人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

いつもお世話になっております。

菊芋を栽培、加工販売をしている者ですが先日、長く入院してしまい収穫時期を完全に逃してしまいました。

昨日、菊芋畑の草刈に行ったところ、菊芋は茎が20~30センチほど育ってしまいましたが、草を抜くと同時にその菊芋も抜けてしまって見てみたら10センチ以上の色も綺麗なマダ立派な菊芋でした。品質上落としたくないために出荷をする気はないのですが、気になったので質問させて下さい。

ある程度、芽が成長してしまった菊芋(茎が20~30センチぐらい)は芽・茎・根を落として食べても大丈夫でしょうか?

それと成分的にはどうなのでしょうか?

かなりの栽培量でもったいないのと思い自分で食べたり近所に配ろうと思いました。

菊芋に毒性はないと聞いておりますが、念のために聞いてみました。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

質問者の所在地が分かりませんので何とも答えようがないので、一般的な回答に留めます。

私は愛知県民ですので、この地域を基準にして栽培する場合には、もっと南だったり、またもっと北の場合は栽培時期が多少ずれますのでご注意ください。南の地方であれば、早めに植えつけられます。逆に北の地方であれば遅めになると思います。標高が高いと温度も低いのでその点もご注意くださいね。菊芋は4月~5月ごろに植え付ける野菜です。時期は上記した通り、ご自身の住んでいらっしゃる地域によって変えてください。ですが、私は去年栽培した菊芋をそのまま土の中で保存しておいて収穫するときに小さな芋を土に埋めてやってそのまんま、栽培する方法を取るので時期とかはあまり関係なく植えつけています
これでも、 菊芋は寒さに強いので土を厚めにかけておけば暖かい時期になると勝手に芽が出て十分に育てられます。
まあ、それでは育たない可能性もあるので正しくやりたい方はこの時期を守って植えつけましょうね。
菊芋は鮮度が落ち、乾燥してくるとしなびたように柔らかくなってきます。実が硬く締まったものを選びましょう。
食べるときはジャガイモと同じように、芽、根、葉をしっかり落として食べます。また毒性はありませんので安心して下さい。毒性のある芋は クワズイモ です。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ご回答頂き有り難うございます。所在地は静岡県です。

収穫の時期などは、私も販売している上経験者なので分かっているつもりです。

質問の趣旨は収穫時期を逃してしまい。ある程度、茎や葉が成長してしまった菊芋(遅く収穫してしまった菊芋)の芋の部分を食べても差し支えないのか?成分的にはどうなっているのかという事なのです。

かなりの量なので私も食べきれないからお世話になっているご近所に配ろうと思って質問させていただきました。

もしよろしければ、補足の回答をよろしくお願いします。

お礼日時:2016/05/04 14:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q菊芋の葉

菊芋の葉は食べられるのでしょうか?
食べられるとしたらどのように調理すればいいですか?
芋の部分の調理法は色々載っているのですが、葉のほうは見つけられません。困っています。教えてください。

Aベストアンサー

毒性から言うと葉には含まれておりませんので中毒等には至りません、安心なさってください。
可食部としての利用でしたら、春の若葉を利用されると良いでしょう、当然秋の地下茎(芋)もです。
若葉は4月から5月にかけてが採取時期です。
(花時期が9月から10月です)芋は11月ごろ掘り上げると良いでしょう。葉は茹でて炒め物などに利用できますが、さほど美味しい物ではありません。
ご参考までに。

Qネギの植え替え時期などについて

初心者です。
一昨年知人からいただいた普通の棒ネギ、植えっぱなしでずっと利用してきました。
植え替えた方がよいということなので、4月も間近となり、植え替えてみようか思っているところです。
植え替えの適期など、ネットで調べてみましたが、いろいろ出てはいるものの、もう一つはっきり分りません。
まだ、時々霜なども時々ありますので今頃植え替えても良いものかどうか、ちょっと心配しています。
そこで、次のについて教えていただけたら幸いです。

