PowerMacG4/400PCIをOS9で使用しています。
いつものように起動したところ、アイコンパレードの途中で、

  「使用可能なメモリが不足しています。
   "サウンドマネージャ"

   機能拡張を一時的に使用停止にするには、再起動して、
   shiftキーを押したままにします。」

というメッセージが出て起動できなくなりました。
AppleのTechInfoLibraryで検索したところ、OS8.5で同症状を見つけ、その指示通りに、

   1.再起動してShiftを押し、機能拡張を読み込まずに起動。
   2.システムの機能拡張フォルダからサウンドマネージャをゴミ箱へ移動。
   3.再起動

という手順で起動したところ、今度はサウンドマネージャがないのでアイコンパレードも無事終了しますが、Finder画面にデスクトップのアイコンが並ぶ前にフリーズしてしまいます。
このとき、画面は背景の色と、一番上のバー(ただしアップルマークもなにもなく真っ白)しか表示されません。
カーソルは最初は表示され、動かすことも可能ですが、すぐに(30秒くらい)で動かなくなります。また、動かなくなると同時に表示されなくなることもあります。

仕方がないのでOS9を再度インストールしてみましたが、やはりアイコンパレードの途中で「使用可能なメモリが不足・・・・・・」と出てしまいます。


実は全く同じ症状が半年ほど前にPowerBookG3/333でも起きており、このときはどうにもならないので初期化することでようやく復帰しました。
これから初期化に備えて、ハードディスクのバックアップを取りますが、できれば初期化せずに治したいです。

どなたか解決方法をご存じの方、いらっしゃいませんでしょうか?
アドバイスも大歓迎です。小さなコトでもかまいません。よろしくお願いします。

追記
PRAMクリアは試してみました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

機能拡張マネージャでApple純正のみロードするようにしてもフリーズしますかね?


あとは仮想メモリがオフになってるとか。

コンフリクトキャッチャーってソフトがありますが、それだけ明確に不具合がおきるのであれば手動でも何とかなりそうですね。
まずは純正の起動書類のみにして、徐々にファイルを追加しながら再起動を繰り返します。フリーズしたら最後に追加したヤツがビンゴです。
あまりたくさんのファイルを追加しちゃうとどれかわからなくなるので、できればひとつずつ。面倒ですけどね。

この回答への補足

とりあえず起動することができるようになりました。
実は今、長々とお礼を書いていたのですが、ボタンを押した後、数回ページを読み込んで文章が消えてしまいました。goo!め~!!
ということで、先に「問題解決(?)しました」のご報告です。

補足日時:2001/06/20 02:45
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もやはり、これは手動で機能拡張を選り分けなくてはならないな、と思い、作業に移ったところで、
「そういえば、前回(PowerBookのとき)もコレやったっけ。たしかクイックタイムともうひとつ、サウンドマネージャも合わせて3つダメになったんだよな」
という事を思い出しました。と同時にこの3つを抜いて使用していたところ、不都合がやたらと起きるので初期化したことも思い出しました。

つまり、選別して抜いたモノを後からもう一度入れ直しても不都合が出るなら、この方法ではダメだな、と。
結局、システムCDから新規システムインストールしたあと、手動で機能拡張などの「自分環境」を移行させました。
これで無事問題なく起動できるようになりました。

ということで問題の機能拡張ファイルは「古いシステムフォルダ」の「機能拡張」に残ってる、160種類の中のどれか・・・です。

兎にも角にも起動することができました。
アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 02:58

quicktimeの英語版をインストールしたことはありませんか?


