関東地方在住の私ですが、幼い頃からの夢は、クマゼミをたくさん採りたい!なのです...

関東地方では、その迫力のある鳴き声を聞くことはできません。

夏の甲子園(午前中)のテレビ中継で、たまに聴こえてくることが有ります。

そこで、今年は是非採りたいと思っています。

関東近県(静岡県など)でたくさん鳴いている場所、あまり人がいなくて、
いい大人が少年になって、思う存分セミ取りができる場所を、教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

クマゼミは人工的な環境下でも繁殖するみたいで、西の地方では特に田舎に行かなくても公園等で見かけるようです。


よく、夏にゴルフのテレビ中継を見ていると、クマゼミのうるさいくらいの鳴き声が入りませんか?
ゴルフ場の林に行けばきっと沢山いると思います。
(思う存分取らせてくれるかどうかはわかりませんが)
    • good
    • 0

十年以上前のことなので、どっちだか忘れてしまいましたが、伊豆大島か、新島あたりでたくさん鳴いていましたよ。

そこで、「落ちてる死骸」を拾って、昆虫採集のフリをして夏休みの宿題として出した記憶があります。(^^;
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクマゼミ。

トイレで見た事がないセミが死にかかっていました。身体の大きさは、アブラゼミと同等、羽根は透明で、『成虫になり損ねたのか』と思っていました。フッと考えて思い返すとアブラゼミは今年も見た事があります。正直鳴き声は忘れましたが、最近はクマゼミの進出が著しく(近畿、滋賀県大津市内)、当方らの地域でも増えているようです。あのクマゼミの鳴き声のおかげで、他のセミの鳴き声を忘れた訳ですが、先程のトイレで見たセミはクマゼミでは無かったのかと言う事です。検索しますと身体の色は真っ黒ですが、実際はアブラゼミに近く、少しコゲ茶色ですが、これはクマゼミなのでしょうか?やはりアブラゼミが成虫になる際、はじめは乳白色の羽根が、一時透明になる時に、トイレに落ちて死にかけて、羽根の色が、そのままなのでしょうか?だんだんクマゼミに思えてきました。この辺りは、昔子供の頃は、アブラゼミとニイニイゼミばかりでして、生きたクマゼミを見た事がありません。

Aベストアンサー

こちらはクマゼミもアブラゼミも普通にいるので子供の頃は沢山つかまえたものです。
クマゼミはアブラゼミに比べて一回り大きく幅も広いので見た目はかなり違いますよ。
デカイと感じたのならクマゼミでしょう。

Qセミの鳴き声がしません

お願いします。東京都西東京市に住んでいます。例年この時期うるさいほどセミの鳴き声がするのですが今年はほとんど聞きません。なぜでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

雨が降らないからだそうです。
雨が降らないから土が硬くなり蝉が出てこられないからだそうです。

Q[神戸です] 今年はクマゼミよりアブラゼミのほうが多いような気がします。なぜ?

神戸に住んでいます。
今までは
関東はアブラゼミ、関西はクマゼミ
に占拠されていると思っていました。

実際、僕がセミ採り少年だった頃はクマゼミしか捕まえられませんでしたし、
アブラゼミを捕ったときはそれはもう宝のようでした。
死骸でもうれしかったものです。

ところが、今年はクマゼミに比べてアブラゼミが多い気がします。
素手でも余裕で捕まえられるくらいです。
去年は圧倒的にクマゼミのほうが多かったと思うのですが。
それと、今年はセミ自体の数が極端に少ない気がします。
去年と比べると全く鳴いていないに等しいくらいに。
そういえば、今年はニイニイゼミもよく見かけるかな?

温暖化が原因なのか?
地域で密かに駆除でも行われているのか?
また、神戸以外でもこのような現象は起こっているのでしょうか?
なにかご存じの方おられたらご回答お願いします。
感想・憶測など、ささいなことで結構です。

Aベストアンサー

九州在住です。以前は関東に住んでいました。
関東ではクマゼミの声を聞くことは殆どなかったのですが、九州にきたらクマゼミの声だらけでびっくりでした。
全体的な音はクマゼミばかりなのですが、実際に見かけるセミは死骸も含めてアブラゼミが多いです。何ででしょうかね?

Qセミの鳴き声はなぜ種類によって違うのでしょうか?