1 植え替えの適期
2 植え替えの方法(深さ、肥料の量や与え方など)
3 その他必要なこと。

などのついてよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネギが分けつしすぎて密集したので植え替えたいと言うことですね。
ネギは寒さにはめっぽう強い作物です。
私は去年の11月に播種した苗を2月の末に定植しました(関東地区)。
やはり同じく分けつしすぎたネギも、ばらばらにほぐして植えかえしました。
質問者様の地域も同じような気候と思われますが、今でも植え替えをして大丈夫ですよ。
密集したネギを丁寧にほぐし(土が落ちても大丈夫です)20cm間隔くらいで植えます。
30cmくらいの溝に、深さは根が隠れる程度です。
この時肥料はやりません。あらかじめ圃場が用意されているなら、追肥でよいでしょう。
この辺はNO1様の回答を参考にしてください。

Qジャガイモの後に植えて良い野菜は?

野菜作りを始めたばかりで分からないので教えて下さい。
今ジャガイモをちっさな畑で育ててます。収穫後、また何か野菜を作りたいのですが、どんな物なら育てて大丈夫でしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

何が良いかというよりは、何が悪いかを把握するべき問題だと思います。

質問者の場合は、連鎖障害を気にしている問題だと思いますが、
じゃがいもはナス科の植物ですが、同じナス科の植物を同じ所で育て続けると
連鎖障害が発生しやすいので、じゃがいも・ナス・トマトなどのナス科を避けて
キャベツ・大根などのアブラナ科の様な違う「科」に属する植物を植えると
連鎖障害を防ぐ事が可能になります。

ちなみに、ナス科以外の植物としては
イネ科=とうもろこしなど
豆科=えだまめなど
ユリ科=長ネギ・たまねぎ、などがあります。

いろいろな野菜を植えているのであれば、
毎回場所を変えてローテーションで育てる様に工夫してみましょう。

Qアブラムシ駆除に有効なもの?

我が家のベランダ菜園の、ししとうとピーマンにアブラムシが大量発生してしまいました(T-T)
特にししとうはものすごくついています。

ここで色々検索して、牛乳を吹きかけると、皮膚の弱いアブラムシは死んでしまう、と知り、試しにやってみました。
なるほど・・・確かに死にますね。
しかし量が半端じゃないので、死んだアブラムシを
爪楊枝ではじき落としたりして結構大変でした。
(水で流しても取れなかったので)

・・・牛乳で死ぬ、と言うことは、他の物でも効果はあるんでしょうか?
例えば、クエン酸水とか、酢を薄めた物をかけるとか、
ジュースとか・・・
それとも、牛乳自体にアブラムシに効く成分??でも
あるんでしょうか?
観葉植物も枯らしてしまう超初心者な私なので、まさか
アブラムシがわくとは思ってもいませんでした・・。
アブラムシ駆除について色々教えていただければありがたいです。

Aベストアンサー

絶対に農薬を使いたくないなら
クラフトテープがお勧めです。
ガムテープじゃなくて紙で出来ているテープです。
あれでぺたぺたやってください。
アブラムシやヨトウミシや尺取虫などなんでも取れます。
おまけに植物に与える影響はまったくありません。
テープもあまり強く押しつけない限り葉っぱなどにもくっつきません。
アブラムシだけ取れます。爪楊枝で落とす必要もないのでらくちんです。
私もこの方法で薔薇をアブラムシから守ってますよ。
うちの薔薇は完全無農薬です。
今は100円均一で安く手に入るのし毒性はまったくないので(あたりまえ)
近所に迷惑も掛かりません。
取ったアブラムシはそのままテープをはっつけてしまえば手も汚れません
一度お験しあれ!

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q菊芋が根元から折れました

今日朝台風7号の影響で菊芋が折れました。
何とか立て直して秋に収穫したいのですが
もう駄目でしょうか・・?

