小説のことです!

主人公は学生、論理的な思考でミステリー系の小説を探してます!
オススメあったら教えてください_(._.)_

質問者からの補足コメント

  • 女王はかえらない という小説が大好きです

      補足日時:2016/05/08 19:02

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

綾辻行人さんのミステリー読んだ事はありますか?


館シリーズを是非とも読んでいただきたい!
おすすめです!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!
あっ綾辻行人さんのは見たことないです。読んでみます!

お礼日時:2016/05/09 10:09

氷菓(アニメですが、ノベライズもあったと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます〜
氷菓はアニメで見ました!

お礼日時:2016/05/08 20:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗

「完全犯罪を考えるのは犯罪者とミステリー小説の小説家だけだ」

ミステリー小説で感心した完全犯罪の粗筋を教えてください。

本のタイトルを覚えてなくても良いです。

どういう完全犯罪で感動したのか教えてください。

Aベストアンサー

天藤真さんの「大誘拐」ですね。
どの完全犯罪話も最後は犯人が捕まりますが
この話では100億円を奪っておきながら犯人は捕まりません。
まさに「完全犯罪」。

Qオススメのミステリー小説、幻想小説

最近ミステリーにハマりました!
が、生憎このジャンルには疎いのです。(^^;;
宜しければ、皆様のオススメのミステリー小説を教えて下さい。
推理小説だけでなく、なんだかミステリーっぽい小説、ミステリーじゃないけどとにかくオススメな小説でも何でも大歓迎です。

あと、幻想小説も探しています。
こちらはあまり見つけないので、切実です。

↓ミステリー小説、幻想小説で私が好きな作品。
 以下の著者の、別の作品も勧めてくださってOKです。
有栖川有栖「マジックミラー」
加納朋子「コッペリア」
月への梯子「樋口有介」
皆川博子「蝶」
他にジャンルだと、ファンタジー、ヤングアダルト、児童書が好きです。
日本文学だと芥川龍之介、志賀直哉、宮沢賢治。ドイツ文学、ミヒャエル・エンデやヘルマン=ヘッセなども。
参考までに、私は女子大学生です。

Aベストアンサー

ミステリと幻想小説、と聞いて浮んだのが中井英夫です。
ミステリとしては「虚無への供物」が良いかと思いますが、「とらんぷ譚」は幻想小説としておススメですよ。

幻想小説で他におススメは内田百けん(けんは「門+月」)です。「冥途」や「東京日記」、面白いですよ。

Qミッション系女子高が舞台の ミステリーまたは、ホラー小説を探しています。

一部、ミッション系女子高が舞台の作品を読んで、もっとこういった作品が読みたくなりました。

できれば、ミステリー(ホラー)よりも人物が描けている作品で。
簡単なあらすじを書いていただけると助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「倒立する塔の殺人」(皆川博子・理論社ミステリーYA!)がおすすめです。戦時中のミッションスクールである女子高が舞台です。ミステリアスな雰囲気とお姉さまのような関係、そして悲しい事件、ミステリと少し幻想的な雰囲気もあり良作です。一応、児童文学の分類に入っていますが、こどもっぽいところはないので、大人でも十二分に楽しめると思います。
「青少年のための読書クラブ」(桜庭一樹・新潮社)ミッション系ですがこちらはけっこい現代なこともあり、あまり楚々とした感じはありません。でも楽しさは抜群です。どっちかといえばエンタテインメント系なミステリ。

Qオススメのミステリー小説について。

閲覧ありがとうございます。
最近、ミステリー小説を読むようになりました。
そこで日頃ミステリー小説を愛読していらっしゃる諸先輩方にオススメの小説をお聞ききしたく、質問しました。

 ↓読了済みの小説↓
・十角館の殺人<新装改訂版>
「例の一行」を読んだ瞬間、衝撃とニヤニヤが止まりませんでした(笑)ミステリー小説に興味を持つキッカケになった1冊。