セミは種類によって鳴き声・鳴く時間帯等が異なります。
http://www.echizenya.co.jp/mini/colum/cicada.html

どのように鳴く(音をたてる)のか、というと
「発音器は腹部にある発振膜と鳴筋と共鳴室からなる」
http://www.tokorozawa-stm.ed.jp/d_base/nakumusi2001/naku2/02.htm
ということです。

セミは見た目、そんなに体の構造は違わないような気がしますが、
なぜ種類によってここまで鳴き声が異なるのか、非常に気になります!
特に、アブラゼミに比べてヒグラシとかツクツクボウシは
全く異なる音のように感じます。

ちなみに鳴く虫として代表的なスズムシはコオロギ科で、
(セミはカメムシ科)羽の振動により音を出すものなので
セミとは基本的に違うと思いました。

なにかご存知の方、いらっしゃいましたら是非教えて下さい!
虫に詳しい方、ご意見お聞かせ下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

確実に同種のメスを呼ぶためです。ツクツクボウシ属やクマゼミ属のセミは近縁種でも驚くほど鳴き声が違っていますが、たとえばエゾゼミ属のセミは近縁種どうし互いによく似た鳴き声です。しかし人間の耳には似たように聞こえても(慣れれば違いがわかるにしても)、セミにははっきりと違いがわかるのです。いずれにせよ結局「楽器」が似ていてもプログラムされている歌が異り、メスを確実に呼び寄せるようになっているのです。

ちなみに、メスは鳴きません(発音器がありません)。また、周期ゼミで見られるようにメスが翅を開けたり閉じたりして音を出す行動は国内の種では全く確認されません。

Qクマゼミ。

今日クマゼミの鳴き声を聞きました。
クマゼミっていつ頃から東京近郊で確認されたんですかね。
夏に見られるということは、幼虫で冬を越してるということですから、
完全に東京はクマゼミの生息域になったということですよね。
僕が子供の頃クマゼミは超レアゼミでしたね。
しずおかとかそれ以西までいかないと見られませんからね。
やっぱり温暖化は本当なんですね。
考えてみれば僕はここ何年か、革ジャンとかダウンジャケットとか着てません。
全く寒くないから。
温暖化は陰謀だという説を唱えている科学者の方も居るようですけど、
こういう現実を見るとやっぱり説得力に乏しいですよね。
ゲリラ豪雨なんかもその一例みたいだし。
質問は、
クマゼミがどの地域まで生息してるかです。
埼玉とか群馬あたりでも居ますか。栃木とか。

Aベストアンサー

> クマゼミがどの地域まで生息してるかです。
> 埼玉とか群馬あたりでも居ますか。栃木とか。

関東の北辺りまでなので、群馬栃木辺りにもいるようです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0809/03/news074.html
1990年ころから北上が始ったといわれています。


> やっぱり温暖化は本当なんですね。
> 温暖化は陰謀だという説を唱えている科学者の方も居るようですけど、

大体ですが、気象庁の統計によれば過去30年間で平均気温が1度くらい上がっているようです。
ただ、これがどういった問題なのか、という点では評価が分かれると思います。
例えば、人間の活動が原因なのか自然に起こるものなのか、どの程度の影響があるのかといった点です。


特に海面水位が上昇するという主張は全く根拠がありません。ツバルが浸水している画像がありますが、単に沈み込んでいるだけです。日本の海岸線で海面は上昇していないでしょう?

Q関東 セミ健在

今日、久々にクマゼミが鳴きました。他にも、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミまで。残念ながらヒグラシだけは聴けませんでしたが、9月10日を過ぎてこの5種は正直凄い。

貴方のお住まいの地域ではどうですか?

Aベストアンサー

関東ですが、さすがに少ないクマゼミ、早く出るニイニイゼミはもう聴けませんが、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、もう少ないヒグラシをきょう9月12日に聴きました。

Qクマゼミについて、60年以上前の千葉の海岸線で、

クマゼミは西日本に多く、関東ではアブラゼミとミンミンゼミが多くいます。
温暖化の影響で、クマゼミが北上しているといわれていますが、
私は、子どものころクマゼミを見聞きした記憶があります。
けして多いわけではありませんが、シャーシャーシャーと鳴けば、クマゼミだと理解していました。
今は環境の変化で、聞くことがありませんが、昔は少なからず生息していました。
という認識を共有できる方はいませんか。
半世紀以上前に千葉市の海岸線または房総半島の海岸線に住んでいて、クマゼミの声を聴いたという方はいませんか。
昆虫採集をしたかたはいませんか。

Aベストアンサー

約50年位前クマゼミの鳴き声を聞いた記憶が鮮明に残っています
・・少年団でキャンプに行き、山歩きの途中です
そのとき、実際に見たわけではありませんが
みんなで「クマゼミだ」さわいだ光景です
場所は神奈川の津久井湖周辺です

Q動物の死骸は見かけないのにセミの死骸はたくさん見かけるのは何故?