Aベストアンサー

折れたところに添木をしてしばらく様子を見てください。

Q枝豆のさやに実が入らないのです

知り合いの農家にいただいた枝豆です 品種はわかりません さやは普通の大きさですが豆は黒く小ぶりです

花は今月上旬に咲きました それから3週間になるのにさやがペタンコのままでふくらんできません

農家の同じ時期に蒔いたのはふっくらしはじめておりますのに がっかり×3です

ことしはあきらめて来年再挑戦になりそうです 
なにがまずいのでしょうか どうすればよかったのでしょうか  

元肥はやっておりません

Aベストアンサー

この品種は丹波黒だと思いますがそれを前提に回答します。
花が咲いたがさやがふくらまない。ここで考えられるのがカメムシによる被害です。さやをよく見てくださいカメムシにやられるとまめができるところが黒くなり豆がふくらんできません。農薬を散布するのが一番簡単ですが農薬を使いたくないなら花が咲き始めたら防虫ネットを掛ければカメムシに食害されません。種苗店やホームセンターに売っています。この時期がカメムシが一番多いときです。
もう一つ考えられるのがシスト線虫による被害です葉が青く元気なら問題ありませんが葉っぱが黄色くなり出したら一株を抜き取り根に小さなむしの卵のような
もの(1ミリ程度)がたくさんついていればシスト線虫の被害です
枝豆を連作したり他の豆科の野菜を作ると多く発生します。シスト線虫は土壌消毒をする以外あまり対策はありません。一部のイネ科植物を作ると被害が少なくなるという論文もありますが。 
枝豆は肥料分が少なくても実はなります。実の数は少なくなりますが、うちで枝豆を作る時は成分量で窒素分7キロリン酸15キロカリ8キロ程度を1反(300坪あたり)入れます。遅効性の有機配合肥料を使うといいと思います。初期に窒素肥料が多いと花が咲かなくなることがありますが花が咲いてから肥料が必要です。
丹波黒系の品種は日が短くならなければ花芽が分化しない性質がありますから夏至を過ぎてから播種してください。
もう少し待ってくださいカメムシにやられてなければふくらんでくると思います。即効性の尿素を少量追肥してみてください。丹波黒は枝豆でも大豆にして煮豆にしてもおいしいです。
他の方も回答していますが堆肥等の有機物入れ地力を作ります。枝豆は肥料で作るのではなく地力で作るものという言い伝えがあります。作物作り=土作りです。  

  

この品種は丹波黒だと思いますがそれを前提に回答します。
花が咲いたがさやがふくらまない。ここで考えられるのがカメムシによる被害です。さやをよく見てくださいカメムシにやられるとまめができるところが黒くなり豆がふくらんできません。農薬を散布するのが一番簡単ですが農薬を使いたくないなら花が咲き始めたら防虫ネットを掛ければカメムシに食害されません。種苗店やホームセンターに売っています。この時期がカメムシが一番多いときです。
もう一つ考えられるのがシスト線虫による被害です葉が青く元...続きを読む

Q肥料をまいて、どのくらい待てばいいのですか?

こんにちは
大抵の手引きには、苦土石灰・化成肥料・堆肥などを混和して、10日程度放置、とありますね。私は酸度をみながら苦土石灰・消石灰をやったりやらなかったりしてますので、「石灰類をやってない所はすぐ種まきや苗を植えてもいいんだろうか?」などと疑問がおこります。
あらためて、各資料類を土に混和してから、種まき・定植まで放置しておかなければいけない期間を教えてください。
1.消石灰
2.苦土石灰
3.化成肥料
4.有機肥料(化成のような粒々の市販品ですが有機100%のものです)
5.堆肥(雑草を乾燥、寸断、加水、積込みしておいた完熟のものです)
以上、それぞれ個別に種まきや定植するまでの待機日数を教えて下さい。
また、全種は一度に使いませんが肥料(化成か有機どちらか)と堆肥は必ず使い、石灰類は酸度により使用か不使用かです。
いままでは、一度にまいて耕起していましたが、組み合わせの良否もあるとおもいます。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず注意しなければならないのは消石灰とアンモニア態の肥料を一緒に散布するとアンモニアガスが発生して植害を起こす事がありますから同時の施肥は避けてください。最初に消石灰を入れて耕運して7日ほどしてから化成肥料や単肥を入れてください特に硫安は注意が必要です。堆肥と石灰を一緒に入れても差し支えありません。苦土石灰の場合は気にする必要はありません。化成肥料は効き始めるまでに7日ほどかかりますが入れてからすぐに植えても差し支えありません。有機肥料の場合有機質を配合した配合肥料か有機質を発酵させたぼかし肥かで使い方は違いますぼかし肥の場合はすぐに植えても差し支えありませんが配合肥料で特に油かすが多い場合は施肥後に発酵が始まりガスで土壌中の酸素が不足して活着が悪くなる事があります。配合肥料の場合は施肥後10日以上開けて耕運してから定植した方が間違いありません。