・緋色の囁き
ホラー色の強い作品でしたが、とても面白かったです。似たような作品をもっと見てみたいです。

・暗闇の囁き
現在読んでいる途中です。

・イニシエーションラブ
私的には面白いと思いませんでした。仕掛けも理解しましたが、衝撃はありませんでした。

・クリスマスのフロスト
面白かったです。ただ、終わり方はあまり好きではありませんでした。(続編を読めって事かな・・・)

 ↓これから購入予定の小説↓

・館シリーズ

・囁きシリーズ

・厭魅の如き憑くもの&首無の如き憑くもの

・七回死んだ男

・私が殺した少女

・倒錯のロンド

・そして誰もいなくなった

・隻眼の少女

・葉桜の季節に君を想うということ

・向日葵の咲かない夏

・殺戮にいたる病

・斜め屋敷の犯罪

以上、回答の際の参考にしていただければ幸いです。
宜しくお願いします<m(__)m>

閲覧ありがとうございます。
最近、ミステリー小説を読むようになりました。
そこで日頃ミステリー小説を愛読していらっしゃる諸先輩方にオススメの小説をお聞ききしたく、質問しました。

 ↓読了済みの小説↓
・十角館の殺人<新装改訂版>
「例の一行」を読んだ瞬間、衝撃とニヤニヤが止まりませんでした(笑)ミステリー小説に興味を持つキッカケになった1冊。

・緋色の囁き
ホラー色の強い作品でしたが、とても面白かったです。似たような作品をもっと見てみたいです。

・暗闇の囁き
現在読んで...続きを読む

Aベストアンサー

「占星術殺人事件」著者:島田荘司
島田荘司さんはミステリーの大御所であり、御手洗潔という探偵が登場する小説で知られています。そして、この占星術殺人事件は御手洗潔のデビュー作です。最初がちょっと読むのに面倒臭いシーンですが、面白いです。……と、そういえば質問者さんが読まれる予定の「斜め屋敷の犯罪」は、この御手洗潔シリーズの続編ですね。私も全巻は読んでいませんが、シリーズ計28作のようです。
物語は……、とある画家が殺された後に、その娘達が行方不明になり、まもなく日本各地で体の一部を切り取られて発見された事件があったが、迷宮入りした。そして長い年月が経ち、話を聞いた御手洗潔は……、というものです。

「姑獲鳥の夏」著者:京極夏彦
妖怪ミステリーとして有名な百鬼夜行シリーズ(京極堂シリーズとも呼ばれる)の第一巻です。妖怪に関する話題などで尋常でないページ数になりますが、それによりオドロオドロしい雰囲気が出ています。また個性豊かなキャラが多いことから若い人にも人気が高めです。シリーズ計9作(長編のみ)です。まぁ、ページ数が異常なので実質30冊分くらいになると思いますが。
物語は……、主人公の関口巽が、とある医院の娘が二十ヶ月も妊娠したままだという奇怪な噂を、友人の古本屋にして陰陽師・京極堂に話して……、と広がっていきます。

「すべてがFになる」著者:森博嗣
理系ミステリーと呼ばれる森博嗣さんのデビュー作にして、ここから始まるS&Mシリーズの第一作です。つい最近、ドラマ化がされて(ファンには不評でした)、そのうちアニメ化もすると発表されている人気作です。シリーズの作品数は10作ですが、同じ世界観を共有するVシリーズ、Gシリーズ、Xシリーズなどを含めると30作以上です。
物語は……、離島の研究施設で隔離されていた天才・真賀田四季が密室で殺されて……、というものです。


……と、とりあえず私が好きな三シリーズの、それぞれ第一巻です。
私も大量にミステリーを読んでいるわけでもないので、人気で有名なものくらいしかオススメできませんが……。

本格ミステリーではなく、日常の謎というタイプのミステリーでしたら……
ドラマ化もされた「ビブリア古書堂の事件手帖」「謎解きはディナーのあとで」、また「掟上今日子の備忘録」など。
まぁ、こちらは十角館のように大きな驚きを期待することはできませんが、キャラを楽しむ方向性で。