機能拡張フォルダに「サウンドマネージャ」と英語版の「sound manager」が同時に存在するとおかしくなります。
コントロールパネルの「サウンド」と「sound」もそうです。

機能拡張フォルダの中にそういった日本語と、同じような機能を持っていそうな名前の英語の物があったら英語の方を削除してください。

英語版のソフトをインストールすると起こる現象です。

同じような物に「インターネット設定機能拡張」と「internet config seting」があり、この英語ファイルのためにおかしな事が起こることがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前回(PowerBookの時)の事をよく思い出してから、クイックタイムがアヤシイ!と勝手に決めつけ(笑)。
システムを新規インストールすることで壊れていない正常な機能拡張を準備し、「正常な機能拡張+古い環境の機能拡張の内、正常な機能拡張にないもの」をシステムに置くことで、起動することができるようになりました。

このため、古い環境の機能拡張には今回のトラブルとなったファイルがあるわけですが、このなかにはasucaさんのおっしゃるファイルはありませんでした。
また今回はクイックタイムの英語版はインストールしていません。
前回(PowerBookの時)はクイックタイムの英語版をインストールしていたことがあります。

とりあえず、なんとか復帰することができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 03:20

さきほどのに追加です。

ノートンやD.F.Aで問題がない場合は機能拡張のいずれかが(元のものとは別のもの)壊れた、またはコンフリクトするようになった等考えられるので、とりあえず検証結果をお聞きしたいです。
    • good
    • 0

私もG4/450で同じ症状になりました。

解決できたのですが、どうやったのか思い出せません。とりあえず、ノートンは持っていらっしゃいますか?ノートンのドクター(CD)かOSのCDで起動できるのでしょうか?OSのCDしかない場合はDiskFirstAidの検証結果を見てみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ノートンは古いものしかもっていないので(OS9非対応)、試すことはしませんでした。
DiskFirstAidの検証はしましたが、何も問題なし、でした。

下の方で書きましたが、なんとか起動することができました。
原因もおそらく前回同様にクイックタイムともうひとつの何かだと思います。

ただ、分からないのは、なぜサウンドマネージャがメモリ不足で読み込めないのか、ということと、連携して他のファイルが壊れてしまうのか、ということです。
今回も前回も、トラブルが起こる前に何かをインストールしたりはしていないので、よくあるインストールによる問題でもなさそうですし・・・。

とりあえず、これで仕事に戻れます。締め切りが近いので今日のロスはデカい!!(泣)

再三にわたってのご回答、アドバイスありがとうございました。

お礼日時:2001/06/20 03:06

変わらないかもしれませんが(というかそこまで行かないと思うのですが・・・)、念のためお聞きします。

デスクトップの再構築は試されましたか?再起動時にFinderが表示されるまでコマンド+オプションを押しておくと「デスクトップを再構築しますか?」の表示でOKにできるのでしょうか?

この回答への補足

ご助言ありがとうございます。
さっそくデスクトップの再構築、やってみましたが、miitannさんの予想通り、そこまでたどり着くことができませんでした。

いろいろ試しているうちに、ファインダー画面が現れるとき、マウスカーソルは左上に出ているのですが、このときはマウスカーソルは自由に動くことがわかりました。
この状態の時はキーボードからも再起動(コマンド+シフト+電源)できることもわかりました。
が、マウスをクリックすると完全にフリーズしてしまうようです。
って、こんなことがわかっても解決にはならないのですが・・・(泣)

補足日時:2001/06/20 01:30
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSub-LVDS規格とは

Sub-LVDS規格とは

LVDSはTIAの定めた規格であり、有料でダウンロードできることは理解しているのですが、
とくにMobile向けに使用されることが多い(らしい)Sub-LVDSとは、どの団体・組織がまとめた規格なのでしょうか。

種々の大雑把な説明はGoogle可能なのですが、
http://archive.electronicdesign.com/files/29/8936/8936_01.pdf
規格本体に目を通す必要があり、
この場をお借りしています。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

http://www.edaboard.com/ftopic160480.html


>Sub-LVDS is a standard defined by SMIA.
>http://www.smia-forum.org/

と書かれてますね。
「SMIA 仕様」の中に subLVDS があるようです。

しかしこの SMIA-forum のページ、見方がわかりません。

他に見つけた NOKIA のページ
http://www.nokia.co.jp/about/release_040701_04.shtml
に SMIA仕様の簡単な説明がありました。