Q高くなりすぎた木を低くしたいのですが

まったくのど素人ですが、自分の家の庭木が高く伸びすぎてしまったため、それを低くしたいと思い、チェーンソーまで購入しました。
例えば、梅と金木犀は6mほどの高さになりましたが、それを3m程の高さにしたいと思います。

しかし、あまり短く切って後から全く伸びなくなっても困るので、切る箇所、切る時期等注意すべきことをアドバイスをいただければと思います。

木の種類は、梅、柿、金木犀、マキ、紫陽花、椿、冬椿、もみじなどです。

11月中にしたいと思うのですが、上記の全ての木を切るには時期的には大丈夫でしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 椿は花後に剪定します。うちは大体4月頃に行っています。今頃は既に蕾を持っていますので、来年咲かない事態になってしまします。花なんか咲かなくても結構というなら別ですが、一応花も楽しまれたらと思います。椿は素人でも簡単に剪定できます。チェーンソーはやった事がありませんが、強剪定可能ですので、刈り込みバサミでガツガツやっています。コツは上を止めることももちろんですが、中を透かすことです。中がギチギチになっていたら、カイガラムシなんかが発生する元になりますし、チャドクガも湧きやすくなります。
http://yasashi.info/tu_00001g.htm
 金木犀も素人ですが、やりました。ただあまりガツガツやりすぎると来年花が咲かなくなります。適期は開花が終わった後ですので、今頃がちょうど良いかと思います。
http://yasashi.info/ki_00007g.htm
 ウメは以前あったんですが、抜いちゃったんで調べてみました。でも「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」といいますよね。↓に時期と方法が載ってます。
http://homepage3.nifty.com/jindaira/nousagyou/noen8a.htm
http://www.chiba-sentei.com/sentei/index.html
 柿は今たわわに実ってませんか?うちはちょうど一昨日収穫しました。柿は12月中旬ぐらいが適期のようです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~nyoshida/kaki/kakisagyo/ka_sentei_f.htm
 紅葉はうちの父親が盆栽でいい加減に育てていたので、植え替えするのを忘れた為に下に根っこを下ろしてしまって、家の間際にあるというとんでもなくいい加減な木があるんですが(^_^;)、洗濯物を干すのに邪魔なので伸びたらカットしてます(ないがしろ状態(^_^;))。ですので、特に素人でも出来るんじゃないかと思います。時期は10月~3月頃までです。
http://www.hanaippai.com/qa/answer.php?qaNo=1395
http://www15.plala.or.jp/sasayasu/sentei_kanri.htm
 マキ、アジサイは↓をご覧下さい。でもアジサイって冬は地上部が枯れませんか?特に剪定は必要ないと思うんですが。
http://takamiya.com/garden/plant/maki.html
http://www.yasashi.info/a_00010g.htm

 尚適期は関東にあわせています。東北や北海道などの寒い地域ならまた違ってきますので、お住まいの地域にある造園会社などに相談されるのが良いと思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。
 椿は花後に剪定します。うちは大体4月頃に行っています。今頃は既に蕾を持っていますので、来年咲かない事態になってしまします。花なんか咲かなくても結構というなら別ですが、一応花も楽しまれたらと思います。椿は素人でも簡単に剪定できます。チェーンソーはやった事がありませんが、強剪定可能ですので、刈り込みバサミでガツガツやっています。コツは上を止めることももちろんですが、中を透かすことです。中がギチギチになっていたら、カイガラムシなんかが発生する元になりますし、チ...続きを読む

Qゆずを種から栽培することができますか。

ゆずを種から栽培することができますか。
もしできれば、その方法を詳しく教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

柑橘類は加湿状態を好みませんので、周囲の地面より根鉢(根の塊部分)が出るくらいに浅く植え着け土を盛る事です。ただし、太く長い根が真下にも伸びるので植え穴は十分に耕すと良いでしょう(植木鉢の深鉢に播き成績の良い苗を2~3本に間引くと2~3年ほったらかしに出来ます。日が当たり雨が当たるところ、地域により冬の寒風、霜を避ける)
http://www.omasa.org/words/ta/takaue.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング