今一、ファラデー定数の使い方が分かりません。
これについて教えてください。

A 回答 (1件)

電子について、物理の分野の電気量(C)と


化学の分野の物質量(mol)を互いに変換するための定数です。

使い方はたとえば1Aの電流を10s流したときに
どれだけの物質を電気分解できるか?
といったときに使います。

単位を含めてF=9.65×10^4 C/molと覚えて、
左右で単位がそろうように式を作れば簡単に使えます。
たとえば上記の問題で流れた電子の物質量をx(mol)とすると

9.65×10^4(C/mol)=1(A)× 10(s)/x(mol)
となります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

な~るほど!!
ありがとうございます。どうぞポイントを受け取ってください。

お礼日時:2001/06/19 23:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気分解でファラデー定数を求める

化学で硫酸の電気分解の実験をしました。
10分間の電気分解で,1分目は水素,2分目は酸素の発生した体積と電流値を測定しました。

レポートで実験結果よりファラデー定数を求めなければなりません。
レポートの問題には「なお,気体の体積については測定した室温を用い,理想気体の状態方程式を使い,標準状態(0℃,1気圧)での体積に換算しておくこと。圧力は1気圧としてよい」と書いてありました。

理想気体の状態方程式はPV=nRTですが,この公式をどう使えば標準状態での体積に換算できるのかがよく分かりません。
また,標準状態での体積を求められたとしても,どうやって実験結果からファラデー定数を求めるのかも分かりません。

教えてください。

Aベストアンサー

標準状態とはここでは0℃1気圧のこと.
実際には20℃だかの室温,1気圧で体積を測った.発生した気体を冷やして0℃にしたらどれだけの体積になるはずか.
温度変化だけで圧力は変化せず,気体の物質量が変動しないのだから,n は一定値で変化していない.なので,n を求めるまでもなく,0℃での温度に換算できる → シャルルの法則
一般に気体の体積は温度圧力に依存するために,標準状態換算の体積で示されることは,STPm3 等の単位で広く使われている.STP とは standard temperature and pressure の略である.この条件で m3 で測ったら,という数値である.
ただし,この場合の数値の意味は,体積というより物質量の意味になる.22.4 STPm3 = 1 kmol.
でも,高校化学であれば,単に状態方程式を使う練習の意味であろう.
n はもちろん室温での温度,体積,圧力の実測値から計算してよい.
n がわかれば,電子が何 mol 使われたかがわかる.
ファラデー定数とは,電子が 1mol あったときにどれだけの電気量を示すかという数値の意味がある.電子1個なら電気素量,1mol なら,ということ.
あとは要するに比例関係を理解できるかという問題.

標準状態とはここでは0℃1気圧のこと.
実際には20℃だかの室温,1気圧で体積を測った.発生した気体を冷やして0℃にしたらどれだけの体積になるはずか.
温度変化だけで圧力は変化せず,気体の物質量が変動しないのだから,n は一定値で変化していない.なので,n を求めるまでもなく,0℃での温度に換算できる → シャルルの法則
一般に気体の体積は温度圧力に依存するために,標準状態換算の体積で示されることは,STPm3 等の単位で広く使われている.STP とは standard temperature and pressure の略である.こ...続きを読む

Q温度の違いによる平衡定数(電離定数)の調べ方

酢酸の平衡定数(電離定数)を調べているのですが、手元の資料には25℃のときのものしか書かれていません。

20℃と15℃のときの平衡定数は、何を調べ、あるいは、どう計算すれば分かるのでしょうか。

また、酢酸以外の平衡定数の調べ方も教えてください。

Aベストアンサー

平衡定数の温度依存性を表す式があって、van't Hoff式といいます。
K = exp[-DG/RT]
ln K = -DG/RT = -DH/RT + DS/R
この式からKの温度依存性を計算できるのですが・・・
見てのとおり、エンタルピー変化が分からないと計算できません。
ですから、実験的にはある温度の平衡定数と、電離のエンタルピー変化が必要です。
普通はこの式は逆に使います。つまり、いくつかの温度で平衡定数を求め、プロットすることで反応パラメーター(ギブスエネルギー変化など)を求めるのに使います。

Qファラデー定数について

水の電気分解により発生する酸素ガス発生量からファラデー定数を求めたいのですが、どのような式を用いればいいのか教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

ファラデー定数とは電子1molあたりの電気量です。
電気量 Q〔C〕と電子の物質量がわかれば求められます。
Q(c)=e-(mol)×F(C/mol)

電気量は電流かける時間(秒)で求められます。
Q(C)=I(A)×T(s)

酸素の発生は以下の式ですので、e-は酸素の物質量の4倍です。
2H2O  → O2 + 4H+ + 4e-
e-(mol)=O2(mol)×4
O2の物質量は気体の状態方程式などで求めてください。

Q平衡定数と圧平衡定数

平衡定数K=圧平衡定数Kp×RT^(反応物の係数の和ー生成物の係数の和)
ですよね。なのにこのとおりにやったらおかしくなる問題にあたりました。わからず困っています。

N2O4→2NO2で、容器の体積は0.061(L)です。この中で反応させます。
N2O4の解離度をαとして、はじめN2O4を0.002mol用意しておきます。
かい離後はN2O4が0.002(1-α)、NO2は0.004α[mol]ですので
まずKpを求めます。全圧を1.013×10^5(Pa)で

Kp={1.013×10^5×0.004α/0.002(1+α)}/{1.013×10^5×0.002(1-α)/0.002(1+α)}=4.052×10^5α^2/(1-α^2)

これは定義どおりなのでいいんですが、Kを求めたとき、

K=NO2の濃度の2乗/N2O4の濃度=(0.004α/0.061)/(0.002(1-α)/0.061)
=8a^2/61(1-α)

しかしKpをRT(温度と気体定数で割る)で割ってもKになりません。
1+αが気になります。
いったいどういうことなのでしょうか。
そもそもKpを初めて求めるときも、KとRTを用いて解こうとしたのですが上記のように合わないので答えが全部違いました。
どういうことなのか、私の勘違いをどなたか指摘してください。
お願いします。

平衡定数K=圧平衡定数Kp×RT^(反応物の係数の和ー生成物の係数の和)
ですよね。なのにこのとおりにやったらおかしくなる問題にあたりました。わからず困っています。

N2O4→2NO2で、容器の体積は0.061(L)です。この中で反応させます。
N2O4の解離度をαとして、はじめN2O4を0.002mol用意しておきます。
かい離後はN2O4が0.002(1-α)、NO2は0.004α[mol]ですので
まずKpを求めます。全圧を1.013×10^5(Pa)で

Kp={1.013×10^5×0.004α/0.002(1+α)}/{1.013×10^5×0.002(1-α)/0.002(1+α)}=4.052×10^5α^2/(1-α^2)

...続きを読む

Aベストアンサー

#2ですが、もちろんその通りです。
Kp/RT=Kcの関係式はPV=nRTの式を使って出た訳ですから。

Qファラデー定数についての計算の仕方がまったくわかりません!教えてください!

ファラデー定数についての計算の仕方がまったくわかりません!
教えてください!

ボルタ電池についての問題です。
原子量はCu=63.5 Zn=65.4 ファラデー定数は9.65×10^4C/mol

(1)Zn → Zn^2+ + 2e-
2H+ + 2e- → H2
がわかっています。

(2)豆電球を流れた電気量が20Cであったとすると、
それにともなう亜鉛版および銅版のそれぞれの質量変化は何ミリグラムか。
なお、理論上質量変化がない場合には「変化なし」と書け。

亜鉛版の質量の減少は
1/2×65.4×10^3×20/9.65×10^4=6.78(mg)
という解説があるのですが計算の仕方がまったくわかりません。

数字を分解して教えてください。
1/2←これはどこからでてきた数字なのでしょうか?

65.4←Cuの原子量


10^3←これはどこからでてきた数字なのでしょうか?

20/9.65×10^4←(F)

銅版は変化なし←なぜですか?

できるだけ詳しく説明いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

ファラデー定数についての計算の仕方がまったくわかりません!
教えてください!