昆虫や動物って意外と死体や死骸を見かけないですよね、これについては過去ログで同じ疑問をもたれた方が数人いました。

でれも結論は出てないようでした

説1:死期を予期して人目につかない場所で息絶える

でも都心などでは人目につかないところなんてある?

説2:カラスなどの動物の死骸の掃除屋がいる

自然のおきてで死んだら食べられるのはわかりますが
じぁカラスの死骸は誰が食べてるの?

説3:バクテリアなどの微生物が土にかえす

いくらなんでも数分で土にかえらないだろうから
その前に見つかりそうだけど
都心で土が無かったら?

と動物の死骸を見かけないのも謎ですがそのわりに
セミの死骸は沢山見かけます、
あれだけ沢山いるゴキブリも死骸はあまり見ないのに
セミだけ何故?

セミは死期を予感できないから?
セミを食べる動物がいないから?(ネコや犬は食べるみたいですが)

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

寿命や生息数との関係もあるのかもしれませんね。
セミは寿命が1週間程度ですし、大きな虫なので、比較的
死骸をが人目に付きやすい・他者に食べられにくいでしょうし、カラスや雀とは、同じ期間に死亡している個体数自体が全く違うのではないでしょうか。

小鳥などになってくると、死期が近い=体調が悪い個体は
あまり動き回らず、薄暗い所や物陰を好み、じっとして
います。その場で死亡しても、あまり人目につくことはなさそうですし、天敵は死ぬまで待ってくれるとは限りません。死体となる前に、補食されることも多いのではないでしょうか。

死体を食べる動物としては、カラスの他にも、イタチなどの小動物・都会では、ネズミが沢山いると思います。

Q高校英語の科目はどう再編すべきだと思いますか。

私案を次に示します。
英語I(4単位,必履修)
英語II(5単位,選択必修)オーラル・コミュニケーション,英語読解及び英語作文の基礎的な内容で構成
オーラル・コミュニケーション(3単位,選択必修)演説,討論なども扱う
英語読解(4単位,選択必修)いろいろな英語で書かれた文章の読解
英語作文(4単位,選択必修)手紙なども含む
※英語I+英語IIで英語A(9単位)に相当
※英語I+オーラル・コミュニケーション+英語読解+英語作文で英語B(15単位)に相当

Aベストアンサー

英語は、優秀な外人にレッスンビデオを作成してもらい、それをオーディオ・ビデオ環境の整った教室で生徒に見せるといいと思います。教師による質のかたよりもなくなります。外人は日本語しゃべれないし、文法も適当なので、ひつぜんてきにオーラルレッスンになるし。これが英語基礎編だとして、

応用編として会話クラスを別の専用教室(パーティションで区切って少人数制会話クラス)を外人講師中心でやる。

優秀な生徒のみ特別コース(多読やライティングなど様々なコース)を作る。ここはバイリンガルレベルの外人、日本人講師の出番

とかどうでしょう。

Qセミについて(2)外国のセミ

カリフォルニアから来たアメリカ人の友人は、セミという生物を知らないようなのです。曰く、あのnoiseは鳥の鳴き声か?と。昔、図鑑でアメリカには17年ゼミというのがいるやのように読んだ記憶があるのですが・・・希少な種なんでしょうか?あるいは加州のような乾燥地域にはいないのでしょうか?世界的にはセミという昆虫は珍しい虫なのでしょうか?

Aベストアンサー

北米のセミは周期ゼミなので、17年(南部では13年)に一度集団羽化し大発生しますが、続く16年(南部では12年)はセミがいないということになります。日本のように毎年成虫が発生しないのが大きな違いです。したがって、アメリカ人がゼミになじみがないのもいたしかたないのでしょう。
また、日本には30種を越えるセミがいますが、ヨーロッパでは南欧に数種類が分布するだけのようです。世界的にみたら、日本はセミが多い国なのかもしれません。
中途半端な回答ですが、こんなところで。


人気Q&Aランキング