冬の風邪予防は「鼻○○○」が新常識!?>>

アメリカの大学院に入学して博士の学位を取得しようとする場合の学生ビザについて質問です。
通常博士号を取得しようとする場合、最短の3年とか5年とかで博士論文を完成できず、在学可能最長期間まで在学することも考えられます。こうした場合、後の方はひたすら博士論文を執筆する生活になり、授業等の参加はあまりしない状況が考えられます(状況は分野によって相当異なるとは思いますが)。こうした状況でも博士課程に在学して博士論文に取り組んでおり、大学から特に学業状況について問題視されていない状況(I-20が発行されている状況)であれば、学生ビザの維持は可能なのでしょうか。また5年を超えた場合の学生ビザ維持の可能性を含め、事例や体験談等お教えいただけますれば幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは。

博士課程では、まずはコースワークと呼ばれる、必要な単位分の授業を全て取り終え、preliminary examinationsや、dissertation proposalのディフェンスが終わってPh.D Candidateにならないことには論文を書いて提出には至らず、Ph.Dが取れないので、まずはCandidateを目指して頑張る必要があります。DepartmentによってCandidateになるまでの年数の期限、CandidateになってからPh.Dを取得するまでの年数の期限がそれぞれ決まっていますが、それは各大学院のDepartmentのサイトで確認できます。

I-20の延長については、大学の留学課が書類を準備する際、延長に必要な書類を言われるので、その都度そろえれば大丈夫だと思います。

I-20が有効な限り、パスポートのビザスタンプの期限が切れていても問題ありません。ビザスタンプは出国して再入国する際に必要なものなので、もしビザスタンプの期限が切れた後、一時帰国する場合は、日本でビザスタンプの発行を申請する必要があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご教示誠にありがとうございます。Candidate とは単なる博士課程の学生を意味するものではないのですね。知りませんでした。基本的なF-1の仕組みは理解しております。すると、博士課程も年数が進む授業はなくとひたすら論文執筆のみの生活になりますが、そうした生活でもI-20は発行されうると思って良さそうですね。

お礼日時:2016/05/11 02:11

可能です。



学生ビザF-1は最長8年間有効です。
問題のI-20ですが、学校側が余裕を見て長めに期間を設定する傾向にありますので、心配するような状況にはならないと思います。万が一期間が切れた場合、30日以内に再発行手続きを済ませれば問題ありません。学校側に在籍しているとみなされていればI-20が失効することはまずありません。授業料は払わなければなりませんが。

私はカリフォルニアにある同じ学校に(語学の公開講座も含めて)5年居ましたが、特に切り替えや延長もなかったと記憶しています。
現在でもシステムは変わっていないと思いますが、私が留学したのは30年も前の話なので参考程度に。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご教示誠にありがとうございます。とても参考になりました。博士課程は長期間じっくり留学できるのは素晴らしいですね。

お礼日時:2016/05/11 02:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q博士号はバカでもとれる?

某私大の准教授(東大、理博)が言うには、
「理系の場合、博士号はバカでもとれる。京大より東大のほうがとりやすい。」らしいです。
僕はこの人が大げさに言っているのはわかりますが、本当にバカでも取れるのでしょうか?末は博士か大臣かといわれるほど難しいと思っていましたが、現代では簡単に取れるのでしょうか?教えてください

Aベストアンサー

今現在は、No.11のご回答にもあるように
コースドクター、つまり大学院に在籍していないと
博士号が取れないようになったので、少し事情が
違ってきていますが、教授に論文を出せばいいという
ペーパードクターが認められていたときにはかなり
酷かったです。

>「理系の場合、

 日本は特に、工学系の博士号取得者が多いのですが、
この殆どはメーカー務めの人たちです。大学院での研究なら
日々の研究を教授を含め研究室の人たちが何かしら見て、知って
いますが、メーカーでの研究など、どうゆう役割分担でやって
いるかなど、大学の教授が知ることなどできるはずがない
わけです。
 優秀な人に研究をやってもらって、その内容を
まとめさせ、自分の名前を書いて提出すればそれで
博士号を取ることができるわけです。
 教授のほうも、資金援助などの面でメーカーにお世話になる
ことも少なくないので、「この研究、あなたが本当にやった
んですか?」なんて追求しないわけです。
 口頭での説明など、実際に研究なんかしてなくても
研究した人に詳しく聞けば、誰でもできます。

 No.9のご回答に
>バカが博士号取ったとして、その後どうするのでしょう?
 というにがありますが、博士号という名前だけ欲しい人など
掃いて捨てるほどいます。特に日本の場合、年功序列という制度が
長く続いたため、大した能力も業績もないのに、大手メーカーの
管理職やら役員という人たちが沢山いるわけです。
 見栄だけは人並み以上にあるので、博士号だけ東大で
取るという、いわゆる学歴ロンダリングというのが横行し、
これが海外でも有名になったんです。

>京大より東大のほうがとりやすい。」らしいです。

 東大のほうが企業との結びつきが強いのと、
メーカーの研究に直結しやすい工学系の
研究、そういった方面の教授が多いから
結果的に東大のほうが学歴ロンダリングに
利用されやすいということです。