>SMIA (Standard Mobile Imaging Architecture)と名づけられた
>カメラ・モジュール用仕様は、
>電気的インタフェース、メカニカル・インタフェースおよび機能的インタフェースを含め
>モジュール全体の要素をカバーしており、特性、光学的性能および信頼性などのその他の
>主要項目も含まれています。
>SMIA仕様はモバイル・イメージ業界に対し無料で提供され、詳細は
>www.smia-forum.orgから参照することができます。


更に
http://www.st-japan.co.jp/data/press/p1540p.html
の初めの方に

>2004年7月にSTとノキアがリリースした
>SMIA(Standard Mobile Imaging Architecture)に

とあるので、この2社によって策定されたようです。


SMIA spec で検索すると仕様書らしきPDFがヒットします。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=SMIA+spec&lr=&aq=f&aqi=g1&aql=&oq=&gs_rfai=

http://www.edaboard.com/ftopic160480.html


>Sub-LVDS is a standard defined by SMIA.
>http://www.smia-forum.org/

と書かれてますね。
「SMIA 仕様」の中に subLVDS があるようです。

しかしこの SMIA-forum のページ、見方がわかりません。

他に見つけた NOKIA のページ
http://www.nokia.co.jp/about/release_040701_04.shtml
に SMIA仕様の簡単な説明がありました。

>SMIA (Standard Mobile Imaging Architecture)と名づけられた
>カメラ・モジュール用仕様は、
>電気的インタフェース、...続きを読む

Qアイコンパレードに出る機能拡張って・・?

Mac起動時に出るアイコンパレードって、機能拡張なんですよね?
私のMacにも100以上の機能拡張が"ON"になってますが、アイコンパレードはそんなに大量には出ません。
機能拡張のうち、アイコンパレードに出るのと出ないのと違いがあるのでしょうか?
どうでもいいようなことで恐縮ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

機能拡張やコントロールパネルの作り方によってアイコンパレードに出るかどうかが決まります。
また、設定によってアイコンパレードに出る物もありますがそれほど気にする必要はありません。

QLVDSとは・・・

LVDSとは一言で言ってしまうと、パラレル信号をシリアル信号に変換するものだと考えてよいのでしょうか?
パラシリ変換?という言葉はあまり聞かないです。

Aベストアンサー

LVDSとは、小振幅差動信号方式(Low-Voltage Differential Signaling)のことで信号の電気的特性をあらわす用語です。
TIA/EIA(米国電気通信工業会/米国電子工業会)の汎用の(用途を特定しない)規格ANSI/TIA/EIA-644 (LVDS)として標準化されています。LVDS規格では電気的特性を規定しているのに過ぎないので、コネクタ形状やケーブルの特性やプロトコル(一例としてパラレルやシリアル信号で伝送することなど)を規定してはいません。

LVDSの特徴としては、
・高速な信号の伝送が可能
・ノイズの発生が少ない
・外来ノイズよる影響を受けにくい
・消費電力が少ない
などがあげられます。これらのことから、様々な分野でLVDSは利用されています。

QOS10.3.5起動時、OS9の起動項目に入れてあるサウンドファイルをiTunesが起動し再生してしまいます。

パーティションを切り、OS10.3.5とOS9.1を入れて使ってます。
OS10.3.5を起動するとOS9も起動するように設定しているのですが、OS9の起動項目に入れてあるサウンドファイルをiTunesが起動し再生してしまいます。
また、OS10.3.5をシステム終了するとiTunesによって終了がキャンセルされます。
9の設定を変えることなく、この問題を解決できるでしょうか?
iTunesの環境設定を見ましたが解決策が探せませんでした。
あと、com.apple.finder.plistが、Preferencesの中に見えないのですが。。関係ありますか?

Aベストアンサー

とりあえず「SoundApp PPC」を入手して、起動項目内のサウンドファ
イルをSoundAppで開くように設定します。SoundAppには再生が終わっ
たら勝手に終了してしまう設定が出来るので、そうしてしまえば以後
の作業には一切影響しないはずです。

参考URL:http://www.naotaka.com/SoundApp/

QRGB、GVIF、LVDSの違いは?

RGB、GVIF、LVDSの違いを教えてください。

具体的には、それぞれどのような用途で使われているデータ方式なのでしょうか?