ボルタ電池についての問題です。
原子量はCu=63.5 Zn=65.4 ファラデー定数は9.65×10^4C/mol

(1)Zn → Zn^2+ + 2e-
2H+ + 2e- → H2
がわかっています。

(2)豆電球を流れた電気量が20Cであったとすると、
それにともなう亜鉛版および銅版のそれぞれの質量変化は何ミリグラムか。
なお、理論上質量変化がない場合には「変化なし」と書け。

亜鉛版の質量の減少は
1/2×65.4×10^3×20/9.65×10^4=6.78(mg)
という解...続きを読む

Aベストアンサー

 20/9.65*10^4 で電気量(20C)をモル数に直しています。このモル数は電子のモル数であることに注意して下さい。
 これに亜鉛の式量65.4をかけると亜鉛の質量になりそうですが、亜鉛は二価なので亜鉛のモル数=電子のモル数/2になります。これが1/2の意味です。
 ここまでで求められる亜鉛の質量の単位はgなので、これをmgに直すために10^3をかけています。
 銅板の側では水素が発生するだけで固体の析出や溶解はないので質量変化はありません。

Q酢酸ナトリウムの電離定数(平衡定数)

塩の加水分解のとき、酢酸ナトリウムの電離定数(平衡定数)が必要になったのですが、酢酸ナトリウムの電離定数は酢酸の電離定数と同じとして計算していいのでしょうか。

Aベストアンサー

電離定数(平衡定数)でよいかといわれると「はい」とは答えられませんね。
その、「電離定数」とやらの意味が曖昧すぎるからです。
酸解離定数(または酸性度定数)Kaでよいかと問われれば、答は「はい」ですが。
もちろん、Na+(あるいはNaOH)が、その式の中のH3O+(あるいはH+)に影響を及ぼしますが。

Q電流密度とファラデー定数について教えてください

問1、電流密度 3Adm-2は何Am-2になるでしょうか?
問2、Faradey定数 96485Cmol-2は何A・smol-2になるでしょうか?

Aベストアンサー

(1)
dmは0.1mなので、dm^2は0.01m^2です。よって
3A/dm^2=300A/m^2

(2)
ファラデー定数の単位、間違ってませんか?
1C(クーロン)は1A・secなので、
96485C/mol=95485A・sec/mol

Q平衡定数と速度定数で困っています

ある平衡反応において、平衡定数をK、正反応(左辺から右辺)の速度定数をk1、逆反応(右辺から左辺)の速度定数をk2とおきます。
ここで、平衡状態の時K=k1/k2が成り立つそうなのですが、理由がイマイチわかりません。
どなたかこのバカに理由をご教授ください。お願いします。

Aベストアンサー

A+B→C+D:R=k1[A][B]
C+D→A+B:R'=k2[C][D]
A+B=C+D:K=[C][D]/{[A][B]}=(R'/k2)/(R/k1)
平衡反応では、→と←の反応速度が等しく、R=R'
∴ K=(R'/k2)/(R/k1)=k1/k2

Q化学 アボガドロ数

アボガドロ数とアボガドロ定数の違いってなんですか?

Aベストアンサー

以前はアボガドロ数(アボガドロすう、Avogadro's number)と呼ばれたが、1969年のIUPAC総会でアボガドロ定数に名称が変更された。

つまり同じ。

Qファラデーの法則

についてなんですが電極で変化する物質量が流れた電気量に比例するのは分かります。
しかし電気分解をすると時間がるえるにしたがって析出量が比例するというのがいまいちピンと着ませんどうか良い理解法を御伝授ください。

Aベストアンサー

電流が同じであれば、流れた電気量は時間に比例する。

物質量は電気量に比例する。

析出する物質が同じであれば、その析出量は物質量に比例する。

ということは「析出量」は「物質量」に比例し、
それは「電気量」に比例し、
さらにそれは「電気を流した時間」に比例するということになりますよね。

結局、「析出量」は「電気を流した時間」に比例するということになりますよね。


・・まだ、納得できませんか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報