他に、私が知る有名なミステリーを書く作家としては……
(一部、名前だけしか知らない人もいるので、細かい紹介はできなかったりします。すみません)
・東野圭吾‎……「ガリレオ」など多くの作品が映像化して、有名ですね
・宮部みゆき‎……東野圭吾と並ぶほど実写化がされていますね
・我孫子武丸……島田荘司が名付け親です。
・西尾維新……基本的にライトノベルを書く人で、上で紹介した「掟上今日子」もこの人です
・清涼院流水……この人はミステリー作家とは言えないかも。いや、言えないと断言した方が……。
・乙一……ライトノベルみたいな文体をする人のようです。
・桜庭一樹……直木賞を受賞されています。
・北村薫……こちらも直木賞を受賞。
・赤川次郎……「三毛猫ホームズ」など、ド定番ですね。
・江戸川乱歩……昔の人ですが、明智小五郎は面白いですよ。
・舞城王太郎……デビュー作「土か煙か食い物か」は、内容は忘れちゃったのですが面白かったです。
・有栖川有栖……名前だけ知っているだけです。すみません。
……こんなものでしょうか。


ちなみに「このミステリーがすごい!」というガイドブックはご存知でしょうか?
投票形式で、すごいミステリーのベスト10を毎年決めています。
この下はWikipediaですが、歴代のベスト10が載っています。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%93%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%81%8C%E3%81%99%E3%81%94%E3%81%84!
こちらも是非参考にしてください。
……って、最初にこれを紹介すべきでしたかねぇ。

「占星術殺人事件」著者:島田荘司
島田荘司さんはミステリーの大御所であり、御手洗潔という探偵が登場する小説で知られています。そして、この占星術殺人事件は御手洗潔のデビュー作です。最初がちょっと読むのに面倒臭いシーンですが、面白いです。……と、そういえば質問者さんが読まれる予定の「斜め屋敷の犯罪」は、この御手洗潔シリーズの続編ですね。私も全巻は読んでいませんが、シリーズ計28作のようです。
物語は……、とある画家が殺された後に、その娘達が行方不明になり、まもなく日本各地で体の一部...続きを読む

Qミステリー小説のオススメをお願いします!!

ミステリー(サスペンス?)小説を読みたいと思ってます!

ミステリーのカテゴライズがわかりません。
呼んで好きだった作品は、ベタベタですが、、
東野圭吾
「容疑者Xの献身」「レイクサイド」
ダン・ブラウン
「ダヴィンチ・コード」「天使と悪魔」「デセプション・ポイント」
朔 立木
「死亡推定時刻」
雫井脩介
「犯人に告ぐ」
ストーリー展開にリズムがあって、
ドラマティックな演出が好みなのかもしれません。
逆に、
貴志祐介
「ガラスのハンマー」
は少しまどろっこしく感じたのと、
展開のリズムに欠けるように感じてしまいました。
あと、いわゆる「○○殺人事件」というものには、
あまり魅力を感じません。
ただの読まず嫌いと、偏見だと思いますが。。
あとホラーチックなのもあまり魅力を感じません。

こんな私にオススメの小説を教えて下さい!!

Aベストアンサー

ジェフリー・ディーバーの「魔術師」。
車椅子の元鑑識官リンカーン・ライムが登場するシリーズですが、
一作目の「ボーン・コレクター」はデンゼル・ワシントンの
主演で映画化もされています。
本作は、魔術師を名乗る犯人(手品師)を追いつめていく
知能戦が見所です。
もちろん、「ボーン・コレクター」もお薦め。

ミッチェル・スミスの「エリークラインの収穫」。
こちらは女性刑事が主人公の息詰まるアクションサスペンス。
スミスの人物造形は、リアルで魅力的です。
女性刑事を主人公にすえた作品としては、私はこれか、
「羊たちの沈黙」が最高だ、と思っています。

日本人ですと、横山秀夫でしょうか。
「半落ち」、「第三の時効」あたりは名作です。

奥田英郎の「最悪」や桐野夏生の「OUT」あたりは
熱量もあり、非常に濃厚な名作なのですが、ご質問者の
好みからすると、ドロドロ感が強すぎるでしょうか……。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報