それぞれ理由があって、こういうときはGVIF、などとしているかと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

RGBは色の三原色レッド、グリーン、ブルーの頭文字ですから通信方法でもなく他と全く違いますが。
ソニー独自の技術 GVIF(Gigabit. Video InterFace)ですから独自規格高速映像通信技術なので比較のしようが無いですが。
Low voltage differential signaling (LVDS)国際規格のANSI/TIA/EIA-644、短距離を省エネで有線を使いデーターを送る技術です。
GVIFなんてソニー製品でもなければ使わないのでは?

QPRAMクリア後、正常に起動しません

imacDVのストロベリーでHD10G メモリは320MBです。
ずっとOS8.6を使用していましたが、昨日OSXをインストールしマウスもOSX対応ものに交換し快適に使用していました。
今日起動させたところ画面全体がうすい紫色のモヤがかかりプルダウンメニューがゆがんで表示されました。ですが動作には全く問題がありませんでした。そして、PRAMのクリアを1回行ったところで、調子がおかしくなってしまいました。スタートボタンを押すとランプが緑色に点灯しいつもの「ブーン」という起動音と共に一瞬画面が明るくなるのですが、すぐに「ヒューン・・・」という悲しい音がして落ちてしまいます。CDROMから起動させることもできません。HDがお亡くなりになったのでしょうか?あと日付が狂いがちだったのを思い出し内蔵電池を交換して再度電源を入れてみましたが、全く変化はありません。(PC購入後初めての電池交換です。)
今までこんなにも不調になることは無かったのでかなりあせっています。直せるものなら自分で治したいと思い皆様のお力をお借りしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

imacDVのストロベリーでHD10G メモリは320MBです。
ずっとOS8.6を使用していましたが、昨日OSXをインストールしマウスもOSX対応ものに交換し快適に使用していました。
今日起動させたところ画面全体がうすい紫色のモヤがかかりプルダウンメニューがゆがんで表示されました。ですが動作には全く問題がありませんでした。そして、PRAMのクリアを1回行ったところで、調子がおかしくなってしまいました。スタートボタンを押すとランプが緑色に点灯しいつもの「ブーン」という起動音と共に一瞬画面が明るくなるのです...続きを読む

Aベストアンサー

内蔵電池を交換するときにメモリスロットのそばの小さな押しスイッチを5秒以上押してみてください。

ただ、これで直らないとハード的な故障の可能性が高いです。

また、電源を落とし多情対でPRAMクリアとおなじキーを押しながら電源を入れ起動音が4回忌超えたらキーを離してやってください。

これで直ることもあります。

QLVDSのIC

LVDSのインターフェースを設計中です。
ネットで調査以下のICを手配、入手しました:
ドライバ:SN65LVDS3487
レシーバ:SN65LVDT33

これらの素子がSOP、ピッチ0.65mmであることを失念していました。
0.254mmピッチのユニバーサル基板に実装しようとしている段階で気がつきました。
そこでサンハヤトにSOP→DIP16ピンの変換基板を発注しました:
http://www.sunhayato.co.jp/products/item_data/16P-SOD-065-300.pdf

しかし識者から0.65mmピッチの手配線は困難と指摘されました。
少量ながらリフローで、ということも考えたのですが、これも段取りが簡単ではないようです。

DIPあるいはSOPでもピッチの大きいICをあらためて探したのですが見つかりません。
AMD,リニアテクノロジー等。どなたか同SpecでDIPのICをご存じならお教えください。

最後の手段はエッチングでパターンを作成ということが考えられます。
しかし素人もどきの質問者には荷が重いです。

解決策をご教示願えると助かります。

実装数はIC6個です。

LVDSのインターフェースを設計中です。
ネットで調査以下のICを手配、入手しました:
ドライバ:SN65LVDS3487
レシーバ:SN65LVDT33

これらの素子がSOP、ピッチ0.65mmであることを失念していました。
0.254mmピッチのユニバーサル基板に実装しようとしている段階で気がつきました。
そこでサンハヤトにSOP→DIP16ピンの変換基板を発注しました:
http://www.sunhayato.co.jp/products/item_data/16P-SOD-065-300.pdf

しかし識者から0.65mmピッチの手配線は困難と指摘されました。
少量ながらリフ...続きを読む

Aベストアンサー

>0.254mmピッチのユニバーサル基板

2.54mmピッチの間違いですよね?