 ですから、博士号でも文系の場合は事情が全然
違うんです。

 
 だいたい修士課程まで研究したら、博士号取得のための
課題もその分野のもので、それをよく理解してくれているのは
研究室の先生なんですから、少なくても日本の場合、
大学院が東大じゃないのに、博士号だけ東大なんて
いうのはちょっとおかしいんですよ。全部が全部とは
言いませんが。
 でもそうゆう学歴の人って、メーカーには沢山
いるんですよねー。

 それかNo.10のご回答に
>「大学院に入れた人なら」というのが最低基準で、

 というにがありますが、基準の緩和というのが行なわれて、
大学卒業と同等と認められるなら、大学院に入学を
許可してもいいということになっていて、その基準の
具体的内容は大学院まかせなんです。
 ですから高卒のサラリーマンでも、実社会での
仕事の成果を認めるとかして、大学院入学を許可し、
働きながら大学院の夜間に通ったなんてことにすれば
博士号取得ができます。

 かつては、大学院の設置基準そのものが厳しかったので、
先生の何割以上が博士号取得者であることなんていうのがあった
のですが、今はそれもなくなりました。

 法科大学院の設置時など、博士号など持っていないものの
実務経験豊富な弁護士さんなどの多くが大学院の教壇に
立てるようになるなどの利点もあったのですが、
極論を言えば、金さえあれば大学院が設置できて、
基準があればだれでも大学院に入学させ、学位も持って
いない人でも学位認定ができるというのが現状なんです。

 学位の名前だけ欲しいという人、つまり需要は
沢山ありますし、授業料を取れれば大学院の
経営としては問題ないわけです。

>現代では簡単に取れるのでしょうか?教えてください

 金とほんの少しの社会的地位があるというのが前提に
なるとは思いますが。

 




 

今現在は、No.11のご回答にもあるように
コースドクター、つまり大学院に在籍していないと
博士号が取れないようになったので、少し事情が
違ってきていますが、教授に論文を出せばいいという
ペーパードクターが認められていたときにはかなり
酷かったです。

>「理系の場合、

 日本は特に、工学系の博士号取得者が多いのですが、
この殆どはメーカー務めの人たちです。大学院での研究なら
日々の研究を教授を含め研究室の人たちが何かしら見て、知って
いますが、メーカーでの研究など、ど...続きを読む

Q(アメリカ留学)残高証明書について質問です。

(アメリカ留学)残高証明書について質問です。
(1)1年間語学学校へ留学を考えています。元々アメリカ留学が憧れで費用は自分で貯金してきたんですが、学校に提出しなければいけない残高証明書が100万~なんですが、ぎりぎり100万ちょっとしかありません。。色々ネット見てみたら皆さん200万~等用意してますが、やはり100万だと3ヶ月くらいしかビザはおりないのでしょうか?

(2)自分のお金で生活するが親の援助も多少ありますと、親の残高証明書も一緒に提出する場合は父親の残高証明書ではないとだめでしょうか?うちの家庭は、離婚はしていませんが別居中で私は今母親と暮らしてます。離婚していないのに、父親の名前ではなく、母親の名前ではやはりおかしいでしょうか??

おかしな質問になってしまったかも知れませんが、アドバイスいただけたら嬉しいです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。留学経験者です。
語学学校に書類を提出して、送られてくる書類というのがI-20で、これはアメリカの滞在中に有効であることが必要です。ビザは有効なI-20があって初めて入国できるわけですが、入国時にビザが有効である必要があります。

正規留学と違って、語学学校の場合は、長くても在籍するのは1年ぐらいという目安になっているのでは、というのが個人的な意見ですが、I-20に1年のプログラムの有効期間が書いてあれば、ビザは1年はもらえるのではと思います。仮に3ヶ月の有効期限になったとしても、I-20が有効内は、ビザが切れた後でもそのままいることができます。もし切れた後で一時帰国して、アメリカに再入国する場合は、大使館や領事館でビザを取り直す必要があります。引き続き同じ学校に行く場合、ビザの面接を受けずに郵送で申請が可能のようです。

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-niv-renewal.html

残高証明は母親名義でも全く構わないと思います。費用がある、というのが大事なので、誰が出すか、というのは気にしていません。私も母に出してもらったことがありますし、お父さんがすでに他界されていた友人も、他の人の名義でしか来てなかったですし、そのことでとがめられることはないと思います。アメリカ人の方が家庭事情はもっと複雑なので、そんなことはいちいち気にしないです。

こんにちは。留学経験者です。
語学学校に書類を提出して、送られてくる書類というのがI-20で、これはアメリカの滞在中に有効であることが必要です。ビザは有効なI-20があって初めて入国できるわけですが、入国時にビザが有効である必要があります。

正規留学と違って、語学学校の場合は、長くても在籍するのは1年ぐらいという目安になっているのでは、というのが個人的な意見ですが、I-20に1年のプログラムの有効期間が書いてあれば、ビザは1年はもらえるのではと思います。仮に3ヶ月の有効期限になったとしても...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報