますが、終わらなかったそうです。
5人の中に、かなり欲をかいて財産を取りたがっている人がいて、今度は5人の中で揉めたそうです。

この知人にももらい分はありますが、一番欲をかいてる人にかなり嫌われてて、知人のもらい分まで取り上げて欲をかいてる人に都合のいいように分割をしたみたいです。その際に、最初は同じ弁護士を使って1人の人と争っていたから、問題はなかったけど、今度は知人のもらい分を取りあげたのにも関わらず、同じ弁護士で裁判を行ったというのはおかしいのでは?と思ったみたいです。
5人の中で知人だけ、財産を取られる形になって、他の4人は財産を取った形になるのです。
それを同じ弁護士1人で裁判手続きをするのはおかしいですよね。
要は、財産をもらえる人対もらえない人で明らかに真っ向から反対の人間を同じ弁護士が引き受ける事はあり得ないですよね。
知人は別の弁護士を雇って4人を相手に係争すればいいと思っていたのですが、担当弁護士は何を思ったのか、弁護士報酬が減ってしまうからか、別の弁護士を雇う旨を伝えなかったそうです。

裁判は結審してしまい、判決に納得いかない知人は弁護士に話をしたのですが、結論が下ってから他の弁護士を雇えば良かったのに…と言われたそうです。
知人は、法律で決まった事には従わなくてはいけないからと諦めというか、泣き寝入りに近い状況になっていますが、弁護士の態度と行動に納得がいってないようです。
それに、1番欲をかいてる人間は普通一般の素人さんではなく、行政書士の資格を持ってる人でそこそこ法律がわかっているから、弁護士とやり取りをしてこの人間に都合のいいように進めてしまったのではないか…とも知人が言ってました。

知人は、財産云々より弁護士の行動と態度に許せないと言っていました。それで今回、私が知人の代わりに私が質問をしたのです。
だいぶ回答メールが長くなり、申し訳ございません。

お礼日時:2016/05/02 12:26

弁護士法25条の制約があります。



ある事務所の記載・・・自分とこことに特段の関係はありません。検索で見つけただけです。
http://www.katayama-lawoffice.com/pc/free13.html

類似の質問
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/4564921.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそく回答、ありがとうございました。知人に話をしてサイトを開いて読んだのですが、内容が難しいのであまり理解出来てなかったみたいです。法律の世界は素人には解釈出来ないと今回、知人の代わりに質問してわかりました。

お礼日時:2016/05/02 21:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抱えている案件数200件 スーパー弁護士?

この前、ある弁護士のドキュメンタリー番組を見ていたら、
現在抱えている案件が200件ある、
と言っていました。
200件、すごい数です。
普通のサラリーマンはそんなに多くの仕事を同時進行出来ません。
(担当顧客数200件、というのは普通の営業マンでも珍しくないが、案件数、とは意味が違いますからね)
これはいったいどういうことなのでしょうか。
普通の弁護士でもだいたいこんな案件数なのでしょうか?

それともなにかとくべつな数え方をするんでしょうか?
一年前にかかってきた電話一本も、見込み案件、として、カウントする、とか。

詳しい方、おねがいします。

Aベストアンサー

 債務整理事件や過払い金返還請求事件に限って言えば,全然珍しいことではありません。
 依頼を受けてから,各業者に取引経過の開示請求を出し,その回答が戻ってくるまでに数ヶ月かかり,自己破産であれば申立てに必要な書類を揃えるのにまた時間がかかり,裁判所の手続きに行って,結果が出るまでさらに数ヶ月かかるというような仕事の仕方になりますので,100件以上抱えていても特に忙しいというわけでもありませんし,そのくらいは仕事を抱えていないと採算が取れません。営業マンの担当顧客数とも,そんなに意味が違うわけではありません。
 一方,通常の民事事件や刑事事件になると,一人で抱えられる案件数は少なくなり,事件の種類等にもよりますが概ね50~60件が限度になるでしょうか。刑事事件は報酬が安い上に,特に裁判員対象事件は準備も大変だし連日裁判所に呼び出され他の仕事もできなくなるので,それなりに事務所を運営できている弁護士は受任を嫌がる傾向にあります。