>しかし識者から0.65mmピッチの手配線は困難と指摘されました。

私、0.5mmピッチまでなら手実装できますが。。。
手馴れた者であれば余裕です。
自分では無理なら他人を頼りましょう。
こういった所を利用するのもひとつの手です。
http://www.noseseiki.com/drhanda/index.html

>少量ながらリフローで、ということも考えたのですが、これも段取りが簡単ではないようです。

これはその通り。
というか上記の通り手実装できるレベルなのでそこまでする必要がありません。

>DIPあるいはSOPでもピッチの大きいICをあらためて探したのですが見つかりません。

真っ先にナショセミが思いつきます。
ドライバ:DS90LV017A、DS90LV027A、DS90LV047A、DS90LV031A
レシーバ;DS90LV018A、DS90LV028A、DS90LV048A、DS90LV032A
当然ピンアサインは違いますけど。

>最後の手段はエッチングでパターンを作成ということが考えられます。


エッチングしたところでピッチは0.65mmのままですよね?
何の解決にもなってないと思うのですが。。。

>0.254mmピッチのユニバーサル基板

2.54mmピッチの間違いですよね?

>しかし識者から0.65mmピッチの手配線は困難と指摘されました。

私、0.5mmピッチまでなら手実装できますが。。。
手馴れた者であれば余裕です。
自分では無理なら他人を頼りましょう。
こういった所を利用するのもひとつの手です。
http://www.noseseiki.com/drhanda/index.html

>少量ながらリフローで、ということも考えたのですが、これも段取りが簡単ではないようです。

これはその通り。
というか上記の通り手実装で...続きを読む

Q9.04の起動中のアイコンパレード中にに出るアラート。

システムエラーが起きました。
"A-Dock(オンラインウェア)”
存在しないシステムトラップです。
このソフトはまだ登録してなくて、試用期間なんですが、昨日迄問題なく起動していたのに今日は全く駄目です。

Disc First Aidやノートンで検査修復したのですが、全く駄目です。
因に、別のパーテーションで、同じソフトをインストールしてある9.2.2は全く問題なく起動します。

Aベストアンサー

作者が、デバッグ用の関数DebuggerやDebugStrを削除し忘れているようですね。

リリース時にこれらを削除しないままリリースすると、デバッガの無い環境では「存在しないシステム・トラップです。」というアラートが出ます。
フリーで入手できる「MacsBug」があれば、MacsBugの画面になります。そこで「g」とうてば復帰できるかもしれません。

突然その様な状況になったと言うことは、試用期間が過ぎた場合に実行するルーチン内に残ってしまっている可能性が高いのではないでしょうか。

QPECLからLVDSへのコモン電圧の変換の仕方とPECLの規格

お世話になります。

PECLからLVDSへのコモン電圧の変換が上手くできず困っています。

PECLの出力は
http://www.onsemi.jp/pub_link/Collateral/MC10EP32-D.PDF
を使用しております。

この出力は50Ωでオシロで確認するとVhは2.4VでVlは1.6Vでコモン電圧は2Vでした。

受け側はLVDS受けなので、コモン電圧を1.5Vにしたいと思っています。
そこで、PECL出力に直列で抵抗27Ωを入れ、終端抵抗22Ωを入れて、
R1+R2が50Ωに近くなるように抵抗値を決め、受け側の電圧を電圧を確認したところ、
振幅は半分ぐらいになっていましたが、コモン電圧はあまり下がっていませんでした。

どのようにしたらコモン電圧を下げられるかご教授下さい。

また、MAX3691の出力を0.1uFでACカップリングした出力をオシロスコープで波形をみようとしたところ見れませんでした。
http://japan.maxim-ic.com/quick_view2.cfm/qv_pk/3362
どのようにしたらオシロスコープで見れるようになりますでしょうか。

