プロが教えるわが家の防犯対策術!

この問題が分かりませんお願いします

「終端速度」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。

ちょっと補足。

(3)(4)の式で、「 exp[ ] 」と書いたのは、「 e の [ ] 乗」の意味です。

exp[ -At ] = e^( -At )
( ^ は「べき乗」を表わす)

ということです。

テキスト文字だけでできるだけ正確に伝わるようにそう書いています。

蛇足ながら、ご質問のような問題は、よく「大気中を、上空から落下する雨滴の速度」の問題として出題されます。
質量 m の雨滴は、重力 mg と、空気の抵抗 -kv (落下速度に比例する空気の抵抗力)を受けるので、運動方程式は
  mg - kv = m * dv/dt   (1)
になります。(No.1さんの回答はこれですね)

これだと、大気圏の下の方(地表面近く)では、雨滴の速さは終端速度(重力と空気抵抗が釣り合った状態)になって、上の(1)式で dv/dt = 0 となる
  mg - kv = 0
より、
  v = mg / k
になります。
    • good
    • 0

#1ですが、無重力状態というのを見逃してました。

mgは必要ありませんでしたね。私の回答は無視してください。
    • good
    • 0

微分を使っているので、物理としては大学の問題ですね?


 力学の基本です。
 ここで解を与えてしまうと、右上の選択肢にある「1~3」のどれにも当てはまらなくなってしまいます。せめて「2」と答えらあれるように、ちゃんと復習して理解してください。
 これが分からなければ、大学の力学、そして「工学」全般、さらにこの先にある「解析力学」や「量子力学」は絶望的ですから。

(1)運動方程式は、高校物理でも習います。
  F = ma
ここで、F:力(N)、m:質量(kg)、a:加速度(m/s^2) です。
 F という「力」が働くと、右辺のような「運動」が起こるということです。

 この問題では、「無重力状態」なので、重力加速度は働かず
  力:物体に働く粘性抵抗力:F = -kv
ですから、「運動」は
  -kv = ma
ということになります。この運動では加速度
  a = -kv/m    (A)
が発生することになります。
 加速度を a = dv/dt と書けば
  dv/dt = -kv/m    (B)
ということです。

(2)が先に出てくるのは、高校物理では「微積分」を使わないので、(3)で求められている「一般解」を求めることができないからでしょう。
 「終端速度」とは、時間が十分に経って「平衡状態に達したときの速度」ということです。そこでは「平衡状態」なので、もはや速度は変化しません。つまり「加速度はゼロ」なのです。
 つまり(A)または(B)の式で a = dv/dt = 0 ということです。

 従って
  -kv/m = 0
k ≠ 0 ですから、
  v = 0
ということになります。つまり「最終的には静止する」ということです。普通に想像したことと同じでしょう?
  
(3)一般解を求めるには、(B)の微分方程式を解く必要があります。
 この(B)の運動方程式は、「左辺:速度 v を微分したもの」の結果である右辺に、「vそのもの」があるので、「dv/dt = 定数」のような場合のように、単純に v を求めることはできません。

 高校レベルの積分の知識があれば、変数分離して
  dv/v = (-k/m)dt
を積分して
  ∫dv/v = ∫(-k/m)dt
より
  ∫dv/v = ln(v) + C1  ←lnは自然対数、C1は積分定数
  ∫(-k/m)dt = (-k/m)∫dt = (-k/m)t + C1  ←C1は積分定数
なので
  ln(v) = (-k/m)t + C3  ←C3は積分定数
となります。対数を定義通りに「指数」に変換すればC = exp(C3)として
  v = C * exp[ (-k/m)t ]      (D) 

 これが求める「一般解」です。
 時間の最初 t=0 のときが最大で、時間とともに「最初大きく減速し、だんだん減速の度合いが小さくなってくる」という変化です。
 あまり良い例が見つかりませんでしたが、下記リンク先の「第2図」の「コンデンサーの放電特性」(赤線、(4)式)のようなグラフになります。
http://www.jeea.or.jp/course/contents/01118/

(4)上で求めた(D)式で、初速度( t=0 のときの速度)を V0 とすれば
  C = V0
となって
  v = V0 * exp[ (-k/m)t ]   (E) 
となります。
    • good
    • 0

m(dv/dt) = mg - kv



この微分方程式を解いて、v(t)を求める。終端速度は、そのv(t)のt -> ∞としたときの極限値になる。あるいは、終端速度は一定になるという前提でやるのなら、終端速度に達した時点で加速度は0になるので、dv/dt=0としてvを求めてもいいんじゃなかろうか。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空気抵抗は落下する物体の速さに比例

高1です。
空気中を落下する物体は、速さvまたはvの2乗に比例する抵抗力を受ける、と参考書に書いてあったのですが、
どんなときに1乗で、どんなときに2乗になるのかが書かれていません。
なので、それを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

速度が小さい場合は、空気抵抗は速度の1乗に比例します。
ある以上の速度(空気などの周囲の物質の粘性で変化します)を越えると、2乗比例の式に近づきます。
よほどゆっくり出ないと、1乗比例とはなりませんが。このへんの一乗2乗はあくまで近似的な物で。流体力学的な式は、もっと複雑になります。

この辺をどうぞ。
http://www.higashi-h.tym.ed.jp/course/kadai15/matome/kuuki.htm

Q雨滴落下の終端速度の問題です。

雨滴落下の終端速度の問題です。

_________________________
d^2x/dt^2+adx/dt+bx=f(x) (a,bは定数)…(1)
dv/dt+bv/m=g(b.g.m.は定数)…(2)

非斉次の1階線形微分方程式(2)の一般解は、ひとつの特殊解(終端速度での等速直線運動を表す解)と非斉次項を0とおいた

dv/dt+bv/m=0

の一般解

v=Ce^-bt/m (Cは任意定数)の和 → d/dt(Ce^kt)=k(Ce^kt)を使った
v=mg/b+Ce^-bt/m
である。
_______________________________

というのが与えられて、
(1)t=0,初速度V=0
(2)t=0,初速度V=V0(>mg/b)

の場合を定系非斉次線型で解けという問題です。

問題の意味がよく分かってないので、問題になってないかもしれませんが、
この方法で雨滴の落下速度と終端速度を求めて頂きたいです。
できるだけ丁寧に書いて頂けると幸いです。おねがいします。

.

Aベストアンサー

こんばんは。

このご質問、(1)式が何故ここに書かれているのか判りませんが、、
(2)式の解は、説明されているように、
v=mg/b+Ce^(-bt/m)
ですね。これを原式に代入してみれば、成立していることが確かめられます。

で、Cは任意定数(積分定数)なんですが、
まさに、これを初期条件を持って定めなさい、というだけでしょう。

t=0→e^0=1なので、
(1)V=0の場合、C=-mg/b
(2)V=V0 の場合、C=V0-mg/b
これを、v=・・の式に代入するだけです。
これが、「落下速度の式」になります。

どちらの場合も、t→∞にては、Ce^(-bt/m)→0ですから、
v→mg/b となります。これが、終端速度です。


人気Q&Aランキング