Q弁護士ドットコムは、弁護士に回答してもらうと、費用は発生しますか。 また、弁護士ドットコムに登録する

弁護士ドットコムは、弁護士に回答してもらうと、費用は発生しますか。
また、弁護士ドットコムに登録すると、費用は発生しますか。

Aベストアンサー

私も以前同サイトにて法律相談をしたことがあります。メールでのやり取りでの相談は、すべて無料ですから安心して下さい。

Q1.弁護士資格を取れば、司法書士・行政書士・弁理士の仕事を(登録などで

1.弁護士資格を取れば、司法書士・行政書士・弁理士の仕事を(登録などで)出来る。 他に出来る国家資格の仕事ありますか?

2.公認会計士の資格を取れば、税理士・行政書士の仕事を(登録などで)出来る。 他に出来る国家資格の仕事ありますか?

3.社会保険労務士と宅地建物取引主任者は何か上位資格取れば出来るんですか? それともこの二つはそれぞれの資格のみ?

4.司法書士を取ったら他に出来る国家資格の業務はありますか?

5.同じく、行政書士・弁理士・税理士は?

Aベストアンサー

(1)弁護士(司法修習修了)資格であれば「税理士」「社労士」登録も
出来ます。また、海事保佐人になることもできます。さらに「海事代
理士」業務をすることができます。
(2)公認会計士を取得、または科目合格していれば「不動産鑑定士」の
該当科目の受験免除申請が出来ます。
(3)司法書士、行政書士を取得し、「登録まで」していれば「弁理士」
試験の「論文式筆記試験の選択科目」の受験免除申請ができます。
(4)公認会計士は業務に付随する司法書士・社会保険労務士の業務の一
部をすることができます。
(5)弁理士、税理士も「行政書士」登録ができます。

あと、よく勘違いされることですが「司法書士」を取得しても「行政
書士」登録はできません。「行政書士」登録できる他の士業は「弁護
士、弁理士、公認会計士、税理士」だけです。また「弁護士」を取得
しても「司法書士」「海事代理士」の「業務」はできても「登録」ま
ではできません。
最後に「宅建」には、現状では上位(包含する)資格はありません。
但し、一定の実務経験があれば、講習を受け、本試験で5問免除申請を
することができますよ。

(1)弁護士(司法修習修了)資格であれば「税理士」「社労士」登録も
出来ます。また、海事保佐人になることもできます。さらに「海事代
理士」業務をすることができます。
(2)公認会計士を取得、または科目合格していれば「不動産鑑定士」の
該当科目の受験免除申請が出来ます。
(3)司法書士、行政書士を取得し、「登録まで」していれば「弁理士」
試験の「論文式筆記試験の選択科目」の受験免除申請ができます。
(4)公認会計士は業務に付随する司法書士・社会保険労務士の業務の一
部をすることができま...続きを読む

Q弁護士を取って税理士や司法書士をやる人はいるのでしょうか? 弁護士はやはり訴訟関係が多くなるのでしょ

弁護士を取って税理士や司法書士をやる人はいるのでしょうか?

弁護士はやはり訴訟関係が多くなるのでしょうか?

Aベストアンサー

弁護士を取って税理士や司法書士をやる人はいるのでしょうか?
   ↑
あまりいませんね。
弁護士の資格があれば、税理士や司法書士の
仕事をやることは出来ますが、
弁護士の資格だけをとっても、税務などは、
特別の勉強をしないと、判りません。

だから、責任感の強い弁護士は、税理士を
やらないことが多いです。



弁護士はやはり訴訟関係が多くなるのでしょうか?
    ↑
裁判を見据えての仕事が中心になりますが、
実際に裁判をやることは希です。
なるべくなら裁判などやらないように努めています。

裁判やると長引くので依頼者に不利になるし、
弁護士のコスパも悪いです。

Q弁護士、弁理士、司法書士...などの士業のバッジは登録しないともらえないのでしょうか?それとも、試験

弁護士、弁理士、司法書士...などの士業のバッジは登録しないともらえないのでしょうか?それとも、試験に合格した時点でもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

弁護士、司法書士は登録すれば受け取れます。

それぞれ、弁護士は日弁連、
司法書士は日司連からバッジが貸与されるもので、
登録を抹消する場合は返還しなければなりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報