宜しくお願いいたします。

お世話になります。

PECLからLVDSへのコモン電圧の変換が上手くできず困っています。

PECLの出力は
http://www.onsemi.jp/pub_link/Collateral/MC10EP32-D.PDF
を使用しております。

この出力は50Ωでオシロで確認するとVhは2.4VでVlは1.6Vでコモン電圧は2Vでした。

受け側はLVDS受けなので、コモン電圧を1.5Vにしたいと思っています。
そこで、PECL出力に直列で抵抗27Ωを入れ、終端抵抗22Ωを入れて、
R1+R2が50Ωに近くなるように抵抗値を決め、受け側の電圧を電圧を確認したところ、
振幅は半分...続きを読む

Aベストアンサー

マイクレル・セミコンダクタのレベルトランスレータを使えば良いのでは
http://www.micrel.jp/doc/products/digital/ECL_Translators.html

購入はデジキーで出来るでしょう。
http://jp.digikey.com/

>どのようにしたらオシロスコープで見れるようになりますでしょうか
見られないというのはどのような状態なのですか?(揮線が出ない、波形が直線など)
オシロスコープの表示が正しい可能性もありますよ。
オシロスコープの型番と使用したプローブの型番は何でしょう?
観測しようとしている信号の周波数は?

Q初期化がうまくできず、ハードのアイコンも消えた(OS8.6)

初期化がうまくできないまま、1年くらい放置していました。
しかし引越しすることになり、引越し先で新しいのを購入するか、なんとか直して持って行くか悩んでいます。
今日改めて初期化に挑戦しましたが、ハードのアイコンまで消えてしまい、どうしたらよいか分かりません。

(iMacです。)
ソフトウェアインストールCDを使って起動

「ドライブ設定」で「ディスクのテスト」をすると
『テストは中断され、修復不可能なエラーが起き修正できなかった』というメッセージ。
(※以前の初期化でハードの名前は「名称未設定」になってしまっています)

一応8.6をインストールしてみると、途中で
『ディスク”名称未設定”上のファイル”iMac ATI Driver”にアクセス中に問題が見つかりました。このファイルを他のフォルダに移動して、再び行ってください』というメッセージ。

『このファイル』が何なのかが分からず、
「ドライブ設定」「ファンクション」で「全てを0に」と設定して初期化。
しかし1時間ほど置いても進んだ様子がなく、どのくらいの時間がかかるのか見当が付かず、「強制終了」しました。

ハード(名称未設定)のアイコンのアイコンが消えてしまった。

長々とすみません。
ヘタに強制終了して余計訳が分からなくなってしまいました。
再起動してみてもCDのアイコンしかデスクトップにありません。

ご指導よろしくお願いいたします。

初期化がうまくできないまま、1年くらい放置していました。
しかし引越しすることになり、引越し先で新しいのを購入するか、なんとか直して持って行くか悩んでいます。
今日改めて初期化に挑戦しましたが、ハードのアイコンまで消えてしまい、どうしたらよいか分かりません。

(iMacです。)
ソフトウェアインストールCDを使って起動

「ドライブ設定」で「ディスクのテスト」をすると
『テストは中断され、修復不可能なエラーが起き修正できなかった』というメッセージ。
(※以前の初期化でハード...続きを読む

Aベストアンサー

たいへんですね・・・


ファイル”iMac ATI Driver”というのは、iMacの画面を表示するために入っている、ATIという製造メーカー部品(ビデオ回路と呼んでいます)を動かすための専用のソフトウエアです。

1年以上放置もしてましたし、もうここまできたら、おととしまでのハードディスクの中身は全部消えてもかまわないですよね?

買ったときの8.6をcのキーボードのボタンを押しながら起動して、再インストールの前に一度CDの「ユーティリティ」のなかにある「ドライブ設定」で「ファンクション」の「オプション設定」で物理フォーマットか、全データをゼロにする、を実行して、ディスクの中身をいちどまっさらにしてから、再インストールをしてみてはいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報